FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

SKE48荻野利沙 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:荻野利沙 (おぎのりさ)
ニックネーム:リサオー
生年月日:1996年1月28日
出身地:愛知県
血液型:O型
デビュー期:5期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
「今年は絶対昇格します!」 荻野利沙 18歳の生誕祭 (2014/02/03、SKE48研究生)

■エピソード集&発言集


・荻野利沙の握手会は飛行機の滑走路みたいに空いている

# 1分間自己アピール

荻野利沙「(歩きながら)私は研究生の荻野利沙と申します。1996年1月28日水がめ座でございます。私は工業高校に通っていたんですけど、製図も書けて測量も出来ます (おー) 私の歩幅はですね、測ったんですけど、股下83センチのくせに84センチしかありません。よく歩幅が狭いと言われるんですけど、そこもちょこちょこ歩くとこも可愛いかなと思っていただけると幸いです。

握手会のレーンでは飛行機の滑走路みたいに、空いてます(w&ざわざわ)

だから、ファンの方がいっつも走っていただいてくれるんですが、たまにコケる人もいますので気をつけてください(w)

よく握手会のレーンで人がいないので選挙の演説みたいに「皆さんこんにちは、私は研究生の荻野利沙です、身長176センチあります、AKBグループで一番大きいです」って話してお客さんを集めています。当日券でみんな来てね!」拍手大

[2014年9月22日 SKE48研究生 アップカミング公演~夏~]



・身長エピソード

高木由麻奈「私はですね、めっちゃどうでもいいことかもしれないんですけど、けっこう身長が高いんで、「えっ?意外とデカイんだね」デカイって言われるのが凄い嫌だったんですよ」
内山命「わかる」
高木由麻奈「デカイと高いは違うんですよ」軽くw
内山命「そうね。でも荻野利沙いるじゃないですか、研究生の。「身長長いねー」って言われてたよ(w) 「長い」なんて表現あるんだと思って、外国人の方なんですけど、「身長長いね、お姉さん」みたいな」

[2014年7月19日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 13時開演]



・こう見えて握力は13ぐらいしかない。

[2014年6月29日 SKE48 アップカミング公演~夏~]



・体育の成績は1だった。

[2014年3月22日 SKE48研究生「制服の芽」公演 13時開演]



・「荻野さんって女子力無いですもんね」みたいなことを後輩に言われてしまった。

[2014年3月1日 SKE48研究生「制服の芽」公演 17時開演]



・小学校を卒業する時点で164センチ身長があったんですけど。ってことは小学校5年生の時点で160は過ぎてて。今176センチなんですけど、それで小学校5年生の時に160センチちょい超えで、体重が35キロしかなくて。

[2014年2月21日 SKE48研究生「制服の芽」公演]



・以前やっていた研究生の「会いたかった」公演と今回やらせていただいている「制服の芽」公演で、2つの公演ともユニット曲以外は全部衣装を作っていただいているんですよ。私やっぱ規格外のデカさのものでして、もうね、サイズが無いんです、私。井口さんのやつも着れないんですよ。足も26センチあるから。

松村香織「金のかかる女だ」客w

[2014年2月4日 SKE48研究生「制服の芽」公演]



・「狼とプライド」の時になんですけど。私と香織さん2人で狼の役をね、やったんですよ。着ぐるみを着て、みんなを追い掛け回して最後追い詰められるみたいな。それがすごい、私、2日間の中で一番お気に入りの衣装で。100枚ぐらい自撮り撮ったんですよね。一番の思い出です。

松村香織「握手会で着ればいいじゃん」
荻野利沙「着れるかな?」客、拍手

「そんな喜ばれても。着れるんだったら着たいですね」

・入った当初はすごく荻野さんに似てるって言われて、兄弟みたいだねって言われることが握手会とかですごく多くて。でも最近になって全然言われなくなったんですよ。 (日高優月談)

・公演が始まるちょっと前にお父さんからメールが来てて。お仕事で見に行けないけどいつも通り頑張ってみたいな、そういうちょっとぶっきらぼうなお父さんがそういうメールをけっこう大事な時とかに送ってくれるんですよ。それでちょっと泣いちゃって。お父さんに「好きです」ってメールを送りました。「好きです、頑張ります」って送りました。まだ返事きてないんですけどね。

・こんな見た目なんですけど、中身はすごいけっこう泣き虫で乙女なとこもあって、そのギャップがいいなと思う。 (青木詩織談)

・腕の中が女性にあっていいのかと思う謎の安心感、たくましさがある。 (鎌田菜月談)

◆荻野利沙 18歳の生誕祭

・お父さんからのお手紙 (犬塚あさなが代読)

犬塚あさな「利沙へ。18歳のお誕生日おめでとう。

本当に大きくなったね。小さい頃から大きくて、元気いっぱいで、じっとしていることを知らない子でいつもハラハラさせられっぱなしで、保育園に入る時、お姉ちゃんは5歳で円形脱毛症になるぐらい本当に天真爛漫そのものでした。

パパが仕事で1週間ぶりに帰った時は泣きながら走って飛びついてくるほどの甘え上手だったのに今では寄り付きもしないし話もしない(軽くw) 寂しいです」
荻野利沙「仲いいですよ。仲いいよ」
犬塚あさな「小学校、中学校とは人間関係がうまくいってなくて、あんなに元気に走り回っていた利沙が家でゲームやアニメばかりで、自分のことをあまり話さなくなって、姉妹ゲンカばかりでした。

そんな時、密かに芸能界に興味があったなんて全然知らなかったし、SKEのオーディションも4回も受けていたことも合格した時知って、喜んだけど心配なこともありました。

人付き合いが下手で甘え下手で媚びることなんて無理。褒められると警戒しちゃう。そんな利沙が大丈夫かな?と思ったけど、でも今では上手にママに甘えているみたいだし、「褒めて!褒めて!」ってよく言ってる。成長したなー。

そして、楽しんで頑張ってる時に妹のことで活動休止させるようなことになって、今では悪かったと思っています。でもあの時バラバラになりかけてた家族の絆は利沙のおかげで前より深まったよ。ありがとう。

パパは口下手で褒めることも下手だし、いつも利沙とはケンカ腰になってパパも素直じゃないけど、ママには「2人はそっくりだ」と言われます。パパを反面教師だと思って頑張ってください。

これからも利沙の活躍を願っています。

パパより」客、拍手

・ファンの皆さんにメッセージ

荻野利沙「こんな素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます」客、拍手

「私は去年、妹が大きな病気にかかってしまい活動を休止していたんですけど、その時に・・・んー、やっぱいろいろ休業させていただいた期間に思うことはたくさんあって。私がもし活動再開することになったとしても居場所はあるのかなとかたくさん考えたりしてました。

やっぱ、活動休止してる間って、やっぱSKEのこと凄い気になって、いろいろインターネットとかで検索とかしちゃうと「荻野は戻ってこなくていいよ」とか書いてあるのを見てしまって、凄い悲しかったです。

だけど、やっぱりSKEは大好きな場所だし、もっと歌って踊っていたいと思ってたし、活動再開するのがいつになるかわからないけど、絶対戻りたいなと思っていました。

妹が入院してる時に病室で付き添ってることが多かったんですけど、妹は「利沙ちゃんはいつテレビに出るの?」とか「利沙ちゃんは公演出ないの?」とかいろいろ言ってくれるんですよ。だけどそれの期待に応えてあげれない自分が凄く悔しくて、妹のせいじゃないのに妹に凄い負担をかけてしまってるのかな?とかたくさん思いました。

で、ある日妹が私がステージに立ってる絵を描いてくれた時に、あー私はこの子のことを支えるにはステージで歌って踊って支えていくしかないんだなと思ってすぐに活動再開を決意しました。

でも活動を再開した時には同期がたくさん昇格していて、後輩も凄い勢いがあって、凄い追い抜かされてばっかりで焦りとかも凄かったんですけど、今は周りのことは気にせずに自分のペースで走っていきたいと思ってるので、これからも応援よろしくお願いします」客、拍手

松村香織「荻野は私に続いて研究生でよく炎上したりするんですけど」客、軽くw

「やっぱりちょっと、勘違いされやすいことがけっこう多かったりとか、伝えるのがちょっと下手だったりするんですけど、ほんとに昇格したいっていう想いとか、後輩を引っ張っていかなきゃいけないという想いは人一倍強い子なので、皆さん荻野が昇格するまで温かく見守っていて欲しいです。よろしくお願いします」客、拍手

[2014年2月3日 SKE48研究生「制服の芽」公演]



・イヤホン依存症で、電車とかバスとか乗ってる時に絶対に付けるが、基本、音楽とか聴かずに、ただイヤホンを付けるだけ。

荻野利沙「なんか、塞いでるだけですごい落ち着くんですよ、自分の世界に入れるんで」

[2013年11月27日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・欠かせないものはですね、携帯電話とイヤホン。私どこでも音楽聴いてないと気が済まない女なんですよ。

[2013年10月12日 SKE48研究生「会いたかった」公演 17時開演]



・小学校の時のあだ名はゴリラ。

[2013年10月12日 SKE48研究生「会いたかった」公演 13時開演]



・6期生の推しメンが決定 → 野口由芽

荻野利沙「そう、すごい真面目で何よりキャッチフレーズがいい。それで私いつも「ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね」何回も練習してやったここまで言えるようになったんですよ。だからいっつもゆめちが自己紹介の時は「ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね」って言ってる時に(小声で)「ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね。言えた」みたいなことを毎回やってるんですけど」

・一発芸「手羽先」を披露するも、すべる。

[2013年8月19日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・ホテルとかで泊まるとですね、メンバー同士でお風呂に入るんですよ、一緒に。よく48グループでは恒例行事みたいになってるんですけど。私は絶対にお風呂は1人で入る派です。一緒にもしも入ってこられても私出るとこ出て無いし、なんもないし薄っぺらいんで(横向く)、恥ずかしくてちょっと見せられるようなものじゃないんで。

・(ナゴヤドームコンサート) ほんとに1人の女性としてほんとに憧れの宮澤佐江さんとお写真を撮ることができました。もうめっちゃ優しい。そうなんですよ。その後メールとかもしてるんですけど。大好き。

[2013年8月18日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・○×クイズ

荻野利沙「わたくし荻野利沙は本当に男である。○か×か」
メンバーたち「せ~の」客「○!」
荻野利沙「ちょっと待って、ちょっと待って」客、拍手

[2013年7月17日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・1回目と2回目の間の休憩時間に、ピンクのワンピースを着た半透明の小さな子が下手袖にスって入って行くのを見た。その子は旧劇場の時もスタッフさんとかも何人か見ている。

[2013年7月15日 SKE48研究生「会いたかった」公演 17時開演]



・フライパンについて熱く語る。

[2013年7月15日 SKE48研究生「会いたかった」公演 13時開演]



・AKB48さんのチームAの渡辺麻友さんいるじゃないですか。仲良くさせてもらってるんですけど、最近ちょっと仲良くなり過ぎてだんだんタメ語が混じるようになっちゃって。だけど麻友さんも全然気にしてないみたいで、すごいなんか、すごい仲良くしてくれる。この前だってタオルとか腕にこうやって掛けられて、「ハンガー」って言われたから。

・私、こう見えてもSKE48に入る前はすごい引っ込み思案で、人と喋ることがなかった。オーディション会場でも5期生の時、誰とも喋ってなかったから。

・回転寿司に行くと20皿以上食べる。

[2013年7月13日 SKE48研究生「会いたかった」公演 17時開演]



・初公演の思い出は自己紹介MCがちょっとやっぱ知ってる方はすごい衝撃を受けたと思うんですけど、お化けが見えるだとか、地震がくるのわかってたとか、なんかね、夜寝たら「あっ、これくるんじゃね?」と思って突然きたこととかあったんですけど、めっちゃひいてるでしょ?今だって。今も変わらずこんな感じなんですよ、ごめんね。

・やたらハイテンション。犬塚あさなに「今日どうしたの? キモイよ」と言われてしまう。

[2013年7月13日 SKE48研究生「会いたかった」公演 13時開演]



・力ありそうですけど握力15しか無い。

[2013年6月29日 チームE 2nd「逆上がり」公演 17時開演]



・私、最近女っぽくなったって言われるんですよ。AKB48の渡辺麻友さんにも「最近おぎりー女の子っぽくなったよね。リア充?」って言われて。

[2013年6月29日 チームE 2nd「逆上がり」公演 13時開演]



・小学校1年生の時の将来の夢は「大工さん」「消防士さん」

・AKB48さんの友撮本にですね、松井珠理奈さんと渡辺麻友さんの対談があるんですけど、その中に私の名前が出てきまして。麻友さんと珠理奈さんがユニットを組むなら男装ユニットがやりたいって言ってて。それで私も入れて3人でやりたいねっていう話をしてくれてたんですよ。

[2013年5月14日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・174センチの身長がちょっと原因でして。いっつも電車の広告とかも頭ペラペラするんですよね。つり革があったらパコンって当たるぐらい身長が大きい。

[2013年5月9日 SKE48研究生「会いたかった」公演]



・公演復帰

・活動を少しお休みさせていただいた間にですね、なんと体重がですね、3キロ落ちていまして。

・身長が176センチあるって言ってたじゃないですか。実はですね、最近測ってみたら、174.4センチでした。

[2013年4月29日 SKE48研究生「会いたかった」公演 13時開演]



・私が最近気になってるのはSKE48さんの研究生の荻野利沙さんって方がいるんですけど、その方がすごくかっこ良くて、2期生の田中優香ちゃんって子と私がガチ惚れしてるんですよ。だから、2人で「おぎりーさん、私のものだ」「いや、私のものだ」「いや、私のもの」ってずっと続くので、おぎりーさんにどっちが好きって言ってもらえるかちょっと気になります。 (深川舞子談)

[2013年6月13日 チームH「博多レジェンド」公演 28回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND