FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

AKB48倉持明日香 (プロフィール・キャッチフレーズ・画像・生誕祭・エピソード・発言集)

名前:倉持明日香 (くらもちあすか)
ニックネーム:もっちぃ
生年月日:1989年9月11日
出身地:神奈川県
血液型:A型
デビュー期:AKB48第4期
Google+


■キャッチフレーズ

■生誕祭レポート
研究生・倉持明日香 生誕祭(9/12 ひまわり組「僕の太陽」71回目)
倉持明日香 19歳の生誕祭(9/10 チームK 4th 72回目)
「私をAKBに置いてください」倉持明日香 20歳の生誕祭(9/12、チームK 5th 44回目)
『まさかの手紙ドッキリ』倉持明日香 21歳の生誕祭(2010/09/13、チームA6th 9回目)
「今年は本物」倉持明日香 22歳の生誕祭(2011/09/13、「目撃者」公演 52回目)
倉持明日香 23歳の生誕祭(2012/09/11、「目撃者」公演 94回目)
倉持明日香 生誕祭 お花画像 (2013/09/17)
倉持明日香 24歳の生誕祭 (2013/09/17、チームK)
AKB48倉持明日香 25歳の生誕祭(Google+)
AKB48倉持明日香 25歳の生誕祭(お手紙&コメント)

■エピソード集&発言集


倉持明日香が最近一番楽しいことは、うめたんと遊ぶこと

倉持明日香「私はですね、最近うめたんと遊ぶことが一番楽しいんですけど、うめたん言ってくれると思ったら真っ先に劇場公演が楽しいって言われて、内心凄く傷ついてたんですけども、ほんとにね、私は一番楽しいんですよ、今」
小笠原茉由「一方的じゃないですか」
倉持明日香「でも一方的だと思うじゃん。でもうめたんからメールとかがくるんです。2日とかシカトされてるんです、メール(w) でもね、急にフレンチ・キスの思い出せない花っていうシングルが発売されたんですけど、写真撮って行ってきましたとか、TSUTAYAとかの写真送ってきたりとか、2日後とかにくるわけですよ、メールシカトしてたくせに。やりよるなと思って。なかなか私は振り回されてるわけですよ、15、6歳の子に。10歳ぐらい歳が違う子に振り回されてるわけなんですけども、今日もあんまり相手にしてもらえなくてね、追っかっけてたんですけど逃げられたわけですよ。逃げ込まれて鍵閉められたので、全然話せてないんです、今日。だから有り余った愛を今日はこの劇場で発散したいなと思ってます」

[2014年10月27日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



倉持明日香は大島涼花の髪が伸びると、怒る

福岡聖菜「(彼氏にするなら)私も涼花さん。凄い優しいし紳士なんですけど」
大島涼花「紳士ですか?」
福岡聖菜「ちょっとヤンチャなところがあって、そのギャップがいいかなと」
大島涼花「ありがとうございます」
高城亜樹「明日香ちゃんとか「りょうくん」って呼んでる」
大島涼花「そうなんですよ。髪伸びると倉持さん怒るんですよ。何で髪伸ばしてるの?って真顔で言ってくる」
川本紗矢「髪の毛をショートにする気はないんですか?」
大島涼花「今迷ってるんですよ」
川本紗矢「倉持さんが喜びますよ」
大島涼花「じゃーやってみようかな」

[2014年10月20日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・一番好きなアーティストは19

・生誕祭の前に19の「卒業の歌、友達の歌」の歌詞をツイッターでリツイートしたら「あっ、倉持卒業すんじゃねーか?」みたいな風になってしまった。

倉持明日香「私はですね、ちょっと言うの悩んだんですけど、多分ここにいるファンの方も知らない方がほとんどかもしれませんが、19っていう昔ね、いたんですよ、2人組の(反応) 知ってる? さっき訊いたメンバー誰も知らなくて。19が私、歴代で一番好きなんですよ、今でも。だから一番好きな曲が「卒業の歌、友達の歌」っていう歌なんですけれども、それをね、ツイッターで歌詞をリツイートしたらね、タイミング悪く生誕前とかに載せちゃったから「あっ、倉持卒業すんじゃねーか?」みたいな風になっちゃったんですけども(w) それはただ単に私が好きな歌詞をタイミング悪く載せてしまっただけで、ほんとに卒業はしませんし、めちゃくちゃいい曲なので、来年の3月とか心機一転春になる前に聴くとより心がグっと掴まれるようなそんな1曲になってますので是非皆さん聴いてみてください」

[2014年10月12日 チームB 「パジャマドライブ」公演 18時開演]



・アンガールズ田中のモノマネが好評

倉持明日香「私はですね、取りたいのが紅茶の資格なんですけど。調べたらコーディネーターとか紅茶マイスターとか紅茶検定とか一杯あり過ぎて、何取ったらいいかわかんなくて調べてたらアンガールズの田中さんが持ってたんですよ。私、事務所の先輩なので会った時に「あの、一杯あってわからないんですけどどれ取ったらいいですか?」って言ったら(真似て)「何でもいいよ」って言われたんですよ」客w&拍手

「だから、とりあえず何でもいいかと思って、とりあえずどれか1コ」
メンバーたち「似てる」「もう1回」ひゅ~&拍手
倉持明日香「いや、もういい」
客「もう1回」コール
倉持明日香「ちょっと待って。じゃー田中さんに「紅茶何取ったらいいんですかね?」って言ったら(真似て)「何でもいいよ」って言われて」拍手

・楽屋で若い子によく襲いかかっている。

大和田南那「私も倉持さんなんですけど」
倉持明日香「嫌だ、なーにゃすぐ悪口言おうとする」客w
大和田南那「倉持さんはいっつも橋本さんとか涼花さんとかうめたんさんに襲い掛かってるんですよ、楽屋で。視界に入ると絶対「あー!」って言って襲いに行ってるから」
倉持明日香「この間2回公演の合間にピッカが寝てたんですよ。チャンスだ!と思って(w) ここしかないと思って。そしたらピッカが助けを求めてたの、そこにいるスタッフさんに「誰かスタッフさん助けて!マネージャーさん!」って言ったら誰も助けないんです(w) みんな私の仲間なんですよ。みんな見て見ぬふりして」
高橋朱里「でも凄い賑やかなんですね、とにかく」
倉持明日香「そんな感じですね、楽屋も」
高橋朱里「楽屋報告しましたけど、またなんかあったら報告します」客w

[2014年10月12日 チームB 「パジャマドライブ」公演 14時開演]



・ツアーの裏話

倉持明日香「私このまんま話さないで終わろうと思ってたんですけど、1コだけほんとに謝りたいこと言ってもいいですか? あの、チームBでね、滋賀県にツアー行ったんですよ。で、たなみんのふるさとで。一番最後私、キャプテンやってるんで、こう見えても。締めなきゃいけないんですよね。締めていたら、「じゃーそれでは最後」ってたなみんにひと言もらおうと思って「じゃー最後、佐賀県出身のたなみんに」って言って。公演前にどれほどたなみんに「佐賀県と滋賀県を間違えないでね」って言われてたのに、「最後、佐賀県出身のたなみんからひと言」って言ったんですけど、ファンの方の歓声が大きくてあんまバレてなかったんです」
高城亜樹「いやいやいや、メンバーみんな知ってるし」
倉持明日香「これは無かったことにしてください」

[2014年10月5日 チームB 「パジャマドライブ」公演 18時開演]



・バイト経験

高城亜樹「明日香ちゃんバイトと全然縁がなさそう」
倉持明日香「って思うでしょ? 私ね、1回だけ働いたことある」
小笠原茉由「意外過ぎ」
倉持明日香「ただ、3時間でやめたんですよ。お弁当屋さんで親友と入ったんですけど、ここのお弁当屋さんに何で洗い物がこんな出るんだって。3時間終わんないの、洗い物が。洗い物探っても探ってもトングばっか出てきて。私もう耐えられないと思って、3時間でやめちゃったんですよ。だからよくAKBこうやってちゃんと続いてるなーと思って」

[2014年10月5日 チームB 「パジャマドライブ」公演 14時開演]



・お神輿担いでる人が好き。

倉持明日香「フェチでしょ? 無いわ」
高城亜樹「ウソつけ」客w
倉持明日香「耳も二の腕も好きだし、歌詞とかにもなってるんですけど、けっこう好きなのがお神輿担いでる人わかります? ふんどしみたいなつけて、お神輿こうやって担いでる人が好きです」
小笠原茉由「具体的にどういうとこがいいんですか? その担いでる人の」
倉持明日香「男らしさ? 全体的に」
高城亜樹「大丈夫、次からファンの皆さんが握手会でやってきてくれるよ」
倉持明日香「えー? それで来られてもどうしよう(w) 握手会下見えないから上半身裸でしか見えないから」
田名部生来「ちょっと引っ掛かっちゃうかも」

■倉持明日香 25歳の生誕祭

◆進行役は梅田綾乃

お母さんからのお手紙

「明日香へ

25歳のお誕生日おめでとう。

あなたの夢は私達の夢であり、1つずつ1つずつ着実に叶えている明日香は凄いなと思う。でも、まだまだ途中だよね。

ライブや公演、そしてファンの方々と直接触れ合う握手会や、テレビ・ラジオ等でかかわった色々な方々との出会いを通して考え方や対応、言葉等学ばせていただいていますよね。そんなあなたの成長を微笑ましく、そして頼もしく思っています。

チームBキャプテンという大役を任された時も、戸惑いや不安で一杯のあの時のあなたが今ではメンバーの皆さんと楽しんでいる姿に心が熱くなります。

しろみくんがいることで日々癒されているけど、心が疲れた時は私達がいつも側にいるよ。

これからも初心を忘れずあなたにかかわっている全てのスタッフの方々、そしてかけがえのないメンバーの皆さん、それから心から応援してくださっている温かいファンの方々にいつも感謝して、思いっきりあなたの人生を楽しんでね。

私達の娘として生まれてきてくれてありがとう。

あなたの側でいつも見守っているファン一号の母より」

倉持明日香 → 涙
梅田綾乃「お母さんからのお手紙でした」
倉持明日香「お母さんそこにいるのに」客w
梅田綾乃「素敵なお手紙でした」
倉持明日香「母も泣いております、自分で書いた手紙に」客w

今年の1年はどんな1年にしたいですか?

倉持明日香「私は、チームBのキャプテンとなって。毎年思うんですよね。私、AKBで学ぶことないかなーって毎年思うんですけど、Kに戻ってAに行って、Kにまた戻ってきたり、今回また新チームBに来てキャプテンになったり、私もう学ぶことあるかなーって、自分ののびしろあるかなーって凄く不安でチームBに来たんですけど、やっぱり学ぶことばっかりで、毎日毎日学ぶことばっかりで、よく後輩に教えられるって言いますけど、ほんとにその通りで、自分がわからないことだったり、自分に足りないものっていうのを後輩が持っていて、周りのメンバーがたくさん私に足りないものを持っているので、それに気づいた時に、「あー私、このチーム大好きだな」って凄く思いました。

なので、今年25歳の年は、そうですね、伝えられる人間になりたいなって思います。パフォーマンスだったり、こうして言葉だったり、MCで喋ったり、握手会でお話をファンの皆さんとたくさんしたりして思ったことなんですけど、なんか、私達が幾ら「こうですよね、ああですよね」って伝えても、きっと受け取る側の心に響かないとそれは伝わったことにはならないんじゃないかなって思うんですよね。こうやって例えば今日の公演のまとめで喋らせていただいたりとかしてる時もそう思うんですけども、伝えることと伝わることって違うんじゃないかなって思うんですね。
だからちゃんと私が思っている言葉だったり感情だったり、こうして欲しいっていう自分の想いだったりっていうのをしっかりとその方に伝わる、そんな人間になりたいなって今年1年思いました。

なので、これからAKBで学んだことをこの新チームBのメンバーたちにたくさん伝えて、それが伝わるように頑張っていきたいなって思います」

こんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンの方にメッセージをお願いします

倉持明日香「ほんとに嬉しいです。毎年AKBのこの劇場で私は研究生で入ってからお祝いしてもらっていて、こんなにたくさんの方にお祝いしてもらう誕生日っていうのはなかなか無いので、普通に生きてたらなかなかこんなにたくさんの方にお誕生日おめでとうって言われて、たくさんの方に私の名前を呼んでもらえて、握手会でもみんなたくさんたくさん色んな人が「お誕生日おめでとう」だったり、例えば「フレンチ・キスのシングル発売おめでとう」だったりたくさんの方におめでとうを頂いて、ほんとに幸せ者だなとほんとに感じることができました。

今日もこうして生誕祭をですね、ファンの方が開いてくださって、サイリウムだったり、色間違えちゃいましたけども(w) 青と赤のキレイなサイリウム、そしてうちわも今ケロちゃんになってますけど、しろみくんのね、やつがなってて、もうめっちゃテンション上がりました。私の一番大切なしろみくんがね、こんなに一杯いるなんて、ほんとにそこが一番高まりました。

ほんとにこうしてたくさんファンの方がですね、生誕祭実行委員の方もこうやって考えてくださって、握手会の時もブースとかもですね、メッセージカードを受け付けていて、ずーっとずーっとそこのブースで受け付けて、色んなファンの方に「書いて書いて」って頼んでくださっているっていうのを聞いて、ほんとに温かいファンの方ばっかりだなって思いました。

さっきも朱里がですね、言ってくれたんですけども、「倉持さんのファン温かい人ばっかですね」って言ってくれたんですね。私が「私のファンの方、いいファンの方なんですよ」って言うよりも身近にいるメンバーがこうやって私のファンの方が温かいって言ってくれる言葉のほうが凄く嬉しくて、きっとそのメンバーの思ってる言葉をですね、私が今代弁させていただいてますけども、ほんとに温かいファンの方に囲まれてここまでやってこれているので、これからも倉持明日香の応援そして倉持チームBを今までのチームで一番いいチームにしたいと思っていますし、このメンバーならできるなと最近ほんとに思っています。なのでこれからも倉持明日香だけでなく、チームB、AKB48グループの応援どうぞよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」拍手

[2014年9月26日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・これと言って夏の一番の思い出が見当たらなかったんですけども、夏にタクシーに乗った時に、乗って1分タクシーの50ちょっと過ぎのおじさまがですね、「ボクはね、女装するのが好きなんだ」って(w) 乗って1分で、見ず知らずに他人の私に女装癖をカミングアウトしてくれたんですね。それぐらいこれからも信頼してもらえるような人間になりたいなと思いました。

[2014年9月9日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・「9月11日で21歳になります」発言後、客席から「うそつき」と言われる。

倉持明日香「うそつき?(w) 初めてよ。客席からうそつきって言われた」

[2014年9月5日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・私はですね、自分が蛇年っていうこともありまして、人に基本絡みつくのが凄い好きなんですけど、この人は大丈夫だっていうのを判断したら人にまとわりつくし、絡みつく性格でして。あとはすっごい低血圧なんですけど、平均の体温が35度ちょっとぐらいなので、凄い低血圧のままずっと生きてきてるので、基本は冷たいとこが大好きなので、だからたぶん冷たい二の腕と耳とか、冷たいとこにたぶん行ってしまうと思うんですよね。なので、自分は蛇みたいな性格かなと思うんですけども、執念深くならないように気をつけたいと思います。

[2014年7月23日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・今1つだけ大切なものがあるんですけども、私が飼ってる猫のしろみくんなんですけども、真っ白で、目が青で、鼻と耳と肉球とお尻の穴だけピンクなんですよ。そんなしろみくんが私には何よりも大切で。

[2014年7月10日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・小さい頃の夢はイルカの調教師

倉持明日香「私が小さい頃なりたかったのは、ずーっとイルカの調教師さんになりたくって。なるためには何をしようって子供ながらに考えて、よし全部イルカと一緒に泳がなきゃダメだと思ってスイミングスクールに通って、無我夢中で練習したらですね、「倉持さん、もう選手コースなんですけど」って言われたんで、やめました。その選手でね、そのままめっちゃ頑張ってオリンピック行くのもいいかなと思ったんですが、今の夢はリオオリンピック、東京オリンピックで活躍するスポーツキャスターになりたいです」

[2014年7月8日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・中学校時代のあだ名は「肉まん」

倉持明日香「私はですね、あきちゃ同様、私は中学生の時にベリーショートぐらい、あきちゃぐらいショートにしてたんですけど、その頃のあだ名が肉まんでした」客w

「なのでそれ以来髪の毛を切るのをやめて、今の今まで24歳までずっと伸ばし続けています。これから切ることがあったら二度とその名前を呼ばれないように、もっと自分を磨いて頑張っていきたいと思います」

[2014年6月29日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・私が一番テンション上がるのは「お好みで柚子胡椒をどうぞ」っていう言葉。

[2014年6月25日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・研究生時代にされたサプライズ

倉持明日香「私はですね、昔研究生からチームKに昇格して、レッスンの時に私は誕生日9月なんですけども、の時にレッスンが終わった後に大堀恵さん、ご出産されましたけども、大堀恵さん、めーたんに「明日香、なんかレッスン終わった後に社長が明日香に話したいらしくて。なんかわかんないけどめっちゃ怒ってんだよね」って言われて「ほんとですか? 何だろう」ってなって、もう顔真っ青なわけですよ。顔真っ青なまま、「社長、上で待ってるから、今早くすぐ行ったほうがいいかも」みたいな言われて「はい」って言って、もう半泣き状態で、上行ったら、2期生のみんなが「誕生日おめでとう!」ってサプライズしてくれたんですけども、そんなに嬉しさがこなくって」客w

「はぁ?怒られないんだっていう。まず「お誕生日おめでとう」って言われた瞬間に「すみません、社長どこですか?」って言ったんですね(w) だから、それ以外のサプライズなら何でもいいです」

[2014年6月21日 チームB 「パジャマドライブ」公演 18時開演]



・「人間一番辛い姿勢をしてる時が一番キレイにセクシーに見える」内山奈月に伝授

[2014年6月17日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・最近ゾっとした話

倉持明日香「私はですね、このチームBになってから急にこの間チームKの島田晴香に会いたくなって(軽くw) まぁ、ゾっとしたんですよね(w) 島田に会いたいなんて島田と出会ってから1回も思ったこと無いんですよ。で、ゾっとして自分に。それでツイッターにつぶやいちゃった自分にもゾっとしたんですけど(w) 実際その何日か後に会ったら、やっぱ違うなって思いました」客w

[2014年5月13日 チームB 「パジャマドライブ」公演]



・大島チームKに入って学んだことや、身についたこと

倉持明日香「私がチームKになって学んだことは、若さを学びました。昔いたチームKでは年上の先輩がいっぱいいたし、研究生で入ったし。チームAだった時は麻里子様とか陽菜ちゃんとかいまして。チームKになって、ほぼほぼ毎回公演が最年長公演だったので、若さをこのチームKで取り戻した気がします。若さは戻せませんけど、気持ちだけは誰よりも若いつもりでいつもこの公演に臨んでいて、そのぐらいの気持ちを持ってないとマンモスがまずできないので」客w

「あのスクワットみたいな振りはその気持ちが強い気持ちが無いとできない公演だと思ってるので、その若さを持って次のチームも頑張っていきたいなと思っています。皆さん、今日は一緒に筋肉痛になりましょう」

・初めて古畑ジャンプを見た時、絶対この子たぶん気が合わないわって思った

倉持明日香「私、奈和ちゃん。奈和ちゃん私、一番最初に会ったのがね、たぶん覚えてるかわかんないんだけど、ガチガセなるほど!ハイスクールの時に奈和ちゃん」
鈴木紫帆里「あっ、それだ! 私もそれだ」
倉持明日香「握手会対応が凄いって言って、SKEにこんな子がいるんです、研究生でこんな子がいるんですってスタジオにゲストで来て」
鈴木紫帆里「古畑ジャンプだね」
倉持明日香「初めて見て、仁藤萌乃ちゃん隣にいたんですけど、「うちら絶対無理だよね、これ」って言って」客w

絶対この子たぶん気が合わないわって思って」客w

「ジャンプで迎え入れる子と私たぶん気が合わないと思った」客w
古畑奈和「でも、けっこういろんなメンバーに言われます、「この子無理だ」って言われるけど」
倉持明日香「でも、実際チームKになって喋ったら全然」
古畑奈和「普通でしょ!?」
倉持明日香「普通だった」
古畑奈和「普通なんですよ」

・千秋楽コメント

倉持明日香「倉持明日香です。この大島チームKが始まって1年半ぐらい経ちますが、この大島チームKは最初から今日まで順調に来たわけではありません。たぶんどのチームよりも凄く・・・(涙)」客「頑張れ」

「どのチームよりも物凄くいろんなものを見て、いろんなものを経験して、やっとここまでこのメンバーでたどり着いた、そんなチームだと私は思っています。きっとファンの皆さんはずっと大島チームKを応援してくださったファンの皆さんにはチームKの安心感は与えられなかったかもしれませんが、今日の今日までこうして付き合って、私たちと共に一緒に歩んできてくれた皆さんのことを本当に心から感謝しています。

この大島チームKは今日でみんなそれぞれの道に旅立ってしまうんですが、皆さんの中にずっとこの大島チームKが居続けてくれたら嬉しいなと思っています。それぞれAKBだったり他のチームに移籍だったり、海外に移籍だったり、いろんな所で新たなスタートを切りますが、それぞれ大島チームKのこの全部のメンバーのことを応援してくれたら嬉しいなと思います。本当に今日の今日までありがとうございました」

[2014年4月16日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 11回目 千秋楽]



・玲奈ちゃんがさっき私の耳触って、その後私が「もう玲奈ちゃん!」と言ったと玲奈ちゃんが言ってたんですけど、実際は「のざ!」って言って肩パンしました。決して怖い先輩ではありません。愛のスキンシップだと捉えてください。

[2014年4月11日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 10回目]



・私は寝る時に130センチぐらいのカエルのベローンっていう抱き枕があって、それをものすごい大切にしていて。カエルの手を片方の手を握って寝てるからこっちの手の綿が無くなったんで、もう布しか残ってないんですけども、そのカエルの抱き枕が無いと落ち着いて寝れません。

[2014年3月18日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 7回目]



・私のアンダーになった子、みんなすぐ昇格して、他のチームいっちゃう。

[2014年2月27日 チームK 「最終ベルが鳴る」公演 2回目]



・バレンタインエピソード

倉持明日香「小学校の時に6年間好きだった子がいて、ずっと片想いで、ずーっと6年間渡し続けて。お返しに手作りのものが返ってきたの。チョコレートじゃなくて、サクサクしたの、クランチみたいなやつを手作りで小学校の男の子がお母さんと一緒に届けにきてくれた、家まで」

[2014年2月12日 チームK ウェイティング公演 95回目]



・中学生の時、部活に入る時にどうしても茶道部に入りたかったのに、間違えてソフトテニス部に入ってしまった。

[2014年2月9日 チームK ウェイティング公演 94回目]



・最近一目惚れしたのは野澤玲奈ちゃんです。玲奈ちゃんが最近おもしろ過ぎて、私の今マイブームでもあり、一目惚れした人でもあり、もうめっちゃプッシュしたいおもしろメンバーなので、皆さん今日は玲奈ちゃんに注目して、ちょっとでいいのでその次に私を見てください。

[2014年2月9日 チームK ウェイティング公演 93回目]



・(お祭りで)一番好きなのは夏祭りの夜のお祭りも好きなんですけど、お昼とかにお神輿とか担いでる男の人が好きです。私は担がないよ。なんか、ザ男ですっていう、あの格好で、担いでるのを見ると、あっ、かっこいいって思う。

[2014年2月5日 チームK ウェイティング公演 92回目]



・ストレス解消法

倉持明日香「私はMAXにストレスを溜まったなって自分で感じたらパンをひたすら作り続ける。急に私が「みんなパン食べて」って作ってきたら「あっ、ストレス溜まってたんだ」って思って」

「パンを普通に作りたい時もあるんですよ。明日メンバーに持って行こうっていう時もあるけど、夜中に作り始めてる時は基本ストレス溜まってるなっていう時なんで、皆さん気づいてください」

[2014年1月18日 チームK ウェイティング公演 88回目]



・生誕公演の日の「最終ベルが鳴る」の時、横にパンチして移動する時に、、武藤十夢に顔にパンチされてしまった。

[2013年12月25日 チームK ウェイティング公演 84回目]



・永尾まりや・倉持明日香・阿部マリアのお父さんの名前は「あきら」その3人で『チームあきら』という非公式ユニットを組んでいる。 (※正しい表記不明)

・倉持明日香&武藤十夢 → 平田梨奈のイチゴを黙って食べたことを謝罪

[2013年12月15日 チームK ウェイティング公演 80回目]



・チームB 2ndの「会いたかった」公演の私たちはアンダーをさせていただいて。で、私とちぃちゃんはもともとこの「涙の湘南」のユニットで、私はゆきりんのアンダーだったんですけど、やらせていただいてたんですが、1回も公演出なかったんです。全然出なくって、そのまま1回も「会いたかった」公演のステージに出ることなく、今日初めて7年ぶりぐらい、6年ぶり? やっと歌えました。

[2013年12月8日 AKB48劇場8周年特別記念公演]



・私が好きな曲はK5thの「逆上がり」公演の中にあるファンレターっていう曲があるんですけど、その曲がほんと好きで、毎回公演の度に泣きそうになってたんですけど、私の立ち位置が柱の目の前だったので、いつも柱を見ながら泣くのを堪えてがんばってた曲なので、すごい想い入れがあります。

[2013年11月15日 チームK ウェイティング公演 72回目]



・私はですね、小さい時はカエルがすごく苦手で、今すごくカエルが好きなんですけど、その、最初のきっかけっていうのが中学生ぐらいの時に親友と一緒にご飯食べに行ったら、カエルが出てきたんですね。で、鶏肉だと言って、食べさせられて、めっちゃ美味しくて、そっからカエルが大好きになりました。なので私のことをケロちゃんって呼んだください。

[2013年11月13日 チームK ウェイティング公演 71回目]



・排水溝の掃除が大好き。

倉持明日香「私が極めたいのは私は休みあらば排水溝の掃除をするんですけども、ほんとに排水溝の掃除大好きで、トイレ掃除ももちろんするんですけど、排水溝の掃除してたら1時間経ってたんですよ、この間。そのぐらい排水溝の掃除が好きなので、排水溝の掃除を極めたいと思います」

[2013年11月8日 チームK ウェイティング公演 70回目]



・プロのマスク職人の方が作っていただいた世界に1コしかないプロレスのマスクを6個ぐらい持っている。

・なんかさ、19とか20になったら制服がコスプレじゃんみたいな言われるけど、23、4とか行くと別にそんななんの抵抗もないよね。仕事で制服着れてラッキーぐらいな。

[2013年10月25日 チームK ウェイティング公演 64回目]



・私は女の子として、夜お風呂出たら、ボディークリームを塗るのはもちろんなんですけど、ジャスミンの香りがするオイルを顔に塗って、蒸しタオルして、パックしてます、毎日。

[2013年10月20日 チームK ウェイティング公演 62回目]



・私、お母さんの部屋に寝れない時、行ったら「貞子かと思った」って言われて。自分の娘ですけど。

・父、倉持明は毎朝朝5時半に目が覚める。

[2013年10月1日 チームK ウェイティング公演 55回目]



・梨がすごい好きで、ブログにですね、梨を食べても食べても食べ足りないぐらい梨が好きだと書いたんですよ。そしたらファンのみなさまがたくさん事務所など、あと握手会とかに持ってきてくださって、今、倉持家にある梨の総数40個になりました。

・私はですね、チームKになって、一番仲良くなったって言っても過言ではないくらい、もちさん(倉持明日香)とほんとに仲良くなったんですよ、チームKになってから。で、耳たぶってあるじゃないですか、部活のほうの。阿部マリアちゃんが副部長で、(倉持)部長なんですけど、耳たぶの耳を触れるの、私だけっていうのを勝手に言ってるんですよ。 (鈴木紫帆里談)

倉持明日香「ほんとにチームKになってから、むっちゃ仲良くなって。やたらめったらGoogle+のコメント欄で絡むっていう。ほんとやたらめったら。暇な時にしほりんのコメント欄に私ずっと生息してるから」
鈴木紫帆里「やどかりさんなんです、私のコメント欄の」
倉持明日香「しほりんのファンの人と交流してる、ずーっと。しほりんについてなんでも答えますっていう」
鈴木紫帆里「私の代わりに質問コーナーを答えてくださるんです」
倉持明日香「しほりんのスリーサイズは?って言われたら私が答えるっていう」

◆倉持明日香 24歳の生誕祭

・進行役は北原里英(途中から佐藤亜美菜)

・佐藤亜美菜からのお手紙 (北原里英が代読、途中から佐藤亜美菜本人が登場し、続きを読み上げる)

「お誕生日おめでとう。けっちゃんと出会った時、まだ17歳で、私は16歳。それがもう24歳ともうすぐ23歳だなんて、時の流れは恐ろしいね。

私はこれまでAKBに入ってから、ずっとけっちゃんを見てきました。けっちゃんのことは一通り知ってると思うし、48グループの中で私が一番けっちゃんのことを好きな自信もある。

でも、この間私が何ヶ月ぶりだろう。すっごく久しぶりに劇場公演に出た時、舞台上にいるけっちゃんがほんと別人のように見えたの。すごい驚きました。

私の中のけっちゃんはすごいいい人で、仲間想いで、真面目で、冷静で、頭の回転が速い。でも、仲間同士の揉め事の仲介や、後輩に対しての注意、アドバイスだったり、自分が真ん中に立って、みんなを誘導していくポジションを昔から拒否している印象がありました。たぶんそれはけっちゃんの謙虚さもあるのかもしれないし、もしかしたら面倒だって思ってたのかもしれない。どちらもあくまでも憶測だけどね。

でも、けっちゃんは変わってた。ともちん、才加ちゃんが卒業して、優子ちゃんもなかなか公演に出演することができない現状をけっちゃんが確実に支えていました。

それは、その日けっちゃんが最年長だったからとかではなく、心の中が変わったんだって、そう思いました。前からKについて、けっちゃんとは話し合ってたけど、少し前からこの子のここがいい、ここを直したほうがいいとかを言い出したり、オンデマンドの映像を見て、思っていることとかを聞いて、「あれっ? けっちゃんなんかチームにすごく積極的」って驚いてはいたんだけど、リハーサルでは仕切ってくれるし、MCはうまくまとめるし、パフォーマンスも安定してて、知らない間にKのまとめ役として立派に成長していて、ビックリしました。

でも、そんなけっちゃんを私は初めて見たからかな。ちょっと心配になっちゃったんだ。無理してないかな。ほんとは1人でいろいろやって、辛かったり、大変だったりするのに我慢してないかな。思ってること、ちゃんとみんなに言えてるかな。私も公演になかなか出られなくなってきちゃって、側で支えることができなかったし、けっちゃんはほんとに優しいから、私はほんとに心配します。私はもちろん、チームKのメンバーはけっちゃんのことをね、けっちゃんが思ってる以上に好きだと思うよ。その証拠にけっちゃんの言うことみんなちゃんと聞くでしょ? 慕われてるって言葉がピッタリなくらい、けっちゃんはKの中でとっても大事なポジションにいる人だと思う。だから、思ったことは遠慮なくみんなに言っていいと思うし、疲れた時はいつでもこのチームKの場を気の抜ける場所にしていいと私は思います。

そのためにはもっとKのクオリティや、仲間意識を強めて行く必要もあるし、そのためにはもちろんけっちゃんの力が必要なので、これからもけっちゃんには私たちのまとめ役として、ぜひともがんばっていただきたいです。

いつもいつもチームKのことを考えてくれてありがとう。みんなけっちゃんが大好きです。ほんとにお誕生日おめでとう。これからもよろしくお願いします。大島チームK、佐藤亜美菜」

佐藤亜美菜「あの、この公演に今回舞台の稽古で出演することができなかったんですけど、なんとか全速力で走って、8時に終わったのにギリギリ間に合うことができました。嬉しいです、ほんとに」客、拍手

・これからの1年はどんな1年にしたいですか?

倉持明日香「24歳の1年は、23歳はほんとにたくさんのことを経験させていただいて、ほんとに、AKB48はチャンスがものすごくいっぱいあって、でもそのチャンスはほんと人それぞれだし、大きさも違うし、時期も違うし、チャンスがやってくる回数も全然違います。でも、AKB48はものすごくチャンスが多い現場だと思っています。

その中でほんとに、1つのチャンスを掴んだというか、そのチャンスに巡り合えて、23歳の1年はほんとにたくさんのことを経験できた1年でした。

なので、24歳は、ファンのみなさんにありがとうってたくさん言ってもらえたことがほんとに嬉しくて、ほんとに今までどちらかと言うと、メンバーにおめでとうとか良かったねって言う回数のほうが多かったんですけど、23歳の1年はほんとにメンバーだったりファンのみなさんにおめでとうとか言ってもらえる機会がほんとにものすごくあって、AKBで一番おめでとうって言っていただいたんじゃないかなと思うぐらい、ファンのみなさんにすごく温かいコメントをいただきました。

なので、私はおめでとうっていう言葉がほんとに一番好きになりました。なので、24歳の1年はまたファンのみなさまに23歳以上におめでとうだったり、たくさんの笑顔を私に向けてくれるような、そんな24歳の1年にしたいです」客、拍手

・今日こうやってたくさん応援してくださったみなさんにひと言お願いします

倉持明日香「ほんとに今年も生誕祭をやってくださって、ほんとにありがとうございます。

えーと、私はいろんなところで言っておりますが、大器晩成と自分で言っておりますので、まだ、まだ24歳だと思っています。AKBでは年齢はすごく上のほうなんですけども、大器晩成ということは30代ぐらいから花が咲くと」客w

「自分で思っております。30歳、29歳と言えば、東京オリンピックが決まったということで、私の夢であるスポーツキャスターのお仕事がそれぐらいに、もちろんリオのオリンピックもなんですけども、その後の東京オリンピックと繋げていきたいなと思いますので、みなさん、大器晩成ですので、末永く見守っていただけたらなと思います。

そして今日はほんとに来てくださってありがとうございます。今日公演に当たらなくて、お仕事していたり、学校だったり、バイトだったり、あとはロビーで見てくださっているファンのみなさま、本当にありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」客、拍手&おめでとう

[2013年9月17日 チームK ウェイティング公演 54回目]



・500公演目

・(AKBに入って一番最初に怒られたこと)

倉持明日香「私もあります。AKBに入ってすぐに、レコーディングをさせていただいた時に、待ってたんですけど、レコーディングを。その時に、その当時の一番怖いマネージャーさんがいらっしゃって。そのマネージャーさんが「おい、お前それなんだ」って言われたんですけど。ジーンズのショートパンツの下に黒いレースのレギンス穿いてたんです。タイツみたいなやつで、穿いてたんです。「お前それなんだ」って言われて「レギンスです」って言ったんです。そしたら「ハァ? お前アイドルは生足だろ」って言って怒られて」客w
メンバーたち → w
倉持明日香「お前それ二度と穿くなって言われて、それが高校3年生で言われて、すぐ捨てて、未だに穿いたことないです、レギンス。その時、隣に亜美菜がいて、なぜか亜美菜がその怖いマネージャーさんに対して「これ今流行ってるんですよ」って」客w&拍手
佐藤亜美菜「かわいそうだよ、だって。レギンスめっちゃ流行ってたんだよ、そん時」
倉持明日香「レギンス大ブームで、私お気に入りで3本持ってたの。それをなぜか亜美菜が反抗して」
佐藤亜美菜「これ今流行ってるんですけどって、がんばって反抗して」
小林香菜「三島さんは」
倉持明日香「言っちゃった」客w

「名前言っちゃった。今ずっと隠してたのに」

[2013年9月6日 チームK ウェイティング公演 53回目]



・うちの父の推しメンが1位がもっさんで、2位がめーたんで、3位が野呂さんなんですね。

・劇場公演で一番好きなのがもっさんと香菜ちゃんのMCの絡みが一番好きらしくて、なので、その父に劇場公演今日呼びたかったんですけど、倍率めっちゃ高いじゃないですか。だから、東京ドーム初日に両親を招待して、もっさんの最後のドームのライブを見てもらったので、ちょっとは親孝行できたかなと思っています。

[2013年8月28日 秋元才加 卒業公演]



・五大ドームツアー、東京ドーム初日の秋元才加卒業セレモニー後の東京ドーム2日目以降、グラインダー役を担当。

倉持明日香「でもね、1つ言っていいですか? もっさん、東京ドーム初日で卒業セレモニーしたじゃないですか。その残り3日間誰グラインダーやったと思いますか?」
秋元才加「あれっ? 誰? 誰かな?」
メンバーたち「誰?誰?」
倉持明日香「私です。しかもそういう「やってみる?」とか言うんじゃなく「あっ、今日グラインダーだから」そのまんまヘルメットと手袋渡されたんですよ。私、やったことないし、資格も持ってなければ火花も怖いし。でも、有無を言わさず渡されて、島田に「行きますよ、もっさん」って言って、いきなり言われて、リハーサルで初めて火花を散らしました。3日間散らしてきました、もっさんの意思を引き継いで」
秋元才加「だんだんおもしろくなってくるでしょ?」
倉持明日香「だんだんね、上手くなってきてね、ちょっとかっこつけて、足上げちゃったりしたんです」客w

「最終日足上げちゃったもんね」
秋元才加「そうそうそう、上げちゃうんだよね。私もどんどん上手くなってから、ちょっとガタ、ガタガタ、ガーー」客w

「けっこう緩急つけてた。けっこうやってました」

[2013年8月27日 板野友美 卒業公演]



・客「もっちぃ!」
倉持明日香「あれ? まりやぎちゃんの人じゃないの?」客w

・去年のAKBのガチ馬っていう企画があって、あれで1位を取った後、なんか、夢で数字が出てくるのあったんですけど、でも、その数字3つ出てきて、日本ダービーがその数字3つ出て、でも絶対こないだろうっていう馬だったんですよ。4強って言われてたんだけど4強じゃない馬だったので、買わなかったらその夢に出てきた数字の3頭が当たってたことがあって、ただそれを絶対家族も信じてもらえないから、誰にも言ってなくて、今初めて言いました。

[2013年7月25日 チームK ウェイティング公演 48回目]



■ナツイチ2013 課題図書
娼年
娼年 (集英社文庫)

読書感想文 (2013年8月3日公開)
http://kansoubun.shueisha.co.jp/kuramochi_asuka/



・車の免許が欲しい。リリーフカーを運転したいので。

・寝る時はクーラー苦手なので扇風機をつける。格好は大きいTシャツ1枚。ロレスラーのTシャツとか野球選手のTシャツのどっちか。

[2013年7月12日 チームK ウェイティング公演 47回目]



・私が失敗したなと思ったのは、物で失敗というか、通販で、ちょっといいシャンプーとコンディショナー買ったんですね。すごい楽しみで、いい値段する割にはほんとにちょっとしか入ってなくて、それを楽しみに使ってたんです。なんか減り早いなと思って。そんな私使ってるかなと思ったら、お父さん使ってたんですよ。ほんとどこ使う?と思って。なんか、物を買った失敗というよりもそこに置いた失敗ですよね。もうそれ以来、その高いやつは毎回お風呂の度に棚から使って、使い終わったら棚に戻すというめんどくさい習慣をつけて、毎日お風呂に入っています。

[2013年7月8日 チームK ウェイティング公演 46回目]



・ムシャクシャした時が無い。

秋元才加「ほんとに明日香が言った通り、明日香がムシャクシャしてるところを見たことが無いんですよ。ほんとに仏のような心を持っていて、ほんとに優しいの。まぁ、私は正反対でけっこうムシャクシャすることいっぱいあるけど」

[2013年7月4日 チームK ウェイティング公演 44回目]



・なるべく夜ご飯を8時以降食べないようにしていて。いつも7時公演なんですけど、今日だったら6時公演なので、ご飯5時前ぐらいに食べ終わってるので、今日はこれで本日のご飯終了なんですね。なので、朝ほんとお腹空いて起きるんですよ。耐えられなくて。夜お腹空いて寝れない時もあるんですけど、でもそれはどうにかして自分にプレッシャーかけて、明日の朝を楽しみに寝るしかないんですね、もう。だから水でお腹をたぷたぷにするか、炭酸水とかでお腹膨らませるか、どうにかしてるので・・・。

[2013年6月30日 チームK ウェイティング公演 43回目]



・先日、倉持さんの耳を触ったら水平チョップをされました。 (阿部マリア談)

・私は握手会とかでよく「僕の彼女に似てます」とか「僕のお姉ちゃんに似てます」とか「友達にそっくりな子がいるんです」とか「私、もっちぃに似てるんです」って言ってくれる方が多くて、それはすごい嬉しいからいいんですけど、1回だけ「僕の祖母に似てます」って言われたことがあって。あの、どうしていいかわかんないじゃない。なんだろう、喜んでいいのか。喜んでいいのかな? なんかわかんないですよ。わかんないですよ、おばあちゃんがものすごい若い方かもしれないですし。ただ祖母に似てるって言われた時に、あの何秒の握手会の中でどう対応していいかわかんなくて「っあー」しか言えなくて、なんか、ちょっと複雑な気持ちになりましたね。

[2013年6月30日 チームK ウェイティング公演 42回目]



・夏にお神輿とか担いでる男の人いるじゃないですか。あのスタイルが大好きで。なんか、上半身あんま着てなかったりしてて、ふんどしみたいな着たりとか、足袋とか履いてる、こうやって担いでる男の人すごい好きで。見るのが好き。キュンってするの。

・きたりえほんと愛おし過ぎて、ほんとストラップにして持ち歩きたいぐらい。

・北原里英のことを「たまやまさん」と呼んでいる。以前は「うなたま」と呼んでいた。

[2013年6月28日 チームK ウェイティング公演 41回目]



・最近ときめいたのは、この間あった握手会で、5歳ぐらいのちっちゃい男の子がきて、握手の時にもっちぃが女の子の中で一番好きですって言われたんですね。ほんと嬉しくて。その男の子があと何年か後か、数ヶ月後かわかんないんですけど、世の中に女の子がいっぱいいるってことをたぶん知ると思う時がくるんですけど、いつまでもね、そういう子たちの憧れの存在でいたいなと思っています。

[2013年6月23日 チームK ウェイティング公演 40回目]



・チームAだった時にバラをこう投げる曲があって、「I’m crying.」っていうかっこいい感じの曲で、一切笑顔無しの曲で、最後にポッケにあったバラをスって、みんなで一斉に投げるんですけど、どうも上手く、バラちっちゃくて上手く投げれないんですよ。で、遠くに飛ばしたいなっていう気持ちばかり先走って、全然行かなくてこことかに落ちちゃって、いろんな投げ方挑戦して、ダーツ投げとかやってみたんですね、茎の部分とか持って、こう投げる時とか、茎の部分持ってダーツ投げしたら、4列目ぐらいのおじさまの頭にガーンって当たって、ビックリして。ここ(おでこ)に当たって、ハイタッチの時の気まずさハンパない。

[2013年6月23日 チームK ウェイティング公演 39回目]



・この前、父・倉持明と一緒に始球式をした。「野球界初めてだったらしいです。70年の歴史の中で親子で始球式初めてだったんですよ」

[2013年6月14日 チームK ウェイティング公演 36回目]



・私はプロレス女子です。プロレスをやるわけではないんですけど、プロレスを見るのが大好きなので、AKBで言うともっちぃさんやちぃちゃんが好きだと思うんですけど、ぜひプロレスをその3人で見に行けたらいいなと思います。 (小森美果談)

[2013年5月30日 チームB ウェイティング公演 36回目]



・Going!という日本テレビさん番組から依頼が来て、「私もスポーツキャスター、なれるかも」と思って、内容聞いたら小橋建太さんの引退についてのインタビューだった。

[2013年5月8日 チームK ウェイティング公演 33回目]



・(武道館コンサートエピソード) 菩薩ごっこというのをやりまして。倉持明日香さんと私とで、武道館の祈願をするために私が菩薩となって、倉持さんがずっと「みんなが健康に武道館元気にできますように」って毎回やってくれて。 (中村麻里子談)

[2013年5月1日 チームB ウェイティング公演 31回目]



・倉持家では私が生まれるよりもっと前からずーっと日刊スポーツを購読してるんですね。でも、朝起きると私よりもお父さんってすごい早く起きるんですよ、お父さんって何もなくても。朝5時ぐらいにもう目が覚めてて、朝私が起きる頃には全部新聞のスポーツの欄、切り抜かれてるんですね。なんかスッカスカなんですよ。それで、全然その前の日のスポーツの情報全然無くって、それに嫌気が差したので、私用の日刊スポーツも定期購読しまして、うちの家には毎朝二誌、日刊スポーツが届くようになっています。これからもスポーツの勉強がんばっていきたいと思います。

・倉持さんは人の耳を触るのは好きなのに、自分の耳を触られると怒るんですね。 (阿部マリア談)

[2013年4月30日 チームK ウェイティング公演 32回目]



・変なことをしたがる

「例えばたかみなちゃんがライブ終わった後、総括するじゃないですか。今日のライブこうだったよみたいな。めっちゃ真面目な話してる時にジャンプしたくなっちゃうんです。イェー!とか言いたくなっちゃうんですよ」

[2013年3月21日 チームK ウェイティング公演 30回目]



・デーモン閣下が私が耳好きであることを知っていた。

「私、ひるおびのお天気で一緒に共演してるんですけども、いきなり本番始まる10秒前に「もっちぃ、耳好きなんでしょ?」って言われて、えっ?って言って、「5秒前です」って言われて、えっ?ってなったら「wikiで調べちゃった」って言って、「はい、じゃ~、もっちぃお天気お願いします」ってお天気になって、そのまま」

[2013年3月18日 チームK ウェイティング公演 29回目]



・家族の中で一番歌が下手。お兄ちゃん2人いるんですけど、お兄ちゃん2人のほうが上手くて。お父さんは1回CDデビューの話があった。

[2013年3月6日 チームK ウェイティング公演 28回目]



・私がやりたい曲はですね、大好きな倉持明日香さんと一緒に「抱きしめられたら」っていうユニットで、いつか共演できたらいいなと思うんですけど、「抱きしめられたら」という曲を好きになったきっかけも倉持さんで、倉持さんを好きになったきっかけも「抱きしめられたら」なんですよ。なんですごく、なんだろう、印象に残ってる曲なので、でもこの曲はけっこう大人っぽくて、セクシーじゃないですか。なので、倉持さんもすごく大人っぽくてセクシーなので、私ももうちょっと色気をたくさんムンムン出せるようになってから、いつか倉持さんと共演できたらいいなと思います。 (穴井千尋談)

[2013年6月26日 チームH「博多レジェンド」公演 34回目]



・HKT48の若田部遥がAKB48グループで尊敬している人は倉持明日香さん。

若田部遥「やっぱり推しメンに選んでいただいたこともあるんですけど、やっぱり温厚アイドル、すごい優しいって有名なんですけど、私が一番感動したのはですね、我らが指原莉乃さんはメールを返してくれないんですよ。非常にメールが返ってこないんですけど、だから先輩ってそんなもんなのかなと思ってたら、倉持さんに、もっちぃさんにメールしたら一瞬で返ってきて感動した」

[2013年4月12日 チームH「博多レジェンド」公演 12回目]



・お正月に初詣に家族で行ったんですけども、その時に並んでたらお母さんが「明日香、明日香、この雪ほんとキレイだね」って言ってたんですけど、灰なんですよ、どう見ても。お寺の灰で。ほんとに私の父と母はほんと2人とも天然で、お父さんも「おっ、積もってるな」みたいな言い方で。髪の毛にめっちゃ灰が積もってたんですけど、それが雪だと勘違いして全然払ってなかったので、私はこの父と母の娘に生まれて23年間、私はまともに生きてきて良かったなと思いました。

[2013年2月19日 チームK ウェイティング公演 23回目]



・5月11日に私の大好きな小橋建太さんが引退試合があるんですよ。仕事が無かったら行っていいよって言われたんですよ。なので今から5月11日にお仕事が無いことを毎日毎日ほんとに祈りつつ、毎日がんばっております。

[2013年2月12日 チームK ウェイティング公演 21回目]



・最近藤江のお父さんとメル友になった。ちなみに藤江のママとはAKB入った当初からずっとメル友。

・「今日私こんなグラビア撮影しました」っていう写真を藤江のパパに送ったら、藤江のパパからの返信が「僕もこんな写真持ってます」って言って、竹内力さんとの2ショットが送られてきた。

[2013年2月1日 チームK ウェイティング公演 20回目]



・耳好きは生まれた時から。

・耳触んないと寝られない子だった。お母さんの耳がちょっとでも離れると、ワッて起きて、寝れない。

・マイベスト耳:1位が小嶋陽菜ちゃんで。ずーっとあきちゃだったけど殿堂入りしちゃったんですよ、1位過ぎて。

[2013年1月21日 チームK ウェイティング公演 19回目]



・一番好きな公演曲は片思いの卒業式。その曲を聴くたんびに私はなんで中高女子高に行ってしまったんだろうってすごく後悔をする。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 18回目]



・見た目料理できそうだけど、料理はしない。

・好きな男性の仕草:パって見た時、内股になってる人

・初恋はこれといって特徴の無い子だった。1回かくれんぼをしてたんです。好きな人に見つかりたくなくて。2人だけのかくれんぼなんですけど見つかりたくなくて、めっちゃ一生懸命隠れて、すごい隠れすぎたらおもらししちゃいました。隠れすぎて、何時間も隠れたから。

[2013年1月13日 チームK ウェイティング公演 17回目]



・お正月に父と母と3人で旅行に行ってたんですけど、せっかくの機会なんで、みたいな感じで仮装をしたんですよ。仮装って言ってもかわいい仮装とかじゃなくて、マント着て、お父さんは真っ赤のマントなんですけど、ガチな仮面、オペラ座の怪人みたいな仮面をして、2人で歩いてたんです、お父さんと2人で。私もお面というか、ハロウィンの時にするようなこういう目のマスクみたいなやつをして、2人でマント姿で歩いてたら、「倉持さんですよね?」って声かけられたことが新年始まって初めてのハプニングでした。そして父はその姿を見てしれーっと逃げようとしたら、その声かけたお父さんが「倉持さん、ボク野球めっちゃ大好きで」って、お父さんも金色の仮面をしたまま握手してました。

・去年の一番最後の公演で「ほくろを描く」と公約を結び、口元にほくろ描いた。ちなみに描いたのは優子ちゃん。最初ポツンだったんですけど、だんだんだんだん大きくなってきて、このサイズになった。

[2013年1月9日 チームK ウェイティング公演 16回目]



ガチ馬2という企画で、まさかの私、初めて競馬当たって、逆転優勝したんですけど、自分で自分のこと一番信じてないから馬券まず買ってないですし、お父さんが毎週毎週教えてくれって言ってきたんですよ。私が買ってるやつを。それシカトしてたんですけど、最後だからって教えたんです。なのにお父さん買ってないんですよ

[2012年12月28日 チームK ウェイティング公演 15回目]



・唯一今年、まだ私の心に引っかかっているのは、最初調子の良かったロッテがなんで日本シリーズに行けなかったのかなっていうのが。

・口癖はボチボチ。ファンの方に握手会で「最近どう?」と訊かれると「あっ、ボチボチです」と答える。親にも「今日どうだった?」と訊かれたら「あっ、ボチボチ」と答える。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 12回目]



・昨日戸賀崎さんのGoogle+で、ともちんさん携帯見てて、「真剣な眼差しの板野、その横に見守る倉持」みたいなので、戸賀崎さんが載せたんです、Google+に。がんばってくださいみたいなコメントとかいっぱいあったんですけど、あれ、携帯アプリのゲームやってて。真剣に携帯のアプリでどんだけ点を取れるかともちんさんと話し合ってて。

・小さい頃、家にパターゴルフがあって、5回連続で入ったら500円とか、10回連続入ったら千円とか、お父さんに教えられててやってて、ずーっと女子プロゴルファーにさせられる予定だった。ご飯の時間も惜しんでずっとパターやって、お金稼いた。

[2012年12月9日 チームK ウェイティング公演 11回目]



・私の母は何かしらにつけてよくメールをくれたり、例えばオールナイトニッポンが夜中3時に終わるんですけど、寝てていいよって家出てきて、3時まで起きてちゃんと聞いてくれてて、私が家に帰るまで起きててくれるんですよ。握手会が終わった後もお疲れ様ってメールくれたり、母はすごいメールくれるんですけど、父は全然メールくれなくて。でも最近、先週から1週間に1回絶対メールがくるんです。それがガチ馬の予想教えてくれっていうメールが週に1回届くようになって。父からメール来たの嬉しいんですけど、別にサイトに登録して私のことを推しメンリストみたいなやつにしてないのに、私の馬の予想を聞こうなんてそんな甘いことじゃないと思って、父のメール、シカトしてます。

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 10回目]



・握手会によく来てくださるファンの方で、帽子を被ってる方で、その帽子に毎回父の写真を貼ってくる方がいる。昨日はひと昔前の父の写真が増えていた。父の顔、一緒に家にいてもあんまり見ることってないから、その度にこの父から生まれたんだなって毎回実感させられます。

[2012年12月2日 チームK ウェイティング公演 9回目]



・兄の子供たちが3人3人で6人いる。だから私は甥と姪が6人いる。一番上の子は小学校5、6年とかなので、ただ単に懐が寂しくなるだけのお正月になる。

・ミルクティーが大好き。365日、1日最低1杯飲んでる。今日は2杯飲んだ。

・大島優子にミルクティーを茶葉から作ってると勘違いされる。

[2012年11月24日 チームK ウェイティング公演 7回目]



・あんまり知られてないけどめっちゃ人見知りなんです。

・年上の人はめっちゃ喋れる。スタッフさんとはめっちゃ喋れる。だからスタッフさんとかだとすごい仲良くなれて喋れる。一番苦手なのが同世代。

・AKBって入った順って感じだから、私ずっと奥ちゃんに敬語使ってた。今でも携帯の登録、私より先輩の人は全部「さん」付け。大島優子さん、柏木由紀さん。

・最初「奥さん」って言ってて、「奥さんはやめて」って言われて「あっ、わかりました」って。

[2012年11月24日 チームK ウェイティング公演 6回目]


・メンバーの二の腕とか耳を触るのが好き。

・トイレのトイレットペーパーちゃんと三角にする。(内田眞由美談)

・近野莉菜の耳に100円玉を突っ込んだ。次は武藤十夢を狙っている。

[2012年11月11日 チームK ウェイティング公演 4回目]



・昨日の握手会で島田のファンの方が何人かいらっしゃって「島田にパンを教えてくれ」「もっちぃは美味しいパンを作るハズだから島田に教えてよ」と言われた。

・鈴木紫帆里:さっき楽屋で倉持明日香ちゃんに思いっきり耳に指を突っ込まれた。

[2012年11月11日 チームK ウェイティング公演 3回目]



・増田有華が出演した「ウィズ~オズの魔法使い」を見に行き、有華ちゃんが通路に下りてきて近くを通ったのに無視されてしまった。

[2012年11月7日 チームK ウェイティング公演 2回目]



・永尾まりやのことをまりやぎではなくメーメーと呼んでいる。

永尾まりや「倉持さんすっごい耳たぶ触ってくるんですよ」

[2012年11月1日 チームK ウェイティング公演 初日]



・よくテレビとかで「あきちゃの耳がいい」って言ってるが、ここ2、3週間は高城の耳は障らずに、小嶋陽菜の耳を触っている。

・高橋みなみの耳には興味は無い。

・新チームKでは、今のところ永尾まりやの耳がお気に入り。

[2012年10月29日 「目撃者」公演 104回目 千秋楽]



・旧チームK時代は人付き合いが悪く、ほんとにメンバーとご飯行かなかった。優子ちゃんに何回誘われても全部断り続けていた。メンバーの誕生日にたまに行くか、自分の誕生日会に参加するぐらいだった。チームAになって、1週間に2回とか3回ぐらい行く時もあったり、人付き合い良くなった。

[2012年10月23日 「目撃者」公演 103回目]



・この公演が始まって2年、ある曲のあるタイミングで、後ろを向いてることをいいことに、中田ちさとちゃんがいっつも胸触ってきた。それに悩まされ続けて早2年。

[2012年10月19日 「目撃者」公演 102回目]



佐藤亜美菜 22歳の生誕祭に送った手紙

「Dear 亜美菜」BGM:桜の木になろう

「なんて今時な目がクリクリしたかわいい女子高生なんだろう。それが初めて会った亜美菜の印象でした。亜美菜は16歳、私は17歳。研究生の1期生としてAKBに入った私たちは先輩たちについていくのに必死で、我武者羅にずっと踊ってたね。亜美菜が一緒にいるとすごく心強かったし、年上の私よりもいつも研究生を引っ張ってまとめてくれていたのも亜美菜でした。」

「私は絶対亜美菜と同じチームになる、そう思っていたから最初の昇格でお互い違うチームになった時は正直寂しかったんだ。」

# 佐藤亜美菜 → 涙

「でも亜美菜はそんな私に「亜美菜と明日香ちゃんは同じチームになっちゃうとずっと一緒に居過ぎるから、バラバラのチームで良かったんだよ。そのほうがずっと仲良しでいられるよ。」って言ってくれたのを覚えています。」

「大好きな亜美菜との思い出は元祖チーム4での肉会とか、研究生時代の気持ち悪いんだよねー話とか、日光での心霊現象、フットルースモノマネ、ブレイクダンス起こし(客、軽くw)などなど、数え切れないくらいたくさんあるけど、一番の思い出は「君のことが好きだから」のミュージックビデオ撮影で前の日にみんなで泊まってた時、寂しかったから、亜美菜を部屋に呼んで2人でトトロごっこをしたことです。」客、軽くw

「気づけば朝で、結局一晩中トトロごっこをした私たちは一睡もせずミュージックビデオの撮影に行ってたね。バカみたいなことも今ではいい思い出です。」

「亜美菜は見た目はかわいらしい女の子だけど、すごくしっかりしているし、自分のこれからについてもいろいろ考えているから何も心配はしていません。自分の目標に向かって突き進んでください。いつでも頼られる準備しておくね。」

「11月から始まる新チーム、やっと亜美菜と同じチームになれたことがすごく嬉しくて嬉しくて。これからもずっとずっとよろしくね。最後に、亜美菜22歳おめでとう。次はもののけ姫ごっこしましょう。」客w

「from 亜美菜の飼い主、倉持明日香」客、拍手

[2012年10月17日 「シアターの女神」公演 436回目]



・明日両国で行われる新日の試合、中西さんの復帰戦をどうしても見に行きたい。

[2012年10月7日 「目撃者」公演 98回目]



・食べ物のカロリーは気にしないようにしている。基本的にカロリーは全部1カロリーだと思うようにしている。

・家では基本的に倒立していた。

[2012年10月7日 「目撃者」公演 97回目]



中田ちさと:・明日香になりたい。デビューのひまわり組の公演の時からずっと言ってる。同期だけど、やっぱりね、完璧なのね、明日香ちゃんは私にとって。人柄がいい。人間的な温かみがある。

・大家志津香から遠まわしに目が離れてると言われ、「もうしーちゃん電話帳から消すわ」

[2012年10月2日 「目撃者」公演 96回目]



佐藤聖羅:・じゃんけん大会では、初対面の大家志津香さんにすれ違いざまに、いきなり谷間を吸われてしまった。SKEにも出口陽という変態がいる。倉持さんも変態じゃないですか。って思うと(AKB48の)4期生はすごく変態がいると思った。

[2012年9月28日 「ラムネの飲み方」AKB48劇場出張]



・AKBに入る前にバイト経験があるが、3時間でやめてしまった。

(2012年9月22日 「目撃者」公演 97回目)



・何年に1回ぐらいしか体調を崩さない父が風邪をひいて、38度5分出てて、家族中大騒ぎになったことがあった。体中に冷えピタ貼って、布団でぐるぐる巻きにしたら、朝お父さんが起きたら、熱が34度まで下がってしまった。

(2012年9月22日 「目撃者」公演 96回目)



・「陽菜ちゃんところに行って、「プレゼント」って言ったんです。そしたら陽菜ちゃんがちょっと考えて、悩んだ挙句、自分の耳こうやってやって、耳を差し出してきたんです。ついに陽菜ちゃんがここまできたかと思って。私がこの耳を育ててきて、ほんとに良かったなって思って」

倉持明日香 23歳の生誕祭 (誕生日当日)

・進行役は松原夏海

・松原夏海がプロデュースしたVTR(メンバー出演おめでとうメッセージ)が流される

倉持明日香「ヤバイ、おもしろ過ぎて、涙が出た」
松原夏海「毎年ね、手紙を読んでるから、今年は映像にしようと思って、作ったんです」客、拍手

・ファンのみなさんにお礼

倉持明日香「毎年この劇場で誕生日をお祝いしてくださって、生誕実行委員の方も何ヶ月も前から、いろいろ企画してくださったり、握手会の時に集まって、メッセージカード集めてくださったりとか、すごいこう、たくさんの方が私のこの生誕祭に、ここに入られてる方だけじゃなく、今日は外で待ってくださったり、お仕事で来れなかった方も、すごくたくさんの方が私のお誕生日をお祝いしてくれてるって思うと、ほんとに心があったかくなって、すごくすごく嬉しいです。毎年すごく幸せを感じる日なんですけども、私はすごくファンの方に支えられてここまで来ているのですけど、なかなかこう、一歩一歩でしか成長できないところがけっこうありまして。なんですが、私は大器晩成型なので、みなさん末永く見守ってくださると嬉しいなと思います。なので、大器晩成っていうのは、私がちっちゃい時からお父さんに言われ続けてる言葉で、「お前は大器晩成型なんだよ」ってちっちゃい時からずっと言われてるので、未だにちょっと理解はよくできてないのですけど、大きくなったらもっと大人になったら、きっと何か開花するんじゃないかなと思いますので、みなさん、私と共に、一歩一歩進んでくださって、そして支えてくださると嬉しいです。これからも倉持明日香の応援よろしくお願いします。今日はほんとにありがとうございます」

・23歳の抱負

倉持明日香「そうですね、今年は、22歳は私がこれからやりたいことが見つかった1年で、AKB新聞でスポーツ記者として、いろんな方に取材をさせていただいて、今年の目標って言って、年明けぐらいに言った「スポーツキャスターになりたい」って言った、その仕事を今させていただいて。で、この間もそのお仕事で、ロンドンオリンピックに取材させていただいて、それがすごく私の中で、大きいなキーポイント、ターニングポイントで、自分の中で変われた1年だったので、そのお仕事、スポーツに関して、もっともっと知識を広めたいですし、アイドルがちょっとスポーツをかじってるみたいに思われたくないので、たくさんの知識をつけて、何年後かに、実際にほんとにスポーツキャスターとして、そして4年後のリオのオリンピック、リオ五輪にスポーツキャスターとしてもう1回取材しに行くことが私の今の目標なので、23歳とは言わず、今の私の目標は4年後のオリンピックにスポーツキャスターとして仕事をしに行くことです。なので、みなさん応援していてください。よろしくお願いします」客、拍手

(2012年9月11日 「目撃者」公演 94回目)



・前に劇場公演に両親が見に来たことがあったが、父は「かわいいな」と思った他のメンバーのことをずっと見ていて、母は私と間違えて違うメンバーを見ていたという、ちょっと悲しい思い出がある。

[2012年8月20日 「目撃者」公演 90回目]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND