FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

高橋朱里 15歳の生誕祭 (2012/10/03、「僕の太陽」公演 98回目)

■出演メンバー
チーム4 → 阿部マリア・市川美織・入山杏奈・岩田華怜・大場美奈・加藤玲奈・川栄李奈・島崎遥香・高橋朱里・竹内美宥・田野優花・中村麻里子・永尾まりや・山内鈴蘭

昇格メンバー → 森川彩香
13期研究生 → 梅田綾乃

ポンポン隊(M5):
12期研究生 → 北澤早紀・相笠萌
13期研究生 → 前田美月・小嶋真子・岡田彩花・岡田奈々

■ポジション
不在チーム4メンバー 2名(島田晴香・仲俣汐里)

島田晴香 → 森川彩香
仲俣汐里 → 梅田綾乃

■開演
◆M00.overture
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC1 (自己紹介)
島崎遥香「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48です」客、拍手

島崎遥香「AKB48「僕の太陽」公演、まずは、Dreamin’ girls、RUN RUN RUN、未来の果実、ビバ!ハリケーン、続けて4曲聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

お題:最近自分が大人になったなーと思う時


【1列目 下手側から】
森川彩香「はい、私が質問したら「大好き」と言っていただけたら嬉しいです。アーヤロイドは好きですか?」客「大好き!」

「はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。11期生の16歳、高校2年生のアーヤロイドこと森川彩香です」

「私が大人だなーと思ったことは、前まではすごいくだらないことで兄弟ゲンカが多かったのですけど、最近はあんまりケンカしなくなったので大人だなと思いました。今日もアーヤロイドらしくいきたいと思います。よろしくお願いします」

加藤玲奈
「あれ?どこ見てるの? あっち?こっち?『れなっち』ありがとうございます。15歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私はですね、逆にあんまり子供っぽいねって言われることがないんで、年中大人です。今日もよろしくお願いします」

島崎遥香「ハイ、18歳の島崎遥香です。よろしくお願いします」

「私はAKB48は今14期生までいて、私はもう9期生なので、だいぶ大人になったんじゃないかなって、大きくなったんじゃないかなって思います。今日は久々の公演で、オーバーチュアーを久々に聴いて、すごくドキドキしちゃったんですけど、今日はよろしくお願いします」

市川美織「ハイ、みなさん知っている方も、知らない方も一緒にやってください。いきますよ。せ~の、『フレッシュレモンになりたいの!』ありがとうございます、チーム4のみおりんこと市川美織です」

「私も子供って言われることあんまりないんですけど」客、反応

「あれっ?なんで? 玲奈ちゃんの時はそんなことなかったのに。でもですね、強いて言うならですけど、最近1人で映画に行けるようになったんですよ。ビックリしました」客w

「しかもですね、間違えて字幕のほうに行ったんですよ。だから私、一気に大人になりました。今日もフレッシュにいくのでよろしくお願いします」

高橋朱里「15歳の高橋朱里です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「ありがとう、ありがとう・・・。私、性格面ではたぶん大人になったのかわかんないんですけど、川栄李奈さんにですね、最近老けたって言われるんですよ」
川栄李奈「言ってない言ってない、大人っぽくなったなって」
高橋朱里「いやいや違いますよ、今舞台上だからです。楽屋だと言いますから。大人になったのは嬉しいんですけど、老けたのはちょっと違うのかなと思うのですけど、ロリっちゃには負けます。今日も盛り上がっていきましょう。楽しみたいと思います。よろしくお願いします」

# 以上、1列目捌ける


【2列目 下手側から】
川栄李奈「チーム4の17歳、高校3年生、りっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私この間前髪を切ったんですよ。ちっちゃい時からずっと自分で切ってたので、すごい下手なんですね、前髪が。けどこの間切ったらけっこういい感じですか? ダメですか? 切り過ぎちゃったんですよ。でも切り過ぎたとこが大人だなと思います。今日も1日よろしくお願いします」

永尾まりや「ハイ、み~んなに幸せを届けたい、ウインクキラー、永尾まりやです。よろしくお願いします」

「私はやっぱりチーム内で、楽屋でみんな鈴蘭とかワーってやってる中、ちょっと隣で静かに見守る人みたいな感じで最近は大人になったなって思うんですよね」
山内鈴蘭「どういうこと?」客、軽くw
永尾まりや「鈴蘭とかがはしゃいでる中の横で見てる人みたいな。大人になったなって思います。今日もよろしくお願いします」

大場美奈「ハイ、ちょっぴりクールな毒舌天使、みなるんこと大場美奈です」

「私はですね、最近ですね、スタッフさんとかに、まだ二十歳に見えないねとか、制服の衣装を着て、まだイケルなって思った時に、私大人なんだって思います。やっぱり高校生の時はそういうこと考えなかったので、最近すごく感じます。今日もがんばっていきます。よろしくお願いします」

竹内美宥「はい、高校2年、16歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私は先日というか、この間久しぶりに中学の友達1年半ぶりで、小学校の友達はけっこう久しぶりに会ったのですけど、自分の成長は自分なのでよくわかんなくて、この間友達に会ったら、みんなも成長してて、そういうのを見ると、こうやって自分も成長してるんだなっていうことを感じて。やっぱり自分ではわかんないんですけど、どんどんどんどん成長してるんではないかなと思います。今日もがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

阿部マリア「はい、高校2年生、16歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

「私はですね、さっき髪の毛を巻くコテに間違えて触っちゃって、火傷はしてないんですけど、そういう感じのをしたんですよ。そういう時に、昔はけっこうあー熱いもうやだーみたいな感じでけっこうみおりんみたいに騒ぐ感じだったんですけど」客w

「さっきは、まぁ、平気かって感じだったので、大人になったと思います。今日もよろしくお願いします」

田野優花「チーム4、15歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私は13期の大島涼花と相笠萌に私のお下がりの服を今度あげるんですね。だから、やっぱ後輩メンバーもどんどん増えて、私は大人だなってちょっと思いました。今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

# 以上、2列目捌ける


【3列目 下手側から】
梅田綾乃「13期研究生のうめたんこと梅田綾乃です。よろしくお願いします」

「私の最近大人になったなと思うのはメールなんですけど、前は長文でも全部一行で済ませちゃうタイプで、点とか丸で。でも最近はちゃんと改行して、星とか顔文字とか使えるようになりました。今日は全力で笑顔でテンションMAXでいきます。よろしくお願いします」


岩田華怜「ハイ、知っている方は一緒にお願いします。せ~の、可憐で華麗な『伊達娘』ありがとうございます。宮城県仙台市から来ました、中学2年生、14歳の華怜こと岩田華怜です」

「私もそこまで歳相応に見られたことはないんですけども、何か買ってお金払う時、例えば625円ですって言われた時に小銭が無くて千円出すとするじゃないですか。私今まではそれで終わってたんですけど、最近は千と25円払えるようになって。そしたらちゃんと400円でスッキリ返ってくるんですよ。それに気づきまして。自分こうやってちゃんと世間を渡れてるなって、その時すごい思って、大人になったなってその時思いました。今日は大人を極めるということで、ちょっとレトロな髪にして外跳ねにしたんですけど」客「かわいい」

「ありがとうございます、初めて言われました」客w

「今日もめげずにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

中村麻里子「はい、チーム4、18歳の中村麻里子です」

「私はですね、ショップ店員のモノマネをたまにやるんですけど、私今まではショップ店員に来られた時に大人な対応ができなくて、「すごいこれかわいいですよね、入ってきたばっかりなんですよ」って言われた時「あっ、はい、はい」ってすごいキョドってたんですよ。なんも対応ができなくて。でも最近は「これ入ってきたばっかりですごい人気なんですよ」「ハァ~」って笑顔ができるようになったんです。だからちょっと大人になったなって思って、今度からは笑顔プラスα「そうなんですね」って言えるようにがんばりたいと思います。というわけで今日も全力でいきます。応援よろしくお願いします」

山内鈴蘭「ハイ、みなさんこんばんは。チーム4の高校3年生、17歳、らんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私はまりちゃが言うように、私がウェーとか言ってるとまりちゃがすずちゃんって横で温かい目で見てもらってると私はまだ子供なんだなって思うんですけど、みなるんは自分のこと「おら」って言うんですけど、私は「私」って言ってるんですよ。めっちゃ大人じゃないですか。ということで今日もみなさん釣られちゃってください。よろしくお願いします」

入山杏奈「チーム4の16歳、あんにんこと入山杏奈です」

「私は今日朱里ちゃんが15歳のお誕生日じゃないですか。なのでさっき朱里ちゃんにあるものをあげたんですよ。そのあるものとはイチゴの国の入場券なんですけど、なんでそれが大人かって言うと、私半年ぐらい前までは永遠の15歳シーズン2って言ってたんですね。で、イチゴの国っていうのは15歳までしか入れないんですよ。つまり、朱里ちゃんに入場券をあげ、私はもう15歳じゃないんだっていうことを自覚し始めたから大人かなと思います。今日も元気に向日葵を咲かせられるようにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

中村麻里子「ハイ、本日の公演は以上のメンバーでお届けします。それではAKB48「僕の太陽」公演、はじまり、はじまり~」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (高橋朱里・加藤玲奈・島崎遥香・市川美織)
(ポンポン隊:北澤早紀・前田美月・小嶋真子・岡田彩花・相笠萌・岡田奈々)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (阿部マリア・森川彩香・川栄李奈)
◆M07.ヒグラシノコイ (大場美奈・竹内美宥)
◆M08.愛しさのdefense (田野優花・山内鈴蘭・永尾まりや)
◆M09.向日葵 (梅田綾乃・入山杏奈・中村麻里子・岩田華怜)

■MC2
梅田綾乃・入山杏奈・中村麻里子・岩田華怜

# 中村麻里子 ユニット曲5曲紹介

「最近の出来事について」

入山杏奈「最近夢を見たんですけど。ちょっと長くなるんですけど。私夢の中で今大人気の女優さんが主演映画をやるということで、それが少年ジャンプが映画化したやつなんですけど、なんとかカルテットっていうタイトルで。実在しないんですけど。音楽の映画なんですよ。主演の女優さんがフルートを吹くってなってて。私がなぜかその方と一緒にいるんですよ。私はフルート吹けるんですけど、その人はフルートを吹けたのかな?って訊いたんですね。そしたらもともと吹けなかった、この映画のために練習しましたって言ってて私がその人がいなくなった時にここでその人が一生懸命練習した曲を突然吹いたらその人苦労したことを思い出して泣いちゃうんじゃないかと思ってね。泣いちゃうかなと思って興味心でフルート吹いたんですよ、違う曲を。そしたらその人が泣いて、号泣して、大人泣きして、うちのとこに走ってきたんですよ。あー、泣いちゃったと思ったら、どうしてジャンプなの?私はもともとスクウェア派なのにって言ったんですよ。小笑い? おもしろくないですか?」
岩田華怜「私はスクウェアもジャンプも好きですけどね」

梅田綾乃「私は最近テストがあったんですけど、思う以上にヤバ過ぎて、お母さんにいっぱい参考書買わされちゃいました。なので今勉強中です」
岩田華怜「あげるよ。何年生でしたっけ?」
梅田綾乃「同い年」
岩田華怜「同い年だよね」客w

「新品なのいっぱいあるからあげる」
中村麻里子「同い年だからやりましょう」
岩田華怜「自分でもやれってことですね」
中村麻里子「華怜は参考書やってるの?最近」
岩田華怜「私参考書はやってないんですけど家庭教師のトライを始めたんですよ。母に半ば強制的になんですけど、始めまして、昨日とか休みの日があればお家で家庭教師のトライをやってますよ、最近」
中村麻里子「CM狙ってるでしょ?」客w
岩田華怜「そんなことは無いです。連立方程式ができるようになりましたよ」
梅田綾乃「できないです」
岩田華怜「教えてあげる」
梅田綾乃「ありがとうございます」

中村麻里子「私はね、最近アパマンショップとか、ネットで物件探しが超楽しくて。駅から4分でこの値段って超いいなとか思ったりして」
入山杏奈「半年ぐらい前にマリアも同じこと言ってましたよね」
中村麻里子「1回見始めたらすごい楽しいんだよね。今日みなさん家に帰ったら検索してみてください」客「CM狙ってるの?」

「ちょっとだけ」
入山杏奈「私もなんとかカルテットのCM狙いたいと思います」客、軽くw

「ということでみなさん、後半戦の準備はできてますか?」客、拍手

岩田華怜
「続いての曲はこの曲からです。せ~の!」
みんなで
「竹内先輩!」


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC3
川栄李奈・山内鈴蘭・加藤玲奈・竹内美宥・島崎遥香・森川彩香・市川美織・入山杏奈

# 市川美織 中盤曲3曲紹介

「最近ほっこりした話」

川栄李奈「最近ほっこりしてないんですけど、私お風呂入ってないんですよ」客、反応

「違います。お風呂のお湯に入ってなくて、お母さんに入らせてくださいって言ってるんですよ、お風呂のお湯に」
山内鈴蘭「自分で沸かせばいいじゃん」
川栄李奈「ダメなんです。この時期まだダメで、本格的な冬にならないとお風呂入れてくれないんですよ」
市川美織「節約とかかな?」
川栄李奈「だから誰かの家に行ってほっこりしたいので、私を入れてください」
山内鈴蘭「おいでよって方?」客、反応

「ファンの方いたけど、ここ(メンバー)1人もいなかったよ」
川栄李奈「シーンでしたね」
山内鈴蘭「れなっち入れたくないの?」
加藤玲奈「なんか汚そう」客w

「入り方が」
川栄李奈「ちゃんと洗って入りますよ」
島崎遥香「だってね、今日のりっちゃんが着てたレッスン着、洗ってないって言ってた」客、反応
川栄李奈「半年間ずっと入れっ放しだったんですよ、そこに。そしたらなんかすごい異臭を放ってて、みなさんに近寄らないでくださいって言ったんですけど」
山内鈴蘭「ヤダ、隣にいるの」
川栄李奈「大丈夫です、大丈夫です」

入山杏奈「昨日石焼き芋がいました」
山内鈴蘭「ほっこりするね。歌ってたってこと?」
入山杏奈「でも、違う違う。石焼き芋~って言ってたから焼き芋だと思ったら、めっちゃイケの番宣のトラックでした。AKBも左下にいたんで、AKBも出ると思いますよ」

森川彩香「私はいっつもお家帰るとワンちゃんがいるんですけど、いっつも吠えられるんですよ、なぜか知らないけど。でも最近は吠えないで迎えにきてくれて、すごいほっこりして、いつもおやつたくさんあげすぎて最近体重が増えてきちゃってるなーと」

竹内美宥「今日雨降ったじゃないですか。ちょうどその時こっちに向かってくる時で、バスを待ってたんですね。バスを15分間ぐらいずっと待ってたら、10分ぐらいの時に雨がパラパラ降ってきてたんですよ。隣におばあちゃんがいて、私傘を持って行くの忘れてて、それで降ってきてどうしようと思ったら、雨が急に当たらなくなったんです。あれっ?と思ったらおばあちゃんが「寒くない?」って」
山内鈴蘭「優しい! ほっこりする」
竹内美宥「それをやってくれて、その後もずっと一緒に傘差して、バス待って、ありがとうございましたって分かれたんですけど、すごいほっこりしました」
市川美織「これぞほっこりした話ですね」客、拍手

山内鈴蘭「私もすごいほっこりした話がありまして。今日電車の中でアイス食べてたんですよ」客、え~

「ちゃんとカップだよ。食べ終わった後にボタって足に垂らしちゃったんですよ。で、ティッシュティッシュ、女子力ないからティッシュなくて。ヤバイヤバイと思ったらスってティッシュが出てきたんです、横から。えっ?と思ったら、おじいさんが「どうぞ」って、すっごいほっこりして」

島崎遥香「私も鈴蘭と同じような感じなんだけど、学生時代にすごい花粉症で、電車の中で鼻かみたくて。でもティッシュが切れてて、無いやーと思って、切れちゃったと思って、友達に訊いても持ってないって言ってて」
山内鈴蘭「みんな女子力ないんだね」客、軽くw
島崎遥香「そんな話をしてたら、若い女性が「あげます」って言ってくれて、全部もらったよ」客、軽くw
山内鈴蘭「全部もらった? 普通に1枚だけもらうんだよ、そういう時」
島崎遥香「全部もらったよ」

加藤玲奈「こんな感じでいい話も聴いたところでですね、これからもみんなで仲良く公演をやれていけたらいいなと思います」

次の曲のイントロが流れ始め、
竹内美宥 次の曲振り


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール
有志の方「みなさんこんばんは!」客「こんばんは」

「今日は本日10月3日に15歳のお誕生日を迎えた高橋朱里ちゃんの生誕祭です!」客、イェー!&拍手

「みなさん!朱里ちゃんが好きですか!?」客、イェー

「朱里ちゃんの笑顔が好きですか!?」客、イェー

「朱里ちゃんの笑顔が見たいですか!?」客、イェー

「朱里ちゃんの笑顔が見れるように、またこの公演が素敵な思い出になるように、アンコールは朱里ちゃんコールでお願いします」客、拍手

「朱里ちゃんコールいくぞー!」


「朱里ちゃん」コール


◆M14.Lay down


■MC4
前半:永尾まりや・田野優花・阿部マリア・高橋朱里・大場美奈・中村麻里子・山内鈴蘭・梅田綾乃

「イェー!」

永尾まりや「アンコールありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」客、拍手

永尾まりや「Lay downを聴いていただきましたが、普段の私たちとは違うこの曲、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ここでは高橋朱里ちゃんについて、話していきたいと思うのですけど」

大場美奈「私は朱里ちゃんって最近よく喋るんですけど、なんで?」客、軽くw

「話題がなくてもずーっと喋ってるから」
高橋朱里「どこでですか?」
大場美奈「楽屋でも、どんな場所でも。チーム4に入ったばかりの頃はそんなにおとなしかったのに、いつの間にか島田より喋ってて」
高橋朱里「そんなことはない。全否定します、それは」
永尾まりや「みなるんが怖かったんじゃないの?」
大場美奈「でも田野ちゃんも思わない? 田野ちゃんと私と朱里がけっこう並びが一緒なんですよ、楽屋の着替える場所が。ずっと喋ってない?」
田野優花「1人でぶつぶつ」
高橋朱里「あの私、みんなお母さんのお腹から生まれましたよね? 口から生まれたんですよ。だからよく喋るんです」
大場美奈「ややウケだし」客、軽くw
山内鈴蘭「もう朱里ちゃんかわいいんだから~」

「まりちゃんいくよ」
永尾まりや「朱里さ、聞きたいことあるんだけど」
山内鈴蘭「マジで聞いていい?」
大場美奈「ちょっと怖いよ」
中村麻里子「先輩怖いよ」

永尾まりや → ゴール役
山内鈴蘭 → ドリブルしてシュート

客 → シーン (事故る)

山内鈴蘭「朱里、バスケットボール好き?」その後、靴が脱げ、ハシャグ

「トラブルトラブル」
永尾まりや「こういうトラブル最近よくあって・・・」

「これを聞いたのには理由がありまして。朱里ちゃんはバスケットボール部だったということで、バスケットボールをあげたいって話をしてたんですよ」
高橋朱里「だから楽屋で朱里とかちょくちょく聞こえて、何言ってるんだろうと思ったのですけど・・・。これか」
山内鈴蘭「この場からすぐに逃げ出したい。朱里のために2人で考えてたんですよ。こんなことなっちゃったけど」
高橋朱里「好きなもの何?って聞かれて、私肉って答えたんですよ。さすがに肉は表現できませんでしたね」

田野優花「私ちょっと真剣なこと聞きたいんですけど。朱里は将来の夢女優さんじゃん。具体的にどんなことをしたいか、女優さんとして」
高橋朱里「私はそうですね、でも、いろんなジャンルに試してみたいっていうのあるんですけど、今はすごい学園モノに出てみたいなって思ってます」
永尾まりや「バカレア」
高橋朱里「それは出たんですけど」
永尾まりや「マジすか学園」
高橋朱里「刑務所じゃないですか」客、軽くw
山内鈴蘭「でも一応タイトルに学園って」客、軽くw
高橋朱里「でも今度のマジすかプリズンだから。だからよくテレビとか見てて、いろいろ学園のやってるじゃないですか、GTOとか。だからそういうの出てみたいなって」
大場美奈「朱里、演技、初にしてはすごい」
田野優花「私メッシ見て超感動した」
高橋朱里「いやいやいや」
大場美奈「スタッフさんもすごい良かったって言ってるから」
高橋朱里「恐縮です」
大場美奈「これを機にどんどん上がっていけるかもしれないじゃん」
中村麻里子「もし演技を勉強したいと思えば一緒に即興演技勉強しよう」
大場美奈「演劇部部長だから」
中村麻里子「そう、演劇部部長だよ、これでも」
高橋朱里「どうしたらいいんですか?」
山内鈴蘭「じゃ~、今やっちゃう?」客、拍手

「筋無し」
永尾まりや「朱里は女の子と男の子役どっちがいい?」
メンバーたち「普通に考えて男の子でしょ」客、軽くw

中村麻里子 → 先生役

「キーンコーンカーンコーン。おい高橋」
高橋朱里「おはようございます」
中村麻里子「この間、雑誌のモデルやってたらしいじゃないですか」
高橋朱里「えっ?」
中村麻里子「それって学校的にヤバイんだよね」
高橋朱里「えっ? ヤバイんですか?」
中村麻里子「一応これは校長に話を通さないといけなくて」
高橋朱里「あのー、みなるん校長に言ったんですけど」客、軽くw
山内鈴蘭「校長だったのか」
中村麻里子「校長、この件、担任の中村聞いてなかったんですけど」
高橋朱里「あと、鈴蘭教頭先生にも言って」
中村麻里子「教頭だったのか」
山内鈴蘭「教頭だぞー!」
中村麻里子「すみません教頭、今まで知らなくて・・・」
山内鈴蘭「ちょっと、校長締めて」
中村麻里子「締めて、教頭、あっ、校長」
山内鈴蘭「もうやめよう」

# グダグダ

中村麻里子「ハードル高かった」
山内鈴蘭「限界を超えている。じゃ~、交代するよ」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ


後半:市川美織・加藤玲奈・森川彩香・竹内美宥・川栄李奈・岩田華怜・島崎遥香・入山杏奈

市川美織「引き続き朱里ちゃんについてお話していきたいなと思います」

「朱里ちゃん、お誕生日迎えましたけど、どんな子ですかね? りっちゃんとかすごい仲いい」
川栄李奈「そうですね、私はパっと見た時から大好きで、朱里が。なんか、かわいいなと思って今に至るんですけど、最近ほんとに大人になってきちゃって、巣立っていきそうで怖いんです、助けてください」
入山杏奈「でもりっちゃんの朱里ちゃんに対する扱いはかわいいと思ってる風には思えない」
川栄李奈「違うんですよ。愛情の裏返しってやつですか?」

岩田華怜「私同期ですけど、私も朱里を見た時から、絶対すごい何か起こしそうだなと思って、直感的にこの子は何かを革命を起こしそうだなって、オーディションの時からちょっと思ってて。それで一緒になったわけで、12期としてレッスンとか始まって、やっていくうちにすごい印象に残ってるのが、朱里が書いてるノートみたいなのがすごい字がかわいくて、デコレーションが上手だなって。私そういうの苦手なんで、ちょっといろいろ私に持ってないものを持ってて、すごく仲良くなりたいなって」
市川美織「女の子らしい」
岩田華怜「そうなんですよね。最初から思ってましたね、私もなんか。第一印象はいい、朱里は」

市川美織「第一印象、私は不思議でした。同じものを感じる」客、反応

「なんか、なんとか星から来た感じがする。不思議な感じの空間があって。あと小物とか持ってるものがかわいくて、いつも。すごい羨ましいんですよ。はーい、それだけです」客、軽くw

「意外と女子ですよね」

森川彩香「最初すごいおとなしい子だなと思ってたんですよ、静かで。最近すごい騒がしいというか、りっちゃんに似てきたなって思います」
市川美織「たしかに」
川栄李奈「よく似てるって言われます」
市川美織「似てる。おでこの広さとか」
川栄李奈「そうなんですよ。おでこは広いんです、2人して」
岩田華怜「兄弟みたい」

市川美織「ぱるるさんはどうですか?」
島崎遥香「朱里はね、私と髪型が似てるよ」客w
川栄李奈「たしかに」
市川美織「最初黒髪で、すごいボブにしてた時めっちゃ似てましたよね」
川栄李奈「朱里、初期と髪型変わりましたよね」
市川美織「ヘルメットって感じで」客w

「ツルンとしてて」
川栄李奈「短かったですよね。オシャレになりましたね」
島崎遥香「りっちゃん前髪どうした?」
川栄李奈「これはあれですよ、事故ですよ。間違えました。みんなひくんですよ」
岩田華怜「かわいい」
市川美織「今流行ってるよね」

竹内美宥「やっぱり、すごいかわいいなって思いました、最初、パっと見。有吉AKB共和国で、スマイルフォーユーってやってたじゃないですか。目が死んでるって言われ始めたその有吉AKB共和国を見た時に、その後に会ったんですけど、えっ?目死んでないじゃんって思いました」
島崎遥香「いつからメッシって呼ばれるようになったの?」
メンバーたち「その時からです」
岩田華怜「その時がきっかけ? 私もその場にいましたけど。隣で私がやった後、朱里がやって、小嶋陽菜さんに「目が死んでる」って言われて」客w
川栄李奈「たしかに死んでたね、あの時はね」
岩田華怜「あの時はそうだった。でも今は別に大丈夫。緊張してたんだと思うんですよね、あの時」

加藤玲奈「私もさっきあーやが言った通り、川栄にめっちゃ似てて。喋り方がなんとかなんすよみたいな。そういう、適当な感じ?」客、軽くw
川栄李奈「ものすごく親切に対応してるんですよ、こっちは」
加藤玲奈「してないわ」
川栄李奈「してます」
市川美織「でも私朱里ちゃんにすごく嬉しいこと言われるんですよ。「市川さん一番かわいい」って言ってくれるんですよ」
川栄李奈「それみんなに言ってますよ」
メンバーたち「みんなに言ってる」
市川美織「えー!? ほんとに?」客w

「ウソー。ちょっと朱里ちゃん。でも今日はね、優しくしてあげましょう」客、軽くw

「許しますよ。ということでこっからはですね、明るく元気に一緒に盛り上がって楽しんじゃいましょう。それでは続いてはこの曲です。せ~の」
みんなで
「BINGO!」


◆M15.BINGO!
◆M16.僕の太陽


曲終了後、
大場美奈「本日はご来場ありがとうございます」
メンバーたち「ありがとうございます」

大場美奈「この後は今日ここにいる出演メンバーでギンガムチェックを披露したいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

島崎遥香「それでは聴いてください。ギンガムチェック」


◆M17.ギンガムチェック島崎遥香センター


■高橋朱里 生誕祭
曲終了後、
大場美奈「みなさん、ギンガムチェックはいかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。これからもAKB48そしてギンガムチェックの応援をよろしくお願いします」
メンバーたち「よろしくお願いします」

島崎遥香「そしてこの後は10月31日に発売されるAKB48のニューシングル「UZA」のミュージックビデオをご覧になっていただきたいと思います」

# 入山杏奈 ハイタッチ案内

「それでは最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック
川栄李奈「ちょっと待った!」客、拍手

「今日は10月3日にお誕生日を迎えた高橋朱里ちゃんの生誕祭です」客、拍手
メンバーたち「イェー」

川栄李奈「朱里ちゃん、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

BGM → 涙サプライズ!


# ケーキ運び&ろうそく火点け


川栄李奈「それではろうそくを消してください」
山内鈴蘭「お誕生日の歌」
川栄李奈「間違えた。じゃ~、みんなでお誕生日の歌を歌いましょう。せ~の」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 朱里ちゃん」客、拍手

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」

# 高橋朱里 ロウソク火を吹き消す(1フー) 直後に特効発射(客、拍手)

メンバーたち「おめでとう」

川栄李奈「ここでですね、ある方からビデオレターが届いてるので」客、反応&おー

「見てください。みなさん前のほうへ」


# スクリーン降下

島田晴香「はい、AKB48チーム4の島田晴香です。朱里、お誕生日おめでとう! (拍手)」客、拍手

「今回私は朱里の生誕祭に参加できなかったので、スタッフさんにお願いして、ビデオレターにして気持ちを届けようと思って、このビデオ撮らせていただいております。朱里がこうやってたくさんのファンの方と一緒にお祝いしてるところに私もほんとは行きたかったのですけど、ちょっとお仕事の都合上行けなかったのがほんとに申し訳なくて、お祝いしたかったなって思うのですけど、でもたくさんのファンのみんなとメンバーのみんなにお祝いされて、笑顔な朱里を想像してると、私もすごい幸せな気分です」

「朱里とはなんだろうな、第一印象はやっぱり透明感のある素敵な子だなって思ったのと、やっぱり一番仲良くなったきっかけは「マジすか学園」での役がマングースとハブで分かれてたのですけど、やっぱり似てる役を2人でやってたことがやっぱり仲良くなるきっかけだったんじゃないかなって思って私は○○(滑舌悪)思っております」客、ざわ
山内鈴蘭「似てないよ」

島田晴香「ファンの人は島田から○○(滑舌悪)と思ってるかもしれないのですけど、朱里のいろいろな部分を一緒にたくさん見てきたのですけど、やっぱりその部分を朱里はまだファンのみなさんに出し切れてないのかなって、おこがましいんですけど、ちょっと思っちゃってるので、朱里のもっといい部分をファンの人に知ってもらって、もっともっと朱里のことが大好きな人が増えたらいいなと私はすごく思っています」

「ほんとに朱里お誕生日おめでとう。素敵な1人になりますように」客、拍手

# スクリーン終了


川栄李奈「どうですか?今の」
高橋朱里「なんか嬉しいですけど、全然島田さんから今日の朝「この公演出れなくてごめんね」ってきてて、「全然いいですよ、仕事がんばってきてください」って言ったんですけど、まさかビデオレターがあると思ってなくて、ビックリしてるんですけど、メッシとウルセーヨって似てますか?」
みんなで「全然似てない」「むしろ正反対」
川栄李奈「そこはちょっとつっこみどころでしたけど。そんな島田、さすが、こんな島田さんからも温かいメッセージをいただいたんですけど、朱里はこの15歳どんな年にしたいですか?」

高橋朱里「えっと、そうですね、あの、私は、でもやっぱりAKB48に入って、1年5、6ヶ月経つんですけど、初めてのことがたくさんあって、突っ走ってきた感っていうか、やっぱり今年は15歳になったということで、1つ1つのお仕事を大切に楽しみたいなって思うのと、あとは夢を誰かに訊かれると女優って答えてたのですけど、もともとは演技をしたことがなくて、その女優がどんな感じなのかわかんなかったんですけど、でも今最終回今度迎える「マジすか学園3」や今度上映される「私立バカレア高校」などに出演させていただいて、演技のお仕事をできるチャンスをいただいたので、それでやっぱりやってみて、すごい演技って楽しいなって思ったので、今年はまた演技のお仕事をもらえるかまだわからないのですけど、でもチャンスをいただけるならまたがんばりたいなって思います。女優っていう夢も今年は積極的にもっと成長させていきたいなって思っています。あとは楽しむってことですかね」
川栄李奈「朱里はほんとにビックリするぐらい、私5話で一緒だったんですけど、マジすかの。ほんとに演技が上手くて、演技が大好きだなっていうのが伝わってくるので、がんばって欲しいです」
高橋朱里「川栄さんってちゃんとしてるところあんま見たことないから」客w
川栄李奈「すっごい緊張してるんです」
高橋朱里「がんばってるなーって」
川栄李奈「私今朱里より緊張してるんですけど」

「今日はこうやってコールをしてくださったり、サイリウムを振ってくれた方ファンの方にひと言お願いします」
高橋朱里「去年も今年も変わらずこうやって温かい生誕祭を開いてくれたファンのみなさん、本当にありがとうございます、嬉しいです」

「去年はチーム4の公演で、アンダーで出演して生誕祭を開いていただいたんですけど、今年はこうやって、チーム4の一員として「僕の太陽」公演で生誕祭を開いていただいてるってことがすごい不思議に思うんですけど、私は、そうですね、毎日笑顔、そうじゃなくて、楽しいなとか、嬉しいなって思うのはほんとに毎日で、すごい幸せです。でも、悔しいなとか、辛いなって思うこともあったかなって思うのですけど、私はすごい頑固な性格なので、ファンのみなさんにわかるように、表に出してないっていうか、弱みを見せたくないなって思う自分がいて、けど、ファンの人っていつも察してくれるのか、Google+や握手会などで、すごい応援してくれたり、気遣ってくれたりして、本当にみなさんの声が私の力になっています。私が挫けそうな時はファンのみなさんがいつもいつも私を助けてくれるから、今もこうやって活動できているんじゃないかなって思っています。ファンのみなさんにはすごく感謝していて、少しでも恩返しをしていけたらなって思うのと、もっとファンのみなさんが増えるように、今のファンの人が飽きないで私を応援してくれるように、がんばりたいと、今年1年もまた前を向いて、自分の夢のために、そしてファンのみなさんのためにがんばりたいなって思っています」客、拍手

「こうやって今年も幸せな生誕祭を迎えてくれたファンのみなさん、本当にありがとうございました。幸せです」客、拍手

川栄李奈「そうですね、朱里とはほんとに最初っから仲良かったんで、なんかほんと逆によくわかんないんですけど、ほんとにこの子はがんばり屋さんで、そういうところも全部見てきてるので、なんか感動します」
高橋朱里「ほんとですか?」
川栄李奈「感動します」
高橋朱里「ほんとだ、泣いてる。でもウソ泣き得意なんでしたっけ?」客w
川栄李奈「違う違う。いや、ほんとに私滅多に泣かないんですよ。なんかほんとに、まだ15歳なので、すごいなって思うんですけど、がんばってください(やや涙声)」客、反応

「ほんとに大好きです。おめでとう、誕生日」
高橋朱里「ありがとうございます」客、拍手
メンバーたち「おめでとう」

川栄李奈「なんでうちが泣いてるんだろう」
高橋朱里「最高です」
川栄李奈「それでは朱里ちゃん、最後の挨拶をお願いします」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
高橋朱里 → センターにて「せ~の」バック
メンバーたち → 「せ~の」前進、お辞儀

# 妙な間が開く (ヘラヘラ笑い)

「ありがとうございました」

# BGM → 僕の太陽

# メンバーたち手を振りながら捌ける

上手袖前にて、
高橋朱里「これからもよろしくお願いします」手を振りながら捌ける

# 公演終了


■AKB48 28thシングル「UZA」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチーム4、バックダンサー、五十音順に並ぶ。(※ 16歳未満 除く)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
10月3日(水)「僕の太陽」公演 (公演後のメンバーコメント)

公演後の感想 → 高橋朱里川栄李奈

AKB48 LIVE!! ON DEMAND



阿部 マリア
卓上 AKB48-147阿部 マリア カレンダー 2013年

市川 美織
卓上 AKB48-148市川 美織 カレンダー 2013年

入山 杏奈
卓上 AKB48-149入山 杏奈 カレンダー 2013年

岩田 華怜
卓上 AKB48-150岩田 華怜 カレンダー 2013年

大場 美奈
卓上 AKB48-151大場 美奈 カレンダー 2013年

加藤 玲奈
卓上 AKB48-152加藤 玲奈 カレンダー 2013年

川栄 李奈
卓上 AKB48-153川栄 李奈 カレンダー 2013年

島崎 遥香
卓上 AKB48-154島崎 遥香 カレンダー 2013年

島田 晴香
卓上 AKB48-155島田 晴香 カレンダー 2013年

高橋 朱里
卓上 AKB48-156高橋 朱里 カレンダー 2013年

竹内 美宥
卓上 AKB48-157竹内 美宥 カレンダー 2013年

田野 優花
卓上 AKB48-158田野 優花 カレンダー 2013年

仲俣 汐里
卓上 AKB48-159仲俣 汐里 カレンダー 2013年

中村 麻里子
卓上 AKB48-160中村 麻里子 カレンダー 2013年

永尾 まりや
卓上 AKB48-161永尾 まりや カレンダー 2013年

山内 鈴蘭
卓上 AKB48-162山内 鈴蘭 カレンダー 2013年


遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル