FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

阿部マリア (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:阿部マリア (あべまりあ)
ニックネーム:まりあ
生年月日:1995年11月29日
出身地:神奈川県
血液型:B型
デビュー期:AKB48第10期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
阿部マリア AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2010年

阿部マリア 15歳のプチ生誕祭 & 小嶋菜月、森川彩香 劇場デビュー(2010/11/28、昼公演、チーム研究生B5th 80回目)

2011年

阿部マリア 16歳の生誕祭(2011/11/30、チーム4「僕の太陽」公演 24回目)

2012年

阿部マリア 17歳の生誕祭 (2012/12/02、18時開演、チームK ウェイティング公演 10回目)

2013年

阿部マリア 18歳の生誕祭 (2013/12/2、チームK)

2014年


2015年

【速報版】 阿部マリア 20歳の生誕祭レポート

151217 (181)

■エピソード集&発言集


・阿部マリアは幼少期の頃、とっても石川梨華に憧れていた

阿部マリア「朝、私はニュースを見ていて。そしたらモーニング娘。OGの皆様が出ていらっしゃって、私は幼少期とっても石川梨華さんに憧れていたので、うわーキレイな人出てるなと思って、私も頑張ろうと思ったんですが」

[2014年10月29日 チームK「RESET」公演]



・相手に話かけられる時は右側からのほうがよい。

阿部マリア「私はですね、右利きだからなのかわからないんですけど、人が右にいると凄く落ち着いて、仲いい市川美織ちゃんとか入山杏奈ちゃんとかお母さんとかも絶対右にいるんですよ、気づいたら。私がこっちにきちゃってるのかもしれないんですけど。ファンの人とかたまに道で私に気づいて声かけてくれる人いるんですけど、こっち(左側)こらこられるとちょっとこうなっちゃうから(w) 是非話かけてくださる際は右から話しかけてくれると「ありがとうございます」っていきやすいかなって今思いました」

[2014年10月11日 チームK「RESET」公演 18時開演]



・生姜焼きエピソード

阿部マリア「私はですね、生姜焼きが大好きだったんですよ。で、生姜焼きの時は野菜とお弁当箱にわりとご飯が敷き詰められてて、そこに生姜焼きが乗ってたんですけど、それのお弁当持ってくるといっつも隣の席の男の子に食べれちゃって。生姜焼き人気みたいで、いつも生姜焼きだと食べれちゃってて食べれなかったんですよ、お弁当が。いじめじゃないんですけど。それで、交換してたから平気なんですけど。なかなか生姜焼き大好きなのに食べれないでいたんですけど、運動会の時とかはご飯じゃなくてパンに生姜焼きを挟んで、生姜焼きサンドにママがしてくれたので、それだと誰にも食べられないんで済むので大好きでした」

[2014年10月11日 チームK「RESET」公演 14時開演]



・D専。太ってる人が沸いてるところが凄い可愛いなと思う。

[2014年9月20日 チームK「RESET」公演 18時開演]



・地方での思い出に残ってるエピソード

阿部マリア「3年前ぐらいにシンガポールに毎月行ってたんですよ。その時よく前田亜美ちゃんも一緒に行ってて、なんでか知らないけど10回目ぐらいに行った時に、もうバスで空港から劇場までの道案内を口でできるようになってて、まるで現地の子みたいな感じで、その時恥ずかしかったんですけど、その時はシンガポールのいいところっていうか、全然観光できてなくてわからなかったので、今となっては凄いキレイな街ということで、是非今度行ってみたいなと思います」

[2014年9月20日 チームK「RESET」公演 14時開演]



・劇場デビュー4周年

・総選挙での小嶋陽菜「卒業しませ~ん」の真似をしますも、客席シーン

阿部マリア「本日はご来場いただき誠にありがとうございます」拍手

「私がね、させていただいたのはたぶん今日劇場デビュー4周年っていうことでだったんですけど、4周年って4年ですよね? 4年もここに立たせてもらってるんだとか思ってたら、その4周年って聞いた時に「えっ?」みたいなこと言ったんですけど、ほんとはわかってて。最初に、今日の朝とかあんにんが書いてたんで、私ももしかしたら4周年かもしれないと思って、それで、4年何してたかなとかいろいろ考えて、で、なんか、なんだろうなとかいろいろ考えてて、だから、だから、私、わたくし阿部マリアは、AKB48を・・・卒業しませ~ん(シーン) なんで?」
横山由依「何それ?」
鈴木紫帆里「このタイミングで?」
阿部マリア「やりたかったのに。凄いやりたかったのに」
横山由依「ビックリした。「ざわ」も無かった
阿部マリア「そう、「ざわ」も無いからどうよう(w) 私別にやめていいかな、ほんとに」
石田晴香「そんなことない、やめないで欲しいよ。みんな心の中でざわざわしてた」
阿部マリア「ざわもないから私やめたほうがいいかなと思ったんですけど、でもなんかいろいろと、まだわかんないけど、私もなんでいるのかまだ見つからないんですけど、これから頑張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。そしてチームKもよろしくお願いします」

[2014年6月22日 チームK「RESET」公演 14時開演]



・AKBオシャレ総選挙 2位獲得

阿部マリア「私も総選挙で、普通の総選挙はランクインしてないんですけど、どっかのインターネットの会社がなんかが、AKBオシャレ総選挙みたいなのを、女の子限定でとったらしくて、それで1位は小嶋陽菜さんなんですけど、私が2位だったらしくて」拍手
メンバーたち「凄い」
阿部マリア「ありがとうございます。だから、絶対に超えられない壁みたいなところあるんですけど、小嶋さんまだちょっと頑張るって言ってたから(w) その間に私も頑張って超したいなって思います」拍手

[2014年6月19日 チームK「RESET」公演]



・千秋楽コメント

阿部マリア「えっとですね、劇場に着いてからというか、今日始まってからずっと考えないようにしてたので、何を言っていいかわからないんですけど、なんだろうな、でも千秋楽だし、ちかちゃんの送る公演ということもあって、私たち自身もいろんな気持ち、いろんな思い出のある公演だし、ファンの皆さんもこの公演に来てくださって、一緒に盛り上げようというか、一緒にいいものにしようという想いが凄い伝わって、劇場っていいなと思いました。ありがとうございます」

[2014年4月16日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 11回目 千秋楽]



・今携帯の待ち受けはHKT48のなこみく(矢吹奈子&田中美久)

[2014年3月3日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 3回目]



・秋元さんに初めて私がチームKになった時、一番最初に教えられたのは「持って帰れるものは全部持って帰れ」って言われた。

[2014年2月5日 チームK ウェイティング公演 92回目]



・私はですね、チームKになった当初からまだ誰ともそんなに交流を深めてない中で家に急に泊まりに行ったり、いろいろと私が言葉足らずなことで指摘してくださったり、いろいろお世話になっているんですけど、亜美菜さんはですね、チームB公演の私がアンダーで初めて出た公演に初めて先輩にダンスを褒められたんですね。その当時「嵐の夜には」というユニットをやらせていただいていて、それで凄いダンス綺麗だねって言われたので、今日もまた初心を戻って、そうやって亜美菜さんに言ってもらえるように頑張りたいと思います・

[2014年1月15日 チームK ウェイティング公演 86回目]



・島田晴香と阿部マリアは一時期仲が悪かった。

阿部マリア「島田さんとはほんとに期が近くて、ずっと同じチームだし、あと私たちずっと同じユニットやってたんですよね、最初のほう。仲悪かったりもしたんですね」客w
島田晴香「インターネットで調べてもらえれば。「島田 阿部 西武ドーム」ってやれば出てきます」客w
阿部マリア「そう、いろいろあったんですよ」

[2013年12月16日 チームK ウェイティング公演 81回目]



・永尾まりや・倉持明日香・阿部マリアのお父さんの名前は「あきら」その3人で『チームあきら』という非公式ユニットを組んでいる。 (※正しい表記不明)

[2013年12月15日 チームK ウェイティング公演 80回目]



・私の一番覚えてる範囲の私の小さい頃の夢は玉の輿結婚。小学校の卒アルをこの前見たら、将来の夢「玉の輿結婚」って書いてあった。まだこの先にも可能性のある話。

・あべまほんとに、後輩メンバーなんだけど、ひらりーとか玲奈ちゃんとか新しく入ってきたりとか、研究生の子とか4の子がステージに立つと、振りを教えてくれるんですよ、ほんとに。率先して、その振りこうだよとか教えてる姿を見て、あっ、大人になったなと思って。K始まった当初から比べるとね。 (倉持明日香談)

・「誘惑のガーター」初出演

倉持明日香「ガーター初めてやった感想はどうでしたか?」
阿部マリア「なんか、やっぱ18歳にならないとできなかったのでやってみたんですけど、ファンの人が喜んでくれたらそれでいいかなと思いました」客、拍手

◆阿部マリア 18歳の生誕祭

・進行役は島田晴香

・同期 10期生からのお手紙 (島田晴香が代読)

「阿部マリアちゃんへ。18歳のお誕生日おめでとう。

今日は生誕祭ということで、私たちからお手紙を書かせてもらいました。長くなるので覚悟して聞いてください」

「マリアは昔からダンスがすごく上手で、いつもパフォーマンスを見ていてすごいな、かっこいいなと思っています。

私がチームKになったばかりの頃は馴染めるか不安で、でも同期のマリアが同じチームにいるということだけで心強かったです。いつもは適当にあしらわれるけど、私が自主練をしていたらご飯とお菓子をいっぱい買ってきてくれたり、そんな他人想いなマリアと同じチームになれて良かったと心から思います。これからもよろしくね。藤田奈那」

「最初はちょっと怖いと思っていたマリアちゃんと今ではくだらない話で笑うくらい仲良くなれるなんてビックリです。人見知りなだけだったんだよね。

クールで他人に興味なさそうって思われがちだけど実は優しくて、同期想いで、そんなマリアちゃんと同期で良かったです。これからもニコイチってことでよろしくね。小林茉里奈」

「研究生の時はダンス習ってたという共通点があって、お泊りしたり、ダンスの練習したり、よく一緒にいたね。今はチームが違うからなかなか会えなくなっちゃったけど、逆に久しぶりに会うと甘えちゃうんだ。

大人っぽいし自分の意志をしっかり持っているマリアちゃんは尊敬するし、10期の中でも素敵な存在です。

これからもいっぱい甘えさせてね。よろずな(w)

今度は10期会みんなでしようね。伊豆田莉奈」

「マリアちゃんはダンスが上手くて本当に色々な部分で憧れます。

一回口を聞かないほどケンカをしたことがあったよね。その時は2人とも子供だったなって思います。

だけど今となっては私はすごく仲いいと思っているし、ケンカがあったからこそ心が開けたのかなと思っています。

みんな想いのマリアちゃんが私は大好きです。これからもよろしくね。加藤玲奈」

「マリアちゃんは見た目からして大人っぽいし、しっかりしててお世話もしてくれるから、お姉ちゃんみたいな存在です。

だけどやっぱり子供なんだなって思うところもあって、気持ちが態度や行動に出やすかったり、周りに誤解されやすいこともありますね。それは自分に正直だからであって、最近はすこし我慢をするようになったことを知っています。

でも我慢と1人で抱え込むことは違います。相談してくれた時はすごく嬉しかったんだよ。だから辛い時は頼っていいんだからね。10期のみんなもいるし、マリアちゃん大好きだよ。昨日お部屋も片付けたからいつでもお泊りにおいでね。市川美織」

「最近「マリ大人だからさ」なんてよく言ってるけど、同じ年の私から見てもまだまだ子供だよ。でもいろんな気持ちを我慢するようになったなーって思います。

我慢も時には必要だけど自分を壊さない程度にね。すぐ態度に出ちゃうところ、何でも言っちゃうところ、それだってマリアらしさなんだから、我慢し過ぎず溜め込まないで、話せる人に話してください。私で良かったらまた焼き肉行こう。

私が元気ない時には手を差し伸べてくれるよね。ご飯誘ってくれたり、一緒に遊んでくれたり。

AKBに入ってから出会ったけど、昔から一緒にいるお友達みたいです。いつもありがとう。これからも仲良くしてね。また後で。入山杏奈」

「昔からのモデルという夢を叶えて、紙面で活躍している姿を見ると私たちも嬉しいし、とても刺激を受けています。これからも良き仲間、良きライバルでいてください。改めて18才のお誕生日おめでとう。10期一同より」客、拍手

・18歳の1年どんな1年にしていきたいですか?

阿部マリア「みんながなんか気づいてくれてちょっと恥ずかしい部分と嬉しい部分とあったんですけど、いろいろ自分の中で考えて喋ったり。そうなんです、18歳は考えて喋るようにしようっていう風に一応思っていて、そう、ウソがつけなかったり、なんでも顔に出ちゃったり、なんでも言っちゃったりするんで、ファンの人を傷つけたこともたくさんあると思うし、今まで。私、メンバーとかにもけっこうストレートに言っちゃうので、それをね、どうにかしようっていう風に思っていたんですけど、それもマリアらしさだよって言っていただいたりして、その、みんなから今年は、17歳はみんなからすごいいろんなことを刺激を受けて、みんなからいろいろ学んで、それで大人になろうってちょっと思いまして、で、18歳になって、まだたぶん、一緒にオールナイトニッポンやった時も、もうなんか自分さらけ出し過ぎだったし、まだできてないかもしれないんですけど、もうちょっと、なんだろうな、あんにんとかもすごい考え方が大人だったり、周りには素敵な先輩がたくさんいたり、やめちゃった人もすごくいい、周りに私はほんと恵まれてるなーと思うことが多いので、周りの人のいいところをたくさん吸収して、ちゃんと口だけじゃなく、大人になりたいと思います」客、拍手

・素敵な生誕祭を開いてくれたファンのみなさまにひと言

阿部マリア「まずはほんとに申し訳なかったです」客w

「オレンジのサイリウムぐらいかなと思ってたから、まぁガーターはないけどまぁいっかと思って、驚かすの好きなんですよ、人を。だから、サプライズしたくて、で、どうしても昨日も握手会で「ユニット、ジェリービーンズだよね?」って確認されたのに「はい、そうです」とか言って」客w

「ドヤ顔で言っちゃって、まさかこの手袋あると思わなかったから、ほんとに申し訳なかったなっていうのと、でも昨日ですね、なんか握手会ですごくファンの方が18歳になったのを喜んでいて、なんだろう、変態なファンの方が多くて、私」客、軽くw

「それに気づいてさらけ出していただいて、なのでなんか、ガーターとエンドロールで迷ったんですよ。なんか、大人っぽい面も見せたいけど、エンドロールもファンの人やってって前から言っていただいてたから、どうしようか悩んだんですけど、ガーターにして良かったと思いました、ほんとに」客、拍手

「すみません、ありがとうございます。なんか、なんだろう、ほんとに入ったばっかりの時はほんとにブサイクだったし、愛想悪かったし、なんでAKB入ったんだろうこの子ってぐらいだったので、ファンの方にこう今こんなファンの方がたくさんいて? ファンの方がいて、こう会場を一体となるなんて考えてもいなかったので、私考えて喋られてないですね、まだ」客w
島田晴香「すぐになれるもんじゃないからいいんだよ、少しずつで」
阿部マリア「うまくまとまんないんですけども、入った時から今までやってきて、去年はほんとにいろいろ自分の中で心変わりが多かったので、その感じで、どんどん自分も前に進んで行って、ファンの方もついてきて、背中を押してきていただければ嬉しいなと思います。今日は素敵な会を開いてくださってありがとうございました」客、拍手

[2013年12月2日 チームK ウェイティング公演 77回目]



・2回ほどやっていたキャッチフレーズはやめました。

[2013年11月16日 チームK ウェイティング公演 73回目]



・キャッチフレーズ披露 「マリはキャッチフレーズとか作らない (やってんじゃん) てへっ。高校3年生、17歳の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

※NOTTVの企画で伊豆田莉奈が考案

[2013年11月8日 チームK ウェイティング公演 70回目]



・最近、阿部さんが香水を変えたんですよ。その香水がすごい温泉の匂いがするんですよ。 (武藤十夢談)

・オーディションの思い出

阿部マリア「私も秋元先生なんですけど。別に質問とかされてないんですけど、歌審査の時にずっと私、歌苦手だし、緊張しちゃって、どこ見ていいかわかんなくて、ずーっと秋元先生の頭皮を見てたんですよ」客w

「だから、ほんとに鮮明に覚えてる、頭皮だけ」
島田晴香「どんな頭皮だった?」
阿部マリア「デッサンしましょうね、いつか」

[2013年11月4日 チームK ウェイティング公演 68回目]



・(秋元才加との思い出)いっぱい思い出あって、いいこともたくさん教えてもらったけど、やっぱり怒られたことが思い出深くて。やっぱり親と学校の先生以外にあんまり怒られたことがなかったので、すごい印象的で、その中でも印象的なのが、メンバーの使ってるマイクって名前の順で1234ってなってるんですけど、私、チーム4の時、名前順が一番だったので、一番のマイクをずっと使っていたんですよ。でもここにきたら、秋元才加さんがいたから二番になったんですね。でもやっぱり一番でずっとやってたからどうしても一番を取ってしまうクセがあって、いつもそれを取ると「おい、秋元一番、阿部二番」って言って、野球の名前のあれみたいに言ってきて、それがずーっと続いてたんですけど、でもなんか、最近は間違えなくなったし、今日で私二番じゃなくなるんだなと思ったら寂しくなったので、今日はもう1回だけ間違えたいと思います。

[2013年8月28日 秋元才加 卒業公演]



・So long ! ぐらいの時に前田亜美ちゃんと篠田麻里子さんと秋元才加さんと板野友美さんと5人でご飯を食べたんですよ。まさかこの3人がやめると思わなくて。とても振るえが止まらなくなって、思い出して。それで、中身はあまり覚えてないんですけど。

・最初のほうから板野さんみたいになりたくて、昔の生写真とかを私の見ていただけたらすっごい髪明るくて、真ん中で分けてた時期とかあったんですよ。でも、途中で私ちょっと違うのかなって気づいて、板野さんみたいになるのは諦めた。

[2013年8月27日 板野友美 卒業公演]



・握手会の時に「そのヒールで踏んでください」とか言われる。

島田晴香「で、あべまはなんて答えるの?」
阿部マリア「考えとくねって」

[2013年8月18日 チームK ウェイティング公演 50回目]



■ナツイチ2013 課題図書
第三の時効 (集英社文庫)
第三の時効

読書感想文 (2013年7月13日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/abe_maria/



・スーツフェチです。わかりますか? 普段の服装の人が突然スーツを着た時。

[2013年6月23日 チームK ウェイティング公演 40回目]



・公演前に円陣というものを私たちはするんですけど、5分後に円陣しまーすって言って、ほんとに本番直前に円陣するんですけど、5分後に円陣って言ってるのに「はーい」って言いながら阿部マリアがオムライスを食べ始めた。 (倉持明日香談)

・オムライスについてた赤い輪ゴムを右手首につけたまま公演に出てしまう。

[2013年3月6日 チームK ウェイティング公演 28回目]



・「秋元さん、パンツ下げて」

[2013年3月2日 チームK ウェイティング公演 26回目]



・チームKの裏番長は阿部マリアです。 (小林香菜談)

[2013年2月15日 チームK ウェイティング公演 22回目]



・一番好きな公演曲はA4thのFaintというユニット曲。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 18回目]



・このセットリストって「いたづき」で始まるんですけど。この場にみんな居た状態で音が流れるんですけれども、普通それで、居なきゃ始まれないんですけど、私と宮崎さんと板野さんだけ楽屋にいたのに、『A・K・B』って始まっちゃって、「あっ、ヤバイ、ヤバイ」ってなって、宮崎さんと2人で焦ってたんですけど、板野さんは全然1人で、焦ってなかった。

・最近よく秋元才加さんと間違えられる。この間Mステスペシャルに出演させていただいた時に、朝、秋元さんが来てないのに、高橋みなみさんがずっと「才加、才加」ってずっと言ってて。もしかして?と思って。私こうやってたの(前かがみ)、顔上げたら「あっ、なんだ、阿部ちゃんか」って言われて。

[2012年12月28日 チームK ウェイティング公演 15回目]



・(昨日のAKB48紅白対抗歌合戦)「応援席に座ってるんですけど、その時気が付いたらなっつみぃさんとけっこうずっと隣で、仲良くなれたんじゃないかって思って」と話すも、その後、松原夏海に否定される。

[2012年12月18日 チームK ウェイティング公演 13回目]



・週刊AKBで5月ぐらいに後藤プロデューサーっていう人と後藤面接っていうのをやった。K-POPアイドルみたいにかっこよくなりたいって言おうとしたのに、韓国人になりたいって言ったり、自分のことずっとブサイクとか言って、ネガティブなことばっかり言ったりした。放送しないでくださいって言ったのに勝手に放送されてしまった。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 12回目]



・昨日は10期生で「夕陽を見ているか?」を歌わせていただいた。楽屋で久しぶりに10期が集まりまして、初期の話をしてたんですね。その時にやっぱり10期の全員が口を揃えて最初に言うのが「阿部マリアって怖かったよね」って言うんですね。阿部マリアって今こんな、ふぁーみたいな感じですけど、初期はすごいキツイ顔をして怖いなってみんな思ってたみたいで、まさかあんな怖かったマリアがこんなやわらかい人になるとはあの時は思いませんでした。 (藤田奈那談)

・結婚するなら、いっぱい食べてくれる人がいい。別に料理は得意じゃないんですけど、私がバカみたいに食べるから。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 11回目]



◆阿部マリア 17歳の生誕祭

・進行役は鈴木紫帆里。 (生誕祭進行役は初めて)

・入山杏奈からのお手紙 (仲谷明香代読)

「17歳のお誕生日おめでとう」BGM:あなたがいてくれたから

「私とマリアは同期で同い年で、誕生日が近くて、同じチーム4だった時はいつも一緒にいたよね。昇格したのも同じ日、同じ場所。仲良くなったのもその時くらいからかな。2年前、劇場デビューする前は仲良くお喋りするのも、一緒に帰ったりするのも、いつもダンス得意組と苦手組に分かれてて。もちろん私は苦手組で、マリアは得意組。レッスンはだいたい得意組の子たちが仕切ってたから、ダンス上手でかっこいいなーと憧れる反面、この子たちは怖いなーと思ってて、絶対にマリアと仲良くなることは無いだろうって思ってたんだ。」

「でも同時に昇格して、チーム4で活動し始めてからは本当にものすごい速さで仲良くなったよね。だからけっこうマリアのことわかってる気になってたけど、全然そんなこと無いなって気づいた。最近意外だったことは東京ドームで組閣が発表された時にすごい泣いてたこと。その時は寂しいって言ってたけど、初日を終えてから、チームKどう?って訊いたら、即答で楽しいって返ってきたから、勝手に安心したんだ。だけどね、いろんなメンバーと仲良くなって、どんどんキレイになって、スタイルもさらに良くなって、パフォーマンスも表現力もパワーアップしていく。そんなマリアになんだか置いてけぼりにされた気がして、すごい寂しかったんだ。でも今はマリアを尊敬してる。よく天然っぽいとか、バカっぽいとか言われてるけど、全然そんなことなくて、しっかりいろんなこと考えてるし、自分らしさと強さを持ってるから。普段は絶対言わないけど、本当に本当に尊敬してます。私がこんな恥ずかしいこと、こんな真剣に書いてるのに、今ヘラヘラ笑ってるんだろうな」客w

「当たってる? マリア、本当にお誕生日おめでとう。チームA、入山杏奈より」客、拍手

17歳この1年どんな1年にしたいですか?

阿部マリア「えっと、んー、私はモデルさんになりたくてAKBに入ったんですけど、だから、アイドルに染まらないとか、アイドルのファン層の人に媚びないってずっと言ってたんですけど、入って2年目かな?そんぐらいにして、それは応援してくれてる人を傷つけてるんじゃないかなって気づいて。だから、もっと応援してくれてる人を大切にして、初心を忘れずに、モデルさんになれるようにがんばりたいと思います」客、拍手

ファンのみなさんにひと言
阿部マリア「あの、私のほんとの誕生日はこの前の公演だったので、私生誕祭あるのかなと思って、正直ちょっと不安だったんですけど、でも今日はちゃんと開いていただいてホっとしています。これからもモバメやGoogleや握手会で、ファンの人が喜ぶような発言や行動ができるかわかんないんですけど、でも、この今ステージに立ててるのは応援してくれてる人がいるからだってことを、はと思ってるのでそれだけは忘れないでいてください。ありがとうございました」客、拍手

・最後の挨拶の掛け声「せ~の」がやる気ない感じで、場内失笑。秋元才加に「腹から声を出せ」とダメ出しされる。

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 10回目]



・昨日握手会会場で行われた予防接種、阿部マリアが逃げ切ったっていう風に聞いた。 (鈴木紫帆里談)

・握手会で神対応は難しいのでするつもりはない。

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 9回目]



・お母さんが電気掃除機のルンバっていうのを欲しがっているので、お小遣いとか全部貯めて、プレゼントしたい。

・ほんとに間の取り方とか喋ることとか言うこととか小森にそっくり。 (小林香菜談)

[2012年11月24日 チームK ウェイティング公演 7回目]



・9月か10月ぐらいにホットヨガの会員になったが、ほとんど行けてない。

[2012年11月24日 チームK ウェイティング公演 6回目]



・自己紹介MCのお題、何話すか忘れてしまったことを秋元才加のせいにする。

・合間のMC、ひと言も喋らず。

[2012年11月21日 チームK ウェイティング公演 5回目]



・レッスンの思い出は、阿部マリアが深夜2時半に牛丼を食べたこと。「牛丼なう」というメールが送られてきた。(島田晴香談)

[2012年11月1日 チームK ウェイティング公演 初日]



・「この前の公演で私いいこと言い過ぎて」

[2012年10月25日 「僕の太陽」公演 105回目 チーム4千秋楽]



・自分の長所は、1つがよく寝れることで、2つ目はよく食べることで、3つ目が掃除をそんなに嫌いじゃないこと。

・自己紹介以降、一言も喋らず。

[2012年9月5日 「僕の太陽」公演 86回目]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND