FC2ブログ

田島芽瑠 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:田島芽瑠 (たしまめる)
ニックネーム:める
生年月日:2000年1月7日
出身地:福岡県
血液型:B型
デビュー期:HKT48第2期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
田島芽瑠 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2013年

「初恋バタフライのセンターに選ばれた時は…」田島芽瑠 13歳の生誕祭 (2013/01/07、HKT48研究生)

2014年

田島芽瑠 生誕祭 お花画像(2014/01/09)

田島芽瑠 生誕祭画像その2(2014/01/09)

田島芽瑠 生誕祭コメント(2014/01/09)

田島芽瑠 生誕祭 率直な感想 (2014/01/09)

田島芽瑠 14歳の生誕祭 (2014/01/09、HKT48研究生)

2015年

2016年

田島芽瑠 生誕祭フラワースタンド 【2016年】

【速報版】 田島芽瑠 16歳の生誕祭レポート

160112 (54)

■エピソード集&発言集


・あの島田晴香が田島芽瑠に危機感

# リクエストアワー
島田晴香「カットフルーツの話なんですけど」
倉持明日香「島田全部食べたでしょ?」
島田晴香「フルーツは太んないから。栄養だから。じゃなくて私も食べてたんですけどいきなりバってきて、バって紙コップ取って、バってすくった子がいたんですよ。うちよりめっちゃ食うやついるなと思って」
倉持明日香「爪楊枝で1個1個ほんとちっちゃい一口サイズのやつなんだよね」
島田晴香「ほんとにこんぐらいのやつなんですけど、それをもうバって持ってった子がいて、誰だろうと思って見たら芽瑠だったんですよ」客w

芽瑠「そんな食べるの?」って言ったら「えっ? これ2杯目です」って言われて」客w

「やっばい、うちのキャラ持ってかれそうな気持ちになっちゃって」
鈴木紫帆里「凄いね」
平田梨奈「芽瑠ちゃんすっごい大食いなんですよ。サラダを皿に超大盛りで乗せて、ドレッシングをバーってかけて、それを一瞬で食べてたんですよ」

・島田晴香をいじる

# リクエストアワー
島田晴香「今中学2年生とかだと思います。中2とか中3。その後ひな壇で(芽瑠が)隣だったんですよ。で、「あっ、さっきはどうも」みたいな感じにしてたらいきなり(ほっぺを人指し指で)ツンってやられたんですよ。可愛いなと思ったら「お肉」って言われて」客w&拍手

「もうHKT怖くなって。左下見たら、美桜ちゃんとかもいて、美桜ちゃんとかハハ~ンって笑ってるんですよ、それ見て」
小林香菜「肉の塊にしか見えてないんじゃない?」
鈴木紫帆里「子供は素直だから」
倉持明日香「思ったこと言っちゃった」

[2014年4月7日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 9回目]



・田島芽瑠は小学校3年生の時、一時期あだ名が「江戸」だったことがある

[2014年10月17日 チームH「青春ガールズ」公演]



・田島芽瑠の梅本泉大好きエピソード

梅本「私の衝撃的だったことはですね、田島芽瑠ちゃんが好意をもってくれてて。私、電話嫌いなんですけど、1回舞ちゃんと美桜がいる時に、美桜が何か言ったらしく、ビデオ電話がかかってきたんですよ。それはしょうがなく取ったんですけど、その2日後ぐらいにもう1回電話がきて。私、電話嫌いなんですよ(w) だから絶対取ってやらんと思って切ったんですよ、すぐ。1秒ぐらいで。プルルピって(w) そしたら、何回切っても10回ぐらい電話がきて、こわっと思って。ほんとにビックリしたんですけど、ちゃんと出たんですけど、でも電話したら30分ぐらい話してたので、それが自分に取って衝撃的でした」

[2014年10月11日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 17時開演]



・指紋認証による弊害

田島芽瑠「私のクセはですね、前まで携帯のロックを数字のパスワードで解除してたんですけど、この前ぱるるさんとお話してた時に「指紋認証のほうが楽だよ」って言われたので指紋認証にしたんですよ。そしたら親指のワンタッチで携帯が開けれるから凄い楽で、これが当たり前の生活になってて。最近お風呂を長く浸かるようになったんですよ。お風呂上がりにぐぐたすを更新しようと思って携帯を開けようとしたらロックが解除できなくて、何でだろうと思って親指見たら、お風呂入り過ぎてふやけて、ふにゃふにゃによって、指紋が認証できないんですよ。だから皆さんもお風呂上がりは指紋認証気をつけたほうがいいと思います」

[2014年10月10日 チームH「青春ガールズ」公演]



・美味しく食べる人ランキングというものを作っている

田島芽瑠「私が最近はるるっぴーになったこは、私は自分の中で美味しく食べる人ランキングを作ってるんですよ。食べ物を美味しく食べる人ランキング付けしてて。3位がキャップで、2位がなっちゃんで、1位がはるっぴさんなんですよ」拍手
松岡菜摘「1位2位はわかるけど、3位の人、別にそうでもない」客w
田島芽瑠「キャップも意外と美味しそうに食べるんです。はるっぴさんとかなっちゃんとか見てるとそれが食べたくてしょうがなくなるんですよね。だからそれをやっぱり美味しく食べるはるっぴさんが凄く好きなので、これからも一緒に食べてください」

[2014年10月2日 チームH「青春ガールズ」公演]



・握手会エピソード

田島芽瑠「握手会でいっつもここに剥がしの方がいらっしゃるんですけど、剥がしのスタッフさんが。そのスタッフさんがこの前の名古屋の握手会の時に1年半ぶりぐらいの、初めての握手会の時に担当してくださった剥がしさんで、覚えてて、「その時の剥がしさんですよね?」って訊いたら「はい、そうです」って覚えててくださって「ありがとうございます」って言われたから、なんか凄い!と思ったので、もしかしたらね、この警備員さんといつかまたご縁があるかもしれないので(w) ちゃんと覚えておきたいと思います」

[2014年9月13日 チームH「青春ガールズ」公演 17時開演]



・生きてるうちの90%は食べ物のことを考えてるところが幸せそうでいい。

松岡菜摘「私は芽瑠ちゃんなんですけど。芽瑠ちゃんの、もう生きてるうちの90%は食べ物のことを考えてるところが幸せそうでいいなと思って。今日もさっきもはるっぴと歯磨きしてて。歯磨きの話してたんですよね。そしたら急に「私、ステーキ食べたいんですよね」って入ってきたんですよ。会話の流れ全然違うのに、ステーキ食べたいんですよねって入ってきたり、昨日はご飯を食べながら、明日のケータリング何ですか?ってマネージャーさんに訊いてたり。今ご飯食べてるのに次のご飯の心配をするんですよ。だから、ずっと昨日も食べ物の検索してたよね?」
田島芽瑠「検索してた、ぐるなびとか」
松岡菜摘「近くのお肉屋さんとかのを検索してて、ほんとに食べ物のことしか考えてなくて、無邪気でいいなと思うので・・・」

・憧れてるメンバー

田島芽瑠「私のですね、憧れてるメンバーは、この前、リクエストアワーぐらいの時期に峯岸みなみさんのお家に遊びに行ったんですよ。そしたらスーパーに連れて行ってくださってて、夜ご飯を買って、作ってくださったんですよ、料理を。お鍋を、白菜がいっぱい入った、お野菜がいっぱいの鍋を。だからやっぱ料理ができるメンバーっていいなって思ったので、私は爆発させない料理を作れるように頑張りたいと思います」

[2014年9月13日 チームH「青春ガールズ」公演 12時30分開演]



・恥ずかしかった話

田島芽瑠「私、中学校で放送部に入ってるんですけど、そこでお昼の放送を担当してて、「以上、放送部からのお知らせでした」っていうのが最後に入ってるんですね。それを間違ってこの前「以上、芽瑠こと田島芽瑠でした」って言っちゃって」客w&ひゅ~

「えーっと思って、「あっあっ、いや、すみません」みたいな感じで切ったんですよ。そしたらクラスに戻ったら先生に「やっぱアイドルは違うね、ハハハ」みたいな感じで言われたので、それが恥ずかしかったので、次からはちゃんと言います」

[2014年9月8日 チームH「青春ガールズ」公演]



・駒田京伽のことが凄い好き

若田部遥「次ぴーちゃん、悩みある?」
駒田京伽「ありますよ(軽くw) あの、芽瑠が私のこと好き過ぎてすっごい困ってるんですよ」
神志那結衣「そう、なんかね、レズみたい」客w
駒田京伽「えっ?」
メンバーたち「シー」
田島芽瑠「そんなことダメだよ、言っちゃ」
駒田京伽「最近私髪切ったんですけど、それを気づいてくれて、芽瑠は。「あれっ?髪切ったよね。ちょっとそこ座ってよ。ねぇ、こっち向いて」って、えっ?ってなって、普通に座ったんですよ。そしたら(手を下ろしながら)「か・わ・い・い」って」客w
メンバーたち → w
駒田京伽「何のお店だろうみたいな。ここ何のお店だろうと思って」
田島芽瑠「可愛いんだもん」
神志那結衣「そう、いっつも公演が始まる前にカーテンが閉まってるんですけど、このステージの上で2人で、下に芽瑠がいて、上にぴーちゃんが乗っかってるっていう」
駒田京伽「違う。芽瑠が「ここ座って。か・わ・い・い」っていつものやつしてくるから」
若田部遥「リアルに禁じられた2人ですか?」
田島芽瑠「そう。ねぇー」
若田部遥「危ない危ない」
田島芽瑠「私の一途な片想いですね」
若田部遥「同性もダメなんで」

[2014年7月30日 チームH「青春ガールズ」公演]



・デビュー前、レッスン当時に考えたキャッチフレーズは「めるのメロメロパンチ!」

[2014年7月22日 チームH「青春ガールズ」公演]



・先輩の中で一番最初に連絡先を交換して、メールしたのは松岡菜摘。初期の頃、松岡から「めるっこ」と呼ばれていた。

[2014年6月28日 チームH「青春ガールズ」公演 17時開演]



・体重管理はちゃんとしている。

田島芽瑠「私の必要なものはですね、体重計なんですけど。私って凄く食べるのが好きなんですけど、食べてばっかりって思われがちなんですけど、いつも毎日体重計測って、ちゃんと体重管理もしてるので、ぐぐたすのコメントとかに「食べ過ぎで太らないでよ」とかよく書かれるんですけど、ちゃんと管理してるのでOKです」

[2014年6月27日 チームH「青春ガールズ」公演]



・1ヶ月のお小遣いは千円

[2014年6月24日 チームH「青春ガールズ」公演]



・田島芽瑠から見た田中菜津美の第一印象

田島芽瑠「私はですね、ボスの第一印象なんですけど。私、ボスと絶対お話一緒喋れないと思ってました。一生仲良くなれないだろうなと思って。ほんとに怖いイメージで」
田中菜津美「やっぱそうなんだ」
田島芽瑠「後輩ウザイとか言ってそうで、めっちゃ怖くて」
メンバーたち → w
田島芽瑠「そういうイメージだったから。でも今はこうやってボスを見上げるのが凄く好きです」

[2014年6月22日 チームH「青春ガールズ」公演 17時開演]



・自分の性格をひと言で表わすと

田島芽瑠「私はですね、何事にも楽しむことができるのと、あと意外と節約家なんですよ。一度しか行かないお店でも絶対ポイントカード作るから、もうパンパンに膨らんでて」

[2014年6月22日 チームH「青春ガールズ」公演 12時30分開演]



・落ち込んだ時の対処法

「私のですね、落ち込んだ時の対処法は、まずご飯食べて、寝て、あとお風呂に入ったりとか、音楽聴いたりすることなんですけど。でも落ち込んだ時はもう落ち込む時はグーって落ち込んで(しゃがむ)、その後に、でもハッてなります(急に立ち上がる)。前向きに考えて、この落ち込んでる時間も、こうやって落ち込んでるのも素敵な幸せなことだなって凄く感じるので、何事も前向きに考えて、この落ち込んでる時間も大切にしようと思うので、これからも1秒1秒大切にして生きていきたいと思います。芽瑠らしく前向きに行ってきます」
メンバーたち「いってらっしゃい
田島芽瑠「これからもよろしくお願いしますw」

[2014年6月16日 チームH「青春ガールズ」公演]



・食事をコントロール出来るようになりました。

田島芽瑠「私はですね、食事をコントロール出来るようになりました」
田中菜津美「だいぶ成長だね、それは」
田島芽瑠「今までは食べたいと思ったら食べて、欲しいと思ったらちょうだいって言って、だったんですけど、これ食べたら食べ過ぎかなと思って止められるようになったんです」客、拍手
田中菜津美「ほんとに偉いですよ。最近ね、ガッツリ食べてるところあんま見たことない、確かに」
田島芽瑠「やったー!」
田中菜津美「可愛い」
田島芽瑠「でもコーヒーゼリーもらった」
田中菜津美「私のコーヒーゼリーをね、かっさらって行きました」
神志那結衣「何でもひと口もらって行くんだよね、ひと口ずつ」

[2014年5月16日 チームH「青春ガールズ」公演]



・笑いながら喋れる。

[2014年5月12日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演]



正規メンバーとしてこのメンバーに立つのが初めて

[2014年4月23日 チームH「青春ガールズ」公演 1回目]



・1stメールを送る時に凄く緊張した。

田島芽瑠「私が緊張したことはこの前からHKT48 Mailが始まったんですけど、初メール、1stメールを送る時に凄く緊張してて。機械音痴って思ってなかったのに、機械音痴だったのかもしれないんですけど、2時間ぐらいマネージャーさんが隣で一緒に「こここうするんだよ」って言って、やっと1stメールを送れたんですね。そしたらね、改行ができてなかったり、写真が逆さまになってたり、凄いおっちょこちょいなメールになってしまったので、まだまだ慣れないんですけど、たくさんメールを送りたいと思います。皆さん是非める友になってください。よろしくお願いします」

[2014年4月16日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 46回目]



・親友の子がHKT48以外のアイドルグループに入る

田島芽瑠「私のちょっとしたエピソードは私、親友がいるんですけど、その親友が凄い可愛いんですよ。「HKT48入らない?入らない?」ってずっと誘ってたんですけど、この前お話してる時に急に「あのね」って言われて「何?何?」って言ったら「私、アイドルグループに入ったの」って言われて。そう、福岡の他のアイドルグループに親友が入っちゃって、ビックリしたんですけど、さしこちゃんが前、アイドル祭りやられてたじゃないですか。そこでそういうアイドル祭りとかでまた一緒のステージに立って歌う機会があればいいなと楽しみにしています」

[2014年3月19日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 40回目]



・被災地支援活動エピソード

田島芽瑠「私はですね、震災から1年半経った福島県の新地町に訪問させていただいたんですけど、帰りのハイタッチの時にばあちゃんが泣きながら「福岡からわざわざ来てくれてありがとう」って「元気をもらったよ」って言ってくださったそのひと言が今でも心に残っています。被災地にたくさんの笑顔の話が咲きますように、今私たちにできることが考えてやっていきたいと思います」

[2014年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~]



・私のですね、今九州ツアーで「可愛い子には旅をさせよ」っていう初のツアーをやらせていただいてるんですけど、昨日は鹿児島に行かせていただいて、その時にドラフト生の山本茉央ちゃんが初のステージでお披露目されたんですよ。ドラフト会議から間が空いたのでやっぱり皆さんも私たちと一緒で、たぶんドラフトの子どこに行ったんだろうと思ってたと思うんですよ。本番当日に初めて会ったんですよ、山本茉央ちゃんに。本番当日に「渚のCHERRY」っていうユニットのバックダンサーをさせていただいてたので、それも合わせたりして、でも当日に演出の都合上で振りが変わったりするところがあったんですよ。本番「あ~」ってなってたから後ろで「こここっち!」とか言って叫んでたので、ちょっと先輩らしかったかなと思うので、先輩らしくもうちょっと強くなっていきたいなと思います。これからも48人みんなで頑張っていきたいなと思います。

[2014年1月20日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 21回目]



・凄い気遣いができる子。 (草場愛談)

草場愛「いつも凄い無邪気で、よく食べたり、めるザウルスってやってるんですけど、でもやっぱりメンバーが落ち込んでたり、悩んでたりしてたらすぐに駆け寄ってくれて、「どうしたの? 大丈夫?」って言ってくれる」

・芽瑠ちゃんの好きなところは食べ物を凄く大切にしてるところ。 (渕上舞談)

渕上舞「ずっと前レッスンしてた頃、夏なんですけど、反省会っていうのを毎回してたんですよ。その時に反省会で、その当時はこのメンバーの中に好き嫌いをする子が多かったんですよ、まだ。今はだいぶみんななくなってきたんですけど、好き嫌いする子が多くて、その時に反省会で芽瑠ちゃんが「ハイ」って手上げて、「あの、お弁当はちゃんとスタッフさんが用意してくださったものだから、感謝の気持ちで食べないといけないんだよ」ってみんなに言ってくれて、みんな「ハイ」って言ったんですよ。すごいいい子だなと思って。それで好き嫌いする子も少なくなったんですけど」

・お菓子とか食べ物とか食べてる時に近づいてくるんですよ。でも、ちょうだいとは言わずに目で凄く訴えてくるんですよ。だから目でずっとジーって見てて、こっちから「芽瑠ちゃん食べる?」って言う場面が凄く多くて。 (岡本尚子談)

・すごいザ・アイドルなところが凄い好き。 (駒田京伽談)

駒田京伽「オーディション当初も歌唱審査があって、今から行くっていう時に待合室で、みんなの前で「ちょっと歌うね」って言って自分の曲歌いだしたりして、この子なんか変わってるなって思ったんです、その当時から。で、オーラも違ったし、一緒に公演しててもやっぱり可愛いなと思ったり。1人に対して投げキッスとかする子じゃないですか、芽瑠ちゃんって・・・」

・アイドル性が凄くある。レッスン当初から可愛い表情をすることができていた。 (坂口理子談)

・芽瑠は全然人見知りしなくて、初めて会った人にもすごい気軽に話かけてくれる。 (神志那結衣談)

・弟からもらった宝物、ガチャガチャのカクレクマノミ」をカプセルのまま持ち歩いている。

・カバンの仲間をチェック(ユニット明けMC)

山田麻莉奈「芽瑠ちゃんのバッグの中は半分以上がお菓子で埋め尽くされてるっていう」

・うまかっちゃんのCMの時にさ、うまかっちゃんもらったことなかった。

◆田島芽瑠 14歳の生誕祭

渕上舞「花と散れ!踊りながらちょっとニヤニヤしちゃったんですよ。芽瑠ちゃん嬉しかった?」
田島芽瑠「もうほんとにビックリして、もう笑っちゃいそうで、我慢してました」客w

「笑っちゃいけない曲だからかっこ良くできるように頑張ったけど、ほんとに嬉しいです、ありがとうございます」客、拍手

・アンコール「花と散れ!」にて、客席全員「めるカチューシャ」装着

・「箱の中身は何じゃろな」に挑戦。たわしとうまかっちゃん、見事どちらも正解。

・カラーバットで谷真理佳、後藤泉、坂口理子をケツバット。

・メンバーからメッセージ

渕上舞「芽瑠ちゃんはいつもすごい明るくて、でも凄い堂々としてるんですよ、ステージで。だからいつもそんな芽瑠ちゃんのように私も堂々としっかりできるように頑張りたいと思います」

朝長美桜「芽瑠ちゃんとはずっと一緒にいるから、いないと凄い寂しくなっちゃうし、すごい不安になっちゃうんですけど、いつも私が体調を崩した時とかダンスが踊れなくて、端っこにいる時とかすぐほんとに一番に駆けつけてくれてお話を聞いてくれたりして凄く芽瑠ちゃんといると安心します。これからも一緒によろしくお願いします」

・素敵な生誕祭を開いてくださったファンの皆様にひと言お願いします

田島芽瑠「13歳の私はたくさんのチャンスを頂いて、大きく一歩踏み出した年になりました。デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」やセカンドシングル「メロンジュース」どちらも選抜に選んでいただき、センターという大切なポジションに立たせていただくことができました。本当に感謝しています。

私の心には常に不安やプレッシャーという言葉はあります。でもこの1年やっていくことで、少しずつだけど意識は変わっていったなって思います。

デビューが決まって、MVを撮ったり、テレビや雑誌の撮影とか取材とかをしていくにつれて、こんなにたくさんのチャンスを頂いてるのなら結果を残さないと、と思うようになって。

もしみんなの目標であるオリコン1位を達成できなかったら、私は前に立つべきではないなって思い、その覚悟をして、3月20日に行われたよみうりランドに行かせていただきました。

ステージに行ったら予想もしていなかったぐらいたくさんの方が来てくださっていて、本当に嬉しくて、嬉しくて、ステージで泣いてしまったのを凄く覚えています。

帰りに聞いたオリコン1位。驚いたのと嬉しいのとで手が震えて、涙が止まらなかったです。

本当に皆さんには感謝することがたくさんだなと思います。

今までは1期生の先輩方がここまでやってきたからと遠慮して、一歩下がってというカタチだったけれど、これからは一緒に歩んで行ってもいいのかな、一緒に歩いて行きたいと思うようになり、いい方向に変わっていったなと思います。

でも、今の立ち位置に実力や人気が追いついたわけではありません。常に危機感もあります。いつまでもここに立っていられるとは思っていません。これからHKTの進歩のために、いろんなことがあると思います。変わった時に、自分にはもう何もないっていう状態にならないように毎日毎日考えて、行動しなきゃって、毎日思っています。

13歳の私にとって、一番大きかったのは総選挙です。55位という素敵な順位。私にも大きく自信に繋がりました。本当にありがとうございます。来年の目標はアンダーガールズに入ることです。順位は皆さんにつけていただくものですが、目標を持って日々成長していきたいなと思います。

振り向けばいつも笑って、支えてくれるメンバーがいたり、いつも側で応援してくださる家族やスタッフさん、そしていつも私のことを見てくださって、本当に感謝している皆さんがいる、本当にたくさんの方に支えられて、今私がここに立っているということを忘れないで、日々日々全力で頑張っていきたいと思います。

本当に今日は素敵な生誕祭をありがとうございました。これからも田島芽瑠の応援よろしくお願いします」客、拍手

・オンデマンドコメント

田島芽瑠「私はですね、やっぱり「友よ」から始まってもう「Are you ready!」って凄い熱気が伝わってきて、ほんとに盛り上がってたくさんの方が一緒に盛り上がってくださって、ペンライトも「泣きながら微笑んで」っていうユニットを今日やらさせていただいたんですけど、真っ白に染まった劇場を見て、ほんとに感動したし、「片思いの卒業式」っていう曲では真ん中だけピンクのうちわでハートが作られてて、ほかは青くなってて、ほんとにキレイで。ペンライトってね、すっごい心に感動するので、ほんとに嬉しかったし、アンコールあとには芽瑠ちゃんコールもしてくださったし、「める」って書いてあるカチューシャを付けててくださって、笑わないように必死に我慢したけど」
渕上舞「みんな芽瑠ちゃんになってたよね」
田島芽瑠「そうなの。めっちゃ嬉しかったです。でもさ、あのさ、あれって研究生の武道館で私たちが着たやつをしてくださってるのかと思って」
渕上舞「しかも1つ1つね、色違ったんだよ、あれ」
田島芽瑠「そうなの? ほんとに?」
渕上舞「ちょっと違うかったね」
朝長美桜「うん、たぶん」
田島芽瑠「よく見てみます。ありがとうございます、ほんとに素敵な生誕祭になりました。自分の気持ちもちゃんと伝えられたかなと思うし、ちょっと変になった部分もあったかもしれないけど、ちゃんと伝えられて良かったなって思ったし、司会もしてくれて嬉しかったです」
渕上舞「緊張したけどね、頑張った」
田島芽瑠「これからもめるザウルスで頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

[2014年1月9日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 19回目]



・誕生日当日

・私が今年流行るんじゃないかなと思うのはめるザウルスなんですけど。自分で描く生誕Tシャツのとこに「めるザウルス」っていう動物を描いたんですよ。最初はメンバーとかスタッフさんにも「何これ?気持ち悪い」って言われたんですけど、最近は今日ウェルカムボードっていうボードの担当だったんですけど、それを書いてる時もスタッフさんが通りかかったら「おっ、めるザウルス描きなよ」って言われるくらい流行ってきたので、やっぱり今年は商品化できるぐらい頑張りたいなと思います。めるザウルスのビスケットとか、めるザウルスのペットボトルとか、めるザウルスの食パンとか、めるザウルスのメロンパンとか。

・楽屋に雑誌がいっぱい置いてあるんですよ、HKT48のメンバーだったり、48グループの先輩だったりが写ってる雑誌が置いてあるんですけど、それを芽瑠ちゃんが1人で読んでたんですよ。私、遠いとこからずっと見てたんですけど、1人でずーっと読んでて。やっぱそういう雑誌ってちょっと最後のほうに大人なページがあるじゃないですかで、芽瑠ちゃんそういうの何にも知らないから普通にめくってて、辿り着いちゃったんですね。で、私、えっ?どうするんだろうと思ったら、誰もいない中1人で芽瑠ちゃんが「わぁ~お」って言ったんですよ。可愛くて。静かに閉じてたんですよ。だからもう可愛くて。 (冨吉明日香談)

・芽瑠は言うこと、発言がすっごい大人。でも楽屋では子供。

[2014年1月7日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 23回目]



・「める める めるっこりー! 食べ物があったらなんでも食べれます、めること田島芽瑠です」

・私はやっぱり幸せだなって感じる瞬間は食べる時なんですけど。いっつもバスの移動時間とかカサッていうお菓子の音とかにすごく敏感で、その人を発見してもらわなきゃっていう衝動に駆られて、パって振り向くんですよ。

[2013年12月27日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 17回目]



・私もですね、小学6年生の時にプレゼントと一緒にサンタさんからお手紙が来てたんですよ。その内容が「もう芽瑠ちゃんは大人になったから、今年でサンタさんからのプレゼント終わりにするから、これからも幸せでいてね」みたいな寂しい文章だったんですよ。だから、今年もうないだろうなと思って昨日もほんと寂しく寝たんですよ。そしたら今日朝起きたら、プレゼントみたいなとかが置いてあって、えー!?と思って、なんで来たんだろうと思いながら開けたんですよ。すごい嬉しくて。開けたらピンク色のTシャツっぽいのが見えて、あっ、なんかかわいい!と思って開けたんですよ。そしたら「腹八分目」と書いてあったんですよ。私、食いしん坊だからよく食べるんですね。だから、それを見ていたサンタさんが、もうちょっとお願いだから腹八分目で我慢してくれっていうお願いかなと思ったので、サンタさんの忠告を聞きながら、腹八分目でがんばりたいなと思います。

[2013年12月25日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 16回目]



・「芽瑠ザウルス、ガオー!」

[2013年12月23日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 15回目]



・芽瑠ちゃんはほかの呼び方ではフードファイター芽瑠って呼ばれてるんですけど、それぐらいすっごいもうたくさん食べるんですよ。 (渕上舞談)

[2013年12月19日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 19回目]



・ちっちゃい頃、6年間ぐらいプールを習ってた。

[2013年12月18日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 13回目]



・芽瑠ちゃん食に対する欲求がするんですよ。ほんとに、一番食欲が強くて、あの子。 (渕上舞談)

渕上舞「私、レッスンの頃からずーっとなんですけど、いっつも2個入りのパンを買って、レッスンに来るですよ。それで休憩時間2個入りのパンを開けた瞬間、芽瑠ちゃんがすっごい目でこっちをジーって見てきて、何を求めてるんだろうと思ったら、なんも言わないんですよ、あっちから。最初の頃は私は一応気を遣って「どうしたの?」って訊いたら「あっ」って言ってくるから「あっ、1コあげよっか」って言って、2個分の1個を芽瑠ちゃんにあげてたんですけど、でもそれが3回ぐらい続いたんですよ。そろそろちょっとヤバイなと思って、次は自分から言わないようにしたら、とうとう芽瑠ちゃん折れて、あっちから言い出したんですよ」客w

「えっ?それどんな味がするの?」客w

「えっ?美味しそうじゃん」
後藤泉「ちょうだいとは決して言わないんだよね。なんか遠まわしに「あげるよ」って言って欲しいんだよね」
渕上舞「あげるよっていうのを待ってるみたいで、かわいい子犬らしい目見たらついついあげてしまうので、次はダメ!って言える勇気をもてるようにがんばります」

[2013年12月12日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 10回目]



・夢でも食べ物の夢を見る。

田島芽瑠「私はね、昨日見たのはね、猫型ロボットのちょっと便利なポケットあるじゃん。朝起きたら自分のとこに付いてたの、ポケットが。最初カンガルーかと思って。けど、中から秘密の道具出てきて。まず私が出したのはグルメテーブル掛け?」
メンバーたち「何それ?」
田島芽瑠「えっ?知らないんですか?」
今田美奈「芽瑠ザウルスや」
田島芽瑠「あの、テーブルの上にそのグルメテーブル掛けを掛けたら、自分が言ったものがすぐ料理に出てくるの」
坂口理子「また食べ物かよ」
田島芽瑠「そう、だから、ほんとに好きな食べ物全部言って、もうめっちゃ食べて、寝た夢見た」客、軽くw
坂口理子「もう寝てんのにね。寝てんのにまた食べて寝ちゃったの?」
田島芽瑠「朝起きてからなくなってたからショックだった」
坂口理子「食いしん坊過ぎるでしょ」

[2013年12月11日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 15回目]



・100公演目

# オンデマンドコメントより
後藤泉「今日は芽瑠ちゃんの記念すべき100回目の公演でした」
田島芽瑠「そうなんです、ほんとにたくさんのおめでとうをハイタッチとかでもいただいて、ほんとに嬉しかったです、やっぱり。今日まで知らなかったんですよ。やっぱ自分であんまり数えないものなので、ほんとに嬉しかったです。今日は記念すべき日になりました」

[2013年12月6日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 6回目]



・私はね、ちっちゃい頃に見た夢をずっと覚えててね。サンタクロースさんがトナカイをプレゼントしてくれたの。赤鼻のトナカイ。でね、そのサンタさんがね、「もう芽瑠ちゃんがサンタさんしていいよ」って言ってね、自分がサンタさんになってね、みんなで笑顔を届ける夢見たの。だからね、サンタさんになりたい。

[2013年11月30日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 13回目]



・食べ物エピソード

田島芽瑠「私が一番だった○○は今年もやっぱりいっぱい食べたんですけど、一番美味しかったっていうか、一番心に残ってるのはおでかけで、ちんやさんですき焼きを食べたじゃないですか。めっちゃ美味しかった。もう私あれは一生食べれないと思うんですけど、すごく美味しくて、でもやっぱり最近も、2周年の時にピザ7枚食べたりとか。あっ、切ったやつですよ」
松岡菜摘「ビックリした」
後藤泉「7カットね」
田島芽瑠「7カット食べたりとか、その時もお寿司13貫食べて」
メンバーたち「えー?」
坂口理子「どこに入ってんの?」
中西智代梨「胃袋すごいね」
田島芽瑠「そうなんです、もう宇宙なんです」客、軽くw

「だからもう今年もうこの後ちょっと2013年もいっぱい食べて乗り切りたいと思います」

[2013年11月30日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 12回目]



・私が今会ってみたい方はいきものがかりさんなんですけど、私はいきものがかりさんの歌声にすごく惹かれて、大好きで。でも実際にその歌声をまだ聴いたことがなくて、CDとかしか聴いたことないので、コンサートやいつか音楽番組で共演させていただけたらいいなってすごく思います。でも私もこうやって「私も芽瑠ちゃんに会ってみたい」って思っていただけるような人になれるようにがんばりたいと思います。

・「めるるんるん♪」

[2013年11月18日 ひまわり組「パジャマドライブ」公演 009回目]



・この「脳内パラダイス」公演はやっぱりどのチームもやったことがなくて、6年間チームKさんが温めて大切にしてきた公演なので、ほんとにこんな素敵な公演ができることがほんとにとても嬉しいです。発表が決まった時に、大島優子さんにメールをさせていただいて、みんなの集合写真と一緒に「がんばります」っていうことを送ったら、「みんなでがんばって素敵な公演にしてね」って言っていただけて、今日も「初日です」って、「みんなで素敵な公演にします」ってメール送ったら、「何よりも楽しんでがんばってね」って言っていただいたので、ほんとにHKT48研究生らしい素敵な公演にしていきたいと思います。

[2013年11月17日 HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 1回目]



・公演で芽瑠がやけに大人ぶってる。 (指原莉乃談)

指原莉乃「みんなってよく芽瑠の子供エピソードよく聞くじゃないですか。その割りに公演で子供っぽいところあんま見せないような。今日もだけど。大人ぶってる」
田島芽瑠「大人ぶってる?」
指原莉乃「ほら、今も。そんなんじゃない。楽屋だったら「なんでそういうこと言うの!さしこちゃん!さしこちゃん!」みたいな感じじゃん、ほんとは」

・ホテルのお風呂に1人で入れない。

岡本尚子「例えばですね、同じホテルに泊まった時、部屋は別々なんですけど、1人でお風呂に入れないんです。なんで、いっつもトントンってして、「ねぇ、お風呂入っていい?」って言って。それで、もうお風呂入る時に、ずっと話かけてくるんですよ、お風呂場から。返事がなかったら「えっ? なおぽん、起きてる?」ってずっと訊いてくるんです」
田島芽瑠「そう、怖くなっちゃう」

[2013年11月2日 チームH「博多レジェンド」公演 1回目]



・芽瑠ってもう十分かわいいじゃないですか。でも、楽屋ではすごい無邪気で、中2なんですよ、ほんとに。ほんとに中学2年生で、喋るか騒ぐか食べるかなんですけど、ほんとに必死にダンスの練習したりとか、静かに本を読んだりしてる時に、そのギャップがもう、もうたまらんのですよね、これが。だから芽瑠のことをね、考えてるだけでね、胸がときめく。 (後藤泉談)

[2013年10月11日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 207回目]



・自転車に乗る時に、今でもヘルメットを被っている。

・最近、朝長美桜に「ちゃんちゃんめるめる」と呼ばれている。

[2013年9月25日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 198回目]



・芽瑠ってすごい食べるで有名。芽瑠の胃袋は底なし。 (伊藤来笑談)

[2013年9月21日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 195回目]



・私、怖いのがほんとに、お化けとか苦手なんですけど、トンコツ魔法少女学院の最終回のロケで、心霊スポット廃病院に行ったんですよ。それで、私本当に苦手で、始まる前に号泣しちゃって、プロデューサーさんにもほんとに無理だったら行かなくてもいいからって言われるぐらい泣き崩れちゃったんですけど。

・「はかたん はかたん 放送されて欲しいっちゃん♪」

[2013年9月17日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 194回目]



・メロンジュースのPVのことなんですけど。美桜と私で一番最後に撮ったシーンがあって、そのシーンはスタッフさんをたくさん集めて、ダイブしたシーンだったんですよ。それで、最初はすごく怖かったんですけど、2回目からはすごく楽しくなって、ピョーンって高く跳んでて、監督さんが「これ最後の締めに使うから、張り切ってがんばってね」って言ってたんですけど、そのシーンは使われなくて。でも、私の大切な大切な思い出になっています。メロルンレボリューション!

・私のアイドルとして欠かせないことは裸足になることなんですけど。握手会でも楽屋でもよく私は裸足でいて、健康面でもそうなんですけど、一番楽な姿勢なので、この裸足を選んじゃうんですけど。握手会でもよく裸足になっているので、私の靴脱ぎの儀式に当たった方はぜひ温かい目で見守ってください。

[2013年9月11日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 190回目]



・来の夢はソロの歌手になること。

・(7年後どんな大人になっているか) 私は2020年は二十歳になってるんですけど。ちょうど二十歳なんですけど、HKT48が国民的アイドルになっていて、オリンピックのために、大きなスタジアムが作られるので、そのスタジアムでコンサートをして、そしてその次の日にはまたこのステージで劇場公演を行っていれたらいいなと思います。そして、将来の夢はソロの歌手になることなので、ソロデビューもできてたらいいなと思います。

[2013年9月10日 チームH「博多レジェンド」公演 51回目]



・私いっつも植木さんとアゴチューしてます。

田島芽瑠「ドラマ仕立てでいっつもしてますよね? 今やってみますね」

植木南央「芽瑠大好きだよ」
田島芽瑠「カマキリくん」
田島芽瑠&植木南央 → アゴチュー

[2013年9月4日 チームH「博多レジェンド」公演 47回目]



・私が天才だと思った瞬間は大阪ドームの帰りに最終の新幹線で東京に行く予定だったんですけど、時間がちょっとギリギリで、みんなメンバーで一生懸命走ったんですけど、私と美桜とさくちゃんとちいさんだけで、4人だけ目の前でドアが閉まっちゃって、いろんなことがあってどうしようってなってた時に私たち大阪に残った組はホテルが前泊まってたすごいふかふかのベッドがあるホテルに泊まってて、そこにもう一泊泊まれたので、悪い運をちょっといい運に変えられる天才かなと思いました。

[2013年8月14日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 177回目]



・私は読書が大好きなんですよ。それで小学校から今までで2000冊以上本を読んでて、今日から高校生を卒業する4年間ぐらいで500冊の小説を読むことを目標にしてがんばりたいなと思います。月に10冊ぐらい読んだら500冊に届くので、がんばりたいと思います。

[2013年8月12日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 175回目]



・投げキッスを披露

[2013年7月27日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 162回目]



・私はAKB48さんの大島優子さんが大好きで、HKT48に入ったので、大島優子さんのソロ曲の「泣きながら微笑んで」が大好きなので、その曲を一緒に歌いたいなって思うんですけど、日産スタジアムのリハーサルをそれの曲を間近で見てて、とても感動したので、野外でしたいなと思います。

[2013年6月26日 チームH「博多レジェンド」公演 34回目]



・最近気になっていることは、私が自分で作った小説の行方なんですけど。それを(HKT48に入る前)チャリティーイベントで二冊売ったんですけど。目次から20ページぐらい小説を書いて、それであとがきのところに読者のみなさまへまで書いて、ノリノリな作家で書きました。さしこちゃんぐらいに活躍できたら恩返しできると思うので、がんばります。

[2013年6月13日 チームH「博多レジェンド」公演 28回目]



・私が人生で一番の決断をしたのは、やっぱりこのHKT48に入ったことなんですけど、最近もふとHKT48がいろんなところに出てて、やっぱ入って良かったなと実感することがあるんですけど、例えば街とか歩いていたら「田島芽瑠ちゃんだよね?」って声を掛けていただけるのがすごく嬉しくて、それとあと、この前は私、学校で校長室のお掃除担当をしてるんですよ。この前校長室を掃除してたら、見たことある白黒のものが見えて、よーく見たら自動車デーのパンフレットにHKT48が載ってて、それで、校長先生に「最近もがんばってるね」って言われて、それがとても嬉しくて、こうやってみなさんに今日会えたのもすごい奇跡だなと思うので、これからも1つ1つの公演を大事にして、たくさん笑顔を振りまいていきたいなと思います。

[2013年5月24日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 140回目]



・低学年の弟がいる。その弟に話しかける時、赤ちゃん言葉になってしまう。

・蜘蛛のことを「ダダダ」と言う。

[2013年5月23日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 139回目]



・夏と言ったらやっぱりプールとか海とかよく行くじゃないですか。それで、この「さよならクロール」の選抜に選んでいただいた時にPV撮影で沖縄に行ったんですよ。沖縄の海ってとても透き通っていて、海がキレイじゃないですか。それで私はその海ではしゃいじゃって、撮影が終わった後に1人だけ潜って、下にあった海草とかをめっちゃいっぱい取って行って、上がったら、海草いっぱい持ってたんですよね。それで上がって、そしたらそれを見ていた北川謙二さんがそれを「パクパク、美味しい」って全部食べちゃったんですよ。もう芽瑠ビックリ♪

・「芽瑠ビックリ♪」

[2013年5月22日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 138回目]



・私がいつも持ち歩いているのはキーホルダーなんですけど、そのキーホルダーは黒豚さんのももこっていう、リュックに付けているものなんですけど、そのももこっていうのは「さよならクロール」のPV撮影の時に沖縄に行った時に、たまたまみるきーさんとお揃いになって、その時みるきーさんが「ももこ」って名前をつけてくださったお人形さんで、いつも一緒に過ごしています♪

坂口理子「でもね、芽瑠の豚のやつね、いっつもタグ付いてるの。ずっとタグ付いたまま」
田島芽瑠「そうなの。沖縄限定って書いてあるタグがあるじゃないですか。それ取ったら沖縄じゃないって」客、軽くw

「沖縄じゃなくなるんじゃないかなと思ったから今でも沖縄限定っていうタグを付けたまま、一緒にいます」

[2013年5月19日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 135回目]



・私が行ってみたい場所は大好きなディズニーランドに行きたいなって。もうほんとに、前からずっと行きたいんですけど、この前はメンバー10人ぐらいと、舞ちゃんと美桜も行ったよね?10人ぐらいで、リハーサルの合間に行ったんですけど、その時は、その10人の中で絶叫系に乗れるのが村重さんと舞ちゃんと私しかいなくて。杏奈さんと舞ちゃんと私で絶叫系とかジェットコースターとかいっぱい乗ったんですけど、その時は咲良さんと私が次のリハーサルがあったので2時間しか居れなかったんですよ・・・。

・生誕祭にて初の進行役を担当 (朝長美桜 15歳の生誕祭)

[2013年5月17日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 132回目]



・トマトを好きになったきっかけなんですけど、となりのトトロで井戸水に浸してあるトマトを食べるっていうシーンがあって、その頃からすごく大好きになって、小さい頃から学校帰りとかは絶対冷蔵庫に冷やしているミニトマトを食べるのが習慣なので、この夏もトマトパワーでがんばめるる!

[2013年5月15日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 131回目]



・私は笑ってコラえて!っていう番組が大好きで、家族と一緒に毎週楽しみにしてる。

・森保まどかさんとはよくホテルとかでも一緒に寝たりとか、趣味も読書とか、好きなものがトマトだったりするのを、似てるのが多くて、いつも「気が合うね」とか、さっきもずっとまどかさんとじゃれ合ってて。

・トマト大福について熱く語る。

「トマト大福が好きっちゃん。そのトマト大福が甘酸っぱいのにね、外側のね、モチモチしたところが甘くてね、めっちゃ・・・。福岡空港に売ってあるのでぜひ食べてみてください」

[2013年5月14日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 130回目]



・食器棚のことをカップボードと言っている。

[2013年5月10日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 127回目]



・私が得したことはAKB48さんの武道館のコンサートに渡辺麻友さんと松井玲奈さんと美桜と私で「嘆きのフィギュア」というユニットをさせていただいたんですけど、その振り入れの出来事なんですけど、ダンスの先生がいつも教えてくださるんですけど、渡辺麻友さんが前やったことがあるっていうことで、すごい私にも優しく「こここうするんだよ」と教えてくださってて、渡辺麻友さんに直々に教えていただいたということがすごい得した気分だなと思いました。

[2013年5月9日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 126回目]



・私のなりたいものはたんぽぽになりたいなと思うんですけど、いつも暖かいポカポカなお日様に照らされながら、そよ風でどっかに飛んで行って、好きなところに咲いてって、そしてたんぽぽになって、世界中を旅してみたいなと思います。

・キャッチフレーズの由来:射止める」で、めるが出てくるので、芽瑠っていう名前を使いたかったのと、オーディションの時に「誰かかの太陽になりたい」って言ったので、HKT48の太陽になれますようにという想いを込めて作ったんですけど。

[2013年4月11日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 114回目]



・キャッチフレーズ解禁「あなたのハートを射止める HKT48の太陽になりたい。2000年生まれの13才 めること田島芽瑠です」

・私はよく今の気持ちとかを替え歌にしてしまうクセがあるんですけど、例えば今だったら「PARTY キャッチフレーズが解禁 やったーみんなビックリ PARTY」ってこういう風に替え歌してるんですけど。

[2013年4月10日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 113回目]



・私は去年の11月に福島県新地町に訪問させていただきました。私が感じたのはやっぱり迎えてくださった方々の温かさで、「博多でもがんばってね。来てくれてありがとう」って私が励まされて、元気をいただきました。夜の帰り道のバスの中で外を見たら、真っ暗で、ポッカリと空いた一帯がありました。そこは津波の被害を受けて土だけの更地になった場所でした。まだまだ灯りが灯らない場所がたくさんあります。私たちはこれからも復興という希望に向けて、続けて行くという大切さを学びました。これまでも、これからも私は支援活動を続けていきたいと思います。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演 (HKT48劇場)]



・私、二次の審査の時、人見知りだから、ずっとこんな(かしこまった)感じで座ってたんですよね。そしたら後ろ、めっちゃ喋っててて、誰?誰?とか思って、後ろ見たら3人いて、後藤泉と田島芽瑠と坂口理子でした。その3人が二次の時からけっこうバーって。 (草場愛談)

[2013年3月3日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 92回目]



・人の顔を覚えるのは得意だが、人の名前覚えるのは苦手。

[2013年2月23日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 87回目]



・私が見習いたいメンバーは田島芽瑠ちゃんです。芽瑠ちゃんはいつでもすぐに言葉が出てくるのですごいなって思います。私もそこを見習って、どんな時でもすぐに言葉が出てくるようになれるように努力したいです。 (秋吉優花談)

[2013年2月22日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 86回目]



・私の時間を忘れるほど熱中してしまうものはやっぱり本を読むことなんですけど、私は読書をし始めるとほんと石になったように周りの音が聴こえなくなる体質なんですけど、私の今のお勧めの本はビブリア古書堂っていう本なんですけど。

・田島芽瑠&朝長美桜「スキップ♪」ポーズ

[2013年2月19日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 83回目]



・私の忘れられない出来事は初のイチゴ狩りなんですけど。小学1年生の時に行って、イチゴがすごく美味しくて、この日は持って帰りたいなって思ったんですけど、その時はイチゴを入れる袋を持って行ってなかったんですよ。でも小1の私は考えました。その時、帽子を被ってたんですよ。それで、帽子の中にポンって、ワーって入れて持って帰って、すごい笑顔のまま食べてたんですよ。で、後から見たら水玉模様の帽子に変わってました。それでもそのイチゴはとっても美味しかったです。

[2013年2月7日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 77回目]



・エッフェル塔のことをエッフェルさんと呼んでいる。エッフェル塔のグッズを集めている。

・小さい頃にパリに行ったことがある。エッフェル塔に上る予定だったが、大混雑してて、諦めてしまった。凱旋門には上った。

[2013年2月6日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 76回目]



・猫アレルギー。

[2013年2月6日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 76回目]



・マイルール:アイスの雪見大福はアイスと周りの大福を分けて食べる。

[2013年1月13日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 60回目]



・読書好き。

・いつもはけっこうしっかりしてるんですけど、時々甘えてくれたりするところがすごいかわいくて。でもステージに立つとすっごいしっかり者で、だから頼りになる妹っていう存在です。 (渕上舞談)

・めるあるある

冨吉明日香:食べ物を持ってたら、すっごい満面の笑みで私の隣に座って、そこでは何も言わないんですけど、とてつもないぐらいの笑顔で食べ物だけを見つめてくる。

坂口理子:冷や冷やすることが多々ある。

朝長美桜:ステージ上ではすごいしっかりしていて、ほんとに年下なのかなって思ったりするんですけど、でも普段はすごく甘えん坊で、「ちょうだい」って言う時すっごい甘えん坊だよね。

渕上舞:芽瑠がメルシーって書いたバッグを持ってるんですよ。名前とめっちゃ似てて、よく「ほら見てこれ、メルシーって書いてあるんだよ、見て見て」って何回も言ってくる。(※メルシーはフランス語でありがとう)

◆田島芽瑠 13歳の生誕祭

・研究生生誕祭生誕ステージアピールタイム:今の想いを詩に書いてきて、それを朗読

夢への一歩

あの日見た憧れのステージ
揺れるペンライト
まぶしいスポットライト
近くて遠いそのステージ
流した汗と涙が私の背中を押してくれた
そして今そのステージに立っている
みなさんと一番近い場所
嬉しかった
誰にも負けない汗をかこう
前だけを見て歩こう
決めたのに
ステージの上にあったのは楽しさ、喜び
でも気になる視線
気にする評価
迷子のよう
輝けているのかな?
無駄にしない仲間の汗
自分だけの公演じゃない
自分のいいところは大切に
悪いところは直していけばいい
何よりも大切なのは自分を知り、そして好きになること
今日も大好きなこの場所で、夢に向かって手を伸ばす

2013年1月7日 田島芽瑠

・朝長美桜、岡本尚子からメッセージ

生誕祭を開いてくださったファンのみなさんにひと言
田島芽瑠「今日は本当にこんな素晴らしい生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」客、拍手

「私は今までこんなにたくさんの方に自分の誕生日を祝ってもらったことが無かったので、本当に忘れられない日になりました。「スカート、ひらり」とか、そういうユニットの時とかにピンクのペンライトが揺れていたり、アンコールで芽瑠コールが流れたり、すごく嬉しいです。本当にありがとうございます」客、拍手

「私はこうやって芸能界に入ることには両親に反対されていて、このHKT48も締め切りギリギリまで悩んでたほど、すごく考えて応募しました。両親とは最後まで話したのは「芽瑠は芽瑠の人生だから、私が決めたことなら応援するよ」って言ってくれて、「初恋バタフライ」のセンターに選ばれた時は、驚きと不安でいっぱいでした。先輩方がここまでがんばってきたからこそのチャンスだと思っていたので、私でいいのかな?ってずっと考えてました。でも、そんな時、メンバーがメールとか支えてくれたりして、尚子は「芽瑠は影で努力しとるけん、そんな姿を見ると負けられんって思っとるよ。胸張って堂々としていいよ」ってメールくれて、後藤泉ちゃんは「公演とか見ててもやっぱりセンターは芽瑠だって思ってるから、がんばってね」って言ってくれて、ほかのメンバーにもたくさん支えられて、ここまでやってこれました」

「自分は自分で与えられたところで精一杯輝こうって決めていたので、プレッシャーに負けないためには努力が必要だって考えて、一生懸命がんばろうって決めました。これからもこんな大切な仲間たちと一緒に夢に向かってがんばっていきたいと思います。本当にありがとうございました!」客、拍手

・13歳になったということで、Google+用ギャラクシーをサプライズでプレゼント。

・そのギャラクシーで、客席をバックに記念撮影。


[2013年1月7日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 58回目]



・幼稚園の頃から英語を習ってた。ずっとやってて、発音はいいほうなんですけど、単語がわかりません。

[2013年1月6日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 57回目]



・今年のビッグニュースはやっぱりHKT48に加入したことなんですけど、約2ヶ月間みんなとレッスンしてきて、私ほんとに運動嫌いで、だから筋トレとかもきつくて、すごい大変、きつかったんですけど、でも最後のほうには腹筋が割れるようにまでなって自分で自分にビックリした。

[2012年12月29日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 55回目]



・私の中の流行語は「ありがとんこつラーメン」と「おやす味噌ラーメン」と「どういたま塩ラーメン」

・実は私ラーメンよりうどん派なんですよ。

[2012年12月28日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 54回目]



・ディズニーが大好き。生まれ変われるとしたら、ダッフィーになってみたい。

・私の野望は、隣のヤフードームでHKT48としてヤフードームでコンサートをやりたいなっていう。

[2012年12月27日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 53回目]



・モンブランとメロンパンが大好き。

・去年小学6年生だった時にサンタさんからお手紙がベットの横に置いてあって、読んでみたら、「今年いっぱいでサンタさんはお休みしちゃうけどサンタさんはお母さんにプレゼントを頼みますね」っていう手紙が置いてあって、すごいショックだった。

[2012年12月25日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 52回目]



・坂口理子:私がHKT48のオーディションを受ける前にコンビニで大島優子さんのワンダのお守りを買ったんですよね。そのお守りの中に紙が入ってるんですけど、そこに「HKT48に入れますように」って書いたんですよ。そして、最終審査の時に初めて知り合った田島芽瑠ちゃんと一緒にいたんですよ。そしたら田島芽瑠ちゃんがすごく大島優子さんを憧れてるというので、そのお守りをちょうだいと言い出したんですね。「ちょうだい、ちょうだい、ちょうだいよー」って言い始めたんですよ。私は中学1年生のかわいさに負けてあげそうになっちゃったんですけど、これをあげたら受からないと思って、で、それで最終審査が終わって、見事合格したので、そのお守りのお陰かなと思って。そして田島芽瑠ちゃんは今そのお守りを持っています。

[2012年12月18日 チームH「手をつなぎながら」公演]



・スパゲティの発音はネイティブ。

・以前は寝てる時間がもったいないと思う性格で、お昼寝する時間があるなら本読みたいと思う派だったが、最近は時間があればすぐ寝るようになった。

[2012年12月15日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 46回目]



・オーディションの時に冨吉明日香ちゃんと後藤泉ちゃんと坂口理子ちゃんと一緒にご飯を食べたんですけど、その私も含め4人がみんなでこうやってステージに立ててることが運命だなって思う。

[2012年12月11日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 45回目]



・「ときまきたい」

[2012年12月8日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 44回目]



・去年のクリスマスプレゼントはATMがちっちゃくなったバージョンの貯金箱だった。カードを入れて、パスワードを入れたら出し入れができるという、ほんとに銀行みたいな感じで遊びながらお金を集められる。

・警固公園のイルミネーションを去年も何回も見に行ったぐらい大好きで、毎年見に行ってる。

[2012年12月1日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 40回目]



・一昨日HKT48シアター1周年の時にみなさんから花束をいただいた。私たちにピッタリのイメージの花束で、私は大好きな白とピンクのお花と向日葵がたくさん抱えきれないほど添えてあって、すごく嬉しかったし、こうやって花束をもらえたのも初めてだったので、心に残る最高のプレゼントでした。

・けっこう食いしん坊。 (草場愛談)

[2012年11月28日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 38回目]



・初日公演始まる前に、深川さんに手を握ってもらってすごい落ち着いた。

・「私たちはこのお披露目や劇場公演するまでにすごい1ヶ月ちょっとぐらいのレッスンをみんなでやってきました。それですごいたくさんの想いがあって、私たちはオーディションをした頃からこの憧れのステージに立つことにすっごい夢見て、私たちがんばってきたので、すごくその立てたことはすごく嬉しかったし、たくさんの方の前で歌って踊るという夢を叶えられてすごく嬉しかったです。これからもたくさんのいろんな夢に向かって一歩一歩進んで行きたいと思います」

[2012年11月26日 HKT48劇場 1周年特別記念公演]



・見た目も性格もしっかりしてる。 (上野遥談)

・ちょっと不思議ちゃん。

[2012年11月13日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 28回目]



・博多っ子なのにどうしてもラーメンが吸えない。

[2012年11月5日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 24回目]



・モンブランとメロンパンが大好き。

・犬が大好き。犬は飼ってないが、想像の犬に毎日「おはよう」「おやすみなさい」と挨拶する。その想像上の犬の名前はリボン。

[2012年10月16日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 13回目]



・村重杏奈のグイグイ選抜入り。

[2012年10月10日 チームH「手をつなぎながら」公演]



・不器用。手先が不器用。

[2012年10月6日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 5回目]



・今夢中になってることは、休み時間に図書室に行くこと。本を読み始めると周りの音が聞こえなくなる。

[2012年10月5日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 4回目]



・最初の頃は体がほんとに硬かった。今はちょっとマシになった。

・花粉症なのでよく秋になるとクシャミが出る。学校にマスクをして行ったら、男子からマスクマンというダサイあだ名をつけられてしまった。小4からマスクマンt呼ばれている。

[2012年10月3日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 3回目]