FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

石塚朱莉 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:石塚朱莉 (いしづかあかり)
ニックネーム:あんちゅ
生年月日:1997年7月11日
出身地:千葉県
血液型:
デビュー期:3期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
石塚朱莉 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)


■生誕祭レポート
石塚朱莉 16歳の生誕祭 (2013/07/11、チームBII)
NMB48石塚朱莉 17歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/07/11)
「シャネルのマスカラをしてます」石塚朱莉 17歳の生誕祭 (2014/07/11、チームM)

【速報版】 石塚朱莉 19歳の生誕祭レポート

CpV558QWEAABhhD.jpg


NMB48石塚朱莉が舞台出演決定! 初のヒロイン役!!

160226kaneko01.jpg

■エピソード集&発言集


■石塚朱莉 17歳の生誕祭

◆進行役は木下百花

藤江れいなからのお手紙

「朱莉ちゃんへ

お誕生日おめでとう。当日にこんなにたくさんの方がお祝いしてくれるなんてとても素敵だね。

今回実行委員の方から私にお手紙の依頼をいただいた時、凄く嬉しかったけど、私でいいのかなーって自分でもビックリしています。

朱莉ちゃんと話すようになったのはつい最近のこと。正直まだ朱莉ちゃんのこと、マスターできてません(w) だって急にテンションが上がったり、変顔したり、でもトークがうまくて1人コントみたいだし、可愛くて、私に持ってないものをたくさん持っていて羨ましい。

強いて共通点を言うとすれば、うーん、あっ! AKBマラソン部と千葉県出身ってこと。いつか朱莉ちゃんと千葉県デートしたいな。

さて、ここまで呼び続けた「朱莉ちゃん」呼び、少しでもバレないようにって朱莉ちゃんって呼んでみたけどそろそろ気づいてくれたかな。

あんちゅ、改めてお誕生日おめでとう。今日はみんなと一緒にお祝いしたかったけど、参加できなくてごめんね。お願いなんだけど、私ともありちゃんみたいに仲良くしてね(軽くw)

優子ちゃんに続く変幻自在なあんちゅが大好きです。これからも同じチームMのメンバーとしてもよろしくね。今度プライベートで遊びましょう。大阪の街を案内してね。

チームM 藤江れいな」拍手

おばあちゃんからのお手紙

「あかりんへ。17歳のお誕生日おめでとう。

小さかったあなたがもう17歳になるなんて信じられません。

あなたはばあことじいこにとっても、石塚のおじいちゃんおばあちゃんにとっても待望の初孫で、みんな、あなたが生まれてくるのをとても楽しみにしていましたよ。もちろん今もだけど、生まれた時から周りのたくさんの人からあなたは愛されているのですよ。

小さい頃、夏休みや冬休みの長いお休みの時には千葉から遊びに来てくれていたよね。毎年楽しみにしていましたよ。

弟を出産するため、帰省して、お母さんが入院していた時は、ばあこのお家で留守番していて、一緒に寝て、手をつないでお母さんのお見舞いに行きましたね。覚えていますか? 「ばあこの作ったポテサラが1番美味しい」と言ってくれてとても嬉しかったです。ありがとうね。

中学2年生の冬にあなたからあなたから「NMB48に入りたい」と聞かされていた時、ばあこたちは反対したのを覚えていますか? 今まで芸能界など縁もなくまったく知らない世界だし、生まれて育った千葉を離れ、まだ中学生のあなたが大阪で生活をすることを凄く心配したからです。

でも今ではあなたが活動を凄く頑張っているし、公演で歌って踊っている姿を見たり、「げいにん!」や新喜劇で楽しそうに活躍しているのを見て、NMB48に入って良かったなーと思っています。今ではあんちゅの大ファンの1人として応援しているし、じいこばあこの自慢の孫です。

今年で17歳、そして18歳、19歳、20歳とあなたがどんな素敵な女性に成長していくのかとても楽しみにしていますよ。そしていつかあなたの産んだひ孫を抱っこするのが夢です。

最後になりましたが、今日は孫のために素晴らしい生誕祭を準備してくださりました生誕委員の皆様、誠にありがとうございます。いつも仲良くしてくださるメンバーや先輩後輩の皆様、そして支えてくださいますスタッフの皆様、いつも孫がお世話になりましてありがとうございます。

そして何よりファンの皆様、いつも応援してくださり本当にありがとうございます。これからも孫をどうかよろしくお願い致します。
お仕事、学校で忙しいとは思うけど、お休みができたらまたばあこの家に遊びに来てね。ポテサラを作ってじいこと待っていますよ。
体に気をつけて大事な青春時代を謳歌してくださいね。

ばあこより」拍手

17歳を迎えたあんちゅから皆さんにひと言どうぞ

石塚朱莉「喋れるかなー。今日は、こんなね、ダメダメな私に生誕祭を設けて時間を作っていただき、本当にありがとうございます」拍手

「あの、途中で出てきた「奇跡は間に合わない」の青のサイリウム、たぶん私が青で出ると思ったから青だったんですかね。違いますか?あれはわざとですか?(軽くw) 今日は赤色王子様でした」
沖田彩華「センターでね」
石塚朱莉「あと、ふなっしーのアンコール。アンコールふなっしーのサイリウム」
沖田彩華「ふなっしーカラー(黄色)の」
石塚朱莉「そう、統一感が出てて、なんかみんなで戦えそうな感じで嬉しかったです。ありがとうございます。

私はこんなキャラじゃないですか。こうウルトラマンや言うてみたり、あれやこれや言うてみたり、こういっぱいしてて、たぶんファンの皆さんも「こいつなんなんや」と(軽くw) そう、最近ではハリーポッターって言ってみたり、そう、それで一緒にハリーポッターを見てくれた方もいるのに、趣味を変えて、また違うのに行ったり。それでほんとにファンの方に迷惑をかけてしまっているかなと思って。そう、今ハリーポッター嵌ってるんですけど。

17歳は自分の探しの旅に出ようと思います。やっぱり自分・・・私がいつもMC中喋ったらみんな「あー、またあいつ喋った」みたいな空気になっちゃうから、自分探しの旅に出て「これが石塚朱莉なんだな」っていうのを17歳の目標、それです(軽くw) お姉ちゃん」
木下百花「うん、そうやな」拍手
三田麻央「今日頑張ったもんな」
石塚朱莉「そう、私ほんとに喋りができないから、あれなんですけど、ほんとにごめんなさい、この空気、あー」
木下百花「大丈夫。できない人しかいないよ」
石塚朱莉「そう、私チームMに来る時、最初みんな、私のこと嫌いだと思ってたから」
木下百花「そんなことないよ」
三田麻央「そんなネガティブやったっけ。大好きやで」
木下百花「あんちゅのこと嫌いになるんやったらこの人(三田)のこと嫌いよ、みんな」客w
三田麻央「私?なんで?うそやん。みんなで好きになろう」
石塚朱莉「今は村上さんとれなぴょん以外全員好きです!」拍手
川上礼奈「ちょっと待って」村上と川上2人で石塚のもとへ
木下百花「あんちゅ! そこもう鬱陶しいから触れたらあかんのや」
川上礼奈「もう、ちょっと!悲しいれなぴょんです」
村上文香 → 川上をポンと押す
川上礼奈「痛い、マジで」客w
沖田彩華「つっこみ早かったね」
川上礼奈「ちょっと早い」
石塚朱莉「村上姉さんもれなぴょん姉さんもチームM姉さんもみんな大好きなので、これから私はチームMとして頑張っていくので、皆さん、イェーイ!(拍手) 頑張りまーす!」拍手

木下百花「頑張ろう」
沖田彩華「なんともあんちゅらしいコメントで」
石塚朱莉「ごめんなさい(舌を出す)」

木下百花「あんちゅらしいですね」
沖田彩華「ほんとにね」
三田麻央「素晴らしいですよね」
木下百花「素晴らしいよ。なんかあんちゅはMCのことで悩んでたんやね、ほんまに。めっちゃ辛そうな顔してるけど」
石塚朱莉「そうなの」
川上礼奈「あんちゅ面白いで」
木下百花「でも大丈夫よ。Mグッチャグチャやから、元から」客w

シャネルのマスカラをしている

沖田彩華「あんちゅ推しの人? じゃーあんちゅが選んでいいよ」
石塚朱莉「女の子大好きだから、ちっちゃい、こうやってあげてる人」
客「あんちゅが1年で変わったことは?
石塚朱莉「1年で変わったことはシャネルのマスカラをしてます」
メンバーたち「えー!?」「あんちゅどうしん?」
木下百花「もう! これは! ネット騒然」客w
石塚朱莉「1年前は千円のマスカラ使ってたんですけど」
近藤里奈「でもさっきな、見てんか、うちらまつ毛。じゃーシャネルっぽかった」客w
村上文香「どういうこと?」
木下百花「シャネルのマスカラって言ってる時のここの膝の角度がね、ちょっとシャネルっぽいですよね」
石塚朱莉「だからもっとお姉さんみたいに、こんな感じじゃなくて(おしとやかに)頑張りたいと思います~みたいな」
三田麻央「それは違うは」
木下百花「ちょっとさ、うちらさ、シャネル入ったことないよな」
三田麻央「ないし、私、今マスカラ使ってるの1500円の普通のマスカラ」客w
木下百花「うちそれより安いセールで800円とかのやつ」
三田麻央「こんな人もおるから。シャネルなんか言わないで。怖いわー」
沖田彩華「なんかあれですね、ここのMC毎回荒れますね」客w

[2014年7月11日 チームM「RESET」公演]



・(インターネット)本田翼で打つと石塚朱莉出てくる。

[2014年2月16日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・オーディションで一番あんちゅが印象に残って。あんちゅをパっとひと目見た時にめっちゃマトリョーシカで。 (薮下柊談)

[2013年11月1日 チームBII「ただいま 恋愛中」公演]



・ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私、宇宙人なんですよ。で、宇宙の世界ではお姫様で、けっこう金も持ってるんですよ。

[2013年9月19日 チームBII「会いたかった」公演]



・公演終わりに赤澤萌乃とパイタッチ。

[2013年8月11日 チームBII「会いたかった」公演]



・今日AKB48の研究生さんがこられたじゃないですか。そこで、石塚先輩が憧れてるみたいなことを前田美月ちゃんって子が言ってたんですよ。だからちょっと調子に乗ってるんですけど・・・。

[2013年8月9日 チームBII「会いたかった」公演]



・「おれっち」

[2013年8月1日 チームBII「会いたかった」公演]



・私は剛力彩芽さんのミニライブに行ってきたんで、今日はコンディションは剛力さんです。

[2013年7月15日 チームBII「会いたかった」公演]



・「thanks and againです」「ソーリーアンドアゲインです」

◆石塚朱莉 16歳の生誕祭

・加藤夕夏からのお手紙 (小林莉加子が代読)

「あんちゅへ。あんちゅ、16歳のお誕生日、ほんまにほんまにほんまにおめでとう。夕夏、このあんちゅへの手紙を書けることがめっちゃ

うれぴーなっつ。」

「実は去年のあんちゅの生誕祭は「なんで夕夏と違うねん」ってちょっと拗ねててんでー(笑) でも、夕夏の生誕祭であんちゅが手紙書いてくれたん

はほんまに嬉しかったよ。それくらい夕夏はあんちゅが大好き。」

「あんちゅに初めて会ったのは歌オーディションが終わって合格発表後やったね。あの時、初対面やのに、たまたま後ろにおった夕夏に「合格やで。

夢ちゃうやんな? あか、合格したで!」ってめっちゃおっきい声で言われてビックリしてんけど、その時はかわいらしい服着てて、顔もキレイし、

美人やなーって思ってた。それがあんちゅの第一印象。まさか公演中に白目したり、グリコのポーズしたりする子とはその時まったく想像つけへんか

ったよ。」

「レッスンが始まって、何故かその時からあんちゅとずっと一緒にいてたやんね。一緒に過ごすうちにいろんな話をして、千葉から通ってることも知

って、「なんでNMBにしたん?」って訊いたら、「NMB見てビビっときたから。大阪好きやねん。」って言ってて、ほんまにすごいと思った。笑顔で大

阪好きやねんって言ってくれたんが嬉しくて、ずーっと覚えてる。」

「千葉からってなかなか簡単なことじゃないし、色々しんどいこともいーっぱいあったはずやのに、いつもあんちゅはみんなのことを笑かしてくれた

り、レッスンが無い日も変顔の写メとか送ってきてくれたり、そんなあんちゅが大好きです。NMBに来てくれてほんまにありがとうね。」

「それと、夕夏が初めてシングル選抜に選ばれた時、不安とかで泣いちゃってて、メンバーのところにも行き難くて1人でいてたら、あんちゅが真っ

先に夕夏のところに来てくれて、「夕夏おめでとう。応援するから、大変と思うけどがんばって」って言いながら抱きついてくれたよね。それがどん

なに嬉しかったか。あんちゅも悔しいはずやのに、その夜、メールでも「悩みがあったら、あかの胸に飛び込め。胸ないけど」って、変なポーズした

写メと一緒に送ってくれて、笑顔になれたよ。あの時がんばれたのはあんちゅのおかげやと思います。ずーっと忘れられへんくらい嬉しかってん。ほ

んまにありがとう。あんちゅのハートはめっちゃあったかい。ずっとそんなあんちゅでいてね。」

「あんちゅは夕夏にとっても、BIIにとっても、NMBにとっても、ほんまにかけがえのない存在やで。最近はあんちゅも夕夏も高校生になって勉強難し

くなったり、ちょっとしんどい日もあるよね。でも夕夏は同じチームで唯一同い年の子があんちゅで、いつも夕夏の話いっぱい聞いてくれて、ほんま

に助かってるねんで。やから、あんちゅも夕夏をもっと頼ってね。1人じゃないからね。一緒にがんばろう。またりっぴーとあんちゅと夕夏で学校終

わり集まってアイスを食べようね。」

「あんちゅの16歳の1年間、もっともっとあんちゅがおもしろくなって、チームBIIがいっぱい飛躍して、あんちゅが楽しく幸せに過ごせますように。



「P.S. 夕夏パパはあんちゅ推しです。2013年7月11日 あんちゅ大好き夕夏より」

・お母さんからのお手紙 (上枝恵美加が代読)

「あかへ。16歳のお誕生日おめでとう。大好きなNMB48劇場で迎える2度目のお誕生日やね。去年の生誕祭からもう1年も経つんやね。ほんまにあっと

言う間の1年やった。」

「あなたの15歳は本当にいろんなことがあったね。チームBIIメンバー発表の時は何日も前から不安でいっぱいやったね。なかなか寝付けない時もあ

ったよね。「どんな結果になっても絶対がんばる」って言い張ってはいたけど、BIIのメンバーに選んでいただけた時は本当に嬉しかった。」

「年が明け、2月の高校受験の時もよくがんばりました。なかなかまとまった時間がとれず、思うように受験勉強ができない中、レッスンや公演の合

間に少しずつやけど勉強したよね。毎日くたくたになりながら、夜も遅くまでがんばってたから、合格できた時はホッとしました。」

「4月からは高校生になり、「友達もできない」と不安だらけやったけど、今ではたくさんのお友達ができて良かったね。学校に行けなかった時の授

業のノートを見せてもらったり、遊びに誘ってくださったり、お友達にも感謝やね。」

「げいにん2のお仕事をいただいた時は本当に嬉しかったね。げいにん2は関東ローカル番組なので、お母さんたちは見ることができなかったけど、あ

なたが生まれ育った千葉で仲良くしていただいたお友達、育て支えてくださった先生方や地域のみなさま、そしていつも応援してくれている親戚にあ

なたの活躍を見ていただくことができて、本当に良かったです。放送日の次の日には「げいにん2見たよ」「あかりちゃん、大阪でもがんばってるん

だね」「元気な姿を見られて良かった」「おもしろかったよ」「笑わせてもらったよ」って言っていただけたのは何よりの言葉やね。」

「普段は明るいあなただけれど、辛いことや悔しいことがあったのかな?って思う日でも、弱音を吐かず、1人で耐えている姿を見ると、力になって

あげられなくてごめんねっていつも思います。「嫌なことあっても、いじけてないで、楽しくしてたほうがいいやん!」っていうあなたの姿を見ると

、本当に大人になったんやなって思います。寝顔を見ていると、小さい頃とちっとも変わってないと思うけど、あなたはちゃんと成長してるんやね。



「ファンの方々からいただくお手紙やプレゼントを持って帰ったり、ブログやぐぐたすのコメントを読んでいる時にポツリと「お母さん、見てみ。あ

かはこんなにたくさんの人に応援してもらってるねんで。すごいな。ありがたいな。支えてもらってるおかげやわ」って独り言のようにつぶやいたこ

とあったよね。お母さんも本当にそう思う。
あなたは本当に幸せ者やわ。あなたの周りのすべての人に感謝せなアカンね。そして、みなさまに恩返しをすべく、学校にもお仕事にも遊びにも、何

ごとにも全力で、あなたの大切な16歳の毎日を過ごしてください。」

「最後になりましたが、いつも娘と仲良くしてくださっているメンバーのみなさま、助けてくださるスタッフのみなさま、そして、応援してくださる

ファンのみなさま、いつも娘を支えてくださり、ありがとうございます。そして、今日、このように素敵な生誕祭を準備してくださった生誕実行委員

のみなさま、本当にありがとうございました。これからも石塚朱莉をどうぞよろしくお願いします。」客、拍手

・ファンのみなさまにひと言どうぞ

石塚朱莉「はい、今日はめっちゃ嬉しい、楽しい、ビックリドキドキの生誕祭を開いていただき、ほんまにありがとうございます」客、拍手

「私は何が嬉しいかっていうと、みなさんは大阪じゃないですか。それで、あ、ソーリーアンドアゲインです。大阪じゃなくても、なんて言うかね、

NMBは1人だけ遠く離れた千葉から来たのに、こうやって受け入れてくれて、「あんちゅ」とかあんちゅうちわ持ってくれたりとか、目合わしてくれた

りとかしてくれて、ほんまにほんまに嬉しいです。あとはね、あの、私はおもしろくないですよ。でも、笑かそうする気持ちは誰にも負けないと思っ

ています。なので、これから私が大爆笑の嵐を巻き起こすまで、どうかついてきてください! よろしくお願いしまーす!」客、拍手

[2013年7月11日 チームBII「会いたかった」公演]



・私はその時、千葉県にいて、3月11日に普通にバスケットボール部だったので、体育館で練習の準備をしていたら急に、最初はすごく小さな揺れで、全然すぐ終わる揺れやから大丈夫やなって安心してたら、ゆさ!ゆさ!ゆさ!ってすごい怖い地震がきて、校庭にみんなで避難していたらプールの水がガッシャーンってなったり、窓ガラスが割れたり、あと屋上にあった蛍光灯が落ちてきたりして、すごく怖い想いしました。それで、学校に帰る途中にまた大きな揺れが、余震がたくさんきて、すごく怖い想いをしながら帰りました。その時の大きな地震のことは今でもすごく鮮明に覚えています。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・高校合格報告

[2013年3月8日 チームBII「会いたかった」公演]



・こう見えてお料理上手。ポテトサラダとかカレーとかオニオングラタンスープとかを作ったりする。

[2013年3月7日 チームBII「会いたかった」公演]



・好きな言葉は「やったらできる子やねん」

・「やったらできる子やねん」っていうTシャツを持ってるぐらい「やったらできる子やねん」という言葉が大好き。

・上枝恵美加のモノマネを披露(目を細め、口を開き、舌を左側へ出す)

[2013年2月25日 チームBII「会いたかった」公演]



・あんちゅは今「おい、上枝」とかめっちゃ言うんですよ。なのに入ってきた当時は「恵美加ちゃん、あのね、写真撮って♪」みたいに。ベビーカステラ買ってきて、「恵美加ちゃん、いる?」みたいな。めっちゃ愛されてた。

[2013年2月18日 チームBII「会いたかった」公演 (3期生お披露目1周年)]



・私の楽しみなことはDMM配信を見ること。1人で「あんちゅ!」とか「あんちゅがんばれ!」とか「おもしろいよ!」とか言ってる。

[2013年1月14日 チームBII「会いたかった」公演]



・今年の目標は動物に詳しくなること。

[2013年1月9日 チームBII「会いたかった」公演]



・まこぽん一緒に電車で帰っている。2人とも普段劇場やと「ウェーイ!」みたいなキャラだが、2人きりになると2人ともまったく喋らずに静か。「明日ね、バイバイ」くらいしか言わない。

[2012年12月26日 チームBII「会いたかった」公演]



・日下このみのモノマネを披露 「お好み焼きになりた~い!」

・手繋ぎ挨拶後
石塚朱莉「アジフラーイ!」ポーズ
加藤夕夏「カニフラーイ!」ポーズ
黒川葉月「エビフラーイ!」ポーズ

[2012年12月25日 チームBII「会いたかった」公演]



・手繋ぎ挨拶後、他のメンバー捌けた後、1人デベソへ行き「NMB48チームBII てっぺんとっちゃるけん!」

[2012年12月22日 チームBII「会いたかった」HKT48劇場出張公演 18時開演]



・手繋ぎ挨拶後、他のメンバー捌けた後、1人デベソへ行き「めんたいこ!」披露

[2012年12月22日 チームBII「会いたかった」HKT48劇場出張公演 14時30分開演]



・挨拶後、ステージに1人残り「バスケが、バスケがしたいです」

[2012年12月20日 チームBII「会いたかった」公演]



・自分の好きなところは眉毛。

・石塚朱莉、薮下柊、加藤夕夏、高山梨子はNMB48の曲の歌詞カードを手に、その曲に出てくるお店を歩いて回ったことがあった。まだ入ったばかりの頃だったらしく、難波に慣れていなくて、その後、難波でレッスンがあったが、迷子になってしまい、石塚は泣きながらマネージャーさんに電話をした。

[2012年12月15日 NMB48 チームBII出張公演「会いたかった」公演 (AKB48劇場) 18時開演]



・注目して欲しいポイントは変顔。

・最後の挨拶の後、ステージに1人残り「高速ロマンス」を披露。「AKB48劇場でやりたかったことです」

[2012年12月15日 NMB48 チームBII出張公演「会いたかった」公演 (AKB48劇場) 14時開演]



・チーズオニオン的なカップスープにお湯ではなく間違えてコーヒーを入れてしまったら、意外とうまかった。

[2012年11月17日 チームBII「会いたかった」公演 18時公演]



・チャームポイントは短い髪の毛。

[2012年11月14日 チームBII「会いたかった」公演]



・キャッチフレーズ「チュッ・チュッ・チュッ♪ あんちゅの投げキッチュで世界一のコメディー女優の座を『ゲッチュ!』 千葉県出身、中学3年生、15歳のあんちゅこと石塚朱莉です」

[2012年11月12日 チームBII「会いたかった」公演]



・オーディションの面接審査の時に特技というものが何も無かったので、とりあえず走った。そしたら怖かった審査員さんの目が「ふふふーw」みたいになった。よっしゃ!ウケた!と思った。そこが私、石塚朱莉の笑いへの道、最先端、始まりだった。

・北川謙二、たこ焼き焼けずに金子支配人からムチャブリされ、変顔して走る姿を披露。

[2012年11月9日 NMB48チームBII「会いたかった」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND