FC2ブログ
AKB48全国ツアーファイナルdTVチャンネルにて独占生配信決定! new2.gif
dTVチャンネル
12月9日:チーム4(18時30分~)、12月10日:チームB(10時~) チームK(14時~) チームA(18時~)

NMB48木下春奈 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:木下春奈 (きのしたはるな)
ニックネーム:はる
生年月日:1998年6月9日
出身地:大阪府
血液型:
デビュー期:1期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
木下春奈 15歳の生誕祭 (2013/06/25、チームN)
NMB48木下春奈 16歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/06/11)
木下春奈 16歳の生誕祭 (2014/06/11、チームBII)

【速報版】木下春奈 18歳の生誕祭レポート

160610 (671)

■エピソード集&発言集


・お姉ちゃんエピソード

木下春奈「私、お姉ちゃんが2人いてて。すっごい性格悪いんですよ、私のお姉ちゃんって」
黒川葉月「そんな言っていいの?」
木下春奈「いいんですよ。顔は可愛いんですよ、妹でも思うんですけど。顔は可愛いんですけど、性格がすっごい最悪で。一番上のお姉ちゃんが特に最強で、私がこの前、連泊から帰ってきた時に、自分の部屋のタンスが無くなってたんですよ。丸々。クローゼット開けて黒いタンスが入ってたんですけど、あれっ?タンス無くなってると思って、家帰って。で、お姉ちゃんの部屋をたまたまフって開けたんですよ。お姉ちゃんの部屋にひっそり置かれてて、タンスを。お姉ちゃんがタンス持って行ってて.でも昨日なんか知らんけど、機嫌が良かったのか知らんけど、関西コレクションっていうのに行ってて、お姉ちゃんが。2人で行ったらしくて、姉2人で。帰ってきた時に3人で喋っとったら「可愛い服が欲しいなー」っていう話になって、みんなでネット見ながら3人で服選んでて。こうやってしてたらいいお姉ちゃんやのになと思ってほっこりしました」
日下このみ「クローゼットは戻ってきたんですか?」
木下春奈「タンスは、口ゲンカしたんですけど負けました。負けたんで、もう諦めました。新しいやつ誰か送ってください」軽くw

[2014年9月22日 チームBII「逆上がり」公演]



・毎日お風呂上がりのスケジュールが全部決まっている。

木下春奈「私、お風呂上がりのスケジュールが全部決まってる、毎日。絶対それの順番通りにやらないと全部嫌になって、あー今日何もやらんってなる。意外とA型やから、そういうところがちゃんとしないと嫌なんですよ。だからお風呂上がったら絶対オイル塗る、ボディーオイル塗って、ボディークリーム塗って」
日下このみ「そんなにベタベタ塗るんですか?」
木下春奈「塗るよ。ベッタベタで、自分の部屋上がって床歩いたらめっちゃ足跡つく」客w
日下このみ「足の裏にも塗るんですね」
木下春奈「足の裏にも塗るよ」
梅田彩佳「凄いね。だからそんなにいい匂いがするんだね」
木下春奈「女の匂いがね」

[2014年8月25日 チームBII「逆上がり」公演]



・16年間生きてて一番嬉しかったこと

木下春奈「一番嬉しかったのが、私毎年スポフェスっていうのに出させていただいてるんですよ。野球選手の大会みたいな、運動会みたいな感じのやつに出させていただいてて、その時にジャイアンツの長野(ちょうの)選手とちょっと話をさせていただいて、その時に「いっつも応援してます」って言って話したんですよ。後日この劇場にファンサービスみたいなのを通じて「春奈さんへ」って入れて、自分のユニフォームにサイン書いて送っていただけて」客「おー」客「おー」
梅田彩佳「凄い」
木下春奈「そうなんです、それがもうほんまに、もう今なら死ねると思ってぐらい(w) 嬉しくて。めっちゃいい人でした」
梅田彩佳「1人のためにそうやって書いてくれてね」
木下春奈「そんなに心の広い持ち主になりたいなと思った」

[2014年8月23日 チームBII「逆上がり」公演 17時30分開演]



・初期の頃のエピソード

木下春奈「私ね、いっぱいあり過ぎてどれ言うか迷ったんですけど、まだ言ったことないやつを言います。最初の頃に美瑠と私と福岡でホテルに泊まってたんですよ。ホテルのテレビってあるじゃないですか、有料のチャンネル。聞いて、大丈夫な話これ」客w
メンバーたち → w
木下春奈「有料のチャンネルなんですけど、普通に映画も入ってるやつで、そっちを見たんですよ、私達。カードで払う式じゃなくて全部向こうに行く式で、料金が。次の日スタッフさんに呼び出されて、春奈と美瑠。紙出されて。書かれてるんですよ、有料チャンネル何円みたいな。「これ、なんや」みたいな感じで言われて。もう完全に大人のチャンネルを見てると思われてて、もう美瑠と春奈で必死の言い訳。「これディズ○○のアニメを見てたんです、2人で」って言って。でもそれが瞬く間に噂に広まって、その最初の頃に「春奈と美瑠、昨日何見てたん?」みたいな感じで怒られて、でもスタッフさんが全部お金も払ってくれて。一件落着」

[2014年7月21日 チームBII「逆上がり」公演 14時開演]



■木下春奈 16歳の生誕祭

梅田彩佳からのお手紙

「はるちゃん

今回応援してくださる皆さんに是非書いてくださいと嬉しいお願いをされて、私が今回書かせていただきました。本当にありがたいです。

はるちゃんお誕生日おめでとう。16歳、10歳違いますね。私をBIIの中でババァ扱いしたのははるちゃんが一番目です(w) ちなみに二番目は柊ちゃんです(w)

正直、AKBから来た私に対してBIIの子たちは凄く困惑だったと思います。国立のリハで、BIIで北川謙二をするのが初のみんなとの私は絡みでした。みんな凄くいい子で、いい意味で凄く私に気を遣ってくれて。そこで、合間に1人1人に話しかけてたら、1人携帯依存症の子が目に入りまして、話しかけたら15歳で、全然いい意味でみんなと違って私に一切気を遣いませんでした。ルックスからしても15年の間に何を経験したんだろうと思う見た目で、見た感じはそんなはるちゃんだけども、北川謙二をしている時にテンパってる私を「梅田さん、こっちこっち」って言ってくれたのははるちゃんでした。

誰に対しても変わらない態度で接するところ、素直すぎるところ、嘘をつけないところ、喜怒哀楽をはっきり見せるけど誰かも傷つけたりしないところ、人をおちょくったりするけど褒めたら凄く照れるところ、練習風景を人に見せないけどちゃんと完璧にできてるところ、でもちょっとミスってるところ(w) 味の素のやついつかMCで言ってあげますね。

普通の子からNMBに入って、普通じゃなくなって、たくさんのことを経験して、きっと入ったのは12歳とかかな? 凄く凄く多感な時だと思います。嫌なことも悔しいことも目を伏せたくなることもあったと思います。

夢を見てNMBに入って、今ステージから見る景色はどんな感じですか? どんな風に初日から変わってるかなと思います。もしマイナス思考だったとして、ダメだと思うなら、今目の前にいる応援してくださる皆さんを見てみてください。こんなに素敵な応援してくださる皆さんがいると思うので、凄く大丈夫だと思います。

乗り越えてきたことがあるからこそ、きっと思うことも見える景色も違うと思います。まだNMBに来て間もない私が言うのも申し訳ありませんが、これからも応援してくださる皆さんと一緒にBIIのメンバーとして、そして人と人としてはるちゃんがどんな風に変わっていくのか側で見してください。おめでとう。梅田彩佳より」拍手

姉からのお手紙

「春奈、ハッピーバースデー

もう16歳かー。早いな。

何を書こうかと悩んでたら、小さい頃の自分たちが思い浮かび、あほなことをして怒られてたことを思い出しました。

小さい時のさくらは1人が無理で、どこへ行くのにも春奈と一緒に行動してたのが凄い印象に残っています。

毎日一緒だった春奈が小学校の頃からNMBに入り、最年少として頑張ってたよな。最近は選抜にも選ばれてなくて焦りもあると思うけど、4人兄弟の中では春奈が一番頑張ってるし、しんどい思いしてる。妹やのに凄いなーって思っています。でも、やっぱりやるからにはいい結果を出して欲しいし、もっともっと頑張ってほしい。普段言わないけど心から応援してるよ。これからは嬉し涙を流している春奈が見たいので、16歳からスタートと思って気持ちを切り替えて前進してください。

いつも春奈のことを応援してくださっている皆さん、春奈と仲良くしてくださっているメンバーの皆さん、春奈のお世話をしてくれているスタッフの皆さん、いつもありがとうございます。妹の春奈をこれからもよろしくお願いします。二番目の姉、さくらより」拍手

ファンの皆さんにひと言お願いします

木下春奈「今日劇場に足を運んできてくださった皆さん、DMMやモニター観覧をしてくださってる皆さん、生誕祭を実行してくれている生誕委員の皆さん、ありがとうございます」拍手

「去年はですね、選抜に復帰するって言ったんですけど、できなくて、全然結果を残せてないなと思うんですけど、今年こそは、やっぱり高校生にもなって、グラビアもちょっと解禁されたので、もうグラビアもちょっとしないんですけど(もっとやって) そうですね、気が向いたら(w) グラビアも解禁されて、これでちょっとは皆さんに恩返しもできてるのかなと思ってるんですけど、

でもやっぱり選抜を復帰するって自分で言ったからには復帰しないと意味がないかなーと思うので、それを目標にするのと、あとやっぱり頑張ることを頑張るっていうのは去年も言ったんですけど、すぐ諦めちゃう性格なので、頑張ることを頑張りたいと思います。

そしてですね、1番言いたいことが生誕Tシャツが『NMB48』って書こうとしたら『NMD48』ってなっちゃって、『なんだ48』になってるんですけど(w) そうなんです、それはレアとして置いといてください。今日は本当にありがとうございました」拍手

[2014年6月11日 チームBII「逆上がり」公演]



・春奈さん、梅田さんと同じ貫禄ありますよ。 (渋谷凪咲談)

[2014年4月22日 チームBII「逆上がり」公演 初日]



・昨日4ヶ月ぶりにブログを更新。

[2014年3月16日 チーム「ここにだって天使はいる」公演 14時開演]



・市川美織が兼任したての頃、市川に23歳だと思われていた。

木下春奈「そういうエピソードがあります。みおりんがNMBに兼任してきたての時にけっこう2回ぐらい言ってるんですけど、NMBの最年長が私やと思ってて。で、みおりん私のこと23歳やと思ってて、みおりんがいっつも私にだけ「春奈さんおはようございます」って言ってくるんですよ。で、私、なんかめっちゃ壁感じるなと思ってて、みおりんと。で、「みおりん何で春奈だけ『さん』付けなん?」って言ったら「えっ?私より年上なんで」っていうから「15歳やで」って言ったら「へー!?」って言うんですよ」客w

「もうほんまに」
市川美織「地球が揺れるぐらいのビックリ」

[2014年3月7日 チーム「ここにだって天使はいる」公演]



・お餅は納豆と一緒に食べる。

木下春奈「もち米で作ってるから、合いますよ。ぜひやってみてください」

[2014年1月日 新春特別公演2014(NMB48劇場3周年)]



・むろかなとね、隣に並んだらね、三十路コンビって言われる。

[2013年12月15日 チーム「ここにだって天使はいる」公演]



・今日はチームN全員揃っての公演なんですけど、私今日朝気づいたことがあって。モカちゃんが中学3年生の9月生まれで、私6月生まれやから、最年少じゃなくなったんですよ。

[2013年10月15日 チームNリバイバル公演「誰かのために」千秋楽]



・私、チームNで最年少なんですけど、みおりんがNMBに兼任した時にずっと私だけ敬語だったんですよ。なんでかなと思って、ツアーの時に「みおりんなんで敬語なんですか?」ってこっちも敬語になっちゃって、言ったらみおりんが「えっ? 私より年上なんで」って言って。そう、私20歳より上やと思われてて、NMBの最年長やと思われてて。で、ちゃんと和解して、最年少っていうのわかってもらって、今はちゃんとタメ口で喋ってもらってます。

山口夕輝「オーディションの時もなんか12歳の子がおるってすごい噂になって、すごいみんなどの子が12歳やって言って、あの子やでって春奈のことをみんな指差すんですけど、めっちゃカチューシャで前髪全部上げてて、絶対あの子ちゃうやん」客w

[2013年9月2日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・まだ中学3年生、15歳であるが、見た目が最近更に老けてき。この前、佳奈子ちゃんとマネージャーさんと3人で白浜に遊びに行った時に私だけ梅酒すすめられてしまった。マネージャーさんが走って「未成年です」って止めにきてくれて、助かった。

・「私、牛乳じゃなくてもずっと小指立ってるんです」

山口夕輝「そうなんです、春ちゃんNMBに入りたてのレッスンの時に、何の振りでも絶対小指が立ってて、それで、先生にめちゃくちゃ怒られるっていう」
[2013年8月13日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・私、お姉ちゃんが2人いてるんですけど、その一番上のお姉ちゃんと私がめっちゃソックリって言われてるんですよ、声とか喋り方も。で、お姉ちゃんが今バイトしてはって、そのバイト先でお客さんによく「あの、NMB48の木下春奈ちゃんですか?」って訊かれるらしくて。だからお姉ちゃんにはちょっと変なことせんどいてなって。

[2013年8月3日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



◆木下春奈 15歳の生誕祭

・門脇佳奈子からのお手紙

「春奈へ。お誕生日おめでとう。今年も佳奈子がお手紙書かせてもらうことになりました。って言っても、特に春奈に伝えたいこと、ないねんなぁ(笑

)。でも、無い頭振り絞りました。」

「春奈とは最近よく将来のことについて話すよな。前までは学校みたいにアホなこと言って、ギャーギャーしてて、よく怒られてたけど、ホテルにお

泊りの時、けっこう部屋が一緒やから、その時に話すことが多い気がする。春奈は女優、佳奈子はバラエティーで全然ちゃうけど、今自分たちはどう

したらいいのか、春奈やから喋れることめっちゃあります。」

「周りから見たら、あんまり深く考えてなさそうに見えるけど、ほんまは将来について一生懸命考えたりしてるの、知ってます。そんな春奈を見て、

いつもテストであんなアホな点取ってるのに、何て大人な考え持ってる子なんやと感心してます。」

「あと、NMBのリクエストアワーでは11位に「なんでやねん、アイドル」がランクインして、めっちゃ2人で喜んだよな。イイ順位やしね。本番歌うま

で、何かの間違いじゃないかって思うくらい信じれられへんかったけど、ほんまに嬉しかった。あの歌はNMBになくてはならない歌やと勝手に思ってま

す。」

「何か手紙って慣れへんくて恥ずかしくなってきたから終わります。」

「いつも優しくて、照れ屋で、かわいくて、卵ちゃんみたいな春奈が大好き! これからもお互いの夢に向かってがんばりましょう。いつでも相談乗り

ます。佳奈子より」客、拍手

・お姉ちゃんからのお手紙 (小笠原茉由が代読)

「春奈へ。15歳のお誕生日、おめでとう。誕プレまだ買ってないけど、もうちょっと待ってな(笑)」

「小6の時からNMBに入ってもう3年? めっちゃ早いな。春奈が初めてテレビに映ったのは「スター姫さがし太郎」やったな。その時、家族6人みんなで

1つの部屋に集まって、「春奈どこ? ここやん。うわ、ほんまや、おるおる」っていう会話、みんなでしながら見てたん覚えてる? あの時はまだNMB

に決まったわけでもないのに、初めてテレビに出る春奈見て涙出てきたのを手紙書きながら思い出します。」

「テレビに出てる春奈を見ると、自分の姉妹じゃないみたい。小6の時から芸能界というところに入って、仕事して、ほんまにすごいなーと思います。



「選抜に入れへんくて落ち込んでたり、NMB辞めたいって言ってる時もあったな。私たちにはわからん悩みがあったり、人一倍しんどい想いもしてると

思う。でも、そう簡単に辞めたいとか思わんと、NMBに入れたことをもっと誇りに思っていいと思う。選抜入れやんくても、自分が今しなあかんことを

精一杯がんばってしてたらいいと思う。みんな、ちゃんと見てくれてるよ。」

「スタッフのみなさん、メンバーのみなさん、ファンのみなさん、生誕委員のみなさん、いつも春奈がお世話になっています。憎たらしいところもい

っぱいあると思いますが、これからも春奈のことをよろしくお願いします。」

「最後に春奈、悲しいこと、辛いこといっぱいあると思う。そんな時はお母さんとかに言い難かったら、私たちにでも言っておいでな。また一緒に買

い物行ったり、カラオケ行ったりしよう。そん時は春奈のおごりで。春奈大好き! お姉ちゃんより」客、拍手

・近藤里奈 号泣

・ファンのみなさんにひと言

木下春奈「まずはこんなに素晴らしい生誕祭をありがとうございます」客、拍手

「もうね、この時が一番緊張するんですよね。あの、私はけっこうこういう生誕祭とか、あと誕生日の本番の日にけっこうNの何人かのメンバーがホテ

ルの日やって、その日ホテルに泊まってた日やって、けっこうサプライズとかしにきてくれたんですけど、どう喜んでいいか(涙)」客「がんばれ」

「そのお誕生日の日にホテルやって。りぃちゃんが言えって言うんで。りぃちゃんが急にキャリーバックでっかいの持って春奈の部屋きて、

泊まるわって言って。で、なんか居候してきて、で、その前の6月4日の時に里香ちゃんの時はサプライズパーティーしたんですけど、春奈の時そんな

面影無かったから、そう、無いんかなーと。でも、そのなんかすぐ後にグループトークみたいなところで、春奈もおるのにみんな急に春奈の誕生日どうする?とか会話し出して。もう

見ていいんか、見たらあかんのかわからへん。りぃちゃんが見たらあかんでって横から言ってきて。でも、みんながサプライズしに来てくれて、実はなんか、そういうのを感情で表すのヘタクソなんで、喜んでないみたいな風に捉えられる

かもしれないですけど(涙) 実はちゃんと喜んでます。サイリウムもすごい緑とオレンジで好きな色でキレイでした」

「今年の生誕Tシャツに私「Never Say Never」って、ちょっと私も無い頭を

必死に絞って、ちょっとかっこ良く書いたろうと思って。決して諦めないっていう意味を書いたんですけど、私すぐ諦めちゃうので、今年15歳になっ

て、もう中学生最後で受験生なんで、がんばることを今年はがんばろうと思います。はい、以上です、ありがとうございました」

[2013年6月25日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]



・キャッチフレーズ「元気満々・天真爛漫・春爛漫、でも春奈は中2 (ウーマン!) 中学2年生、14歳のはること木下春奈です」

[2012年11月5日 チームNリバイバル公演「誰かのために」]