FC2ブログ

大島涼花 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:大島涼花 (おおしまりょうか)
ニックネーム:りょーちゃん
生年月日:1998年10月21日
出身地:神奈川県
血液型:O型
デビュー期:AKB48第13期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
大島涼花 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)


■生誕祭レポート
大島涼花 15歳の生誕祭 (2013/10/23、チームA)

■エピソード集&発言集


・大島涼花は最終オーディションーの時、ダンスがキンタロー。さんみたいだった

梅田綾乃「私、同期で、オーディションの時に見たんですけど。涼花って凄い負けず嫌いで、相笠萌ちゃんと同級生で、最終オーディションの時にダンスの練習してる時に一番前に陣取ってたんです、凄い。その時の課題曲がフライングゲットだったんですけど、そのフライングゲットをキンタロー。さんみたいに踊ってるんですよ」客w
大島涼花「覚えてないよ」
梅田綾乃「ほんとほんと。萌と涼花のそのキンタロー。さん、その時キンタロー。さんあまり知らなかったんですけど、わぁいたんだなみたいな。見たことあるな、みたいな。今は普通にかっこ良く踊ってるじゃないですか。すっごいキッレキレのすっごかったんですよ」
大島涼花「その時は誰にも負けないようにっていう気持ちでやってたんで」
梅田綾乃「それが、私一番後ろで練習してたんですけど、一番前の人が一杯いるのにそれが凄い伝わってくるっていう」
大島涼花「凄い負けず嫌いでトゲトゲしてた」

■大島涼花 16歳の生誕祭

◆進行役は高橋朱里

伊豆田莉奈からのお手紙

「涼花へ

お誕生日おめでとう。

涼花に手紙なんて書いたことないから少し緊張します。

涼花と初めて会った時は、まさかこんなに仲良くなるなんて思ってなかった。

私にとってこんなに身近で何でも話せる後輩は涼花が初めてだよ。

私が元気ない時、涼花はすぐに気づいてくれて、その時にいつも「大丈夫? 今日元気なかったから心配だよ」とかメールしてくれて、涼花に助けられることも多いんだ。

AKB49の舞台の時は毎日稽古で大変だったよね。たまに「みんなに会いたいよ」とか「疲れた」ってメールが来た時は涼花がちゃんとやれてるかな?無理してないかな?ってずっと心配でした。

でも、AKB49の舞台を観に行った時に涼花が一番輝いてて、凄くカッコ良かった。

たまにメールで弱音を吐いたりして、辛いんだろうなって思ってたし、頑張ってるのはもちろん知っていたから、涼花がステージで必死に踊ったり歌ったりしている姿を見て涙が止まらなくなりました。あんなに輝いている涼花を見て、凄く刺激を受けたし、自分も頑張ろうって思えた。本当にありがとう。

クソガキって言われている涼花だけど、本当は周りをしっかり見てて、みんなのことばっかり気にしてたり、涼花の持ち前の明るさでたくさんの人が支えられてると思います。だから、みんな涼花のことが大好きなんだよ。

「いつか」って言うのはいつになるかわからないからあんまり好きじゃないんだけど、チームBを一緒に引っ張っていける必要存在になりたい。一緒に頑張ろうね。

涼花、今日私がいなくて寂しいでしょ? 次の公演ではまた白いシャツを渡してもらえないんだろうなー。

本当にお誕生日おめでとう。涼花が大好きないずちゃんより」

大島涼花 → w
高橋朱里「いやー、いずりなちゃんから」
大島涼花「寸前まで朱里さんだと思って。したらいずちゃんだったw」客w
高橋朱里「そうだよ」
大島涼花「いずちゃん今日観に来てよって言ったら「ネイル行く」って」客w
高橋朱里「いずちゃん女子力高いからね」
大島涼花「いやー、センター様から頂いちゃった。嬉しいです」
高橋朱里「凄い心がこもっていて、良かったですね」

16歳はどんな1年にしたいですか?

大島涼花「そうですね、15歳は14歳に比べて嬉しかったことだったり、楽しかったことが凄く多くて。雑誌だったり歌番組だったりCMだったり初めてのことがたくさんあって、凄く、今まで15年生きてきて一番充実してた年だったなーってほんとに思って。だから16歳は楽しく過ごしたいw

でも、何事も楽しんだ勝ちだなって最近思うので、凄い楽しんで過ごしたいんですけど、1つやりたいことがあって。それはこの前AKB49のミュージカルに出させていただいて初めて演技というものをやって、ずっと、入った時から女優さんが夢って言ってたんですけど、女優さんが夢って言ってたんですけど演技やったことなくて。だから私って演技ヘタクソなのかなーとか思ってたりしたんですけど、あのミュージカルの経験が凄くいい経験になって、もっと演技したいなって凄く思うようになったので、16歳は演技をしたいです!」拍手

高橋朱里「いいですね。具体的な目標があると頑張れますから。いやー大人になったよ」
大島涼花「ほんとですか? 去年も朱里さんが仕切り」
高橋朱里「私しかいないんです、仕切り(w) そんなことないか、一杯いるんですけど。一杯みんなから好かれてる涼花なので」

生誕祭を開いてくれたファンの皆さんにメッセージ

大島涼花「そうですね、15歳の年はファンの皆さんのおかげで凄く充実した年になって。総選挙に入ったのがきっかけでっていう仕事がたくさん増えて、本当に感謝してまして。で、ずっとずっと夢だったAKB48の選抜のメンバーにも入ることができて、皆さんと一緒に一歩一歩上を目指していけてるんだなーって凄く感じた年で。だけど私は全然まだまだ満足してないので、これからも皆さんと一緒に一歩一歩上を目指したいと思うので、飽きないでください」拍手
高橋朱里「唐突」
大島涼花「でも、私のファンの人って推し変しやすいんですよ」
高橋朱里「ダメじゃないですか」
大島涼花「推し変しないでください。それだけです。これからも和気あいあいと上を目指しましょう」拍手

倉持明日香「涼花がね、推し変しやすいんですよって言った時に、多分りょうくんファンの人は凄い顔を隠してる人がいて」
大島涼花「えー!? ひどいひどい。イチ推しにしてください」
高橋朱里「私も見えた。でもね、凄い素敵な生誕祭だったということで、最後は涼花が号令を、最後の挨拶をお願いします」

[2014年10月27日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・凄く優しい

福岡聖菜「凄い優しいし紳士なんですけど」
川本紗矢「いっつも優しいし、絶対男の子だったらみんなにモテるだろうなと思って」

・倉持明日香は大島涼花の髪が伸びると、怒る

福岡聖菜「(彼氏にするなら)私も涼花さん。凄い優しいし紳士なんですけど」
大島涼花「紳士ですか?」
福岡聖菜「ちょっとヤンチャなところがあって、そのギャップがいいかなと」
大島涼花「ありがとうございます」
高城亜樹「明日香ちゃんとか「りょうくん」って呼んでる」
大島涼花「そうなんですよ。髪伸びると倉持さん怒るんですよ。何で髪伸ばしてるの?って真顔で言ってくる」
川本紗矢「髪の毛をショートにする気はないんですか?」
大島涼花「今迷ってるんですよ」
川本紗矢「倉持さんが喜びますよ」
大島涼花「じゃーやってみようかな」

・大島家はキャンプ家族

高城亜樹「実はね、私もりょうちゃん」
メンバーたち「モテモテ」
高城亜樹「何でかって言うと、バーベキューの時に、バーベキューが上手だったから」
大島涼花「私の家はキャンプ家族なので、そういうのはけっこう慣れてるんですよ、アウトドア系は」

[2014年10月20日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・初期の頃のキャッチフレーズを披露

大島涼花「ちっちゃいけど、大島です!」
メンバーたち「可愛い」
大島涼花「でも凄い恥ずかしくて。1回やったのかなってぐらいでやめちゃって。もう1個キャッチフレーズ実はあって。それも1回しかやったことなくて。実はたかみなさんに頂いたキャッチフレーズなんですけど、チームAのほんと初期の時にやってたんで、ちょっとやっていいですか? たかみなさんのおさがりですから、私のせいではないです」
高城亜樹「やったら流しましょう」
大島涼花「ちっちゃくてもダイジョウブイ。これは私がいけないんじゃなくてたかみなさんがやれって言ったものを」
内山奈月「たかみなさんもそれやってたんですか?」
大島涼花「やってたらしいです」

[2014年10月15日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・クソガキエピソード

名取稚菜「今日稚菜思ったのは、涼花が自己紹介の時にクソガキってなめてるじゃないですかみたいな言ってたじゃないですか。言ってる割りに朝から耀ちゃんのズボンを脱がそうとして」客w
高橋朱里「しかも、脱がす手口が「イテッ」みたいな、転んでザっみたいな。転んだふりして」

[2014年10月12日 チームB 「パジャマドライブ」公演 14時開演]



・オーディションエピソード

相笠萌「中1の時にAKBのオーディションを大島涼花と一緒に名古屋まで2人だけで新幹線で受けに行ったんですけど、その時は子供だったので、凄い遠く感じたんですけど、この前、名古屋に行った時は1人で行けるようになってて大人になったなって思いました」

[2014年9月20日 チームK「RESET」公演 14時開演]



・将来的に海外に住む予定

[2014年7月23日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・今年の短冊の願い事 「知名度が上がりますように」

[2014年7月8日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・初寝入るは「soy milk(豆乳)」

[2014年5月21日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・被災地支援活動エピソード

大島涼花「私はですね、2013年10月6日にいずちゃんも一緒に行ったんですけど、南大島のほうに行かせていただいて、私、名字大島ということで、すごい大歓迎というか、すごい「大島さん!」みたいな感じで凄く嬉しかったし、その町の皆さんと桜を植えたんですけど、その桜に10年桜っていう名前をつけてくださって。それ以降まだ見に行けてないので、ぜひ近いうちに」
伊豆田莉奈「10年後に咲いてたらすごい嬉しいなと思いますね」
島田晴香「いずりなもじゃー一緒に植えに行って、どうですか?」
伊豆田莉奈「やっぱり大島なので、ほんとに涼花が凄く歓迎されてて。大島優子さんと大島涼花さんでも来てくださいって言ってたので、2人でね、桜を見に行ってもらえてすごい大島の方もすごい嬉しいと思うので、2人で行ってみてもらいたいなと思いますね」

[2014年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~]



・私めっちゃ料理上手なんですよ。この前は川栄さん家で麻婆豆腐作りました。カレーも作れるし、いろいろ作れます。一番はピーマンの肉詰め。

[2014年2月26日 横山チームAウェイティング公演 24回目]



・来年の目標言ってもいいですか? 私、今生きてる人間の中の女の人の中で大家さんが一番おもしろいと思うんですよ。だから大家さんみたいなおもしろい人になりたいなと思って。

[2013年12月29日 チームB ウェイティング公演 72回目]



・先日学校の帰り友達と、土で犬のうんちみたいなカタチにして道に置いて、そこを通った人を驚かせて、それを見るという遊びをした。そのうんち風にした土にアロエでテカリを加えた。

[2013年11月30日 横山チームAウェイティング公演 6回目]



・ママから「涼花の部屋からおじさんの臭いがする」って言われた。

[2013年11月5日 横山チームAウェイティング公演 4回目]



◆大島涼花 15歳の生誕祭

・進行役は高橋朱里

・相笠萌からのお手紙 (高橋朱里が代読)

「涼花へ。15歳のお誕生日おめでとう。

涼花と初めて会ってからもう4年が経ちました。小学5年生の時、初めて同じクラスになって、いつの間にかトイレまで一緒に行くくらい仲良くなって、私が髪の毛を結んで学校に行ったら「AKBっぽい」って涼花に言われて、そこでAKB48の存在を知りました。

それからは教室で大声ダイヤモンドを踊ったり、AKBの真似をして遊んだね。今考えれば涼花と友達じゃなかったら、こうしてAKB48として活動できていないのかもと思ったりします。

中学生になって、13期研究生オーディションがあると知った時、2人で受けてみようってなったけど、実際は涼花だけが受かるだろうと思っていました。でも、奇跡的に2人一緒に合格できて、学校の仲のいい友達だった私たちが、AKB48として活動できていることがすごく嬉しいです。

研究生として活動していく中で、嬉しいことも辛いこともたくさん一緒に経験してきました。でも、去年の8月24日に東京ドームコンサートで涼花が1人先に昇格した時、仲がいいからこそ、ライバルとしてもすごく意識していたし、ほんとに悔しくて、ちゃんとおめでとうって言えませんでした。ごめんね。

チームAとして活動している涼花を見て、どんどん遠くに行ってしまっているような気がして、早く追いつきたいと焦っていました。

そして、今年の8月24日、同じ東京ドームで涼花が昇格してから1年後の同じ日に、13期研究生9人がチーム4に昇格しました。1年違うけど同じ日に同期全員昇格できたこと、偶然かもしれないけど、嬉しかったです。

私の名前が呼ばれたら、すごい勢いでステージ上を走って、抱きついてきてくれたこと、本当に嬉しかったよ。ありがとう。

いつも「13期でご飯食べに行こう」って誘ってくれたり、みんなが落ち込んでいると「どうしたの? がんばろうよ」ってメールをくれたり、仲間想いの優しいところ、人のものに落書きをしたり、人の食べ物隠したり(軽くw) 私の誕生日は4月なのに、12月にプレゼントするところ(w) 全部涼花のいいところだと思います。

今はクソガキでなんでも許せるけど、歳を取るにつれ、クソガキだからじゃ通用しなくなると思うので、15歳少しは大人になってね(笑)

いつもふざけて誤魔化してるけど、きっと辛いこと、悔しいこと、たくさんあると思います。あまり相談するタイプじゃないと思うけど、私でよければたまに相談してね。

チームは違うけど、これからもお互いがんばりましょう。なんでも話せる親友であり、大切なライバルです。勉強もがんばりましょうね。

チーム4、相笠萌より」客、拍手

大島涼花「今日も朝一緒に学校に行ったんですよ。変な感じですね。さっきもメールしてたし、オンデマ見てるよって言ってたから、これはまさかと思ったらまさかでしたね」

・この15歳はどんな1年にしていきたいですか?

大島涼花「14歳までの私は、後のことばっかり考えて、なかなか行動に移せなかったりしたので、15歳は積極的に行きたいと思って。最近AKBINGO!さんとかけっこう出させてもらってるのにせっかくのチャンスを、私意外に臆病なので、なかなか前に出れないので、チャンスを1つ1つ逃さないようにして、失敗を恐れずにしたいです」

・突然の涙

大島涼花「でも、私がこうやって、1人でもここまでこれたのはチームAのみなさんがいたからです(涙)」
メンバーたち「どうしたの? やめてよ」
大島涼花「みなさんの顔見たら涙・・・(号泣)」
高橋みなみ「何これ? とんでもない飛び火が待っていたぜ」
高橋朱里「(涙)あの、涼花は同期がチームにいないから、なんか、涼花は・・・」
高橋みなみ「涼花って泣くのー」
大島涼花「泣きますよ」
高橋みなみ「嬉しくない? 嬉しいやん」
大島涼花「みなさんがいたからここまでこれたし、全然心配とか不安になったこととかなかったから、ほんとみなさんには感謝してます」
高橋朱里「ほんとに、吐き出す場所があるかなってすごい心配してて、ずっと。で、すごい強がりな子だから、全然弱音吐かないし、だけどこうやって、ほんとにすごい涙止まんないです、ごめんね」

・素敵な生誕祭を今年も温かく開いてくれたファンのみなさんに感謝の気持ちをお願いします

大島涼花「今日は本当に素敵な生誕祭をありがとうございました」客、拍手

「あの、私すごい生誕祭楽しみにしてて、いろいろ準備してくれてたのにセットリストいきなり変わっちゃって大丈夫かなと思ってたんですけど、今日みなさんすっごい盛り上がってくださって、私もすごく楽しかったので、そして今年1年もみなさんに恩返しできることを、恩返したくさんしたいと思います。本当に今日はありがとうございました。これから1年もよろしくお願いします」客、拍手




[2013年10月23日 横山チームAウェイティング公演 2回目]



・AKBに入ってから7センチぐらい伸びた。

[2013年10月16日 横山チームAウェイティング公演 1回目]



・もし1億円あったらマグロ1本買い占めたい。

[2013年10月8日 チームA ウェイティング公演 54回目 横山チームA 13回目]



・やっぱりじゃんけんって緊張するじゃないですか。だから自然体でいられるように、ビーサンにズボンに白Tっていうすっごいラフな格好で出まして、虫かご持って、いつもの自分で出れたと思います。

[2013年9月20日 チームA ウェイティング公演 50回目 横山チームA 9回目]



・私は今絶賛反抗期中でして。

[2013年9月15日 チームA ウェイティング公演 48回目 横山チームA 7回目]



・めっちゃお刺身大好き。特に甘エビ。

[2013年9月11日 チームA ウェイティング公演 47回目 横山チームA 6回目]



・島田晴香にクソガキTシャツをプレゼントされ、気に入り、毎日レッスンで着ている。

島田晴香「クソガキにクソガキTシャツあげたんです。めっちゃここ(背中)に、漢字で「くそがき」って書いてるんです。喜んで毎日着てくれてるんです、レッスンで」

https://plus.google.com/113093719902034350018/posts/TB3Ctnbbevu

[2013年9月6日 チームK ウェイティング公演 53回目]



・チームBウェイティング公演に初アンダー出演

・私はれなっちさんこと加藤玲奈さんに「僕の太陽」公演の時に一目惚れしまして。あんまりみなさんに言ってないんですけど、ずっと一途なんですね。で、れなっちさんに、れなっちって呼んでいいよって言われてるんですけど、好き過ぎてまだれなっちとは呼べてません。

[2013年9月2日 チームB ウェイティング公演 46回目]



・今AKBカフェで私のネバネバうどん売ってるので食べてみてください。

[2013年8月4日 チームA ウェイティング公演 44回目 横山チームA 3回目]



■ナツイチ2013 課題図書
永遠の出口
永遠の出口 (集英社文庫(日本))

読書感想文 (2013年8月17日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/oshima_ryoka/



・今日身体測定をした。結果150センチになりました。ついにたかみなさん超えを。

[2013年4月9日 チームA ウェイティング公演 29回目]



・菊地あやかに「クソガキちゃん」と言われる。

[2013年3月27日 チームA ウェイティング公演 27回目]



・こう見えてもけっこう料理ができる。

[2013年2月27日 チームA ウェイティング公演 23回目]



・ちっちゃい頃から動物が好き。ライオンの背中に乗って走りたい。

[2013年1月11日 チームA ウェイティング公演 16回目]



・ここ最近50点以上テストで取ったことが無い。

[2013年1月8日 チームA ウェイティング公演 15回目]



・炭酸事件っていうのが自分の中でありまして。私ほんとに部屋汚いので、飲み物を放置して、飲もうと思ったら、普通のオレンジジュースだったはずなのに、プシューって言ったんですよ、炭酸っぽく。

[2012年12月27日 チームA ウェイティング公演 14回目]



・手芸大好き。今年のクリスマスプレゼントはミシンが欲しい。

[2012年12月6日 チームA ウェイティング公演 9回目]



・この前、理科のテストでで28点を取った。(100点満点) それがすごい嬉しかった。

[2012年11月16日 チームA ウェイティング公演 4回目]



・チームA移籍後初公演。

・キャッチフレーズ「ちっちゃくたって、だいじょうブイ!」高橋みなみより身長が低いということで、高橋みなみのキャッチフレーズを継承。

・「私、老け顔なので」

・コマネチを披露。

[2012年11月2日 チームA ウェイティング公演 初日]



・研究生公演の「RESET」公演の「RESET」で、ステージから落ちたことがある。

[2012年10月16日 「RESET」公演 202回目]



・アウトドア派。

・MCを喋れるようになりたい。

・尊敬してる先輩は大島優子。好きになった理由は名字が一緒だから。

・もうすぐ誕生日。家族からのプレゼントはお金がいい。

[2012年10月5日 「RESET」公演 199回目]



・生まれた時から持ってるタオルケットが大好きで、寝る時もいっつも一緒ですごく大切にしています。

・頭のほうがあまり良くない。

[2012年9月29日 「僕の太陽」公演 95回目]



・最近背が4センチ伸びた。

・ブロッコリーがどうしても食べられない。

[2012年9月29日 「僕の太陽」公演 94回目]



・梨が大好き。

・10年後はネイルしたり、1着10万円ぐらいのブランドの洋服を着てみたい。

・背が伸びたい。今147センチ。

[2012年9月12日 「RESET」公演 195回目]



・身長が伸びて147センチになった。

・ドラえもんの道具「スモールライト」は本当にあると最近まで信じていた。1回お母さんに「このコップはそのライトで大きくしたんだよ」って言われてからずっと信じ込んでいた。

[2012年9月8日 「RESET」公演 194回目]



・お箸の持ち方にこだわりがある。

・ご飯粒を1回も残したことがない。ひいおばあちゃんに「ご飯粒残すと目つぶれるよ」って言われて。それ以来1回もご飯粒は残してない

・妹がいる。

・小さい頃、すごいわがままな子だった。妹がいるが、妹ではなく、自分がベビーカーに乗っていた。

[2012年9月8日 「RESET」公演 193回目]



・初のチーム4との「僕の太陽」公演に出演。

・書道が二段。

[2012年9月5日 「僕の太陽」公演 86回目]



・「僕の太陽」公演 初出演。

・毎年家族で飛行機に乗って旅行に行く。一昨年はグアム、サイパン、去年は沖縄行った。

・レッスン後に必ず買うものがある。ちょっとお金を持ってる時はいくらのおにぎりを買って、
あんまり持ってないなーと思ったら納豆巻きを食べる。

[2012年8月19日 「僕の太陽」公演 85回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND