FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

NMB48木下百花 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:木下百花 (きのしたももか)
ニックネーム:きのした
生年月日:1997年2月6日
出身地:兵庫県
血液型:
デビュー期:1期
Google+


■キャッチフレーズ


生誕祭レポート

2013年

『幼少期秘蔵ビデオレター公開』 木下百花 16歳の生誕祭 (2013/02/06、NMB48チームM)

2014年

木下百花 17歳の生誕祭 (2014/02/06、チームM)

2015年

【速報版】 木下百花 18歳の生誕祭レポート(お手紙&コメント)

木下百花 18歳の生誕祭 (2015/02/11、チームM)

2016年

【速報版】 木下百花 19歳の生誕祭レポート 「どう頑張っても手の届かないような存在になりたい」

160206 (741)


■エピソード集&発言集


・もし木下百花と街中で遭遇したら「カッケー!」と言うと喜ぶ

木下百花「面白いかわからへんけど、うち的に嬉しかった話があって。いつもね、私、見た目怖いからって全然喋りかけてこないんですよ、ファンの人がね。会ったとしても、道端でさ、すれ違った時に「あっ、見たことがあるな」みたいな。向こう完全に気づいてんねんけど、うちも普段さ、ずっとこんな感じ(下向き)やから、全然喋りかけてこうへんやんか。だから握手会とかでも「ももちゃん怖いよ」みたいな言われて。「ボク見かけたんだけどめっちゃ怖かったんだけど」みたいな言われたりして。そしたら、この間凄い喋りかけてくださったファンの子がいてね、その時に「ハッ・・・百花さんじゃないですか」」
メンバー&客 → w
木下百花「百花さん、マジカッケー!みたいな(w) 凄いなんか、マンガに出てくる後輩キャラみたいな感じで。「握手とかしてもらってもいいすか?」みたいな感じで「あっ、全然いいですよ」「カッケー!」みたいな(w) それを街中でやられて、凄い輝いてるーと思って」
沖田彩華「じゃー百花に街中で会った時の対応としてはそれが一番ベスト?」
木下百花「そうだね、凄い嬉しい。カッケー!みたいに」
沖田彩華「またもし街中で百花を見かけましたらみんなでカッケー!みたいな感じで」
木下百花「凄いよ、私のキョドリ方凄いからね」客w

[2014年10月21日 チームM「RESET」公演]



・木下百花は三田麻央の悪口を言ってる時、めっちゃいい顔する

村上文香「ももちゃんは三田の悪口言ってる時の笑顔がめっちゃ好き。めっちゃいい顔する」
木下百花「ほんま人の苦しんでる顔見てたら嬉しくなる」軽くw
村上文香「ほら、いい顔してる、今」
三田麻央「でもほんまに輝いてるよなと思う、時々」
木下百花「それは三田さんから直接言われたんですよ、私、三田さんからも。百花さんは私をとぼしめてる時とか、人のことをいじってその子が「えー、ちょっとやめてくださいよ」みたいな反応してる時の私の顔が凄い輝いてる、みたいなね」
三田麻央「ちゃうねん、精神攻撃をしてくるねん、言葉の「おっ」ってなる感じのを言ってくるから堪えるけど、でもその時の笑顔が素敵やから全然苦じゃない」
木下百花「凄い嬉しそうなんですよ」
三田麻央「そう、嬉しい」
村上文香「三田も素敵やで」
木下百花「気持ち悪いのは変わらないけど」軽くw

[2014年9月25日 チームM「RESET」公演]



・自己紹介

木下百花「木下百花、17歳、兵庫県出身の、なんか、ニートです」

[2014年7月11日 チームM「RESET」公演]



・(髪の色) 私は赤から今蛍光のピンクになっております。

・手繋ぎ挨拶後

木下百花「えーと、えっとですね、今日蛍光ピンクにして思ったことは、なんか逆に衣装と馴染んでしまって地味やなと思いました」

[2014年6月13日 チームM「RESET」公演]



・「4月1日ってさ、生理的に無理な人を苦しめる日よね」

[2014年4月1日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・市川美織のことを「市川さん」と呼んでいる&案外真面目

山本彩「私はですね、前に木下百花ちゃんっていうチームMの子がいるんですけど、百花と前にずっと百花の家に行きたいって言って、ほんじゃーいいよって言ってくれてたから、約束してたんですよ、行く約束を。1回目今日いついつ行ける?って言ったら「その日はゆきつんが来てるから、東由樹ちゃんが来てるから」って。「じゃーしゃーないな」って言って、また次誘った時に「ごめん、今日市川さん来るから」って言われて。百花の中で私よりもみおりんのほうが優先順位が高いんだなっていうのがちょっとショックだったなっていう」
吉田朱里「付き合いは長いもんな」
山本彩「そうなんですよ。そんなに2人が仲いいって知らなかったから」
小谷里歩「ビックリした。お泊りまでが早かったよな」
吉田朱里「気になるのが「市川さん」やねんな」
市川美織「そうなんですよ。「そこは年上ですから」って言われて市川さんらしいですよ」
小谷里歩「変なとこちゃんとすんねん」
山本彩「案外真面目なんですよ」
木下春奈「それ言ったらいかんって。言ったら恥ずかしがるから」
山本彩「でも、言っとこう」
木下春奈「真面目なんです、ももちゃん」
小谷里歩「あんまり言ってあげんといて。破天荒な感じやから」

[2014年3月7日 チーム「ここにだって天使はいる」公演]



・木下百花&沖田彩華 2月2日に劇場デビュー3周年を迎えた。

・生誕委員の方(十数名)が体操服&赤白帽姿で観劇(センターから下手側に連番)

沖田彩華「皆さんすごいですね。あの百花がちょっと軽くひいてましたよ、ほんとに」客w

「触れなかったんですけど体操服着てる方はどなたですかね? 生誕委員の皆さんですか?」

・木下百花の第一印象:黒板があったんですけど、黒板の前でラジオ体操みたいなの1人で踊ってて、あーなんか仲良くなれへんなって思いました、 (川上礼奈談)

・(ホテル) 部屋入るじゃないですか。加湿器でめっちゃ喉大事にしてた。 (村瀬紗英談)

・合間のMC中に百花母&百花おばあちゃんが返事をし、場内大いに盛り上がる。

矢倉楓子「あのな、でもな、ももちゃんってちょっと変やんか。でもな、ももちゃんのおばあちゃんむっちゃ優しい、いいおばあちゃん」
木下百花「そう、むっちゃ優しいよ」
誰か「いつも差し入れくれるやんな」
沖田彩華「優しい家族って聞いてるんですけども、いろいろ武勇伝があるみたいなので」客、拍手
女性客(百花のおばあちゃん?) → 何か声をあげる
メンバーたち「(客席見て)おばあちゃん」
木下百花「ちょっと待って」客、拍手&盛り上がる

「ちょっとこれは暗黙の了解で、そういうことしちゃあかんってなってるからやめて」客w
沖田彩華「ちなみにお母さんは?」
木下百花の母「ハーイ!」客w → 拍手
メンバーたち「すごい」「最高」
木下百花 → 上手袖へ捌けようとする
メンバーたち「ももちゃん帰らんどいて」
木下百花「あかんって。お前あかんって言ったやろ、ほんまに」客w

・木下百花のおばあちゃんエピソード

木下百花「言っていいかわからへんやつ言っていい? おばあちゃんは最近私から苦情があって。市川美織さんとかね、泊まりに来た時に、歩きながらおならをするっていう」客、軽くw

「あのね、1回だけやったらいいのよ。自然現象やからね。いいのよ。誰でも出ますわ。一歩踏む度に」客w

「ブッブッブッみたいな」
沖田彩華「それに対してみおりんはどんな反応?」
木下百花「わぁ~って言ってる」客、爆笑&拍手
メンバーたち「想像できる」「言ってそう、みおりん」

・木下百花のお姉ちゃんエピソード

木下百花「じゃー次はお姉ちゃんの話。お姉ちゃんも私、普通の人やと思ったのに、なかなかクレイジーなことしてるらしくて。お姉ちゃんの知り合いの方が言ってたんですけど、その人は携帯を買ってきました、防水携帯をね。これ防水携帯やねんってお姉ちゃんに渡した瞬間にここにあったコーヒーに入れたらしいんですよ」客w
沖田彩華「お姉ちゃんもう下向いてます」
村上文香「あ~ぽんも言っちゃダメ」
木下百花「クレイジーだけど、人見知りなのよ、お姉ちゃん。シャイだから、これ終わって群がるとかやめてな」客、軽くw

◆木下百花 17歳の生誕祭

・小柳有沙からのお手紙

小柳有沙「百花へ。お手紙書くのは3回目かな? お手紙を書かしてもらうのは嬉しいけど、さすがに書くことが無いです(w)

同じことを、去年と一緒のこと言ってるかも知れんけどちゃんと聞いてね。

百花とは結成してすぐに仲良くなったから、3年ちょっとずっと一緒におるね。ホテルも一緒やから、家族との時間よりも長い時間おると思います。

百花も有沙も団体行動があんまし好きじゃないから、よく団体から離れた所におったよね。でもたまに困ったりするからこれからはある程度みんなと一緒にいてください(w)

有沙が卒業を決断できたのは百花のおかげかなと思ってます。卒業を考えている時に1つだけ引っかかることがありました。これから百花とバカしたりホテルで騒ぐことができんくなることが、怖いということが引っかかりました。

でも百花に卒業の話を持ちかけた時、百花は「そうなんや」ってママのように優しく答えてくれて、ああ百花はちゃんと有沙が決断したことを喜んでくれてんだなーと感じたから、前を向いてしっかり決断することができました。ありがとうです。

なんやかんや言うてもチームのことを考えてる、最初っからブレずに自分を曲げない百花が大好きです。大好きな百花がまた選抜としてテレビで踊ってる姿を見たいです。

今までみたいにすぐ側で応援できんけど、ずっと応援してます。

改めてお誕生日おめでとう。百花にとって楽しく幸せな17才でありますように。

P.S. 時間にルーズなところはそろそろ直しましょう(軽くw)

有沙より」客、拍手 (※小柳有沙 途中から涙)

・オカンプレゼンツ、木下百花の幼少期映像、昨年に続き上映
最後にババア&オカンが登場し、ヲタ芸を披露

沖田彩華「スタッフさんがね、「今年4分で長いんだよね」って言ってたもん」客w
木下百花「正直なところ、あっ、こんなにおかしい人から生まれたんだって思った」客w

・ファンの皆さんにメッセージ

木下百花「今日はこんなに素敵な生誕祭を皆さん開いてくださって、本当にありがとうございます」客、拍手

「去年はたくさんの人が離れていった年だなーと思いまして。私のね、いろんな感情を表に出してしまって、皆さんにご迷惑を、ちょっとご心配をおかけしてしまうこともたくさんあったんですが、それでもこうやって、けっこう顔見知りな方がね、いらっしゃって、なんかすごく、今年も皆さん私のことを好きでいてくださってるんだなーという安心感があります。今日は本当に嬉しかったです。

17歳の目標をここで1つあげたいと思います」客「おー」

「17歳は私はたくさんのことに挑戦したいなと本当に思っていて、自分の好きなことを人に、いろんな方に広めていけたらなと思っています。皆さん、私が今後何があってもついて来てください。よろしくお願いします」客、拍手

「そしてファンの方たちだけではなく、私はメンバーのみんなにもとっても感謝しています。私は人とのね、コミュニケーション力がとても弱く、1人になることがちょっと多々あるんですけども、それでもみんな優しくしてくれて、本当にずっとね、言葉足らずでね、私ね、ごめんね。

お言葉足らずでみんなのことをちょっと心配させちゃうこともたくさんあるけど、こうやってファンの方たちも皆さん本当にいつも本当にありがとうございます。今後はもうちょっと心配をなくす行動をしていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました」客、拍手

[2014年2月6日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・去年の目標「Dカップになる」見事達成。

[2013年11月27日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・市川美織に24歳でチームNの最年長だと思われていた。

木下春奈「みおりんがこのチームNに兼任してきた時に、私、Nの最年少で、15歳なんですけど、24歳で最年長やと思われてたらしくて、みおりんに。で、なんか、あっ、みんなには「あー、かなきちおはよう」とか言うのに春奈だけ(丁寧に)「春奈さん、おはようございます」って言ってきて」客w

「えっ? 私はなんか壁を作られてると思ったんですよ。AKBと××さんでも一緒に共演したのに、なんで「春奈さん」なんやろうと思ってたら、24歳で最年長やと思ってたっていう勘違いです」
吉田朱里「ついこの前までNで最年少なんですけどね」
木下春奈「おかしいな」
市川美織「でも今日もね、メガネかけてね、すごい下ろして、ジャージ着てたらね、ただのOLの休日みたいな感じですからね」客w

[2013年11月19日 チーム「ここにだって天使はいる」公演 初日]



・百花のエピソードはけっこう知ってて。1回遊園地に行ったことがあって。けっこうね、ちっちゃい子でも乗れるような木でできてるジェットコースターあるじゃないですか。あのね、乗ってね、ちっちゃい子供とかはめっちゃ普通にワーみたいなのに、ももちゃん乗った瞬間大号泣で、えー?みたいな。スタッフさんが走らせていいのか戸惑って、「あのー、そろそろ出発していいですかね?」みたいな感じになってて。 (沖田彩華談)

木下百花「お化け屋敷も無理やから」

[2013年11月4日 チームM「アイドルの夜明け」公演 18時開演]



・壁ドンが得意。その得意な「ローリング汗飛ばしドン」を披露し、汗を周りに飛ばしてしまう。

[2013年11月4日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・なんか、人生間違えたかなって感じよ。もう路線変更できへんやね、ここまで行ったら。だって今の感じでいきなりふぅちゃんに行ったら、今の状態すっごい黒歴史になるからね。

[2013年10月24日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・沖田彩華「百花はめっちゃいい子で、ほんとに。ほんとにいい子で」
木下百花「これ、あのさ、営業妨害になるからやめてもらっていい?」

・矢倉楓子の口にキス(仲直りのキス)

[2013年10月2日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・木下百花「うち、なんか、後輩とか、人見知りなんでね、だいたい嫌いな気持ちから入るんですよ、だいたいね。すっごい警戒するから」
三田麻央「そんな感じ」
木下百花「そしたら、初めてできた後輩、1人からすごい言い寄られるんですよね。それがね、コケシでね」客w
矢倉楓子「コケシになっちゃったやん」
木下百花「なんか、「百花さんすごい好きなんですよ」みたいな。まぁ、初めて後輩にそういうこと言われたんで、「ほー」みたいな」客、軽くw

「ちょっと調子に乗って、絵描いてあげたんですよ」
沖田彩華「捨てた?それ」
三田麻央「まだ持ってる。しかも飾ってる」客、ひゅ~
木下百花「なんかね、全部ガチで気持ち悪くないですか?」客w
三田麻央「違う、でもほんまに百花さんはここ入る前からブログとか見てて。絵上手いのも知ってたし、だから絵描いてもらった時にマジで」
木下百花「あんな変なブログ見てファンなるよな」客w
三田麻央「あの時、最高潮やったよな」
沖田彩華「今なんか更新しないですからね」

[2013年9月17日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・チームMで谷川愛梨・小柳有沙・木下百花の3人だけがガラケーを使っている。

[2013年8月12日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・照井穂乃佳のキャッチフレーズ中にチョッカイかけようとするも、照井に手で払われてしまう。

・(エイプリルフールについて) ウソやろ?って言われた瞬間から一生その人のこと恨むけど

[2013年7月30日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・「(オカマ口調) もう好きにして」

[2013年7月26日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・木下百花『ムカTK』から脱退発表

※ムカTK・・・木下百花、小柳有紗、谷川愛梨による「ちょっとイケてるぜ」みたいな3人グループ

[2013年7月25日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・(ドームコンサートの裏話) 飲み物置き場で飲み物を飲んでいたら、NMB48さんの木下百花さんがやってきまして、初対面にもかかわらず「乾杯!」とやってきたのですごいビックリした。 (駒田京伽談)

[2013年8月26日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 182回目]



・木下はかわいさとかっこ良さを持ち合わせた感じやんな。 (高野祐衣談)

[2013年4月30日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・ 今日は壇蜜さんの写真集を見てきました。だからとっても満タンです。

・木下は女の子が大好物のはずなのに、私にだけめっちゃ当たりきついんですよ。 (高野祐衣談)

[2013年3月28日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・木下百花「(川上をマネて) ハ~イ、アスパラガスの国のお姫様」客w

宇宙一かわいいももにゃんこと木下百花です。アスパラー、ガスガスー、ピカーン」客、拍手
メンバーたち → 盛り上がる
川上礼奈「もう、ちょっとー」
メンバーたち「ケイラ、元気になった?」
與儀ケイラ「めっちゃ元気になった」

[2013年2月17日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・バレンタインデーなんてクソくらえー!

[2013年2月14日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・沖田彩華「今日はももちゃんと大量にみなさんが嫉妬するぐらいスキンシップを取っていきたいなと思うので」
木下百花「1つ間違いがあって。私のファンの方々は嫉妬するっていうか興奮すると思います」

・「三田の立ち位置にはなりたくない」

・三田麻央:「PARTYが始まるよ」公演の初日に落ちたんですよ、私。そん時に、落ちた時に、木下百花さんがプルプルって夜電話かかってきて、すごい凹んでる時に。「もしもし」って言ったら、「三田、落ちたの?」って聞いたんやけど「これからまだまだ先いろいろあるから」っていうアドバイスをすごい言ってくれて。最後のひと言に「これからもいろいろあると思うけど、いつでも電話してきていいから」って言ってきてくれたんです! その時から私は百花さん信者。

・「私が一番欲しいものは現金なんですけど」

・「罵られろ!」

・「今年は絶対にDカップになります! 私は不二子ちゃんになる」

◆木下百花 16歳の生誕祭

・アンコール口上

有志の方「本日2013年2月6日、木下百花さんの16歳のお誕生日です」客、拍手

「昨年、木下百花さんの休業があり、今年の生誕祭はできないのではないか、と思うこともありました。休業中、どれだけ悩み、ここに戻ってきてくれたのか、それを考えると私たちファンとしても非常に嬉しく思い、ここに戻ってきてくれたことを感謝し、今日のアンコールは木下百花さんのコールでお願いします」客、イェー!&拍手

「私がきのしたコールで先導しますので、百花コールで続いてください。本日の公演が木下百花さん、そして本日来られているみなさん、DMMで配信を見られているみなさん、そしてNMB48を応援してくださるすべてのみなさまをいい思い出となれるよう、もう少しだけ力をお貸しください」客、反応

「アンコールいくぞー!」

・進行役は沖田彩華

・お母さんからサプライズで幼少期秘蔵ビデオレターが届く。幼少期の木下百花の映像が流される。木下百花、恥ずかしがる。客席からママ謝る。

・小柳有沙からのお手紙

「百花へ。お誕生日おめでとう。去年に引き続き今年もお手紙読ませていただきます。百花は有沙の数少ないお友達です」客w

「みなさんはライバルだと思えと言うと思うのですが、百花だけはライバルだと思うことができません。百花はどのメンバーよりも有沙のことを心配してくれます(涙) 有沙は不安や怒りを溜め込むタイプで・・・(涙)」客「がんばれ」

「最近それが遂に爆発しました。その時も百花は冷静になり、有沙のことを心配してくれました。あの時はありがとうございました。百花は有沙のことを気に掛けてくれるけど、有沙は百花のことを気に掛けることができませんでした。純情U-19で初選抜に選ばれた時、ウイングメンバーと距離を感じたのか、少しイラっとしてた時も、その時は何も感じなかったけど、今思えば寂しさの裏返しかなと勝手に思っています。不器用じゃけ、人の変化に気づかんので、もし百花が辛くなったら頼って欲しいです。」

「この間、有沙が大学に行くことを決めたら、百花はすごくビックリしていました。若干反対をしたけど、有沙は諦めません。ぶっちゃけ、有沙は今、情緒不安定ですw」客w

「だから本当に百花に頼ることしかできないけど、有沙がしっかり自分の道を選んだら全力で百花を支えに行きます。だからそれまでこんな有沙ですが、よろしくお願いします。百花にとっていい1年でありますように。有沙より」客、拍手

ファンのみなさんにメッセージをお願いします

木下百花「ここは真面目な話をしていこうと思います。NMBに入った時はまだ13歳で、入る前というか、NMBに加入する前は何事に関しても逃げてしまう性格というか。ちょっと待ってくださいね・・・」後ろ向きになり深呼吸(客、がんばれ)

「逃げてしまう性格やったんですけど、これに入ってから、すごいね、嫌なマネージャーにすごいチクチクチクチク言われ出して、もうやめようかなってすごい思ったんですけど、まだここに留まってるっていうことは、やっぱりそのメンバーのみんなとか優しいスタッフさんもいたので」客w

「優しいスタッフさんや、そして何よりこうやって応援してくださってるみなさんがいてくれたからこそだと思います。それで、みなさんの為に私はがんばろうと思って、少しは強くなったかなって思います。もっともっと強くなりたいんで、もうちょっとここにいさせてください。よろしくお願いします。今日はほんとに素敵な、ビデオレターはあれでしたけど」客w

「ほんとに、ありがとうございました」客、拍手&おめでとう

[2013年2月6日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・ステージ復帰。「ライトすごいのと、欲求不満が爆発しそう」

・「今日は男性の方も女性の方も構わず、お乳に注目していきたいと思います」

・「金子さん、おっぱい」

・「天国野郎」間奏

木下百花「どうしたものか 復活しましたー!」客、拍手

「えっ? 休んでる間ですか? グラビア本ばっか見てたな。おっぱいが大きいお姉ちゃん見てるとね、いい休憩になりますよ、ほんと。やっぱ巨乳最高」

・佐藤天彩 卒業発表後

木下百花「そらいちゃん、また泊まりにおいで一緒にお風呂入ろう!」
佐藤天彩「嫌です」
メンバーたち「フラれた」

[2012年12月13日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・(昨日のNHK紅白歌合戦) 人文字する時、後ろにNMB48の木下百花さんがいて、私の匂いをかいできた。 (HKT48・坂口理子談)

[2013年1月1日 HKT48劇場元日公演]



・前回の公演後(DMM初配信後)、金子支配人と相談した。

・チームM公演、DMM2回目の配信。今日も自己紹介から「おっぱい」発言。

・「みなさんおっぱいパワーで今日も盛り上がっていきましょう」

・最後に、捌ける直前に「言い忘れてたことがあります。金子さん、もう1回言います。おっぱい!」

[2012年11月8日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・「リンゴかミカンかやっぱり(ももか!) 木の上よりも木の下が好き、兵庫県出身、15歳、きのしたこと木下百花です」

・「好きなカップはIカップ」

・「今日はですね、配信中ということで、ずっと、ずっと金子さんからちょっと要注意人物として伝えてるんですが、負けません!おっぱい!よろしくお願いします」

・手繋ぎ挨拶後、「金子さん、おっぱい!」ドヤ顔

[2012年11月6日 チームM「アイドルの夜明け」公演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND