FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

SKE48高木由麻奈 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:高木由麻奈 (たかぎゆまな)
ニックネーム:ゆまな
生年月日:1993年8月23日
出身地:愛知県
血液型:A型
デビュー期:4期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
高木由麻奈 生誕コメント (2012/08/28)
高木由麻奈 20歳の生誕祭 (2013/08/27、チームKII)
SKE48高木由麻奈 21歳の生誕祭(Google+)
SKE48高木由麻奈 21歳の生誕祭 「メンバーのこともライバルだとは思っていないです」
高木由麻奈 21歳の生誕祭&木下有希子・加藤智子 卒業発表 (2014/08/25、チームKII)

■エピソード集&発言集


・NMB48では矢倉楓子ちゃんが一番好き。

高木由麻奈「NMB48の矢倉楓子ちゃんが好きなんですけど。初めて言います、私。難波では一番好きで、それで梅ちゃんが仲いいということで、本番のちょっと前にね、ふぅちゃんが通ったんですよ。そしたら梅ちゃんが(真似て)「話しに行きなよ」とか言って(w) 急にね、呼んじゃって。「ふぅちゃん!」みたいな。来ちゃって。私どうしたらいいんだろうと思って。「えっと、ぐぐたす見てます」とか言って(w) ふぅちゃんもビックリしちゃって、えっ?みたいな。「そんな、ありがとうございます」とか、それも可愛くて」
加藤智子「でもさ、由麻奈って楓子ちゃんに似てるとかちょっと言われたりしない?そういう噂聞いたことあるけど」
高木由麻奈「ない」客w
加藤智子「似てるって」
高木由麻奈「でも全然違う」
加藤智子「そんなことないよ。どっちも可愛いですから、ほんとに。でもいい思い出になったね」
高木由麻奈「いい思い出です。コメントはできないんですけど、『+1』を密かにしてるんで(w) 可愛いなーと思って」

[2014年8月27日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・ウルトラ由麻奈さんクイズ

高木由麻奈「2問目。私はもともとあることがコンプレックスがあったんですよ。でも、ファンの方のおかげやメンバーから「あなたのここ好きですよ、由麻奈さんのここ好きですよ」って言われて私が自分で好きになったこと。もともと悪いことがいいことに変わったことは何でしょうか」
惣田紗莉渚「今日言ったんですよ、私、由麻奈さんにそう言えば。由麻奈さんのお尻が好きなんです」ざわざわ
古畑奈和「待って待って。ファンの方が「由麻奈ちゃんのお尻大好きだよ」って」
高木由麻奈「言われたことない。メンバーから凄い言ってくれるね、お尻はね。違います」
加藤智子「違うんだなー。もう「Nice to meet you !」でいっつも一緒にやってるかわかってるよ」
北野瑠華「はい!」客w
石田安奈「モコちゃんの回答の番だよ」
北野瑠華「横取りしちゃった」
加藤智子「じゃーいいよ、言ってよ」
北野瑠華「背の高さ?」
高木由麻奈「ブー」
加藤智子「えっ?違うの?」客w
メンバーたち「モコさん」
加藤智子「だって前、嫌だって言ったじゃんか」
高木由麻奈「でも身長も嫌だったんですけど、身長は、まぁいっかってなった」
古畑奈和「声」
高木由麻奈「ピンポン!(拍手) そう、この声なんですよ。「喉大丈夫?」って、全然大丈夫なのによく言われるんですけど・・・どうした?」
北野瑠華「大丈夫、瑠香もよく言われるから(w) 安心してください、このガラガラが」
高木由麻奈「ガラガラではないんだけど(w) ハスキーチックなんですかね、多分。先日ね、山田菜々ちゃんに「由麻奈さんの声好きですよー」って言われて。ちょっと菜々ちゃんもねって思ったけど、菜々ちゃんは私は前からいいなって思ってた声なんで、そうやってメンバーからも言われて、凄い好きになりました。ファンの方からも「由麻奈の声凄いいいよ」って言ってくださったりして」
客「大好きだよ」
高木由麻奈「嬉しい(照) ほんとにありがとうございます」

■高木由麻奈 21歳の生誕祭

高柳明音からのお手紙

高柳明音「由麻奈お誕生日おめでとう。

今日お手紙を担当させていただくことになったのはなんと、私、高柳明音です」
高木由麻奈「えー!?」
高柳明音「そうなんです。私も来た時凄くビックリしました。でも正直この話をいただいた時、私でいいのかな?って思ったけど、任せていただいたからには普段感じている由麻奈への思いや感謝をこの場でお借りして伝えさせていただきたいと思います。

由麻奈と仲良くなったきっかけはSKE48第1回目の組閣でした。一緒にお仕事をする機会も少なかったからほとんど由麻奈のことは知らなかった。そんな時、コンサートリハーサルのため東京で1週間ぐらい東京に泊まることになった時、一緒の部屋になったのをきっかけに私たちの仲が深まりました。

由麻奈との同室にはたくさんの素敵なことが待ち受けていたのです。

その1『お部屋が良い匂い♪』
さすが女子力の高い由麻奈。私がお部屋に戻るといつも爽やかなシャボンの香りが部屋い~ぱいっに香っていました (ひゅ~) また一緒の部屋になりたいです。

その2『私の独り言に付き合ってくれる』
普段からテレビに向かって独りで突っ込んでいる私についてきてくれる。いつも古川さんはシカトするのに(w) そんな由麻奈との毎日が凄く楽しかったです。

その3『真剣な話もしてくれる』
楽しいだけじゃなくてお互いの話、チームの話。由麻奈はすっごく優しい子。だから私は時々心配になります。周りに気を使い過ぎていないか。新チームになってから私がずっと休演していて、久々に公演に出た時、由麻奈が公演終わりに私のところへ来て「ちゅったんがいてくれると自分らしくできるよ」って喜んで言ってくれたこと凄く嬉しかったけど心配になったのも本音。

由麻奈、もっと自分に自信を持っていいんだよ。やりたいことをやって、言いたいことを言って、ステージでも自分らしくパフォーマンスして。由麻奈はKIIには欠かせない存在になっています。だから、らしさを失って欲しくないです。由麻奈の優しさ、パフォーマンス、トークにモノマネ、1つ1つが由麻奈の好きなところです。

そして、いつも私を甘やかせてくれてありがとう。心のよりどころです。そして、その優しさに支えられています。これからもその優しさでたくさんの人を幸せにしてください。

高柳明音」

皆さんに是非メッセージをお願いします

高木由麻奈「今日は生誕祭を開いてくださって、足を運んでくださって、一緒にお祝いしてくださって、本当にありがとうございます」拍手

「こんなにも多くの方にお祝いしていただけて、本当に幸せだと思っています。

私は17の時に入って、18でお披露目だったんですけど、だから18から、えっと、こういう所に入って、なんか18までは全然考えてもなかった気持ちとか、何か嬉しい中にもいろんな嬉しいことがあって、悲しいことにもいろんな悲しみがあって、でもそんな感情が生まれたのはやっぱりSKE48に入ったからだと思っています。だから私はSKE48には感謝しています。

そして、入って4年が経つんですけど、この4年間の間にたくさんの出会いがあって。ファンの方やメンバー、組閣もあって、今までそんなに話せなかったメンバーとかともいっぱい話せるようになって、何か凄いなーって思って。出会いを、入ってなかったら出会わなかったし、ファンの方とも喋らなかったし、私の存在を知らなかったと思います。だから、本当に入って、出会って、凄い良かったと思います。

何か私はあんまり表に出ることが無いと思うんですけど、でもそれでもファンの方は支えてくれて、絶対いつかは・・・(涙) いつかは誰からも好かれる人になりたくて。胸を張って「私や僕の推しメンは由麻奈だよ」って言ってもらえて、そしたら他の人も別に推しメンじゃなくても「あの子いいよね」って言ってもらえるような存在になりたいと思ってます。

最近その東京ドームでのコンサートがあって、ファンの方が足を運んでくださったんですけど、やっぱり300人も出てると見つけられなくて、探しても見つからなかったよって。それは別にファンの方のせいとかじゃなくて、自分のせいであって、探されるんじゃなくて、自分から皆さんの視界に入れるぐらい最高のパフォーマンスをしていきたいなって思いました。

そういう悔しさとかが自分のヤル気になるんで、今の立場を別に後悔したりはしていません。

メンバーのこともライバルだとは思っていないです。メンバーが頑張ってると自分も頑張ろうって思えるし、今みこってぃやゆかりが舞台やってて公演になかなか出られないけど、2人が頑張ってるから私も頑張ろうって思えるし、2人のことも応援しています。

私は・・・うーん、なんか、はぁ(w) ちょっと1回・・・鼻水出て(軽くw) なんか泣き過ぎて聞こえてますか?(聞こえてるよ) 良かったです。

ほんとに、メンバーのことも大好きだし、ほんとに本当にSKEに入って良かったなと思えるし、皆さんのことも温かいなってずっとよく思うんですよ。なんでこんなに優しいんだろうって思うんですけれども、皆さんの為にも自分の為にも頑張っていきたいと思いますので、えーこれからも応援よろしくお願いします」拍手

[2014年8月25日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・視力は2.0以上

[2014年7月21日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 17時開演]



・車の免許を取得

[2014年7月7日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・初めてステージに立った時のエピソード

高木由麻奈「私はですね、10月5日にZepp 名古屋かな。で、お披露目だったんですけど、好きな漢字なかった?」
北野瑠華「私言いました」
山田みずほ「5期もあった」
高木由麻奈「えっ?無いんですか?」
石田安奈「覚えてない」
高木由麻奈「だよね。あって、私「輝」ってしたかな。今全然輝いてないんですけど」
メンバーたち「そんなことないですよ」
高木由麻奈「輝き過ぎてそんな「輝」とか書けない」
加藤智子「ちなみに今好きな感じは何? 一文字」
高木由麻奈「由麻奈の由、理由の由なんですけど、あれがどうしてもプレゼントに見えるんですよ。だからあれが好きです」

[2014年6月21日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 13時開演]



・自分の名前を打ち込んで出てきた検索候補

高木由麻奈「選抜総選挙がありましたじゃないですか。それで、須田亜香里さんが自分の名前で調べると「須田亜香里 可愛いくない」って出てくる

って言ったじゃないですか。私、自分なんだろうと思って、高木由麻奈って(入力して)一番最初に出てきたのが大学だったんですよ。大学行ってるんで大学、なるほど。「高木由麻奈 誤爆」「高木由麻奈 謝罪」と出てきてね」客w

「なんかちょっと嫌だなと思って」
大場美奈「私もね、「大場美奈 謝罪」で出てくるの」客w
高木由麻奈「やめなさい。だいぶ違う」
加藤智子「ちなみにモコはね、「人間性を疑う」って出てくる」客w
高木由麻奈「w それだけ多くの人が調べてるってことですからね。だから、今日皆さん帰ったら「高木由麻奈 意外といける」それでいいんで。これ宿題です。それで検索してくださいね」
大場美奈「私もお願いします。謝罪消したい」
加藤智子「私のほうがもっと嫌だからどうしたらいいの?」

・15歳の時、何をしてたか

高木由麻奈「私はですね、入ってなかったんですよね、中学3年生の時は。ブラスバンドをやっていまして、全国大会に行ってたんですよ。だから、部活一筋みたいな感じで、高校を部活で行くか、それとも勉強のほうで行くかっていうのを選んでる時ですかね。部活じゃないほうにしたんですよ、勉強のほうにしたんで、だから部活のほうにしてたらたぶん(SKEを)受けてないんですよ。だから、運命です」

[2014年6月13日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・好きな男性のタイプ

高木由麻奈「私はとりあえず尊敬出来る人がよくて、お互い尊敬し合って向上していく人がいいです。でもちょっとなよなよしてるのはノー」

[2014年5月27日 チームKII「ラムネの飲み方」公演]



・先日母とお話していて、私けっこういろんなことが出来るんですけど、楽器だとピアノ、トロンボーン、アルトサックス、ソプラノサックス、テナーサックス (おー) あとドラムも少々、そんぐらいかな。あと写真も好きだし、映画鑑賞も大好きだし、好きなことがあり過ぎるという話をしていて。そしたら母に「多才能は無能よ」って言われたんですよ。あーなるほどと思って、この業界だとそうなのかなと思ったんですけども、自分がもっともっと上に行けばそれが良くなるのかなと思うんで。

[2014年5月11日 チームKII「ラムネの飲み方」公演 17時開演]



・由麻奈ちゃん、この「シアターの女神」公演って決まったのって最初秘密だったじゃないですか。みんなに投票してもらって、何かな?何かな?ってなってたはずなのに高木由麻奈ちゃんね、レッスンが終わった後、ブログに「今日は「シアターの女神」公演のレッスンをしました」って書いちゃったの。 (山下ゆかり談)

高柳明音「その時の名言覚えてる、私。「シアターの女神」公演を私たちの色で染めますって書いてあった」客w

[2014年2月25日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・みこってぃのクシャミは「ハクションボケー」 (高木由麻奈談)

[2013年11月14日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・初めてのデコ出しヘアー

[2013年11月4日 チームKII 4th「シアターの女神」公演 13時開演]



・マスクしてる女の子や男の人が好きなんですよ。好きっていうか、マスク萌え?

佐藤実絵子「次回の由麻奈レーン、マスクばっかり」客w

[2013年10月1日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・ウルトラ由麻奈クイズを出題。

・一番好きなフルーツはパイナップル。

◆高木由麻奈 20歳の生誕祭

・お父さんとお母さんからのお手紙 (佐藤実絵子が代読)

「由麻奈ちゃんへ。二十歳のお誕生日おめでとう。

早いもので由麻奈が生まれてからもう20年も経ってしまいました。末っ子の由麻奈はいつまでも幼いイメージのままで、パパとママはずっと両手を繋ぎっ放しだったけど、もう放さないといけないね。寂しくもあり、嬉しくもありますが、これからは大人の女性として、素敵に人生を歩んで行ってくださいね。

二十歳になって、大人になるってことは何かを手に入れることでもなくすことでもなく、世界が広がって、責任が生まれるってことだよね。由麻奈が今までもらった幸せをこれからはいろんな人に責任を持って、手渡していける人になってね。

由麻奈は真面目過ぎて、不器用で、世渡りはあまりうまくないけれど、自分らしく流されずに行けばいつか必ず夢の岸にはちゃんと辿り着くので、これからも自分を信じて進んで行ってください。

そして、ちゅりさんをはじめ、優しくて素敵なKIIメンバーの方々と一緒に活動させていただけてありがたいですね。

ファンの方々も遠く、近くでいっつも由麻奈のことを見守ってくださっていて、本当に頭が下がりますね。そんな方々に感謝して、これからもまだまだがんばって、たくさん恩返しをしようね。

由麻奈は元々競争心がなくて、そんな子がSKEに入ってやっていけるのかと心配でしたが、弱音を吐かずに笑顔でがんばっている姿にパパとママは勇気や元気をたくさんもらっています。

今まで悔しいこと、悲しいこともいっぱいあったはずなのに、がんばり屋さんの由麻奈は歌が好き、踊りが好き、モノマネが好きで乗り越えてきたよね。これからもっともっと困難なことはあるでしょうが、「はい、ガラガラガラ」と重い扉で、自分の手でしっかりと開けてがんばってね。ずっとずーっと応援していますからね。パパとママがおじいちゃんやおばあちゃんになっても、ずーっとね。

それからいつも自分の体よりパパとママの体を心配してくれてありがとう。

最後にこの場をお借りしまして、全SKEメンバーのみなさま、スタッフのみなさま、大変お世話になっております。いつも由麻奈によくしてくださってありがとうございます。そして、何よりもファンのみなさま、いつも由麻奈にたーくさんの温かいご声援をいただきましてありがとうございます。これからも由麻奈をよろしくお願いします。

You You 由麻奈は二十歳になって、ますます声の魔法使いに磨きがかかりますように。おめでとう、由麻奈。ありがとう、由麻奈。由麻奈の一番近くにいるファンのパパとママより」客、拍手

・みなさんにメッセージを

高木由麻奈「あのですね、まず、今日お祝いしてくださったみなさん、生誕祭を考えてくださったみなさん、本当にありがとうございます」客、拍手

「今年で二十歳になりました。入った当時は17歳で、まだ17歳になったばっかりで、何をしたらいいのかまったくわからなくって。でも、一番考えた時期っていうのが19歳の時で、19歳の時にどういう風にして行こうとか、自分の夢とかが、見つかったり、しました。

いつも、私はあんまり悲しかったり、悔しかったりするのをファンの方に見せるのは嫌なんです。でも、私のファンの方は誰よりも一番に気づいてコメントをくださったり、握手会での温かい言葉だったり、公演での温かい声援だったり、それが私の力になっています。今ここに立っていられるのもファンの方のおかげですし、今輝かせていただいているのはファンの方がいるからです。

いろいろと伝えるのが下手だったり、最初はアイドルらしいアイドルを目指してたんですけど、でも、やっぱり自分が好きなことをやって、みなさんに見てもらいたいと思うので、私はこれからもいろんなモノマネするんですけど、温かく見守って、おもしろくなくても (軽くw) 温かく見守っていただけたらいいなと思ってます。

これからもファンの方の想いに応えれるように、そして自分の、すごくほんとに気づいたら二十歳になっていて、悔しいって思っている間にいつか30代になって、40代になってってなっちゃうのはすごく嫌なので、1日1日を大切にして、1日1日どんなに小さな一歩でもいいので、進んで行きたいと思います。

本当に今日はありがとうございました。これからもこんな私ですが、どうぞよろしくお願いします」客、拍手

[2013年8月27日 チームKII 4th「シアターの女神」公演]



・公式ブログに「シアターの女神」公演をネタバレしてしまったことについて謝罪。客は爆笑、高木本人は涙。

・このレッスンに向けて、佐藤実絵子さんのことを、ちょっと仲良くなったんで「みえちゃん」って呼んで見たり、あと、ちゅりさんのことは「ちゅりたん」って呼んでみたり、ちょっと先輩や後輩と仲良くなれたので。

・武田鉄矢さんのモノマネを披露 「あっ、ガラガラガラ。はい、だーめ。人という時はKIIとKIIでできている」

[2013年7月25日 チームKII 4th「シアターの女神」初日公演]



・肋骨にヒビが入ったまま舞台で踊ったことがある。

[2013年7月11日 チームE 2nd「逆上がり」公演 千秋楽]



・私、実は四姉妹で、姉が3人いるんですよ。それで、その四姉妹とも虫歯になったことが無いんですよ。

・お父さんのことをあだ名で「のりお」って呼んでいる。そののりおはじゃんけんが強く、徳永英明さんに似ている。

竹内舞「けっこうこれメンバーの間でもね、のりおって言ったら伝わるんだよね」
高木由麻奈「メンバー人気高いんですよ」

[2013年7月6日 チームE 2nd「逆上がり」公演 13時開演]



・私最近ね、思うんですよ。高木由麻奈ちゃん。由麻奈って出会った最初の頃はおしとやかで女の子らしくて、ちょっと控えめで、「あっ、いいです、私大丈夫です、ありがとうございます」みたいな、そういう子だったんですけど、最近いい意味で化けの皮が剥がれたというか、本性を現してきたというか、いい意味でね。 (竹内舞談)

・芹那のモノマネを披露。

[2013年3月13日 チームE 2nd「逆上がり」公演]



・このステージで由麻奈が特にそうだなって思うんですけど、由麻奈はステージよりも楽屋のほうが賑やかなんですよ。 (金子栞談)

・合間のMCにて上野圭澄と漫才(?)を披露するも、終わった後に金子栞に「才さ、自分たちで処理してから終わるんじゃなくてさ、処理してもらう感じなんだね」と言われてしまう。

[2012年12月27日 チームE 2nd「逆上がり」公演 18時30分開演]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND