FC2ブログ

NMB48河野早紀 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:河野早紀 (こうのさき)
ニックネーム:さきぴ
生年月日:1994年6月18日
出身地:広島県
血液型:
デビュー期:3期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
河野早紀 19歳の生誕祭 (2013/06/18、チームBII)
NMB48河野早紀 20歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/06/25)
河野早紀 20歳の生誕祭 (2014/06/25、チームN)

■エピソード集&発言集


・凄く視力が悪い

河野早紀「さきぴは凄く視力が悪くて、今コンタクトをしてるんですが、世界からコンタクトとかメガネが消えたらほんと生きていけないなと思った。わかるよね」
西澤瑠莉奈「ぼんやり見えるんじゃないの?」
河野早紀「ぼんやりどころか歩けない。街に出れない」
西澤瑠莉奈「外してや、1回」
河野早紀「死んじゃう。もう踊れない。番号なんて見えないからさ、いきなりぶつかりまくっちゃうと思う。階段とかも降りれないよね」
西澤瑠莉奈「さきぴさ、自分でメガネかけてる時凄いよな、すっぴん時」
河野早紀「ケロマツらしい」客w

[2014年10月5日 NMB48研究生「青春ガールズ」公演 13時開演]



・さきぴはね、なんかね、ちょっと変わったところがあってね。みんな知ってると思うんですけどね、ホテルとかって紙置いてあるじゃないですか。あそこに、例えばですけど、いきなり河野を100個ぐらい書いてたりとか。なんかよくわかんないんですけど、何を思ったのかその漢字練習するみたいなのをめっちゃ書いてたりとか。 (室加奈子談)

■河野早紀 20歳の生誕祭

上西恵からのお手紙

「さきぴーなっつへ。二十歳のお誕生日おめでとう。

さきぴが3期生としてNMB48に入ってきた時、まさか今こうしてさきぴにお手紙を読んでいるなんて想像もしてなかったよね。

さきぴとは地方組で、Nの中では一緒にいる時間が凄く多いと思います。しかも同い年。

私が高校生でレポートに追いこまれている時、「困っている時はお互い様ですよ」って言って、教えてくれたり、さきぴは大学にも通っていて大変なはずなのに、旧BIIの「騙されたと思って食べてみて計画」でPARTY公演をした時も、朝方まで振り起こしをしたり、新チームの新公演が始まる時も、全部自分で振り起こしをしてきて本当にビックリしました。学校も仕事もきちんと両立していてさすがだなと思います。

同じチームになってからは前より一緒に話すことも増えて、可愛いアイドルのお話をしたり、楽器や音楽のお話をしたり、そしてそして悩みを聞いてくれたり。

最初は真面目で静かそうで仲良くしてくれるかなーと思ったけど、今はお茶目な部分や不思議な部分を見せてくれたり、いろんなさきぴを知れて私は嬉しいです。

Nでの話し合いの時でも、「おー」と思うような発言をしてくれたり、この間私が本当に副キャプテンとしてどうしたらいいのかわからなくなっている時、「けいっちさんが抱えているものを私が少しでも軽くできたらいいなと思うし、力になりたいし助けていきたい」って言ってくれた時は、さきぴがそう思ってくれていたなんて正直涙が出そうなくらい嬉しかったし、本当に気持ちが軽くなったし、さきぴの言葉に助けられました。本当にありがとう。

これからももっともっとさきぴのいろんなところを知って、仲良くなれたら嬉しいです。

P.S. そういえばずっと前に「けいちゃん」って呼んでねって言ったら、すっごく可愛く「けいちゃん」って呼んでくれて嬉しかったんですが、今では「けいっちさん」に戻っていてさみぴーなっつです。一緒のチームで同い年やし、是非けいっちでも上西でも何でもいいので、気軽に呼んでくれたらうれぴーなっつです。

けいより」拍手

お母さんからのお手紙

「早紀、20歳のお誕生日おめでとう。

3度目の生誕祭だね。正直3回も生誕祭を開いてもらえるなんて思わなかった。浮き沈みの激しい厳しい世界だし、とりえのない普通の子の早紀が、この世界に飛び込んでも挫折するだけで、1年頑張れば帰ってくるのかなと思ってた。でもそんな風に思ってたママは今では恥ずかしい。ごめんね。

ママにとっては突然すぎるアイドルへの道だったけど、早紀にとっては覚悟の大きな一歩だったんだね。

最初の1年は辛くて悲しくて夜中に何度か電話してきたよね。でもママは「自分で決めたことでしょ」と冷たく突き放したこともあった。どんな想いでその夜を過ごしたかと思うと可哀想でならない。どうしてもっと優しくしてやれなかったのかと後悔したけど、その辛さの分だけ成長したんじゃないかと、言い訳みたいだけどそう信じてる。

そして、初めて早紀のステージを見た時、ダンスも歌もまったく未経験だったのに、楽しそうにキラキラの笑顔でパフォーマンスする姿に、相当努力したんだなーと涙が出た。

1人暮らし、大学との両立は本当に大変だよね。あんまり面と向かって褒めないママだけど、ひと言も愚痴を言わず頑張っている早紀は本当に偉い。凄い。毎日感心しているよ。

最近困ったことはN公演をDMM配信で見た時、一生懸命早紀を探すんだけど、なかなか見つからないこと。やっと右の端っこのほうで見つけたらすぐいなくなる。あっという間に左の端っこのほうにいたりするから、探すのが大変。なるべく映るように頑張ってね。でもこればっかりは実力だから仕方がないね。

10代最後の1年は大学合格、紅白出場、密着ドキュメント、Qさま!!の出演、そして偉大な先輩方のいらっしゃるチームNへの組閣と、本当に幸せな1年だったね。今の早紀があるのも周りのたくさんの方達のおかげ。感謝感謝だよ。

20代は楽しいこともあるけど、苦しいこともたくさんあると思う。常に感謝の気持ちを忘れず、優しく、人の心を思いやれる素敵な大人になってください。そして精一杯努力して、幸せ届ける夢先案内人になってね。パパもママもいもぴもずっと応援しているよ。

今では大阪での1人暮らしにすっかり慣れて、広島へは滅多に帰ってこなくてなかなか会えない。何日も連絡をしてこないから心配だし寂しい。でも夜中に急に「ママに会いたくなった」とメールを送ってきたりするね。甘えたい時に甘えておいで。ママはいつでも待ってるから。

最後になりましたが、こんなに素晴らしい生誕祭を開いてくださったメンバーの皆様、スタッフの皆様、生誕委員の皆様、NMBファンの皆様本当にありがとうございます。そして私と同じように隅っこの早紀を目で追ってくださる希少なさきぴファンの皆様、本当にありがとうございます。

家族が言うのも変ですが、早紀は変わったところがあって、理解しがたい摩訶不思議なオーラを出すことがあり、「なんだこの子は」と思うかも知れませんが、どうか末永くついてきてやってください。

親元を離れ、初めての生誕祭を開いてくださった時、私は「これからは大阪の土地に育ててもらいなさい」と言いました。こんなアイドルらしくないシュールなアイドルですが、どうかこれからも河野早紀を育ててやってください。よろしくお願いします。

ママより」拍手

山口夕輝「いもぴ?」
河野早紀「妹です。さきぴといもぴです」
山口夕輝「芋けんぴみたいな感じ」軽くw
河野早紀「芋けんぴじゃないよ。いもうとぴです、いもぴです」

今日生誕祭を迎えたさきぴから皆さんにどうぞ

河野早紀「皆さん本当に今日は素敵な生誕祭を開いてくださり、そしてDMMをご覧の皆さん、劇場のモニ観をしてくださってる皆さん、今日は本当にありがとうございました」拍手

「今日ここで喋るっていうのわかってたんですけど、あんまり何も考えられなくて、今日大学でずっと授業中考えてたんですけど、何枚もルーズリーフに書いたんですけど無しになりまして今ゼロから考えるんですが。

あの、初めてチームNでの生誕祭ということで、私はチームBIIが好きだったし、最初Nになった時は・・・(頑張れ) ほんとNの皆さんごめんなさいだけど、ちょっとBIIがいいなと思ってた時もあったんだけど、今は本当に、ごめんなさい、Nのみんなでツアーの話をしたり、こうやって公演できてることが凄く楽しいし、本当にチームNになれて良かったなって思ってます。

それで、母からの手紙もあったんですが、チームNではほんとになんか隅っこで端っこのままなので、MCとかでも、さきぴが喋っても面白くないかなって思ったりするけど、そういうアイドル性が全然ない私で、毎日キラキラした先輩アイドルの皆さんの中にいることが、自信が無かったんですが、今日皆さんがさきぴコールを凄く大きくしてくださったり、サイリウムとか皆さん全員でやってくださったりして凄く嬉しかったので、なんだか自信がつきました(拍手)

ありがとうございます。なんでこんなに泣いてるのかわかんないですけど、応援してくださってる皆さんがいることが一番嬉しいです。

これからも大学との両立も大変ですが、NMBも頑張っていきたいし、29日にはクイズ30という番組に出演しますので」客w → 拍手
メンバーたち「告知かよ」「見る」「全国放送や」
河野早紀「ゴールデンにこのさきぴが出ますので、皆さん見てください(見えるよ)

あとさきぴはラジオとゲームとアイドルが好きなアイドルとして自分を押し出しているので、欲を言えばラジオのレギュラーが欲しいです(拍手)

アイドル性がなくて、こんなことばっか言っちゃいけませんね、本当に。はい、20歳になったのでもっと自分に自信を持って、前を向いて頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手

岸野里香「さきぴは本当にチームに・・・めっちゃ泣いてるやんか、ちゅば。チームにいるだけでほんとにその場が和むというか、でも話し合いした時に、やっぱりさきぴは大人でパっと意見をまとめてくれたりですね、チームNに欠かせない存在です。で、私達いろんなね、1期生2期生3期生4期生いっぱいいるんですけれども、みんなでもっともっと協力し合って成長していけたらいいなと思います」

河野早紀「実は今日ね、大学でね、後輩の子に喋りかけられて、モニ観行くんですって言われて。ありがとうございます。でも知らない子なんだけど話かけてくれることが嬉しい。ほんと頑張りますね、ありがとうございます(手を振る)」拍手

[2014年6月25日 チームN「ここにだって天使はいる」公演]



・素で言った発言がドラえもんにソックリだった。

[2014年2月18日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・ゲームがとにかく大好き。

[2014年2月5日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・好きなお寿司のネタはえんがわ。

[2014年1月31日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・推しは植田碧麗

河野早紀「さきぴ、みーれ推しなんです。みんなに言うの初めてなんですけどね。ブログとかでもなんにも言ってなかったんですけど、私、りなっちからみーれに推し変しました」

[2013年12月16日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・さきぴもNMB入る前まではかわいいと思ってましたよ。今は全然かわいくない。だってさ、NMB入る前のオーディション時代みんな知ってるでしょ? あの時すごく自信満々で、こうやって歌ってたのに、今は実力の差を感じてます。

[2013年11月26日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・今日初めて公演でパッツンなんですよ。

[2013年11月14日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・あのですね、薮下柊ちゃんに私「ケロマツ」っていうあだ名をつけられて。ケロマツはポケモンなんですけど。私もポケモンそのゲームやってて、ケロマツをパートナーにしてるんですよ。だからまぁまぁケロマツのこと好きなんで、今日はさきぴっていうよりもケロマツでコールしていただけば嬉しいなと思います。

[2013年11月13日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・りなっち推しだが・・・

河野早紀「りなっち推しなんですよ。それでね、りなっちにね、DMM見たやつを、ここのこのシーンのこの表情が良かったよとか、めっちゃ本人に力説して、ここめっちゃかわいくない?ってずっと言ったりしとったんよ。そんで、その帰り道に「でもりなっちってそう言えばさきぴのこと別に好きじゃないんよねー」って訊いたら「うん、まぁ、さきぴはりなっちのことを好きって言ってくれるから普通だけど、それがなかったらなんとも思わない」って言われたんですよ。だからこんなにずっと想ってるのに、あっ、そっかーって言ったけど、かなり傷ついてて。

[2013年11月05日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・私には秘密にしているとってもかわいいかわいいお父さんがいるんですけど、そこら辺のアイドルよりもすっごいかわいいので、みなさんに見せてあげたいくらいお父さんはかわいいっていう秘密を持っています。

[2013年10月1日 チームBII「会いたかった」公演]



・私をひと言で表すと器用貧乏。

[2013年9月28日 チームBII「会いたかった」公演]



・ちょっと年配のおじさんが好きで、萌えちゃうんですけど、最近ではサッカー日本代表のザッケローニ監督とか、あとはIOC委員会のおじちゃんとかに萌えてます。

・私はたぶん騙したから今NMBに入ってると思うんですけど。オーディションの時に、秋元さんたちがいる前で、何を思ったか、「私、ティンカーベルの生まれ変わりなんで」って言ってたぶんかわいかったから受かったんかなと思って。

薮下柊「キャラあると思われたんちゃう?たぶん」
河野早紀「良かった。秋元さん騙せたっていうことで。すごいでしょ?」
室加奈子「自分に自信あったの?」
河野早紀「その時はね」

[2013年9月9日 チームBII「会いたかった」公演]



・昨日初めてマンガというものを買った。 (セーラームーン)

[2013年9月6日 チームBII「会いたかった」公演]



・私がプロだなって思うことは、これはリアルにDSの大合奏バンドブラザーズっていうソフトのキラリセーラードリームっていう曲のソプラノサックスをやると、私本当にプロだなって思いました。

[2013年8月18日 チームBII「会いたかった」公演]



・私、1人暮らししてるんですけど、お家の洗濯機の柔軟剤と洗濯洗剤がもうすぐ切れそうなんですよ。だから、今日公演終わったら買いに行こうかなと思ってます。

・河野早紀が「12日の夜11時ぐらいに、あと1時間でさきぴの大好きな人が誕生日を迎えるけんなんかワクワクする」とGoogle+投稿した。自分のことだと思った上枝恵美加は「もしかして恵美加のこと? 嬉しい」と投稿した。しかし河野が投稿したのは、実は○○ニング娘。のリーダーのMシゲさんのことで、13日が上枝の誕生日であることをすっかり忘れていた。

[2013年7月15日 チームBII「会いたかった」公演]



◆河野早紀 19歳の生誕祭

・アンコール口上

有志の方「みなさん、盛り上がってますか?」客「イェー!」

「本日はチームBII 河野早紀ちゃんの19歳の誕生日当日の生誕祭です」客「イェー!」

「チームBIIで年長組であり、しっかり者の彼女は田舎者キャラとしてメンバーからいじられつつも、とても好かれています。この4月からは大学に進学し、現在は社会学を学びながら、でもなぜかお天気お姉さんを目指しているそうです」客、軽くw

「そんな彼女は実は生粋のアイドル好きです。最近ではブログやぐぐたす、メールなどで別のアイドルを紹介するなどして、ボクたちファンを困らせています」客w

「また、ゲームが得意であったり、ギターやピアノも弾ける彼女は本当に様々な趣味があります。その分、多才な才能を持った彼女には本当に大きな可能性があると思います」客「おっ」

「これからの彼女のますますの発展を願って、アンコールはさきぴコールでお願いします」客、イェー!&拍手

「アンコールいくぞー!」客「イェー!」

・上枝恵美加からのお手紙 (井尻晏菜が代読)

「さきぴこと早紀ちゃんへ」

「早紀ちゃんは同い年で、オーディションに受かったのが恵美加と一緒の高校2年生の時やね。そんな早紀ちゃんの第一印象は「高校生に見えへん」ってことでした。絶対にあの子は中学生やっていう確信がどっかにあって、入ってすぐの時、「3期生の最年長の高校2年生は恵美加とあんたんとう~ん、誰かわからんけどもう1人って、なかなかさきぴを同い年って認識ができてなかった。よく言えば若く見えたってことやけど、今ではすっかりおばさん、おばさんっていじられるようになったね。」

「そして、今日で19歳ということで、正式に3期生最年長やから、また確実にいじられるやろうけど、がんばってね。」

「そして、そんな早紀ちゃんはよく賢いって言われてる通り、やっぱり賢くって、ミーティングとかではいい案を出してくれたり、いろんな時に臨機応変に対応してくれて、すごく助かっています。」

「チームBIIが結成されてすぐの頃、ポジションの変化をまとめて「JESUS」の新しいポジション表を作ってくれたのは早紀ちゃんやったもんね。ほんまに天才やと思った。ありがとう。」

「他にも暇だからーって言って、いろんなことを手伝ってくれてた割りには、スマホのゲームのアプリのランキングは常に上位をキープ(笑)。いや、さすがです。」
河野早紀「ゲーム好きなんでね」
井尻晏菜「今やから言えるけど、見た目はふわふわしてるから、そんな賢そうには見えへんくて、実はほんまに賢いんか?ってずっと疑っててん。ごめんな。」

「そんな秀才な(?)早紀ちゃんやけど、17歳で広島から大阪に出てきたって考えたら、改めてほんまにすごいなと思う。絶対に辛いこと、大変なこといっぱいあるやろうし、寂しくなると思うもん。」

「さきちゃんは覚えてるかわからへんけど、1回夜に恵美加に電話かけて来てくれたことがあった。「なんかわからんけど」って言いながら、早紀ちゃんは泣いてた。大阪ではメンバー以外に友達もいないってその時は聞いてたし、正直心配で「いつでも電話してきていいからな」って話してたけど、次の日、笑顔でレッスンがんばってるさきちゃんを見て、すごいな、強いなって思ってん。気付いたら、もう1年経って、2人とも大学生になって、通ってる大学は違うけど、同じ大学生として、悩みも似てるところもあると思う。」

「2人でよく話したりもしたよな。恵美加が悩んだ時、誰にも相談できなくて、早紀ちゃんに電話して聞いてもらったこともあった。ほんまにありがとう。」

「めっちゃ大変やけど、これからも絶対がんばろな。で、恵美加で良かったら、いつでも相談してきてな。寂しくなったら、電話もしてきてな。」

「大好きなアイドルの動画のURLをいきなり送ってくる早紀ちゃんも、いきなりテンション高くなる早紀ちゃんも、「今日はアイドルの誰々ちゃんになりきって公演したの」ってニコニコしながら話す早紀ちゃんも、広島弁も全部大好きです。ただし、公演中にテンション上がり過ぎて奇声を発するのはもうアカンで。」

「早紀ちゃん、大好き! これからもよろしくね。」

「P.S.パンケーキ、いつ食べに行くの?」

・お母さんからのお手紙 (赤澤萌乃が代読)

「早紀、お誕生日おめでとう。2回目の生誕祭を迎えることができて、ママはとっても嬉しいよ。」

「我武者羅になってしがみついた1年だったような気がする。半年前だったかな? 早紀に「寂しくない?」って聞いたら、「お仕事が無い時は寂しい」と言ったよね。ママは少し戸惑ったけど、プロ意識を感じた。」

「去年の夏、ツアーに選ばれなかった時、シングルのカップリングメンバーに選ばれなかった時、悲しくて悔しくて辛い気持ちでいっぱいだったのに、そんな気持ちを隠して、「アイドルは明るさや元気、夢をファンのみなさんに伝えなきゃ」とブログでもネガティブを書かず、明るく振る舞う姿勢は変えなかったよね。」

「高校生になっても、何かあった時は「ママー!」と抱きついてくるような、ほんとは寂しがり屋で甘えん坊な健気さに堪えてがんばる姿を思うと、涙が出てくる。これからは悲しみや悔しさ、辛さをファンのみなさんにぶつけてもいいんじゃないかしら。ファンのみなさんはありのままの早紀を受け入れてくれると思うよ。」

「広島に帰ってくる度、「メンバーに会いたくなった」と言うぐらい、みんなのことが大好きだよね。これまで通り、メンバーのみなさんと仲良く、そして切磋琢磨して盛り上げていってね。1人暮らしで何を食べているのか心配。体調管理も仕事の内だから、みなさんに迷惑をかけないようにくれぐれも気を付けないさい。そして、ステージの端っこにいる早紀のことを目で追ってくれてるみなさまのためにがんばりなさい。」

「最後になりましたが、このような心をこもった生誕祭を開いていただき、ファンのみなさま、スタッフのみなさま、メンバーのみなさま、本当にありがとうございます。毎日、ファンのみなさまからのブログのコメントを拝見させていただいています。離れて暮らしているので、ブログを通して早紀の活動の様子などを伺っています。ファンのみなさまからの温かいメッセージ、本当に嬉しく、時には涙して見ています。お1人お1人におみじまんじゅうを配ってまわりたいくらいですが、無理なので、気持ちだけ受け取ってください。どうか、これからも早紀をよろしくお願いします。」客、拍手

・妹からのお手紙 (梅原真子が代読)

「姉ちゃんへ。誕生日おめでとう。19歳、大人じゃん。」

「姉ちゃんが普通の、むしろ地味な女子高生からアイドルになって1年半だね。最初はね、一緒に過ごしているのが当たり前だったから、それがなくなって不思議な感じがしたし、ちょっと寂しかったよ。今となっては姉ちゃんの部屋は私のギター部屋でーす(ハート)。スペース分けてくれてありがとう。うちん家は狭いから二段ベッドで、夜に上と下で話すのがすごい楽しかった。特に何を話すわけでもないのに、ずーっとお喋りしてた日とかあったよね。あー、懐かしいね。思い出したら寂しくなってきたじゃんかー。」

「姉ちゃんは人に相談することが全然なかったから、突然、NMB48三次審査に行くって聞いて、驚いたのを覚える。まぁ、実は聞く前にお姉ちゃんの机の上に書類があったから見てたんだけどね。」

「姉ちゃんはとにかく自分の信じる道で切り開いて行って、本当にすごいと思う。正直、すごく尊敬しているし、誇りに思うよ。NMBに合格した時も、大学に合格した時も、1番叫んだのは私だよ(笑)。大変なこともあるだろうけど、私はずっと側で応援しとるけーね。」

「たまに姉ちゃんが家に帰ってきた時はね、「河野家だー、家族だ」って思う。姉ちゃんが「トランプしよう」とか言って、家族4人でトランプしたり、あの時間が大好きなんよ。でもさ、いつもテスト期間中に帰ってくるのはどうにかしてー(ハート、笑)」

「私が大阪に1人で姉ちゃんのところに遊びに行った時は頼もしかった。方向音痴の姉ちゃんが地下鉄に乗りこなしてて、都会の女だ!って思ったよ。」客、軽くw

「あの時は脱帽でした。」

「私にとって姉ちゃんの存在はほんとにおっきいんよ。姉ちゃんはゲーム独り占めするし、朝起こしてくれる時はママより怖いけど、ほんまに私は姉ちゃんが大好きです。何でかねー、わからんね(笑)。」

「ママに言えんこと、私に言ってくれていいぞ。」客、軽くw

「後でママにこっそり言うとかしないから。わからんけど(笑)。また数学教えてね。英語なら教えてあげるよ。じゃあ、また遊ぼうねー。バイビー。いもぴより」客、軽くw → 拍手

・19歳になったさきぴからファンのみなさまへひと言どうぞ

河野早紀「今日誕生日を迎えまして19歳になりました河野早紀です。今日は本当に素晴らしい生誕祭をみなさん開いていただき、ありがとうございました」客、拍手

「私が「渚のCHERRY」に出ると思っていた人? この質問要らんかったね」客、軽くw

「あの、まぁ、いろいろみなさんユニットを想像してらしたと思うんですけど、私は「ガラスの I LOVE YOU」とかに出させていただきまして、「ガラスの I LOVE YOU」は私やらせていただいたんですけど、すっごい衣装もかわいくって、本当は年齢層の低い子たちがやるユニットなんですけど、私、今日19歳なのにやらせていただきました。ということでちょっと痛かったかもしれませんが」客「そんなことないよ」

「すみません。あの、19歳ですが若くてキャピキャピいけるようなアイドルで居続けたいなって本当に思っていますんで、もういろんな「ガラスの I LOVE YOU」とかほかのユニットもいろいろさせていただきたいなと思っています。」

「そして、私ほんとにいつもステージの端っこというか、後ろのほうでメンバーの背中ばっかり見ながら踊ってるんですけど、いつかは前に出て、もっと堂々として歌って踊れるように成長して行きたいなと思っていますので、みなさん、これからも応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」客、拍手

[2013年6月18日 チームBII「会いたかった」公演]



・私には仙台に住んでる友達がいて、お家で東日本大震災のニュースを見た時は一瞬にしてその子のことを思い出したんですけど、いろいろ被災して、大丈夫かなとか、ほんとに心配になって連絡を取ろうと思ったんですけど、なんかいろんなことが不安になってすぐにメールを送れなかったんですよ。で、何日か後に思い切ってメールをしてみたら、1週間後ぐらいだったか忘れたのですけど、そのくらいにちゃんと返信がきたので、ほんとに安心して、泣いて喜びました。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・大学受験合格報告。

[2013年3月8日 チームBII「会いたかった」公演]



・私が好きな場所は夢が広がる住宅展示場です。将来は一軒家に住もうと思っています。

[2013年3月7日 チームBII「会いたかった」公演]



・私は毎日欠かさずお気に入りのアイドルさんたちを見て、ちょっと萌えーってやってます。ちなみに今のお気に入りのアイドルはりなっちです。

[2013年2月8日 チームBII「会いたかった」公演]



・すごくアイドルが好き。

[2013年1月29日 チームBII「会いたかった」公演]



・噛んでしまい、舌打ちをしてしまう。メンバーたちに「怖い」「アイドルやで」など言われる。

[2013年1月14日 チームBII「会いたかった」公演]



・今年の目標は大学生になること。

[2013年1月9日 チームBII「会いたかった」公演]



・今年中にこのみんとちゅばと私の3人ではんにゃの金田さんのネタを覚えたい。会いたかったとかの曲で、合いの手を入れるネタがあるんですけど、それをがんばって覚えようと思います。

[2012年12月26日 チームBII「会いたかった」公演]



・ふと疑問に思ったことをすぐ検索してしまう。一番最近検索したのは、どうやったらビールが美味しくつげるか。まだ18歳なので飲めません。

[2012年12月22日 チームBII「会いたかった」HKT48劇場出張公演 14時30分開演]



・私のお気に入りは深夜1時から3時までやってる南海キャンディーズ・山里亮太さんのラジオです。

[2012年12月20日 チームBII「会いたかった」公演]



・自分の好きなところは記憶力がいいところ。

[2012年12月15日 NMB48 チームBII出張公演「会いたかった」公演 (AKB48劇場) 18時開演]



・注目して欲しいポイントはちょっと特徴的な声。

[2012年12月15日 NMB48 チームBII出張公演「会いたかった」公演 (AKB48劇場) 14時開演]



・初めて作った料理は大根おろし。

[2012年11月17日 チームBII「会いたかった」公演 18時公演]



・チャームポイントはうなじ。うなじの形しっかりMなんです。

[2012年11月14日 チームBII「会いたかった」公演]



・キャッチフレーズ「「幸せ届ける夢先案内人、み~んなの目線の先にはいっつもさきぴ! 広島県出身じゃけんね、高校3年生、18歳のさきぴこと河野早紀です」

[2012年11月12日 チームBII「会いたかった」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND