FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

AKB48名取稚菜 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:名取稚菜 (なとりわかな)
ニックネーム:わかにゃん
生年月日:1995年6月7日
出身地:東京都
血液型:A型
デビュー期:AKB48第11期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
初の「Kメン不在」RESET公演 & 名取稚菜 16歳の生誕祭(2011/06/18、昼公演、「RESET」公演 66回目)
名取稚菜(17歳)&北澤早紀(15歳) 合同生誕祭(2012/06/07、「RESET」公演 148回目)
名取稚菜 18歳の生誕祭 (2013/06/12、チームB)
AKB48名取稚菜 19歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/06/17)
名取稚菜 19歳の生誕祭&倉持チームB初日 (2014/06/17、チームB)


【速報版】 名取稚菜 卒業公演レポート

151220 (310)

■エピソード集&発言集


・高橋朱里に誕生日プレゼントとして可愛いパンツをプレゼントした。

[2014年10月12日 チームB 「パジャマドライブ」公演 18時開演]



・300公演目

・本日限定?キャッチフレーズ「いつも笑顔だ (わかにゃん!) 今日も笑顔だ (わかにゃん!) あなたをハッピーにしたい、わかにゃんこと名取稚菜です」

[2014年8月22日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・愛媛県の松山の観光大使、おもてなし大使をしている

名取稚菜「私、実は愛媛県の松山の観光大使というか、おもてなし大使をしてるんですよ。知ってますか? 半分半分だった。愛媛から来たよって方いますか? 愛媛にはやっぱりみかんっていうイメージ強いんですけど、じゃこ天っていうのがあって、すり身なんだけど、すごーい美味しいよ。ほんとに美味しいんですよ。ちょっとフライパンで焼いて、おしょう油つけて食べたりとか、そのままでも美味しいんですけど、是非是非食べて欲しいです」
高城亜樹「わかにゃん、買ってきて」客w
名取稚菜「空港通ったら「ようこそ」ってやってるんですよ、等身大パネル」
メンバーたち「凄い」
名取稚菜「だから見たついでにじゃこ天買って帰ってください」

[2014年7月13日 チームB 「パジャマドライブ」公演 14時開演]



・倉持チームB 初日

・なっきーと仲良くなりたいっていうのがあって。なっきーさっきも言ってたんですけど、同い年っていうのもあるんですけど、私の今までの人生にはいないようなタイプの方なんですよ。こんな生き方もあるんだというか(w) 私と正反対過ぎて、凄く興味深いので、一緒に喋ったりお茶とかして、どんな育ち方をしたんだろうとか(w) どういう家族構成なんだろうとか凄い興味があるので聞いていきたいなって。気になりますよね。気になってるので、いつか一緒にご飯行きたいなと思っております。

名取稚菜 19歳の生誕祭

◆進行役は大家志津香

大家志津香「まさか私が仕切りなんか思わなかったでしょ?」
名取稚菜「あのさ、だって楽屋で散々さ、「今日の練習しなきゃ。えっと、ちょっと待った!」とかやってたもん」客w
倉持明日香「わかにゃんの目の前でやってましたよね、ずーっと」
名取稚菜「ほんとに、もう」
大家志津香「仕切り上手くできるかわかんなくて、ちょっと練習させてもらいました」

18歳の1年はどうでしたか?

名取稚菜「そうですね、18歳の1年は、でも凄く幅が広がったんですよ。18歳になったということで、夜も出れるようになって、オールナイトニッポンだったりとか、ラジオとかに出させていただく機会が多くなって、で、今までラジオっていうことあんまり考えてなかったというか、まだ経験が無かったので、ラジオの。だけど、こうやってオールナイトニッポンとかやらせていただいた時に、すーごく楽しいなと思って、凄いラジオの魅力に目覚めたし、あとはじゃんけん選抜にも入れて、凄くなんか、これ何回も言っちゃってるんですけど、ファンの方が凄く喜んでくれたんですよ、その選抜に入ったことで。テレビとかも見たよって凄い言ってくださって。どうやったら喜んでくれるんだろうと思ってたから、こうやって私がテレビに出ることによって、ファンの方はこんなに喜んでくれるんだっていう風に思えて、もっともっともっともっと頑張ろうと思いました、た1年でした」拍手

19歳の抱負などあれば

名取稚菜「19歳の抱負はですね、そうだな、もっと身近に感じていただきたいというか、なんだろうな、もっと私普通なんです」客w

「なんだろう、喋り難そうとか思われがちなんですよ、私。そうなんですけど、自分で言うのもなんだけどフレンドリーなんですよ、私。だから、本当に、喋ったらわかりますよ、ほんとに。ほんとにね、そうなんです、NOTTVの「あんた、誰?」とかでも凄く喋ってたりとかして、そんな私も凄い見てもらいたいので、もっとファンの方に身近に感じていただけるような存在になりたいなと思ってます」

お手紙

「稚菜へ。お誕生日おめでとうございます。

稚菜が産まれてからもう19年が経ちますね。いつも笑顔でいる稚菜がたくさんの悩みを抱えること、ほんとは知ってるよ。でも、昔から頼りない私だったから、1人で抱え込むことが多かったんじゃないかな。

ちっちゃい頃、ほんとは甘えたがりな稚菜がどんどんしっかりしていくのを見て、誇らしくもあり、心配でもありました。ほんとはもっともっと頼ってくれていいんだよ。

辛い時は一緒に泣いてあげたいです。行き詰った時はお家で美味しいご飯作って待っててあげるから、外ではしっかり者な稚菜、お家では甘えん坊な稚菜でいいよ。悩みながらこれからも成長していく稚菜を一番近くで応援しています。

支えてくださるファンの皆様、スタッフの皆様、メンバーに感謝の気持ちを忘れず、稚菜らしくマイペースに道を進んで行ってください。

最後に、私と出会ってくれてありがとう。本当にお誕生日おめでとうございます。

大家志津香より」客w → えー!!

名取稚菜「ねぇ、私の涙返してよ」
倉持明日香「しーちゃん、いずちゃんも泣いてるよ」
伊豆田莉奈「わかにゃんとけっこう仲いいから、わかにゃんのママが書いてんだなと思ってすごい感動してきちゃって」
大家志津香「騙された? テッテレ~」拍手
名取稚菜「もう嫌い! しーちゃん、もう嫌だ」
大家志津香「でも別に私からの手紙と思って読んでも、そうなるようになってますから、ちゃんと」
名取稚菜「いや、産まれた頃のこと知らんやろ。もう! 確かにエピソード薄いなと思って」客w

「これだけかいと思った」
大家志津香「わかにゃんとわかにゃんママのね、わかにゃんから聞いた話だけを振り絞って、わざわざネットとかで「稚菜 ママ」で調べてGoogle+のママとの投稿とかをね、調べてみて、こんだけしか出てこなかったんですけど、大切に取っていてください」
名取稚菜「ありがとうございます」
大家志津香「最初ね、稚菜ちゃんって書いたんだけどね、稚菜ちゃんって呼んでなかったらどうしてと思って開演前に「稚菜ちゃんって呼ばれてるよね?」って」
名取稚菜「そう、言った。それだったの? もう最悪だわ」客w

こんな素敵な生誕祭を開いてくださった皆様に何かあれば

名取稚菜「そうですね。そうだな、今日は凄い知ってる方の顔も凄く多くて、凄い嬉しくて。あと初日が今日になってしまって凄い心配をおかけしたと思うんですけども、タイミングがほんとに合わなくて、だから心配になるようなことは何もないので、ほんとにタイミングがなかなか合わず今日になってしまって、生誕祭と一緒になってしまって、ほんとにそれはすみませんっていうことを謝りたかったのと、

そうですね、今日は初めてだったんですけども、すっごい、やっぱり、見たことある人たくさんいるし、うちわもいっぱいあったし、凄い楽しくて、もう最初チームBの円陣やってる時は嗚咽すぎて、「もうヤバイ、嗚咽がヤバイ」ってずっと言ってたんですけど、出てみたら、ほんとに安心して、やっぱり私のファンの方が一番いいなって思いました、でした」拍手

「あとサイリウム、「僕の桜」の時のイントロでバキバキバキバキバキバキバキバキって(w) 凄い量のバキバキが聞こえて、凄いキレイな桜を作っていただいて、感動しました。そして今までの生誕祭の中で一番大きいコールをいただいて、ほんとに嬉しかったです。もっと私は、そうだなー、もっともっと恩返しできるような人間になりたいので、そうですね、今日初日だし、覚えてたポジションと違ったので、まだ完全ではないので、今は全力ですけどこれを完成形だと思って欲しくないので、またまた私はどんどん成長していくつもりなので、どんどん成長していく姿を劇場に見に来ていただけたらなと思っております。これからもよろしくお願いします」拍手

[2014年6月17日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・感謝の気持ちと今の気持ち

名取稚菜「本日はご来場いただいてありがとうございます。私が正規メンバーに昇格して初めてのチームが梅田チームBだったんですけど、梅田さんは凄くメンバー全員のことを考えて、こうやって曲順を増やしてくれたりとかしてくださるこの心が凄く嬉しくて、梅田チームBが初めてのチームで本当に心から良かったなと思っています。チームB大好きです。ありがとうございました」

[2014年4月23日 チームB ウェイティング公演 89回目 千秋楽]



・知ってる人も中にはいると思うんだけど、今まで一度も触れてこなかったことで、名取稚菜ちゃん、わかにゃんと入る前に舞台で共演したあるんだよね。 (岩佐美咲談)

[2014年3月14日 チームB ウェイティング公演 83回目]



・被災地支援活動エピソード

名取稚菜「私もあるんですけど、私は山田町に2回行かせていただいて、あと1回プライベートで行かせていただいたんですけど、その時とかに山田町の子供3歳ぐらいの女の子から四つ葉のクローバーを頂いたんですよ。ほんとに嬉しくて、私じゃんけん大会の時に腰につけて戦ったんですよ、じゃんけん大会、去年の。そしたら6位になったんです」
メンバーたち「すごい」客、拍手
藤田奈那「絶対それのおかげ」
名取稚菜「そうなんです。だからクローバーのおかげだなと思った」
島田晴香「今しおりになって」
名取稚菜「今そうです、お家に置いてあります」
近野莉菜「なんかさ、またさ、その機会があったら山田町に行ってその女の子に御礼とかね、言えたらいいね」
島田晴香「また会えるといいね」
名取稚菜「そうなんです、思ってます」

[2014年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~]



・凄い通販好きで、トイレットペーパーとかも全部通販で買う。

[2014年3月2日 チームB ウェイティング公演 80回目]



・来年の目標は「テレビに出たい」

名取稚菜「いっつも麻里子さんとね、「あんた、誰?」という番組の後にご飯食べに行って2、3時間ずっとね、「やっぱりさ、テレビに出ないとさ、知名度上がんないしさ、私たちがんばって行こうね」みたいな話をずっとやってるんですよ。だから、来年こそはテレビに出たいなと思います」

[2013年12月19日 チームB ウェイティング公演 69回目]



・私のコンセプトは癒し系ぶりっ子。

[2013年11月7日 チームB ウェイティング公演 58回目]



・この間のNOTTVの「あんた、誰?」の企画で、私としーちゃんの泊まっていた時の同室を再現しなさいみたいな、が、あったんですよ。で、大家さんのぐぐたすで、今から稚菜を襲うっていう投稿を見たことある人いますか? その襲われてるところを再現したんですよ。それがけっこう過激で、すごかったんです。後ろからガシッみたいな、ここでこうするみたいなのを1コ1コ説明してて、で、足広げられたりとかしたりして、大変なんですよ。だからそれを生放送でやっちゃって、私お嫁に行けるのかなって思いました。それが損かなと思います。

[2013年9月24日 チームB ウェイティング公演 47回目]



・ストレスは感じないタイプ

[2013年8月11日 チームK ウェイティング公演 43回目]



■ナツイチ2013 課題図書
光媒の花
光媒の花 (集英社文庫)

読書感想文 (2013年7月27日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/natori_wakana/



◆名取稚菜 18歳の生誕祭

・進行役は小嶋菜月

・SKE48 斉藤真木子からのお手紙 (小嶋菜月が代読)

「稚菜へ。お誕生日おめでとう。」

「18歳、やっと同い年。このお手紙の話をいただいた時、本当に嬉しかったよ。稚菜と私の関係、認めてもらえたというか、たくさんメンバーがいる中で、稚菜

のファンの私を選んでくれたという事実が本当に嬉しかったです。」

「私と稚菜が一緒にいると周りのみんなは言います。「2人ってなんで仲いいの? 意外だね。真逆じゃん」って。でも最近はね、みんな言ってくれてるんだよ。

私のこと、わかにゃんと仲いい子だよねって。そうやって認識されるって嬉しいです。」

「私たち、普段はこんなに距離があって、毎日一緒ってわけじゃないのにここまで仲良くなれたのは本当にビックリです。今までは稚菜は私にとって、なんでも

話せる大事な親友。この間ね、稚菜が「この話、ほかの人にはできない」って言って、相談を持ちかけてくれた時、稚菜は悩んでるっていうのに私はすごい嬉し

かったんだよ。稚菜はすごく女の子っぽくて、優しいし、争いごとは嫌いだし、自分の感情をあまり表に出さないから、悩みなんて無いんだろうなって思ってた

。でも、一歩踏み入れてみると、年頃の女の子だし、すごく繊細で、私と同じような悩みや感情がたくさんあって、2人が深い仲になるのには時間はかかりません

でした。」

「この間の総選挙、私が速報で名前が挙がった時、メンバーで一番最初に連絡をくれたのは稚菜でした。もちろん複雑だっただろうし、稚菜は稚菜で思うことが

あったはずなのに、こうやってお祝いしてくれたのはすごく嬉しかった。本当に優しい子だなと思いました。」

「年下な稚菜、大人っぽくて落ち着いていて、いつも先を行ってるように感じます。ステージに対する想いはすごく熱い稚菜、急遽任せられたポジションを文句1

つ言わず、しんどいはずなのに、ちゃんと当日までに仕上げる姿には感動しました。そして、アーカイブを見て、ここがこう、あそこがああって、ちゃんとチェ

ックをするほどの努力家。見た目によらずって言ったら失礼やけど(笑) そんな稚菜の努力、いつか報われて欲しいなって思ってます。」

「私もステージの上で踊って歌うのが大好きです。公演が大好きです。だから、そんな稚菜といつか一緒に公演がしたいねってよく話すんです。稚菜のがんばり

を見てくれてる人はたくさんいます。稚菜のことよろしくねって握手会に来てくれるファンの人、いっぱいいるんだよ。自信持ってこの1年歩んで行ってください

。頼れる人はいつでも周りにいるから安心してね。素敵な歌声響かせてください。」

「今日この手紙が読まれる時はきっと私もステージの上です。稚菜の誕生日、ひっそりと名古屋からお祝いさせてください。そして、こんな私ですが、これから

もよろしくね。お誕生日おめでとう。SKE48チームS・斉藤真木子より」客、拍手

・17歳の1年間はどんな1年間でしたか?

名取稚菜「17歳の1年は、そうですね、なんか、んー、そうだな、チームBに入ることができたりとか、正規メンバーになることとかができて、んー、なんだろう

、すごい環境がまず変わったし、なんか研究生の時はやっぱりあーやと私が一番出てたのかな、一番11期として一番上の期で研究生公演にずっと出てて、で、ま

とめなきゃまとめなきゃと思うことがすごく多くて。気を張ってた部分がすごいあったんですけど、正規メンバーに昇格してチームBに入ってからは、すごく先輩

がすごい頼れるし、いい意味で頼ることができるというか、甘えることができる、心にちょっと余裕ができて、自分もっと、なんだろう、なんか客観視できるよ

うになった今日この頃です」

・18歳の1年はどんな1年間にしたいですか?

名取稚菜「18歳の1年は、そうだな、なんか菜月とグラビアを一緒にやったじゃん」
小嶋菜月「やらせてもらったね、秘密の果樹園」客、軽くw
名取稚菜「そう、秘密の果樹園。果樹園やったから、すごい楽しかったの、菜月と2人で仕事ってあんまり無かったじゃん」
小嶋菜月「初めてだったよね」
名取稚菜「そう、だからすごい楽しくて、チームBで唯一の同期だし、だからすごい楽しくて、だからもっともっと一緒に仕事したいなって思ったし、そういう、グラビアもやりたいし、もっともっと幅広くドラマとかもやりたいし、そういうもっとね、なんて言うんだろう、視野を広げていきたいなーって思います」客、拍手

・こんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンの方にメッセージをお願いします

名取稚菜「私はずっとちっちゃい頃から自分の夢は1人立ちすることって書いてて。ちっちゃい頃からずっと1人でいろんなことやらなきゃとか、自立しなきゃってすごい思って、今まで生きてきたんですけど、このAKBに入って、なんか周りにちょっと甘えてもいいのかなって思い始めて。友達でも家族でもないメンバーっていうなんか。友達でも家族でもないけど、すごく大事なメンバーっていう存在ができて、で、すごい身近で応援してくれるファンの方々がいて、そういう環境に今いれてすごい幸せで、なかなか言葉に出したりとかはできないんですけど、私。だけど少しずつ本音とか素直になりかけてきてますよね?」客、軽くw

「きてるつもりなんです、私的には、この3年ぐらいで。だからもうちょっとファンのみなさんに素直な気持ちをいっぱい話せるような年にしたいし、もっともっと信頼関係を築いていけたらなと思ってるので、今後ともよろしくお願いします。今日はほんとにサイリウムとかお花とか本当に嬉しくて、なんかビックリするぐらい大きいコールで、後ろで待ってる時に食べられちゃうんじゃないかっていうぐらいの」客w

「大きい声で、ほんとに嬉しかったので、すごく今日は幸せです。ありがとうございました」客、拍手

・私の夢はちっちゃい頃から女優さんなんですよ。

[2013年6月12日 チームB ウェイティング公演 38回目]



・「パジャマドライブ」公演 劇場初出演

[2013年5月18日 研究生「パジャマドライブ」公演 37回目]



・「寝る時にパジャマを着ない」と発言した後、メンバーたちから「裸族」と呼ばれる。

[2013年4月17日 チームB ウェイティング公演 30回目]



・車のレースがすっごい得意。

[2013年3月22日 チームB ウェイティング公演 24回目]



・私ん家はおばあちゃんのことをマミーって呼ぶ。おじちゃんのことをアンクと呼んでいる。

・カラスがめっちゃ苦手。

・「お前」って言われたい。

[2013年2月25日 チームB ウェイティング公演 22回目]



・ネ申テレビの番組企画で沖縄へ行き、ゴーヤジュースを飲めと言われて飲んだらめっちゃマズイくて、飲んだ瞬間に気持ち悪くなっちゃって、号泣しちゃった。

[2013年2月20日 チームB ウェイティング公演 21回目]



・今回のリクエストアワーは虫のバラードにすごく感動を受けた。あれしかしらなかったんですよ、題名しか。だから、曲があんなに素晴らしいなんて想像もつかなくて。なんか虫の歌なのかと思ってたらそんなことなくて、しかも途中で膝つくじゃないですか。それにビックリして。コケたのかと思ったし。帽子が取れたから、おーって思ったんですけど、そういう演出みたいで、すごいかっこ良くて、秋元さんのように1日ああいうかっこいい女性になれたらなと思いました。

[2013年1月30日 チームB ウェイティング公演 18回目]



・AKBに入る前に毎年北海道に2、3回は行ってた。雪まつりなどに行ったり、パパとお互いの体を雪に投げ合う、突っ込ませるゲームをしていた。

・好きな人にあんま喋りかけられない。

[2013年1月16日 チームB ウェイティング公演 15回目]



・もつ鍋が好き。白菜が好きで、豆乳鍋の白菜じゃなくて、もつ鍋の味噌味の白菜が好き。トロットロになるまで白菜を煮込むっていうのが私のこだわり。

[2013年1月12日 チームB ウェイティング公演 14回目]



・男の人に「呼び捨てにされたい」派

[2012年12月29日 チームB ウェイティング公演 11回目]



・最近はるきゃんさんのほっぺに、メイクさんみたいに「わかにゃんよろしく」みたいな感じで言われて、チークを毎回入れてる。

・握手会のポイントは手首を握ること。

[2012年12月4日 チームB ウェイティング公演 7回目]



・ブランケットが大好き。。

・こう見えて高校生、セブンティーンなのにいつも23歳とか言われる。

[2012年11月26日 チームB ウェイティング公演 6回目]



・わかにゃん家は玄関入った瞬間からバラっぽいいい匂いがする。 (小嶋菜月談)

[2012年11月19日 チームB ウェイティング公演 5回目]



・馬車とか乗ってそう。 (小森美果談)

[2012年11月8日 チームB ウェイティング公演 3回目]



・チームB ウェイティング公演 初出演

・今日の朝、(まだ出演の無い)大家志津香さんが「がんばってね」とエールのメールを送ってくれた。

[2012年11月5日 チームB ウェイティング公演 2回目]



・パパがお家を出る時に、パパが「いってきます」って言ったら、稚菜が玄関まで行って、「1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」ってハイタッチを10回して、バイバイってする。ちっちゃい頃からの習慣。

[2012年10月18日 「僕の太陽」公演 104回目]



・チェックシャツが好き。着るのも見るのも好き。

・最前列に7人もチェックシャツがいて喜ぶ。

[2012年10月8日 「シアターの女神」公演 433回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND