FC2ブログ
AKB48全国ツアーファイナルdTVチャンネルにて独占生配信決定! new2.gif
dTVチャンネル
12月9日:チーム4(18時30分~)、12月10日:チームB(10時~) チームK(14時~) チームA(18時~)

佐々木優佳里 (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:佐々木優佳里 (ささきゆかり)
ニックネーム:ゆかるん
生年月日:1995年8月28日
出身地:埼玉県
血液型:B型
デビュー期:AKB48第12期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
佐々木優佳里 AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



■生誕祭レポート
佐々木優佳里 16歳の生誕祭(2011/09/16、「シアターの女神」公演 301回目)
佐々木優佳里 生誕コメント (2012/08/30)
佐々木優佳里 17歳の生誕祭(2012/08/30、「RESET」公演 190回目)
佐々木優佳里、鈴木まりや チームA公演初出演&岩田華怜 15歳の生誕祭 (2013/05/17、チームA)
『お母さんの手紙に涙』 佐々木優佳里 18歳の生誕祭 (2013/09/11、チームA)
AKB48佐々木優佳里 19歳の生誕祭(Google+)
AKB48佐々木優佳里 19歳の生誕祭(お手紙&コメント)
佐々木優佳里 19歳の生誕祭 (2014/09/11、AKB48チーム4)

■エピソード集&発言集


・佐々木優佳里と高島祐利奈は研究生時代に2人でチームポジティブっていうチームを作っていた

佐々木優佳里「今日なんですけど、高島祐利奈ちゃんと私は研究生の時にチームポジティブっていうチームを作っていたんですよ」
大川莉央「ゆかるんさん、チームポジティブ?」客w
佐々木優佳里「ちょっと馬鹿にしないで。祐利奈と私、ちょっとネガティブ要素多くて、一緒にポジティブになろうっていうことで作ったチームなんですけど、それを作ったことを今日訊いたんですよ、覚えてる?って。そしたら祐利奈が覚えてくれていて、それが衝撃的でした。2年前ぐらいに作ってたから。凄いほっこりしました」
向井地美音「ポジティブになれましたか?」
佐々木優佳里「うん」客w
向井地美音「良かった」
佐々木優佳里「立ち直るのが早くなったよ」

[2014年10月28日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・佐々木優佳里は自分の携帯に自分のキーホルダーをつけている

岩立沙穂「ゆかるんのストラップは、多分AKBのショップで売ってる自分の全身の写真がついた、名前つきのキーホルダーなんですよ」
メンバーたち「なるしー」
西野未姫「自分を見たいみたいな?」
佐々木優佳里「そうですね」
村山彩希「素直素直」
佐々木優佳里「自分のね、ハピネスパワーを・・・」
西野未姫「そんなこと言ってるさっほーも自分の携帯に沙穂ちゃんって書いてあるんですよ」客w
岩立沙穂「言わないで!」

[2014年10月21日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・佐々木優佳里はファンに「幸薄そうだねー」みたいなことをよく言われる

佐々木優佳里「私はですね、よく見た目とかでファンの皆さんが「幸薄そうだねー」みたいなことを言われるんですよ。だけど、私はそれをハピネスっていう言葉でなくしたくて。だから今頑張ってるんですけど。これからはそういう私を見ていただけたらいいなと思います」

[2014年10月16日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・「公演のパフォーマンスが超情熱的」など向井地美音に褒められ、泣いてしまう。

向井地美音「ゆかるんさんなんですけど。ゆかるんさんって凄い見た目ちょっと弱々しい感じで(w) 凄いネガティブなイメージなんですけど、公演のパフォーマンスが超情熱的なんですよ」客「おー」
岡田彩花「そう、凄い一生懸命さが凄い伝わってきて」
向井地美音「凄い弱々しい、お花の中にパっとバラが咲いたみたいな感じです。好きです」
峯岸みなみ「そんなゆかるんありますか?」
佐々木優佳里「今泣きそうなんです」客w
峯岸みなみ「そんなに!?」
佐々木優佳里 → 涙
峯岸みなみ「最初に弱々しいと思われてたのが嫌だったの?」
佐々木優佳里 → 泣きながら首を横に振る
峯岸みなみ「違うね。嬉しかったんだね」
佐々木優佳里「はい」
向井地美音「良かった」

[2014年10月9日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・私の元気と笑顔の源はファンの皆さん。

佐々木優佳里「私の元気と笑顔の源はファンの皆さんなんですけど (おー) ほんとなんですよ(w) 狙ってるとかじゃなくて。私、よくGoogle+のコメント欄によくいるんですけど、その時にファンの皆さんとかがいつも温かく一緒に会話してくれるので、絶対欠かせない存在というか、大切です。なので良かったらGoogle+のコメント欄遊びに来てください。まぁ色々あると思うと思うんですけど、まぁハピネスな私なんで」

[2014年10月7日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・密かに目標にしていることは、AKBの公式音ゲーのテレビCMに出ること。

[2014年9月30日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・300公演目

・オーディションの合格発表の時、佐々木優佳里と大森美優は隣同士だった。

大森美優「オーディションの時、隣だったんですよ、名前呼ばれる時。」

・ハピネスとの出会い

高島祐利奈「私はずっと疑問に思ってることがあって。私が最初に見た優佳里ちゃんはこんな感じじゃなくて。いつどのタイミングでそのハピネスというものと出会ったのかなという、ハピネスとの出会いを聞きたいなと思いまして」
佐々木優佳里「まず、ハピネスっていうぬいぐるみを作ったんですよ、私は」
木崎ゆりあ「すげー、みんな持ってるじゃん」
佐々木優佳里「熊を作りに行って、熊の名前をハピネスって名前にして、あとはGoogle+のコメント欄で去年の冬ぐらいからハピネスっていう言葉を使ってったら凄いなんかファンの方々も凄く浸透して行った感じかな。だから去年の冬ぐらいからかな、多分」
高島祐利奈「どこで出会ったんですか?ハピネスっていう言葉と」
佐々木優佳里「何だろう。ハッピーじゃなくてハピネスのほうが大きい感じがする」
向井地美音「ぬいぐるみからだったんですね」

・優しい先輩

向井地美音「私はゆかるんさんといつも一緒に帰ってるんですよ。電車とかにけっこう一緒に乗ることが多いんですけど、席が例えば空いた時とか絶対譲ってくれるんですよ」
メンバーたち「優しい」
向井地美音「私が凄い荷物持ってる時とか「大丈夫? 上に置く?」みたいな」
メンバーたち「優しい」
向井地美音「私が電車の揺れでよろけた時とか絶対支えてくれるんですよ」
メンバーたち「優しい」
佐々木優佳里「小さいから守ってあげたくなっちゃう」
向井地美音「だからいつもハピネスな気持ちを電車の中でもらってます」

・AKB公式音ゲーに夢中になり過ぎて大森美優を無視

大森美優「ちょっと寂しいことなんですけど。よくコンサートとか続くと泊まるじゃないですか。ゆかるんと安定のゆかるんと同室なんですよ。でも、ずーっとAKB公式音ゲーやってて(w) ほんとにひっとことも喋らないんですよ。多分気づいてないかもしれないんですけど、けっこう話かけてるんですけど無視するの。ホテルの部屋シーンっとしてるんですけど、それもゆかるんらしくて1人で笑ってます」

■佐々木優佳里 19歳の生誕祭

◆この生誕祭も凄いゆかるんっぽいっていうかハピネス教って感じ (篠崎彩奈談)

◆進行役は大川莉央

お母さんからのお手紙に号泣

「佐々木優佳里様

19歳のお誕生日おめでとう。18歳から19歳になった今日までの1年間はあっという間に月日が過ぎて、優佳里にとってとても変化のある1年だったと思います。

去年の秋のじゃんけん大会で初めて選抜入りが決まった時は本当に驚きと嬉しい気持ちでいっぱいでした。

選抜だからテレビの音楽番組に出演する機会も多くて、カメラに向かってたくさんアピールをしている優佳里の姿がとても印象的でした。

リクエストアワーでは念願の「アイスのくちづけ」が19位にランクインして、センターで西武ドームで歌ったあの頃の懐かしい思い出を再び披露することができて、優佳里はファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいだったね。

地元のさいたまスーパーアリーナでのステージで披露できたことも本当に嬉しかったね。

総選挙の速報は緊張高まる中、「私は信じているから大丈夫!」って伝えてくれた優佳里の言葉はとても強い言葉に感じたよ。ずっとずっと優佳里はファンの皆さんを信じていたからね。

そして、総選挙の日、初めて佐々木優佳里の名前が呼ばれて、ステージからの景色は忘れられない大きな喜びだったと思います。

優しくて大切なファンの皆さんからの大きな愛を頂き、16,726票、47位に初めてランクイン出来たことは優佳里にとってとても大きな自信になったことでしょう。

夏祭りでは480個のバルーンアートに挑戦して、達成できて、流した涙はとてもキレイだったよ。

有吉AKB共和国の竜神バンジーでの100メートルのバンジージャンプは怖さに立ち向かって、ハピネスを届けるためにジャンプした優佳里の度胸、勇気ある姿にとても心が熱くなり、無事に怪我もなくバンジージャンプが成功して安心しました。

いつもストレートに自分の気持ちをファンの方に伝えたり、素直過ぎるところ、泣き虫で、そして何よりも優しい心と芯の強さを持っている優佳里、とてもファン想いで、ファンの方に心配をかけてしまうこともあるけれど、優佳里らしく個性的だと私は思っています。

これからも大好きな劇場公演やコンサート、どこの場所に行っても輝いていて欲しいし、強い信念を持って、夢に向かって前進して欲しいと心から願っています。

優佳里のハピネスがたくさん届き続きますように。

お母さんより」拍手

大川莉央「お母さんからの手紙でしたが、どうですか?」
佐々木優佳里「お母さんは私の、やっぱり一番側にいてくれる大切なご家族で、お母さんとお父さんがいなかったら私は今ここにいないし。でもやっぱり手紙の内容とか凄いやっぱ思い出が蘇ってきて、ちょっと涙めっちゃ流しちゃったんですけど、でも凄く嬉しいです」

18歳の1年を振り返ってみてどうでしたか?

佐々木優佳里「やっぱり18歳は本当にたくさんいろんなことがあったなって、凄く感じます。

あの、やっぱり、でも凄くいろんなことに挑戦できたし、凄く、やっぱ嬉しかったこともあったり、やっぱり凄く辛かったこともあったし、でもこの18歳で学んだことは、やっぱ次の19歳に繋げていきたいし、

そうですね、19歳はあまりネガティブにならないようにして、そうですね、でも、やっぱり素直な気持ちとか、そういうのはやっぱり届けていきたいし、ファンの皆さんと一緒に頑張っていきたいし、

だから、そうですね、やっぱりその、去年はじゃんけん大会で選抜メンバーに入れて、でもそれはやっぱりじゃんけんでの選抜で、やっぱりその、この前久しぶりに録画したやつを見ると、やっぱり、なんだろうな、その自分に悔しくて、それだけではやっぱ終わらせたくないし、もっと上に行きたいと思ってて(涙)

だから、実力で選抜メンバーになれるように頑張りたいなと思います」拍手

こんな素敵な生誕祭を開いてくれた凄い優しいファンの方に何かひと言最後にお願いします

佐々木優佳里「私のファンの皆さんは本当に優しくて、心が広くて、私が凄く嬉しかった時は一緒に、う~(涙)」客「頑張れ!」

「一緒に側にいてくれたり、私がちょっとしたことでネガティブなこととか言った時も側にいてくれて「大丈夫だよ」って「言葉を信じていいよ」とか凄く不安な時も側にいてくれて。私は自分に正直過ぎて、正直過ぎるところと言うか気持ちをすぐ伝えちゃうから、凄く迷惑かけたり心配かけたりしてしまったこととか、あと誤解されてしまったりとかいっぱいあったと思うんですけど、

でもそんな時にいろいろそういう誤解とかされた時とかもファンの皆さんはいつもどんな時も側にいてくれて、私はそれが凄くファンの皆さんをほんとに心の支えで大切な存在で。

やっぱり、そのなんだろうな、私のためにこうやって生誕祭を開いてくださったりとか、握手会に来てくださったりとか、あとはお手紙だったりとかプレゼントだったりとか本当に嬉しくて。

今日来れなかったファンの皆さんもいると思うんですけど、私はそのファンの方々も忘れていないですし、だからその方々とか、いつも応援してくださるファンの皆さんには、その、なんだろうな、これからも一緒にいて欲しいなって凄く思います」拍手

「もう本当にファンの皆さんが大好きです、ほんとに。ほんとに大好きです (オレも大好き!) ありがとうございます。私がたまに、その、そのなんだろうな(w) その・・・」
小谷里歩「あっ、まだ続いてるんやったんやね」
佐々木優佳里「その、なんだろうな、ちょっとしたことで私がこれから信じていいのかなとかファンの皆さんのこと信じていいのかなとか凄くいろいろ迷った時に、そうやって疑ったりしてごめんなさい(涙)」客「いいよ」

「これからも、私は今日この場所で本当にファンの皆さんがこうやってたくさん応援してくれたから、今日もこんな素敵な1日になったし、本当にありがとうございます」拍手

[2014年9月11日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・夏祭りで「ゆかるんのハピネスバルーンアート」という企画をやった。

佐々木優佳里「この前の夏祭りあったじゃないですか、AKB48の。それで私がゆかるんのハピネスバルーンアートっていう企画をやらせていただいて、1日で480個作ったんですよ。それがやっぱり忘れられない思い出ですね」拍手
峯岸みなみ「そのブースを覗かせてもらったんですけど、めっちゃ怖かったよ(w) 異様なの。ただゆかるんが風船を作ってるのを近くでファンの方が見て、1個できました、拍手」客w

「それをずっとやってたってことでしょ?」
佐々木優佳里「はい」
峯岸みなみ「絶えられなかったもんね、あそこ空気感。ヤバイなと思ったよ」

[2014年8月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・2日前ぐらいにバルーンアートができるようになった (犬、猫、クマなどの動物)

[2014年7月26日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・オーディションエピソード

佐々木優佳里「私はですね、12期生のオーディションで、初めての第一次審査の面接の時に、まず10人ぐらいすごい偉い人っていうか、戸賀崎さんとか西山さんだったりとか、凄い空気が、オーラがすご過ぎて。私、輝きたいですしか言えなくて、その時の意気込みというか、入ったらどうしますか?みたいな。「とにかく輝きたいです」みたいな感じで言って、だけどもうオーディション終わった時に私絶対落ちたって思って、レストランでやけ食いをしたのがいい思い出です。だけど受かりました」

[2014年6月20日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・心の安定の不調に脱出したい

佐々木優佳里「私が脱出したいことはですね、心の安定の不調に脱出したいです。私はけっこう遠慮しないで素直に気持ちとかを伝えちゃうタイプあので、その発した言葉にファンの人たちが「ゆかるん大丈夫?」とか、最近は後輩までにも心配されるようになっちゃって。なので、心の安定をよくしていきたいなと思います。ちなみに今日は凄く心が調子いいと思います」

[2014年5月22日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・私ってけっこう寂しがり屋で心の安定があんまできてないんですね。

[2014年5月11日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 18時開演]



・AKB48に入ってから「幸が薄いね」って言われはじめて。自分でわかんなかったんですよ。

[2014年5月11日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・新キャッチフレーズ「私のハピネス届いてますか? (届いてる!) 私はあなたを愛すのみ。チーム4のゆかるんこと佐々木優佳里です」

[2014年4月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 初日]



・チームAでの思い出話に佐々木優佳里が涙

佐々木優佳里「凄い真面目な話になってしまうんですけど。4月28日に武道館コンサートで昇格が発表されて、もうすぐで1年が経つんですけれども、やっぱりチームAさんに入って、凄いあの・・・(涙) 先輩方とかいろいろたくさんのことを学べて、自分のことを凄い考える時間が増えたので、次のチームには・・・」
伊豆田莉奈「もらい泣きしちゃう」
佐々木優佳里「次のチームにちゃんとその学んだことを持ってって、私けっこう年上なほうなので、次のチームでは。なので後輩に教えてあげたいなと思いました」客、拍手
森川彩香「なんでいずさんが泣いてんの」客、軽くw
伊豆田莉奈「私、ゆかるんのこと凄い心配してたんですよ、最初。ゆかるんのこと凄い心配してて。やっぱり人見知りだから。チームAに馴染めるかなって最初凄い思ってて、気にかけてて。話かけたりして。でも今は全然喋れる仲にもなったし、凄いチームAにいて、ゆかるんみたいなほんわかしたキャラもいるのが凄いいいと思う。ゆかるんがほんとに成長っていうか、凄い明るくなってくれて嬉しかったんですよ。だからゆかるん頑張ってね、他のチームでも」
鈴木まりや「涼花が「なんでこの人が泣いての?」っていう顔で見てた」客w
伊豆田莉奈「ゆかるんのこと大好きなの」

[2014年4月18日 横山チームAウェイティング公演 30回目]



・ダメなやつに引っ掛かると思う。 (高橋みなみ談)

高橋みなみ「でもゆかるん、勝手なことだけど、ダメなやつに引っ掛かると思う」客w
佐々木優佳里「えっ?ほんとですか?」
高橋みなみ「凄いそれが魅力なんだけど幸薄いじゃん、若干」
メンバーたち「ひどい」
高橋みなみ「いいじゃん、それが魅力だから。褒めてるの」
松井咲子「幸薄いに褒め言葉とかないですよ」客、軽くw
高橋みなみ「なんかちょっとさ、守ってみたくなるっていうかさ」
メンバーたち「あー、なるほどね」
高橋みなみ「だから変な人が寄ってくるんじゃないかなって」

[2014年3月5日 横山チームAウェイティング公演 25回目]



・私は自分で言うのもあれなんですけど、かなりのロマンチストなんですよ。私最近恋愛のドラマを毎日見てるんですけど、恋の発展するところがすごいドキドキしてキュンキュンしちゃうんですよ。

[2014年2月26日 横山チームAウェイティング公演 24回目]



・私は幼稚園の時が看護士さんになりたくて、小学校に入って絵をだんだん描き始めて、マンガ家になりたかったんですよ。で、だんだん中学生になってから芸能界に興味を持ち始めて、オーディションを受けて、合格して今ここにいます。

[2014年2月19日 横山チームAウェイティング公演 23回目]



・好きなタイプの人は一途でしっかりしてる人なんですよ。なんか、毎日好きって言ってもらいたいっていう。私はけっこう落ち込みやすい性格と言いますか、悔しい(と思うことが)多いから、だからそういう年上とかしっかりした方に大丈夫だよって支えてもらいたいなって。

[2014年2月15日 横山チームAウェイティング公演 22回目]



・けっこう前なんですけど。AKB48新聞ってあるじゃないですか。その新聞にSKE48の松井玲奈さんが期待の神7みたいなのに私の名前を挙げてくれて、すっごく嬉しかったんですよ。玲奈さんは私の憧れの存在の人なので凄く嬉しかったです。

[2014年2月13日 横山チームAウェイティング公演 20回目]



・書道が得意なんですね。だから字が凄い上手いと思います。

[2014年1月7日 横山チームAウェイティング公演 13回目]



・好きなおでんの具ははんぺん。

[2013年12月6日 横山チームAウェイティング公演 8回目]



・最近すごく筋トレに嵌っていて、寝る前に毎日腹筋を15回している。

[2013年11月30日 横山チームAウェイティング公演 6回目]



・私がご飯に合うものはですね、イカ明太子です。これ言うの初めてなんですよ。けっこうお父さんとかが食べる年代ら辺の方が食べるものだと思うんですけど、私はイカと明太子が大好きで、この2つが組み合わせたイカ明太子がすごい最高の食べ物じゃないかなと思います。

[2013年10月23日 横山チームAウェイティング公演 2回目]



・公演で初めて三つ編みをしてみました

[2013年9月30日 チームA ウェイティング公演 52回目 横山チームA 11回目 (9月度お客様生誕祭)]



・じゃんけん大会の衣装はですね、不思議の国のアリスをイメージして作ってもらったんですけど、私、水色が大好きなんですね。だからその水色パワーで選抜入りできたんじゃないかなって思います。

[2013年9月20日 チームA ウェイティング公演 50回目 横山チームA 9回目]



◆佐々木優佳里 18歳の生誕祭

・お母さんからのお手紙 (田野優花が代読)

「優佳里へ。18歳のお誕生日おめでとう。

こうして優佳里に手紙を書いたのは小学5年生の頃、林間学校に行ってた時以来なので、7年ぶりかな?

優佳里が小学生の頃はいつもよくお母さんに手紙を書いてくれていたよね。優佳里がファンの方からいただく手紙を大切な宝物としているように、お母さんも今でも優佳里からの手紙は大切に残しています。

AKB48に入って、ダンスは未経験だったからお母さんは正直とても心配していました。デビューして間もなく、江口愛実ちゃんの声に抜擢されて、西武ドームでは大先輩たちと一緒に愛実ちゃん役でセンターで踊ったことは今でもお母さんの心の中に熱く残っています。

自主練習に出向いたり、部屋で日々練習を積み重ねるにつれて、大好きな公演の出演、アンダーも増えて、ダンスの振りを覚えるのも早くなったし、表現力や表情までも変わってきたよね。実際に公演を見に行って、随分変わったなーって成長を感じました。

一番多く出演した「僕の太陽」公演は自分自身について考えさせられて、積極的になろうって優佳里自身がんばっていたし、「パジャマドライブ」公演は何よりもポジティブに考えられるようになって、優佳里が強くなった思い出深い公演だったと思います。

劇場では感情をコントロールすることができず、よく涙を流してファンの方に心配をかけてしまうこともあったね。そんな優佳里だけど、悔しい時、辛い時、家族の前では涙を見せずに心の中で泣いていたこと、お母さんは知っていたよ。「涙の数だけ輝きたい」というキャッチフレーズも意味があって、流した涙が優佳里の力となって、約2年間の研究生時代を過ごしてきて、昇格発表の時はお母さんは本当に嬉しくて、号泣してしまいました。

正規メンバーになった今、優佳里の夢に対する気持ちも更に強くなったと思うので、これからも初心を忘れず、夢や目標に向かって、前向きにがんばって欲しいと思います。応援しているからね。優佳里の素直さ、優しさ、笑顔が大好きなお母さんより」客、拍手

佐々木優佳里「お母さんはいつも私がお仕事とかの日は毎日メールくれて、今日もがんばってとか、今日もきたんですよ、実は。だからなんかすごい、すごいなんか支えられてるなって、すごいなんか、あーもうダメですね、お母さんからの手紙は」

・この1年どんな1年にしたいですか?

佐々木優佳里「18歳のこの1年は、そうですね、何事もいろいろ勉強して、私はなんか、そういうなんて言うんですかね、がんばり過ぎてと言いますか、空回りしやすい性格なので、これから日々ちゃんと落ち着いて、勉強して、やっぱり18歳だから、大人の女性に少しでもなれたらいいなって思いますし、あと17歳の頃はですね、昇格だったりとか、アンダーガールズに入れたりとかすごい嬉しいことがいっぱいあった年なので、18歳はもっと嬉しいことがある1年にしたいと思います」客、拍手

・素敵な生誕祭を開いてくれたファンのみなさまにひと言お願いします

佐々木優佳里「今日は素敵な生誕祭を開いていただきありがとうございました」客、拍手

「私はいっつもファンのみなさんにすごい心配をかけてしまうことが多くて、なんか、すごい、迷惑だったりかけてるかもしれないんですけれども、やっぱり、あの、あの、あの、デビュー当初はすごいやっぱり弱くて、私。あの、あの。すみません」客「がんばれ」

「あの、あの、(涙混じりに)ダンスも未経験で歌もあんまり上手くなくて。でもファンのみなさんがいたから、やっぱり今の私がいると思うし、これからも見守ってください(涙)」手紙で目を隠す(客、拍手)

「じゃ~、一緒に夢に向かって、がんばりましょうと言いますか、よろしくお願いします」客、拍手

田野優花「いやー、ゆかるん、ほんとに、今同期なんですけど、私たち。すごいデビュー当初よりもだいぶほんとに、私が言っていいのかわかんないんですけど、ほんとに強くなって、すごい自分の意見も、前は自分の意見持ったままで、発信することはあんまりなかったんですけど、今こうやってチームAになって、いろいろ意見も言えるようになって、すごい成長したなって私も思います」客、軽くw

田野優花「ほんとに強くなったよね」
岩田華怜「ほんとにね、ほんとに偉いよ、ゆかるん」客w

「もう私ほんとに嬉しい。だってもうほんとに、こんなにファンのみなさんの前でこんこと言えるようになって」客w → 拍手
田野優花「保護者かお前は」

[2013年9月11日 チームA ウェイティング公演 47回目 横山チームA 6回目]



・たぶん私の7年後は普通にスーパーへ買い物行って、半額のものとか買ってると思います。

[2013年9月9日 チームA ウェイティング公演 46回目 横山チームA 5回目]



・お母さんの出身地は大分県。おばあちゃんの家がある。

[2013年8月4日 チームA ウェイティング公演 43回目 横山チームA 2回目]



・将来の夢は歌える女優さん。

[2013年7月23日 チームA ウェイティング公演 42回目 横山チームA 1回目]



■ナツイチ2013 課題図書
ハニー ビター ハニー
ハニー ビター ハニー (集英社文庫)

読書感想文 (2013年7月20日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/sasaki_yukari/



・チャームポイントは下がり眉毛。「寂しいそうっていうか、儚いというか、困り顔とかよく言われるんですけど」

[2013年5月19日 研究生「パジャマドライブ」公演 39回目]



・佐々木優佳里「私は柏木さんのイメージはご飯に連れてってくれないイメージ」客w
柏木由紀「約束してんだよね」
佐々木優佳里「けっこう前に約束してるんですけど」
柏木由紀「けっこう前だよ。覚えてる」
佐々木優佳里「1年前ぐらい」
柏木由紀「そんな前だっけ?」
佐々木優佳里「たぶんそうです」
柏木由紀「それはヤバイ」
佐々木優佳里「どうやったらご飯行けるんだろうって」
柏木由紀「行こう」客、軽くw
佐々木優佳里「ほんとですか?」
柏木由紀「昇格したんだもんね」
佐々木優佳里「はい」
柏木由紀「昇格祝いで、なんでも好きなご飯連れて行ってあげる」客、おー&拍手

[2013年5月19日 研究生「パジャマドライブ」公演 38回目]



・昇格発表後、チームA公演初出演

[2013年5月17日 チームA ウェイティング公演 34回目]



・(選抜総選挙のポスターについて) 私は「僕の太陽」公演の白ヒグラシの衣装を着て撮ったんですけど、表情っていうか、顔もドアップに撮らせていただいて、すごい真剣な感じでキャッチコピーの「涙の数だけ輝きたい」っていうキャッチコピーを、はいそうですね、その、輝けるように。あと大好きな水色も取り入れたので、チェックしてみてください。

[2013年5月11日 研究生「パジャマドライブ」公演 31回目]



・昇格発表後、初公演。

・私は一昨年の5月15日に劇場デビューしたんですよ。「ロマンスかくれんぼ」という曲で。やっぱりデビューする時が劇場公演の中で一番の思い出かなって思います。

・(劇場公演 3000回を迎えて) 私はそうですね、12期とデビューして、もうすぐ約2年経つんですけれども、やっぱり劇場公演ってほんとにたくさんのいろんな方と出会える素敵な場所だと思うし、自分自身すごい成長の場だなって思います。なのでこれからもAKB48がもっともっと成長した姿を見せれるように、みなさんと一緒に成長していきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。

[2013年5月6日 研究生「パジャマドライブ」公演 29回目]



・水色が大好き。

[2013年4月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 13回目]



・ヨーグルトが大好き。毎日5食ぐらい食べてるぐらい大好き。

[2013年3月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 5回目]



幸薄アイドルと言われた。

[2013年3月24日 研究生「パジャマドライブ」公演 4回目]



・私はですね、この公演ですっごい毎回のように泣いていたんですよ。けっこう泣いちゃってたんですよ。さっきも自己紹介MC泣いちゃったりとか、いろんな、曲中に泣いちゃったりとか。そうなんだけど、キャッチフレーズにもある「涙の数だけ輝きたい」っていうキャッチフレーズもあるし、それでなんか自分も強くなれたかなと思って、成長してるなって思いました。

[2013年3月17日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演 ※最終公演]



・200公演目

[2013年3月16日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・妖精を見たことがある。

佐々木優佳里「夜寝てた時に急に目が覚めちゃって。そしたらキラキラ光ってたんですよ。しかもちゃんと妖精の形もしてました」

[2013年3月15日 研究生「僕の太陽」公演]



・私は地震当日家にいたんですけれども、2時46分にとても大きな地震が起きて、すごい恐怖と不安でいっぱいでした。でも、今私にできることは全力で自分らしく、みなさんに笑顔や元気を届けることなので、今日みなさんにいろんな世界の方とか東北の方に元気を届けられたらいいなと思います。

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・私が憧れる理想の女性像は私のお母さんなんですけれども、私のお母さんはすごい優しくて、いつもすごいニコニコしてて、すごい元気で、たまにすごい怒るっていうすごいお母さんなんですけど、今日とか公演前に必ずいつも毎日メールしてくれたりとかして、今日の内容は「今日も笑顔で元気にがんばってね」っていうメールをもらったので、今日もがんばりたいと思います。

[2013年3月3日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・最近地球について考えるようになった。

[2013年3月1日 研究生「僕の太陽」公演]



・3月の目標はですね、おもしろいことができるようになりたいです。私はおもしろいことができないんですね。例えば変顔とか、そういうダジャレとかあんまりうまく言えない人なんです。

[2013年2月28日 研究生「僕の太陽」公演]



・「とぼける」という言葉を知らなかった。

・「握手会とか公演とか見に来てくれたファンの方とか名前とかすぐ覚えちゃう」

[2013年2月24日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・17歳にしてようやく反抗期が訪れる。反抗期の相手は平田梨奈のみ。

[2013年2月24日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・お昼休憩の時にデビュー公演の映像を見た後に、夜公演へ出演。自己紹介中に感涙の涙を流す。すごいステージに立てて幸せだなと思いました」

・憧れの先輩は柏木由紀さんと松井玲奈さんと横山由依さん。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・私が会いたい人は℃-uteさんなんですけど、アイドルグループの。の、矢島舞美さんに会ってみたいんですね。なぜかというと、すごい憧れで、すごい美人というか、すごい美しいし、ダンスとかパフォーマンスもすごい全力ですごいキレがあって、すごい尊敬してるんですけども、今度もしなんかあったら会ってみたいと思います。

・まだお母さんと一緒に寝ている。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 14時]



・ふわふわなんですよ。ゆかるんってすごいふわふわしてるんです。雰囲気もふわふわだし、お肌もふわふわなんです。 (平田梨奈談)

[2013年2月10日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・AKB48に入る前は地味で大人しかった。

・でも最近の私はすごい積極的になった。「みなさん私についてきてください」

[2013年2月9日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・2013年になってから、自分自身変えたいなって思ってて、積極的にがんばりたいなと思います。

・まだ自分の殻を破けてない気がするんで。今日はすごいハイテンションなんで、みなさんにちょっと私をもっと知ってもらいたいなって思います。

・家ではずっと喋ってる。

[2013年2月5日 研究生「僕の太陽」公演]



・前はすごいマイナスにいろんなこと考えてたんだけど、今年に入って考え方がプラスにできるようになった。

[2013年1月20日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・飲み物飲む時、ペットボトルとか、2リットルのやつをそのままガーって飲む。

[2013年1月18日 研究生「僕の太陽」公演]



・好きな言葉は「君は君らしく」

[2013年1月17日 研究生「僕の太陽」公演]



・お母さんが公演前とかに必ず「今日も1日がんばってね」みたいなメールをくれる。

・見た目から優しくて、いつも後輩を気にかけてくれる。 (岡田奈々談)

[2013年1月15日 「僕の太陽」公演]



・妹がいる。

・最近我が家にホームベーカリーがやってきた。

・初めてメンバーとお風呂に入った、記念すべき1人目は篠崎彩奈

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 18時開演]



・年賀状一通も来なかった。

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 14時開演]



K6th公演で、先輩の大島優子さんに優しい言葉をかけてもらったことを思い出し、思わず涙。

「K6thの「RESET」公演に出演させていただいた時にアンコール後の最後の感想みたいな感じで1人ずつ最後に感想を言う時に私が選ばれて、その時私、うまく言えなくて、喋れなくて、それで楽屋、公演終わってから泣いちゃったんですよ。そしたら大島優子さんが声をかけてくださって・・・。「MCは自分らしく言えばいいんだよ」みたいなことを言ってくれました。

・最近北海道の握手会があって、その時に柏木さんに「ご飯行こうね」って言われたことが嬉しかった。

・インドア派。ゲームが好きで、家には大好きなゲームがいっぱいあるから。

・中学校の時に1回も休まなかった。部活も全部参加した。しかし刻はいっぱいした。

[2012年11月28日 「僕の太陽」公演 126回目]



・最近、篠崎彩奈ちゃんとすごく仲良し。あやなん家に泊まりに行ったり、お風呂入ったり、一緒に寝たりする仲。

[2012年11月23日 「僕の太陽」公演 124回目]



・お兄ちゃんがいる。

・生まれ変わったら男の子になりたい。

[2012年11月22日 「僕の太陽」公演 123回目]



・平田梨奈からロリータの服をもらった。今のところ握手会に着ようかなと思ってる。

[2012年11月20日 「僕の太陽」公演 122回目]



・料理全然できない。

[2012年11月18日 「僕の太陽」公演 121回目]



・「実は私、大雑把女なんです」

・外見とは違って中身はすごいあっさりしてる。

・自分の意見を曲げずに持っている。

[2012年11月18日 「僕の太陽」公演 120回目]



・もしもAKB研究生辞典があるなら、自分のところには何が書いてあるか
ゲーム好き、RPGとか対戦ゲームとかが好き、水色が好き、マイペースなこと。アイスの実が好きです。

[2012年11月17日 「僕の太陽」公演 119回目]



・妹の誕生日は12月25日。

[2012年11月13日 「僕の太陽」公演 23回目]



・デビュー当時、ポジションは1コしかできなかったが、今は12ポジションできる。

・Google+で11時前ぐらいから12時までシンデレラタイムというのをやっている。

[2012年11月9日 「僕の太陽」公演 115回目]



・小学生の運動会の時にチアガールをやっていた。

[2012年10月26日 「僕の太陽」公演 106回目]



・愛犬モカを飼っている。 (カニンヘンダックスフンド)

[2012年10月23日 「目撃者」公演 103回目]



・好きな色は水色と黒。洋服もその二色を基準に選ぶ。

[2012年10月8日 「シアターの女神」公演 434回目]



・前髪のこだわりは左分けで、ちょっと目の上ら辺で切ること。

[2012年10月8日 「シアターの女神」公演 433回目]



・実はゲーム好き。

・けっこう落ち込みやすい。

・ラストステージのサイード横田絵玲奈

佐々木優佳里「えれが今日の公演で最後っていうのがまったく、曲をやっていくうちに全然実感がなくて。でも、えれとは12期として、あと同じ研究生として、

楽しいこととか、辛いこととかいっぱいあったけど・・・(涙) がんばって欲しいし、あといつも、私けっこう落ち込みやすいんですけど、その時にえれちゃんが声をかけてくれたりとか、電話

したりとかしてくれて、すごいその時に、辛かったことなのに超えられたと思うし、ほんとにえれちゃんに感謝しています。これからも応援してるから、がんばって。ありがとう」客、拍手

[2012年10月6日 「僕の太陽」公演 101回目]



・妖精を見たことがある。「なんか目覚めて、目開けたらパっていて」

[2012年10月5日 「RESET」公演 199回目]



・毎日半身浴することが趣味。

[2012年10月1日 「シアターの女神」公演 432回目]



・幼稚園の頃から硬質を習っていた。今はあんまり教室に行けてないが、小学校の時とか中学校の時とか賞をいっぱいもらっていた。

(2012年9月16日 「シアターの女神」公演 429回目)



・劇場デビューは「シアターの女神」公演の前座曲、ソロ曲の「ロマンスかくれんぼ」だった。

(2012年9月17日 「RESET」公演 198回目)



・今あんまり料理ができない。マラサラとか作って、街の愛されるおばあちゃんになりたい。

(2012年9月16日 「シアターの女神」公演 430回目)



・晴れてる空を眺めると癒される。

[2012年9月15日 「僕の太陽」公演 90回目]



・ぶどうが大好き。

・14期生の小嶋真子ちゃんがけっこう前に、私に「一生ついていきます」って言ってくれた。

・小学校3年生の時の持久走大会で、100人以上いる中、10位だった。

伊豆田莉奈「ゆかるんめっちゃ(足)遅そう」

[2012年9月15日 「僕の太陽」公演 89回目]



・憧れのメンバーは柏木由紀さんと松井玲奈さんと横山由依さんと河西智美さん。

・「ファースト・ラビット」が好き。

[2012年9月6日 「僕の太陽」公演 87回目]




・書道が六段。でもメンバーとかには家族とか、普段書く字は汚いねって言われちゃう。

[2012年9月5日 「僕の太陽」公演 86回目]




・妖精を見たことがある。

[2012年8月19日 「僕の太陽」公演 85回目]