FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

茂木忍 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:茂木忍 (もぎしのぶ)
ニックネーム:もぎちゃん
生年月日:1997年2月16日
出身地:千葉県
血液型:AB型
デビュー期:AKB48第13期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
茂木忍 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2013年

茂木忍 16歳の生誕祭 (2013/02/16、18時開演、AKB48研究生)

2014年

茂木忍 17歳の生誕祭 (2014/02/16、18時開演、AKB48チーム4)

2015年

2016年

【速報版】 茂木忍 19歳の生誕祭レポート 「またもう1曲歌わせてください」

160305mogi11.jpg

■エピソード集&発言集


・茂木忍は小学生の時、男の子っぽかった

茂木忍「そんなに恥ずかしいわけではないんですよ。小5、6年ぐらいの時にすっごい男の子っぽかったんですよ。私、お兄ちゃんがいるんですけど、服も全部お兄ちゃんのおさがりで、ドクロとか書いてあるやつとか。靴とかも凄い速く走れる靴あるじゃないですか。男の子向けの靴を履いて、1人称もオレだったんですよ、私。それが今となっちゃこんなアイドルやってます」
岡田奈々「凄い。よく変わりましたね」
茂木忍「そう、何があったんだろうね。徐々に恥ずかさが出てきちゃって、普通に女の子にシフト変えてきたんですけど。そういういい経験だったかな」

[2014年10月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・茂木忍は加藤玲奈と目が合っただけで「目合わせないでください」って言われてしまう

西野未姫「私は凄い最近れなっちに冷たくされて、凄く心が泣いてるんですけど、今日もれなっちに近寄ろうとしたら、「ちょっと近づかないで!」って言われたりとか、凄い辛いんですよ」
茂木忍「大丈夫、近寄るぐらいだったら大丈夫。私、目合っただけで「目合わせないでください」って」客w
西野未姫「茂木さんよりかは好かれてるってことで、元気出ました」

[2014年10月21日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・茂木忍はよく「強そう」って言われる

茂木忍「(見習いたい人は)ゆかるんさん。何を見習いたいって、そのはかなさと言いますか。同じ女の子ですけど守ってあげたい系女子と言いますか、守ってあげなきゃっていう使命感を持たされるかななさじゃないですか。私はよく握手会とか友達とかにも「強そう」って言われるんですよ。だからか弱い女の子なのが見習いたいと思います」
佐々木優佳里「嬉しい」
茂木忍「こういうのもいいよね」

[2014年10月14日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・村山彩希は人の気持ちに敏感

岡田彩花「(見習いたい人は)彩希ちゃんなんですけど。私あまり彩希ちゃんのこと褒めないんですけど、いいなって思うところは人の気持ちに敏感なので、落ち込んでたらすぐ気づいてくれるんですよ。だからそこが凄いなと思います」

[2014年10月14日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・用もないのにジーっと見られるのが世界で一番嫌い

[2014年10月2日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・じゃんけん大会エピソード

茂木忍「私の衣装はですね、短ランにボンタンって言うんですか? に、凄いかっこいい刺繍をたくさんしてもらったんですよ。顔もけっこうきつめの不良っぽい感じのテイストで出たんですけど、あまりにもみんなに似合い過ぎって言われ過ぎて、「拳の正義」の衣装にせよ今回の衣装にせよ、あんまり、あれなんですよね、正統派な衣装着ても似合うって言われないのに、そういう衣装の時だけ似合うって言われて、あれ?私アイドルだったよなと思って」
メンバーたち「凄い似合ってた」
小林茉里奈「もう私服かと思った」客w
茂木忍「さすがにあれで通学はしてないです」

[2014年9月19日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・理想のお母さん

茂木忍「私の理想はうちのお母さんみたいな感じで。ママには信念と言うんですか? モットーがありまして。どんなにケンカとかしててもご飯だけは美味しく食べるっていうのがうちの決まりなんですよ」
大森美優「ドラマみたい。茂木家の食卓」
茂木忍「茂木家の食卓はいつも温かいんですね。だから私がお母さんになったらですね、どんなにケンカしてでもご飯は美味しく食べれる、そんな家庭にしたいなと思っております」

[2014年9月1日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 (塚本まり子 卒業公演)]



・未来予想図

茂木忍「私は、んー、とりあえずこっちでまず頑張って、結婚して」
岡田奈々「いつですか?」
茂木忍「えー・・・運命の人と出会ったら (ひゅ~) 誰が私のこんなん求めてんだって」軽くw

「経済的なところも大事なんですけど、経済的なところも備わってる大恋愛の末、結婚したい」
岡田奈々「大恋愛ってどういう」
茂木忍「ちゃんと両者が思いやって、で、結婚してからもずっとラブラブラブがいい」
岡田奈々「こみはるのお父さんとお母さんみたいな」
茂木忍「そうだね」
岡田奈々「カラオケで腰に手をまわす」
茂木忍「そうそう、娘の前でも恥じらいなくそういうことしてくれるような旦那さんがいいなと思うんですけど、こうなってくるとこみはるのお父さんと結婚してることになるのかな?」軽くw
岡田奈々「ダメです」
茂木忍「それはダメだよね」

[2014年7月16日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



■村山彩希 17歳の生誕祭

◆進行役は篠崎彩奈

お姉さん(長女)からのお手紙

「三女 ゆうちゃんへ。お誕生日おめでとう。

ゆうに手紙か。真剣に書くの初めてだし緊張するね。

5人家族の3人姉妹で三女の彩希。今も昔と変わらずお姉ちゃんと同じくらいわがままで、パパと一緒にうるさいくらいのムードメーカーで、ママと同じくらい家族思いの優しい彩希。

寝る時はいつの季節も隣にいて暑苦しいくらいギューってしてくるし、外に出るとずっと手を組んできてほんとに甘えん坊。そんなゆうがアイドルでAKBなんだよね。ほんとに凄いなー。

オーディションの日、電車で面接の質問一緒に想像して、ドキドキしながら会場に向かった時、「絶対受かるね。いってきます」って向かったゆうの顔はいつもにまして緊張していて、こっちまでドキドキしたよ。

合格を聞いた時、凄く嬉しかったのに、素直に応援してあげられなくてごめんね。

羨ましくて全然応援してあげてなかった私にしつこいほど「お願いだから来て」と招待されたのがゆいりーになって初めての生誕祭。幕が上がって初めて見たゆいりーに本当に感動して、号泣したのを今でも覚えているよ。

録画したAKBの曲を何回も何回もリピートして、家で一緒に覚えていたのが懐かしいね。夜中なのに歌って踊って汗かいて、ずっとAKB観てたもんね。今じゃテレビの前でゆうが踊ってるのを何回も何回もリピートして、家族で泣きそうになりながら感動しているんだよ。スクリーンに映るたび、家でも会場でも叫んじゃうのは親と同じくらいの姉馬鹿なんだね。

研究生で頑張り続けたゆうが、東京ドームで昇格発表された時、まさか呼ばれると思わなかったから声を出すほど涙が止まらなくて、本当に嬉しかった。あの時のファンの方の彩希の声援もチーム4ができたあの光景もゆうの満面の笑顔もずっとずっと忘れないよ。

たくさんのファンの方に応援していただけて、たくさん素敵な仲間もできて、たくさんのスタッフの方に支えられて、いろんな人に愛されてるゆうが羨ましくもあり、本当に自慢だよ。

これから先まだまだ辛いことや悩みが増えてくると思うし、壁にぶち当たる時もあると思う。だけど、ゆうにはたくさんの仲間や周りの方もいるし、家族だって側にいるんだから、自分1人で抱え込まないで相談するんだよ。ママと言い合ってるのもよく見るし、いろいろと頼りない家族だけど、大好きなゆうを待ってる、安心できる環境はずっとあるからね。

彩希の笑顔はみんなを元気にするから、これからも元気に明るくみんなから愛されるゆうでいてね。

大好きな大好きな妹、ゆいり、逆に頼っちゃう時もあるけど、親に怒られるぐらいこれからも一緒にバカ騒ぎしていこうね。

最後になりましたが、彩希を支えてくれるメンバーの皆様、ファンの皆様やマネージャーさんやスタッフの方々、本当に素晴らしい生誕祭を開催していただきまして感謝の気持ちでいっぱいです。これからもみんなで彩希を支えていくので、ずーっと応援よろしくお願いします。

伝えたいことが多すぎて伝わり辛くてすみませんでした。今日は本当にありがとうございました。長女、あーちゃんより」

17歳の1年どんな1年にしたいですか?

村山彩希「16歳の時に全国握手会の時に選抜メンバーさんとライブに出たり、あとは研究生選抜に選んでいただいたり、若手選抜にコンサートの時に選んでいただいたりして、いろんなことに選んでいただいたりはしているんですけど、なかなかそのチャンスを活かすことができてなくて、

新チーム4になってからも、ポジションのことは全然気にしてないんですけど、やっぱり後輩の勢いって凄いなって思っちゃったり、なんかもう、いいやって投げ出したくなったりするけど、そういう時にメンバーが助けてくれたり、あと峯岸さんのぐぐたすを見てすごい感動してしまったんですけど。今のチーム4を支えてる?引っ張ってるのは私じゃなくて彩希ですっていう風に書いてくれてて。でもさっきみたいにアリガトウのセリフちゃんと言えないし。笑い過ぎじゃないですか?(w) ほんとにそういうところがまだ頼りないんだなと思うので、そこはもうちょっとしっかりしたいのと、

あと今年、誕生日の日に家族で祝ってもらったんですけど、ハッピーバースデーの歌ってほんとは祝う人が歌うじゃないですか。なのに私だけしか歌ってなくて(w) 家族歌ってくれなくて。それで誰も歌ってくれないから1人で凄いお祝いみたいになってて。

でも、最近電車とか乗ってて、「彩希ちゃんですよね?」って気づいてもらったり、ケーキ買う時に、嬉しくてモバメとかめっちゃ書いちゃったんですけど、そうなんです、今年サプライズ性が全然なくて、誕生日に。ケーキも一緒にお姉ちゃんと買いに行って、ネームプレートどれがいい?って自分で選んで、名前何て書きますか?って言われて「彩希ちゃんで」って自分で言ったし(w)

でも、なんですかね、今年は全然サプライズ性がなくて、プレゼントも凄いわかりやすいプレゼントで、でもほんとに嬉しかったし、あと、外のお花、元の話が何かわかんなくなってきちゃった。17歳ですね。17歳はとりあえず自虐ネタをやめるのと、あと、ほんとに頼られる先輩になりたいっていうのと、チーム4にキャプテン、副キャプテンがいない時はみんなを支えてあげる先輩、頼られる存在になって、これからも難しい名前の彩希(ゆいり)っていう名前をどんどん皆さんに覚えてもらいたいなと思います。以上です」拍手

こんなに素敵な生誕祭を開いてくださったファンの方に何かありますか?

村山彩希「お花見たんですよ。私、りんごそんなに定着してないのに凄いなと思ったんですよ。でもなんかれなっちに写真見せたら「えっ? ハートじゃん」ってめっちゃ言われて。でも凄い嬉しかったです。あと私、毎年毎年サイリウムの折る音が凄い好きって言ったら、すっごい、たんぽぽの時にわざとらしいぐらいこうやって(w) やってくれた皆さんを見て、すんごい面白いなと思って。しかもなんか、凄いほんとに、私がアリガトウのセリフでつっかえた時も、まぁ笑ってくださるのも優しいのかなと思うんですけど、言い終わった後に、声援をくれて、本当に優しいファンの人に支えられてるなと思ってます。本当にありがとうございます」

何か言い残したことはありますか?

村山彩希「たぶんあるんですけど、元の話がわかんなくなっちゃうんですよ、話してくと。なので詳しいことは、そうですね、お姉ちゃんとかに頼りながらぐぐたすやAKBメールに書くので、是非読んでください。お願いします」拍手

[2014年6月18日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・人気とレギュラー番組が欲しい

込山榛香「私は、みんな「えー」っていうかもしれないんですけど」客「えー」

茂木さんの顔が欲しいw」客「えー」
メンバーたち「えー」
茂木忍「ちょい待てい」客w

「待って。私、顔だけならってよく言われるもん。思ってないでしょ?」
込山榛香「可愛いです、めっちゃ」
茂木忍「もうなんか、ヤダー」客w
込山榛香「ほんと」
茂木忍「だってこみちゃんのほうが明らか可愛いし、番組とか出てるもん」客w

「私より番組とか出てるもん」
篠崎彩奈「じゃー茂木ちゃん何欲しいの?」
茂木忍「私、人気が欲しい」客、拍手
篠崎彩奈「そうですよね」
茂木忍「ついでに言うと、レギュラー番組も欲しい」客、拍手

[2014年4月12日 チーム4「手をつなぎながら」公演 61回目]



・「チャンスの順番」エピソード

茂木忍「私はですね、「チャンスの順番」が今回リクエストアワーでランクインして、私はじゃんけん選抜っていう4位の仲川遥香さんのポジションに入らせていただいたんですけど、私的に「チャンスの順番」っていうのはですね、私がAKBのオーディションを受けた時に。私AKBのオーディション4回ぐらい、3回落ちてるんですけど、落ちてる時に「チャンスの順番」を聴いて勇気をもらった曲なんですね。今回それを踊らせていただくということで、なんか、やってる時に別に自分がじゃんけん選抜に入ったわけじゃないのに、なんか泣きそうになっちゃって。でもそういう立場じゃないなと思って泣くのは控えときました」

[2014年4月9日 チーム4「手をつなぎながら」公演 60回目]



・茂木さんによく太ももを触られるんですけど、ガリガリ過ぎないところが好きってよく言ってくださる。褒められてるのかよくわからないんですけど。 (向井地美音談)

[2014年3月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 46回目]



・Google+のほうで茂木さんが男装した写真を載せたんですけど、それがかっこ良くて、ビックリしちゃったんです。 (岡田奈々談)

・梅田綾乃と茂木忍はケンカしてお互い喋らない時期があった。

梅田綾乃「すっごい前にケンカしたことがあって、1ヶ月間喋んなかったよね」
茂木忍「1ヶ月だっけ? もっと喋ってなかった」
梅田綾乃「もっと喋ってないね」
西野未姫「知ってる知ってる。私その間に入ってましたもん。茂木さんに「これうめたんに伝えて」って言われてそれを私がうめたんに伝えるっていう役をやってました」
梅田綾乃「なんですけど、今はすっごい仲良しでね、話すよね」
茂木忍「ケンカしてたからこそ今仲いいみたいな」
西野未姫「ケンカするほど仲いいってやつですね」

◆茂木忍 17歳の生誕祭

・進行役は高島祐利奈

・前田亜美からのお手紙 (高島祐利奈が代読)

「茂木ちゃんへ。お誕生日おめでとう。

初めて茂木ちゃんにお手紙を書きます。

どうやって書いたらいいかわからないけど、茂木ちゃんにはいつも感謝しているよ。

茂木ちゃんと出会ったのは3年前位かな? 最初に話した時は静かでキレイな子だなって思いました。

茂木ちゃんはAKBのオーディションで憧れの先輩を訊かれた時に私の名前を言ってくれたってスタッフさんに聞いて、私の名前を言ってくれた後輩は初めてだったのでビックリしました。どんな子が入ってくるのかなって会うのが楽しみだったよ。

今まで憧れの前田と言ったら、必ず前田敦子さんだったから、私の名前を言ったなんて間違って言っちゃったのかな? でも名前を知っててくれて嬉しいな、なんて思ってました。

会った時に目をキラキラさせて「憧れなんです」って私に会うのに楽しみにしてくれる姿が嬉しくて、私にとっても自信になりました。

私には直接言わないけど、よく公演で私の太ももを触りたいとか、いろいろ言っているみたいだね。ファンの方やメンバーが教えてくれたので情報は知ってました。

キレイな顔立ちなのにおもしろい子で、変顔が得意で、ギャップが大好きです。

これからはたくさん話しかけてね。また一緒にご飯に行こう。

ずっと憧れていてもらえるように私も頑張ります。

茂木ちゃんありがとう。大好き。

前田亜美」客、ひゅ~&拍手

・ママからのお手紙 (高島祐利奈が代読)

「忍へ。17歳のお誕生日おめでとう。

今年の生誕祭は最後まで泣かずに頑張れましたか? あっという間の1年でしたね。

あんまりにもいろいろなことがあり過ぎました。たくさん泣いて、たくさん笑って過ごしてきましたね。

13歳、普通の休日の昼間にパソコンの前に座って「夢は自分で動かなきゃ叶わないよね」とハッキリと宣言して、研究生オーディションの申込みをした日からあなたの生活が少しずつ変わりました。

ママはそんなに真剣だとは思っていなかったので、1回落ちたらすぐに諦めて、他の事に興味を持つのだろうと思っていました。

でも、あの宣言はあなたの本気だったんだよね。履歴書の余白を埋めなくちゃといろんなことにチャレンジしたよね。だから、AKBに受かるまでもけっこう濃い日々だったね。

1人だけ号泣しながら審査会場から出てきたこともあったね。

やっと13期生として合格して、研究生になってからも不安な日々が続いて、幾つかの公演を経て、「まさか、今回も昇格は無いよね」と言っていたコンサートでの昇格発表は本当に驚いたし、嬉しかったです。

夢の途中の今どうですか? 思い描いた世界を楽しんでいますか? 想像していたこととどのくらい違いますか? 挫けていませんか? 諦めたりしていませんか? 自分で動かなきゃ夢は叶わないと言った時の忍は今もいますか?

ママは忍のファンです。歌って踊っている姿を見るのが好きです。怒ったり泣いたり笑ったりと忙しい忍が好きです。たくさん考えて行動する忍も好きです。朝何度起こしても起きない忍も好きだけ好きです。

また新しい1年が始まります。憧れのセブンティーン。少しだけ大人に近づく17歳。いろんな忍を見せてください。

忍が笑顔で過ごせるようにママも協力します。あなたを支えてくださるたくさんの方々への感謝の気持ちを忘れずにこれからも進んで行こう。これからもよろしくね。ママより」客、拍手

・去年の1年はどうでしたか?

茂木忍「なんか、いっぱいなんか良くない意味で話題になったりとか、なんか普通に伸び悩んだりとかしてたし、なんて言うんだろうな、すごい辛かったことが多くて、けっこう強いほうなんですけど、すごい家とかでは泣いたりとかしてて(涙) ちゃんと行動に移せない自分が嫌いだったし、なんか、んー(涙)」客「頑張れ」

「鼻水出る。でもなんか、そんな私が落ち込んでる時とかにコメントとか手紙とか見てすごい元気つけて(涙) なんかそういう人たちがいて、なんかほんとに、なんかありがたいなって思って、なんか辛いこともあったけど、なんかいい1年だったなって思います」

・今年の1年はどんな1年にしたいですか?

茂木忍「とりあえず朝ちゃんと起きれるようになる」客w → 拍手

「あと、なんか悪い意味で話題にならないようにする」客w

「あとはファンの人が忙しくなるような毎日? こんな雑誌に出てたとか、次はこのテレビに出るとか、そういうのが16歳はちょっと増えたけど、まだまだだと思うから、17歳の1年はファンの人が忙しくなるような日々にしたいなって思ってます」客、拍手

・ファンの方にメッセージをお願いします

茂木忍「えーっと、なんかすごい私ってすぐネガティブになるし、やる気があっても見え難いことがあって、やる気が無いとかよく言われるし、でもやる気はあるから、その17歳の年はやる気を表に出して、茂木ちゃん変わったなってみんなが思うような年にもしたいので、これからもよろしくお願いします」客、拍手

・挨拶後、捌ける前にコメント

茂木忍「ほんとに、私の為にこんな素敵な生誕祭を開いてくれてありがとうございます。17歳はもっと強くなって、うまく立ち回れるように頑張ります。これからも茂木忍をよろしくお願いします」

[2014年2月16日 チーム4「手をつなぎながら」公演 41回目]



・AKB48の中でたぶん一番腕相撲が強いと思う。

[2014年2月8日 チーム4「手をつなぎながら」公演 36回目]



・実は最近朝長美桜ちゃんのモノマネを研究してるんです。

・もし朝長美桜ちゃんに言われたらムカつくセリフシリーズ第一弾

茂木忍「え~茂木ってまだ選抜入ったことないんですか~

[2014年2月8日 チーム4「手をつなぎながら」公演 35回目]



・チーム4でグループLINEをやっていて、公演が終わった後に例えば私だったりマネージャーさんだったりが「今日の公演こんな感じだったと思います。もうちょっと気をつけましょう」みたいなメールを送るんですけど、その返信パターンがだいたい決まっていて、なぁちゃんとかなっきーとかは「わかりました、次気をつけます、よろしくお願いします、ありがとうございます」みたいなめっちゃ丁寧なメールが帰ってくるんですけど、真子はだいたい「OK」みたいなスタンプが了解!みたいなスタンプだけ押してきて、だいたい茂木が帰ってこないか素っ気無い。 (峯岸みなみ談)

[2014年2月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 32回目]



・岩立沙穂のリクエストを受け、可愛い声(メイドさん)を披露

茂木忍「じゃーやりますよ。やる時はやる女なんで」客「おー」

おかえりなさいませ、ご主人様♪ それではこのオムライスをすごーくすごーく美味しくするためにみーんなで一緒に呪文を唱えましょう。私が「萌え萌え」と言ったら「きゅーん」って一緒に言ってください。それでは、萌え萌えきゅーん。すっごい美味しくなりました、ありがとうございます。それでは召し上がれ♪」客、拍手
メンバーたち「すごーい」「長い」
岩立沙穂「凄い。なんかさ、クオリティが高かった」
茂木忍「練習したことないけどテレビとかで見てるのを見よう見まねで」
篠崎彩奈「何のテレビ見てるの?」客w

[2014年1月21日 チーム4「手をつなぎながら」公演 29回目]



・1人円陣を披露 「ゆいりんごりらっぱせりすいかもめだかえるびいるかもめろん今日もがんばれオー!」

[2013年12月26日 チーム4「手をつなぎながら」公演 19回目]



・3分VTR

茂木忍「いぇーみなさん公演楽しんでますか? いぇー。ということで、ここではですね、握手会やぐぐたすなどでよく訊かれることについてジャンジャン答えていきたいなと思います」

「まず1つ目、ぼっち疑惑。ぼっちなんじゃないの?ってよく訊かれるんですけど、全然そんなことなくて、高校に入ってから、最近はですね、友達と放課後に一緒にラーメン食べに行ったりだとか、友達の家に遊びに行って喋ったりとか、そういう青春っぽいことを最近はよくやってて、自分にも友達が増えたなと思っています」

「そして2つ目、太もも好きキャラについて。ほんと太もも好きなの?とか、そういうの訊かれるんですけど、好きです」客、軽くw

「すみません、今日はちょっと女性が多いんですけど、あのですね、太もも好きキャラはいつからなのかっていうのを訊かれるんですけど、今年のはじめにぐぐたすで書き初めみたいな感じで自分で「全太もも制覇」って書いて、そっから「茂木ちゃん=太もも」みたいなイメージがついてきてるんですけど、年内に狙いたいなと思っていたんですけど、ちょっとまだ制覇には至らないので、これからも徐々に徐々に狙っていきたいなと思ってます」

「そして3つ目、きぃちゃんの突き飛ばし事件」客、軽くw

「きぃちゃんの突き飛ばし事件というのはですね、前やってた公演中にトンってやる振りがあったんですけど、それで気合が入り過ぎちゃったせいか、ちょっとね、ちょっときぃちゃんが思いのほか飛んでしまって、それがいろいろ話題になったっていう事件というか、事件と言っていいのかな?なんですけど、まぁでも元からきぃちゃんとは仲がいいほうで、元から仲良かったんですけど、その件についてAKB新聞さんで取材とかさせていただいたりしたので、それ以来もっともっと仲が良くなったのかなと思います」

「そして4つ目、やってみたいユニット。やってみたいユニットはですね、私、岩立沙穂ちゃんと仲がいいので、2人で「禁じられた2人」とかやってみたいなと思ってて、あとは今16歳なんですけど、18歳になったら「誘惑のガーター」ができるっていう話を聞いたので、18歳になるまでがんばって、18歳になったら「誘惑のガーター」をやりたいなと思っています」

「そして、将来どうなりたいの?ってよく訊かれるんですけど、将来は様々な分野でがんばりたいなって思ってて、バラエティとかクイズ番組に出れるようになりたいなと思って。バラエティは峯岸さんが一番身近なすごく素敵な先輩だと思うので、これからも峯岸さんをお手本にいろいろ勉強していきたいなと思っていて、クイズ番組に出て活躍できるために、今からちゃんと毎日ニュースとか見て、時事問題とかちゃんと把握して、将来クイズ番組でがんばれるように今から勉強しています」

「ということで、茂木のことを知っていただけたと思うので、もっともっと質問があったら握手会でお待ちしてます。ありがとうございました」客、拍手

[2013年12月20日 チーム4「手をつなぎながら」公演 17回目]



・去年のクリスマスプレゼントは肩叩き機だった。

[2013年11月27日 チーム4「手をつなぎながら」公演 11回目]



・かわいいって言われることが弱点。普段言われ慣れていないので、言われるとすぐに照れてしまう。

・このまま変態キャラで行くか迷う

橋本耀「思うんですけど、茂木さんはこれからそのキャラでやってくつもりなんですかね。けっこうもう、選抜入りとかになっても変態キャラを目指すんですか?」
茂木忍「でも実際ちょっと大人からはそのキャラで行くのは辛いじゃないかって言われたこともあったので」客、反応

「ちょっと悩みどころなんですけど」

[2013年11月21日 チーム4「手をつなぎながら」公演 9回目]



・AKBに入った後なんですけど。やっぱり最初はあんまりパっとしなかったんですけど、でもGoogle+が始まり、毛糸のパンツを被ったり、今年の書初めでAKBメンバーの全太もも制覇って書いたりとか、そういうことをしたことによってたくさんの人に知ってもらえたと思うし。

峯岸みなみ「あー、そうだね、Google+っていろんな人がどんどんどんどん開花していったツールではあるね」
茂木忍「そうですね、ぐぐたす選抜とかそういうので人生変わった人たちもたくさんいると思うので、私もGoogle+に人生を変えてもらったなって思います」

[2013年10月27日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 108回目 千秋楽]



過去に1度だけユニットで「天使のしっぽ」をやったことがあって、すっごいレアな感じだったんですけど。その時、目が合ったお客さんたちがだいたい笑ってたんですけど、でも次はもうポカンとしちゃうぐらい、超ぶりっぶりの超かわいい感じでやってみたい。

・この間チーム4と研究生で広島の全握に行かせていただいたわけなんですけど、そこの15期への質問コーナーで、第一印象が一番怖い先輩が私っていうのを15期が全員そう答えたらしいんで。

[2013年10月26日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 105回目]



・(土保瑞希の太ももについて) 割りと柔らかさというよりかは肌触りがいい。いい眠りにつけそう。そんな素敵なすべすべの太ももですね。点数をつけるとしたら、81ぐらいかな。

[2013年10月15日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 101回目]



・私、高1の時、ほんとに友達がいなくて、朝とか誰とも挨拶しないし、帰る時もほとんど挨拶しないしみたいな感じだったんですけど、でも最近、高2になって、がんばろうと思って、学校。友達作りをがんばろうと思ったんですよ。で、今となっては、朝、昇降口とかで会ったら「茂木ちゃんおはよう」って言ってくれる子もいっぱいできたし、帰る時に「茂木ちゃんバイバイまた明日ね」って言ってくれる子もいっぱいできたので、いやー、JKで良かったなって思いました。

[2013年10月5日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 96回目]



・お化け屋敷とか入った時にふとしたビックリとかに、キャー!とかじゃなくて、「うおっ」って言っちゃう。

・素の状態だと声がすごく低い。

・オーディションの時、すっごい地味だった。 (北澤早紀談)

北澤早紀「同期とかで、こういう話題になった時に絶対名前出てくるんですよ。ほんとに最初、声も低いっていうのもありますけど、すごいずーっと俯き加減な感じで、あんまり喋ることがなかったんですね。この子ほんとにアイドルになりたくてここ来たのかなっていう」客w
茂木忍「私、AKBになりたくて3年ぐらいがんばってたんだけど」
北澤早紀「今も実際そんなにね、アイドルっぽいアイドルじゃないですけど」客、軽くw
茂木忍「たしかに」
北澤早紀「なんでここにいるんだろうっていうぐらいな、自分で来たくて来たのかなっていう、ほんとに思うぐらい、印象がないっていうか、インパクトがなかったんですかね」
茂木忍「では改めて。AKBになりたくて入りました」

[2013年9月29日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 94回目]



・佐藤妃星突き飛ばし事件について

茂木忍「私はですね、来てくださってるみなさんの中にも知ってる方いると思うんですけど、私、この間の公演で、とある曲で、佐藤妃星ちゃんを突き飛ばすシーンがあったんですね」客、反応

「笑いが起きるということはそういうことなんですけど。あまりにも自分の腕力を制御できずに、小さい妃星ちゃんを全力で突き飛ばすっていうことをやってしまって、けっこう力んでやったら、思いのほか軽いことに気づいて、本番になって」
高島祐利奈「でもこれその後、映像見たんですけど、茂木はほんとにポンって感じなんですけど、妃星ちゃんワー!って、めっちゃ飛ばされてて」
茂木忍「私の腕力に対して、きぃちゃんが小さ過ぎて。その力加減が上手くできなくて、それで今私すごいバッシングを受けているんですけど」客w
前田美月「私、妃星ちゃんが飛ばされた目的地ぐらいにいたんですよ。いつもなら普通に歌ってられるんですけど、妃星ちゃんが勢いよく来過ぎて、おー!って私も飛んでちゃって」
茂木忍「それなんか私がきぃちゃんを嫌ってるみたいな話になってるんですけど、全然そんなことないんで、これ以上私のことを悪く言うのやめてください」客w

「お願いです。ごめんなさい、ほんとに。今度からは力を加減しますのでお願いします」

[2013年9月27日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 92回目]



・以前、秋葉原でUFOを見たことがある。

茂木忍「私、バスで移動してる最中に、ちょうど秋葉原通ってた時にね、ふと夕焼け空を見たら、けっこう飛行機にしては大きめの、飛行機じゃないんですけど、オレンジ色の光がシュー」
岩立沙穂「ほんと?」
茂木忍「ほんとだよ」
篠崎彩奈「私もいたの、そこに」
茂木忍「で、彩奈に「ほら、UFO、UFO」って言ったら、「茂木、頭大丈夫?」とか言われて」客、軽くw

「でも実際見たらUFOみたいな感じだったよね」
篠崎彩奈「そう。でもUFOだったかも」
茂木忍「それでいろいろ検索とかかけて、「何日何分 UFO」みたいな感じで調べたら、「秋葉原上空に見つけた」みたいなことが書いてあって。だから絶対ほんとにUFOだったと思う」

[2013年9月22日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 89回目]



・私はですね、最近、私ってかわいい系もイケるじゃないかなっていうことに気づいて。最近というか、ちょっと前にユニットの「天使のしっぽ」をやらせていただいた時に、やっている時は、「あっ、みんな笑ってるよ」と思ってたんですけど、でも、オンデマンドを見てみたら、なんかちょっと私アイドルっぽいなって思って、なんで、これからはかわいい系もやっていけたらなと思います。

・お兄ちゃんはすごいいいお尻をしてる。そのお尻を枕にして寝たところ、すごい安眠できた。

[2013年9月21日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 87回目]



・ジャンヌの衣装を着てる時に、誰だかメンバーに「茂木ちゃんって男性トイレのマークみたいな体格してるよね」って言われて。

[2013年9月16日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 86回目]



・茂木はそっち側(客席側)の人間なんだよ。 (篠崎彩奈談)

[2013年9月10日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 80回目]



・ガーターがすごく好き。

[2013年9月5日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 79回目]



・MCの時に前に高島さんに「MCで困ったら私のほうを見るのやめて」って言ったんですよ。そしたら私最近気づいたのが、私もMCで困ったら高島さんのこと見てたっていう。

[2013年9月1日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 77回目]



・「茂木って今ぶっちゃけ太ももだけじゃないですか」

・マザコンキャラは「需要がないから供給できない」

[2013年9月1日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 76回目]



・見た目はちょっと怖そうな感じで、あんまり人と話さなそうな感じかなと思ってたんですけど、茂木さんってすごい優しくて、意外と大人っぽく見えて子供っぽいんですよ。私が言えることじゃないんですけど、私14歳なんで、茂木さんのほうが年上なんでそんな言えるなんてそんなことないんですけど、でも茂木さんは私がちょっと足を痛めちゃった時とか「未姫ちゃん足大丈夫?」って言って気にかけてくれたりとか、なんかちょっと具合悪そうにしてると、「未姫ちゃん大丈夫?」ってすごいなんか、人の心配をしてくれて、すごい心優しい人だなって思います。 (西野未姫談)

[2013年8月29日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 73回目]



・マザコンを卒業したい・

[2013年8月26日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 72回目]



・けっこう性格が男前だと自分では思ってるんですよ。例えば2人で歩いてる時に率先して車道側を歩いたりとか。

[2013年8月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 70回目]



・土保瑞希から見た茂木忍の第一印象

土保瑞希「初は怖かったんですよ、ほんとに。怖かったんですけど、やっぱり一緒にいる時間が増えて。そしたらなんておもしろい方なんだと思って、最近もつくづく思うんですけど、ほんとにおもしろいんですよ。しかも優しいんですよ。優しくて後輩想いなんですよ」

・(鏡の中のジャンヌ・ダルク) イントロで走ってきて、ここでドセンターですべったことがあるんですよ。それ以来ちょっと気をつけてるんですけど。

[2013年8月5日 研究生「パジャマドライブ」公演 68回目]



・私は7月7日の握手会のことなんですけど、握手会でほとんどの人が浴衣を着たんですよ。それで、特にすごい印象っていうか、思い出に残ってるのは茂木さんの頭なんですけど、頭に短冊生えてて、すごいなんか発想力だし、けっこう恥ずかしくて、頭に笹付けれないなと思ったので、すごい勇気があるなって。 (西野未姫談)

高島祐利奈「笹刺さってたじゃないですか。その短冊にね、全員分のお願いが書いてあったんですよ」
茂木忍「研究生全員にちっちゃい短冊に書いてもらって、それを頭に飾ってたんですよ」

[2013年7月27日 研究生「パジャマドライブ」公演 63回目]



・私はですね、「RESET」公演を研究生でやってた時代に戻りたくて。私あの時、秋元才加さんのポジションをやらせていただいてて、「ウッホウッホホ」でゴリラをやらせていただいてたんですね。あの頃はやっぱりちょっとだけ照れがあったりとかして、今思うともっとできるんじゃないかと思うので、今戻って、またもっと極めたかったなと思います。

[2013年7月26日 研究生「パジャマドライブ」公演 61回目]



・研究生は、私に対して愛が足りない。

[2013年7月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 60回目]



■ナツイチ2013 課題図書
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)

読書感想文 (2013年7月20日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/mogi_shinobu/



・『ムカつく顔』を披露

[2013年6月11日 研究生「パジャマドライブ」公演 45回目]



・「ペロペロチュッチュ」

・お母さんの年齢は52歳

[2013年5月18日 研究生「パジャマドライブ」公演 37回目]



・太ももソムリエを若干目指している。

・峯岸みなみの太ももを触った感想:たぶんみなさんが今まで触ったことのないようなほんとに世界で3位ぐらいに入るいい太ももだと思います。(太ももに挟まれた感想) しっとり全部包み込んでくれる。

[2013年5月7日 研究生「パジャマドライブ」公演 30回目]



・今16歳なんですけど、未だにお母さん離れができないんですね。みんながちゃんと自分で朝目覚ましで起きたりとか、自分で支度してる中、私は朝絶対ママに起こしてもらわないと起きられないし、夜怖い時とかお風呂一緒に入ってもらうし。

・茂木の自撮りは基本笑わない。

・「僕の太陽」公演で、「Lay down」という曲があってですね、茂木さんは秋元さんポジをやらせていただいたんですけど、その時メンバーと絡むシーンがあって、だいぶ好き放題させていただいたんで、またやれればいいなと思います。

[2013年5月6日 研究生「パジャマドライブ」公演 29回目]



・常に変顔してるイメージ。 (菊地あやか談)

[2013年5月5日 研究生「パジャマドライブ」公演 27回目]



・研ナオコさんのセリフのモノマネ「ナマタマゴ~」を披露するも、すべる.

[2013年5月2日 研究生「パジャマドライブ」公演 23回目]



・この間身体測定の時、私、握力が右が43あって、けっこうみんなに若干ひかれたような感じがしたんですけど。

[2013年4月29日 研究生「パジャマドライブ」公演 21回目]



・「鏡の中のジャンヌ・ダルク」中に、豪快に転んでしまう。

大森美優「転がる茂木になれ」

[2013年4月21日 研究生「パジャマドライブ」公演 20回目]



・この間お母さんと一緒にお風呂に入った。『まっぱ』は恥ずかしかったので水着を着て入った。

[2013年4月19日 研究生「パジャマドライブ」公演 19回目]



・「僕の太陽」公演の「Lay down」という曲で岡田奈々を1回押し倒したことがあった。

茂木忍「あの曲やりたい放題だったからさ」

[2013年4月18日 研究生「パジャマドライブ」公演 18回目]



・茂木ちゃんってよく太ももを触ってくるって聞きません? なんか、それが楽屋だけじゃなくて、最後の挨拶をしてる時とか公演中とかさりげなく触ってくるんですよ。しかも今日なんかハイタッチがはじまる前に触り合いみたいになっちゃって、いつ触られるのかわからないし・・・。 (村山彩希談)

[2013年4月13日 研究生「パジャマドライブ」公演 16回目]



・誕生日プレゼントをみんなにあげたいなと思った時に、最近だったら萌ちゃんとか未姫ちゃんとかうめたんとかが誕生日で、水色好きだからなーとか帽子好きだからなーと思って選んだりしてるんだけど、茂木ちゃんは、私がなったばっかりの時でいろいろ構ってられなくて、適当に家にあった洗顔を。とりあえず誕生日だから、とりあえずあげようっていうことで。 (峯岸みなみ談)

[2013年4月13日 研究生「パジャマドライブ」公演 15回目]



・今まで団地にしか住んだことがない。

[2013年4月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 13回目]



・小さい頃は友達は普通にいた。でも今はいない。

・村山彩希「研究生の中で一番さわり心地がいいのは誰?」
茂木忍「みんな彩希ちゃんがよさげって言うんですけど、大穴で北澤早紀ちゃん。これはほんとに触った人にしかわかんない良さがある」

[2013年4月8日 研究生「パジャマドライブ」公演 12回目]



・同期からはキモイしか言われない。

[2013年4月4日 研究生「パジャマドライブ」公演 13回目]



・バックダンサーで出させていただいた時に前田亜美さんが話しかけてくださった。「私の太ももの画像持ってるんでしょ?」って言われて、「ヤバイ、バレた」と思った。

・「僕の太陽」公演の時の「Lay down」の曲の時に絡みがあったんですけど、めっちゃカッコ良かったんですよ。しかもなんかそのかっこいい表情しながら太ももを触ってくるっていう、さりげない行動にキュンとしてしまいました。 (篠崎彩奈談)

茂木忍「絡むところがあって、あれおいしそうなのが目の前に」

[2013年3月30日 研究生「パジャマドライブ」公演 8回目]



・手の大きさにすごく自信がある。研究生の中で一番背が小さい北澤早紀ちゃんとかと手の大きさを比べるとお父さんと娘みたいになっちゃう。

[2013年3月30日 研究生「パジャマドライブ」公演 8回目]



・三兄弟の末っ子。

[2013年3月29日 研究生「パジャマドライブ」公演 7回目]



・茂木ちゃん、注射で泣くんですよ。しかも泣いて、私のところに来るんですよ。 (岩立沙穂談)

・同じホテルの部屋に泊まった時「お母さんに会いたい」って言って泣き出しました。 (高島祐利奈談)

[2013年3月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 5回目]



・メンバー同士で家族構成を決めようみたいな時になると絶対性別が変わるんですよね。過去におじいちゃんとか言われたりとかしたんですけど。

[2013年3月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 4回目]



・「ペロペロチュッチュ♪」

[2013年3月23日 研究生「パジャマドライブ」公演 3回目]



・こう見えて意外とシャイなんですよ。乙女。

・この(変態)キャラいいよ。ある程度許されますもん。

[2013年3月23日 研究生「パジャマドライブ」公演 2回目]



・元吹奏学部

[2013年3月20日 研究生「パジャマドライブ」公演 初日]



・メンバーからもファンの方からもすごい言われるんですけど、「茂木ちゃんってノーマルの時の顔と変顔のギャップがいいよね」ってすごい言われるんですよ。

・茂木忍「ヒグラシはですね、私、黒ヒグラシをやらせていただいたんですけど、さっきーは白いほうのヒグラシをやっていまして。つい昨日やらせていただいたんですよ。嬉しくて嬉しくて、もう昨日は幸せでした」
相笠萌「なんかね、萌は見てて、茂木が早紀を襲うんじゃないかって心配だった」客w
茂木忍「曲中は我慢するよ」

・「Lay down」という曲で、女の子と絡む機会があるわけなんですけど、その時にですね、2名ほど押し倒させていただきました。岩立沙穂ちゃんと岡田奈々ちゃんを押し倒したことがあったんですけど。

[2013年3月17日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演 ※最終公演]



・茂木ちゃんがけっこうひょうきんなキャラクターでいつもステージに立ってるじゃないですか。だけど今日みんなが楽しくお弁当食べてる時に茂木さんは1人壁のほうを向いて1人でこう食べてて。そういうところがなんか、そうだよね、いくら明るくて、おもしろいからって、楽屋でもそうである必要はないよねって・・・。 (峯岸みなみ談)

[2013年3月17日 研究生「僕の太陽」公演 14時公演]



・茂木ちゃんとか黙ってたらなんか清涼飲料水のCMとか出てそうなのにね。 (峯岸みなみ談)

・私はですね、どちらかと言えば仕切る側よりも横からガヤ入れるタイプ。

[2013年3月3日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・女子力が低い。ティッシュ持ってるって訊かれてパっと出たことが一度もない。

[2013年3月1日 研究生「僕の太陽」公演]



・黙ってれば美人っていうのはよく言われる。

・尊敬する先輩はチームKさんの前田亜美さん。すべてがパーフェクトで、すごい憧れてます。あんな風になりたいなっていうのがかれこれ3年前ぐらいからそう思ってまして。もう揺るぎないです、これは。3年より前は柏木さんと河西さんでしたね。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・吹奏学部に所属していた。トランペットを4年ぐらいやっていた。

・曲中、峯岸みなみさんに「いい太ももですね、いい太ももですね」と話しかけ、紛れて触らせていただいた。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 14時]



・茂木はやっぱただの変態に見えるじゃないですか。でも実は違うくて、すごいいろいろ考えてるし、悩んでるし、おもしろいキャラみたいになってるから、プライドが高いって言うか、Google+とかもすごいなんか、いつもおもしろいことをちゃんとやろうとか思ってるし。すごい変な人に見えるけど、ほんとはすごいがんばってて、そういうところを見てると、なんか、すごいいい人だなって思います。 (相笠萌談)

同期の岩田華怜にしか見えなくて。なんか華怜って中2病なんですよ。やってることも同じなんです。コマネチとか変顔とか・・・。 (平田梨奈談)

・最初の頃はぶっちゃけその14期とかと仲良くなれる自信も無いし、やっぱり後輩に抜かされるって怖いじゃないですか、はっきり言って。仲良くする気なかったっていうか。それプラス人見知りだったんで、話しかけられても答えるのが素っ気無かったり。今仲良くなれて嬉しいです。

・私が振りが全然できなくて泣いちゃった時に茂木さんが教えてくれたんですよ。ずーっとできるまで「あとわからないところある?」って聞いてくれて。それで私、茂木さんのお陰でできるようになったんです。 (西野未姫談)

・今日茂木さんのお腹見たんですけど、背中の肉がすごいよって言われて、見たら大福みたいでした。 (西野未姫談)

・茂木ちゃんってほんとに正直者で、感情豊かで、自分の気に食わないことがあったらガツガツ話に食い込んでいきますし、嬉し泣きとかも。よく泣くんですよ、意外とよく泣くんですよね。 (北澤早紀談)

・本物の変態です。 (北澤早紀談)

◆茂木忍 16歳の生誕祭

・自己紹介の時から早くも涙。

・進行役は岩立沙穂

去年の1年振り返ってどうでしたか?
茂木忍「15歳の1年はですね、いろいろとみなさんに知ってもらう機会が多かったんじゃないかなと思うのですけど、ぐぐたすやら何やらで」客、軽くw

「ぐぐたすなどでみなさんに知ってもらえる機会が多くて。なんかもういいこと言える自信無いんですけど」
村山彩希「大丈夫、そのまんま言えばいいんだよ」
茂木忍「いろいろとセレクションとかあったじゃないですか。いろいろメンブレしたじゃないですか。ちょっと辛くなることもあるじゃないですか。あったんです。私、AKBに入る前ってほんとに悩みの無い子で、ほんとにつまんないことで普通に笑ったりして過ごしてたんですけど、AKBに入ってから起きることが全部大き過ぎて、元の自分を忘れかけているんですけれど。去年はみなさんに心配とか迷惑もかけたと思うので、その分ですね・・・。まとまんない、ごめんなさい。私100回公演を15歳の時に迎えさせていただいて、そうやって舞台に100回も立たせていただいたこともやっぱり応援してくださってるみなさんのお陰だと思うし、支えてくれるお母さんとか家族のお陰だと思うし、ほんとに感謝しています。すみません、なんか」客、拍手

今年16歳はどんな1年にしたいですか?
茂木忍「16歳のこの1年はですね、15歳の時にみなさんに心配とか迷惑とかかけた分、みなさんに幸せをあげたいと思うし、私を見て元気になってもらいたいし、私を見て笑ってもらいたいし、みなさんの元気の源になれるような人間になれたらいいなって思います」客、拍手

生誕祭を開いてくれたファンのみなさんにメッセージをお願いします
茂木忍「私は生誕祭あんのかなっていうのが若干最初に思ったんですけど、無事こうして生誕祭を開いてもらって、自己紹介で泣いちゃった分、今ちょっとあれなんですけど」客、軽くw

「まず「Dreamin’ girls」から実は泣きそうで耐えてたんですけど、その泣いちゃったんですね。それもですね、みなさんのお陰? 感動をくださったんですよ、みなさんは。私に・・・、もうごめんなさい、ほんとに」
村山彩希「大丈夫だって」
茂木忍「こうして生誕祭を開いてくださって、ほんとに私みたいな人を応援してくださって、ほんとにアイドルらしくないし、変なことばっかり言うけど、こうやって応援してくださって、サイリウム振ってくださって、茂木ちゃんって呼んでくださって、本当にありがとうございます。ごめんなさい、なんか。好きです、みなさん」客、ひゅ~&拍手

「うまくまとめられなくてかなりの自己嫌悪なんだけど」

・太ももの話になると、それまでとはウソのように流暢に

岩立沙穂「そんなスタートになっちゃいましたけど。そう言えばあれあるじゃないですか、太もも制覇の件。さっきみなさんも言ってたんですけど、あれどこまで進んだんですか?」
茂木忍「あのね、13期わりと行けたと思うんだよね。でもね、先輩にやっぱり手出し難いというか」客、軽くw
平田梨奈「いいよ、今触っていいよ」
大森美優「ちょっと待って。生誕祭ですよ」
平田梨奈「じゃ~、楽屋戻ったら触っていい」
茂木忍「誕生日プレゼントもらいましたね、ありがとうございます。後輩はまぁ、先輩の権力というか」
メンバーたち「怖いな」
茂木忍「先輩のパワーを使ってですね、これからもどんどん制覇していきたいと思ってますし、やっぱり前田亜美さんの太ももを狙えたら」客、ざわ
村山彩希「無理です」
茂木忍「でも前田亜美さんから誕生日おめでとうっていうメールも来てて、これ太もも行けるんじゃないかって若干今思い始めてて」
岩立沙穂「どうして太もものことならこんなに話せるんだろう」
茂木忍「ごめんなさい、得意分野なんで。でもまぁ、そのうちね、超選抜の方とか、徐々に徐々に攻めて行って、最終的にはね、島崎さんや大島さんや」
小嶋真子「ダメです」
茂木忍「やっぱり言っとけばチャンスは巡ってくると思うんです。太もものチャンスはいつか私に巡ってくるものなんです」
岩立沙穂「さっきまで言葉詰まってたのにどうしたの?」
茂木忍「なんだろうね」
村山彩希「せっかくいいこと言ったのに太ももで・・・」
茂木忍「太もももうちょっと堪能したいなって感じです」
岩立沙穂「今年もこんな茂木ちゃんなんですけど、みなさんよろしくお願いします」
茂木忍「お願いします」客、拍手

[2013年2月16日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・100回公演

[2013年2月11日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・AKB48に入る前は朝髪の毛溶かさないで普通にボサボサの状態で学校に行っちゃったりとか、けっこう適当な感じだった。

[2013年2月9日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・ユニット「ヒグラシノコイ」初挑戦

[2013年2月8日 研究生「僕の太陽」公演]



・最近、私実は一番痩せてた頃より4キロも太っちゃった。

・意外と私脱ぐとすごいんです。

・最近学校で笑顔になった記憶が・・・。

・「オパンチュ」

・相笠萌:この前の握手会始まる寸前に私の太ももを触らせてって言われたから、触らせた。今年の茂木の目標っていうがの「全太もも制覇」っていうやつらしくて。前、公演MCで言ってたんですけど、「握手会前に、誰かのメンバーの足を触っておくから、私のとこに来たら関節太ももです」って言ってたんですよ。だからこの前、茂木のところに握手会に行った人は私の間接太ももだったんですよ。

[2013年2月5日 研究生「僕の太陽」公演]



・普通に生活してて、普通に思ったことをぐぐたすとかに書いたら変態とか言われて。

[2013年1月20日 研究生「僕の太陽」公演 18時公演]



・好きな言葉は「が想像できることは必ず人が実現できる」という言葉。とあるどっかのCMで見まして、それを見た時ズキュンって心に来た。

・AKB48に受かるまで3年間かかった。

[2013年1月17日 研究生「僕の太陽」公演]



・「なんと年賀状が一通届きました」

・理想の二十歳:原付バイクに乗ってみたい

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 14時開演]



・前田亜美さんは神みたいな存在。

・前田亜美さんに「もぎちゃんじゃん」と言われる度に、嬉し過ぎて、体が固まっちゃって、熱くなっちゃって、リアクション取れなってしまう。

・インドア派。まず外で遊ぶ友達がいない。一緒に出かけようみたいな友達もいない。今高校生なんですけど、ずーっと休み時間は机で寝てます。

・ドッジボールの逃げるのが得意。アニメみたいな避け方ができる。

[2012年11月28日 「僕の太陽」公演 126回目]



・まだお母さんと一緒にお風呂に入っている。でもその時、お母さんと全裸でお風呂に入るのが恥ずかしいので、水着を着て入る。

[2012年11月23日 「僕の太陽」公演 125回目]



・「今年中にロリータを着たい」発言に、メンバーたちから猛反対を受ける。

・常に握手会とかの服が真っ黒だったりする。タンスの中を開けてもだいたい黒。

[2012年11月23日 「僕の太陽」公演 124回目]



・相笠萌:茂木忍のことが大好き。公演が始まる前、茂木に10秒ぐらいしがみつき、気合を入れる。

[2012年11月20日 「僕の太陽」公演 122回目]



・中学校の頃、家で体操服を着ていた。

[2012年11月18日 「僕の太陽」公演 121回目]



・実は私、お母さん大好き女なんです。時間さえあればお母さんに連絡入れて、時間が合えばいっぱいメールする、

・見た目的にけっこう反発してそうとか言われる。

[2012年11月18日 「僕の太陽」公演 120回目]



・もしもAKB研究生辞典があるなら、自分のところには何が書いてあるか
女の子を狙う獣。

・北澤早紀のことが大好き。楽屋でのアピール具合っていう具合がすごい。 (岡田奈々談)

・岩立沙穂とは熟年夫婦みたいにな関係。何も言わなくても伝わっちゃう仲になってる。

・村山彩希「あなただけだから、スケベは」
茂木忍「エヘヘ」

・モギハラ

[2012年11月17日 「僕の太陽」公演 119回目]



・岡田彩花「みなさんのハートをもぎもぎしたいと思います」
茂木忍「もうね、許さない」

・学校に今まで友達がいなかった。

[2012年11月17日 「僕の太陽」公演 25回目]



・我が家ではオムライスの上にケチャップでカレーライスって書いたりする。

・茂木の触覚はパリパリで棒みたいなんですよ。 (相笠萌談)

・そのパリパリな触覚を高島祐利奈は鼻に入れようとする。

[2012年11月14日 「僕の太陽」公演 117回目]



・家族が割りと仲いいのが自慢。誰かがお風呂入る時、必ず「いってきます」と「いってらっしゃい」を言う。ご飯を食べる時も誰か一緒にいる場合は必ず「いただきます」「召し上がれ」って「いただきます!」って強調しないと。「召し上がれ」って言われるまで言うっというのが習慣。

[2012年11月9日 「僕の太陽」公演 115回目]



・この間の、中間テスト、なんと国語AとB足して、84点取れたんですよ。国語Aが50点満点中47点で、クラス1位だったんです。

藤田奈那:あんまり頭いい感じの顔の作りではない。

・相性占いを大好きな岩立沙穂とやったら86%だった。次に高島祐利奈とやったら1%だった。

[2012年10月26日 「僕の太陽」公演 106回目]



・麺類がすごく好き。

・恐竜の走り方のモノマネを披露。(ティラノ系)

[2012年10月18日 「僕の太陽」公演 104回目]



・憧れている先輩は、もうかれこれ2年前ぐらいから変わらずに、前田亜美さん。「ずっと憧れで、踊りが丁寧なところとかがすごく好きで、内面もすべてが好きで、どこもかしこも好き」

・パソコンのデスクトップは全部前田亜美さんの写真で埋め尽くされている。

・中学の頃それなりに友達いたんですけど、高校生になってから友達がまったくいなくなってしまった。しかしちょっとずつ行事を重ねていくうちに、ちょっとずつクラスの友達ができ始めた。

[2012年10月4日 「僕の太陽」公演 99回目]



・けっこう人見知りするタイプ。

[2012年9月15日 「僕の太陽」公演 89回目]



・学校で、合ったことも喋ったこともないクラスの人から、後ろから突然「もっぎもぎ」と言われた。

[2012年9月8日 「RESET」公演 194回目]



・憧れのメンバーは2年ぐらい前から変わることなく、チームAさんの前田亜美さん。ほんとに喋るだけで顔真っ赤で汗かいてしまう。

・「チャンスの順番」が大好きですね。聴くと涙が出てきちゃう。

[2012年9月6日 「僕の太陽」公演 87回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND