FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

NMB48小谷里歩 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:小谷里歩 (こたにりほ)
ニックネーム:りぽぽ
生年月日:1994年8月24日
出身地:京都府
血液型:
デビュー期:1期
Google+


■キャッチフレーズ


小谷里歩ファースト写真集『蛇口』 9月15日発売決定!

小谷里歩ファースト写真集『蛇口』


『新世代トークアプリ755×BOMB ソロ写真集出版権争奪ウォッチ祭り! 』で優勝したNMB48 チームNの“りぽぽ"こと小谷里歩、待望の初ソロ写真集!
大阪の下町の古アパートでの暮らしをイメージして撮影したパート、沖縄のビーチでアイドルの王道ともいえる笑顔とビキニ姿を撮影したパートが織り成す“りぽぽ"ののシンデレラストーリー!
台所のシンクの蛇口で洗髪するショットをはじめ、NMB48の地元・大阪の天神橋筋商店街で着ぐるみ姿でティッシュ配りをする姿や、港の倉庫、お化け屋敷、鶴橋の人気焼肉店などのほか
「そんなところでビキニになる!?」という異色のシチュエーションで撮影されたサプライズカットも満載です。

「写真集を見て笑ったのは、初めてだ。
どこで何をしていたって、りぽぽは可愛い」―――― 秋元康

【特別付録】
特製大判両面ポスター1枚(全4種類のうち1枚封入)


【小谷里歩コメント】
「最初に企画を聞いたときは不安しかありませんでしたけど(笑)、どれも雰囲気があって、面白い写真になりました。商店街の着ぐるみも私がじゃんけん大会で着たものだし、ほんま私の個性が出てる写真集になってるからファンの皆さんには喜んでいただけると思うし、私のことを知らない人にも写真集として楽しんでもらえると思います。想像の斜め上を行くような作品になったけど(笑)、はっきり言って、自信作です! 」
著者について
小谷里歩(こたに・りほ)1994年(平成6年)8月24日生まれ、京都府出身。
2010年、大阪・なんばを拠点とするアイドルグループNMB48に第一期生として加入。
チームN所属。身長147cm。ニックネームはりぽぽ。

amazon
楽天ブックス



■生誕祭レポート
小谷里歩 19歳の生誕祭 (2013/09/04、チームN)
NMB48小谷里歩 20歳の生誕祭(Google+)
『真夏にサンタさんが大量発生』 NMB48小谷里歩 20歳の生誕祭
【NMB48劇場】 小谷里歩 20歳の生誕祭 (2014/08/24、17時30分開演、チームN)
【AKB48劇場】 小谷里歩 20歳の生誕祭(Google+)
【AKB48劇場】 小谷里歩 20歳の生誕祭 「やんわりした感じで・・・」
【AKB48劇場】 小谷里歩 20歳の生誕祭 (2014/08/29、AKB48チーム4)


NMB48小谷里歩、最後の握手会が終了 (1月31日)

160131ripopo01.jpg


【速報版】 小谷里歩 卒業公演レポート 『明日より三秋里歩に改名』

160204ripopo01.png

■エピソード集&発言集


■小谷里歩 20歳の生誕祭

◆客が全員アンコールからサンタキャップを被る

◆進行役は上西恵

お母さんからのお手紙

「里歩へ

20歳のお誕生日おめでとう。遂に大人の仲間入りをしましたね。

二十歳を超えたということは人生の中でも大きな節目を迎えたということになると思います。この大きな節目を迎えて自分がどうなりたいか、どうしたいか、何をするべきかをもう一度見つめ直して考え直すいい機会だと思います。

自分の殻を破り脱皮して、もう一段階段を登る自信と勇気を持ってください。一気に駆け上がることは不得意かもしれません。でも一段一段踏み外さないように自分のペースで上っていくことができるはずだと信じています。そうすれば未来は明らかにいい方向に進んでいる、になるでしょう。

里歩とのやり取りのメールの最後には「お母さんはいつも自信をもって」と書きますよね。なかなか自信の持てない里歩にもっと自信を持って欲しいと思っています。自信と一言で言っても難しいと思いますが、AKBグループで活動させていただいていることへの自信と誇り、その自信と誇りを常に心に持ち続け行動して欲しいと思います。

NMBに合格してから今日まで本当にいろいろなことがありました。泣いた時もあったけれど、それ以上に嬉しかったこともたくさんありました。最近では「何度も狙え!」の曲を歌わせていただけたこと、独演会をさせていただけること、AKB48チーム4へ兼任をさせていただけていること、二度目の兼任をさせていただいて勉強させていただけてること、AKBグループになくてはならない存在に成長してくれることを願っています。

そして、ずっと目標にしてきた総選挙でのランクインをファンの皆様のお力で叶えてくださったこと、この場をお借りして私からも皆様本当にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

今日の生誕祭をもそうですが皆さんはいつも娘を応援して勇気づけ励ましパワーをくださる、そしてその応援は娘だけではなく心配ばかりしている私たちの心をも救ってくださっている、本当に幸せでありがたいことだと感謝をしております。里歩がもしこの道に進めていなければ、里歩の人生にこれだけたくさんの方々に出会えることはなかったでしょう。応援していただける皆様、メンバー・スタッフの皆さんに出会えたことを感謝しなければいけませんね。日々の感謝をする気持ち、謙虚な気持ち、努力し続ける強さ、思いやりの心を大切にしてください。総選挙で「信じた努力は報われる」とたかみなさんがおっしゃっていたように、努力は信じながら自然とするものだと思います。努力をしていないメンバーなんていないと思います。AKBグループも人生もそんな甘いものじゃない、だから頑張れる。

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今既に十分長い手紙になっていますので、ここで止めておいた方がよさそうですね。

もう一つだけ、お母さんは仕事に行く時についつい「♪これが AKBフェスティバル」などと歌いながら自転車を漕いでいます(w) 秋元先生の書かれる歌は気がつけば好きになってしまっていて、この歳になってからアイドルの歌を口ずさむなんて、楽しみが増えたことも里歩に御礼を言わなければなりません。ありがとう。

最後になりますが、応援していただけている皆様、メンバーの皆さん、スタッフの皆様、今日は本当にありがとうございました。今日で20歳になってはいますが、まだまだ未熟な娘をどうぞよろしくお願いします。母より」拍手

小笠原茉由からのお手紙

山本彩「里歩ちゃんへ

20歳のお誕生日おめでとう。やっと飲みに行けるな。この日をどんだけ楽しみにしていたか。

里歩ちゃんと出会ってから8月24日は私にとっても特別な日になりました。「誕生日プレゼントをどうしよう」とか「今年もお手紙書けるかな?」とか。でも、二十歳の節目となる誕生日にまさか茉由がAKBになってて、一緒にNMBの劇場でお祝いできてないとは思わんかったぜ!

「組閣祭りがあってからなかなか会われへんくなるなー」なんて話してたけど、けっこういい感じに会えてるよな。でも、いろいろな現場に行くと、たまに「なんで里歩ちゃんおらんの? どこおるん?」とか思ってしまいます。親離れみたいに里歩ちゃん離れがなかなかできません。まぁでもこれはお互いかな?なんて思ってます(笑)

『俺ら。』のみんなでお誕生日パーティー行きたいな。でも、調子乗ってお酒飲みすぎたらあかんで。げぽぽになんで」客w
小谷里歩「わかった。気をつける」
山本彩「でも、調子乗るな言うたら?」
小谷里歩・岸野里香・山口夕輝「乗る~!」
山本彩「飲むな言うたら?」
小谷里歩・岸野里香・山口夕輝「飲む~!」
山本彩「それが?
小谷里歩・岸野里香・山口夕輝「俺ら!」拍手
山本彩「ありがとうございます(みんなで言ってね♪)

やからとりあえず楽しみにしてます。

これまでいろいろなことがあったと思うけど、今、里歩ちゃんは明らかに良い方向へ進んでいると思います。これはマジです。

ただ、NMBとAKBの兼任で大変な時もあったりするやろうし、なんでもない相談事でも何でも言ってな。お泊りにもいっぱい来てね。むしろ住んでね」客w
小谷里歩「そう、いつも言ってるんです、住むわって」
山本彩「ほんでいつか晩酌しよう(笑) なんかお酒の話ばっかりやな(w) ごめん、無意識無意識。

いやー、それにしてもほんまにいつもありがとう。これからも末永くよろしく。絶対ちゅぽぽで何かデビューしよな。これはずっと言ってるけど、リアルにまずアニメのエンディングテーマソングから狙っていこう」客w
小谷里歩「妖怪ウォッチッチ」
山本彩「また、このことについても計画立てよう。じゃあまた。まーちゅんより」

二十歳を迎えたりぽぽから皆さんにお手紙

小谷里歩「そうそう、忘れるからな、言うことをな。書いてきたんですよ」

「まずDMM配信を見てくださっている皆さん、りぃちゃ~ん!」
山本彩「そうやな、YNNで」
小谷里歩「ありがとう、りぃちゃん。あとみんなもありがとう」客w
山本彩「先そっちやで」
小谷里歩「そして、今日この公演、そしてロビー観覧に来てくださった皆さん、生誕委員をはじめとする私のために素敵な生誕祭を準備してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

皆さんには私を応援しててハッピーな気持ちになって欲しいです。そのために皆さんを悲しませないようにいつも向上心を持って、いい報告ができるようにと頑張ることができます。

総選挙では皆さんが本当に一生懸命になってくださって、念願の初ランクインができました。その節はありがとうございました(軽くw)

こういう感じで皆さんと頑張り合いっこして、握手会で報告し合うのが私は凄くハッピーな気持ちになれます。

最近はテレビの左側や草なぎ剛さんとか髪の毛ピンクの女の子(木下百花)の横とかで映ったり、運良く映り込むことが多くなりました。この調子でどんどん映り込んでいって、いずれはちゃんと映してもらえるように頑張ります(w)

今日で私は20歳になりました。これからどんどん素敵な女性になる私をこれからも好きでいてください。今日は本当にありがとうございました。りぽぽより」拍手

山本彩「今日しかもあれやねんな、生誕祭ということで、苦手やけどりぽぽがポニーテールしたんですって」拍手
メンバーたち「可愛い」
小谷里歩「そう、握手会でね、ポニーテールしてって言ってもらうねんけど、頭痛くなるから嫌やって言って(w) 1回もしたことなくって。嬉しいやろ」客w
山本彩「何でそんな上からやねん、ちょいちょいよ」
小谷里歩「ありがとうございます。サンタさんの帽子私も嬉しかったからおあいこです、ありがとうございます」

上西恵「いい生誕祭でしたね」
吉田朱里「二十歳やで、りぽぽが」
小谷里歩「でもな、私の家みんなお酒弱くてな、一杯とかで吐いちゃうらしいねんか。だからちょっと、ごめんな、みんな吐いたら」客w
メンバーたち「げぽぽ」

◆公演後の感想(オンデマンド)

山本彩「途中でさ、ファンの人がみんなサンタさんの帽子被ってたやんか。それも単純にビックリやってんけど、真夏みたいな。その後にイビサ歌いながらその景色見て「なんやねんこの環境」って。矛盾やった」
小谷里歩「でもクリスマスが1年の中で一番好きやから、それを知ってて」

[2014年8月24日 チームN「ここにだって天使はいる」公演 17時30分開演]



・心配性でいつもお数珠やお塩などを持ち歩いている。大事に巾着袋に入れている。

小谷里歩「私は、お数珠とかお塩持ってたら変って言われる」
吉田朱里「心配やねんな」
太田夢莉「里歩さん、ほんまに持ってるんですか?」
小谷里歩「持ってんねんけどさ、もうかれこれ4年一緒にいるからさ、今さら「変やな」とか言う?」
吉田朱里「確かに1期生はだんだんさ、暗黙の了解みたいなとこあるけどさ」
太田夢莉「あれキャラだと思ってました」
小谷里歩「違うよ」
吉田朱里「里歩ちゃん、大事に巾着袋に縛って全部まとめて入れてんねんな」
小谷里歩「入れてる」
吉田朱里「そうなんですよね。でもちょっと、何やろうなって思うとこはまだあるけどね」
小谷里歩「でも広まってきてんねん、ゆっぴとか菜々ちゃんとかも持ち始めて」
メンバーたち「へー」

[2014年7月29日 チームN「ここにだって天使はいる」公演]



・「私は今日ちょっと賞味期限切れたヨーグルト食べて凄く今不安です」

・ユニット「何度も狙え!」でお盆をお客さんの席に落としてしまう。

木下春奈「ユニットの「何度も狙え!」が今日史上最強におもしろくてですね、まさかのりぽぽがお盆をお客さんの席に落とすっていうハプニングがありまして、で、みんな笑いすぎて、ここにマイクあるもんやからヒーヒー言ってた。流れてるんじゃないでしょうか。是非注目していただきたい」(オンデマンド感想)

[2014年3月25日 チーム「ここにだって天使はいる」公演]



・里歩私の家にいっつもくんねんけど、(中腰で)「恐れ入りますー」って。腰ひくっみたいな。 (山本彩談)

[2013年9月24日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・りぽぽは一番オーディションからの印象が一番変わった人やと思う。オーディションの時はすっごいめっちゃキレイな美人さんって感じで、今も美人やけど、近寄りがたそうやなと思ってたけど、今は全然。めっちゃ仲良しやな。 (上西恵談)

・上西恵「里歩ちゃんのこと推しメンやから」
小谷里歩「それは信じてない」客w

・上西恵、今後、小谷のGoogle+投稿すべてにコメントすると宣言。

・お風呂全開で入る。 (吉田朱里談)

小笠原茉由「里歩ちゃん、お風呂危険やねんな。5分以上おったら危険やねん」
古賀成美「短くないですか?」
小谷里歩「なんか、水場は危ないから」客、軽くw

「あんまり長くいーひんようにしてる」
吉田朱里「なんか、その時のために目とか顔洗う時、洗顔する時、片一方ずつ洗うんですよ」
小谷里歩「背中とか危ないから周りながらやってる、こうやって」客w

◆小谷里歩 19歳の生誕祭

・ファンから大きな花束がプレゼントされる

小谷里歩「毎年もらったお花はドライフラワーにして、もう2年分溜まってるんですけど、これドライフラワーできるかな?」客w

・門脇佳奈子からのお手紙

門脇佳奈子「里歩ちゃんへ。ちょっと遅いけど、お誕生日おめでとう。

まず初めに里歩ちゃんに謝りたいことがあります。それはですね、誕生日の日にみんなでサプライズで持って行ったケーキ、どさくさに紛れて先に食べちゃいました(w)

ほんまに申し訳ない。」
小谷里歩「気づいてました」客、軽くw

「美味しかったな、でも」
門脇佳奈子「美味しかった。ごめんな。ほんまに申し訳ないと思ってます。

さー、本題に入りまして。佳奈子がちょっと悩んだりしたら、嫌な顔ひとつせず相談に乗ってくれる里歩ちゃん、差し入れを2つ目食べようとしても、みんなに黙っててくれる里歩ちゃん、メイクが大好きで、意外と乙女な里歩ちゃん、どの里歩ちゃんも大好きやし、尊敬もしてます。

最近は里歩も年上組やからって、まとめてくれたり、みんなに一喝入れてくれたり、ほんまにすごいっていつも思ってるよ。

里歩ちゃんにとって最高な幸せな1日になりますように。最後に。里歩ちゃんにプレゼントがあります。今日買いたてホヤホヤの絵が上手になる絵本。ちょっと待っててな(いったん捌ける)」
小谷里歩「何それ? 絵が上手になる絵本? それヘタクソやから?里歩が」客w
門脇佳奈子「渡すタイミングが遅れちゃって」
岸野里香「これ佳奈子が個人的に買ったやつ?」
門脇佳奈子「個人的に買ったやつ」
岸野里香「里佳も渡すからな」
小谷里歩「ありがとう。あとでいただく」
門脇佳奈子「まず手紙から。そしてですね、ちょっとこのプレゼントは里歩ちゃんが大好きなキャラクターが、上手になる本やねんけど」
岸野里香「照明をうまいこと使って透かして見るなよ」
小谷里歩「夢いっぱいのキャラクターや」
門脇佳奈子「そう、夢いっぱいの、夢の国のキャラクターが上手になる本なんですけど、ちょっと詳しくはまたブログか何かでみなさんチェックしてください。ごめんなさい、個人的で。お誕生日おめでとう」客、おめでとう&拍手

山口夕輝「りぽぽへ。お誕生日おめでとう。

りぽぽの第一印象は、きつそう。オーディションの時に1人で怖~い顔してたのを遠巻きに見たのが私のりぽぽとの初めての出会いです。今思えばヘタレりぽぽがオーディションで緊張してた姿がそう見えたんだなーって思うとなんか笑えます。

初めて話したのはレッスンの帰り道。クールでしっかりしてそうなりぽぽのカバンの中からチラっと見えた電車の乗り換え表。しかもめっちゃ細かく書いてて、きっちりファイリングしてて、この子電車乗られへん子なんやと思いながらも「几帳面やねんな。めっちゃキレイにファイリングされてる」って言ったのが初めてでした。「うん、里歩電車無理やねん」って返事が返ってきた時は「あー、やっぱりな」と思った半面、なんか不思議な子で、仲良くなりたいと思いました。

そんなりぽぽは公演の初日メンバーに選ばれなくても、誰よりも練習して、チームNに入ったし、チームAさんの兼任も弱音ひとつ出さず、やり遂げて、特典映像のヘタレ対決も独演会も全部成功して、本当にすごいです。

それに、それだけのことをしていながら、威張らないのがりぽぽのもっとすごいところだと思います。普段は何か感動することや、ポっと頭に浮かんだことを大声で叫んでしまったり、高い所やお化けが大っ嫌いなビビリのお調子者なりぽぽですが、本当は芯がしっかりしてて、いつもブレなくて、尊敬しています。

今年は19歳。りぽぽのお調子者で、ビビリで、芯がしっかりしているところを残しつつ、今よりもっともっと素敵なりぽぽになってください。

大好きです。本当に本当におめでとう。ゆっぴより」客、拍手

「P.S. マネージャーさんに懇願されたので、海遊館のシールをいっぱい貼っておきました」

・ファンのみなさんにひと言お願いします

小谷里歩「みなさまさっきも言ったんですけど、大変な天気の中、ありがとうございます。あの、モニターのみなさんもありがとうございます。

あの、私はちょっとモバイルメールというのがあるじゃないですか。宣伝じゃないんですけど、全然。あの、真面目なことはそれに書いてるので、ちょっと真面目なりぽぽが見たかったらモバイルメール取ってください」客w
小笠原茉由「なんで上からやねん」
小谷里歩「だからちょっと今日はあんまり真面目なこと喋らんどこうと思うんですけど。なんか、自分で言うのもなんですけど、勘違いされやすいと思うんですよ、私は。やのに、勘違いしないでいてくれてるみなさんがすごくいい人と思ってます、いつも。ありがとうございます」客、軽くw
岸野里香「言ったぜ、みたいな」
小谷里歩「19歳も20歳に向けてがんばるので、よろしくお願いします」客、拍手

[2013年9月4日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・は山瀬まみさん的なポジションを狙ってる。

[2014年9月19日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・居酒屋エピソード

小谷里歩「前に東京でお泊りに来た時にメンバーといたんですよ。山田菜々ちゃんと私とあとまーちゅんで歩いてて、居酒屋さん入れるかな、みたいな話になって。居酒屋さんのご飯が大好きで、どうしても食べたくて、入れるかなってやって入ろうとしたらまーちゅんが引っ掛かっちゃって。小さく見えたらしくて、それでNMBのオフィシャルホームページを見せて」客w
大森美優「そこまで?」
茂木忍「身分証明がオフィシャルサイトって凄いですね」
小谷里歩「免許とか持ってないから、「この人!この人!」みたいな。それで入れてもらったことがあります」

・特技は犬を元気にすること

岩立沙穂「私も質問があるんだけどいいですか? この間NMB48の公式ホームページでプロフィールを見たんですよ。そしたら特技に犬を元気にすることって書いてあって」客w
メンバーたち「何それ?」
岩立沙穂「すっごい気になっちゃって」
小谷里歩「犬8匹飼ってて。やっぱり中にはちょっとおじいちゃんの犬とかいるんですよ。そのおじいちゃんの犬をビックリするぐらい元気にさせれる。いっつも寝てるんやけど、めっちゃ起こして、「おい、おい、遊ぼう遊ぼう」みたいな感じでやったらおもちゃ持って走り出したりして。そういう力持ってる」客w
岩立沙穂「すっごい特技だ」
小谷里歩「犬大好きで」

■小谷里歩 20歳の生誕祭

◆進行役は小林茉里奈

横山由依からのお手紙

「里歩ちゃんへ

二十歳の誕生日おめでとう。

里歩ちゃんのことはNMBができた時に握手会でファンの方が「京都出身の子が入ったよ」って教えてくれて、知ってたよ。

それからしばらくして、一緒のタイミングで私がNMBと兼任したり、里歩ちゃんがチームAを兼任したりする中で「はんなりーず」として仲良くなったよね。

里歩ちゃんはめちゃくちゃ頑張り屋さんと思う。それは里歩ちゃんがチームAを兼任している時に凄く思ったよ。時間もないし、慣れない環境やったと思うけど、ずっとDVDを見たり、ずっと練習をしている里歩ちゃんを見て、私も負けてられない、頑張ろうって思えたよ。ありがとう。

そんな頑張り屋さんの里歩ちゃんやけど、普段のシュールな面白さは48グループの、いや京都人の誇りやと思う。

その魅力的なシュールな面白さを武器にNMBの劇場で独演会が決まった時も、不安を口にして「ゲストとして来てくださいよー」って言ってた割に、しっかりやりきって、ちゃっかり3回も独演会をしている里歩ちゃんは、チャンスは自分で掴むものだということを身をもって証明してくれてます。

ヘタレで、自信がなくて、ネガティブなことも言うけど、結果を残す里歩ちゃんはチームAの後輩メンバーから凄く慕われてたのが印象的でした。

里歩ちゃんは最近どんどんキレイになるし、リクエストアワーで1人でMCをしたり、着実に前に進んでいる姿は妹を見る姉の気持ちでほんまに嬉しいよ。

いつも「ご飯行こう」とか「お泊まり来て」とか言ってるけど、数回しか達成してないから今年中に絶対行こう。

募る思いはいっぱいあるけれど、長くなると「話だけじゃなくて手紙も長いのか」と嫌がられそうやから(w) ここら辺で終わりにします。

最後に、私と里歩ちゃんのはんなりーずで一緒に京都関連のお仕事ができることを目標に頑張ろうね。

記念すべき二十歳の生誕祭にお手紙を書かせてもらえて嬉しかった。

お誕生日おめでとう。これからもよろしくね。

里歩ちゃん大好き。

AKB48チームK 横山由依」拍手

小林茉里奈「横山さんからでしたけど、どうですか? はんなりーず」
小谷里歩「そうそうそう、組んだ組んだ」客w
小林茉里奈「いつの間に。私、チームAで一緒だったんですけど、はんなりーずの存在を手紙で知ったという」
小谷里歩「関西で活動してたから、はんなりーずは」
小林茉里奈「そろそろ東京進出に」
小谷里歩「いいかな? ゆいはん1人で京都で番組やってたからさ、今度こそは一緒にできるように頑張ります」

この二十歳の1年はどんな1年にしていきたいですか?

小谷里歩「やっぱり、2度目の兼任で、チーム4ということはちょっと成長を期待されてるのかなと思いまして。だから全部の期待に応えれるようになりたいなと思ってるし、20歳やからチーム4でお姉さん的存在になって、やっぱりチーム力を深めていきたいなと思っております。

あと、欲張りなんですけど、NMBでもAKBでもグループを背負うメンバーになれたらなと(おー&拍手) 思ってるんですけど、まゆゆさんみたいにセンターとか、たかみなさんみたいに総監督じゃなくて、「りぽぽいないとなんかあかんよな」っていう、やんわりした感じで(w)

あんまり責任感のないだんてん(?)で、頑張っていきたいと思います、20歳は。そんな感じです」

ファンの皆さんにひと言お願いします

小谷里歩「今日はほんとに、いっぱい名前とか呼んでくださって、素敵な時間をありがとうございました。

大阪でも東京でも生誕祭があって、きっと皆さん大変だったんじゃないですか。やのにそうやっていつも一生懸命に私になってくださって、凄くありがたく思っています。なので私も皆さんにこれからも一生懸命になります。だから、これからもいい関係でいましょう。今日は本当にありがとうございました」拍手

[2014年8月29日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・宣伝するんですけど。7月28日にここで独演会するの知ってますよね? そのチケットが500円で販売開始になったので。私はタダにしてくださいって言ったんですけど、500円は取るっていうことなので、その分喋るのがんばるので、みなさん応募してください。よろしくお願いします。

[2013年7月22日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・飼い犬の名前はヨーダ。「私はもっとかわいい名前が良かったのに、お父さんが勝手に呼んでて」

・りぽぽさんとはほんとにチームAに兼任されるまでまったくと言っていいほどお会いしたことも無かったんですよね。お話したこともなくて。それでどんな人なんだろうなと思って、最初は私も人見知りなもので、あんまりお話しなかったんですけど、チームAメンバーでご飯に行った帰りに、ちょうど帰り道が2人一緒だったんですよ。2人で話してる時にどっちも犬を飼ってるっていう事実が発覚して、それからなんかお話するようになりましたよね。 (岩田華怜談)

岩田華怜「そうなんですよ。それでお互いの犬の話をして、りぽぽさんの犬がヨーダっていう名前とか」
メンバーたち「ヨーダ?」
佐藤すみれ「あのヨーダだよね?」
小谷里歩「そう、そのヨーダなんです」客w
佐藤すみれ「似てるってこと?」
小谷里歩「そう、似てて、私はもっとかわいい名前が良かったのに、お父さんが勝手に呼んでて」
岩田華怜「私が飼っている犬もビリーっていうんですけど、ビリーも父親が勝手につけたんですよ。その共通点で、すごい共感できました」

小谷里歩 送る会

・劇場に来れなかった横山由依と電話で会話。

・篠田麻里子「あの、りぽぽは「チームAに入って、私ってほんとに役に立ったんでしょうか?」ってすごい心配してたけど、私にとってはすごいりぽぽは役に立ったっていう言い方じゃなくて、居てくれてほんとに良かったし、居てくれたから今のチームAはこんなアットホームなチームAがほんとにあると思ってます。で、りぽぽは難波、NMBに戻るけど、それは、チャンスを逃したとかじゃなくて、りぽぽにとっては、んー、すごく難しい、私もこの兼任の解除を聞いた時に、嬉しさも少しあったんですよ。っていうのは、すごく大変そうだなって思ってたし、みんなやっぱ、公演やって、次の日も公演やって、大阪と東京行き来してって、すごい心配だったから、それが解除になって、ちょっと楽になるのかなっていう想いで少し喜んでもいました。本人としては複雑な気持ちだと思うけど、でも私はりぽぽが居てくれて、ほんとに良かったと思ってます。ほんとにありがとう」

・小谷里歩からみなさんへお手紙
「みなさんへ。(涙声で)今日は私を送る会をしてくださって、ありがとうございました。今日劇場に来てくださったみなさん、モニター観覧をしてくださっているみなさん、家で見守ってくださっているみなさん、スタッフのみなさん、メンバーのみなさん、8、9ヶ月ありがとうございました。」

「AKB48を兼任させていただけて、私は本当に良かったです。ほんまは兼任期間中、ずっと不安と疑問だらけでした。私は人気じゃないし、歌も踊りも特に何もできひんし、なぜ兼任をさせてもらえてるのか、とか、疑問に思ったり、同じ兼任メンバーのみるきーはかわいくて」客、軽くw

「釣りも上手やし」客w

「みんなに愛されていて。NMB48に兼任に来てくれてたよこちゃんはめちゃくちゃしっかりしてて、NMB48を引っ張ってくれていて、それに比べて私はほんまに何もできていなくて、役に立っていなかったので、私はある日意気込みました。だけど、その意気込んだ次の日に兼任が解除になったので」客w&ざわ

「この私の熱い気持ちはどこにぶつけたらいいのかわからなくなったんですけれども、その話はちょっと1回置いといて」客、軽くw

「あの、私はNMB48の公演で、自分のポジションのあるユニットをやらせていただいたことが無かったので、チームAのウェイティング公演で初めて「純愛のクレッシェンド」っていうめっちゃいい曲のユニットをいただけて、すごく嬉しかったです。あとは初めて1人で新幹線に乗って、あと初めて1人でホテルで寝て、あとダンスも覚えるの苦手だったんですけど、いっぱい覚える曲ができて、それで、ちょっと早くなって、覚えるの。新しいダンスのレッスンの時にビクビクしなくなれました。あとは美味しいご飯もいっぱい食べさせてもらいました」客、軽くw

「もうあのそろそろ長いから」客、軽くw

「詳しくは言わないんですけど」客w

「チームAのみなさんにはすごく勉強になることがいっぱいで、尊敬の念があります。これからも切磋琢磨して、私はNMB48の一員として、48グループを引っ張っていきたいです。そして、最後になりますが、チームAを次兼任になった矢倉楓子をよろしくお願いします」客、拍手

「ふぅちゃんはちょっと細いから、心配に見えるんですけども、でもすごくがんばり屋さんなので、大丈夫です。あと、フレッシュレモンさんについてなんですけど、あの、メンバーみんなすごくかわいがってるので安心してください」客w → 拍手
高橋みなみ「ありがとうございます」
小谷里歩「最後になりますが、私に兼任というすごい任務をくださった、たぶんこの提案をした秋元康先生をはじめ、この承諾をしてくれて、快く受け入れてくれた世界のみなさま、ありがとうございます」客w

「また近いうちにNMBで出張公演とかで戻ってきたいと思いますので、その都度よろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手&ありがとう

・高橋みなみ「たぶんりぽぽはさ、さっき麻里子さんの言ったように、いろいろ悩んだと思うし、なんで自分なんだろうと思ったと思うけど、君はAKB48に必要だったから呼ばれたと思います」

「ほんとね、私たちの身勝手な言葉ばかりで、AKBの良いところというか、持ち帰って欲しいなとか、NMBのいいところをりぽぽからって言ってたけど、きっと私たちはりぽぽからたくさんのことを教わってばかりだったなと思います」

「由依ちゃんも電話で言ってたけど、最初すごく心配だったのよ、りぽぽが。なんかちょっと不思議なイメージあったし、踊れるのかなって、やっぱいっぱい覚えなきゃいけない曲があったし、大阪でね、なかなか東京にも来れなくて、レッスンにも参加できない日もたくさんあって、この子大丈夫なのかなってすごく横目でチラチラね、ほかの子、若い子たちを見ながら見てたんですけど、DVDをね、一生懸命見て、弱音を1回も吐くことなくこのステージに立った君は本当にチームAメンバー一同尊敬しています」

「こうやって若い子がね、朱里とか涼花とかすごい号泣してるんだけど、やっぱり仲間が流してる涙だったり、みなさんの温かいありがとうという言葉がりぽぽが築き上げた本当に成果だったり、ほんとに立ち上げてきたものだって思います。ほんとに感謝してもし切れないし、正直ほんとに、寂しいです」

「武道館のライブの後にチームAのメンバーに1人1人挨拶をしてくれてたりぽぽを見た時にすごく胸が苦しくなって、でも隣には楓子がいて、「楓子よろしく」みたいな、「お願いします」っていう、なんかすごく大人になったりぽぽを見た時に「あっ、兼任は正解だったのかな」ってすごく思いました。本当に感謝してもし切れないんですけど、お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました」

・最後にみなさんへメッセージをお願いします
小谷里歩「みなさん、ありがとうございます。あの、私は大阪に帰るんですけど、みなさんもぜひ一度大阪に遊びに来てください」客「行くよ」や「4月行ったよ」

「また6月ぐらいまた来てください」客w

「仲良くしましょう、みんなで」客w

「ありがとうございます」客、拍手

[2013年5月27日 チームA ウェイティング公演 37回目]



・最近めっきり熱くなってきて、夏が大嫌いな私はもう夏バテしちゃってる。

[2013年3月18日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・実は1回だけ底力くんに会ったことがある。NMB48の初日公演に落ちちゃって。その時にちょっとムカっときて、底力くんが出てきて、今に至る。

[2013年1月31日 チームA ウェイティング公演 17回目]



・ここぞと言う時に失敗ばっかりしちゃう。

[2012年12月24日 チームA ウェイティング公演 13回目]



・不安な時とか寝れへん時に、髪の毛を摘んで鼻の下にあてる。周りに気持ち悪がられる。

[2012年12月24日 チームA ウェイティング公演 12回目]



・今日はですね、横山由依ちゃんが(初日公演で)今日ずっと本番前に「緊張する緊張する」って言ってたからちょっとこの公演里歩のほうが先輩なんで「大丈夫ですよー」って言ってたら私が振りめっちゃ間違えました。

[2012年12月20日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・今年の漢字は「驚」じゃんけん大会の予備選勝って本戦出場ししたり、組閣でチームAさんに加入したりとか、驚くことがいっぱいあったので。

[2012年12月14日 チームA ウェイティング公演 11回目]



・横山由依さんをGoogle+では「横ちゃん」ってちょっと馴れ馴れしく呼んでいるのですけど、実際に会ったら「よこ、やまさん」みたいな、まだちょっと戸惑いがある。

[2012年12月10日 チームA ウェイティング公演 10回目]



・ゾンビに興味がある。将来ゾンビがほんまに出現した時にどういう家に住んだらゾンビに侵入されへんかっていうのを考えている。

[2012年11月25日 チームA ウェイティング公演 6回目]



・ひと昔前までは家のことを「おうち」とかかわいく言ってみてたんですけど、最近そんな自分に限界を感じて、今はアイドルっぽくないりぽぽを好きになってもらおうとがんばっています。

[2012年11月25日 チームA ウェイティング公演 5回目]



・実はずっと河西さんのことが大好きで。兼任が決まる前から好きで、家にも写真があったりして、曲中にファーストアイコンタクトの時がすごく緊張して、顔が赤くなりました。

[2012年11月16日 チームA ウェイティング公演 4回目]



・飼ってる犬の名前はヨーダ。

・横山由依さんが作ってくださった「山あり・谷あり・小谷あり」っていうキャッチフレーズ、なんか、すべってるというか、やり終えた後の空気の処理の仕方がどうしていいかわからず、毎日気になってます。

[2012年11月15日 チームA ウェイティング公演 3回目]



・りぽぽと言えば、へたれ。

[2012年11月7日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・キャッチフレーズ「みなさん、おいでやす。今日はノッたはる? (イェー!) おおきに。ほな、はんなり行きますえ。京都府出身、りぽぽこと小谷里歩、18歳です」

・ドヤ顔披露

[2012年11月5日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・テンパりキャラでいきたい。

・「ご存知してください」

[2012年11月6日 チームA ウェイティング公演 2回目]



・兼任発表後、初チームA公演。

・「山あり谷あり小谷あり」横山由依と高橋みなみが考えた俳句を披露。

・曲中にずっと手が震えていた。

[2012年11月2日 チームA ウェイティング公演 初日]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND