FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

【AKB48】 片山陽加 ベランダで1人で線香花火(2012/07/03、「目撃者」公演 84回目)

■出演メンバー
新チームA → 岩佐美咲・多田愛佳・大家志津香・片山陽加・倉持明日香・高城亜樹・仲川遥香・中田ちさと・仲谷明香・前田亜美・松原夏海

チーム4 → 田野優花
チーム未定 → 小林茉里奈・名取稚菜・森川彩香

12期研究生 → 武藤十夢

前座ガールズ → 村山彩希・北汐莉・雨宮舞夏

■ポジション
不在チームAメンバー 4名(小嶋陽菜・篠田麻里子・高橋みなみ・前田敦子)

小嶋陽菜 → 小林茉里奈
篠田麻里子 → 森川彩香
高橋みなみ → 田野優花
前田敦子 → 名取稚菜

指原莉乃(HKT48) → 武藤十夢

■公演前の陰アナ
倉持明日香 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。 今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください」

「みなさんこんばんは、倉持明日香です」客、拍手

「ありがとうございます。チームAとして7月初の公演ということで、今年も後半戦がスタートしましたが、みなさん盛り上がる準備できていますか?」客、拍手

「もう1回いきます。盛り上がる準備できていますか?」客、拍手

「ありがとうございます。開演までもう少しお待ちください。倉持明日香でした」客、拍手

■開演前
# 研究生の村山彩希・北汐莉・雨宮舞夏が上手袖より入場

雨宮舞夏 「「目撃者」公演では、毎回公演が始まる前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。 今日はこの3人でお届けします」

北汐莉 「北汐莉です」客、拍手
雨宮舞夏 「雨宮舞夏です」客、拍手
村山彩希 「村山彩希です」客、拍手

北汐莉 「それでは歌わせてください。前座ガールズで、ミニスカートの妖精」客、拍手


◆M00.ミニスカートの妖精 (前座ガールズ)


曲終了後、
村山彩希 「「目撃者」公演始まります」

緞帳閉まる。

◆ オーバーチュアー

◆M01.目撃者 (全員)
◆M02.前人未踏 (全員)
◆M03.いびつな真珠 (全員)
◆M04.憧れのポップスター (全員)

■MC1(自己紹介)
メンバーたち 「イェー」

多田愛佳 「みなさん、こんばんは」
みんなで 「AKB48です」客、拍手

# 多田愛佳 序盤4曲紹介

お題提供:サイトさん
お題:7月は行事が多いですが、みなさんが行ってみたい、やってみたい行事はなんですか?

1列目 上手側から順に
大家志津香 「はい、できませんは言いません、福岡県から来ました、大家志津香です。よろしくお願いします」

「私はやってみたい行事と言いますか、今もうほんとに沖縄がすごい好きでですね、 沖縄の花火大会があるなら行きたいなと思います。というわけでみなさん今日も一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

高城亜樹 「ハイ、緑茶、麦茶、烏龍茶、でもやっぱり?」客「あきちゃ!」
「ありがとうございます。高城亜樹です。よろしくお願いします」

「私がやってみたい夏っぽい行事はですね、長年キャンプに行ってないなと思ったので、 キャンプに行って、川下でしたっけ? とりあえず自然の川の中に飛び込みたいです。 今日もみなさん一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

多田愛佳 「ハ~イ、あなたのハートをズッキンドッキン、心の癒しになりたい、心の天使、らぶたんこと多田愛佳です」

「私は夏と言ったらライブって感じなので、AKBもライブやるんですけど、なのでほかのアーティストさんの 野外ライブとかコンサートとか行ってみたいなと思います。普通でしょ?」客w

「はい、よろしくお願いします

仲谷明香 「ハイ、私の半分は、優しさでできていま~す」客、ひゅ~
「なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「お題に行く前にこの前、オズの魔法使い・ウィズというミュージカル、宮本亜門さんがやるミュージカルのオーディションだったんですけど、 なかやんはちょっと落ちてしまったのですけど、落ちたことをここで言いたかったわけじゃないですけど、 とりあえず、6人という最終に残って、いいステージに立てたことがすごく嬉しかったので、 ちょっとここで、悔しかったけど、最後まで行けて良かったなっていう報告をさせていただきました」客、拍手

「ごめんなさい、すみません、ありがとうございます。で、お題に戻りまして。 ミュージカルとかいろいろ挑戦できるようにがんばりますなんですけど、私が夏にしたいことは、ミュージカルやりたかったけど、 ミュージカルは置いといて、流し素麺です」客、軽くw

「普通です。ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

倉持明日香 「はい、みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私が夏にやりたいのは、花火大会に去年は行ってない気がするので、 花火大会に行きたいなと思います。1人じゃなくて、今年はメンバーと一緒に」
仲川遥香 「行きたい~」
倉持明日香 「ありがとう、はるごん」
多田愛佳 「私も明日香と行きたい」
仲川遥香 「私も明日香と行きたい」
倉持明日香 「聞いてください。お題と関係ない話なんですけど、なんか急に今日楽屋で、急に年下のメンバーが急に私のこと明日香って呼び始めて」客w
メンバーたち 「明日香!」
岩佐美咲 「あすか~(↑)」コールみたく(客w)
倉持明日香 「なんか1人違う、1人違う」
仲谷明香 「ファンの人いる?」
倉持明日香 「なんか違うよ、わさみん」
多田愛佳 「なんかちぃちゃんがね、けろちゃんのこと明日香って呼んでて、明日香って呼んでみたら なんかすごいけろちゃんの彼氏みたいな気分になれたの。だからなんかちょっと嬉しくて。明日香ってこれから呼ぶ」
仲川遥香 「明日香花火行こうね」
倉持明日香 「うん、ありがとう。なんかすごい、明日香って呼ばれることそんなにないのでメンバーから。 ちょっとドキドキしながら今日の公演がんばりたいと思います。今日もよろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
岩佐美咲 「ハイ、高校3年生、17歳のわさみんこと岩佐美咲です。よろしくお願いします」

「私は昨日一昨日と京都に行ってきたんですけど、旅行で、普通に。 で、行ってから気づいたんですけど、7月の10日から祇園祭っていうのが京都であるみたいで、 ちょっと、もうちょっと時期を見れば良かったなと思ったのですけど、 ほんとに2日前ぐらいに「そうだ、京都行こう」って」客、軽くw

「行っちゃったんで、来年はちょっと我慢して祇園祭に行きたいなと思います。 今日はみなさんよろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、私が「まりなってる」って訊いたら「まりなってる」って言ってください。 お願いします。せ~の、Everyone everyday まりなってる?」客「まりなってる」

「ありがとうございます。10期生の16歳、まりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はですね、盆踊りみたいな、わりと小規模なお祭りにしか行ったことがなくてですね、 1回だけ花火大会に行ったのですけど、その時はその盆踊りに比べて、出店の混み具合がハンパなくて、 焼きそばが買えなかったことしか覚えてないので、今年はちゃんと花火を見に行きたいなと思います。 今日もよろしくお願いします」

田野優花 「チーム4、15歳の田野優花です。よろしくお願いします」

「私は阿波踊りをやってたんですけど、それでちょっとAKBに入ったのでやめてしまって、 それでたまに地元で夏になると阿波踊りのお祭りみたいなのが開催されるんで、今年はそこに混じって 一緒に踊ろっかなと思います。今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

中田ちさと 「ハイ、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私は夏と言えば花火だと思うのですけど、この間はーちゃんが1人でベランダで線香花火をしてたらしくて」客w

「なんか1人で線香花火やる女子ってなんかヤバイなと思っちゃって」
片山陽加 「そんなことない。すんごい楽しいんだからね」
中田ちさと 「だから私がちょっと参加してあげようかなって。きっとはーちゃんは私を求めてると思うので」
片山陽加 「別にいいよ。要らない」
中田ちさと 「無理しなくていいよ」
片山陽加 「もっと若い子と一緒にやりたい」
中田ちさと 「じゃ~、田野ちゃんぜひ行ってあげてください。嫌かな?」客w
誰か「嫌そう」
中田ちさと 「なので私が行って、一緒に楽しみたいと思います。よろしくお願いします」

名取稚菜 「幸せを運ぶ4つのエクボ、あなたに幸せを届けます。わかにゃんこと名取稚菜です。よろしくお願いします」

「私は7月の行事が七夕ぐらいしかわからないので、夏だからこそずっとやってみたかった闇鍋?そういうのをやってみたいんですけど、 何出汁でやるんですかね?闇鍋って」
中田ちさと 「何それ?」
名取稚菜 「なんか、いろんなモノを持ち寄って。チョコとか入れるやつじゃないですか?」
岩佐美咲 「暗くして食べるんだよね、電気を」
名取稚菜 「あっ、そうなんですか?」
岩佐美咲 「だから闇鍋って」
仲川遥香 「火傷しちゃうね」客、軽くw
岩佐美咲 「それは気をつけてください」
名取稚菜 「暗い所でやるのが闇鍋なんですか?」
岩佐美咲 「そうそう、暗い所で、じゃ~、具材入れようって電気消して入れて、知らないまま食べるっていう」
メンバーたち 「あー」
仲川遥香 「食べて、チョコじゃんみたいなノリ」
名取稚菜 「なるほど。そうですね、それをやってみたいです。 今日も笑顔でいくのでよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
松原夏海 「ハ~イ、みなさんご一緒に、うん! みんみんみん、なっつみん! ありがとうございます。 なっつみぃこと松原夏海です。よろしくお願いします」

「夏のカンカン照りの中、私は海で釣りをする行事をやりたいなと思うのですけど、 今日は海じゃないけどここでみなさんを釣っちゃうぞ♪」客、おー

「なんつって。よろしくお願いします」

武藤十夢 「12期研究生の武藤十夢です。よろしくお願いします」

「私は毎年友達をいっぱい呼んで、家でバーベキューとかを前までやってたのですけど、 去年と一昨年ぐらいはちょっと時間がなくてできなかったので、今年こそはやりたいなと思います。 今日もよろしくお願いします」

森川彩香 「はい、私が質問したら「大好き」と言っていただけたら嬉しいです。アーヤロイドは好きですか?」客「大好き!」

「はい、知ってます。11期生の16歳、高校2年生のアーヤロイドこと森川彩香です」

「私は夏と言ったら水風呂に入ってしゃぼん玉をするのをいっつもいっつもやってるんですけど、 それをまたやりたいです。はい、今日も笑顔でいくのでよろしくお願いします」

仲川遥香 「みなさんこんばんは」客「こんばんは」

「仲川遥香です。よろしくお願いします」

「私はですね、この間、1ヶ月ぶりくらいにぼっち会ができて、あっちゃんとあきちゃと楽しむことができて、 そこで約束したことがあって。今年の夏に花火をやりに海に行こうって約束したのですけど、 今あっちゃんが教習所に通ってまして、免許を取ってもらって早く。で、私とあきちゃも自動車部なんですけど、 まだなんにもしてないので、あっちゃんの運転に任せて、事故らないように海にドライブにでも行きたいなと思います。 というわけで、今日はみなさん、盛り上がって、夏らしく、まだ夏じゃないけど熱くいきましょう。よろしくお願いします」

前田亜美 「はい、高校2年生の17歳、あーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私はクワガタを獲りに行きたいのと、あと、うどん作りたい、ハハw」客、軽くw
仲川遥香 「亜美ちゃんどうしちゃったの?」
前田亜美 「ちょっと忘れちゃって」
仲川遥香 「うどん作りたいのね」
前田亜美 「うどん作りたいわ、大好きなの。今日はみなさん一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ」客、ひゅ~
「アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「片山はですね、みんなで肝試しみたいなことしたいなと思って。 私は脅かすほうをやりたいんですよね。みんなが驚いてる顔が絶対いい顔してるんです」
仲川遥香 「砂かけ婆みたいな」客、軽くw
片山陽加 「何?」
仲川遥香 「砂かけ婆みたいな」
片山陽加 「私が?」
仲川遥香 「うん。いいと思う」
片山陽加 「なんで砂かけ婆をチョイスしたの?」
仲川遥香 「似合いますよね? 似合うし驚かせれると思う」
片山陽加 「別にもっとあるよね?なんかね」
松原夏海 「違うよ、はるかさんは婆の部分だけを」客w

「意識したんでしょ?」
仲川遥香 「そんなことないよ。若いもんね」
片山陽加 「1コしか違わないんだよ、ここ。同じはるか同士じゃん。もうちょっと優しく扱ってよ」
仲川遥香 「ウン」客w
片山陽加 「適当だ。あとですね、今年水着を買ったので、海で泳いだことないんですけど、 プールでとりあえず練習して、海で泳ぎたいなと思います」
前田亜美 「どんな水着?」
片山陽加 「みんな今日食いつくね」客、軽くw

「なんだろうね」
仲川遥香 「ビキニ?」
片山陽加 「ビキニ買ったの。初めてビキニ買ったの」
前田亜美 「繋がったやつじゃないの?」
片山陽加 「違う、パレオじゃない。パレオって言うんだっけ?昔流行ったやつでしょ? スク水のほう?」
前田亜美 「うん」客、軽くw
仲川遥香 「歳考えて。亜美ちゃんと違うの」
前田亜美 「そうだった」
片山陽加 「ちょっとした、ちょっと危ないと思うのね。 というわけで今年の夏も楽しんでいけたらなと思います。今日は最後までみなさん楽しんでいってください。よろしくお願いします」

松原夏海 「ハイ、本日の「目撃者」公演は以上のメンバーでお送りします。続いてはユニットの登場です。 新たなことにも挑戦しているAKB48、みなさんはその目撃者になってください」客、拍手


◆M05.腕を組んで (仲谷明香・多田愛佳・倉持明日香)
◆M06.炎上路線 (高城亜樹・大家志津香)
◆M07.愛しさのアクセル (片山陽加)
◆M08.☆の向こう側 (中田ちさと・倉持明日香・多田愛佳・岩佐美咲)
◆M09.サボテンとゴールドラッシュ (大家志津香・片山陽加・前田亜美・森川彩香・松原夏海・仲川遥香)

■MC2
大家志津香・片山陽加・森川彩香・仲川遥香・前田亜美・松原夏海

# 大家志津香 ユニット曲5曲紹介

「ここでのMCのお題はですね、今一番したいことです。いろいろしたいこと、その時々で変わりますけど。もう今したいこと」

前田亜美 「爪切りたい」
大家志津香 「そっち系? マジで今したいことだね」
前田亜美 「あとは家の電気が今切れてて、換えたいっていう」
大家志津香 「めっちゃ個人的なね」
前田亜美 「そう」
大家志津香 「お母さんに言いなよ」
前田亜美 「言ってんだけど。流しの電気が点いてないの・・・」

松原夏海 「ほんとに今?」
大家志津香 「今やりたいこと」
仲川遥香 「はーい」
松原夏海 「はるかさん」客、軽くw
仲川遥香 「みんなでご飯行きたい」
大家志津香 「今?」
仲川遥香 「ううん。公演終わったら。今度行こうね」
松原夏海 「誰も行きたいって言わなかったね」
大家志津香 「メンバーってさ、みんなでどこどこ行きたいとか言うけど、実現したこと無くない?」
片山陽加 「30%ぐらい、たぶん実現率」
松原夏海 「わかんないよ、しーちゃんだけ誘われてないだけかも」客w
大家志津香 「ひど過ぎるでしょ。ほんとに? みんなでディズニー行こうって、行ってたの?」
松原夏海 「私もわかんない。すごい不安になってきちゃった」
メンバーたち → w
片山陽加 「そういうのない」
松原夏海 「ほんとに?」

森川彩香 「私、メガネ換えたくて。メガネのレンズすっごい傷だらけになっちゃって」
大家志津香 「何したの? ほふく前進?」
森川彩香 「落としたりとか、投げちゃったりとかするんですよ」
大家志津香 「なんで投げるの?」
森川彩香 「寝る時にポイって投げて」
大家志津香 「あー」
前田亜美 「わかる。なんだろうね、メガネって。私もここ取れてる」
大家志津香 「でもメガネ投げるのめっちゃわかるわ。あとさ、洗濯機の上に置いたまま洗濯機まわしてグググって」
仲川遥香 「わかる、それよくあるね」
松原夏海 「よくあるんだ」
仲川遥香 「ない?」
松原夏海 「私メガネかけないから」
大家志津香 「この中でメガネの人?」

# 大家志津香・森川彩香・前田亜美 挙手

大家志津香 「3人だけなんだ」
松原夏海 「すごい目がいいの、私」
片山陽加 「らやましい」
松原夏海 「2.5、2.5」客、反応
メンバーたち 「マジ?」
大家志津香 「絶対ない」
仲川遥香 「絶対ウソだ。だって遥香が測るところは2.0までしかない」
松原夏海 「ほんとほんと」
大家志津香 「2.5なんてない」
仲川遥香 「ないよね」
松原夏海 「大きなスーパーのメガネ屋さんで、機械で測るやつ、あれで測ったら2.5が出てきたもん、紙で」
仲川遥香 「ウソだー。じゃ~、もうほんとみなさんのこと見えるね」
松原夏海 「ほんとに見えるんです。誰が私のこと見てないかっていうのもすごいわかる」
メンバーたち 「あー」

松原夏海 「じゃ~、最後はーちゃんガツンと」
仲川遥香 「ガツンと」
片山陽加 「考えたやついい? ほんとくだらないんだけど、みんなで線香花火大会したい」客w
大家志津香 「出た、みんなでシリーズ。うちら誘われないよ」
片山陽加 「今すぐこの会場にいる人が外に出て、アキバのどっか公園で体育座りして」
仲川遥香 「絶対オレ落ちた、オレも今落ちたみたいになるよ」
松原夏海 「残念だけど東京花火ダメなんですよ」
片山陽加 「あっ、そうなんだ、ダメなんだ」
仲川遥香 「じゃ~、家の中で」客、反応
片山陽加 「そういう地味に楽しいことを」
大家志津香 「考えるだけでも楽しいからね、そういうことは。いろいろ楽しいことはありますが」
片山陽加 「みなさんね、AKB48何か見たいな、いや、ちょっと待って。今言いたいこと違った。どうしよう」
仲川遥香 「ババァ」
片山陽加 「今したいことがAKB48を見に行きたいっていう風に言ってもらえるように。これが言いたかったんです」
大家志津香 「なんで言えなかったの?逆に」
片山陽加 「なんかね、変なのがピヨーンって横切ってった、右から左に。 ということでみなさんもね、これからもっともっと好きになってもらえるようにがんばっていきます。」 それでは後半戦この曲から参りたいと思います。どうぞ」客、拍手


◆M10.美しき者 (全員)
◆M11.アイヲクレ (全員)
◆M12.摩天楼の距離 (全員)


■MC3
前半:仲谷明香・倉持明日香・田野優花・多田愛佳・高城亜樹・中田ちさと・片山陽加・大家志津香

# 倉持明日香 中盤曲3曲紹介

倉持明日香 「今日のお題ははーちゃんから」
片山陽加 「もう時期ね、夏ということで・・・」
高城亜樹 「はーちゃん息切れすごいよ」
中田ちさと 「ちょっとお歳のほうがね」客w

「召してるから。どうぞ」
片山陽加 「夏も近いということで、今日はですね、夏にちなんだA&Bをしたいと思います」

「1コ目のお題はですね、まずお祭りに行った時に最初に食べる物は。A 焼きそば、B りんご飴」
仲谷明香 「こういう二択のことA&Bって言うんだね」
倉持明日香 「はーちゃんが勝手に考えた」
片山陽加 「だってA&B言うよね?」
高城亜樹 「orじゃないの?」
片山陽加 「そうだ、AorBだね」客、軽くw
大家志津香 「どっちでもいいよ」
片山陽加 「こっちが焼きそば、こっちがりんご飴」
メンバーたち 「せ~の」
多田愛佳 「質問何?」
仲谷明香 「愛ちゃんちゃんと聞いてて」
片山陽加 「お祭りに行った時に一番最初に食べるものは?」
メンバーたち 「♪ティッティッティレ・・・」

りんご飴(下手側) → 仲谷明香高城亜樹倉持明日香大家志津香
焼きそば(上手側) → 田野優花多田愛佳中田ちさと片山陽加

高城亜樹 「分かれました」
片山陽加 「焼きそば4人、りんご飴4人」
高城亜樹 「でもね、正直なところ、私お祭りでこれ両方食べない」
仲谷明香 「何食べるの?あきちゃ」
高城亜樹 「えっ?何食べてたっけ? あんず飴?だから飴に近いほう」
中田ちさと 「りんご飴わかんなかったの」
倉持明日香 「たぶんちぃちゃん食べれないと思う」
大家志津香 「好きじゃなさそう」
中田ちさと 「じゃ~、こっちでいいや」
大家志津香 「たぶんこんな色だよ」
片山陽加 「色はかわいい」
仲谷明香 「りんごが水あめで包んである」

片山陽加 「焼きそばの言い分は、夕方にお祭りって行くじゃん。ちょうどお腹空いてない? だから最初に満たされたくない?お腹。違う?」
大家志津香 「待って。焼きそばとか家で食べれるやんって感じ。りんご飴はお祭りならではの」
片山陽加 「そうだけどね」
仲谷明香 「私はちっちゃいものをいっぱいつまみたい人」
大家志津香 「わたがし、りんご飴」
仲谷明香 「そうそう」
中田ちさと 「そうだよね、焼きそばいっぱい食べちゃったら後から食べれないよね。そうだよね」りんご飴に移動
大家志津香 「というわけでこっちの勝ち」
高城亜樹 「第2問いこう」

片山陽加 「第2問目。花火をするなら」客、反応

「A 打ち上げ花火、B 手持ち花火。さー、どっち。よーいスタート」
メンバーたち 「♪ティッティッティレ・・・」

手持ち花火(下手側) → 片山陽加多田愛佳田野優花中田ちさと
打ち上げ花火(上手側) → 大家志津香倉持明日香仲谷明香

高城亜樹 → 真ん中

倉持明日香 「あれっ?おたまる(高城)、打ち上げ花火を手に持つってこと?」客、軽くw
仲谷明香 「危なっ」
高城亜樹 → 手を振って否定
倉持明日香 「じゃ~、なんで中間にいるの?」
高城亜樹 「聞いてください。私、ちっちゃい時に幼稚園の年中の時に線香花火って、ピロピロのほうに火点けないじゃないですか。 普通の花火ってピロピロのほうに火点けるじゃないですか。それで、ピロピロのほうに火点けて線香花火したら火傷しちゃったんですよ。それから両方花火怖くて」
倉持明日香 「なるほどね」
高城亜樹 「室内で打ち上げ花火見てる分にはいいけど、自分で打ち上げ花火とか花火するのは怖いの」
大家志津香 「めっちゃ楽しいじゃん」
倉持明日香 「しーちゃんでも手持ちだと思った。去年の夏しーちゃんと一緒に花火やったんですけど、しーちゃんすごかった、なんか」
大家志津香 「言うな、それは言うな」
倉持明日香 「わかった、言わない」
仲谷明香 「何やったの?」
メンバーたち 「気になる」
高城亜樹 「しーちゃんこそ打ち上げ花火を手に持ってやるタイプだと思うんだ」
大家志津香 「そんなのしないよ」
倉持明日香 → w
大家志津香 「何思い出しちゃってるの?」
倉持明日香 「懐かしいね」

片山陽加 「キレイに半々に分かれるね。じゃ~、第3問目。夏に泳ぎに行くなら、A プール、B 海」

「よーい、スタート」
メンバーたち 「♪ティッティッティレ・・・」

海(下手側) → 高城亜樹大家志津香仲谷明香片山陽加
プール(上手側) → 田野優花倉持明日香中田ちさと多田愛佳

大家志津香 「完全海。だってプール、魚いないもん」手を広げる(客w)
中田ちさと 「なんなの?」
誰か「ミュージカル」
仲谷明香 「お魚好きやもんね?」
大家志津香 「大好き」
中田ちさと 「日焼けしちゃうし」
倉持明日香 「そう、日焼けしちゃう」
高城亜樹 「プールも日焼けしちゃうって」
中田ちさと 「しない」
倉持明日香 「それは屋内プールに行った場合でしょ? 市民プールとか屋外じゃん」
中田ちさと 「市民プールw」
メンバーたち 「懐かしい」
多田愛佳 「海はさ、波だけしかないけどプールはいろんな流れるプールとか、いろんな種類があるじゃないですか」
仲谷明香 「でも海のほうが浮きやすいんだよ」
多田愛佳 「クラゲいるもん、クラゲ」
片山陽加 「海の家あるんだよ、だって海には」
倉持明日香 「プールにも売店あるから」

# 高城亜樹 → プールへ移動

倉持明日香 「おたまるが移動してきたよ」
高城亜樹 「だって、いろいろ種類あるんでしょ?」
大家志津香 「海だってタコとかイカとか」
仲谷明香 「そうだよ、しーちゃんが獲ってくれるよ」
片山陽加 「じゃ~、ちょっと待って。後半戦の子に訊いてみよう。 みんな、海派とプール派どっち?」

# 次のメンバー入場

メンバーたち 「♪ティッティッティレ・・・」

海派 → 前田亜美松原夏海名取稚菜
プール派 → 小林茉里奈岩佐美咲森川彩香武藤十夢仲川遥香

大家志津香 「あっ、負けた」
仲谷明香 「ごめん、それが訊きたかっただけ」
片山陽加 「絶対プールより海のほうがいいよ」

# メンバーチェンジ

後半:松原夏海・小林茉里奈・岩佐美咲・名取稚菜森川彩香・前田亜美・武藤十夢・仲川遥香

松原夏海 「どっちでも楽しいからね」

岩佐美咲 「後半MCのお題はもうちょっとで七夕ということで、みなさんの願い事を教えてくださいです」

松原夏海 「お願い事。えっと、彦星様と織姫様が会えることです」客、反応
メンバーたち 「どうしたんですか?」
仲川遥香 「あー、次いこう」
松原夏海 「これ模範解答だから。アイドルの模範解答」
岩佐美咲 「なんで一番かわいいやつ取っちゃうの?」客、軽くw
仲川遥香 「でも、ハイ! ちょっと近いけど、あの、私、まだ織姫と彦星見たことないんですよ。天の川見えるんですよね?空見ると。 それを見たことないので、今年は晴れること願って、それが見れるようにお願いしたいと思います」
松原夏海 「私も見たことないわ」
岩佐美咲 「今日みんなかわいくない? ちょっと何よ。ちょっと期待してたのと違った」

前田亜美 「私ね、大きいテレビ欲しい」客w
メンバーたち 「現実的」
仲川遥香 「でも今テレビ安いよ」
前田亜美 「ほんとに? うちね・・・」
岩佐美咲 「生活観溢れるアイドル嫌だな」客、軽くw

「テレビ今安いの?」
仲川遥香 「テレビ今安いよ」
前田亜美 「テレビ1コしかなくて、めっちゃちっちゃいの。だからみんなで固まって見るしかなくて」
松原夏海 「かわいい」
岩佐美咲 「いいじゃん、仲良しで」
前田亜美 「見えないの、何書いてるか上のほう」
岩佐美咲 「まさかだと思うけど、分厚いやつじゃないよね?」
前田亜美 「それはちょっと卒業した、最近だけど」
松原夏海 「アナログね」
前田亜美 「ギリギリまで」
仲川遥香 「DVDプレーヤーと買うと余計安くなるらしいよ」
前田亜美 「ほんと? 使おうかな」
仲川遥香 「セットで買いな」客、軽くw
前田亜美 「うちね、録画できないの」
仲川遥香 「じゃ~、買ったほうがいいよ。安い安い」
岩佐美咲 「はるごん電気屋さんのまわしものみたいだけど大丈夫?」

名取稚菜 「友達が車の免許を取れますようにって」
岩佐美咲 「優しい」
名取稚菜 「優しいんじゃなくて、車の免許を友達が取ったらいろんなところ連れて行ってもらえるじゃないですか」
松原夏海 「たしかに。連れて行ってあげる」
仲川遥香 「なっつみぃが一番近いよ」
前田亜美 「今日行ったって言ってた」
松原夏海 「なんで知ってるの?」
仲川遥香 「Google見た」
松原夏海 「見てるねー、Google見てるねー。ちゃんと教習行ってきましたよ、今日も」
仲川遥香 「学課大変だね」
松原夏海 「なんで知ってるの?」
仲川遥香 「やろうと思ってるんだけど、学課ができないから絶対やりたくない」客、軽く反応
岩佐美咲 「はるかの運転ヤバイ」
松原夏海 「どこ行きたいの?車で」
名取稚菜 「海行きたいです」
岩佐美咲 「いいね」
名取稚菜 「そうなんですよ。湘南とか」
松原夏海 「いいね、近い近い」
仲川遥香 「なっつみぃに連れて行ってもらいな」
名取稚菜 「連れて行ってもらいたいです」
松原夏海 「バーレスク見ながら行こうね」
名取稚菜 「あっ、行きましょう」
岩佐美咲 「嵌ってますよね、今バーレスク」
松原夏海 「ここしか共通がないんですよ」
岩佐美咲 「みんなあんまりわかってない」
松原夏海 「あっ、引き潮引き潮、海だけに、なんつってね」客、軽くw → 拍手
メンバーたち → w
岩佐美咲 「なっつみぃ今日ヤバイ」

小林茉里奈 「私はですね、自分のお部屋に足の踏み場が欲しい」
岩佐美咲 「それは・・・」
松原夏海 「まさか、なんとか屋敷」
小林茉里奈 「そこまでじゃないですよ」
小林茉里奈 「食べかけとか置いてないですよ。置いてないですけど、食べ終わりはありますかね」
松原夏海 「えー?」
仲川遥香 「ハウスクリーニング呼びなよ」
岩佐美咲 「掃除しなよ、それは」
小林茉里奈 「めんどくさいんですもん」
仲川遥香 「ハウスクリーニング呼びなよ」
松原夏海 「はるかさんはお掃除がすごい上手だよね」
小林茉里奈 「そうなんですか?」
岩佐美咲 「きてもらえば?家に」
仲川遥香 「無料でやるよ。今なら無料です」

「そんな感じで七夕、いろんな方の、みなさんの願いが叶うように、私たちの願いが叶うようにお願いしたいと思います。 そんなわけで私たちAKB48の応援これからもよろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

松原夏海 「私たちにはそれぞれ夢があります。今何をしてるんだろう? 今やれることってなんだろう?って 時々考えます。それでも私たちは夢に向かって伸びている道をまっすぐ歩き続けます。 それでは最後の曲です聴いてください」

# 他のメンバー入場

松原夏海 「命の意味」


◆M13.命の意味 (全員)

■アンコール


◆M14.I'm crying (全員)
◆M15.ずっと ずっと (全員)


■MC4
片山陽加 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

片山陽加 「I'm crying、ずっと ずっと、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
「ありがとうございます。ステージに立つ16人の本気をみなさまにお届けできるよう、 これからもがんばっていきたいと思います。AKB48の応援をよろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手 片山陽加 「それでは本当に最後の曲です。聴いてください。Pioneer」


◆M16.Pioneer (全員)


曲終了後、
高城亜樹 「本日はご来場ありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」

高城亜樹 「今日は私たちAKB48の26枚目のシングル「真夏のSounds good !」をここにいるメンバーで 歌わせていただきたいと思います」客、拍手

# メンバーたち所定の位置へ

高城亜樹 「それでは聴いてください。真夏のSounds good !」


◆M17.真夏のSounds good ! (全員)


曲終了後、
倉持明日香 「みなさん、真夏のSounds good !聴いていただきましたがいかがだったでしょうか?」客、拍手 「ありがとうございます。これからもAKB48そして真夏のSounds good !の応援どうぞよろしくお願いします」 みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手 # ハイタッチ案内 「それでは最後の挨拶しましょう」 メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

BGM → 目撃者

# メンバーたち手を振りながらハケる

# 公演終了


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームAメンバー、正規メンバー、研究生、五十音順に並ぶ。(※ 16歳未満&前座ガールズを除く)


公演後のメンバーコメント(DMM)

公演後の感想 → 中田ちさと仲谷明香



岩佐美咲


多田愛佳


大家志津香


片山陽加


倉持明日香


小嶋陽菜


指原莉乃


篠田麻里子


高城亜樹


高橋みなみ


仲川遥香


中田ちさと


仲谷明香


前田敦子


前田亜美


松原夏海


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND