FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

NMB48山田菜々 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:山田菜々 (やまだなな)
ニックネーム:なな
生年月日:1992年4月3日
出身地:大阪府
血液型:
デビュー期:1期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
山田菜々 21歳の生誕祭 (2013/05/06、チームN)
NMB48山田菜々 22歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/04/13)

■エピソード集&発言集


・最近KIIのIIを変換できるようになった。

[2014年8月27日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・初めて味噌煮込みうどんを食べる。

山田菜々「今誰かおばちゃんって言ったけど(w) モコさんに失礼ですよ」
加藤智子「なんでモコを巻き添えにするんですか?」
山田菜々「すみません。今日は私初めて「みそにくかこみうどん」を」客w
山下ゆかり「味噌煮込みうどんね」
山田菜々「そう、味噌煮込みうどん食べたんですよ。めっちゃ美味しかったですね」
山下ゆかり「一緒に食べたのかな?みんなとね」
山田菜々「美味しかったです。よろしくお願いします」客w
山下ゆかり「こういうのもありなんだ」

[2014年7月3日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・自己紹介「私は今年は甲子園いきたいと思います! 以上です」

・初共演の阿比留李帆にいじられる

阿比留李帆「先ほどもゆっこが言ってくれたんですけど、急遽出演ということで、私今日は一応お休みの予定だったんで、久々に昼の1時まで寝れるぞと思って、アラームを1時に設定して寝てたんですよ。そしたら、何時か忘れたけどマネージャーさんから電話がかかってきて「出れる?」みたいな言われて、出動しようと思って、ちょっと出動してきたんですけど、今日初めて菜々ちゃんと出演するんですよ。私ね、最近自分のキャッチフレーズの「高まりほモード スイッチオン」が痛いなって自分で思ってきて。二十歳になってこれ痛いなーどうしてと思ってる時に菜々ちゃんが「逮捕しちゃうぞ」って言ってたから、ちょっと元気が出た。22歳で逮捕しちゃうぞって言ってるからね」
山田菜々「ちょっと待って。そんな一緒に初めて立つのにいじります?」客w
阿比留李帆「ちょっと、キャッチフレーズ痛い者同士仲良くしたいなと思いました」客w

[2014年6月21日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 17時開演]



・「おばちゃん」と言われることに敏感

山田菜々「私やったら何かな (おー) 逆にさ、こっちから投げるってそんな生誕祭見たことないですよね」客w
客「飴ちゃん」
山田菜々「飴ちゃんね」
客「おばちゃん」
山田菜々「誰がおばちゃんや!(w) 誰かおばちゃん言ったやろ。おばちゃんには耳が凄いですから。反応しますから、凄く」

・山田菜々は18歳でNMB48に入った時から「おばちゃん」と言われていた。

村瀬紗英「卒業したら何になるの? 菜々ちゃん」
客「おばちゃん」
村瀬紗英「ただのおばちゃんになっちゃうや」
山田菜々「ほんま美瑠のファンはあれですか? 皆さん毒舌ですか? 私22ですけど、やめたらちゃんとタレントさんになりたいなと思ってます」おー&拍手 → 頑張って
村瀬紗英「つっこみも鋭くなって。さっき鋭くなってた、おばちゃんつっこみが」
山田菜々「でもさ、NMB抜けたらさ、おばちゃんって言われへんよな、たぶん」
村瀬紗英「どうすんの?じゃー」
山田菜々「そうなったらそれはそれでちょっと」
村瀬紗英「やめとく?じゃー」
山田菜々「やめはしーひんけど、でもそれはそれで寂しいな。4年間おばちゃんって言われ続けてきましたから。だって考えてん。18歳っていう若さでおばちゃんって言われてたんですよ、私は」客w
三浦亜莉沙「かわいそう」

・山田菜々は面白くなさ過ぎてテレビで泣いたことがある

山田菜々「でも面白くなりたいですね、半年で」
村瀬紗英「頑張って」
三浦亜莉沙「応援してるよ」
山田菜々「なんでそんな他人事(ひとごと)なん。どうなんですか? アイドルってさ、私達NMBはね、大阪で活動して、テレビとか出させてもらって。やっぱ笑いを求められたりするわけじゃん。そこら辺どう思ってるの?」
村瀬紗英「でも笑いを求められてるキャラではないよな、この2人はな」
三浦亜莉沙「そうやねん」
山田菜々「そっか(w) でもじゃーさ、客観的に見て私はどうしたらいいと思う? 私は凄く悩んでるんですよ」
客「そのままでも面白いよ」
村瀬紗英「私何もできないんです、みたいな感じがおもろい。何か見てて」
山田菜々「じゃー普通にしてればいいということですか?」
村瀬紗英「全然このままでいいよ」
山田菜々「ほんまに?」
村瀬紗英「悩んでたん?」
山田菜々「めっちゃ悩んでた。だって泣いたもん(反応) 知ってますか?私テレビで泣いたんですよ、面白くなさ過ぎて」
村瀬紗英「面白くなりたいって泣いたやつ?」
山田菜々「そう、面白くなりたいと思って。いいですかね?別に、このままで」
客「面白いよ」
山田菜々「面白いよって言われてもなんかグサってくんねんな」客w

・土曜はダメよのYOUが藤井さんを呼ぶ時のモノマネを披露するも、微妙

[2014年10月21日 チームM「RESET」公演]



・客と「チームM!」「好っきゃねん!」の掛け合いの前に、山田菜々の提案で、お客さん隣同士手を繋いでもらう

島田玲奈「菜々さんさ、いろんなとこで思うけどそれ好きやんね。すぐ手繋がせたがる」

[2013年10月2日 チームM「アイドルの夜明け」公演]



・私も初めて聞いた時、やっぱりちょっとね、ん?ってなるじゃないですか。ん?ってなる声やから、オーディションの時、番号隣だったんですよ。番号隣やから自己紹介順番にして行ったら、ちょうど山田の自己紹介が聞こえるんですけど、なんか声に耳行き過ぎて、なんて言ったか名前がわからへんくて。 (山本彩談)

◆山田菜々 チームN ラスト出演

・「太宰治を読んだか?」を披露 (山田菜々・山本彩・横山由依)

・ファンへメッセージ
山田菜々「みなさん、今日はほんとにありがとうございます。発表してから、兼任じゃないや、私兼任してない」客w
山本彩「全然してないで」
山田菜々「移籍するって発表してから、1ヶ月ぐらいかな? こうやって最終公演を迎えて、またチームMの初日に向けて練習をするんですけども、チームNで、チームNって1期生かな?みんな」客、軽くw

「あれっ? Nできた時って1期生やったっけ?」
山本彩「1期生ですね。できた時わね」
山田菜々「そうですね。だから、最初の頃から「誰かのために」公演とかも一緒に練習して、だから今日1曲1曲歌う時にね、あー、この曲の時はこんなことを思ってたなとか、こうやったほうが、こうやって先生に褒められたなとか、すごいいっぱい考えてて。大好きな蜃気楼終わった後も、帰ったらまーちゅんが泣いてくれてて。で、この間もTDCホールでする時も「禁じられた2人」のユニットをね、朱里が「菜々ちゃん」って言って抱きついてきてくれたりとか。なんか、みんな普段よく私のこといじるんですけど、でも、私はそれも愛情だと勝手に思ってます」客、軽くw

「ちょっと、ちょっと。でもNとしてたくさん学んだこともあるし、Mに行っても私は私なので、そしてチームは変わりますけど、NMB48としててっぺんを目指すことには変わりは無いです。由依ちゃんが来てくれて、ほんまに由依ちゃんいい人」客w

「ほんまにいい人」
横山由依「そんなことないで」
山田菜々「ほんまにいい人やねん、ほんまに。そう、だから由依ちゃんが来てくれたことで、すごい勉強したこともあるし。だから私もね、由依ちゃんが教えてくれたこともみんなで話し合って、刺激されたこともだんだんチームMに伝えていきたいと思います。そしてチームNに新しく昇格したなるなると愛華ちゃん、たぶん今もきっと2人とも不安と思うんですけど、私は辛い時もみなさんが支えてくれたので、2人もね、大丈夫ですよね」
山本彩「大丈夫です」
山田菜々「チームNはチームNですから、ね。私も心配してないです、チームNって」
山本彩「私が心配やわ、なんか」客w

「大丈夫かな、このまま送っても」
山田菜々「そうやね、私もトークももっと磨いていきたいし、ねぇ、こうやって来てくださるみなさんのことをこれからもたくさん、たくさんというか、もう本当にもっともっと大切に、大切に? なんかみなさんが私のことをそうやって思ってくれるように、私がそれ以上にみなさんに愛を返せるように、もっともっとがんばっていきたいと思いますので、寂しいことではないですので、みなさん、どうか笑顔で送り出してください。チームMに行ってもよろしくお願いします(涙)」客、拍手&声援

「そしてチームN、なんかもうどうでもいいやとか思う時もあったけど、ほんまはやっぱりめっちゃ好きやから」
山本彩「最後にぶっこんでくるな」客w
山田菜々「みんなでなんかね、ケンカとかもしたけど、ねぇ、楽しかったです」
渡辺美優紀「トークやなくて日本語やったな、学ぶの」客w
山田菜々「的確なつっこみですね」

「はい、ありがとうございました」客、拍手

[2013年5月20日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・「あんだけ山田カフェってやってるのに私、AKBカフェから全然声かからないんです」

・自分のフルネームが言えへん、ちゃんと。山田菜々ですってたしかにちょっと言い難いかなと思うんですけど、言えなさ過ぎて、名前変えたほうがいいんちゃう?みたいな (山本彩談)

・紙コップとかに名前を書く時「7」と書く。

・「ずっとSPEEDさんが好きやって、で、そっからモーニング娘。さんとかこういろいろアイドルの方が好きで、今に至るんですけど」

◆山田菜々 21歳の生誕祭

・上西恵からのお手紙

「菜々ちゃんへ。1ヶ月も経っちゃったけど、改めましてお誕生日おめでとう。」

「菜々ちゃんにお手紙は初めてです。正直最初の頃、年上の人とどう接していいかわからない私はなかなか菜々ちゃんと喋れないでいました。そんな時、菜々ちゃんからいろいろ喋りかけてくれて、今では相談もしたりする仲やな。よくご飯にも誘ってくれて。」

「菜々ちゃんはほんまによく見てくれてるというか、恵が辛かったりするとすぐに気づいて「どうしたん?」って訊いてきてくれます。恵がなかなか言い出せなくても無理に聞こうとせず、相談するまで優しく待っといてくれます。」

「去年の総選挙の時、実は入れへんかったことがすごい悔しくて。でもそれを誰にも言えなくて、でもやっぱり辛くて、なんにも思ってない振りしてたけど、たった1人、菜々ちゃんはそんな恵に気づいてくれて、抱きしめにきてくれました。来年は絶対やったるなって言ってくれて、ほんっとうに嬉しかったよ。でも恵は菜々ちゃんが泣いてる時、辛い時、なかなかいい言葉がかけられなくて、せやのにこの前の手紙にも「私の本音で話せるメンバー」なんて書いてくれて、そう思ってくれてるのがほんっとに嬉しいです。」

「どんなにしんどくても、辛くても、ステージ上では絶対に出さずに、最高のパフォーマンスをする菜々ちゃん。私は尊敬しています。よくリハとかDVD見て、菜々ちゃんの表現力を勉強したりするけど、やっぱり菜々ちゃんはほんまにすごいです。私なんかほんまにまだまだです。見えないところですごいたくさん努力してるんだろうなって思います。」

「私がダンスに苦戦してると教えてくれたりもして、あんまり菜々ちゃんに直接言うことは無いけど、たまに泣き虫で、たまに甘えん坊で、寂しがり屋で、がんばり屋さんで、実はNMBイチおバカな菜々ちゃんのことがほんまにめっちゃ大好きです。そして、Mへの移籍も決まったけど、変わらずご飯とかまた行こうね。そしてこの前できんかったお泊りもまたしましょうね。山田カフェのクッキーが私は食べたいです。恵より」客、拍手

・お母さんからのお手紙 (山口夕輝が代読)

「菜々へ。21回目のお誕生日おめでとう。菜々へ手紙を書くのは今回で2回目ですね。前回は菜々の小さい頃からの思い出を書いたと思います。今回はNMB48に入ってからのお母さんから菜々への想いを書きたいと思います。」

「NMB48のオーディションに応募していることもはっきりとわかってなかったお母さんは突然菜々が「お母さん、合格したから一緒に来て」と言われ、最初は冗談を言っているのだと思いました。菜々は高校3年生で専門学校、進学の話も進んでいたのに、菜々は進学せず、私の人生をNMB48にかけてみたいと言いましたよね。お母さんの本音を言うと、専門学校へ進学し、資格を取って、社会人になり、素敵な旦那様を見つけて、結婚するというのがお母さんの理想でした。けど、菜々の小さい頃からの夢だった「世界一のアイドルになる」ということの第一歩なのかなと思い、私の勝手な理想はやめようと思ったよ。」

「それから菜々は全力でがんばってるよね。今の菜々は小さい頃の引っ込み思案はどこに行ったかわからないほど積極的になり、イキイキしているよ。そんな菜々を見ていると、やっぱり菜々の思うようにやらせて良かったと思います。」

「総選挙などのいろいろな現実的を菜々はこれからも乗り越えていかなければなりません。チームMの移籍も菜々が決断したんだよね。

「お母さんは菜々のNMB48への想いを新聞やブログ等で見ました。菜々は本当に自分の人生をかけて、てっぺんを取りに行くんですね。お母さんはそんな菜々をかっこいいと思うし、いっぱいいっぱい応援しているよ。」

「ファンの方のコメントも実は菜々には言ってないけど、こっそり見ています。心温まるコメントばかりで思わず涙が出る時もあります。菜々はこんなにファンのみなさまに愛されて、支えられているのだなと心に染みました。」

「菜々、一度やると決めたからには本気でてっぺん取りに行ってください。あとは振り向かず、前だけを見て進んでください。けど、疲れた時はお母さんにだけは疲れたよって言っていいよ。その時はよしよしってしてあげるね。前進あるのみです。」

「ファンのみなさま、菜々に関わるスタッフのみなさま、素敵な生誕祭をありがとうございます。これからも菜々を支えてやってください。よろしくお願いします。菜々、これからも体に気をつけてがんばりなさいよ。P.S. 少し早い母の日のプレゼントありがとう。アロマランプで癒されてますよ。お母さんより」

・ファンのみなさんにひと言
山田菜々「えっとですね、今日はみなさん、ゴールデンウィークで、ちょっとね、みなさんもお仕事とかお休みと思うんですけども、そんな中わざわざお集まりいただき本当にありがとうございます。待って、鼻水出てくる、下向いたら」客、軽くw
木下春奈「吸い込んで、吸い込んで」客「ちょうだい」
山田菜々「あげない」
山口夕輝「誰?今「ちょうだい」って言ったん」客w
小笠原茉由「5千円から」客w
山口夕輝「オーディション(しなくて)いいよ。「はい」じゃない、みんなも」
山田菜々「ダメダメ」
木下春奈「ノリいいやん、みんな今日」
山田菜々「そして、モニターとかDMM配信を見てくださっているみなさんも本当にありがとうございます。えっとですね、私21歳になって、何言おうかなと思ってたんですね。でも、最近、私ね、さっきもけいっちの手紙にもありましたけど、バカなんですよ、ほんとに」客w&知ってるよ
山口夕輝「誰も否定しませんよ、菜々ちゃん」
山田菜々「なんか、たぶん学校の勉強ができないバカとかももちろんあるんですけど、私自分のことをプロデュースするっていうことがすごく苦手で。なんかこうしたら、きっと得すんねやろうなとか、こうしたら損すんねやろうなっていうことが、21歳なのに、あまり、よくどうしたらいいかわかんないんですよ、やってて」
メンバーたち「できてる」
山田菜々「できてる? ありがとう。で、どうしようと思ってて。東京で「げいにん!」っていうね、番組をやらせていただいて、その中でアドリブコーナーがあったりだとかして、菜々ちゃんってきっとバカなんやって思って、その時に思った方もいらっしゃると思うんですけど、ちょっと待って、その話は置いといて」客w&反応

「すみません。あのね、そうだから、どうしたらいいかわかんないんですよ、ほんとに。なんか特に、話題性も無いじゃないですか、私」
メンバーたち「声がある、声が」
山田菜々「でもね、でもね、あんだけ山田カフェってやってるのに私、AKBカフェから全然声かからないんです」客w&拍手
山本彩「それはたぶん山田カフェって言っちゃってるからやで」
山田菜々「そうかな?」
誰か「クオリティの問題やろ」
山口夕輝「次からやる時、AKBカフェでやったんいいんじゃない」
木下春奈「訪問しに行ったら? 見せに」
近藤里奈「菜々ちゃん、今ここで言ったら、たぶん、AKBさんに耳が行くと思うから」
山田菜々「ほんまに?」
近藤里奈「今言っといたほうがいいと思う」
山田菜々「あの、店長さん、私のもん、何か作らせてください」客、軽くw → 拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。今日はね、これを言ってやろうと思ってたんですよ、ずっと。だからですね、そうやってどうしたらいいんやろうって今でも思ってるんですけど、コメントになんか、「悪いように言ったらバカやけど、いいように言ったら素直な菜々ちゃんが、そのままの感じが好きだよ」ってコメントにね、書いてくださってるのを見て、あっ、私、このままでもいいんかなって思ったんですよ。でも、今関西ではおはよう朝日さんですとか、あとNMBとまなぶくんと、土曜はダメよと、あとラジオはね、NMB48学園というのをさせていただいたりとか、関西でもすごくおばあちゃんとかおじいちゃんも私のことを知ってくださってる方がいたりとかして、すごく嬉しくて、それが。なんか自分の強味になるというか、あっ、こんなにも街に出たら声をかけてくれるねんなって、思うことが私の中ですごい、根拠の無い自信ですけど、それが自分の自信になったりとか、だからこれからはもっともっと全国にも出て行けるようにしないといけないなと思ってます。そしてチームMに移籍しますが、Nは大丈夫です。。」
木下春奈「泣きそうなるやんけ、そんな言ったら」
山田菜々「Nは大丈夫です。そ、なんかよく握手会とかコメントでも、こうみなさん、きっと私のこともメンバーのこともすごく心配してくださってて、なんか、ほんとにコメントから伝わることだったりとか、握手会で直接みなさんの気持ちを言ってくださったりとかして、いっぱいいっぱい考えたんですけど、でもやっぱり、私はずーっとチームNとしてやってきたので、わかります。さや姉を筆頭に、今は、もうみんなが自分でちゃんとやらないとって、きっと思ってるし、絶対大丈夫だと思います。だから私はMに行って、Mのメンバーともっともっと上に上がって、そして私自身もたくさんMからも学ばせてもらうこともいっぱいあると思うので、それも学んで、またNMBとして、何か繋げていけたらいいなと思います」

「グチャグチャになっちゃいましたけども、私は、女優さんになるのが夢です」
木下春奈「この前ラジオドラマって言ってなかった?」客w
山田菜々「言ったっけ?」
木下春奈「言った言った」
山田菜々「でもね、演じることが楽しいんですよ。さっきの小池だったりとか、あとは蜃気楼とか、そうやって私がこう自分で考えて表現したことを褒めてくださることが、きっと自分の中で何よりも嬉しいんですよ。本当に楽しくて、それが。だから、そういうお仕事をこれからできたらいいなと思います。なので、まだまだそこに行けるのはいつかはわからないですけども、今はもっともっとたくさんテレビとかラジオとか雑誌とかに出れるようになって、そして、夢を叶えられたらいいなと思っているので、はい・・・」客「菜々ちゃんてっぺん取ったるかい!」

「そうですよ。私、私はNMBで、NMBでというかNMB48でてっぺんを取りたい」客、拍手

「まずはここにいるみんなとてっぺんを取りに紅白歌合戦に出場できるように、まだまだね、がんばらないといけないですから、それももちろんがんばります。そして、そこから何か私の将来にも繋げていけるように私自身ももっともっと考えて、考えて、でも自分らしくやっていけたらいいなと思っています。なのでみなさんこれからも温かく見守っていただければ嬉しいと思います。そして今日は素敵な生誕祭を、来れなかったみなさんも、今日ここに来てくださったみなさんも本当に本当にありがとうございました。またこうやってみなさんに会えたら嬉しいなと思っていますので・・・。まとめられへんから」客w
木下春奈「そうですね、ではバトンタッチしましょうか?」
山田菜々「はい」
木下春奈「じゃ~ね、ちょっとグチャグチャになっちゃったと思うんですけど。どういうこと? Nの最年長から最年少にバトンタッチするってどういうこと? 今のうちに涙を流して。春奈も泣きそうになってきた。まぁね、ちょっとグチャグチャになっちゃったと思うんですけど、菜々ちゃんのまっすぐな想いがみなさんに届いたと思います。菜々ちゃん、チームMに移籍することが決まったんですけど、チームは変わってもNMB48で先ほども言ったようにてっぺんを取りに行きたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

[2013年5月6日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・今日この始まる寸前に佳奈子が春奈の元に走ってきて、何言うんかなと思ったら、「さっき、菜々ちゃんが通り過ぎた瞬間、色鉛筆の匂いした」って言うんです。 (木下春奈談)

・ヘリウムガスみたいな声で、よくメンバーに真似されてしまう。

・カラスのモノマネが上手い。

[2013年3月27日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・私は一昨年にAKB48さんと一緒に被災地へ訪問させていただきました。その時、悲しかったことや辛かったことが起こった光景を目の前にして言葉が何も出てこなくなりました。。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・昨日と一昨日チーズケーキとガトーショコラを作ったんですね。めちゃくちゃ美味しかってんけど、だから、それをね、ブログで書かせていただいて、それを山田カフェっていう題名にしたんですよ。だから、いずれは山田カフェなんでできたらいいなっていう私の新たな目標ができたので、お料理のほうもがんばります!

・私いじられて伸びるタイプなんです。

[2013年2月23日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・「ちゃぷちゃぷしよ♪」披露するも、客席から笑い声。「今のは二十歳の色気をみなさんにドゥワーって出そうと思ったらあんな結果になっちゃった」

・ラストソング後に、一本締めをした後に、手繋ぎ挨拶せずに帰ろうとして、メンバーにあれこれつっこまれる。

[2012年12月26日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・もし宝くじで一等賞が当たったら、とりあえず自転車が欲しい。

・下ネタ発言し、客から「しもなな」と言われる。

[2012年12月20日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・自分のご身分をわかってるのか知らないけど、ちょくちょくかわい子ぶってくるが、シーンとなってしまう。どうしていいかわからへんくなる。後処理が困る。 (小谷里歩談)

・「いつもおばちゃんおばちゃんって言われるからさ、たまにはかわいいのぶっこんどかないとダメでしょ」

[2012年11月7日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・キャッチフレーズ「事件だよ!『ナナナー ナナナー ナーナー』みんなのハートを逮捕しちゃうぞ♪ 大阪府出身、二十歳の山田菜々です」

・撮影の時のポーズ、よくクセでフグの顔をする。最近そのフグの顔がよく使われる。

・メンバーや客によく「おばちゃん」と言われる。おばちゃん言われると「誰がおばちゃんや」と返すのがお約束。

・かわいいって言われたら目が輝くよね。 (小笠原茉由談)

[2012年11月5日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND