FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

AKB48中田ちさと (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:中田ちさと (なかたちさと)
ニックネーム:ちぃちゃん
生年月日:1990年10月8日
出身地:埼玉県
血液型:A型
デビュー期:AKB48第4期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
中田ちさと 19歳の生誕祭(10/21 チームA 5th 103回目)
中田ちさと 二十歳の生誕祭 & BeginnerチームAバージョン初披露(2010/10/26、チームA6th 11回目)
中田ちさと 生誕祭(11/10/12)
ブログリンク(中田ちさと生誕祭関連)
セリ故障 公演打ち切り & 中田ちさと 21歳の生誕祭(2011/10/12、「目撃者」公演 53回目)
中田ちさと 生誕祭 (2012/10/07)
『4期の絆』 中田ちさと 22歳の生誕祭 (2012/10/07、18時開演、「目撃者」公演 100回目)
中田ちさと 生誕祭 お花画像 etc (2013/10/09)
中田ちさと 23歳の生誕祭 (2013/10/09、チームK)


AKB48中田ちさとが虫垂炎のため4月26日のチームB公演を休演


中田ちさとが700回公演達成!

160804chichan02.jpg

■エピソード集&発言集


中田ちさとは常に余裕がある

宮脇咲良「ちぃさんは余裕があるじゃないですか、常に。何が起きてもちぃさんだけちゃんと余裕があって、落ち着いてそうなので」
中田ちさと「やだー、嬉しい」客w
高橋みなみ「ブーッ」
宮脇咲良「私もいつか、私もこうやって大人の女性になったらちぃさんのような余裕のある女性になりたいなと思います」

中田ちさとが小嶋菜月へ渡した誕生日プレゼントはセクシーな下着

小嶋菜月「私が思う大人の魅力は下着なんですけど。やっぱり見えないところでオシャレをしてるのって本物の大人の女性だなと思って。ちぃさんが私の誕生日プレゼントにとってもセクシーな下着をプレゼントしてくださったんですよ。それもほんとに、何これ?えっ? 糸?みたいな」
中田ちさと「レースでね、薄くて」
小嶋菜月「素晴らしい下着をもらったので、そんないいセンスのあるちぃさんはやっぱり大人だなって、大人の魅力と言ったら中田さんかなと思いました」

・川栄李奈の中田ちさとの覚え方は「細いペチャパイの先輩」

川栄李奈「大人の女性はやっぱスタイルだと思うんですね。私は割りとちんちくりん体系って言われるんですけど(軽くw) 笑わないで笑わないで。私、ちぃさんを、まずはじめに会った時にめっちゃ細いなって思ったんですよ。それで覚えたんです、ちぃさんのこと。細い、胸がない人みたいな(w) 細いペチャパイの先輩って覚えたんですよ。それでちぃさんのこと覚えたの。でも身長もそんなに高くないんですよね。なのにこんなにスタイルがいいから、やっぱり女性はスタイルがいいかなと思うので、ちぃさんみたいに胸のあるスタイルになりたいなと思います」

中田ちさとは後輩への誕生日プレゼントに下着をあげることが多い

中村麻里子「ちぃちゃんからは誕生日に素敵な下着をいただきまして」
中田ちさと「だいたい後輩に下着あげるんです」
中村麻里子「テーな感じの下着をいただきまして」

・中田ちさとは一昨日に目標の1つ「小嶋陽菜の胸を触る」が叶う

「みんなが凄い気をつけてくれたのか、私の名前をけっこう出してくれたんですけど、そうですね、私の中では私って言いたいんですけど、一応にゃんにゃんが目標なんですね。私はチームAに入って、女性らしさが出てるにゃんにゃんだなと思って。一番にゃんにゃんの女性らしさを感じるのがやっぱり私にはないここ(胸)なんですね(w) これを実は一昨日のツアーで、にゃんにゃんの胸を触ったんですね。私の目標が2つあって。1つはにゃんにゃんの(胸を)触りたいっていうのが目標で。それが一昨日叶ったんですよ。私の大人としての目標あともう1つがみなみちゃんと2人っきりでお風呂に入るっていうことなんですね。それがまだ叶ってなくって、一向に入ってくれそうな気配はないんですけど、私はそれを達成するまでは卒業できないっていうことを言ってるので (おー) もうね、年内に叶えられるんだったら叶えたいなと思うので、叶った時は是非皆さんに報告するので楽しみに待っててください」

・中田ちさとはざっくり言うと変態

中田ちさと「謎多くないよ」
中村麻里子「7年いて、まだわかんないことが多くないですか?」
松井咲子「一番謎なメンバーな気がする」
高橋みなみ「ざっくり言うと変態っていうことだけはわかる」客w

・中田ちさとは人間観察が好き

中村麻里子「けっこうみんなに下着をプレゼントしてるじゃないですか。だから実際のところ本人はどうなのかなっていうのが凄い気になるんですよ」
中田ちさと「私、みんなのあれが好きなんですよ。みんなのことを凄い、人間観察が好きで、この子はこういう性格だなとか、こう思ってるんだろうなっていうのを凄くわかる自信があるの。だから、こういうのを着て欲しいなっていうのがあるから、逆に自分のことはわからないから」

・中田ちさとは小嶋陽菜と同じ下着を身に付けても「同じようには見えない」

高橋みなみ「あれじゃん。下着ってさ、多分オンデマでカットされちゃうんだけども、ピーチジョンとかね、あるじゃないの。ちさとさん今日何のブランドですか?」
中村麻里子「小嶋さんをリスペクトしてるんだったら」
中田ちさと「憧れのにゃんにゃんのピーチジョンでございます。ただ、小嶋さんが着てるデザインをあえて同じものを着ても、同じようには見えない」客w
高橋みなみ「それはそうね」
中田ちさと「持ってるものが違いますから」

・AKB48全国ツアー 岡山公演エピソード

森川彩香「ホテルでのことなんですけど。なっつんと華怜と同じ部屋だったんですね。私がお風呂入ってて。したらゴソゴソやってるんです、外で。出たら誰もいないんですよ、部屋に。上半身全裸で待ってたんですよ」軽くw
岩田華怜「アイドルアイドル」
森川彩香「裸でちょっと待ってたんですね。したらたくさん入ってきて、中に。ちぃさんがきて、「やだ~、裸だ~」って言って」客w
小嶋菜月「ちょっと似てる」
森川彩香「ちぃさんが私の胸をこうやって揉むの。「やだー、あーや、生おっぱい見れたー」とか言ってきて。だからなっつんとか連れてきたんですよ、みんな。5人ぐらいいたんですよ。私みんなに裸見られたんですよ」

■中田ちさと 24歳の生誕祭

◆進行役は松井咲子

倉持明日香からのお手紙

「ちぃちゃんへ

24歳のお誕生日おめでとう。

ちぃちゃんとはチームが別々になって最近は会う回数が減っちゃったね。

しばらく休んでいたけど、劇場にも復帰して、久しぶりに会ったちぃちゃんはキラキラした笑顔で「今人生で一番楽しい」って言ってたよね。私が生きているうちにちぃちゃんの口からその言葉が聞けて満足です(w)

研究生オーディションの時、既にアイドルオーラが出ていて、ふんわりしてて、「絶対受かる、あの子。可愛いなー」っていうのが私の第一印象でした。だからチームAになって、ちぃちゃんと同じチームになれたこと、本当に嬉しかったんだ。

その後のチームKでも一緒。ちぃちゃん本人は河西智美ちゃんを尊敬して、大好きだって言っていたけど、めーたんポジションのおしめしは誰にも真似できないちぃちゃんのおしめしで、天下一品でした。

でもKでは激しいダンスが多くなって、ちぃちゃんに色々な負担がきたよね。楽屋にいる時、辛そうにしているちぃちゃんを見て、「無理しないでね」って声をかけることしかできませんでした。

でもステージに立つその姿はプロでした。後ろを向いている時も一瞬も辛そうな顔を見たことが無いし、ステージに立って気を抜いているちぃちゃんを私は一度も見たことがありません。細い体で一生懸命踊って、出来ない振り付けは先輩後輩問わず出来る人に訊いて、何度も練習している姿、メンバーやスタッフさんはちぃちゃんの頑張りを近くで見ています。

メンバーからいじられていたりしてるけれども、ちぃちゃんの物腰柔らかい人柄があってこそのやり取りなんだと改めて思うよ。これからも目を細めてニコ~っと笑うちぃちゃんを見せてください。そしてたくさんの後輩たちの良きお母さんでいてください。

最後になりましたが、1つだけお願いがあります。もう少し大きな声で喋っていただけると嬉しいです(w) 長く一緒にいるのでちぃちゃんの口の動きを見て何て言っているかわかるようになりましたが。

そして私は普段ちぃちゃんと呼んでいないのですが、私の普段の呼び方だとオンデマをカットされる場合があるので表向きの呼び方にさせていただきました。

改めてちぃちゃんおめでとう。お互い人生楽しく生きましょう。

AKB48チームB 倉持明日香」

松井咲子「同期の明日香ちゃんからお手紙でしたけど」
中田ちさと「ちぃちゃんへっていう言葉で明日香だと思わなかったんで」
松井咲子「そうだね、普段は人には言えないような呼び方で呼ばれてるもんね」
中田ちさと「そうですね。嬉しいです」
松井咲子「どうですか?明日香ちゃんからお手紙でしたけど」
中田ちさと「明日香はね、私、研究生の頃から同期なのに「明日香みたいになりたい」ってずっと言ってて。それは今でも変わらないんですけど、同期だけど、ほんとしっかりしてて、やっぱりキャプテンで今、他のチームで頑張ってるのを見ると、大家もね、まさかの副キャプテンというポジションで(w) 同期がね、そうやってれいにゃんも難波のほうに移籍して、同期がみんなそうやって頑張ってるので、私も頑張んなきゃなって、みんなの頑張りを見てて思うので、そうですね、明日香っていい言葉並べるなー」軽くw

この1年そして24歳になった1年どういう1年にしたいですか?

中田ちさと「あっという間に24歳になったなっていう感覚があるんですけど、まぁ、私は研究生の頃からチームAの公演にずっと出て、で、チームAに昇格して、ずっとチームAで育ってきたので、私の中でチームKに異動したことは凄く大きくて、明日香も手紙に書いてくれてたんですけど、色々と新しい挑戦というか、して、得たものは大きかったんですけど、それで色んな経験を経てまたチームAに戻ってくることができた時に、やっぱり私の中でチームAっていう場所が凄く大好きで。やっぱみなみちゃんの背中を見て私はずっと育ってきたので、やっぱりみなみちゃんがいると私の中で凄く安心するんですね」
高橋みなみ「ありがとう、ちぃちゃん。今日もさりげなく髪型を真似されるというね」軽くw
中田ちさと「気づきました? 私、お揃いにしたんです、勝手に」
高橋みなみ「ありがとうございます」
中田ちさと「ほんとになんか、いつの間にかこのAでは1期生のみなみちゃんとにゃんにゃんの次に先輩になってて、研究生として一番下で入った私が今こういう立ち位置にいるっていうのが、あっという間で、今はやっぱり自分の成長とかもそうなんですけど、自分の立ち位置というか、やっぱたくさん後輩が入ってきて、もっともっと後輩ともっと色んな接して、いいとこをもっと引き出していきたいとか、チームにとって、やっぱりチームAにちぃちゃんがいて良かったというか、支えになってるとか思われるようなポジションにやっぱりなっていきたいなって、チームに貢献するというか」
高橋みなみ「もうなってるで。もうなってるよ」
中田ちさと「ありがとう」
高橋みなみ「助かってます、いつも」
中田ちさと「もっともっとこのチームをいいチームにしていきたいなって素直にほんとにこのチームに来て思ったので、もっともっとみんなとこれからいいチームにしていくのが私の今の目標で。あとは、とにかく今を楽しみことを忘れないようにしたいなと思ってて。今日の生誕祭もそうですけど、やっぱりこの1回1回って二度と同じことは無いし、今を楽しまなきゃ、やっぱ先の目標とかも大事だと思うんですけど、今楽しまないと先には進めない気がするので、やっぱり毎日毎日1つ1つのことを楽しんで、これから頑張っていきたいなと思います」

素敵な生誕祭を開いてくれた皆さんに何かメッセージをお願いします

中田ちさと「今年も素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます。私のファンの皆さんほんとに優しくて、凄い私のことを考えてくれてて、きっとずっとずっと今日の生誕祭の為にも凄く色々考えて準備してくださってるんだなっていうのがほんとに伝わってきて、凄くいつも支えてもらってて、ほんとに感謝の気持ちで一杯です。

アンコールの時もカラフルなペンライトを振ってもらった時に凄く嬉しくて、「キレイだね」ってまきちゃんと言ってて。まきちゃんも「可愛いペンライト」って言ってて「まきちゃんも可愛いよ」って言ったら、(自分で)「まきちゃんのほうが可愛い」って言ってて(w) そういう後輩とのやり取りも凄く私の中で癒されるというか、やっぱお母さんみたいなポジションって思われてて。やっぱファンの方は最初「そんなんでいいの?ちぃちゃん」みたいなところがあったと思うんですけど、今こういう歳になって、そういうなんか、みんなに、何て言うんだろうな」
高橋みなみ「お母さんやけど、皆さんにとってはアイドルやで」
中田ちさと「そうなんですよね。メンバーのお母さんでもありつつ、24歳になっても昔と変わらないねって言われるぐらい、自分自身ももっとキラキラして頑張りたいです。

ほんとに皆さんは知ってると思うんですけど私は劇場が大好きなので、またこうやってこの劇場にきて、お休みしてたことはあったんですけど、戻ってきて、こうやってファンの皆さんとお祝いしてもらえることが凄く幸せに思ってます。これからもこんな私ですけど、まだまだここで頑張っていきたいので、応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手

松井咲子「ほんとにね、ちぃちゃんがいると凄くおだやかな気持ちになれるというか、みんなが安心して」
高橋みなみ「助かってる。今日公演前にな、裏に服を着替えを用意しに行ったらな、多分ちぃちゃんの生誕委員の皆さんだと思うんだけど、物凄い掛け声が聞こえて。「いくぞ!やるぞ!」みたいな、多分皆さんやってらっしゃいましたよね。相当聞こえてきて、「あー、ちぃちゃんのファンの人は優しいな」っていう風に思ったし、ほんとに戻ってきてくれて良かったなって思いました」
中田ちさと「ありがとうございます、もう(拍手) このチームだったから早く戻りたいって思えたので、ほんとにこのチームのメンバーが大好きです」拍手

◆公演後の感想(オンデマンド)

中田ちさと「今日「真夏のクリスマスローズ」ができたんですけど、やっぱり6年前にやってた時もクリスマスローズをやってて、私の代表曲だと思ってるので。今オリジナルメンバーが私しかいないので、真夏のクリスマスローズ。だからこの曲をもっとたくさんの人に知ってもらいたいなっていうのもあるし、またこの今の公演で歌えたのも嬉しかったし、生誕祭の時に歌えたのはやっぱ嬉しかったですね。咲子さんと一緒に歌えたのも嬉しかった」

「もうね、幸せでした、ほんと。なかなかね、歳を取るってイメージがね、できちゃってんですよ、誕生日と言えば。だけどやっぱ劇場での誕生日のね、お祝いっていうのは特別ですよ、やっぱり。何歳になったってね、嬉しいです、ほんとに」

[2014年10月22日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・中村麻里子が二十歳になった時に大人の下着をプレゼントした。

[2014年9月29日 チームA「恋愛禁止条例」公演 片山陽加卒業公演]



・小嶋陽菜の美乳を触ったことはまだ1回しかない。

中田ちさと「私は楽屋ではけっこうボディータッチが激しいほうなんですけど、女性ならではだと思うんですよ、やっぱりこれも。やっぱり私は女の子だからみんなが着替えてるところも、もう全部を見れて、触れて」
松井咲子「何の話してるんですか?」
中田ちさと「女の子だからできることだなと思って」
中村麻里子「でもまだ19時なんですよね。時間帯的にはちょっと早いかなっていう」
中田ちさと「全然大丈夫ですよ。さっきたかみながにゃんにゃんの美乳を触れることって言ってたんですけど、私、こじはるさんの触ったことまだ1回しかないんですよ」
松井咲子「十分」
中田ちさと「だからね、せっかくね、チームAで、今同じチームにいるので、もう一緒に公演出る時があったらね、ちょいちょいと揉みたいなと思います」

[2014年9月10日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・智代梨はこっちに移籍してきてから同じチームになって、意外と仲がいいんですね。しょっちゅう家にご飯食べに来て、この間なんか勝手に泊まりに来て。でも私がちょっと元気ない時とか、ちょっと智代梨と話しただけで凄い私、元気になれるんですね。だからいつも一緒にいるとうるさいけど、たまにだったらいいなと思って、こうやって新しく入ってきたメンバーとこうやって交流できて、こうやってもうすぐ24歳になる私が元気にしてくれる、凄い心の安定剤だなと思ったので、これからもいろんなメンバーと仲良くしていきたいなと思いました。

[2014年9月3日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・東京ドームコンサートの裏エピソード

中田ちさと「私はドームの時に着替える場所がチームBの名取稚菜ちゃんと近くて (おー) 着替える時に、もうわかにゃんの着替えが見放題で (ひゅ~) それが私はとっても幸せな時間でして(w) わかにゃんが着替えてるとこをたくさん写真を撮って、わかにゃんに「送ろうか」って言ったら「いらないです」って言われたので、自分だけの心のアルバムにそれは大切にとっておこうと思った、いいドームのコンサートでした」

武藤十夢「裏で見た目撃談なんですけど。私の着替え場があって、私の着替え場の隣が中田さんだったんですよ。中田さんさっきわかにゃんさんのあれが見れて凄い嬉しいみたいな感じで言ってたじゃないですか。実は中田さんの隣はわかにゃんさんじゃなくてみーおんなんですよ。なんか、ここぞとばかりにめっちゃみーおんに絡んでて、写真とかも2人で撮ったりとか・・・。そういうのを見て表ではほんわかしてるのに裏ではガツガツしてるんだなと思ってビックリしました」

[2014年8月28日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・中田ちさとは前回の高橋チームAの時、荒れていた時期があった・

中田ちさと「はーい」
藤田奈那「こわっ」
片山陽加「お局が言うぞ」
中田ちさと「おいおいおい。私よりもっとお局の片山に」
片山陽加「私の物申すの? どんとこい」
中田ちさと「はーちゃんの・・・」
藤田奈那「優しい言い方」
片山陽加「あれじゃないの? 片山に物申す!みたいなやつじゃないの?」
中田ちさと「やっぱ長いからさ優しい感じになっちゃうんだけど、ちょっとおせっかいババァをやめて欲しい」軽くw
片山陽加「おせっかいじゃない。ちぃちゃんのためを思って言ってるんだから」
中田ちさと「最近はよくなったんですけど、前の前の高橋チームAの時が一番ひどくて」
片山陽加「いや、ちぃちゃんもひどいからね。中田に物申す!」
メンバーたち → w
片山陽加「ほんとに、話の途中に申し訳ないけど、ちぃちゃんも超あらぶってたんです、あの時代。なんか、荒れてたよね(軽くw) ちぃちゃん荒れてたんです」
中田ちさと「あのね、誰に何を話かけられても「うるさい!」って」
小嶋菜月「うそー?」
片山陽加「当たりが強かったので。特に私、たぶん仲が良かったっていうのもあって、当たりがすっごい強かったんですよ。ちぃちゃんのためを思ってと思って言ったことが」
中田ちさと「もっとね、もっとうるさいってなって」
片山陽加「でもそれがおせっかいって凄い思われちゃって。今は仲いいのにね」
中田ちさと「今凄い落ち着いた、お互い」
片山陽加「確かにお互い落ち着いた。お姉さんになったね」

片山陽加「あの時も仲良かったけどね、当たりがお互い強かった」
中田ちさと「そういう時期もあるんだよっていうお話」

[2014年7月20日 チームA「恋愛禁止条例」公演 18時開演]



・高橋みなみと一緒にお風呂入るまではAKBを卒業しない

中田ちさと「私はみなみちゃんのお家のお風呂に行きたいと思います」軽くw
高橋みなみ「勘弁してもらっていいですか?」
中田ちさと「みなみちゃんがほんとなかなか一緒にお風呂にメンバーと入らないので」
高橋みなみ「おかしいでんですよ、この人ね、今日もね、円陣の時もね、ずっと隣にいるメンバーの胸を触るっていうね」
中田ちさと「そうなんです。でもいろんなメンバーの触ったりとかいろいろするんですけど、最終的には全部みなみちゃんに行くっていうのが最終的な目標なので」
高橋みなみ「おかしいでしょ。私の裸見るまでやめられねーとか言ってよくわかんないこと言うんですよ。何を目標に」
中田ちさと「そうなんですよ。いい1個の目標ができたなと思うので、みなみちゃんと一緒にお風呂入るまではAKBを卒業しないで頑張りたいと思います」拍手

[2014年7月19日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・中田ちさとはメンバーのことを意外とよく見ている

# 公演後の感想(オンデマンド)

小嶋菜月「ほんと最近思うのは中田さんがいるMCの安定さ」
中田ちさと「絶対ウソ」
小嶋菜月「ほんとに中田さんがどっか行ってる期間、長い期間MCでめっちゃ悩んだんですけど、今も悩むんですけど、でも中田先輩がいることでMCがほんと安定して、何でもみんな落ち着いて喋れるっていう素晴らしい偉大な先輩と今日出れてとても楽しかったです」
中田ちさと「ウソつけ」
小嶋菜月「ほんとですよ、ほんとに」
中田ちさと「でもね、小嶋さんはね、チームAに入ってきた時に、なっつんは初日からね、こういうMCでさ、グイグイ前に出て、それが初日からずっとそのテンション、モチベーションがずっと今でも続いてるんですよ、毎公演毎公演。初日の時になっつんが「私はチームAになって殻を破りたいんですよ」っていうのを言ってて」
小嶋菜月「えーよく覚えてる」
中田ちさと「覚えてるでしょ。それで、初日にそうやって言ってたことを今でも毎公演毎公演ずっと続けて、ちゃんとやってきてるから」
小嶋菜月「凄い先輩らしい。凄い」
中田ちさと「意外とね、私けっこうね、メンバーのこと見てる自信があるの」
小嶋菜月「やっぱお母さん的存在ですね」
中田ちさと「そういう目で見てるからいろんなことに私は、最近ね、いろんなメンバーのこういうとこあるなとか、凄い思ってるのね」
小嶋菜月「いろんな、その子のその子のとか振ってくれるんですよ、中田さん」

[2014年7月17日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・もし自分が女社長になれるなら

中田ちさと「私は子供が大好きなので、子供のお洋服をできたらいいなと思うんですけど、あとはハムスターを何匹か飼ってて、その中でも今一番お気に入りのハムスターがまなぶっていうんですけど、まなぶくん用のちっちゃい、ハムスターでも着れるようなお洋服も作れたらいいなと思います」

[2014年7月9日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・約2ヶ月ぶりに公演復帰

中田ちさと「若さだけがアイドルじゃない (そうだ!) 大人の魅力で勝負します。ちぃちゃんこと中田ちさとです」声援&拍手
高橋みなみ「おかえり」
メンバーたち「おかえり」
中田ちさと「ありがとうございます・・・はい、ありがとうございます。今日から、お休みしてたんですけど復帰することになりました。この大好きな劇場に、またこのステージに立つことができて、凄く嬉しいです。これからも頑張りますので、これからも変わらずよろしくお願いします(やや涙混じり)」拍手

中田ちさと「でもね、ほんと入院中も、もうこの劇場に立ちたいっていうことばっか考えてたし、メンバー何してるのかなと思って、メンバーがね、より大好きになって。なんか天使みたいになった、心がね」

・岩田華怜の悩み

岩田華怜「相談があって。私、楽屋でロッカーっていうか、着替え場所が隣の中田ちさとさんっていう方がすっごいむやみやたらに私のパイを触ってくるんです」
中田ちさと「でもやっぱそこに胸があるから仕方ないと思う」客w → 拍手

「違うの。なんか横にいて、主張してくるのよ」
岩田華怜「してないよ!」
中田ちさと「この辺が主張してくるから、これは是非私のこのお手手でと」

手繋ぎ挨拶後、最後にひと言

中田ちさと「皆さん今日は本当にありがとうございました。ほんとに皆さんにはご心配をおかけしたんですけど、こうやって無事に公演を最後まで終わることができて凄く安心しています。ほんとにこの劇場が私は大好きなので、ずっとずっとこのステージにこれからも立ち続けていきたいと思っています。これからも中田ちさととチームAの応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」拍手

感想(オンデマンド)

高橋みなみ「ちぃちゃん、改めまして、おかえりなさい」
中田ちさと「ありがとうございます。ただいま」
高橋みなみ「ほんとよ。みんな心配してたよ。メンバーしかりね、ファン人しかり、オンデマンドでご覧の皆さんもね」
中田ちさと「ありがとうございます、ほんとに」
高橋みなみ「どうですか? 今日久しぶりに公演立ってさ」
中田ちさと「なんか、すっごい緊張してて。なんか、新公演ってさ、迎える度に緊張したりとかするけど、そういう緊張じゃなくて、初めてステージに立った時の気持ち」
高橋みなみ「めっちゃ緊張してるやん」
中田ちさと「それって一生さ、初めてだから味わえないことだと思うんですけど、またそういうような気持ちになって」
高橋みなみ「ちょっとした不安もあったと思うんだけど、ファンの人がね、1曲目から」
中田ちさと「1曲目から凄いさ、あったかくて」
高橋みなみ「私、正直、私じゃないんだけど泣きそうになったよ」
中田ちさと「私、泣いちゃった。やっぱり泣いちゃった。楽しみたい気持ちがあったから泣かないようにしようと思ったんだけど」
高橋みなみ「ファンの皆さんの温かさというかね、なかなかさ、お休みしてて会う機会もなかったりするじゃない。こうして劇場公演ね、倍率も今凄いことになってる中で、ちぃちゃん帰ってくるんだっていうのでたぶんね、皆さん来てくれたと思いますし、戻ってくる場所があるっていうのはね」
中田ちさと「幸せだと思いました、ほんとに」

[2014年7月4日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・アルバイトエピソード

中田ちさと「私は高校2年生の時にAKBに入って、高校1年生の時に実際アルバイトしてたことがあって。それが、工場で全身白い、あれを着て、私、洋菓子の工場でアルバイトしてて、巨大冷蔵庫でクッキーとか取り行って、型抜きして、袋に詰めて、何個ずつとか。で、大きな袋に入れてとか、そういうのを、何度もやってたのでだんだん上手くなってって、おばちゃんたちにも「ここのリーダーはあなたに任せたわ」って」客w
高橋みなみ「嬉しいのかどうなのかわかんない」
中田ちさと「そうですよ、得意なので、是非お勧めです、皆さん」

[2014年5月8日 チームA「恋愛禁止条例」公演]



・大島チームKに入って学んだことや、身についたこと

中田ちさと「私はチームKに入って、本当に健康って大事だなって思いました」客w

「私は凄い、年齢についていじられて、この1年半。でも実は明日香のほうが年上で、でも明日香は絶対年齢いじられることも無かったし、凄い健康で。もう何回も明日香の体になりたいと思って。どうしたらいいのかなって」
倉持明日香「口癖ね、ちぃちゃんのね」
中田ちさと「そうなんです。だからやっぱり、明日香の家で生まれて育ったらきっとたくましく」客w
倉持明日香「そういうことじゃない」
中田ちさと「倉持明さんに」
倉持明日香「明から生まれてもこういうことじゃない。明から生まれてないし」客w

「そもそも」
近野莉菜「DNAは入ってますけどね」
中田ちさと「そうですね、だから私の目標はチームKにいる時は叶えなかったので、チームが変わっても、明日香のお父さんにいつか会いたいなっていうのを目標に、また新チームでも頑張りたいと思います」

・千秋楽コメント

中田ちさと「はい、中田ちさとです。私はこのチームKに移籍することが発表された時は、この体育会系のチームKで自分はどう表現していいのか、ついていけるのかなっていうのが凄く不安もあって。私のファンの方もたぶんそう思ってた方も多かったのかもしれないですけど、このチームKで凄いたくさんの大好きなメンバーと出会えて、凄い楽しくて、ほんとにあっという間の1年半だったなと思います。

このメンバーたちと一緒にいて、凄くメンバーと思い出を作れて、凄い大切だなって思って。特にそう思った時が私が1人で仕事をしてる時に悩んだりとか辛くなった時に、ここに帰ってくるとみんなが笑顔で迎えてくれて、何気なく話を聞いてくれたり、そういう時間が凄く楽しくて、私の居場所はここだなっと思えて、凄く幸せに感じました。

でも私はこのチームKでは年上のほうだったんですけど、たくさんメンバーに甘えることも多かったので、これからは、新チームではもっとお姉さんらしく頑張っていきたいなと思います。本当にこのチームにいることができて、ほんとに幸せでした。ありがとうございました」

[2014年4月16日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 11回目 千秋楽]



・体の疲れについて

北原里英「私もありますよ。ちょっとネガティブなんですけど。大きなコンサートをやった次の日の体の疲れがヤバイ。ほんとに違う、去年と。ビックリしたもん。一番最近だったらさいたまスーパーアリーナの次の日公演だったんだけど、できないかと思った、直前まで。マジで。ビックリして」
宮崎美穂「心はやる気あるよ。けど体が言うこと聞かない」
北原里英「でもそれがほんとに去年とは全然違うんですよ。やっぱり。ほんとに歳取ったんだなー」
前田亜美「私もありますよ、歳取った系で」
近野莉菜「待って、歳取ったとかあんま言わないであげて。一番歳取ってる人一番端っこにいるから
宮崎美穂「あっ」
中田ちさと「あ、じゃないよ。里英ちゃんまだいいよ、そうやってコンサートの時にとか、次の日とかでしょ? 私、だいたい毎日」客w
宮崎美穂「じゃー今もけっこうバキバキな感じですか?」客、軽くw
内田眞由美「だってさっきもトレーナーさんにも「ずっと痛い痛い」って言ってた」
宮崎美穂「確かに今日もね、ちょっと治療とかしてましたからね」客、軽くw
北原里英「腰痛持ちだからね」
中田ちさと「そう、腰痛持ち。すみません、皆さん労わっていただいて」
近野莉菜「腰痛って治んないの? ずっと腰痛だからさ」
中田ちさと「中学生の頃から腰痛なんで。いいんです、別に」
宮崎美穂「そういう人もいるんだよね」
中田ちさと「人それぞれだから」
宮崎美穂「そういう体質なんだよ」
中田ちさと「それでも頑張ってんだからいいの」客w

[2014年4月11日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 10回目]



・被災地支援活動エピソード

中田ちさと「私は2012年の9月に岩手県の田野畑村というところに行かせていただいたんですけど、凄く暑かったんですけども、ライブも皆さん一緒に歌って踊って盛り上がってくれて、最後にハイタッチの時に皆さん凄く暑い中並んでくださって、ちっちゃい子とか、小さくちっちゃい折り紙みたいなのに「今日はありがとうございました」って書いてくれて、それを渡してくれたのが凄く今でも大切に取ってて嬉しかったですね」

[2014年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2014~]



・日に日に母性が溢れてる。 (北原里英談)

[2014年3月8日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 5回目]



・さっきひなと萌咲と本番前に話をしてて「どうしてそんなに可愛いの?」って訊いたら「どうしてそんなにお母さんみたいなの?」って言われた。

[2014年3月8日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 4回目]



・ユニット「おしべとめしべと夜の蝶々」に出演

中田ちさと「もうね、何回めーたんを勉強したか」
近野莉菜「やっぱり大堀姉さんを勉強してね、このユニット挑んだんだよね」
中田ちさと「そうなんですよ、めーたんに。あとはあなたにこのキャラ任せたわって言ってくれたんで」
メンバーたち「すごいじゃん」
中田ちさと「武道館か何かのコンサートの時に」

[2014年2月20日 チームK「最終ベルが鳴る」公演 1回目]



・小学校の頃に、英語って中学校から習うじゃないですか。だけど私は小学生の頃からみんなよりも先に英語を習い始めたんですよ。なのに英検5級が落ちてしまって、英語の先生が私の母親に、一生懸命小学校から習ってたのに結果を出すことができずに申し訳ありませんって電話がかかってきて、それを聞いた時に小学生ながら自分申し訳ないな、学力の無さにふがいなさ感じた。

・私はハラミが大好きなんですね。焼肉の中ではハラミだけ食べてればいい、それぐらい大好きで、唯一テンションが上がるのがそれなんですよ。

・やめて欲しいなっていう行動なんですけど。ここにいらっしゃる中田ちさとさんいるじゃないですか。と、すごい密着する時があるんですね、振りで。演出で密着する時があるんですけども、お客さんに見えない側の手で私の胸を揉んでくるんです。 (近野莉菜談)

鈴木紫帆里「それある」
近野莉菜「これぐらいならまだ許しますよ。連打してきますからね。ほんと困るの。すごい笑顔でイェーとかやってんのにそれやられるとなんか笑顔でいられなくなる」客、軽くw
鈴木紫帆里「ちぃちゃんお尻とかも触ってくるもんね」
近野莉菜「嫌なんですよね。やめてください」
北原里英「私もたぶん違う曲でありますよ。でも私の場合は無い同士明るい感じで」客、ざわw
中田ちさと「傷のなめ合い」
鈴木紫帆里「ちぃちゃん的になんか言い分ないの?」
中田ちさと「ちかちゃんとかも、そうやって「やだー」とか言ってるけど絶対嬉しいはずなの」客、軽くw
近野莉菜「嬉しくないでしょ」
平田梨奈「よく曲中で、小林さんの足をスーってめっちゃ触ってるんですよ」
北原里英「誰が?」
平田梨奈「ちぃさんです」
中田ちさと「よく見てるね。ほんとに、ナチュラルにスキンシップの一環としてやってるんですよ」
北原里英「大堀さん化が進んでる」
近野莉菜「めーたん目指してる感じですか?」
中田ちさと「若い子とコミュニケーション取るにはまずそっからこう始めたいなっていうのが思ってます。だからやめません!」客w
メンバーたち「やめないんだ」
近野莉菜「皆さん注目してくださいね。私とちぃちゃんがくっついてる時ですからね」

[2014年2月9日 チームK ウェイティング公演 94回目]



・私はチームBのまゆゆのアンダーで出させてもらってた時の残念少女の衣装が凄く好きなんですね。で、麻友の衣装をやっぱり着る時って、アンダーで。麻友って凄い細いから、いつもギリギリだったんですよ、衣装が。たまにブチっていっちゃったりとかした時もあって、なので衣装が残念少女可愛かったし、着る度にダイエットしなきゃって気が引き締まる感じがして、凄くあの時代は良かったなと思って。また残念少女の衣装着れたらいいなと思いました。

[2014年2月2日 チームK ウェイティング公演 91回目]



・私は飽きっぽいのかなと思って。ちっちゃい頃からそんなに趣味とか無くて、習い事も飽きちゃってたたんですけど、このAKBだけは7年目を迎えることができて、なんか凄く、唯一誇れることだなと思って、これからもこのお仕事は頑張りたいなと思います。

[2014年1月29日 チームK ウェイティング公演 89回目]



・小さい頃に習い事をたくさんやってたんですけど、すぐにやめてしまって。水泳とかそろばんとかピアノとかやってたんですけど、今は泳げないし、そろばんの使い方もわかんないし、ピアノに関しては中学の時にバレーボールをやってて、ボール上げる役割で、指が曲がっちゃって、もうけん盤に届かないんですよ、指が。せっかくピアノすごいいいとこまでいってたのに、何にも弾けなくなっちゃって、お母さんに「ほんとあなたにはガッカリだわ」って言われて。でも唯一AKBはこうやってずっと続けていけてるので、この仕事でちゃんとお母さんに恩返ししたいなと思いました。

[2014年1月18日 チームK ウェイティング公演 88回目]



・私は亜美菜との思い出は私がチームAに昇格したことに亜美菜は先にチームAに昇格してて、私が昇格した時に亜美菜がちぃちゃんがずっと研究生としてはチームAの公演に一緒に出てたけど、こうやって同じチームAになれて凄く嬉しいっていう風に昇格して一番すぐに言ってくれたのが凄く思い出なんですけど。

[2014年1月15日 チームK ウェイティング公演 86回目]



・若さだけがね、アイドルではないから、大人の魅力をこの1年出していきたいなと思って。このチームKで、今日はいないんですけど倉持明日香さんがライバルなんですよ。ライバルっていうか、もう彼女のほうが凄くそういう大人の色気は出てるので、まずは彼女を目指して、そして超えて行けて、AKBで一番の、めーたんみたいな存在になれるように頑張りたいなと思います。

[2014年1月8日 チームK ウェイティング公演 85回目]



・今年のクリスマスはお母さんと2人で鍋

倉持明日香「ちぃちゃんは?」
中田ちさと「お母さんと2人で、赤から鍋作って食べたっていう」
倉持明日香「いつもの休日と変わんない」客、軽くw
中田ちさと「変わんないの」
永尾まりや「ちぃさんほんと赤からですよね」
中田ちさと「1日店長やってるぐらいですから。お母さんと2人っていうのがポイント」
倉持明日香「何のポイント?」
中田ちさと「お姉ちゃんが私いるんですけど、お母さんのことは独占したいから、お姉ちゃんが仕事の間に、調べたんですよ。「お姉ちゃん何時まで仕事?」って言って、「何時だよ」って。じゃーそれまでに帰って、さーって2人でダッシュして鍋作って、2人で食べて、よしみたいな。お母さんこれでもうクリスマス」
倉持明日香「秘密の関係だね。ちぃちゃんにとっては素敵なクリスマスで」
中田ちさと「お母さんと2人で過ごせたのが楽しかった」

・AKB48に入って初めてキレたエピソード

近野莉菜「これからも忘れられない出来事がありました。五大ドームツアーあったじゃないですか。福岡から始まったじゃないですか。コンテナの中でチームKがボンってなってる映像撮りますみたいな言われた時があったんですね。チームKみんな集められて。その時リハーサルの日だったんですけど、みんなメイクしてくださいみたいな言われてて、みんなメイクするじゃないですか。撮影しますってなった時に、隣にちぃちゃんがいたんですね。そしたらちぃちゃんがメイクしてなかったんですよ。えっ?ってなるじゃん」
中田ちさと「違う。薄めね、薄め」
近野莉菜「私にはメイクしてないように見えたの。だから「ちぃちゃんメイクしなよ」って言ったの、普通にふざけて。そしたら「しなくていいって言われたの!!」ってキレられたの」客w
メンバーたち → w
近野莉菜「なんかさ、普通にさ、ふざけてオチャラけて言ったからさ、普通にふざけて返ってくるかなと思ったら本気で返って来ちゃって。なんかすみませんみたいな。初めて」
中田ちさと「だから、私AKB入ってキレたんです」客w&拍手
近野莉菜「だからこっちもキレられるなんて思わないから」
宮崎美穂「待って。あのさ、キレる要素どこ?」客w
中田ちさと「ビックリし過ぎて」
宮崎美穂「何が嫌だったの?」
中田ちさと「そのことじゃなくて私自身がちょっとストレス溜まってたんじゃないけど、ほっといて欲しかったのにチャチャを入れてくるから」
近野莉菜「そういうの入れちゃうタイプだしね」
中田ちさと「ごめんなさいね、申し訳ない」
近野莉菜「一生忘れないわ、これ」
宮崎美穂「怒らせないようにしようね」
近野莉菜「いたわってあげて」
宮崎美穂「大切に扱おう」
中田ちさと「歳だから、よろしく」客w

[2013年12月25日 チームK ウェイティング公演 84回目]



・島田のことが好き的なことを言い過ぎて、最近「島田のファンから嫌われてるんだよね」って病んでた。 (宮崎美穂談)

中田ちさと「私のファンの方もけっこう嫉妬するって、島田に」
宮崎美穂「付き合ってるんですか? 付き合ってないですか?」客w
中田ちさと「付き合ってるわけないでしょ」

[2013年12月16日 チームK ウェイティング公演 81回目]



・新キャッチフレーズ披露 「若さだけがアイドルじゃない、大人の魅力で勝負します。ちぃちゃんこと中田ちさとです。よろしくお願いします」

[2013年12月15日 チームK ウェイティング公演 79回目]



・4期生で「涙の湘南」を披露

中田ちさと「初めてこのステージに立った曲がこの「涙の湘南」だったんですよ」

[2013年12月8日 AKB48劇場8周年特別記念公演]



・私は小さい頃は幼稚園の先生にずっとなりたかったんですよ。で、高校卒業する時に、ほんとに大学に、幼稚園の先生になるために行こうか悩んだんですけど、どうしても子供に好かれなくて、諦めてしまったので、このお仕事でいつか子供と接するお仕事がこれからできたらいいなと思ってます。

・サッカーが好き。阿部マリアに会うとサッカーの話をよくする。

阿部マリア「でも2人ともサッカーが好きで」
倉持明日香「よくサッカーの話してる」
阿部マリア「会うとサッカーの話しかしてない」
中田ちさと「熱が上がって「昨日の試合見た?」みたいな」
倉持明日香「ちぃちゃん基本怒り気味だもんね」客、軽くw

「サッカーに対してはね、熱くなっちゃう」
中田ちさと「そこで勝てよ。シュート入れろよとかすごい言っちゃう」
倉持明日香「あそこで入れるべきだよねってこの間言ってたもん、ちぃちゃんが。解説者みたいになったもんね」

[2013年12月2日 チームK ウェイティング公演 77回目]



・私はとも~みちゃんと優子ちゃんがやっていた「禁じられた2人」という曲がすごく大好きで。その曲を聴いて、AKBに入りたいなっていうきっかけの1つの曲にもなったので、その曲を聴いて、AKBに受けて受かって、きっといつか自分もそのユニットできるんだろうなと思ってたらできないまま6年半経ってしまったので、いつかはしまちゃんと一緒にやりたいなと思う。

[2013年11月15日 チームK ウェイティング公演 72回目]



・好きなアイス

中田ちさと「私はですね、ほんと私ピンクが大好きなんですよ。色だとピンクが好きなんだけど、イチゴが苦手なのね。だからちっちゃい頃からアイスだけはやっぱりピンク大好きだけど、やっぱりチョコにしたいなっていう」
佐藤亜美菜「たしかにちぃちゃんはチョコ食べてるイメージ多いな」
中田ちさと「そうなの。だから、もう23歳にいい加減なったから、ちゃんと、ピンク色のアイスも食べれるように」

[2013年11月4日 チームK ウェイティング公演 69回目]



・私は21歳の誕生日を迎える時に、ちょうどAKB48がベトナムでライブをする時があったんですけど、私はその時メンバーに入ってなかったんですけど、ほんと2日とか前日にベトナム行きが急遽決まって、私ベトナムで誕生日過ごすんだと思って、どうしようと思ってたんですけど、朝まず空港に着いたら宮澤佐江ちゃんがケーキの帽子を被って登場してくれて、お祝いしてくれて。それであと峯岸みぃちゃんと小嶋さんがその当日に私が誕生日ってこと知って、空港で急いでペンと紙を買ってくれて、飛行機の中で書いてくれてて、ベトナム着いたらメッセージカードもらったんですよ。ハガキで見開きになってるやつに1人ずつ書いてくれて、すごく嬉しかったんですけど、やっぱ慌ててたんでしょうね、250円ってしっかりと値段が付いててすごくビックリしたんですけど、すごい素敵な誕生日でした。

[2013年10月31日 チームK ウェイティング公演 66回目]



・ぶっちゃけマジで、掃除機とかやると腰辛いけど。

[2013年10月30日 チームK ウェイティング公演 65回目]



・(理想の女性像) 香菜ちゃんと一緒で明日香なんですけど。明日香とは同期なんですね。だけど6年ぐらい前、研究生の頃から私は明日香になりたいってずっと言っていて、その想いが6年経っても全然変わらなくて、今でもずっと思ってて、明日香みたいに何事も器用に、そして誰にでも優しくできるような、そんな女性に私もなれるように、同期として追いつけるようにがんばりたいと思います。

[2013年10月20日 チームK ウェイティング公演 62回目]



・(昨日の握手会) 私、実は昨日で昇格して、研究生から、5周年の日だったんですね。みなさんが教えてくれて、朝からコメントで。たくさんの方に、この間お誕生日っていうのもあったけど、それと昇格5周年おめでとうっていうの言ってもらって、たくさんのおめでとうを言ってもらって嬉しかったですね。

[2013年10月20日 チームK ウェイティング公演 61回目]



・地方のテレビすごい得意って言ってた。 (永尾まりや談)

・高校は普通に一般の高校に通っていたが、超バカな高校で、名前さえあれば入れる高校だった。ちぃちゃんも同じ高校だった。ちぃちゃんは1つ年上で先輩だったが、幸が薄く、影が薄く、その存在に気づいてなかった。 (小林香菜談)

◆中田ちさと 23歳の生誕祭

・進行役は島田晴香

・お母さんからのお手紙 (内田眞由美が代読)

「ちさとへ。23歳のお誕生日おめでとう。

ちさとがもう23歳になったなんて、とても不思議な気がします。

小さい時からいつもお姉ちゃんと家の中で歌って踊ってましたね。

AKBに入りたいって言った時は正直驚きました。恥ずかしがり屋で、人見知りだから。

人生は一度きり。後悔しないように歩んで欲しいといつも願っていたので、自分で決めた道を追いかけるちさとの一番の応援隊長になって見守っていこうと思いました。

今まで悩んだり、泣いたりしてきたけれど、たくさん得るものがあったと思います。これからも周りのみなさんに感謝することを忘れずに、1人の女性として輝いてくださいね。

「少し前に誕生日はどうする?」って訊いたら、「もう子供じゃないんだからいいよ」って言われたけど、私にとって、大切な日なんだよ。

私の子供に生まれてきてくれてありがとう。母より」客、拍手

中田ちさと「お母さんはね、自分よりも大切な存在だと思ってるので」

・23歳の1年はどんな年にしたいですか?

中田ちさと「この1年はいろんなお仕事をさせてもらって、地方営業というか、いろんな地方にもたくさん行かせてもらって、そういう場所でいろんな出会いがあって。そういう出会いって、ずっと続いて行くものなんだなっていうのをすごく私お仕事を通してこの1年感じることができました。なので、人との繋がりっていうのはずっと大事にしたいなって思いました。

あとは、私、不器用なので、みなさんは知ってると思うんですけど、だから、周りにはやっぱり、メンバーも器用な子とかもいっぱいいるから、私もこうなりたいなとか、こんな風にみんなみたいにできればいいのになとか、考えてしまうこともあるんですけど、これも含め私なので、なんか私らしく、やっぱり個性を出して行かなきゃいけないと思うし、人と同じことはしたくないし、同じポジションにもいたくないし、だからちゃんと、もっともっと自分を見つめ直して、自分らしさとか、自分のスタイルっていうのをもっとちゃんと見つけていける年にできたらいいなと思います」客、拍手

・素敵な生誕祭を開いていただいたファンのみなさんへひと言

中田ちさと「今日はこんな素敵な生誕祭を開いていただいて、ありがとうございます。

なんだろうな、なんか、もう23歳に自分がなったんだなと思うと、生きてきて、23年間早かったなって、あっという間だったなと思うんですけど、AKBに入ってからのこの6年間はやっぱり今まで生活してきた中が一変して、ほんとに毎日毎日が濃くて、毎日が刺激的で、辛いことも楽しいこともたくさんあったんですけど、AKBの活動のそういう想いの中にはやっぱりすべて、応援してくださってるみなさんがいつもいたなっていう風に改めて感じてます。

みなさんがほんとにいてくれたから、ずっとずっとがんばってこれたし、毎年毎年こうやって生誕祭を、生誕祭の時がくる度にみなさんへの感謝の気持ちっていうのは毎年毎年大きくなってきてます。

もう23歳になったので、これからもっとちゃんと、心配かけずに、安心して応援していただけるように、もっともっとちゃんと安定したお仕事というか(軽くw)

もうちょっときちんとちゃんと自分らしさを見つけて、がんばっていけたらいいなと思うので、これからも変わらず応援よろしくお願いします」客、拍手

[2013年10月9日 チームK ウェイティング公演 58回目]



・初めて買ったCDは「桜の花びらたち」

[2013年10月6日 チームK ウェイティング公演 57回目]



・体力がなく、寝れなくなってきている。

・朝方になるとさ、ちょうど夏はさ、朝早いじゃない、明るくなるのが。その時間まで待って、明るくなってきたなと思ったらベランダ出るので。空に話しかけるの。

小林香菜「待って待って。大丈夫?その話しても」
倉持明日香「空になんて話かけるの?」
中田ちさと「だから、おはようって言って」
近野莉菜「最近一定の時間に目が覚めるようになったんだって」
倉持明日香「何時なの?」
中田ちさと「5時半ぐらい」客、軽くw

[2013年10月1日 チームK ウェイティング公演 55回目]



・小林香菜と中田ちさとは同じ高校だった。

小林香菜「芸能学校とかじゃないのに、たまたまなぜかちぃちゃんと一緒だったんだよね」

[2013年9月17日 チームK ウェイティング公演 54回目]



・私はバンジーを跳んだことがあるんですよ。私、ジェットコースター乗れない、坂道も無理なんですよ。車とかで坂道とか、道とかあれも無理だし、エレベーターとかでたまに外が見えるガラスで透明になってるエレベーターが下りたりするのも無理だし。ほんのちょっとのふわっていうのも無理な私が跳んだんですよ。週刊AKBって番組で、中田ちさと特集っていうのやってもらったことがあって。跳んだのに対して話題になんなくて。日本一高いとこ、群馬県かどっかの。

ずっと励まされてたの、後ろの人に。中田さんならできますよ。中田さん、今までがんばったことありますか?

[2013年8月30日 チームK ウェイティング公演 51回目]



・私は才加ちゃんとの思い出は、いつも楽屋で才加ちゃんが着替える時にとっても素敵なプロポーションを惜しげもなく披露してるんですけど、披露してるつもりはないけど、みんなで着替えるんで、やっぱそういう時にほんといっつもキレイだなと思って、ずーっと見てたんですよ。才加ちゃんに言ったことないんだけど。なんで、それもやっぱりあの楽屋で見られるのも最後なのかなと思うと、すごくちょっと悲しい、寂しい気持ちになったので、今日はステージでも目を合わせるのも大事なんですけど、楽屋でずっと才加ちゃんの着替えをガン見したいと思います。

・秋元才加のキレイな言葉遣いを見習い、その言葉遣いをブログでパクって使っている。

[2013年8月28日 秋元才加 卒業公演]



・私のともちんさんの思い出は、私が19歳ぐらいの時に初めて髪の毛を染めたのがともちんさんの存在があったからなんですね。それで、当時私がチームAの時だったんですけど、公演のMCで「私、ともちんさんみたいになりたい」って言ったら、初期メンの佐藤由加理ちゃんが「ちぃちゃんは黒髪だから無理だ」とバッサリ切られた時に、私はもう染めようって決意して。それぐらいともちんさんってやっぱり当時から女の子の憧れの存在であったなってすごく今振り返ると思うので、これからもともちんさんには女の子の憧れの代表的な、そういう存在にこれからもずっとずっとなってくれたら私は嬉しいなとすごく思いました。

[2013年8月27日 板野友美 卒業公演]



・私はお煎餅が大好きなんですけど、私、1歳になる前から歩いてたんですよ。9ヶ月10ヶ月ぐらいから。その頃から片手にお煎餅を持って歩いてバリバリバリバリ食べてて。大好きだったみたいで、ずーっと手に持って。あまり固くないお煎餅を与えてたみたいだけど、もうその頃から今ね、22歳になってもずっと食べ続けてて。一番食べてる食べ物かもしれないです、生まれてから。

中田ちさと「幸せだなと思った、お煎餅に出会えて」

・私はですね、「ありがとう」という言葉が大好きなんですね。言われるほうも言う側も当たり前のようになってる言葉かもしれないけど、大事だなと思ったんですよ。でね、ありがとうっていう曲のタイトルがチームBの「アイドルの夜明け」公演の曲にあるんですよ。私その曲を歌う時にいっつもなんか涙しちゃったんですよ。その時に私が泣いてると指原莉乃ちゃんも一緒に泣いちゃったんですよね。さっしーは私が卒業すると思ったみたいで泣いちゃったんだけどね、意味は違ったんだよね。

[2013年8月18日 チームK ウェイティング公演 50回目]



・私は荷作りが趣味なんですけど、よく地方にお泊り行くことが私多いんですけど、いかにたくさんの荷物をキャリーケースの中に入れられるかっていうのをいつもやってるんですけど、ほんとに上手なんですよ、私。家の中の収納とかも、すごい上手い具合にスペースを作ってできる。

・平田梨奈に「お母さん」と呼ばれる。

[2013年7月25日 チームK ウェイティング公演 48回目]



■ナツイチ2013 課題図書
おばさん未満
おばさん未満 (集英社文庫)

読書感想文 (2013年8月17日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/nakata_chisato/



・私は子供が大好きなんですよ。それで、高校卒業する時に保育士の専門学校に行こうか、ギリギリまで迷ったんですけど、私、絵が描けないとか子供に好かれないっていうのに気づいて、ちょっと諦めちゃったんですけど。でもほんとに、まだ好きなんですよ、子供が。だからなんかそういう子供と係われるようなお仕事がこれからもできたらいいなって思ってます。

・川栄李奈ちゃんが持ってる英検5級が私落ちちゃって、私持ってないんですよ。

・カレーは具なしカレーが好き。

[2013年7月12日 チームK ウェイティング公演 47回目]



・(握手会エピソード) 前、チームAにいる時に私がこのステージで「ちょっと胸毛が生えてる人ってセクシーだな」っていう話をしたんですよ。「ぜひ、生えてるよっていう方はぜひ私に見せにきてください」って言って。言ったらほんとに来てくれて、何人か来てくださって、ちょっと見せていただいて。

・ちぃちゃんのファンの方って、ちょっとなんかね、不思議な人が多い。エッチな人が多いということを握手会で気づいた。 (小林香菜談)

[2013年7月8日 チームK ウェイティング公演 46回目]



・飼ってるハムスター(ジャンガリアンハムスター)がすっごいかわいい。ハムスター界のこじはるさんって言ってる。

[2013年7月4日 チームK ウェイティング公演 44回目]



・小林香菜「ちっぱい、ちっぱい」

[2013年6月30日 チームK ウェイティング公演 42回目]



・フェチ:私は慣れた感じでネクタイ結べる人とか素敵だなって思う。

[2013年6月23日 チームK ウェイティング公演 40回目]



・最近気づいたというか、昨日ムーサのイベントで、私の事務所のイベントで気づいたことが、中田ちぃちゃん。ほんとは弱虫ちぃちゃんだと思ってたんです。けど、昨日のイベントですごい、長女らしく仕切ってたり、しっかりした一面を初めて見たんです。すごくやっぱり真面目で、いいお姉さんになれそうだなと思いました。 (内田眞由美談)

・「今日はですね、やっぱり私は個人的にはチームAからKになってから、チームAの時に私はMCを克服するっていう目標を立ててやってて、チームKにきて、最初の頃はなかなかメンバーとのコミュニケーションじゃないけど、言葉遣いが私悪いって言われるんですよ、それで、たまに島田にこうなんか言ったら「いじめっぽく聞こえるから」とか言われたりもしたりしたこともあって。なんだろう、やっぱその時に、好きだけど伝える言葉とか、そういう気持ちとか大事だなっていうのにこのMCとかを通してすごく私は思ったので、歌の歌詞とかもそうなんですけど、MCとかでも1つ1つの言葉ってほんとに大事だなと思って、こうやってステージで立って、伝えて行く人間として、やっぱり1つ1つの言葉を大事にこれからもこのステージで公演をしていきたいなということに、チームKになって、ほんと改めて思いました。メンバーそれぞれ個性もあるし、新しいチームKこれからももっともっと盛り上がっていきたいし、私自身ももっとちゃんと前に出て行けるように、これからもがんばっていきたいと思いますので、みなさんぜひまた遊びにきてください。ありがとうございました」客、拍手

・我慢強い。

[2013年6月21日 チームK ウェイティング公演 38回目]



・前回の公演が500回公演だった。今日は501回目の公演。

・ユニット「キャンディー」に出演

中田ちさと「私はでも「誘惑のガーター」もやりたいなっていう気持ちもあったんですよ」
前田亜美「言ってたもんね」
中田ちさと「もう少し腰痛を治しますね」客w

・「私は水着の種類とかどうでもいいの。とことん盛れるやつがいい」

[2013年6月18日 チームK ウェイティング公演 37回目]



・私はプロレス女子です。プロレスをやるわけではないんですけど、プロレスを見るのが大好きなので、AKBで言うともっちぃさんやちぃちゃんが好きだと思うんですけど、ぜひプロレスをその3人で見に行けたらいいなと思います。 (小森美果談)

[2013年5月30日 チームB ウェイティング公演 36回目]



・将来リポーターのお仕事をしてみたいなと思っていて。

[2013年5月8日 チームK ウェイティング公演 33回目]



・「目撃者」公演に初めて出た時に、たぶん緊張を崩そうとしてくれたのか、中田ちさとさんが「一緒にお風呂入ろうね」って言って。公演の自己紹介MCの時に言われて、緊張一瞬でほぐれましたね。 (村山彩希談)

[2013年5月6日 研究生「パジャマドライブ」公演 29回目]



・川栄りっちゃんが英検5級持ってるっていうの聞いて、私、英検5級落ちちゃってて、すんごい焦っちゃったんですよ。りっちゃんには負けたくないと思って、とにかく早く、一刻も早く取得したいと思います。

・ちぃちゃんはお煎餅の匂いしかしない。 (佐藤亜美菜談)

・プールとかの塩素の匂いが好き。

[2013年4月30日 チームK ウェイティング公演 32回目]



・私は河西智美ちゃんが私大好きなんですけど、とも~みちゃんの歌ってる姿、泣いてる姿、笑ってる姿、普通に会話している表情とか公演でのパフォーマンスとか全部が大好きで、かわいさと大人っぽさ両方を兼ね備えているスーパー女子だと私は思っているんですけど、とも~みちゃんともっともっといろんな話をしたいなと思うんですけど、目も見れないぐらいで私、照れちゃうんですけど、いつもね、ライブのDVDとかとも~みちゃんが映った瞬間ずっと一時停止して、それを写真で撮ったりとかするぐらい大好きなんですけど。

[2013年3月28日 チームK ウェイティング公演 31回目]



・松原夏海「私とちぃちゃんもね、一緒に行ったんですよ」
中田ちさと「岩手県の田野畑村に行かせていただいたんですけど、私たちは夏ぐらいだったよね」
松原夏海「夏だったね」
中田ちさと「水鉄砲をライブの途中にみなさんにこうやってやって。ちっちゃい子たちもすごいそれでワー、お水だって言って」
松原夏海「でも初めて水鉄砲でそういうことをライブでやったからちょっと上手くできなかったね」
中田ちさと「そうなんですよ。なかなか遠くに飛ばなくて」
松原夏海「ここだけでピューって」
中田ちさと「たかみななんかずっと一生懸命やってるんだけどなかなか出ないで、終わっちゃった」
松原夏海「もう1回行きたいよね」
中田ちさと「そうですね」

[2013年3月11日 東日本大震災復興支援特別公演]



・影が薄い。 (小林香菜談)

・感想MC、28回目の公演にして初めて当たる。

[2013年3月6日 チームK ウェイティング公演 28回目]



・ティッシュ配りをしているお兄さんとかってよく街中にいるじゃないですか。それで、けっこうもらってもらってってしつこく言ってくる方とかいるんですけど、私もらわない派なんですね、いつも。で、この間も街歩いてたら「たぶん私に渡してくるな」っていうお兄さんがいて、下向いて歩いてたら、「もらってください、中田さん」って言われたのがすごくビックリして。その時は思わずもらっちゃいました。

[2013年2月19日 チームK ウェイティング公演 23回目]



・煎餅あげときゃ機嫌良くなる。 (佐藤亜美菜談)

・朝非常に影が薄い。 (小林香菜談)

[2013年2月15日 チームK ウェイティング公演 22回目]



・幼稚園の先生になりたいっていう夢がほんとにあったんだけど、子供に好かれないっていう現実を見てやめました。

[2013年2月12日 チームK ウェイティング公演 21回目]



・ちくわの磯辺揚げが大好きです。あとはもやしとキュウリとレタスという基本的にちぃちゃんは1つ1つの食材に栄養価があんまり無いものが好きなんだねって言われたんですけど、ほんとにその通りで・・・。

・この間ちぃちゃん家に泊まりに行ったんだけど、その時もずーっとそのハムちゃんに話しかけてるのね、私がいても。かわいいねー、かわいいねーってずっと言ってるよ。 (内田眞由美談)

[2013年2月1日 チームK ウェイティング公演 20回目]



・切実に栄養不足と思っている。2013年の目標は健康。

[2013年1月21日 チームK ウェイティング公演 19回目]



・一番好きな公演曲はA6th「目撃者」公演でやってた☆の向こう側っていうユニット曲。自分も歌ってて大好き。今までは禁じられた2人が大好きって言ってたんですけど、やっぱり自分が歌ってる曲をアピールするのは大事だなって、やっぱ思ったんですよ。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 18回目]



・小倉優子さん、小森純さんが好き。2人ともすごい料理が上手い。私もこれから料理をがんばっていきたい。

・異性のドキっとする仕草:背が低いんで、上から見下ろされるじゃないけど、私が見上げる感じが好きですね。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 17回目]



・東京ドームで組閣発表があった時に、私がたぶんチームKになるっていうイメージがメンバーの中に無かったみたいで、戸賀崎さんが「チームK・中田ちさと」って発表した瞬間にメンバーに大爆笑された。

[2012年12月28日 チームK ウェイティング公演 15回目]



・以前「ちーめろでぃー」というあだ名があった。佐藤亜美菜が考えたものだったが、佐藤はそのことを覚えていない。

・昨日のAKB48紅白対抗歌合戦で「元祖ちーめろでぃー」と言ったが、たいして誰も反応してくれなかった。

[2012年12月18日 チームK ウェイティング公演 13回目]



・昇格した時のことなんですけど、2008年10月19日だったと思うんですけど、チームAのA5th公演の初日の日に私、昇格したんですけど、あまりにもまさか初日の日に昇格発表があるっていうのもビックリで、ほんとにひどい顔だったんですよ、泣き顔が。ほんとにブッサイクで、見る度に、お母さんは今でも大切に取ってあって、たまに見てるんですけど、それが私嬉しいんですけど、昇格は。でもほんとに顔がひどかった。

・来年は泣き顔がキレイな女性になりたい。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 12回目]



・昨日の劇場7周年公演では4期生の5人でBINGO!をやらせていただいた。その時にみんなで着た衣装が3年ぐらい前のコンサートで着てた衣装で、着るのがすごく久しぶりだった。それで着てみたら、ものすごいゆるゆるになってて、嬉しかったんですけど、その当時19歳ぐらいの時、どんだけパンパンだったんだろうっていうのをすごい思った。

・大家と島田は男の子として見てる。

・島田晴香:いつもボディータッチは激しいなと思ってたんですけど。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 11回目]



・飼ってるハムスターは贅沢ハムスター。ほんとにいいもの食べさせてるが、相手にしてくれない。お母さんには餌やりババァにしか思ってないよって言われて。餌あげる時だけはくる。

・お煎餅ボリボリ食べてる。 (宮崎美穂談)

・(島田晴香に)よく「うるせーよ」って言ってる。 (松原夏海談)

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 10回目]



・昨日の握手会では「昨日Mステ見たよ。あまり映ってなかったね」と言われてしまった。せっかくじゃんけん選抜に選ばれたので、ちゃんとワンショットでカメラさんに抜いてもらえるように表情豊かにがんばりたいなと思いました。

・もし海の生き物になるなら人魚姫になりたい。
松原夏海「でも人魚姫って言う歳じゃないじゃん」

・小林香菜:中田ちさとが「みんなが海の生き物になるなら何になりたいですか?」というお題を考えるも、「このMCつまんなくない?」と全否定。

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 9回目]



・カルビが大好き。焼肉屋さんに行ったらカルビだけでいいってぐらい好き。

・お寿司食べれない。お寿司屋さん行ったらかっぱ巻きを食べる。

[2012年11月29日 チームA ウェイティング公演 8回目]



・2、3年前にチームAの昇格したばっかりの頃にチームBのまゆゆのアンダーに出させてもらった時期があった。その時に全部まゆゆの衣装を着てて、入ったことが今思うと奇跡だなと思う。でも1回は腕上げた時にプチってやっちゃったんですけど・・・。

[2012年11月21日 チームK ウェイティング公演 5回目]



・お部屋がキレイなことがすごい自慢。

・ハムスターを飼っている。

・荷造りが大好き。旅行に行く時とかのスーツケースあるじゃないですか。あれをいかに限られたスペースの中にたくさん入れれるかっていうのを私すごいいつも、出かけないのに1人でずっと詰めて出したりやってる。

[2012年11月11日 チームK ウェイティング公演 4回目]



・もともと腰痛持ち。

・チームAの時は片山陽加ちゃんがいて、はーちゃんがよく昭和とかババァとか言われてた。私はその次のババァって言われる側だったから、あんまり目立たなかった。でもチームKになって、けっこう何人かが「ちーバー」って呼ぶんですよ。

[2012年11月11日 チームK ウェイティング公演 3回目]



・近野莉菜「ちぃちゃんってこんなキャラでしたっけ?」
中田ちさと「もうふんわりわたあめはやめたんで」

[2012年11月7日 チームK ウェイティング公演 2回目]



・18歳の時にチームAに昇格してから今までずっとチームAできてて。その時にたかみなキャプテンから学んだことがたくさんあって。今回チームKになったのもすごい自分の中でチャンスだと思ってる。

・チームAでいじってもらって前に出て行けるようになった。

[2012年11月1日 チームK ウェイティング公演 初日]



高橋みなみ:ちぃちゃんのキャッチフレーズが嫌い。「だって、ふんわりわたあめじゃないんだから。「最初ちぃちゃんのこと知らない時は、なんか、ちょっとこう大人しいというか、ふわふわしたいんだなーとか、そういう天然なキャラなのかなと思ったら、ただのド変態でした」

・ふんわりわたあめじゃないことを自覚している。

[2012年10月29日 「目撃者」公演 104回目 千秋楽]



・「目撃者」公演中に高橋みなみのことを「たかみなさん」から「たかみな」と呼べるようになった。

・松原夏海のことは「なっつみぃ」と呼べずに「なっつみぃさん」と呼んでいる。

・ちくわの磯辺揚げが大好き。

仲谷明香 21歳の生誕祭にて、自身が書いてきた手紙を仲谷に向けて読み上げる。

「なかやん、21歳のお誕生日おめでとう」BGM:桜の木になろう

「なかやんと初めて会った時は私はまだ研究生だったんだけど、ダンスの振りがわからないのに誰も訊けない時とか、なかやんはすぐに気づいて教えてくれたよね。なかやんとは最初チームは違ったけど、同じ事務所に移籍することですごくいろんな話をするようになったし、仲が深まったよね。」

「上手くいかないことがあったり、悩んだり、言いたいことをなかなか言えない私だけど、なかやんには自然と話せたし、今でもすごく信頼しています。それにいつも私のくだらない話を聞いてくれて感謝しています。ありがとう。」

「今年は総選挙で36位と37位で続けて呼ばれて嬉しかったし、声優選抜に入ったり、なかやんの夢である声優のお仕事がどんどん増えたり、それになかやんは非選抜アイドルという本を出して、すごく売れましたね。」客w

「着実に夢に向かって進んでるなかやんを見て、私もがんばらないとってすごく刺激を受けてます。そんながんばり屋で優しいなかやんだけど、食べ物に関してはめっちゃ厳しくて、ずっと前だけど私がなかやんが食べてたキュウリを食べようとしたらすごく怒られたのが」客w

「すごく怖かったです」客、軽くw

「今でもすごく覚えてます。もうキュウリは食べません。」客w

「あの時はごめんね。これからも楽しいことも辛いこともいろんなことあると思うけど、お互いがんばろうね。新チームでもよろしく。ちぃちゃんより。」客、拍手

[2012年10月23日 「目撃者」公演 103回目]



倉持明日香:この公演が始まって2年、ある曲のあるタイミングで、後ろを向いてることをいいことに、中田ちさとちゃんがいっつも胸触ってきた。それに悩まされ続けて早2年。

高橋みなみ「何がふんわりわたあめだよ」
[2012年10月19日 「目撃者」公演 102回目]



・今日大島涼花ちゃんが制服を着て、今日劇場に来ていた。現役中学生ってことで、制服を着てるだけで無言の現役アピールにすごい私は刺激を受けました。

[2012年10月11日 「目撃者」公演 101回目]



・赤から鍋を岩佐美咲とよく食べに行く。

・ちくわの磯辺揚げが大好き。

・素麺が好き。揖斐の糸が大好き。今家に10袋ぐらいストックしてあり、毎日食べている。

・中学校時代バレーボール部に所属していた。ポジションはボールを上げる人の練習相手。3年間補欠だったが、朝5半から体育館でネット張っていた。

[2012年10月7日 「目撃者」公演 97回目]



・明日香になりたい。デビューのひまわり組の公演の時からずっと言ってる。同期だけど、やっぱりね、完璧なのね、明日香ちゃんは私にとって。人柄がいい。人間的な温かみがある。

・最近、二言目にすぐ明(倉持明)と言う。
倉持明日香:例えば「あっ、いいよ、ちぃちゃん先食べて」みたいな言うと「やっぱ倉持明は違うわ」って。

[2012年10月2日 「目撃者」公演 96回目]



・ちっちゃい時から保育士さんになるのが夢だったが、どうも子供に好かれなくて諦めた。

・子供にも好かれないし、犬にも好かれない。犬も好きなのに好かれない。

・1曲目「目撃者」、もともとは一番のサビ、センターだったの。私のこの公演の唯一のセンターが無くなってしまったという。

(2012年9月22日 「目撃者」公演 97回目)



・じゃんけん大会で、選抜が決まる3回戦で市川美織と対戦して、勝利した。その2日後、市川に撮影で会い「選抜おめでとうございます」と言ってくれた。私のこと大っ嫌いだと思ってたんで、そうやって言ってもらって良かったなって思った。

・じゃんけん大会の中田ちさとの衣装(女医さん/ランジェリー風)
高橋みなみ「変態みたいな格好してた」
中田ちさと「麻里子様にも「恥ずかしくないの?」って言われた」
小嶋陽菜「私、ちぃちゃん一瞬も見てなかった」

・じゃんけんは拳を合わせてたら、ほんとに浮かぶんですよ、相手が何出すか。ここ1年ぐらいの集中ぐらいの勢いで。

・じゃんけん大会は「私ほんとに、ほんとにね、焦りを感じてがんばったんですよ。」

(2012年9月21日 「目撃者」公演 95回目)



・コンサートの時に「ちぃちゃん」って呼んでくれる声にすごい反応したい。でも同じチームAの大家志津香は「しーちゃん」で紛らわしいので、しーちゃんのことは「大家さん」って呼んでください。

[2012年8月20日 「目撃者」公演 90回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND