FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年6月号 Amazonオリジナル生写真セット 5月24日発売 new2.gif
AKB48Group新聞 2019年6月号 セブンネットオリジナル生写真セット 5月24日発売 new2.gif
新体感ライブ 指原莉乃 11年ありがとう! 大感謝祭 販売開始!
※2019年5月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年5月21日18:00までに買い求めください。
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

板野友美 ゴキブリについて語る(2012/09/12、「RESET」公演 196回目)


■出演メンバー
新チームK → 秋元才加・板野友美・内田眞由美・梅田彩佳・菊地あやか・田名部生来・中塚智実・仁藤萌乃・野中美郷・藤江れいな・峯岸みなみ

昇格メンバー → 大島涼花・森川彩香

12期研究生 → サイード横田絵玲奈・佐々木優佳里
13期研究生 → 岡田彩花

前座ガールズ → 平田梨奈・相笠萌・村山彩希・茂木忍

■ポジション
不在チームKメンバー 5名(大島優子・松井咲子・松井珠理奈・宮澤佐江・横山由依)

大島優子 → 大島涼花
松井咲子 → サイード横田絵玲奈
宮澤佐江 → 森川彩香
横山由依 → 岡田彩花

松井珠理奈 → 佐々木優佳里 (旧・米沢瑠美ポジション)


■開演前の陰アナ
仁藤萌乃「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください」

「みなさんこんばんは。仁藤萌乃です」客、拍手

「ありがとうございます。みなさんさっそく盛り上がる準備してるようで、嬉しいです。メンバーも盛り上がる準備して待っているので、みなさん今日は一緒に楽しんで帰ってください。もうちょっと待っててね」客、拍手
■開演前
# 研究生4名が上手袖より入場

# 村山彩希 挨拶

# 下手から順に自己紹介
平田梨奈 (オレンジ)
相笠萌 (青)
村山彩希 (ピンク)
茂木忍 (黄)

# 平田梨奈 曲紹介


◆M00.檸檬の年頃 (前座ガールズ)


曲終了後、
相笠萌「「RESET」公演始まります」

# 4人手を振りながら緞帳閉まる


■開演
◆オーバーチュアー

◆M01.RESET (全員)
(OP → 板野友美梅田彩佳内田眞由美)
◆M02.洗濯物たち (全員)
◆M03.彼女になれますか? (全員)
◆M04.ウッホウッホホ (全員)


■MC1(自己紹介)
秋元才加「みなさん、こんばんは」
みんなで
「AKB48です!」客、拍手

# 秋元才加 序盤4曲紹介

お題提供:シロタンさん
お題:今年の秋の目標を教えてください

【1列目 上手側から順に】
仁藤萌乃「二十歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「やっぱ秋と言えば食欲の秋なんて言われてるので、今年の秋は食欲に負けないように、ちゃんと目標を立ててがんばりたいなと思います。それでは今日の公演もみなさんと一緒に楽んでいけたら、いいなって思います。よろしくお願いします」


板野友美「はい、みなさんこんばんは。ともちんこと板野友美です」

「私はですね、もう、今週かな? 来週かな? 来週から始めようと思ってるんですけど、水泳をまた始めようと思って。ちっちゃい頃やってたんで、また体力作りに通おうと思って、もう来週のスケジュールを見て予約したので、それが今楽しみなので、がんばりたいと思います。はい、今日も一生懸命がんばります。よろしくお願いします」


大島涼花「13期の大島涼花です。よろしくお願いします」

「私は梨がすごく大好きなので、今年の秋もいっぱい梨を食べようと思います。ハイ、今日もがんばっていくのでよろしくお願いします」

森川彩香「はい、私が質問したら「大好き」と言っていただけたら嬉しいです。アーヤロイドは好きですか?」客「大好き!」

「はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。11期生の16歳、高校2年生のアーヤロイドこと森川彩香です」

「私は読書の秋らしいので、まだ読んでない本をたくさん読みたいと思います。今日も笑顔でいきたいと思います。よろしくお願いします」

岡田彩花「13期研究生のあやかこと岡田彩花です。よろしくお願いします」

「私は秋と言えば栗だと思うので、栗ご飯はいろいろな栗料理を食べていきたいと思います。今日も元気にいくのでよろしくお願いします」

# 以上、捌ける


【2列目 上手側から順に】
野中美郷「はい、21歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私はやっぱり秋の楽しみと言えばハロウィンなので、チームAの片山陽加ちゃんにすごい仮装しようってすごい言われてるので、その夢が叶ったらいいなと思います。今日もよろしくお願いします」

峯岸みなみ「19歳のみぃちゃんこと峯岸みなみです。よろしくお願いします」

「やっぱり総選挙が終わって、夏が過ぎて、やっぱり秋のAKB48と言えば、じゃんけん大会だと思うんですけれども、去年は3位という好成績だったので、今年は最低3位で」客、反応

「全部の試合の中で第1試合目なので、ちょっと会場熱くさせるような試合ができたらなと思ってます。前半みなさん元気だったのですけど、もっと盛り上がれるんじゃないかなと思いました。ぜひ引き続き楽しんでください。よろしくお願いします」

秋元才加「ハイ、強く気高く美しく、24歳の秋元才加です。よろしくお願いします」

「私はですね、最近カメラをゲットして写真を撮ることがだんだんだんだん好きになってきたので、秋のこの季節だったり、写真を撮ることが今まで人生の中でまったくなくて、学生時代の写真とかもないので、メンバーのいろんな私だから撮れるような表情とか撮っていきたいし、思い出を切り取っていけたらいいなと思っています。今日はみなさんと思い出の1日になるような、短い時間なんですけども、そんな密な時間を過ごせたら嬉しいなと思います。よろしくお願いします」

内田眞由美「ハイ、18歳の内田眞由美です。よろしくお願いします」

「やっぱり秋になると季節的にも落ち着いてくるので、それに合わせて私もいい女にシフトチェンジしたいなと思い」客、ひゅ~

「まず一番に、才加ちゃんから服をもらいました」客w

「なんか、まぁ、いいかなと思って、もらって。あと、最前の人しかわかんないと思うんだけど、目じりにピンクのジェルライナーとかをちょっと塗ってみたりして」女性客「見える見える」

「見える? 遠い人見えます?」
秋元才加「あれなんだよね。男ウケ悪いんだよな、それ」
内田眞由美「えっ?」客w

「ウソー? えー? 消そうかな」客「かわいい」

「遠くで見えない人は握手会とかでちょっと見に来てくれればなと思うので、来てください。ということで今日も最後まで盛り上がってください。よろしくお願いします」

佐々木優佳里「涙の数だけ輝きたい、12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私はですね、演技力を高めたいなと思いまして、昨日からDVDをたくさん借りてきて、お風呂に入りながらDVDプレーヤーを置いて、見ることにしてるんですね。だからこれを毎日続けられたらいいなって思ってます。今日も全力でいきたいと思います。よろしくお願いします」

中塚智実「ハイ、埼玉県出身、19歳のクリスこと中塚智実です」

「私はやっぱ秋って読書の秋とか言うじゃないですか。で、春ぐらいに買った文庫本を読めてないんですよ、未だに。カバンの中には入れてるのですけど、電車とか携帯いじっちゃって、まだ読み終えてないので、秋のうちに全部読み終わりたいなと思います。ということで今日も張り切っていきたいと思います。よろしくお願いします」

# 以上、ハケる


【3列目 上手側から順に】
梅田彩佳「ハイ、福岡県出身の、う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「個人的には、もっとアイドルっぽくなりたいです」客、反応

「キャハッ♪ 。。そんなフーフーこなかったからね」客、軽くw

「個人的に今日公演が2ヶ月ぶりなんですよ」客、反応

「だからすごく楽しみで、嬉しくて。久しぶりに、私が出てない時にアンダーの子が私の位置をしてくれたんですけど、衣装を着てて、靴履こうとした時に、遠くの後ろの方は見え難いと思うのですけど、この靴のつなぎ目とかすっごい破れてたんですよ」客、反応

「おっ!破れてる!と思って。でもなんか、それがすごくいとおしく感じて。私の慣れない位置で、すごい踏ん張ってがんばってくれたのかなーとか、すごい考えると、すごいいとおしくなって。私、自分の位置って、自分のいない時は誰かが補ってくれるじゃないですか。だから不安定な位置だから、この秋はもっと自分がいなきゃダメなんだって思われるような人になりたいなっていうのをこの破れた靴を見て、すごく思いました。今日もがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

菊地あやか「ハイ、19歳のあやりんこと菊地あやかです」

「私はやっぱり秋は美味しいものをたくさん食べたいなって思うのですけど。そして、才加みたいに腹筋を作りたいなって」客、反応

「思ってまーす。腹筋を作って、公にブログとかで見せたい」客、反応

「って思いましたけど、尾木厳しいんでわかんないです」客w

「今日もみんなと楽しく公演をやりたいと思います。よろしくお願いします」

田名部生来「ハイ、ネッツアイに火の用心、あなたのハートを『ロックミン』たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、昨日アーティストのYUKIさんのコンサートに行かせていただいて、すごく女子力をさらに上げたいなと、マジ天使になりたいなと思ったのと、あとはですね、今月は地方に5回ぐらい行かせていただくんですが、ほんと地方営業がすごく盛んな月なんですが、出会いを大切にして、美味しいものをいっぱい食べて暮らしたいなと思います。ハイ、今日も嬉しい・楽しい・たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、目指せスーパーガール、18歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、ちょっと前まですごい寒かったり、ちょっと前まですごく暑かったりで、その暑かったり寒かったりの前まで、ウォーキングをしていたんですよ。でも最近そういうことがあって、できなくなってしまったので、また少し気温的に歩きやすい時期になってきたと思うので、またそれを再開して、がんばりたいなと、体型維持のためにもがんばりたいなと思います、ということで今日も全力でいきたいと思いますので、よろしくお願いします」

サイード横田絵玲奈「12期研究生の15歳、サイード横田絵玲奈です。よろしくお願いします」

「私はなんとか狩りっていう、秋は梨とか栗とかが美味しい季節だと聞いたので、家族と一緒に例えば梨狩りとかに行って、なんかみんなで盛り上がって、たくさん秋の味覚を食べてみたいと思います。今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

藤江れいな「ハイ、ということで、「RESET」公演、以上のメンバーでお送りしたいと思います。AKB48、新しい歴史の始まりです。どうぞ」客、拍手


◆M05.制服レジスタンス (仁藤萌乃・板野友美・岡田彩花)
◆M06.奇跡は間に合わない (野中美郷・森川彩香佐々木優佳里)
◆M07.逆転王子様 (内田眞由美・峯岸みなみ・中塚智実)
◆M08.明日のためにキスを (田名部生来・秋元才加・菊地あやか・サイード横田絵玲奈)
◆M09.心の端のソファー (藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳)


■MC2
藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳

「イェー!」

# 藤江れいな ユニット曲5曲紹介

梅田彩佳「大島涼花ちゃんは、何歳ですか?」客、反応
大島涼花「中学2年生の13歳です」客、ひゅ~
藤江れいな「梅田彩佳ちゃんは何歳ですか?」
梅田彩佳「そんな振りができるようになったの?」
藤江れいな「気になるよね」
梅田彩佳「23歳です」
藤江れいな「23歳? おー!」客、反応

「10コ差?」
梅田彩佳「10年ってほんとデカイよ」客w

「ほんといろんなこと経験できるから、経験したほうがいい」
大島涼花「ほんとですか?」
梅田彩佳「そんな13歳、れいにゃんは何してました?」
藤江れいな「13歳か」
梅田彩佳「中学2年生の時ですよ」
藤江れいな「私はちょうどAKBに入った年」客、おー

「何?」
梅田彩佳「w 中2で入ったの?」
藤江れいな「そうだよ、若かったんだよ」
梅田彩佳「そんな年から?」
藤江れいな「そう。それがね、もう高校卒業しちゃって。もう18歳になったわけですよ」
梅田彩佳「18歳、全然まだじゃん、ねー」
大島涼花「そうですね」
梅田彩佳「中2か」
藤江れいな「梅ちゃん何やってたの?」
梅田彩佳「私はすごくダンスが好きなんですけど、ダンススクールに初めて通い出したのが中2の時です」
藤江れいな「そうなんだ」
梅田彩佳「10月の1週目。今でも覚えてる。怖くて、私人見知りなんですよ。行くのがすごい怖くて。タウンページで調べたんです」客w

「知ってる?タウンページ」
藤江れいな「黄色いやつね」
梅田彩佳「あそこでダンススクールって調べて、どれにしようなーと思って、月謝が一番安いところを電話して調べたのね。お母さんに「行きたいんだけど」って言って、車で連れて行ってもらって。怖かったの、すごい入るまで」
藤江れいな「なんで?」
梅田彩佳「ドンガラガッシャンすごい音楽かかってて」
藤江れいな「ドンガラガッシャン」客、軽くw
梅田彩佳「すごいイカツ系の人がすごい踊ってて。○○思ったけど、一歩踏み出さなきゃなにも始まらないと思って。今かっこいいとこ、私が」客、反応
藤江れいな「梅ちゃんかっこいい」
梅田彩佳「そこで、行き始めたのが中2の時ですよ」
藤江れいな「梅ちゃんってAKBって何歳から入ったの?」
梅田彩佳「17」
藤江れいな「あっ、そうなんだ」
梅田彩佳「高校2年生の時に入りました」
大島涼花「けっこういってる」客w&拍手
藤江れいな「涼花ちゃん、涼花ちゃん。涼花ちゃん」
大島涼花「はい」
梅田彩佳「私一番好きなのに。好きなのい」
大島涼花「そうなんですか?」
梅田彩佳「だってすごい絡んでるじゃん。かわいいねってずっと言ってるじゃん。伝わらないの?その気持ち」客w
藤江れいな「梅ちゃん怖い怖い」
梅田彩佳「えっ?伝わってない?」
大島涼花「伝わってます」
梅田彩佳「こんなに好きなんだよ」
藤江れいな「涼花ちゃん、ちょっとこっち寄ってきてるから」
大島涼花「伝わってます」
梅田彩佳「そんな涼花ちゃんは23歳、10年後ですよ。何したいです?」
藤江れいな「梅ちゃんの年齢」
梅田彩佳「何してるか、何したいか」
大島涼花「ネイルをしたいです。爪やりたいです」
梅田彩佳「すぐできるやん」客w
藤江れいな「できるできる」
梅田彩佳「ほかに何かある?」
大島涼花「あとブランドの洋服を着てみたいですね。すごい高いところのブランドとか」
梅田彩佳「1着幾らぐらいの着たいの?」
大島涼花「1着10万円ぐらいの」
藤江れいな「たっか」
梅田彩佳「それ私着れてないけど、今」客w
大島涼花「ドレスとかそういうのを着てみたい」
梅田彩佳「がんばりたいってことだよね、お仕事もね」
藤江れいな「そうね、がんばりましょうね」
梅田彩佳「10年後、何歳?」
藤江れいな「10年後は28」
梅田彩佳「私30超えてる」客、反応
藤江れいな「えー?」
梅田彩佳「それでもがんばっていきたいと思います、何年間もね、がんばっていきましょう」

「それでは後半戦いきたいと思います。どうぞ」客、拍手


◆M10.毒蜘蛛 (全員)
◆M11.オケラ (全員)
◆M12.ホワイトデーには・・・ (全員)


■MC3
前半:田名部生来・藤江れいな・森川彩香岡田彩花・秋元才加・板野友美・佐々木優佳里・野中美郷

「イェー」

# 野中美郷 中盤曲3曲紹介

秋元才加「9月に入りまして、もう秋に近づいてると思うのですけれども、まだまだね、夏の名残が残ってるということで、今年の夏初めて気づいたことだったり、学んだこと、みんなあったら聞きたいなと思うのですけども」

「今年の夏、セミが多かったなと。たぶんね、地域によると思うんだけど」客w

「たぶん家の前に木が多かっただけなんですけども。今年初めて私気づいたのが、セミの、ちょっと変な話なんですけど、亡くなる寸前の瞬間がわかるようになったんですね」客、反応

「ほんとほんと。セミって亡くなり方がありまして。だいたい朝7時ぐらいですよ。ミーン・ミンミンミンミンミンミンミン・ミーン・ミンミンミン・ミーン!ミン!ミン!ミン!ミン! これもう亡くなった瞬間。わかる?わかる?」
藤江れいな「マジ?」
秋元才加「燃え尽きちゃうの。最後の最後、がんばってがんばって、がんばって声を出すのよ」客、反応

「その後、パタって、聞こえなくなるの。だから私は毎朝(合掌)」客w → 拍手

「朝起きる前ね。あっ、一匹、また一匹、ご苦労様でした(合掌) そういうの知ったの。調べたらやっぱけっこうそうっぽくて」
田名部生来「リハーサル会場にセミが紛れこんできたでしょ? その時も才加ちゃんなんかセミに優しかったよね」客、軽くw
秋元才加「セミに優しかった?」
藤江れいな「メンバーすっごい逃げた」
田名部生来「ギャーってなってたんですよ、ほんとに。でも才加ちゃんだけ、そんなしちゃダメみたいな」
秋元才加「あと亡くなった時は絶対こうなってるから」両手水平の位置、肘を曲げ、両手のひら胸前

「生きてる時はこうなってる」両手のひらを胸前から離す

「わかる? わかんない? 今の若い子あんまりセミとか見てないからちゃんと見ときなさい」客、軽くw

板野友美「私はね、虫なんだけど、ともも。私なんか、おかしい人だと思わないでくださいね。暇つぶしとかに、虫の、私毛虫が一番嫌いなの、虫の中で。なんだけど、毛虫の画像をGoogle検索しちゃう」
藤江れいな「なんで?」
板野友美「葉っぱの裏とかにめっちゃ付いてるじゃん。それを見て、うわー!みたいな」客w
藤江れいな「なんで?なんで?」
板野友美「それをね、メンバーに見せたの。そしたらたかみなが超ひいてて、それをたかみなに、たかみなが誕生日忘れた日があって、私の。私の誕生日を覚えてなかった時に、仕返しで次の日に毛虫の画像をいっぱい送ってやった」客w&反応
藤江れいな「ヤダー。最悪」
板野友美「そういうの調べてて。ゴキブリの卵を調べた時があって」客、反応
藤江れいな「なんで?なんで?」
秋元才加「わかるわかる。小豆(あずき)っぽいんだよね」
板野友美「それを1人で調べてるわけじゃなくて、普通に友達と調べたりとか」
秋元才加「小豆っぽいの知ってます?」
板野友美「そのゴキブリが。なんて言うの? ゴキブリって雌は、雌の体が卵みたいになるわけ。だから、雌の体ごと卵みたいになって、そっから白いちっちゃい卵が中に入ってるわけね。で、そっからちっちゃい幼虫がいっぱい出てくるんだけど。でね、ゴキブリって、交尾をしなくても、卵が産めるらしいの」
秋元才加「うちちっちゃい時に「お父さん、小豆見つけた」ゴキブリの卵だったの」客、反応
藤江れいな「ヤダー!」
秋元才加「だから1回やってみないとわからないじゃん」
板野友美「聞いて。ゴキブリって・・・」客w
藤江れいな「まだ続くの?」
板野友美「ゴキブリってだから、恐竜時代からいたらしいの。恐竜の時代からいたんだけど、だから、雌と雄が一緒にいなくても、ずっと生き続けられるわけじゃん。で、そう思ったら気持ち悪くなってきて」客、軽くw
藤江れいな「すごいね」
秋元才加「気になっちゃったんだよね」
藤江れいな「ともちんが虫の話についてこんな熱く語ってくれることって無いからレアじゃない?」
秋元才加「たしかに」
板野友美「ありがとう」客w
秋元才加「才加はセミの話を一生懸命したところでともちんの1分には勝てませんよ。ということで」
森川彩香「いいですか? 私もゴキブリなんですけど」客、反応
メンバーたち「もうやめよう」
藤江れいな「虫やめてよ!」
秋元才加「苦手な人もいるかもしれないから」
森川彩香「そうですね、すみません」
秋元才加「ブリちゃんの話やめとく?」
森川彩香「じゃ~、ちょっとやめときます。。。」
秋元才加「あっ、なくなっちゃった?」
森川彩香「そうですね、私は夏休みの宿題、弟の宿題を手伝ってたんですけど、数学を・・・」

# 後半チーム、サイード横田絵玲奈 いったんステージに入るも、上手袖に引き返す(客、反応)

秋元才加「サイードちゃん、日本語わかんなくなっちゃた?」客、軽くw

「大丈夫?」

# 次のメンバーたち登場

サイード横田絵玲奈「はい、すみません」

森川彩香「中1の数学を勉強しました」
秋元才加「数学を勉強しました、はい、いい感じにね、流れていこう、流れていこう」
メンバーたち「サイードちゃんビックリしちゃった」

# メンバーチェンジ


後半:サイード横田絵玲奈・菊地あやか・梅田彩佳・大島涼花・峯岸みなみ・仁藤萌乃・内田眞由美・中塚智実

内田眞由美「後半はですね、9月になっちゃったんですけど、8月下旬にあったブルームーンを見た人いますか?」
中塚智実「はーい」
内田眞由美「いるんですね。なんかね、ブルームーンっていうのがあって、そういう日が。月が青く見えて、それを大切な人と一緒に見ると、ずっと幸せでいれるみたいな。そういうお話がありまして。メンバーの子は見ました?」
中塚智実「はーい、見た」
峯岸みなみ「見た割りになんでそんなにテンション低いの?」客、軽くw

「そんなよくなかった?」
中塚智実「すごい、青って言うより白くて、すごいキレイで。お姉ちゃんに願い事が叶うよって言われたから、私の家の猫・ルナちゃんって言うんですよ。連れて来た日、満月だったからルナって名前にしたんで、一緒にルナちゃんと見に行きましたよ、外に」
メンバーたち「へー」
峯岸みなみ「願い事は内緒?」
中塚智実「内緒」
内田眞由美「まぁ、そんなのがあったので、みんなが今叶えたい願い事とかあったら聞きたいなと思いました」
仁藤萌乃「どんなことでもいいの?」
内田眞由美「どんなことでもいいですよ。みみっちーことでもなんでもいいですよ」

サイード横田絵玲奈「私最近味噌汁に嵌ってまして」
内田眞由美「いいね」
峯岸みなみ「ギャップ」
サイード横田絵玲奈「すごいあさりの味噌汁が好きなんですけど、それをいっつも買うか、お母さんに作ってもらうかなので、自分で作れるようになりたいなっていう」
峯岸みなみ「いいね。味噌汁が旨い女のところに最終的に帰ってくるって言うよね、男の人はね。聞いたことあるよ、それ。いいと思います」

「願い事っていうか、自分の努力次第だよね」
メンバーたち「そうだね」
峯岸みなみ「がんばってね」
サイード横田絵玲奈「がんばります。ありがとうございます」

仁藤萌乃「私は、ほんとちっちゃい願い事なんですけど、みぃちゃん家のお店のグリーンカレー食べに行きたい。ほんとに行きたくて、ずっと言ってるんだけど、なかなかね、みぃちゃんと誘い合わないんですよ。誘い合わない」
峯岸みなみ「誘われないし」
仁藤萌乃「お互いに誘わないんだよね。だから近いうちに行きたいなと思ってますね」
峯岸みなみ「なんのことかな?っていう方、ちょっといいですか? 宣伝タイム」客w → 拍手
メンバーたち「言っちゃって」
峯岸みなみ「すみません。うちの両親がですね、なんでかわかんないんですけど、去年あたりに喫茶店を開いちゃいまして」客、軽くw

「ティールームタネというね、お店なんですけれども、カレーとかをメインにやらせてもらっていて。ちょっとね、なかなかなんかの用事に行くような場所にあるわけでもないのですけど、もしね、何かあったら行ってあげてください、よろしくお願いします」客、拍手

内田眞由美「私も・・・」
峯岸みなみ「あっ、そうだよ。言いなよ言いなよ」
内田眞由美「ちょっと宣伝していいですか?」客、軽くw → 拍手
仁藤萌乃「そういう場じゃないけどね」
内田眞由美「ちょっと遠いほうにあるんですけど、23区外なんですけど」
峯岸みなみ「ギリ東京」
内田眞由美「ギリ東京のとこなんですけど、焼肉牛皇っていうのを両親が経営しているので、ぜひチェックしてみてください」
峯岸みなみ「じゃ~、りょうちゃん、どっちに行きたいと思いましたか?」
内田眞由美「距離は入れないでね」
峯岸みなみ「距離なしで」
内田眞由美「距離ちょっと不利だから、こっち」
大島涼花「焼肉屋」客、拍手
内田眞由美 → 喜ぶ
大島涼花「お肉好きなので」
内田眞由美「けっこうファンの人もね、イベントの後とかに来てくれたりするんですよ。来てください、ぜひぜひ」
大島涼花「カレーが食べたい時は」
峯岸みなみ「じゃ~、カレーが食べたい時は来てください」

梅田彩佳「ほんとにちっちゃいくだらないことでいいですか? 私今口の中にいっぱい口内炎ができてるので、それが治って欲しいなってすごく思います」
内田眞由美「何からくる口内炎ですか?」
梅田彩佳「わかんない。そんな原因わかる?自分で原因」
中塚智実「ビタミン不足じゃなかったっけ?」
梅田彩佳「私もあさりの味噌汁作って栄養自分でがんばります」

峯岸みなみ「じゃ~、あやりん」
菊地あやか「私ですか? 頭が良くなりたいです」客、軽くw
内田眞由美「努力次第なんだけどね」
菊地あやか「あとはじゃんけんに勝ちたいですね、大会で」
峯岸みなみ「誰と?」
菊地あやか「私シードなんですよ、今年。もしかしたら才加が勝ったら才加と戦うかもしれないです」
峯岸みなみ「強そうだね」
菊地あやか「パンチが効いてるからな」客、軽くw
内田眞由美「見た目?」

大島涼花「私は背が伸びたいですね」
内田眞由美「それは努力じゃどうにもならないからね」
大島涼花「でも伸びてるんです、ちょっとずつ」
梅田彩佳「何センチ?」
大島涼花「今147センチになりました」
峯岸みなみ「ギリたかみなよりちっちゃいぐらいか」
大島涼花「あと少しで」客「伸びないで」
峯岸みなみ「切実にお願いしてますよ」
仁藤萌乃「たしかにそういう意見もある」
峯岸みなみ「ちっちゃいのにさ、誰よりも大きく踊ってるしさ」
仁藤萌乃「ちっちゃく見えないってすごいこと」

峯岸みなみ「願い事が思いつかないんだよね、全然」
仁藤萌乃「私いっぱいあるんだけど、ちっちゃいの」
内田眞由美「いいよ、どんどん言っていっていいよ」
仁藤萌乃「えーと、ショートにしたい」客「えー」
メンバーたち「えー」
仁藤萌乃「絶対そういう反応くると思った」
内田眞由美「だって萌乃長いほうがいいもん」
仁藤萌乃「だからこそ、ずっと長いから、短い子に憧れる意識が強くて」
峯岸みなみ「今流行ってるもんね。ショートの子のほうが人気あるよね」
仁藤萌乃「かわいくないですか? でも私絶対似合わないよね」
メンバーたち「似合わない」
峯岸みなみ「じゃ~、萌乃はロングのままでいて欲しい人、拍手」客、拍手

「ショートもいいんじゃないかなって人、拍手」客、拍手小

「あっ、少ないか」
内田眞由美「でもいるっちゃいるよ。ちょっといる」
仁藤萌乃「意外だった」
中塚智実「見てみたい気もするけど」
仁藤萌乃「まぁ、気が向いたらね」
峯岸みなみ「踊ってる時にパサーってなってるのがさ」
仁藤萌乃 → 髪をパサーっと
内田眞由美「それが魅力だったりするから」
梅田彩佳「やってくれるんだ」
峯岸みなみ「まあね、願い事と言いましても、努力次第でどうにかなることが多かったということで、日々みなさん努力してがんばっていきたいと思います」

「それでは最後の曲聴いてください。ジグソーパズル48」客、拍手


◆M13.ジグソーパズル48 (全員)


■アンコール


◆M14.星空のミステイク (全員)
◆M15.夢の鐘 (全員)


■MC4
曲終了後、
秋元才加「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「星空のミステイク、夢の鐘、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。みなさんの声援そして応援に包まれて今日の公演も無事に終わろうとしています。
ここでメンバーの1人からお礼の言葉を述べさせていただきたいと思います。今日は、なんだか気になるメンバーがいるので指してみたいと思うのですけども、サイードちゃん」客、拍手

サイード横田絵玲奈「本日はご来場いただきありがとうございました」客、拍手

「秋元さんに気になると言っていただきすごく嬉しい気持ちでいっぱいなんですけれども、今日は松井咲子さんのポジションで初めて正規メンバーさんと一緒に出させていただいたのですけど、研究生公演を今まで、先週もやらせていただいて、研究生公演では自分たちでここ、こうしようとか、ここ気をつけようとか、そういう毎回目標を決めてやっていたのですけど、また今日正規さんと立たせていただいて、研究生公演では自分たちでも見つけられなかった新たな、自分で発見したことや気づいたことがたくさんあったので、もし今度研究生公演があるならそれを自分たちで1回1回大切に、今日気づいたことを持って帰ってみんなでがんばっていきたいと思いますので、みなさんありがとうございました」客、拍手

秋元才加「もっともっと、同じ仲間として、K公演、あとほかの公演にも出てて、大変なメンバーもいると思うのですけれども、もっともっと、声を聞きたいな、私たちも歩み寄らなきゃいけないなというところすごくあるのですけども、もっともっと貪欲になって欲しいなって、いつも思っています。なので、こういう場で急に指しちゃったりするんですけれども、たぶんビックリして泣いちゃったりする子もいたりするんですけど、そういうのも経験して、成長していってくれたらほんとに嬉しいなと思います」

「研究生公演も私たちの公演も値段は違うんですけれども、みなさんからやはりお金はいただいてるわけで。お遊戯会をお見せするわけにはいかないので、まだまだ技術はほんとに至らないところはたくさんあるのですけれども、気持ちだけでも届けられたらな、それがやっぱりAKB48のいいところなんだなって、今原点に戻って、今日の公演はいろんなことを考えさせていただきました」

「それでは次の曲は最後の曲になります。聴いてください。引っ越しました」客、拍手


◆M16.引っ越しました (全員)


曲終了後、
秋元才加「本日はご来場いただきほんとにありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

秋元才加「みなさん、8月29日にリリースされました、AKB48の27枚目のシングル「ギンガムチェック」は聴いていただけてるでしょうか!?」客、イェー&拍手

「ありがとうございます。今日はですね、この公演メンバーでギンガムチェックを披露させていただきたいと思います」客、イェー&拍手

# メンバーたち所定の位置へ

秋元才加「それでは聴いてください。ギンガムチェック」

小さな子供「ともちん!」


◆M17.ギンガムチェック (全員)


曲終了後、
秋元才加「これからもギンガムチェックそしてAKB48の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 峯岸みなみ ハイタッチ案内

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック (小さな子供「ともちん!」)

「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

# BGM → RESET

# メンバーたち手を振りながら捌ける

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームK、昇格メンバー、研究生、五十音順に並ぶ。 (※ 16歳未満&前座ガールズは不参加)


■率直な感想(私見)
今日、一番目についたのは梅田彩佳さん。約2ヶ月ぶりの出演だったそうで。
お化粧も多少関係してるのかもしれないが、曲中もMC中も、表情がパっと明るく、輝いていた。
すっかりタレントさんといった感じの表情だった。人に見られる仕事って、こういうものだよなと思った。

秋元才加さんからは、いつもながらに、お客さんに楽しんでもらおうという気持ちが伝わってきた。

大島涼花さんは、劇場デビューからまだ1年も経っていないのに、ダンスのクオリティはすごく高いなって思う。でも、期待し過ぎて、そう見えただけかもしれないが、前日もそうだったけど、今日も、デビュー当初の勢いがなく、妙に落ち着いてしまったように感じた点が気になった。クオリティ高いと言っても、長年いるメンバーとはだいぶ差がある。残念ながら、AKBは、正規メンになってから、あまり成長が感じられなくなってしまう子も多いけれども、果たして大島さんは、今後どれだけ成長できるか、先輩に近づき追い越すことができるのか、楽しみである。

12期研究生のサイード横田絵玲奈さんは、よく見るとパフォーマンスレベルはかなり上がっているけれども、パっと見、目立たない。それは同じ12期の佐々木優佳里さんも同様。ラストMCで、秋元さんが「(研究生は)もっともっと貪欲になって欲しいなって、いつも思っています。」と話したけれども、何か物足らなさを感じてしまう。

2人とも一生懸命やっているのだけれども、夢や目標に向かって我武者羅にとか、先輩に追いつき追い越せとか、そういう一生懸命さではなく、淡々と一生懸命やっているといった感じに見える。パフォーマンスが悪いとは思わないけれども、伝わってくるものは少ない。2人だけではなく、今の研究生の多くに言えることで、研究生だけではなく、若い正規メンバーにも、そう感じる子は多い。

ギンガムチェックが始まる直前や、手つなぎ挨拶「せ~の」の後など、小さな子供の「ともちん!」の声援が、なんともかわいらしかった。その声援のたびに、場内和んだ雰囲気になった。


以下、MC中に話が出てきた峯岸さんご両親のお店のページ
ティールーム タネ
ティールーム タネ@th85s (マスター専用つぶやき)

内田さんのご両親のお店のページは見つからなかったので、食べログをリンク
http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13066893/

食べログのコメントによれば、じゃんけんに勝ったらキャッシュバックがあるそうで(笑)

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]


オンデマンド、公演後の感想 → 藤江れいな野中美郷
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND