FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

NMB48高野祐衣 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:高野祐衣 (たかのゆい)
ニックネーム:ゆいぽん
生年月日:1993年12月6日
出身地:大阪府
血液型:
デビュー期:2期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
高野祐衣 二十歳の生誕祭 (2013/12/06、チームM)

■エピソード集&発言集


・誕生日は12月6日なのに、島田玲奈から12月4日の夜に誕生日おめでとうメールが届いた。

◆高野祐衣 20歳の生誕祭

・客がグラスを手に「乾杯!」

・村瀬紗英からのお手紙 (川上礼奈が代読)

「祐衣ちゃんへ。20歳のお誕生日おめでとう。

オーディション合格後、2期生メンバーに怯えてる際に話かけてくれたのはいつだったっけな?

優しくて、おもしろくて、いつも相手にしてくれてありがとう。祐衣ちゃんとは一緒にお仕事する機会が多くて、いつも頼ってばかりな私です。

紗英がコメントに困ってたりすると、いつも助けてくれます。好きな音楽や洋服の話になると、あっという間に時間が経っていて、いつも楽しいよー。

そして仕事の話や将来の話になると、真面目にいろんな考え方や、アドバイスをしてくれて本当に助けられてます。

祐衣ちゃんは背が高くて、筋肉ムキムキで、包容力があり、時には優しく、時には無視。ツンデレな祐衣ちゃんは紗英の理想の男性? そんなことないかー、べー。

祐衣ちゃんはチームMに絶対必要です。MCも仕切ってくれて猛獣たちも取り扱える。これからもみんなで楽しい公演を作っていこうね。

泣いて笑って冗談言って、祐衣ちゃんにとって幸せな1年になりますように。二十歳のお誕生日にお手紙を書かせてもらって、うれぴーさえぴーでーすニコニコ。ありがとうございまーす。

P.S. お泊りで同室になった時は音楽のボリュームをちょっと小さくするから、今年もかわいがってくださいよろしくお願いします。祐衣ちゃん大好き。紗英ちゃんより」客、拍手

・お母さんからのお手紙 (島田玲奈が代読)

「祐衣へ。

二十歳のお誕生日おめでとう。いよいよ大人の仲間入りですね。

小さい頃、甘えん坊で、ママについてまわっていた祐衣がもう二十歳になるなんて、なんだか嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちです。

この20年の間にはいろいろなことがあったけれど、17年目の春、祐衣にとって人生最大の出来ことがありました。NMB48のオーディションに合格し、チームM・高野祐衣になったこと。

ダンスも歌もなにもかもが初めてで、花で言えば種からのスタート。親としては不安と戸惑いでいっぱいだったけれど、祐衣の本気の覚悟を感じたからパパもママも全力で応援していこうと思いました。

駐在さんのお仕事をいただいた時、「ゆいぽん」という花の種が少し芽を出し、去年の生誕祭の時に、涙ながらに言った選抜に入りたいという強い気持ちとがんばりが実り、念願の初選抜に選ばれ、本当に今年は祐衣にとって飛躍の年になったよね。

祐衣から選抜に選ばれた報告の電話があった時は、がんばった甲斐があったなーと思って、思わず涙が出てしまいました。

でも、こんな風にがんばってこられたのも、ライバルであり、良き仲間である素敵なメンバーと一緒だからですね。これからも大切にね。

祐衣とは最近親子というより友達同士という感じで、一緒に買物に行ったり、2人で出かけたりして仲良しだけど、意見が食い違うと、泣きながらガチで言い合うこともあるよね。

祐衣もママも照れ屋だから、普段気持ちを言葉に出して言ったりすることも少ないけど、二十歳になった祐衣に改めて言わせてください。祐衣、パパとママの娘に生まれてきてくれてありがとう。

祐衣が歌番組などでテレビに出ているとテレビに向かって「祐衣!」と言って手を振っているのはゆいぽんママだけでしょうか。

選抜に入り、いろんなお仕事もさせていただけるようになり、ゆいぽんという花の種はかわいいつぼみぐらいになったかな? でもこれからどんな花を咲かせるかは祐衣次第です。いろいろなことを肥やしにして、NMBの高野祐衣として1人の人として成長していってくださいね。

最後に。今年はNMBにかかわる方たちが一丸となって、てっぺんを目指し、その夢が叶って紅白出場することが決まり本当におめでとうございます。1つの夢が叶い、また新たな夢に向かって前進して行ってください。NMB48のファンの1人としてずーっと応援しています。

最後になりましたが、いつも影で支えてくださっているスタッフのみなさま、高野祐衣をいつも温かく応援し、支えてくださっているファンのみなさま、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

また本日はお忙しい中、祐衣のために盛大な生誕祭を開いてくださった生誕委員のみなさま、本日は本当に本当にありがとうございました。

高野祐衣母より」客、拍手

・ファンのみなさまにひと言どうぞ

高野祐衣「3回目の二十歳の生誕祭もこんな素敵なものにしてくださって、生誕委員のみなさん、今日来てくださったみなさん、モニター観覧してくださってるみなさん、DMM配信を見てくださってるみなさん、本当にありがとうございます」客、拍手

「去年の19才の生誕祭で私は選抜メンバーに入りたいと涙しながら言ったんですけども、その次の選抜から「僕らのユリイカ」から、嬉しいことに選抜メンバーに選んでいただいて、カモネギックスとカップリング曲も選んでいただいて、本当に昔の私からしたら、すごく有り得ないことばっかり今年はすごく起きた1年でした。

すごくNMB人生の中の1年で、一番充実してて、とっても楽しくて貴重な経験をさせていただいたすごい勉強になったすごく濃い濃い1年で、本当にあっという間でした。それもみなさんが一緒に、ずっと1から歩いてくださったから私もここに今立っているんだと思っています。

そして二十歳の目標は、やっぱ二十歳ってすごい大きな節目だと思っているんですけど、やっぱり今のこの選抜メンバーに入り続ける、ポジションを1個でも上げるのはすごい大切なことなんですけど、私は今年はもっと高野祐衣として、もう一段階ステップアップする1年にしたいなと思っています。

NMBの高野祐衣としてではなく、何か高野祐衣として1つ大きなことができればいいなと思っています。

二十歳もみなさん、こんな私ですが、気持ちとかあんま伝えるのがすごい苦手な私なんですけど、どうかついてきてくださると嬉しいです。ありがとうございます」客、拍手

「そして、大好きなチームMのメンバーに何かこうできることはないかなと思ったんですけど、やっぱり川上礼奈の暴走を止めることしか思いつかなかったです」客、軽くw
川上礼奈「わー、ゆいぽんよろしくね、これからも」
高野祐衣「よろしくお願いします。そうですね、木下とか最近のMCとか一緒にならなくて、最近どういう生態をしてるのかすごいわからないんですけども」
木下百花「大丈夫。水着になってくれたらそれでいいから」客、軽くw
高野祐衣「私チームMすごい大好きなので、大好きなチームMのことも、高野祐衣のこともみなさんこれからもよろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手

・挨拶後、捌ける前に、島田玲奈より個人的に書いたガチのお手紙が手渡される。

[2013年12月6日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・11月22日はですね、私の両親の結婚記念日です。

・好きなお寿司はつぶ貝です。

[2013年11月22日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・劇場公演 200回目

[2013年10月22日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・じゃんけん大会、NMB48予備戦で森田彩花に負けた。

高野祐衣「ウソやけど、なんかね、あやてぃん、じゃんけん2人でね、座ってて、さーじゃんけんやってなった時にね、「まぁ、祐衣さん、気楽にやりましょうよ」なんか、いちいちかっこいいよな」
森田彩花「なんか、先輩とそんなライバルって感じがしたくなかったので、楽しみたいなと思って言いました」
高野祐衣「じゃ~、あやてぃんがもし、選抜メンバーに入ったら、あやてぃん推しになろう」客「おー」
森田彩花「おっ。がんばりますよ」

・その後、「女子高生はやめられない」のじゃんけん決勝で再び森田彩花と対戦し、負ける。

[2013年9月5日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・「好きな食べ物はお寿司、嫌いはアイドルは川上礼奈です」

[2013年8月14日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・木下は女の子が大好物のはずなのに、私にだけめっちゃ当たりきついんですよ。

[2013年3月28日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・キャッチフレーズ「まばゆい光に包まれて、かわゆいゆいをおすそわけ (おおきにー!) 大阪府出身、18歳のゆいぽんこと高野祐衣です」

[2012年11月6日 チームM「アイドルの夜明け」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND