峯岸みなみ (プロフィール・生誕祭レポート一覧)

名前:峯岸みなみ (みねぎしみなみ)
ニックネーム:みいちゃん
生年月日:1992年11月15日
出身地:東京都
血液型:B型
デビュー期:AKB48第1期
Google+


AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター (2016年)
峯岸みなみ AKB48 45thシングル選抜総選挙ポスター画像

AKB48 45thシングル選抜総選挙アピールコメント (2016年)



生誕祭レポート

2006年

ガチャピン大好き、峯岸みなみ聖誕祭(11/15 チームA公演)

2007年

[速報版] 峯岸みなみ生誕祭&秋元、宮澤千秋楽 [ひまわり組 11月14日公演]

峯岸みなみ生誕祭 & 中西里菜、久しぶりのステージ(11/14 ひまわり組「僕の太陽」116回目)

2008年

2009年

峯岸みなみ 17歳、2年ぶりの生誕祭(12/1 チームA 5th 116回目)

2010年

「AKBの13位以内に入りたい」峯岸みなみ 18歳の生誕祭(2010/11/27、おやつ公演、チームK6th 35回目)

2011年

峯岸みなみ 19歳の生誕祭 in TDCホール(2011/11/15、Team Ogi祭 初日)

峯岸みなみ 19歳の生誕祭(2011/11/22、「RESET」公演 98回目)

2012年

小嶋&高橋サプライズ出演! 峯岸みなみ 二十歳の生誕祭 (2012/11/26、チームB ウェイティング公演 6回目)

2013年

峯岸みなみ 生誕祭 お花画像(2013/11/18)
峯岸みなみ 21歳の生誕祭 (2013/11/18、AKB48チーム4)

2014年

2015年

【速報版】 峯岸みなみ 23歳の生誕祭レポート

151210michan004.jpg



■エピソード集&発言集


・未だに髪の毛ネタでいじられる

# 告白必勝法

向井地美音「このままだとおまじない頼みになっちゃいますね」
峯岸みなみ「凄いのください」
篠崎彩奈「定番固めた感じでもいいですか? まず冬なんですよ、季節は。白のニットを着て、萌え袖で、マフラーをして、マフモコって知ってますか? マフラーすると髪の毛がモコってなるんですけど」
峯岸みなみ「すみません、ならない人はどうしたらいいですか?」あー
篠崎彩奈「何で切っちゃったんですか?」客w&あー
峯岸みなみ「女性限定は何でもありじゃないですよ」

[2014年10月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・「その若さで色々なことを経験してて」篠崎彩奈に尊敬される

篠崎彩奈「みぃちゃんなんですけど。21歳じゃないですか。一般的に言ったら若いじゃないですか」
峯岸みなみ「わかってるんだ。みんなおばさんおばさん言ってるけど、社会としては若いってことは理解いただけてるんだ」
篠崎彩奈「その若さで色々なことを経験してて(w) 尊敬するなって、大変だろうなっていうことで尊敬します」
峯岸みなみ「しようと思ってしてるわけじゃない」客w
篠崎彩奈「凄いなって思ってます」
峯岸みなみ「見習わないように」客w

[2014年10月9日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・ドラマ主演

「私の癒されることと言えば、家に帰ってからのテレビなんですけど。やっぱテレビと言えば今日皆さんが劇場から帰って、ちょっとひと休みした12時20分からですね、NHKのほうで青山ワンセグ開発という番組の中でミニドラマ「ただいま会議中」というドラマの主演をやらせていただいておりまして」拍手

[2014年10月2日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・餃子を食べる時、いつも40個ぐらい食べる。

西野未姫「私はつい先日みぃちゃん家の実家で餃子パーティーをしたんですよ。私、今まで餃子を最高でも10個は食べれなかったんですけど、美味しすぎて20個ぐらい食べたんですよ。でもみぃちゃんは普段は40個とか食べるらしくて」
峯岸みなみ「そうなんだよね、食べちゃうの」
西野未姫「みぃちゃんはもう食べ終わるかなと思ってもまだ食べるんですよ。だから凄い餃子の大食いだなって思いました」

[2014年8月29日 チーム4「アイドルの夜明け」公演]



・東京ドームエピソード

峯岸みなみ「私先日AKBの夏祭りでTRFさんのEZ DO DANCEを踊って、サムさん役をやったんですよ。そのサムダンスっていうステップがあって、それをHKTのさっしーが凄い気に入って。気に入るのはいいんですけど、先日の東京ドームのコンサートの時に、みんな耳に今イヤホンみたいなの入れて監督さんが指示があったりとか、いろいろ耳に声が返ってくるんですけど、そのチーム4の「ハートの脱出ゲーム」を踊ってる時に「みぃちゃん」って。「さっしー」と思って、踊ってる時に。さっしー今日見にきてるって言ってたけどまさかそんなとこで見てるんだと思いながら、でもこっちは返事できないから踊ってるんですよ、笑顔で。「みぃちゃん、そこでサムダンス、そこでサムダンス」って言って(w) ずっとさっしーからサムダンスの指令が入ってて。気づいた?」
小林茉里奈「しかもみぃちゃんだけにやってくれればいいのに私達も聞こえるんですよ。みぃちゃんの斜め後ろにいたから「いつサムダンスやるんだよ」みたいな、こうなっちゃって」
峯岸みなみ「だから、ちょっと入れたりしてるので、是非DVDを楽しみにしていてください」

・村山彩希に「みぃちゃん」と呼んでもらえるようになった

峯岸みなみ「私は最近不仲説が噂されてる彩希ちゃんに「みぃちゃん」って凄いナチュラルに言ってもらえるようになったの。今まで頑なに「峯岸さん」しか言ってくれなかったんですけど、最近「あっ、みぃちゃんなんとかかんとか」あれっ?今みぃちゃんって言った?ってなって。だからちょっと触れるの気持ち悪がられるかなと思って、心の中で「今みぃちゃんって言ったんじゃない?」と思って、凄い嬉しかった」

[2014年8月24日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 18時開演]



・大島優子へお別れメッセージ

峯岸みなみ「優子卒業おめでとう。私はいつも何事にも全部全力で取り組む優子の姿を尊敬していたし、凄く勇気をもらっていました。

リハーサルでも優子が手を抜いて踊ってるところを見たことがないし、握手会はいつでも優子には一番長い列ができていて、メンバーといつも一緒に帰れないのに、帰る時にチラって覗いた優子はいつも笑顔を絶やさずに、ほんとにたくさんの人に元気を届けていたし、アンケートもいつもビッシリ書くし、女優志望なのに、本気の変顔を恥ずかしげもなくできるところも凄く好きです。

メンバーの誕生日とか、お仕事以外の時もいつも全力で楽しんでくれる優子がいたから凄く盛り上がったし、ハロウィンでは誰よりもガチな仮装をしてくるし、花火大会ではなぜか浴衣の下に水着着てくるし、紅白のカウントダウンの瞬間の楽屋で「絶対全裸になる」って決めたのに、スタッフさんに止められてほんとに凄い怒ってた優子は忘れられません」客w
高橋みなみ「ハハw 何をしようとしてるんや」
峯岸みなみ「優子といるといつも楽しかったです。悩みをメールするといつも長文で返してくれて、私が辛くて、眠れない時に、明け方「外に出よう」ってお散歩に連れてってくれたり、2人でAKBのDVDを見てたら朝になっちゃったこともいい思い出です。

優子が今まで見たこともないぐらい落ち込んで元気がない時期があって、凄く心配していて。でもメールをしても「そっとしておいてくれると嬉しい」って返ってきて、どんなわがままを言われるよりも、自分が何も出来ないことが一番辛かったです。

これから、卒業したら、辛いことも悲しいこともたくさんあると思うけど、でも私達はいつでも駆けつける準備ができているので、もう絶対にそっとしておくつもりはないです。だから、いつでも頼ってください。今度こそは優子の本当にやりたいことを全力でやる姿を見守ってるし、優子もAKBを見守っていてください。本当に卒業おめでとう」拍手

[2014年6月9日 大島優子 卒業公演]



・セットするとやっぱいい

込山榛香「こみはずっと気になってたんですけど、峯岸さんって」
峯岸みなみ「やだ、こみはるに喋らせたくない、怖い。最近ろくなこと言わないんだもん、怖い」
込山榛香「峯岸さんって、なんでそんなに髪の毛サラサラなんですか?」
峯岸みなみ「それはね、やっぱりリセットするとやっぱいい」客w&拍手

「そこだね、一番はね、リセット」
込山榛香「でも前より凄いサラサラになりましたよね」
峯岸みなみ「だからね、それのおかげだよね。良かったら是非お試しください」
篠崎彩奈「ダメです」

[2014年5月10日 チーム4「アイドルの夜明け」公演 14時開演]



・チーム4の思い出

相笠萌「みぃちゃんのことなんですけど。まず研究生公演に初めて出た時に、みんなに飴とひと言みたいな手紙を全員にくれたんですよ。それで、次はチーム4の初日の時に、夜中に全員にメールしてくれたんですよ。今日は千秋楽だから、飴と、またひと言くれたんですよ。だから、節目節目でやってくれて、凄いありがとうございます」

・千秋楽コメント

峯岸みなみ「去年の8月に研究生16名でチーム4というチームが結成されて以来、本当に悲しいことも辛いことも全部16人で分け合ってきました。ほんとに、組閣があってから、それぞれみんなが今まで16人としてステージに立ててたことの有り難味が凄く身に染みて、わかってくるんじゃないかなと、どれだけこのチーム4が恵まれていたんだなっていうことを今、もうすぐなくなろうとしている、今また改めて凄く感じています。

ほんとに、泣き虫なうめたんとか、強がりななっきーとか、意外とキレやすい真子とか」客、軽くw
小嶋真子「なんで今言うの?」
峯岸みなみ「人見知りの耀とかほんと、萌は大丈夫かなってちょっと思ってるけど」客、軽くw

「でも、みんなが他のチームに行くこともそうだし、そしてこのチーム4じゃない、チーム4に残ってまた新たなチームを作っていく私たちもたくさん戸惑いや不安もあるんですけれども、やっぱりほんとに、1から、こんなに素敵なチームを作れたっていうことは、これからの私たちそれぞれの活動に凄く希望を持たせてくれた経験になったなと思っています。私自身も自分以上に大切なものがこんなにできると思わなくて、本当に大切な妹たちがたくさんできたので、どのチームに行ってもこのチーム4の思い出を胸に活躍していくことを約束しますので、離れてもこの峯岸チーム4、それぞれの応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

[2014年4月15日 チーム4「手をつなぎながら」公演 63回目]



・実家でやっている喫茶店のほうのお客さんの出入りがかなりまばらになってきまして・・・

峯岸みなみ「切実なんですけれども、実家でやっている喫茶店のほうのお客さんの出入りがかなりまばらになってきまして」客、軽くw

「ぜひ皆さん行ってあげてください。けっこう最初のほうは秋元先生とか麻里子様とか陽菜とかたかみなとかきたりえとかあきちゃとかそうそうたるメンバーが足を運んでくれて、一時は外に並ぶぐらいの盛況があったんですけれども、最近そういうのも無く、ちょっと暇そうなのでぜひ実家のティールームタネというお店に行ってあげてください。お勧めはキーマカレーです」

[2014年3月16日 チーム4「手をつなぎながら」公演 55回目]



・中学校の卒業式の思い出

峯岸みなみ「私はけっこうもう言ってるんだけど、卒業式にメンバーが来てくれたの。たかみなが私が中学にそんなに通ってなかったから、ちょっと久しぶりに行くしどうしようって言ったら「じゃー行く」って。なんで?と思ったけど、お父さんお母さんたかみなに見送られながら無事卒業しました、思い出があります」

[2014年3月15日 チーム4「手をつなぎながら」公演 54回目]



・てんとうむChu!が出てる女子高警察という番組で、21歳でセーラー服にルーズソックスという格好で、まだ1人で自分で見た時に多少の戸惑いはあったんですけど、でも1人で見た分にはまだイケるかなと思ったんですけど、現役に混ざったらこりゃダメだなというのがわかってしまって、公開処刑番組になってるんで、いつも普段番組チェックする私でもまだ見れてません。それぐらい照れました。

[2014年3月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 46回目]



・基本2回公演の合間はぐったりしてる。

[2014年2月1日 チーム4「手をつなぎながら」公演 33回目]



・チーム4が結成されてからだいぶ時間も経ってきたと思うんですけど、未だにね、「峯岸さん」呼びが直らない方がけっこういらっしゃるんですよね。彩希ちゃんとかさっきーとか。耀とかもけっこうMCでよく喋るのに、なかなか「峯岸さん」から抜けてくれない。

[2014年1月21日 チーム4「手をつなぎながら」公演 29回目]



・すごいずっと思ってるんだけど、一応チーム4っていうチームじゃない? この間13期集まってプレゼント交換してたじゃない

? 明日さ、14期集まるじゃない。私、誰と集まればいいの?

・私、ミュージックソンに今日と明日合わせて、たかみながやってる24時間のラジ

オに私暇だからって3回出るんだよ。

[2013年12月24日 チーム4「手をつなぎながら」公演 18回目]



・理想の男性

峯岸みなみ「あのね、私は、オレ様系? ちょっと上から目線みたいな人が」

[2013年12月20日 チーム4「手をつなぎながら」公演 17回目]



・番組収録、特に年末の特番とか歌番組の時に「司会の○○さんから叙々苑弁当の差し入れです」みたいなのはやっぱりすごくテンションが上がるので、私もキャプテンとして、大事な日に、チームに叙々苑弁当を差し入れられるような、そんな気前のいい大人になりたいなと思います。

・3分VTR担当。しりとり形式でチーム4メンバーのいいところを紹介。

[2013年12月12日 チーム4「手をつなぎながら」公演 16回目]



・髪について

篠崎彩奈「でもさ、みぃちゃんあの長さでやってたじゃん、ツインテール」客、軽くw
梅田綾乃「それはツインテールじゃなくて角なんですけど」
茂木忍「それにね、意図して髪が短くなったわけではないからね」客、ざわw

[2013年11月25日 チーム4「手をつなぎながら」公演 10回目]



・(勇気を出してやったこと) 私はそうですね、剛力ダンス。めちゃイケのほうで、運動会のほうで、さっしーが剛力彩芽さんに髪型似てきたねというこの振りから、自然な流れで出てきたものなんで、めちゃイケの時は悪気はなかった、今も悪気はないんですけど、自然な流れで出てしまったものが、ちょっとゆるゆるカラオケ大会のほうで、完全に衣装も寄せて、やってしまったので、ちょっとこれ大丈夫かなって勇気を出してやったんですけど、ちょっと本人のリアクションもすごく心配なので、優子が以前共演したということで、写真付きで謝罪文を優子が送ってくれるとのことなので、ちょっと返答をドキドキしながら待ってます。

[2013年11月20日 チーム4「手をつなぎながら」公演 8回目]



・爪きりを使わない。

・仲良くなれなくて。だけど峯岸さんからはすごい積極的に「ゆいりー」とか話かけてくれるんですよ。でも私は照れ隠しなのか、全然素っ気無い返事しかできなくて。だけど悩んでる時には誰にも言ってないのに察して、「ゆいりー今日元気ないね。どうしたの?」って言ってきてくれて、本当にいつもお世話になりっ放しなので、いつか恩返しがしたい。 (村山彩希談)

峯岸みなみ「いや、こっちはギリギリまで行ってるけどね」客w

「彩希が私にちょっと歩み寄ってくれることが恩返しです」

・顔の端っこら辺に塗る茶色いファンデーションみたいな、影を作って小顔にするっていう化粧品があるんですよ。それをいっつも本番前にすごいいっぱい塗ってる。 (相笠萌談)

峯岸みなみ「ほんとにね、萌とうめたんの中3コンビがひどくて。うめたんがさっきお誕生日プレゼントをくれたんですよ。そしたらなんかこう、足をマッサージする、コロコロするローラーみたいなやつが入ってて、「たるブヨ足に」みたいに書いてあって」客w

「誰がたるブヨ足じゃと思って」客w

「中3コンビはいつも私のいいところあんまり言ってくれないけど」

・みぃさん、全然暇じゃなくて忙しいんですよ、ほんとに。私が公演とかいろんな悩みがあって、電話した時に、撮影終わりだったらしくて、すごい夜遅かったんですよ。それでも「けっこう夜遅くなったけど大丈夫?」って電話かけてくれて、長い話を聞いてくださるっていう。 (岡田奈々談)

・初めて会った時っていうか、怖くって、みぃちゃんが。研究生に来て、初めて会ったのがレッスンの時だったんですね。で、ほんとに坊主だと思って。一番たぶん最初に相談乗ってくれたの私なんですけど、的確なアドバイスをいただいて、やっぱいろんな経験されてるからやっぱさすがだなと思って。今では優しいお姉ちゃんです。 (篠崎彩奈談)

梅田綾乃「ほんとにみんな怖いって言ってたよね。怖いって言い過ぎてほんとに落ち込んじゃったことがあって」

・峯岸さんと岡田彩花ちゃんの2人で何がおもしろいって、岡田が泣いた時に一瞬にして峯岸さんがお母さんの顔になるんですよ。 (茂木忍談)

・峯岸さんがここにいらっしゃった時「僕の太陽」公演だったじゃないですか。私、峯岸さんのポジションやってたんですよ。覚えて、やっといっぱい出れると思った時に峯岸さんがいらっしゃったんですよ。だから、言葉に出さなかったんですけど、けっこうチクショーって思ってたんですよ。 (橋本耀談)

・ぴっかみんをやらせていただいた時に、私がすごく緊張してたんですよ、初めての司会で。それを相談したら、自由にやっていいよって言われたんですよ。だから自由に喋って私が勝手に拾うから、なんでも喋っていいよって言われたことがすごく嬉しくてもう自由にはっちゃけてて、あんな感じになりました。 (橋本耀談)

西野未姫「でも耀はみぃちゃんのおかげでMCめっちゃ上手になったよね」
橋本耀「MCの考え方がすごく変わりました」

・出張公演でいろんなところで、SKEさんとか、いろんな劇場に行かせていただいたじゃないですか。私は、攻めなきゃと思って、一発芸をやったりしたんですね。「ん~、エビフライ!」でもこういう空気になるじゃないですか。なるんですけど、峯岸さんはその時すごくフォローをしてくださって、すごいウケたんです、会場が。私の一発芸でも爆笑に持ってってしまう峯岸さんってすごいなって尊敬したのを覚えています。 (内山奈月談)

◆峯岸みなみ 21歳の生誕祭

・進行役は岡田彩花

・チーム4一同からのお手紙

「みぃちゃんへ。21歳のお誕生日おめでとうございます。

みぃちゃんが研究生に入ることが決まった時、正直はじめはとても不安でした。みぃちゃんは私たちから見たら1期生の大先輩。それまでは話すことなどほとんどなく、挨拶をするぐらいでした。

みぃちゃんのことを勝手なイメージで怖い先輩だと思いこんでいた私たちはちゃんと話せるのかなーとか、自分たちのことを知っているのだろうかとか、公演でどのポジションに入っていつから一緒に公演に出るんだろうっていろんなことを考えていました。でも一緒に研究生として活動していく時間が増えていくにつれて、そんな不安は消えて、みんなみぃちゃんが大好きになりました。

誕生日には1人1人が好きそうなものをプレゼントしてくれたり、みんなのテンションが低い時はふざけて笑わせてきたり、みぃちゃんがこんなに優しくて、かっこ良くて、かわいい先輩なんだってわかりました。それからはみんな「みぃちゃん、みぃちゃん」って呼んだり、抱きついたり、MCでたくさんいじらしてもらったり、距離もすごく縮まり、いろんなコンサートに研究生として一緒に出たり、公演をしたりしてきました。

研究生は仲間ではあるけど、みんなライバルです。だから少し気持ちが行き違ってしまうこともありました。そんな時はみぃちゃんが「みんなで話し合いをしよう」と言って、仲を戻してくれたり、何か悩み事があると、みぃちゃんには言っていないのに、なぜか気づいてくれて、メールをくれますよね。悩みや不安のことを相談するとすごく的確なアドバイスをくれたり、長文で励ましてくれたり、一緒にがんばろうと言ってくれました。泣いている子がいたらすぐにかけよって抱きしめてくれて、それが本当にみんなの支えになりました。

研究生公演はMCがダメとよく注意されていましたが、みぃちゃんが来てからはたくさんMCのアドバイスをくれたり、「いじっていいよ」って言ってくれたり、研究生のみんなに本当にたくさんのことを教えてくれました。

研究生としてみんなでがんばってきて、東京ドームでチーム4が結成されて、当時研究生だった私たち16人は昇格、みぃちゃんがキャプテンと決まった時、すごく安心しました。峯岸チーム4という響きがとても嬉しかったです。

他のチームに比べて平均年齢も低く、子どもな私たちはみぃちゃん、みぃちゃんと頼りっぱなしでたくさん心配をかけてしまっています。いつもみぃちゃんは私たちのことを考えてくれたり、悩みを聞いてくれたりするけど、みんなの見えないところで泣いていること、本当はきっとみぃちゃんにだって悩みがあるはずなのに、みんなのことばかり気にしてくれて、最近の私たちはみぃちゃんに頼りっ放しじゃなくて、自分たちも大人にならなきゃと思い始めてます。だからみぃちゃんから見たらみんな子どもかもしれないけど、たまにはみんなの前でも泣いてください。相談してください。

こうしてチーム4としての公演も始まり、一緒にいる時間も増えてきて、更にチームとしての仲が深まってきていると思います。だから私たちにももっと心を開いてくださいね。私たちは本当にみぃちゃんのおかげで成長できました。だから21歳のみぃちゃんは私たちが支えていきたいです。16人で素敵なチームにしましょうね。

21歳になってみんなの元気さについていくのが今まで以上にキツくなるかもしれないけど(w)、私たちに負けないくらいずーっとフレッシュでいてください。これからもよろしくお願いします。

せ~の」
みんなで「みぃちゃん大好き!」客、ひゅ~&拍手

峯岸みなみ「誰から?これ」
相笠萌「峯岸チーム4一同よりです」客、拍手

峯岸みなみ「ありがとうございます。ありがとう」
岡田彩花「どうでした?」
峯岸みなみ「んー、なんか、去年はたかみなとか陽菜がサプライズできてくれて、それはもうそれですごく感動して嬉しかったんですけど、今年はキャプテンとして、チーム4全員揃って生誕祭をできると聞いて、チーム4の一員として、お祝いされることが一番嬉しいなと思っていたので、こうやってみんなからお手紙いただけて、すごく嬉しかったです。ありがとう」客、拍手

・チーム4一同よりアルバムがプレゼントされる。

・去年の1年はどういう1年でしたか?

峯岸みなみ「去年の1年のこと、やっぱ振り返ったほうがいいよね。そうですね、やっぱり二十歳の歳は、んー、すごくほんとにAKBを応援してくれて愛してくれる人に対してすごく裏切るような行為をしてしまって、たくさんの人を傷つけたし、まぁ、そうだな、私を支えてくれる人までに荷物を背負わせたり、悲しませたりとほんとにやるせない気持ちになることがすごく多かったなと思っています。

そんな中で研究生に降格して、研究生のみんなに出会って、はじめはどうしてこう残るっていう選択を勝手ながらしてしまったんだろうって思うぐらい、人前に出るのがちょっと怖かったりとか、辛かったりとか、そういう時もあったんですけど、みんなに出会って、一緒に悩みを解決したりとか、公演に対する考え方とかみんなで話し合ったりとか、そうやってして行く中であっという間に時が経って、どんどん自分の悩みは小さくなっていったなと思います。

はじめはみんなと私が仲良くしていいのかなって、そういうのも気にしちゃったから、なかなか距離を縮めるのも怖かったんですけど、でもみんながすごく純粋に接してくれて、あっという間に仲間になることができて、そしてチーム4も結成されて、新しい自分の目標とか、そういうものを見つけられるチャンスを与えてもらって、本当に、最初はどうなることかなと思ったんですけど、ほんとに結果的にはすごくプラスに、いい歳になりました」客、拍手

・今年21歳の歳はどうしたいですか?

峯岸みなみ「どうしましょう。えーと、そうだな。ほんとに今チーム4がすごく大切な存在で、自分よりも大切な人がこんなにもたくさんできたっていうすごくそういうところに感謝したいなと思っているんですけど、やっぱりその、あんまりにもみんなのことがかわい過ぎて、面倒見過ぎて、自分がすごいお母さん的ポジションになっているなって思うことがあって。でもこうやってアイドルとしての私を応援してくれる人が少なからず」客、軽くw

「こうやって集まってくれる人がいるんだなって」客「いるよ!」

「ありがとうございます。で、そう、こうやってやっぱり1人にも求められなかったら私がいる意味はないと思うので、こうやって求めてくれる人がいるっていうことはちゃんと自分もアイドルとして、21歳もまだまだ楽しんでいけたらいいなと思いますし、ほんとに、あの時やめてたら、今21歳の誕生日をこのステージで迎えられていなかったんだなって、こんなに素敵な仲間にも会えなくて、ファンの人にももう会えなかったんだなって思ったら、ここにいて、ここにいることができて、応援していただいて、本当に良かったなと思って、すごく感謝しています。

21歳、自分がここにいたいと思うだけじゃなくて、いて欲しいと思ってもらうのはまだまだ困難ではあると思うんですけど、そう思ってもらえるように全力で努力していきますので、これからも応援よろしくお願いします」客、拍手&声援

・素敵な生誕祭を開いてくれたみなさんにひと言お願いします

峯岸みなみ「そうですね、残りのAKB人生は私はチーム4のキャプテンとして、このチームを最強チームにするために」客「おー」

「私はここにいたいと思いますので、これからもAKB48チーム4、峯岸みなみの応援をよろしくお願いします」客、拍手


[2013年11月18日 チーム4「手をつなぎながら」公演 7回目]



・「手をつなぎながら」公演エピソード

相笠萌「私はですね、自分じゃなくて、みぃちゃんのなんですけど。「チャイムはLOVE SONG」って前半の4曲目なんですけど、その2番とか後半になってくると移動の時の顔がすごく引きつった笑顔になってて」客、ざわw

「それを初日の時に見て、すごいなーって思いました」
峯岸みなみ「何がすごいんだよ。いいこと言えや、どうせなら」

・「手をつなぎながら」公演エピソード(その2)

前田美月「私もみぃちゃん。今やった「恋の傾向と対策」って曲の歌がみぃちゃんは・・・」
峯岸みなみ「うるさいなー」
前田美月「伸びた髪を切ったら~なんですけど」客w&拍手

「いっつも歌ってるところ後ろなんですけど、いっつも笑っちゃう」客w
峯岸みなみ「待って待って、これチーム4の新しい公演じゃん。キャプテンのネガティブキャンペーンばっかりしてどうすんだよ」客w

[2013年11月6日 チーム4「手をつなぎながら」公演 2回目]



・メンバー全員ハーフツインに。峯岸みなみは短い髪を無理矢理ツインテールに。

峯岸みなみ「先ほどからも話があるように、今日は誰が言ったかわからないけど、ツインテールにしようっていう。私へのなんだろうな、陰湿なちょっと。どうせやるならやってやろうと思って、最初にやってもらった時、ピョンってなったやつをまずやったら、メイクさんに「これダメだね」っていうNGが出まして、なんとか試行錯誤して、最善を尽くしたつもりで自信を持ってステージには立ったんですけど、やっぱりね、目が合う人合う人リアクションがおかしいんですよ」

・前田美月「私、昔AKB入る前、イチファンだった時に、峯岸みなみさんのことあんまりかわいいと思ってなかったんです」客w
メンバーたち「えー!?」
茂木忍「言っていいの?」
梅田綾乃「ダメでしょうよ」
篠崎彩奈「聞いてるよ」
前田美月「聞いてるかな?」
村山彩希「ぶっちゃけ過ぎだよ」
前田美月「ここだけの話なんですけど、あんまりかわいいと思ってなくて」客、反応
# 上手袖から峯岸みなみが姿を表わす
メンバーたち「あー!?」
# 峯岸みなみ → 『キッ!』といった表情を見せ、袖奥へ
メンバーたち「あー!」
篠崎彩奈「なんか言ったよ、今」
前田美月「ヤバイヤバイヤバイ」
誰か「言うのやめようよ」
茂木忍「あんまり思ってなくて?」
前田美月「思ってなかったんですよ。それで、AKBに入って、研究生になって、で、峯岸さんが研究生にきて」客、軽くw

「来てくださって、それですごいかわいかったんですね、顔が。で、もっとファンの時にもっとみぃちゃんの顔見て、かわいいと思ってれば良かったなっていう話」客、拍手
篠崎彩奈「でもわかるよ、それ。なんか間近で見るとかわいいんですよ、みぃちゃんって」
前田美月「だからみなさんもぜひ間近で見てください」客、軽くw

# MC明け、「僕の桜」のイントロが流れ、峯岸みなみ登場した瞬間、客席から笑いが起こ

[2013年10月27日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 107回目]



・14期生の小嶋真子にいじられる

小嶋真子「私はですね、峯岸みぃちゃんに懺悔したいんですけど。さっきの話なんですけど、ヘアメイクの席が隣だったんですよ。それで、みぃちゃんが私の前にある羽ピンっていう前髪とかを止めたりするピンがあるんですよ。それを「こじまこ羽ピン取って」って言ったんですけど、私には「ハゲピン取って」って聞こえて」客w

「でもそれは悪気があったわけじゃなくてw」客、ざわ

「みぃちゃんが自分でそうやってなんか、自分をいじったのかなってw」
峯岸みなみ「(真顔)良かったね、てんとうむChu!の番組も始まるしね」客w

「がんばってね(笑顔)」
小嶋真子「なんで、悪気はないんですけど、ごめんなさいってことで」

[2013年10月24日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 104回目]



・AKBに入った当初、まだ間もない時に、劇場じゃない外のイベントの時に、アイドルのファンの方がAKBってどんなものなのかなってたぶん見にきたんだと思うんですけど、輪っかになって、タイガーファイアーってやってたんですよ。まったくステージに背を向けて。歌ってる時に。で、「あっ、見ないんだー」と思って。

茂木忍「それって正しい世界なんですかね」
峯岸みなみ「わかんないんだけど、こういう世界もあるんだなって思いました」
茂木忍「てっきり見てくれると思いきや」
峯岸みなみ「絶対にステージに立てば見てくれるっていう、うぬぼれてましたね」

・橋本耀「研究生に、降りてらっしゃって」

[2013年10月13日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 99回目]



・私はある方法でがんばれを伝えられた時にすごい心に残っていて。研究生になりたての「僕の太陽」公演の時に、ライフポイント0みたいな状態でこうステージに立ってたんですけど、お客さんと目が合った時に、口パクで曲中に私が歌ってるんですけど、そのファンの方が「がんばれ」って口パクで曲中に伝えてくださった時にちょっと泣きそうになって、すごく嬉しかったのを覚えているので。

・私、二十歳になってから、自分で起きるようになったの。

峯岸みなみ「私1人暮らしがずっとしたくて、でも1ヶ月30日間全部1人でちゃんと時間に起きないと1人暮らしさせないって言われてから、練習し始めて、あと3日っていうところでダメだったんだけど、でもそっからだんだん起きれるようになった」

[2013年9月22日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 90回目]



・前に「僕の太陽」公演をやらせてもらってた時に1回中盤の曲を本気で踊ってくださいって見せてもらったんですよ。泣かされちゃって。本気のダンスを見せられた時に、凄過ぎて、泣かされてしまって、私と内山奈月ちゃんが。それぐらいすごいんで、ほんとにパフォーマンスも歌もダンスもトークもすごくて、そういうとこは本当に憧れます。尊敬します。 (岡田奈々談)

[2013年9月14日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 84回目]



・私はけっこう意外とこの公演中に、ちょっと振りを間違えたりとか、後半しゃがむ部分でよろけたりする場面が。けっこうあったりするんですけど、そういう時に、みんなが、周りにいるメンバーがそのことに気づいて、すごい笑ってくれるんですよ。何やってんの?みぃちゃんみたいな。笑顔を私に向けてくれることで、なんだかいい公演の一部分みたいな。そういうシチュエーションができ上がって、私のミスもちょっと反映されて、すごくみんなには助けられてるなと思います。

[2013年9月14日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 83回目]



・握手会の休憩中、お昼寝できるんですよ。みぃさんが誰よりも先に寝に行くんですけど。そこで、あとあと私が布団に行って見てしまったのが、白目を剥いて寝てるみぃさん。

峯岸みなみ「直ってないか」
岡田奈々「ちょっと衝撃的でしたね」

前田美月「その後、起きてから、すごい寝ぐせだった。その寝ぐせがボンってなってて、やっぱり短いって大変だなって思った」客w → 拍手

・峯岸みなみと橋本耀のコンビ名は『ぴっかみん』

橋本耀「モバイル6周年の時に、仕切りをやらせていただいたですよ、峯岸さんと橋本耀で。それで、みぃちゃんとぴっかりんで、『ぴっかみん』っていうやつを」

[2013年9月12日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 81回目]



・4歳から6歳までバレエをやっていまして、4歳頃はバレリーナを目指していたんですが、だんだんと自我が芽生え始めた頃、ちょっとこの大人しいことをずっと続けるのは無理だなっていうのもありまして、ダンスに切り替えて、今こうしてステージで踊っているのがすごく不思議な感じがします。

[2013年8月31日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 75回目]



・(チーム4では)みんながね、持ってる悩みとかがすごく昔の自分たちの悩みにすごい被るから、そういうのも全部支えられる、みんなの精神安定剤的なキャラになれたらいいなと思っていて。

[2013年8月29日 チーム4&研究生「パジャマドライブ」公演 73回目]



・橋本耀「峯岸さんがMCが上手いっていう噂なので」

[2013年8月18日 AKB48研究生「パジャマドライブ」SKE48劇場出張公演]



・秋元先生に超昔なんだけど、「峯岸はサービス精神の塊だ」って言われたことあって。ほかに秀でるものがないからそういうところでがんばって行こうと思って。

・私はですね、トームツアー中ホテルで研究生の誰かしらが毎晩遊びにきてくれたんですけど、最近研究生のみんなと仲良くなったなと思ってたけど、そのプライベートの時間にまで会いたいと思ってくれるとは思ってなかったので、最高10人ぐらいきて、みんなでお話とかしてすごく嬉しかったです。

峯岸みなみ「でもね、ゆいりーは部屋に柏木ちゃんがいるっていう時にしかきてくれなかった」客w
篠崎彩奈「渋ってたんですね、ずっと。行くの?みたいな感じで私一緒の部屋なんですけど、みぃちゃんの部屋行くけど行く?みたいな。「んー」って言ってて、「柏木さんいるらしいよ」「えっ?行きたい!」って」客w
峯岸みなみ「おい!村山!」

[2013年8月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 70回目]



・カツラなしで出演

・研究生でくる前すごく怖くて、いつも携帯いじってて、挨拶しても目を合わせてくれなかったんですよ。でも今研究生になって、すごくがんばってらっしゃってて。 (橋本耀談)

[2013年8月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 69回目]



・AKBに入ってなかったら保育士さんになってみたかった。

[2013年7月28日 研究生「パジャマドライブ」公演 64回目]



■ナツイチ2013 課題図書
家日和 (集英社文庫)
家日和

読書感想文 (2013年7月13日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/minegishi_minami/



・劇場公演 700回目

[2013年6月11日 研究生「パジャマドライブ」公演 45回目]



・幼少期、朝ご飯がね、ちょっと共働きでお母さんたち忙しくて、あのね、3人兄弟1人1コの白米と、真ん中にふりかけが置いてあるだけだったの。それがすごい嫌だった。

[2013年5月28日 研究生「パジャマドライブ」公演 41回目]



・お陰様でネットが無いとカツラから飛び出るぐらいの長さになりました。

・(片山陽加が助っ人出演) チラチラ明らかに、研究生とは違ったオーラをまとった人が今日は1人いて。2人でペアで踊ったりとかして、このペア大丈夫かなと思いながら踊ったりして。今日はこっち寄りの人間が1人いるということで、少しほっこりしました。

[2013年5月16日 研究生「パジャマドライブ」公演 36回目]



・彩花はめんどくさいタイプですよ、この女は。なんでかって言ったら、最初はやっぱり、一番最初私が入った時に彩花が一番こう近くで、側にいてくれたというか、先輩とかとも話しやすい性格なのか、いろいろ助けてくれることが多くて、けっこうみんなとまだどうしていいかわかんないからけっこう私も彩花に頼りきりでずっと2人でいたこととかもあったんですけど、最近はみんなと話すようになって、なんか彩花がちょっと機嫌悪くて。なんか察しろよみたいな。機嫌悪くなって、どうしたの?って。何?って言ったら「なんか、みんなと最近仲いいからやきもちやいてたの」みたいなこと言って。

岡田彩花「だってみんな仲いいから取られる気分なんですよ、こっちからしたら」
峯岸みなみ「そんなこと言っても一番仲いい先輩大島優子あげてたじゃねーかよ」客w

[2013年5月12日 研究生「パジャマドライブ」公演 33回目]



・今田美奈「そう。研究生武道館の時にユニットやった後にMCしとったやん。めっちゃすべっとったね、なんか」
後藤泉「そう、思いました」
今田美奈「ビックリした」
坂口理子「それね、すべり過ぎてか知らないんですけど、峯岸さんとメールアドレスを交換させていただいた時に、峯岸さんから「セクシーな推しメン早い者勝ち、すごく良かったよ」っていう風にフォローしてくださったんです。いいです、もう」

[2013年6月14日 HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 144回目]



・今は必要ないんですけど、ドライヤーで髪を乾かさなかったんですね、前は。ドライヤーもめんどくさかったんです、前は。なのでそういう1時間がありましたら、そういう基礎、女性の基礎をちゃんとやっていきたいなと思います。すみません、ブラックジョークをかましたところで今日はよろしくお願いします。

・(劇場公演 3000回を迎えて) そうですね、2005年の12月8日、この劇場がオープンした時の1回目にステージに立って、そして、3000回目にこのステージに立たせていただいて、本当に嬉しく思っています。私たちがデビューしてから何人もの仲間が増えて、それぞれのメンバーがこの劇場を支えてくれて、そして私たち自身もこの劇場に支えられてきました。研究生のみんなと公演をするようになって、改めてこの劇場に注ぐ熱意だとか初心の気持ちとか改めてすごく私自身学ぶところがあって、そういったメンバーと今日ここにステージに立たせてもらうことができて、経緯はどうあれ本当に嬉しく思っています。これからAKB48は日産スタジアムも控えてますし、ドームツアーもあったりで、たくさん大きな会場でみなさんにお会いする機会はあるんですけれども、その次の日には必ずここにこの距離でみなさんと会えるというこの大事な劇場をこれからも私たちとファンのみなさん、そして応援してくださるスタッフさんやいろんな人で支えていけたらいいなと思っていますので、今後ともAKB48劇場そしてAKB48をよろしくお願いします。

[2013年5月6日 研究生「パジャマドライブ」公演 29回目]



・みぃちゃんのレッスン着の匂いは墨の匂い。 (篠崎彩奈談)

・研究生みんながグループメールをやってるんですけど、そこに武道館1日目終了後に入れてもらうことになりまして、やっと。そのグループメールに招待してもらったんですね。

[2013年4月29日 研究生「パジャマドライブ」公演 22回目]



・誕生日プレゼントをみんなにあげたいなと思った時に、最近だったら萌ちゃんとか未姫ちゃんとかうめたんとかが誕生日で、水色好きだからなーとか帽子好きだからなーと思って選んだりしてるんだけど、茂木ちゃんは、私がなったばっかりの時でいろいろ構ってられなくて、適当に家にあった洗顔を。とりあえず誕生日だから、とりあえずあげようっていうことで。

[2013年4月13日 研究生「パジャマドライブ」公演 15回目]



・私は意外と自分、頭の形がキレイだなってことに気づいた。

[2013年4月10日 研究生「パジャマドライブ」公演 13回目]



・前田美月「私はですね、ある日、私がロケバスに乗ってた時に、彩花が「ウソでしょ?」って言い出して、なんだろうと思ったら、峯岸さんが研究生に・・・」客、ざわw
峯岸みなみ「ビックリした」
前田美月「峯岸さんが研究生になった日に彩花がブログを見て、そうビックリしてて、私も見たらビックリしました」
峯岸みなみ「ごめんね、なんか」客w
茂木忍「まさか私たちもそんなところぶっこんでくると思わなくて」
峯岸みなみ「私もまさか自分にくると思わずにさ、ボーっと聞いてた。ごめん。あの、がんばるから精一杯」客w

[2013年4月4日 研究生「パジャマドライブ」公演 13回目]



・弟が今年の春大学生になる。

[2013年3月29日 研究生「パジャマドライブ」公演 7回目]



・研究生「パジャマドライブ」公演初出演。

・私がこうやって歌って踊らせていただいてるポジションはかつてあやりんやさっしーがやっていたポジションなわけなんですけれども、そんなポジションの私が指原さんに、「今日ちょっと私、初日を個人的に迎えるんですけど、アドバイスをいただけませんか?」とメールしたところ「かわいくやってください」という雑なアドバイスがきたんですが、若いメンバーに負けないようにかわいく、そして貫禄も見せつつがんばっていきたいと思います。

[2013年3月23日 研究生「パジャマドライブ」公演 2回目]



・中学生の時ずっとチャリ通だったんですよ。チャリ通でヘル中だったんですよ。

・鏡文字を書くのが得意。

[2013年3月22日 チームB ウェイティング公演 24回目]



・メンバーに言われて嬉しかったこと

「私はですね、ひらりーなんですけど。研究生にっていう風に決まったすぐの時にひらりーが急に「みぃちゃん」って呼んでくれたんですよ。急に、そんなにラフにありがとうって」客w

「そういう風に思ったんですけど、後から聞いたら「指原さんに言えって言われたんです」って言ってて」客w

「指原の優しさとひらりーの優しさを同時に感じられたひと言で、すごく心に残ってます」

・最近ですけど、7回連続公演あったじゃないですか。あれはみぃちゃんが入った後だったんで、みぃちゃんの体力が続くかどうか。 (岡田彩花談)

梅田綾乃「それはみんな気になりましたね」
村山彩希「気になりましたね、実は」

[2013年3月17日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演 ※最終公演]



・私は研究生公演に一緒に出させてもらうようになってから、やはり慣れない環境でたくさん不安はあったんですけど、中学生のメンバーとかが「最近公演続いてますけど体力どうですか?」みたいな言ってくれたりとか、公演後に萌ちゃんがチョコくれたりとか、あとはさっほーとかあやなんとか大人のメンツはまだ歳が近いので、話聞けると思うんで、みたいな感じでいろいろお話を聞いてくれたりとか、本当にメンバーの優しさに支えられて、こうやって1ヶ月この公演出させてもらってるなと本当に実感しています。

[2013年3月15日 研究生「僕の太陽」公演]



・私はAKBに入った当初、電車の中でよくDVDプレーヤーでレッスンVを見てたんですね。電車の中で横に座ったおばあちゃんとかおじいちゃんがけっこうよく「何見てるの?」と。「そこの踊ってる子たちはなんなんだ」と声をかけてくれることが多々ありまして、そのたんびに「AKB48っていうグループをやってるんです」と。「今度紅白も決まったんです」って話したりとかしてたんですね。で、「探すわー」って言ったおじいちゃん、おばあちゃんが今どうしてるのかなっていう。できることなら会いたいなと思いました。

・曲中に茂木忍に「いい太ももですね、いい太ももですね」と言われた。

[2013年2月23日 研究生「僕の太陽」公演 14時]



・(バレンタインの思い出) あっちゃんと映画撮影の時に300個ぐらいを徹夜で作って、スタッフさんに作った思い出があります。

・篠崎彩奈:公演始まる前に、みぃちゃんがですね、研究生メンバー全員に手書きのメッセージカードと飴をプレゼントしてくださって。普通の飴じゃないんですよ。(めっちゃ美味しい)LOVEって書いた飴がいっぱい入ってる袋なんと全員にプレゼントしてくださいまして、感動しましたね、ほんとに。涙が出そうでした。

[2013年2月11日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・この間の峯岸さんが着てたTシャツに書いてあったんですけど「いつまでもあると思うな親と金」って書いてあって。 (相笠萌談)

・リクエストアワーの時の夏先生の名言「底力くんに会いに行きなさい」っていうのはすごく心に残りましたね。

[2013年2月11日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・相笠萌「今日なんと峯岸さんがアイスを全員分差し入れしてくださって」

[2013年2月10日 研究生「僕の太陽」公演 14時開演]



・AKB48に入る前はとにかく目立ちたがり屋だった。歌もダンスも演技も芸能界に入ってやるっていう執着心がすごくて、全部習い事をしてたんですけど、なぜか習ってなかった喋りの部分がすごく今フューチャーされています。

[2013年2月9日 研究生「僕の太陽」公演 18時開演]



・ほんとにみんながすごく温かく迎えてくれて、本番中も目が合うとすごい笑顔で笑いかけてくれるのでほんとにみんなかわいいなと思うんですけど、中でも岡田彩花ちゃんが初めて一緒にレッスンを受けた時からずーっと横にいてくれて、この曲大丈夫ですか?とか、次はこうですよとか、研究生は最初はこうやって、MCを紙に書いてとか、いろんな研究生のルールとかを付きっ切りで教えてくれたので本当に感謝しております。

・「みなさんもお気づきかと思いますが、前回のカツラがあまりにあれだということで、変わりました」

・「早く馴染めるようにがんばります」

・「(茂木忍と)リクエストアワーではいろいろ絡ませていただいて。まさかこんな形で再開するとは思わなかったんですけど」客w

・MC進行役を務めるも、名前がハッキリと覚えていなかったらしく、サクサクと指名できず

[2013年2月8日 研究生「僕の太陽」公演]



・研究生に降格後、研究生公演に初出演

峯岸みなみ「AKB48研究生、峯岸みなみです」客、声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。ありがとうございます、ありがとうございます」

「この度は私の軽率な行動により、たくさんの方にご心配そしてご迷惑おかけしましたことを大変申し訳なく思っています。本当にすみませんでした」客、声援

「今回、研究生として一からがんばらせていただくチャンスをいただいたので、今日は一部出演ではありますが、このステージに立たせていただきました。研究生のみんなにも、そして、研究生を応援してくれているみなさんにも、数えきれないぐらいの違和感を今感じさせてしまっていることは」客、軽くw&そんなことないよ

「重々承知していますが、今、私ができることは今まで以上に全力でがんばる姿をみなさんに見ていただくことだと思っています。一から改めてがんばっていきたいと思いますので、どうぞ応援よろしくお願いします」客、拍手&がんばれ

「ということで、春からは異色な研究生として一からがんばります。よろしくお願いします」

[2013年2月5日 研究生「僕の太陽」公演]



・AKB48で一番好きな曲は夕陽を見ているか?

[2013年1月30日 チームB ウェイティング公演 18回目]



・新成人メンバー、サプライズ出演『新成人の抱負』

峯岸みなみ「AKB48チームBの峯岸みなみです」客、拍手

「私はですね、今困ったことがあったら当たり前のように誰かが優しく助けてくれること、当たり前のようにメンバーが側にいてくれること、当たり前のようにたくさんのお仕事をもらえること、当たり前のように劇場が埋まること、本当は当たり前じゃなく、すごく幸せなことをちゃんと理解して感謝して、今ここにいるとなかなか見えなくなってきてるものをしっかり見つめて、初心を忘れずに今年もがんばっていきたいと思いますので、みなさんいろいろ心移ることもあると思います、アイドルたくさんいますし」客w

「若い子もたくさんいますし。だけどしっかりこの劇場の存在に感謝して、ここをホームとして大切にこれからもがんばっていきたいと思いますので・・・(涙目) どうか、どうかAKB48グループをこれからもよろしくお願いします」客、拍手

[2013年1月14日 「僕の太陽」公演 14時開演]



・永尾まりや:逆転王子様の峯岸さんの声がすごい好き。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 18回目]



・料理は一切しない。

・美宥ちゃんとロケで温泉に泊まった時に一緒にお風呂入って一緒に寝たんですけど、その時にお話をして、先輩とこうやってガッツリお話をするのが初めてなんですって言っていただけて、すごく嬉しかったので、もう峯岸チルドレンに入れようと思って。

[2013年1月12日 チームB ウェイティング公演 14回目]



・私はしーちゃんと1回だけ2人でご飯を食べに行ったことがあるんですけど、初めてのことで緊張しちゃって、ご飯中あまり喋れず、帰り道にやっと話に火が点いて、ちょっと花が咲いちゃった感じだったので、今度はもう2回目ということで、ちゃんとご飯中に楽しく話したいと思います。

[2013年1月12日 チームB ウェイティング公演 13回目]



・峯岸みなみ「今日はですね、大場美奈ちゃんにどんどん顔を近づけたところ、拒まないので、唇をいただきました!」客、拍手
大場美奈「ネタ作りだったんですね?」

・年明けに、指原莉乃からメールが届いて、峯岸みなみ・柏木由紀・指原莉乃の3人集まって、サンコン会を開き、美味しい和食を食べた。 (柏木由紀談)

・お正月、小嶋陽菜とハワイに行った。

・過去メンバーにお正月よくワイドショーみたいなので福袋特番みたいなやってるじゃん。あれに映ったメンバーいたよね。交換してください!って言ってるメンバーが。そっから福袋禁止にね、AKB。

・AKBINGO!の2013年手相ランキング、200何十人っている中、1位だった。私と指原が1位か最下位か最後分かれて、これ出来過ぎじゃないかと。なったんだけど、最下位もバラエティ的にはおいしいところあるなと思ったんだけど、やっぱり1位になった瞬間は、そんなことどうでもよくなった。すごい嬉しかった。だから私にあやかったほうがいい。

・ゆきりんとは絶対に仲良くならないと思ってた。なのに今では、たぶんメンバー内で一番連絡を取ってるんですよ。ほぼ毎日メールをしていて、友達としてもすごく好きなんですけど、やっぱり演者としても、アイドルとしてもすごい尊敬している。

・(柏木由紀に)「呼び捨てファンタジー」の振りをどうやったらかわいくできるんだって訊いたら、鏡の前で一緒に教えてくれた。「(呼び捨てにして欲しいの) 全部持ってって、前見て、下のお客さーん!」

[2013年1月10日 チームB ウェイティング公演 12回目]



・私は白組で、「小池」改め「清原」という曲をやったんですけど、審査員に野球選手の清原さんがお越しいただいて、清原さんの向けて、「清原」とみんなで叫ぶことがけっこう怖いことでして。楽屋裏で峯岸さんが「さっきはほんとにすみませんでした」って謝ってるのをこっそり見てしまいました。 (鈴木紫帆里談)

[2012年12月18日 チームK ウェイティング公演 13回目]



・先日みなさんにお伝えした通り、お米を炊くことと、お湯を沸かすこと、それをクリアした。今年残り2週間でグラタンに挑戦したい。もし作ったらブログに上げたい。

[2012年12月12日 チームB ウェイティング公演 8回目]



・「スカート、ひらり」っていうユニットはその時に期待されてるメンバーが選ばれてるユニットで、私は入ってなかったんですね、当時。で、ユニットシャッフルの的に「スカート、ひらり」に入れてもらって、それがあまりにも嬉しくて、ものすごい、なんかもう、可憐にやり振りなんだけど、キレキレに踊ってしまい、1日で外されてしまった。

[2012年12月8日 AKB48劇場7周年特別記念公演]



・二十歳を機に、この間お湯を沸かすことと、お米を炊くことを覚えた。

・「9期にがんばってましたって言われるのも・・・」

・握手会の時だけちょっと透けてたりする服を着る。

[2012年12月4日 チームB ウェイティング公演 7回目]



・今日の朝、自分の足をふと見たら、白い粉が出てきちゃって・・・。(柏木由紀も同じ日に足から粉が吹いた。)

・好きなお花はたんぽぽ。

・今まで読んだ中で記憶に残った本は湊かなえさんの少女。

・大場美奈:キャプテンの梅田さんと2人でチームBを引っ張っていってくれてる。それがたかみなさんみたいで頼もしいです。

・AKB48を好きになったきっかけは峯岸さん。 (市川美織談)

・小森美果「私の従兄弟に似てます」
峯岸みなみ「よろしくお伝えください」

・ゆきりんは今日誕生日プレゼントをくれたんですけど、何かなと思って開けたら、本来なら彼氏みたいな人がくれるんだろうみたいなちっちゃい四角い箱で、開けたらリングで、「重い」と思った。なぜかピンクのキラキラのリングが入ってた。

・峯岸さんに1度ラジオの企画で誰から返信くるかみたいなやつで、「ご飯行こうよ」みたいなの来て、「行きましょう」って返したが、その後返事は帰ってこなかった。それ以来、峯岸さんから「何々しようよ」ってくるとラジオの企画なんじゃないかって疑ってしまう。 (大家志津香談)

・みぃちゃんはほんとにしっかりしてて、この間私が落ち込んでる時にすごい「大丈夫?」とか声かけてくれたりとか、でもそういうしっかりした面もあるんですけど、あっちゃんの卒業公演の時、めちゃくちゃ子供みたいに泣いてるみぃちゃんを初めて見た。 (片山陽加談)

・藤江れいなに「チームB23人、お母さんとかがやっているタネに連れて行って欲しい」と言われ、客席のママに確認を取り、OKをもらう。

・岩佐美咲:母の推しメンは峯岸みなみ。

◆峯岸みなみ 20歳の生誕祭

・ママご来場

・ノースリーブスの高橋みなみ&小嶋陽菜がサプライズ出演。小嶋陽菜はドラマの撮影の合間に駆けつけた。

・小嶋陽菜の手紙に号泣

・柏木由紀が誕生日を「10月15日」と間違えてしまう。(11月15日)

・「いれるだけAKBにいさせてください」

・高橋みなみからのお手紙

柏木由紀「Dear みなみへ。お誕生日おめでとう。」BGM:桜の木になろう

「あんな子供で泣き虫だったみなみももう二十歳だね。ずっと一緒だったから、なんだか不思議に感じます。AKBに入ったのが13歳で、あれから7年。青春と言われる10代をすべてAKBに捧げてきて、普通じゃ経験できないことも経験してきたけど、嬉しいことだけじゃない、辛いこともたくさんあったね。」

「13歳の頃のみなみはいっぱい泣いていました。きっと不安や不満が子供だったからすぐ涙になって出てきたんだよね。そんな姿を見る度に支えたいと思っていました。でも、いつからか、泣かなくなったね。大人になったからなのかな。我慢を覚えたからなのかな。何かいろいろ想っているのに涙を流すことをやめたみなみを見て、成長したんだなと思ったのと同時に切なくなりました。」

「あの手紙を覚えていますか? 孤独を感じないでください、私たちはたかみなのすぐ後ろを走っています。この言葉にどれだけ助けられたことか。だから逆にこの言葉を贈ります。みぃちゃん・・・」
高橋みなみ → 登場(客、おー)

「みぃちゃんががんばってるの、みんなみんな知ってるよ。だからそんなに気負わずに、自分のペースで進んで行こう。ネガティブをポジティブに、自分に少しは自信を持ちなさい。笑ってるみぃちゃんも、落ち込んでるみぃちゃんも大好きだよ。ずっとずっと見守ります。いつかみぃちゃんがMCを務める番組に出演するのが私の密かな夢です。」

「私がAKBに入って得たもの、それはたくさんあるけれど、大きな大きな1つは一生涯の親友に出会えたこと。同じみなみに出会えたことに感謝します。心からお誕生日おめでとう。みなみ」客、拍手

・小嶋陽菜からのお手紙

高橋みなみ「みぃちゃんへ」BGM:桜の木になろう

「みぃちゃんもついに二十歳か。この日をずっと待ってたよ。ワーイ」客、軽くw

「妹みたいなかわいいみぃちゃんがついに二十歳になる。これは誰のお誕生日よりも嬉しいです。私が二十歳の頃からみぃちゃんも二十歳になったら一緒にお酒飲もうねなんて約束してたけど、その時はAKBも先が見えないような状況だったから、実際ほんとにこんな日がくるとは思っていませんでした。」

「13歳だったみぃちゃんが二十歳になるなんて、みぃちゃんの成長にはテレビのお仕事で一緒になる度、毎回驚かされます。バラエティでは大活躍で、自ら新幹線のモノマネを」客w

「首がグニャってなっても体当たりでやるみぃちゃん。女の子だったらみんなが嫌がるような顔面マッサージを引き受けるみぃちゃん」客w

「そうそうたる顔ぶれに混じって立派に発言しているみぃちゃん。最近ではAKBの後輩たちのいいところをいっぱい引き出してあげているみぃちゃん。テレビでは自分がおいしく、「尺が欲しい!」ってガツガツしてるように見られてしまうけど、ほんとは気遣いで空気を読んで、常に相手の気持ちを考えていて、誰よりも繊細です。大丈夫かな?と思うぐらいネガティブな時もあるけど、これからはもっと自分に自信を持って、素敵な女性になってね。手伝うよ。いっぱいお世話になってる分、こういうところでお返ししなきゃ。」

「みぃちゃんにはほんとに感謝しています。AKBのオーディションで1人でいた私に最初に話しかけてくれたのもみぃちゃん。そのお陰でみんなと仲良くなれました。ノースリーブス結成当初、たかみなと私が全然話したことなかったのを気遣って、その間に入って話してくれて、たかみなと仲良くなれたのもみぃちゃんのお陰。今のノースリーブスの関係があるのはみぃちゃんのお陰。偶然なのか今日はもう1つ大事な日。何の日か覚えてる?」
小嶋陽菜 → たくさんの風船を手に、どんでんより登場(客、おー)

「ノースリーブス4周年おめでとう」客、拍手
高橋みなみ「おめでとう」客「おめでとう」
峯岸みなみ → 涙
高橋みなみ「風船が邪魔で」小嶋の風船を預かる
小嶋陽菜「そう、今日はノースリーブス結成4周年。やっぱり大事な大好きなノースリーブスだからちょっと来ちゃいました」客、軽くw

「そしてノースリーブスもそうだけど、チームBのみんなもみぃちゃんを頼りにしています。AKBにみぃちゃんは欠かせない存在です。後輩もいっぱい増えたけど、しっかりものでいなきゃって考え過ぎないで、ノースリーブスではまだまだ子供で、妹キャラのみぃちゃんでいて欲しいな。辛いことがあったら相談してね。たかみなと私にいっぱい甘えてね。そしてみぃちゃんファンのみなさん、みぃちゃんの人柄からか、みぃちゃん好きに悪い人はいない、そう思っています。これからもかわいいみぃちゃんを一緒に見守っていきましょう。いつもいっぱい笑わせてくれてありがとう。二十歳のみぃちゃんにどうか尺がいっぱい与えられますように」客w

「本当におめでとう」客、拍手&おめでとう

・峯岸みなみ生誕コメント

峯岸みなみ「2人とも揃って手紙に自信を持ちなさいって書いてある通りにほんとに私は自分のことを好きになれずに、AKBに7年いさせてもらっていて、それでもなかなか順位は伸び悩み」客w

「選抜に入れていただいてるにも係わらず、目立った活躍もできずにいつも端っこだし」
高橋みなみ「ネガティブやなー」客、軽くw

「そこやって」
峯岸みなみ「そういう自分の中でどっかに引け目みたいなのをいつも背負っていまして。なんか、いてもいいのかなっていうのはすごくずっと感じていたし、テレビに出ている笑いに対して貪欲な自分とAKBでいたい自分のバランスがうまく取れずに、どうしたらいいんだろうって悩んでる時もあったりして、この1年は前には進めず、現状維持な1年だったかなとすごく自分では感じていました。でも、こうやってたかみなや陽菜もそうだし、チームBのみんなや素敵なファンのみなさん、そういう素敵な人たちが私のことを好きと言ってくれていることが、それが私の一番の自信に繋がることだなとほんとに思っています。いれるだけAKBにいさせてください」客、拍手

「13歳で初めてこうやってステージでお祝いしてもらった時に、誕生日をこんなにたくさんの人とお祝いできるってすごい素敵だなって、嬉しいなと思って、そっからもう7回目の誕生日会で、何回やってもやっぱり嬉しいものだし、こうやってステージでお祝いしてもらって初めて二十歳になったなーという実感が沸きました。ほんとにみなさんありがとうございました」客、拍手

「なんか、チームBになって、すごくみんなが頼ってくれて。今までそういう引っ張ることとかお姉さんみたいなこととか、みんなに指示を出したりみんなを励ましたりすることが無かったんですけど、チームBに入ってそれをしたいなと心からそういういいチームにするためにそういうことをしたいなと思えることが、私がこれからもAKBにいていい意味になってくるんじゃないかなとすごく感じていて、梅ちゃんと一緒に、梅ちゃんをサポートして素敵なチームにできるようにこれからもがんばりますので、チームBのメンバーも、そしてお客さんもこれからも応援よろしくお願いします」客、拍手

[2012年11月26日 チームB ウェイティング公演 6回目]



・通しリハなのに、緑のキャラクターのタオル生地の着ぐるみを着て、全力で踊ってたのがのがすごく印象的だった。(名取稚菜談)

・みぃちゃんが初日の円陣の時に粋な計らいをしてくれた。円陣の時にみぃちゃんが「ちょっとみんな待って」って言って。1コずつ瓶に入った飴を渡してくれて。その飴を開けて「一粒食べて」って。その飴を食べたら絶対成功するからって言う風に言ってくれた。「噛んじゃダメだよ」ってみぃちゃんが言ったのに、梅田キャプテンはボリボリ噛んで食べてしまった。(片山陽加など談)

[2012年11月5日 チームB ウェイティング公演 2回目]



・チームB移籍後、初ステージ

・自己紹介MCで市川美織のキャッチフレーズにネタを仕込むも、ややウケ。

・キャッチフレーズ「新チームBの正統派アイドル、峯岸みなみです」客は微妙な反応

・7年温めてきた本当の姿をこのチームで見せていけたらいいなと思います。

・加藤玲奈:思い出以上の峯岸さん、かっこ良過ぎて一目惚れしました。

[2012年11月3日 チームB ウェイティング公演 初日]



・このチームKの「RESET」公演初日このステージに立った時はまだ心の整理がついていなくて、AKB48チームKですって言った時に、チームKなんだって、すごく複雑な、そして寂しいような気持ちで立っていた私が今日こういう風に全然違う意味の寂しさで、チームKですって言うことになるとは思わなかった。

・今日の千秋楽公演の前の円陣の時に、最後に「RESET!」と言って、ダンってやった時に涙がポロンと、大きなお目目から宝石がこぼれ落ちた。

・ファンのみなさんに感謝の気持ち、自分の気持ち

「世間の人からしたら、なんかAKBってチームあるんだよねとか、チーム変わるんだよねとか、それぐらいの認識かと思うのですけど、メンバー個人個人にとってはチームが変わるっていうのはすごく大きなことで。私が始めAからKになる時に、やっぱりどっか不安があったりとか、心がついていかなかったりして、変にこうちょっととんがってしまった部分とか、壁を作ってしまった部分があったかなと思うのですけど、そんな壁をみんなが周りからトントントントンと叩いて、本当の意味で私はチームKにしてくれたのは本当にみんなだなーと思ってます。チームKはひとつのことに向かって、全員で努力することの楽しさを教えてくれました。メンバーもそしてチームK担当のマネージャーさんも、そしてチームKを応援してくれてるみなさんも含めて、本当にチームK大好きなチームになりました。ありがとうございました」

・上海(SNH48)へ移籍する宮澤佐江にひと言

「佐江ちゃんは本当にライブに対する姿勢がすごくて。パフォーマンスもキラキラしてて。誰1人つまんなかったって言わせないようにしたいっていう意識がすごい伝わってきて、自分もそれに刺激されて、佐江ちゃんと一緒に出るステージはほんとにいつも楽しかったです。で、佐江ちゃんが上海に行ってもそれは佐江ちゃんの気持ちを受け継いでAKBよりよいパフォーマンスができるように微力ですが私もがんばっていきたいと思います。そして佐江ちゃんがいつも褒めてくれる「みぃちゃんお喋り本当に上手だね」って、「尊敬する」っていつも言ってくれるので、これからも張り切って喋りたいと思います。がんばってね。ありがとうございました」

[2012年10月24日 「RESET」公演 205回目 千秋楽]



・私が好きなものはですね、好き好きメンバーです。さっきキャップも言ってたんですけど、もちろんそういうHKTのメンバーも大好きなんですけど、峯岸みなみ。。おっ、ピリっとしましたね。

みぃちゃんがね、この間会う機会があって、そん時にあおいとなつが一緒にいたんですよ、仕事場で。なっちゃんが会いたいって言ったの、みぃちゃんに。だから、あおいとなつを連れて、みぃちゃんに会いに行こうと思って行ったんですよ。で、そん時に、普段は別にメンバーと会う時はカツラをしてないんですね、基本的に。あのままでいるんですよ。あれでいるんですよ。それで、そん時になぜかメンバーに会うだけなのにカツラを被ってきてたの。で、どうしたの?って言ったら「えっ? あおいちゃんがビックリして泣いたら嫌だから」って。そういう心遣いがいいなと思いまして・・・。 (指原莉乃談)

[2013年3月21日 チームH「博多レジェンド」公演 6回目]



・おばちゃんはベタに氷川きよしさんが好き。

(2012年9月17日 「RESET」公演 198回目)



・今使ってる携帯電話はもうすぐで4年目ぐらいの付き合いになる。角は欠けていて、充電するフタの部分もなく、電池パックのフタもなくて、黒いゴムで止めている。テレビにちょっと映ってしまい、賛否両論だった。

・昨日オールナイトニッポン終わりに優子の家に泊まりに行った時、化粧したままお風呂も入らずにソファーで早速寝始めたら、顔のマッサージしてくれたり、クリームしてくれたり、歯ブラシに歯磨き粉を持ってきてくれたり、すごい介抱してくれた。

[2012年10月20日 「RESET」公演 204回目]



・香川県のうどんは絶対に食べてみたい。

[2012年10月20日 「RESET」公演 203回目]



・じゃんけん大会、去年は3位という好成績だったので、今年の目標は最低3位。

・うちの両親がですね、なんでかわかんないんですけど、去年あたりに喫茶店を開いちゃいまして。ティールームタネというね、お店なんですけれども、カレーとかをメインにやらせてもらっていて。ちょっとね、なかなかなんかの用事に行くような場所にあるわけでもないのですけど、もしね、何かあったら行ってあげてください、よろしくお願いします。

[2012年9月12日 「RESET」公演 195回目]



多田愛佳「卒業公演の時に、みぃちゃんが終わった後にすごい大泣きをしてたんですよ。それで、みぃちゃんって初期(メンバー)の時はあんなに泣くんだなって思って。すごいダダをこねてて、もうすごいかわいかったんですよ~」

(2012年9月11日 「目撃者」公演 94回目)




カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ