FC2ブログ

岡田奈々 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:岡田奈々 (おかだなな)
ニックネーム:
生年月日:1997年11月7日
出身地:神奈川県
血液型:A型
デビュー期:AKB48第14期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
岡田奈々 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2012年

大森美優 14歳の生誕祭 & 岡田奈々・小嶋真子・橋本耀 公演デビュー(2012/09/06、「僕の太陽」公演 87回目)

岡田彩花(14歳)&岡田奈々(15歳) 合同生誕祭 (2012/11/09、「僕の太陽」公演 115回目)

2013年

岡田奈々生誕祭 お花画像(2013/11/09)

岡田奈々 16歳の生誕祭 (2013/11/09、18時開演、AKB48チーム4)

2014年

2015年

【速報版】 岡田奈々 18歳の生誕祭レポート

o16321224p.jpg


AKB48岡田奈々がショートカット、イケメン化

160420 (9)

■エピソード集&発言集


・恋愛はAKBやめてもできるけど、AKBは今しかできないと思う

茂木忍「ちょっと自分ヤバイなと思うことがあって。自分が最近恋愛とかけ離れすぎて、恋愛モノのドラマとかマンガとか読むと泣きたくなるんですよ。どうしたらいい? ガチで泣きそうになる」
岡田奈々「でもそのマンガとか映画見てキュンキュンすればいいんじゃないですか?」
茂木忍「したいけど、できないんだもん、だって。見て、世の中にはこんなに幸せな人がいるんだ。私はそんな経験をすることもなく違う道を歩いていくんだと」
岡田奈々「でも恋愛はAKBやめてもできるけど、AKBは今しかできないと思う」おー&拍手

「だから、恋愛は何歳になってもできると思うんで、今はその泣きたいのを我慢して、キュンキュンしてください」

岡田奈々の理想の男性は真面目でも「いいよ」って言ってくれる人

[2014年10月28日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・真面目さがまだ足りない

「私に足りないものはやっぱり、私は真面目さがまだ足りないと思うんですよ (えー!) 今日も着替えがいつもよりも10分ぐらい遅くなっちゃって」
小林茉里奈「それで何分前?」
岡田奈々「10分遅くて30分前とか」
小林茉里奈「早いよ」
岡田奈々「でも自分的にはまだ足りないと思うので、もっとストイックに頑張っていきたいと思います」

岡田奈々はバンジージャンプを3秒で飛べる

岡田奈々「私もけっこう凄いんですけど、知ってる方は知っているバンジージャンプ3秒で飛べます。「世界をムチューにさせます宣言!」っていう、今はもうやっていない番組なんですけども、前やっていた番組で」
茂木忍「高さどれぐらいなの?」
岡田奈々「70メートルぐらい。私だったら300メートルでも3秒で飛べます」
茂木忍「その自信が凄いな。ガチな目で言ってくるから」
岡田奈々「私、高い所凄い得意で

[2014年10月26日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 18時開演]



・総選挙、速報発表エピソード

岡田奈々「私、そんな未姫と。ちょうど総選挙の中間発表、速報の日に2人でカフェ行ってお茶したんですけど、で、速報までの時間を静かに2人でお茶を飲みながら過ごして、速報が終わったら、黙って帰るっていう。凄い空気でした。でもいい経験に」
峯岸みなみ「その前に私とご飯行ったこと何で言ってくれないの? 未姫ちゃんとなぁちゃんとご飯を食べて、そこで私、次のお仕事があるから、「もうすぐで速報発表だね」って言ってて。私、オールナイトニッポンだったんですよ、その日に限って。それで2人は心細いから一緒に見るって言って、2人をカフェに送り届けたっていう所すっぱり省略」客w
岡田奈々「いや、長くなるかなと思って」
西野未姫「懐かしいね、奈々」
峯岸みなみ「カフェで泣いたでしょ?」
西野未姫「いや、泣いてはないけど、おー!みたいな感じでドキドキしたカフェでしたね、その時は」

[2014年10月26日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・岡田奈々は握手会も真面目

岡田奈々「私はもう普通に時間ピッタリにはじめるくらい」
茂木忍「真面目か」
岡田奈々「例えば9時から始まるとしたら1分前には移動して、ピッタリに「お願いします」って始める。なんで時間ピッタリに是非皆さん来て欲しいです」客w

[2014年10月14日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・今の私の悩みは、顔だけ太りたいんですよ。

[2014年10月2日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・未来予想図

岡田奈々「私けっこう明確にありますよ。まず、今16なんですけど、10代はやっぱりこういう世界で頑張ろうかなと思っていて。20過ぎたらソロ活動についてしっかり考えたいなと思って。で、やっぱりでも、女の子ですから結婚はいつかしたいなと思ってるので、だいたいでも27、8ぐらいで結婚できたらいいなと思っていて、30までに子供も1人できたらなと思います」
茂木忍「凄い考えてる」
岡田奈々「で、まぁ80過ぎまで生きれたらいいかなっていう(w) そういう風にがんばります」
茂木忍「旦那さんの理想とかある?」
岡田奈々「でも、やっぱり経済的に安定してる人」拍手
茂木忍「リアルリアル」
岡田奈々「でも大事じゃないですか、やっぱり。たぶん一緒に子供もできたりして、一緒に生活していく上で経済的なことで凄い大事だと思うので、その辺はちょっとしっかりしたいなと」

[2014年7月16日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・携帯で自分の目玉の写真を撮るのが凄い好き

[2014年7月12日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 18時開演]



・オーディションエピソード

岡田奈々「私は13期研究生も実は受けていて。面接まで行って、面接で凄いほんとに緊張しちゃって、オーディションで。だから死に物狂いで頑張ります!みたいなことしか言えなくて。そしたら落ちちゃったんですよ。で、14期でリベンジして、今度は「私凄い歌得意で、ダンスも凄く自信があります」って全然上手くもないのに、別に理由ないんですけどとにかく自信満々ですみたいなことを言ったら受かりました。だから根拠のない自信って大事だなって思いました」

[2014年6月20日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・好きな関西弁は「やんなー」

・真面目エピソード

加藤玲奈「私は奈々ちゃんです。前はね、凄い真面目でちょっと話し辛そうだなって。見た目ね、真面目って噂で聞いてたんで。だけど話してみたら、凄い優しいんですよ。みんなが、私が馴染めるようにって「私がれなっちって呼んでタメ口で喋ったらみんなも喋ってくれるかもしれないから、喋りますね」って言って。ほんとに私、そん時からなんていい人なんだろうって」
岡田奈々「真面目って凄い言われるから、真面目な私が4つも上の先輩、14期と10期なんですけど、4つも上の先輩にタメ口で話したら周りの人も「あれっ?」ってなるかなと思って
加藤玲奈「ほら、こうやって考えてくれるところ」客、拍手
峯岸みなみ「今タメ口なの?」
加藤玲奈「タメ口だよね」
岡田奈々「普通に、おはよーれなっち」
加藤玲奈「おはよーって感じ」
峯岸みなみ「へーそうなんだ」
加藤玲奈「距離が縮まった感じがして、凄い嬉しく思ってます」
峯岸みなみ「いい話」
岡田奈々「私も普通に話し辛そうだと思ってて」
峯岸みなみ「確かにね、クールっぽいし」
岡田奈々「でも同い年だし、なんか、一緒にいて凄い楽というか、居心地が割りと良くて。だからどんどん仲良くなれるんじゃないかなって」
加藤玲奈「嬉しくて涙が出てきそうです」客、拍手
岡田奈々 → 加藤の肩に手を回しポンポンと

[2014年5月10日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・チーム4の思い出

岡田奈々「大組閣祭り当日インフルエンザで出れなくて。凄い家で1人で寂しかったし、みんな大丈夫かなっていろいろ不安だったんですけど、チーム4からラインが来て、「奈々の分も清純フィロソフィー踊るからね」っていう凄いたくさん連絡が来て、それが凄い嬉しくて、お家で1人で泣いてました」
[2014年4月15日 チーム4「手をつなぎながら」公演 63回目]



・岡田奈々と高島祐利奈は『重たい子』

岡田奈々「前に祐利奈さんに公演についてだったりとかいろいろ話をしたんですよ。その時にいつも他の人にすると「大丈夫、もうちょっと気楽に考えて」って言われるのが凄い共感してくれて、私の話を。たぶんお互い重い女の子?」客w

「そうなんですよ、ほんとに。お互い凄い重たいから合うんですよ、凄く」
高島祐利奈「そうなんだよね。たぶんあれだよね、普通の子からしたら「この子ちょっと」って言われるような発想してるんだよね」
岡田奈々「そうなんです」
高島祐利奈「ねー」
岡田奈々「でもなんか重たい子って少ないから、AKBは。だから凄い運命」
メンバーたち「重たい子って・・・」
高島祐利奈「少しのことでくよくよ考えちゃうみたいな」
岡田奈々「そういう感じですね」

[2014年4月12日 チーム4「手をつなぎながら」公演 61回目]



・私は卒業するまでにAKB48グループ全メンバーと挨拶以上の会話をするっていうことをしたくて。社交的な自分を目指していて、人見知りを脱却したくて、どうしても。特に松井玲奈さん、SKEさんの松井玲奈さんとちょっと挨拶以上の話をしてみたくて。今松井玲奈さんのポジションをこの公演でやらせてもらってるので、ちょっとお話してみたいなと思って。

[2014年3月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 47回目]



・衣装さんから「肌が30歳だね」って言われたことがほんとにあったんですよ。あって凄くショックを受けたので言われたその夜から毎日体に化粧水とかを塗るようになりまして、10代の肌を目指して努力してます。

[2014年2月21日 チーム4「手をつなぎながら」公演 43回目]



・真面目じゃないですか。只者じゃないぐらい真面目なんですよ、ほんとに。公演始まる前に円陣をやるんですね、チーム4全員で。だいたい奈々が「円陣何分前です」って言ってくれるんですけど、奈々は「何分前」じゃなくて「何秒前」まで言うんですよ。例えば「ハイ、13秒前です」ずっと待ってるんです。凄くないですか? (橋本耀談)

[2014年2月16日 チーム4「手をつなぎながら」公演 40回目]



・「メンバーは友達じゃない」

[2014年2月11日 チーム4「手をつなぎながら」公演 38回目]



・私、ほんとにAKBに人生をかけにきたんですよ。それで、今の私からAKBを取ったら本当に何も無いんですよ。だからもうAKBが無かったら今の自分がいないというか。なんか良かったなと思います、AKBに出会って。

[2014年2月8日 チーム4「手をつなぎながら」公演 35回目]



・チーム4の風紀委員と呼ばれている。

梅田綾乃「なぁちゃんってチーム4の風紀委員って呼ばれてるんです、真面目でね。それで、公演前にみんなで円陣をするんですけど、その円陣をする10分前とかになると「円陣10分前でーす」とか、すごい時は、さっきなんですけど「円陣をする5秒前でーす」って言われたんですよ」

・奈々なんですけど。テレビとかで見た方はわかるかと思うんですけど、凄く真面目で、メンバーに本気で怒るんですよ。その本気なのがほんとに怖くて鬼だなって思うんですけど。私は4のメンバーの中でも特に怒られるほうなので言葉遣いとかね。 (相笠萌談)

[2014年2月3日 チーム4「手をつなぎながら」公演 34回目]



・メンバー想いで優しいエピソード

峯岸みなみ「基本2回公演の合間はぐったりしてる。みんながワー!って楽しそうな時、1人で鏡の前でグターってしてたら「みぃさん大丈夫ですか?」って。「もし倒れたくなったら私が支えますので心おきなく倒れてください」って言われて」

[2014年2月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 33回目]



・チーム4でグループLINEをやっていて、公演が終わった後に例えば私だったりマネージャーさんだったりが「今日の公演こんな感じだったと思います。もうちょっと気をつけましょう」みたいなメールを送るんですけど、その返信パターンがだいたい決まっていて、なぁちゃんとかなっきーとかは「わかりました、次気をつけます、よろしくお願いします、ありがとうございます」みたいなめっちゃ丁寧なメールが帰ってくるんですけど。 (峯岸みなみ談)

[2014年2月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 32回目]



・奈々とは同期で同じ歳で仲良しで、よくご飯に行くんですけど、奈々とご飯に行くとだいたい真面目な話になってしまうんですよ。公演をどう良くすればいいかとか、明日のMCどうしようとか。だからもうちょっと気楽な話で一緒にご飯に行けたらいいなと思います。 (小嶋真子談)

[2014年1月21日 チーム4「手をつなぎながら」公演 29回目]



・成人しても、二十歳になってもこのAKB48にいようと思っている。

[2014年1月13日 チーム4「手をつなぎながら」公演 24回目]



・チーム4の生活指導係。相笠萌の言葉遣いをよく注意したりする。

[2014年1月10日 チーム4「手をつなぎながら」公演 23回目]



・(今年一年の自分を漢字一文字で表わすなら) 実は昇格する前は自分を作っていまして。メンバーの前でですよ。それをチーム4になってから隠さずにすべてを出すようになって。だから素が出せるようになったからこの1年で素なんじゃないかと思って。

[2013年12月12日 チーム4「手をつなぎながら」公演 16回目]



・岡田奈々がライバル視してるは小嶋真子。

岡田奈々「まぁ、リアルなんですけど。14期デビュー当時に、じゃ~私たち14期のトップ2人とも狙って、ライバルになろうねって言ってるので。オーディションの頃からそういう風に言ってて。だからちょっと真子はもうずっとライバルです」

[2013年11月20日 チーム4「手をつなぎながら」公演 8回目]



・言葉遣いが悪いと岡田奈々ちゃんに怒られる。 (高島祐利奈談)

・楽屋の冷蔵庫の扉を早く閉めないと奈々に怒られる。開けっ放しで考えちゃったりすると、ピッピッピーって鳴るじゃないですか。奈々はピッピッピーの3つぐらいで飛んでくるんですよ。 (小嶋真子談)

・なぁちゃんはチーム4の中でお母さん的な存在だと思ってるんですけど、さっき自己紹介MCでも出てきたように、冷蔵庫を開けっ放しにすると怒るし、言葉遣いが悪いと怒るし、しかも自分で、できないことがあるとできるまで絶対に家でやってくるし、そういうなんか、お母さん的存在な人がいるから、楽屋もキレイだし,
本当に感謝しています。 (村山彩希談)

・たかみなに被るところがすごいある。 (峯岸みなみ談)

峯岸みなみ「私はなぁちゃんはたかみなに被るところがすごいあって」客、反応

「たかみながそれを感じてるのか、なぁちゃんに近寄って行くんですよ」客w

「同じ現場など。「あの子はすごいしっかりしてる。絶対いろいろ考えてるし、何か抱えてる」って言って」客w

「よくわかんないシンパシーを感じられるみたいなので。なんかこうクール系、一生懸命で、しっかりしてるっていうイメージなんですけど、実際部屋とかはピンクなんでしょ?なぁちゃん」
岡田奈々「はい、ピンクです」
峯岸みなみ「そういうところがすごいたかみなに似てるし、なんかこう、いつか、どっかハチャメチャなタイミングでぶっ壊れるんじゃないかなってすごい心配してるんですけど、私はチーム4では一番年上ですけど、ちょっとたかみなっていうところも似てるところもあって、すごくなぁちゃんのことを頼りにしています」客、拍手

相笠萌「あのですね、たかみなさんと私も似てるなって思うこともあるんですけど、あの、似てないところがあって、ファッションセンスがすごくいいんですよ」客、拍手

「奈々の服がすごいいつもかわいくて、そこは似てないなって思います」
峯岸みなみ「たかみなから言わせたらね、将来なぁちゃんはロックな服を着る、私みたいになるって言ってたんで」客、軽くw
岡田奈々「そう、言われました」
峯岸みなみ「気をつけてね」
岡田奈々「気をつけます」
岩立沙穂「そのうちあれですかね、すべるようにもなるんですかね」
メンバーたち「怖い」
峯岸みなみ「なぁちゃんちょっと武道館すべり気味だったもんね」客w

◆岡田奈々 16歳の生誕祭

・進行役は前田美月

・岩田華怜からのお手紙 (前田美月が代読)

「奈々ちゃんへ。お誕生日おめでとう。

14期生が入ってきた時、私がまず最初に気になったのが奈々ちゃんでした。ものすごい目力で、一番大きな声で「おはようございます」と
挨拶をしてくれた奈々ちゃん。それからすぐに連絡先を交換して、メールや電話で話す仲になったね。

奈々ちゃんはすごく真面目で責任感が強いから、その日の公演がうまくいかなかったり、レッスンでみんながうまくまとまらなかったりすると、1人でいつも悩んでいたね。でもそんな時に、私に電話やメールをくれて、相談してくれたこと、 期は上でも、年下の私を慕ってくれたこと、本当に嬉しかったです。

泣きながら電話してくれたり、何時間も長電話をしたこともあったけど、ある時、奈々ちゃんが公演のパフォーマンスのことで相談してきてくれた時、おこがましいんだけど、なんだか研究生の頃の自分を見ているような気持ちになり、ハッとしました。満足のアドバイスもできないし、話も聞くことぐらいしかできないけど、努力家で優しくて愚痴一つ言わない奈々ちゃんを人として尊敬してるし、大好きです。

あまりにも真面目すぎてパンクしちゃわないかたまに心配になるけど、そんな時はまたいつでも頼ってね。

私も奈々ちゃんに負けないようにがんばります。頼りない先輩だけど、これからもよろしくね。

チームA 岩田華怜」客、拍手

岡田奈々「ありがとうございます。岩田華怜さんは私がすごい悩んでる時とか、すごい躓いちゃった時にいつもメールとか電話してくれたりして、すごく、ほんとに自分の中でもすごい大好きな先輩で。嬉しいです」客、拍手

内山奈月からのお手紙 (前田美月が代読 → 本人登場)

前田美月「なぁちゃんへ。お誕生日おめでとう。

すごーく、すごーく大好きで、すごーく、すごーく尊敬していて、すごーく、すごーく仲良しだと思ってるなぁちゃん。 こうやってなぁちゃんのお誕生日にお手紙を書くことができて本当に嬉しいです。

なぁちゃんとは出会って1年半。長いような、短いようなとても濃い1年半だったね。 それだけ一緒にたくさんのことを経験してきたんだなーって思う。

研究生としてレッスンが始まったばかりの頃、私たち14期は何度も怒られてばかりで、私たちだけで話し合いをした時、なぁちゃんは「私はこれに人生を賭けてるから」と力強く話してくれたよね。

あの頃はあまりお喋りはしなかったけれど、私は今でもすごく印象的に覚えてるよ。私だって負けていられない、もっとがんばらなきゃと思ったのと同時に、この子と仲良くなりたい、 一緒にがんばりたいって強く思ったんだ。

それからどんどん仲良くなって、ホテルでも同じ部屋になることが多いよね。もう家族の次に多く一緒に寝てるんじゃないかなって思ってる。そんな時、2人で熱い話もたくさんしたよね。こういうメンバーでありたいとか、こうあるべきだとか、私の気持ちがゆるんでる時でも、
なぁちゃんと一緒だともっとがんばろうってまた思えるんだ。

私がもうこれでいいかなって思ってしまった時に隣のなぁちゃんを見ると必ずそれ以上だから、いつも刺激を受けるんです」
内山奈月(本人登場)「今年の夏はずっと一緒のお部屋だったから、初めてちっちゃなケンカもしたよね。すごく他愛もないやつ。だってなぁちゃんが鏡に指紋をベタベタつけるんだもん。一瞬で仲直りしたけどね。そんななぁちゃんのこと大好きだよ。

「てもでもの涙」を「パジャマドライブ」公演で一緒にやらせてもらった時にはめちゃめちゃ練習したよね。 すっごくたくさん振りもそろえた。私ね、なぁちゃんがなっきーとの「てもでもの涙」が一番好きって言ってくれるのが本当に嬉しくて、一緒にオリジナルの先輩を越えようねって誓ったこと、本当によく覚えてる。

最近は、なぁちゃんはてんとうむChu!のメンバーに選ばれたりして、 一緒じゃない時間も増えるようになったね。1曲の中でも、なぁちゃんはすごく前の方で踊ってるから、全然アイコンタクトが取れなかったりして、正直ちょっぴり寂しい時もあるんだ。

でもね、一生懸命過ぎるぐらいがんばってきたなぁちゃんを見てたから、自分のことみたいに心からおめでとうって思えるの。なんだか嬉しいんだ。私ももっともっと努力しようって、なぁちゃんに追いつきたいってすごく思うの。

でもなぁちゃんはいつもがんばり過ぎちゃうとこあると思うから。なぁちゃんはいつも完璧主義で、どんなに辛くても忙しくても、手を抜かないんだよね。だからちょっぴり心配になるの。そこが素敵で、憧れちゃうところなんだけど、無理はしないでよ。何かあったら私に頼ってね。

こんなに仲良しで大好きななぁちゃんだけど、実はまだ一度もプライベートで2人で遊んだことないよね。なぁちゃんの好きな男の子のタイプだって知らない。もし、私たちが普通の女の子で、同じ教室で出会っていたら、どうなっていたんだろうって、時々考えるんだ。今みたいに仲良くなってたかな?

私となぁちゃんは普通の友達じゃない不思議な関係、でもこうやって、AKB48 14期生としてなぁちゃんと出会えたこと、本当に幸せなの。なぁちゃんが同期でいてくれたことは私にとって、すっごく大きなことなんだ。だから本当にありがとう。あっ、でも今度お泊まり行きたいな。これからもよろしくね。

なぁちゃん大好きだよ。 なぁちゃんにとってハッピーな1年になりますように。

16歳のなぁちゃんのたくさんのハッピーを願って。チーム4 内山奈月より」客、拍手

・16歳の年はどんな1年にしたいですか?

岡田奈々「15歳の時に研究生武道館だとか、総選挙だとか、ドームツアーでてんとうむChu!の結成だったり、チーム4の結成があったわけなんですけど、私の中ですごく大きかったのがこのチーム4の結成で。正直研究生の時とか、あんまりその13期さんとか、私的にはそこまで仲良くなかったし、ちょっと、壁を感じている部分もあって。でも14期の相手にも、ちょっと自分を作っている部分とかもあったりして、でもチーム4になってからほんとにみんなが大好きになって、なんか、もうほんとになんでも言えるし、すごい、先輩も私のことすごいかわいがってくれるし、今ではそのチーム4が私の心のよりどころというか、すごくほんとに大好きな存在で、なんかほんとに15歳の1年は自分を変えてくれたというか、このチーム4のおかげで自分の素を出せるようになったし、ファンのみなさんにももっとたくさんの私を知ってもらえたんじゃないかなって思うんですよ。

でも、そんな大好きなメンバーでも、すごいキラキラ輝いてる子とか、すごい笑顔が上手でかわいく笑ってる子とか、そういう子がたくさんいて、で、そういう子を見てると、なんかすごい自分がすごい笑顔とか苦手で、全然上手く笑えなかったりするから、すごい遠い存在というか、すごいなんかいつも、どうして自分はこんなにできないんだろうって勝手に比べちゃうこともあって。

でも、なんかこういろいろ自分の中でチーム4になって考えてみたら、自分の魅力はそこじゃないんだなって思うようになって。たしかにキラキラ輝いてて、笑顔が上手で、すごい笑顔振りまいてる子もすごい素敵かもしれないけど、でも私の魅力はそこだけじゃないんだなっていうのを考えることができて、すごい自分らしさを大切にしようって思えた1年だったんです」客、拍手

「ありがとうございます。で、16歳になったこれからはですね、正直自分の魅力はそこじゃないってわかったんですけど、明確な自分の魅力っていうのは正直わかっていなくて。だから、16歳の1年は岡田奈々と言えばこれだろうみたいな、そういうものを見つけられたらいいなって思うし、あとはそうですね、女優と歌手という夢を目指して、この1年でどれだけ変われるかわからないんですけど、ほんとに、この世界は実力で残って行くんじゃないかなってすごく思うんで、そうですね、この1年は自分の限界までがんばって、歌も全然上手くないし、ダンスとかもなかなか踊れないことが多いんで、はい、実力をつけて、まずはチーム4のトップを取ること、そしてAKBだけじゃなくてこの世界でも通用するような歌手と女優になりたいなって思います」客、拍手

「チーム4が本当に大好きなんで、絶対失いたくないと思うし、あとは先輩にも厳しく注意できるように」客、軽くw

「そうですね、チーム4でも先輩にもちゃんと厳しく言えるようになります」客、拍手

・素敵な生誕祭を開いてくださったファンのみなさんにひと言お願いします

岡田奈々「あの、ほんとにサイリウムたくさんパキパキ鳴る音がすごい聞こえて」客w

「でも正直、緊張し過ぎてて、「雨のピアニスト」の時とか、何色のサイリウムだったとか覚えてなくて。何色ですか?」客「ピンク」

「あー!ピンク。ピンク好きってけっこういろんな人に言ってきたんで、ほんとにこの素敵な生誕を開いていただいて、ありがとうございます」客、拍手

「あとですね、ロビーに飾ってあるお花なんですけど、ブルーと白で統一されていて、すごい私好みのお花たちですごい素敵だなーと思ったんですけど、なんか、お城みたいになっていて、私がみぃさんに誕生日はキレイなお城が欲しいですって言ったんですね」客、軽くw

「ちょっと無理なお願いをしてしまったんですけど、なんかそのお花がすごいお城みたいになってて、あっ、じゃ~ファンの方は私の願いを叶えてくれたんだなと思って、本当に嬉しかったです。ありがとうございます」客、拍手

前田美月「奈々はたぶんすごい人になると思う」客w
岡田奈々「何それ? ありがとう。じゃ~、すごい人になるね」客「おー」
前田美月「なって」
岡田奈々「なんか、ちょっとして夢がありまして。ちょっとしたというか、かなり大きな夢なんですけど。将来の夢がモデルの美月がCMに出て、そのCM美月が着る服をなっきーがデザインして、私がそのCMの主題歌を歌うっていう」客「おー」 → 拍手

「すごくすごく大きな夢があるんで、そうですね、そこまで行ったら私はもう1人で旅立てるような気がします」

[2013年11月9日 チーム4「手をつなぎながら」公演 4回目]



・チーム4に昇格させてもらってから、チーム4メンバーで初めての生誕祭は内山奈月ちゃんがやったんですけど、その時に私、人生で初めてお手紙をなっきーに書いたんですね。その内容は全然まとまってないし、すごいグチャグチャしてたんですけど、それでも泣きながらすごい「ありがとう」って喜んでくれるなっきーと、この14期が周りで目をうるうるさせながらこっちを見てて、それがすごい私にとっては一番のこの公演の思い出です。

[2013年10月27日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 108回目 千秋楽]



・私は15期の込山榛香ちゃんの笑顔がすごい欲しくてて。こみはるは常に笑ってて、楽屋でもステージ上でもニッコニコしてるんですよ。でも私はけっこう笑顔が苦手なんで、実はですね、15期の中でも一番憧れてるんです、こみはるに。後輩の中で一番憧れてるんで、ちょっとね、いろいろ教えてください。

[2013年10月24日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 104回目]



・やきいもが大好き。

[2013年9月27日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 92回目]



・私はもう高校1年生なんですけど、自分のその日着る私服とかが決まらないと、昔はもう泣き出してたんですけど、最近はグズるようになっちゃって。

西野未姫「そのグズってる時の奈々の真似ができるなんですよ。もう無い、やだ、もうできないわかんない誰かママー、わーってなるんですよ、この奈々が」
高島祐利奈「でも奈々ちゃんのすごいところがあるんですけど、「できないわかんない」ってなってもちゃんと質問すると「それはですね」って答えられるの」客w

「自分のことと他人のことはちゃんと区別して考えられるんですよ。それはほんとすごいなと思います」
西野未姫「それは大人だね」

[2013年9月19日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 86回目]



・私は歌がすごく好きで、実はオペラとか演歌にも興味があるんですよ。

[2013年9月16日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 86回目]



・(AKBだって思う瞬間)道端で歩いてる時に、「岡田奈々さんですか?」って言われた瞬間が。デビュー1年過ぎたあたりから、だいぶかけられるようになって、特に印象に残ったのが、ドすっぴんで、マスクつけてて、頭ボサボサなのに、気づいてくれる男の人がいて、えー?って思って、ちょっとそれは衝撃的でした。

[2013年9月14日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 84回目]



・岡田奈々ちゃんの話なんですけど。昇格発表をしていただいた時に、13、14と峯岸さん、ずーっと名前を16人分呼ばれたんですけど、こじまことか萌ちゃんとか呼ばれて、で、「岡田」って言われたので、あっ、なぁちゃんかなと思って。後ろにいたので、ちょうど。ハァって振り向いて、一歩出たんですよ、前に。そしたら「岡田彩花」って言われて。そういうのを目撃しまして。

岡田奈々「岡田って言って一歩前にほんとに出たんですよ。そしたら、彩花って言って、一歩戻る」客w → 拍手

・奈々はいつも真面目で、しっかりしてて、大人って感じじゃないですか。でも、意外にそういう一面があって。自分の失くし物とか、自分が上手くいかなくて、ちょっと、そうすると、「なんでーもうやだーできない、もう嫌だ、なんでなんで」って。喚き出すんですよ。もうダメダメもうやだーとか言って。 (西野未姫談)

[2013年9月12日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 81回目]



・握手会したらまず絶対目を離さない。

西野未姫「恥ずかしくなったりしないの?目合い過ぎて」
岡田奈々「いや、全然目見るの好きだから、ぜひ目合わせてください」

・アゴ四姉妹 (西野未姫・岡田奈々・北澤早紀・込山榛香)

[2013年9月10日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 80回目]



・ほんとに奈々はほんとに真面目で、心がね、キレイ過ぎて、ほんとにもうがんばり過ぎてて心配になるぐらいすごいんですよ。それで、MCの確認とかもすごいなんか楽屋でやるんですけど、いっつも、じゃ~、MC確認しますってやってくれたりとか、お題をすごい考えてくれたりとか、すごいなんか、ひとつ期は下なんですけど、すっごい、助けてもらいっ放しで、すごいなんか本当に感謝しています。 (相笠萌談)

[2013年8月29日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 73回目]



・最近AKBの秋元才加さんがラジオで私がすごくいい表情をすると褒めてくださった。

[2013年8月18日 AKB48研究生「パジャマドライブ」SKE48劇場出張公演]



・高島祐利奈から見た岡田奈々の第一印象

高島祐利奈「入った当時ってすっごいメイクが濃くて、それこそほんとに渋谷にいそうな感じだったんですよ。目元が真っ黒で」
岡田奈々「ちょっとパンダっぽかったですよね」
高島祐利奈「ちょっとだけね。でも今はすごい真面目って言葉がピッタリなんですけど」

[2013年8月5日 研究生「パジャマドライブ」公演 68回目]



・深夜アニメが好き。深夜アニメを見るせいで睡眠不足。

西野未姫「奈々は「昨日はよくわかんないけど、お風呂出たら2時で、それからアニメ見ちゃったら寝たのが6時ぐらい」とか言って、朝じゃんみたいな。そういうこと多くて、大丈夫かなって思います」

[2013年7月27日 研究生「パジャマドライブ」公演 62回目]



・HKT48さんの優しさを改めて実感して。出張公演が終わって、帰る時にドアの横に、出口なんですよ。出口の横に「AKB48研究生またきんしゃい」って紙が張られてて、すごいそれに感動して、絶対きたいと思いました。すごい優しかったです。

[2013年7月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 60回目]



■ナツイチ2013 課題図書
鳥が教えてくれた空
鳥が教えてくれた空 (集英社文庫)

読書感想文 (2013年8月10日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/okada_nana/



・かなりのインドア派。アニメが大好き。

[2013年7月11日 研究生「パジャマドライブ」公演 58回目]



・お寿司にしょう油を絶対にかけない。アナゴとかにかける甘だれあるじゃないですか。あれにワサビをちょっとだけ混ぜて、付けて食べるんですよ。

[2013年7月2日 研究生「パジャマドライブ」公演 54回目]



・(選抜総選挙のポスターについて) 研究生でもかわいらしいポスターってやはり多いじゃないですか。ハートだったり、キラキラしてたり。でも私はかわいらしさを捨てて、かっこ良さ、かっこいい路線でいこうと思いまして。私の取り得が全力ということで、全力疾走だけ書かせていただいたんですけど、ぜひ注目してみてです。

[2013年5月11日 研究生「パジャマドライブ」公演 31回目]



・私、機械音痴なんですよ。携帯がなかなかうまく使えなくて、初めてぐぐたすをやらせてもらった時に毎晩小嶋真子ちゃんに電話をして、やってた時があって。

小嶋真子「すごいなんかもう、電話の仕方がもう危機的状況な声で「真子!真子! 今大丈夫?」みたいな。「やり方教えて」みたいな感じですごいかわいい」

[2013年5月7日 研究生「パジャマドライブ」公演 30回目]



・実は泣き虫で、とっても。洋服が決まらないとすぐ泣き出すんですよ。だから、そういうとこはまだまだ子供かなって思います。

[2013年5月5日 研究生「パジャマドライブ」公演 26回目]



・いつも空気が読めないといろんな人に言われる。

[2013年4月29日 研究生「パジャマドライブ」公演 21回目]



・100公演目。

・「僕の太陽」公演の「Lay down」という曲で茂木忍に1回押し倒されたことがあった。

茂木忍「あの曲やりたい放題だったからさ」

[2013年4月18日 研究生「パジャマドライブ」公演 18回目]



・私は花のJKになったら歌を習いたくて。本格的な感じの。で、AKBの歌姫になりたいわけですね。

[2013年4月2日 研究生「パジャマドライブ」公演 12回目]



・自分で言うのもなんなんですけど、かっこいい曲はイケてると思うんですよ。ただ、ほんとに笑顔が苦手で、曲中とか自然な笑顔が出せてないってよく言われる。

[2013年3月20日 研究生「パジャマドライブ」公演 初日]



・枝毛がすごく好き。

[2013年3月16日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・岡田奈々&内山奈月は「ななっきー」というユニットを組んでいる。(※表記不明)

・岡田奈々ちゃんって、入ってきた時から常にメイクをしていたので、私は勝手にちょっとギャルの子なのかなって。 (北澤早紀談)

平田梨奈「私もちょっと怖かった。メイクがめっちゃ濃かったんですよ」
岡田奈々「それは昔の話ですよ」

[2013年3月15日 研究生「僕の太陽」公演]



・アルパカが好き。

[2013年3月14日 研究生「僕の太陽」公演]



・私はその時、中学1年生で、学校で普通に掃除をしていたんですね。掃除の途中に地震が来て、私の地元は全然大きい地震ではなくて、普通に家に帰ってテレビをつけるとすべてのチャンネルがニュースになっていて、そこで初めて東北が地震にあったと聞いて、本当に驚きました。なのでこれからは私が、私たちがたくさんの方々に笑顔を届けられるように一生懸命全力でがんばります。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・私はバレンタインデーの日にチームBさんのバックダンサーに出たんですけど、藤江れいなさんと大家志津香さんにバックダンサー全員にバレンタインプレゼントをくれまして、その袋が、ケーキとかいろいろ入ってたんですけど、袋が未だに捨てられなくて、「いつもバックダンサーがんばってくれてありがとう」って書いてくださって、それがすごく大切で、捨てられないです。

・尊敬する先輩は渡辺麻友さん。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・前田美月ちゃんのお母さんは公演の度に大学芋とか私の大好きな芋を差し入れしてくれる。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 14時]



・AKB48に入る前はめっちゃ臆病だったんですよ。世に言うチキンってやつ。学校の規則とか絶対破れなくて。今もちゃんと守ってるんですけど。先生が怖くて怖くて、怒られるのが嫌だったずっとけっこう真面目キャラで、生徒会とかやってたんですけど。今はぶっ飛びキャラですよね?

[2013年2月9日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・AKB48に入ってからツインテールをやったことが無い。

[2013年2月5日 研究生「僕の太陽」公演]



・前から奈々はパフォーマンスが力強くて注目してた。ユニット祭りに一緒に出演した「鏡の中のジャンヌ・ダルク」のリハで奈々を見て、刺激を受けた。 (岩田華怜談)

[2013年2月4日 チームA ウェイティング公演 18回目]



・渡辺麻友さんのようなお人形フェイスが大好き。目指してるんで、5年後にはそんな顔になっているかもしれないです。

[2013年1月20日 研究生「僕の太陽」公演 18時公演]



・メンバーさんの二の腕を触るとすっごいやる気が出る。でも未姫の二の腕だけはまったくやる気が出ません。一番元気出るのはゆかるんさん。

[2013年1月15日 「僕の太陽」公演]



・実はネガティブなところがある。

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 18時開演]



・お年玉50円アップ

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 14時開演]



・渡辺麻友さんのことが大好き。

・幼稚園の頃、パパが言えなくて、ずっとアパと言ってた。

[2012年11月28日 「僕の太陽」公演 126回目]



・メンバーからもらった嬉しかった言葉
西野未姫に「奈々って優しくて、厳しくて、パパみたい」と言われたこと。

・未姫だけなんですよ、私のこと頼ってくれるのは。

[2012年11月23日 「僕の太陽」公演 124回目]



・集中力がある。

・妹に「なーちゃん」と呼ばれている。

・生まれ変わったら男の子になりたい。男の子は力持ちなので。

[2012年11月22日 「僕の太陽」公演 123回目]



・寝るのがほんとに好き。車でもバスでも電車でもほんとにどこでも眠れる。

・自称:お父さんキャラ

[2012年11月20日 「僕の太陽」公演 122回目]



・どうしても朝眠い時は、ペットボトルに入った味も付いてない炭酸水500ミリリットルを一気飲みする。

・小学校4年生ぐらいの時のバレンタインの日に気持ち悪くなって、お腹も痛くなったが、友達からもらったチョコレートを食べたら治った。その日からチョコレートが大好きになった。

[2012年11月18日 「僕の太陽」公演 121回目]



・もしもAKB研究生辞典があるなら、自分のところには何が書いてあるか
まず1つ目はアゴ姉妹のお姉ちゃん。いいですか?1つ目ですよ。2つ目は芋が大好き過ぎるいもこ。で、3つ目は泣き虫過ぎて毎回毎日毎日同期にお世話になる泣き虫ちゃん。

[2012年11月17日 「僕の太陽」公演 119回目]



・6人家族

・優しいけど厳しい。 (西野未姫談)

・小食。ご飯は絶対完食できない。

[2012年11月17日 「僕の太陽」公演 25回目]



・卵アレルギー

・11月7日、誕生日の日に誕生日プレゼントが幾つも来た。同期の5人に全員もらって、沙穂さんとひらりーさんにももらい、未姫のお母さんと美月のパパからももらった。その日のプレゼントは全部ベットの周りに並べてですね、幸せ気分だった。

[2012年11月13日 「僕の太陽」公演 23回目]



・みんなが「今日って何々のレッスンやるって聞いてた?」「聞いてないよ」みたいなこと言ってたら、奈々ちゃんがめっちゃクールに「聞いてなかったけど私もうできるから」って。 (茂木忍談)

・最初はイメージ的に大人しそうな感じだった。 (西野未姫談)

・一番14期をまとめてくれる。しっかりしてて努力家。レッスンとかいつも完璧に踊れてる。オンデマンドとか見て、こういうところ直したほうがいいよとかみんなにアドバイスしてくれたり、たまに叱ってくれたりとかして、ほんとに厳しくて優しいお父さんみたいな存在。 (西野未姫談)

・奈々の歌が大好きなんですよ。すっごいキレイな声。 (小嶋真子談)

岡田彩花(14歳)&岡田奈々(15歳) 合同生誕祭

・アンコール「Lay down」後に行われた。進行役は茂木忍。

この1年はどんな1年
岡田奈々「私はデビューしてからだいたい4ヶ月ぐらいですかね?経ったのですけど、私にとってはその4ヶ月がほんとにあっという間で、初めて出たのは「檸檬の年頃」っていう「RESET」公演の前座だったのですけど、その日から4ヶ月間で東京ドームとか公演とか握手会とか、あまりにも時間が早過ぎて、頭の整理ができてないっていうか、あり過ぎてよくわかんないこともまだあるんですけど、周りの先輩とか同期がいっつも支えてくれて、たった4ヶ月間でもすごい充実してたなと思います」客、拍手

今年1年どんな1年にしたいですか?
岡田奈々「これからの1年はまだデビューしてから1年も何も経ってないのですけど、今こうして「僕の太陽」公演に出れてるので、まずはパフォーマンスを磨くことを一番重視したいのですけど、実は私は笑顔が苦手で、なかなかかわいらしい笑顔ができないんですけど、ほんとにキラキラ輝く笑顔ができたらなと思います。それと、自分にとって納得のいく1年にしたいんですね。パフォーマンスにしても何にしてもMCとかまだまだなんですけど、すべてが成長で、すべてが自分の中で納得できる1年にしたいです」客、拍手

生誕祭を開いてくださったファンの方にひと言
岡田奈々「私は毎回公演に出る度に自己紹介の時とかもこういう時もそうなんですけど、名前を呼んでくれる方がたくさんいて。その公演をどんどん出て行く度に大きくなるような、自分の中ではしてるんですね。その自分の中で少しでもパフォーマンスが成長できたなって思った時とかすごく嬉しくて。私なんか応援してくれる人がいることがすごく嬉しくて。いつも私は失敗ばかりなんですけど・・・(涙)」客「がんばれ」

「いっつも泣いて、先輩方とか慰めてくれるんですけど、同期のみんなも「大丈夫だよ」って言ってくれるんですけど、怒られてばっかりで、いろんな人に迷惑かけて、そういう自分のできなくてイライラから親にぶつかってしまったり、ちょっと同期にあたってしまったりしてたんですけど、こうして応援してくれるみなさんがいることで私はほんとに心の支えになってます。ありがとうございます」客、拍手

[2012年11月9日 「僕の太陽」公演 115回目]



・至福のひと時は今まで踊れなかったダンスが自分で練習して、踊れるようになった時。もうほんと達成感がある。

・テスト勉強まったくやってなくて、ヤバイと思って、前日に英語を1、2時間勉強だけ勉強したら、90点取れた。

[2012年10月6日 「僕の太陽」公演 100回目]



・憧れてる先輩は岩田華怜さん。「最近相談をしたんですね、悩みとかいろいろ困ったことがあって、それを華怜さんに相談した時に、すごい真面目に全部話を聞いてくれて。それに対するアドバイスとか意見とかたくさん言ってくれたんですね。まさかそこまでしてくれると思わなくて、すごいその時感動して。だから私も後輩ができたら華怜さんみたいな先輩になりたいです」

[2012年10月4日 「僕の太陽」公演 99回目]



・トイプードルのメスを二匹飼っている。私の命より大切な存在。

・アゴを主張する輪郭をもうちょっと太らせたい。

[2012年9月29日 「僕の太陽」公演 95回目]



・魔法を使えたら、私はアジアとかアフリカとか飢餓に苦しむ子供たちがいっぱいいるじゃないですか。そこで、お腹いっぱい美味しいものを食べさせてあげたいです。

・真面目でおとなしそうに見えるが、意外に、めっちゃ変顔とかする。 (西野未姫談)

・かわいい系の変顔披露

・お母さんが作る甘い卵焼きが大好き。

[2012年9月29日 「僕の太陽」公演 94回目]



・最近チョコロールケーキに嵌っている。1日1コずつ食べるようにしている。2つ食べるとママに怒られるので。

・トイプードルを黒と白、二匹飼っている。いっつも私におもちゃを持ってくる。その時の言葉が私には聞こえる。「投げて!投げて!」と言ってくる。

[2012年9月15日 「僕の太陽」公演 90回目]



・やきいもが大好きで、秋になるとよく家族に「いも子」と言われる。

・保育園の時、転んで中指の爪が剥がれてしまったことがある。でもその時はすごく強い子で、泣かなかった。

[2012年9月15日 「僕の太陽」公演 89回目]



・公演デビュー

・「今日ほんとに初めての公演ですっごい緊張してるんですけど、でも、ほんとにがんばりたいと思ってます。今日の目標なんですけど、初めての公演って言っても、一番目立ちたいと思ってます。ハイ、今日は先輩に負けないように一生懸命歌って踊ります。よろしくお願いします!」

北澤早紀「むめっちゃくちゃ14期のことをまとめてるんですよ」

小嶋真子「頭いいですよ」

・「英語が得意です」

・「私すっごい早紀さん(北澤早紀)に似てるって言われるんですよ」

[2012年9月6日 「僕の太陽」公演 87回目]



・「アイドルなんて呼ばないで」ポンポン隊に初出演。

[2012年8月19日 「僕の太陽」公演 85回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND