【HKT48】 男の子になったら『あやきゃんめん』 (2012/06/02)

HKT48劇場 / HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演

17時開演 / 18時54分終演

■出演メンバー
チームH: 植木南央・熊沢世莉奈・兒玉遥・古森結衣・下野由貴・田中菜津美・谷口愛理・中西智代梨・松岡菜摘・宮脇咲良・本村碧唯・森保まどか・若田部遥

研究生:今田美奈・仲西彩佳・深川舞子

■休演
3名休演 (穴井千尋・菅本裕子・村重杏奈)

穴井千尋 → 深川舞子
菅本裕子 → 今田美奈
村重杏奈 → 仲西彩佳



■開演前の陰アナ
兒玉遥 「みなさん、今日の気分はいかがですか? 先ほど雨が降って、みなさんアングリーになってませんか?  そんな時は幸せになる呪文をかけちゃいましょう。私の後に続いてください」

「H」客「H!」

「A」客「A!」

「P」客「P!」

「P」客「P!」

「Y」客「Y!」

「HAPPY」客「HAPPY!」

「以上、はるっぴこと兒玉遥でした。間もなく開演です」

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)

◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴーNo2 (タイトルの声出し:松岡菜摘)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVESONG

■MC1 自己紹介
兒玉遥 「みなさんこんばんは!HKT48」
みんなで 「チームHです」客、拍手

兒玉遥 「私たちHKT48チームH初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました」客、拍手

「僕らの風、マンゴーNo2、手をつなぎながら、チャイムはLOVESONG、4曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

兒玉遥 「ただいま私たちに聞きたいことを劇場入り口にて募集しています。HKT48モバイルサイトでも募集しています。 みなさまからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください。今日のお題は ペンネーム・オイさんからです。 男の子になったら何をしたいですか?です。 それでは熊沢世莉奈ちゃんからよろしくお願いします」

※ HKT48モバイル:フィーチャーフォン / スマートフォン

【1列目 下手側から】
熊沢世莉奈 「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私た男の子になったらやってみたいことは、サッカーをやってみたいと思います。 私、男の子と言ったらサッカーのイメージがあるのですけど、サッカーをやって、シュートを入れて、金メダルを取りたいです。 それではみなさん一緒に言ってください。今日も一緒に」客「がんばーりーぬ!」

下野由貴 「意地悪なんてしないもん! み~んなにあま~い」客「シナモーン!」

「福岡県出身、14歳のしなもんこと下野由貴です」

「私が男の子になったらやってみたいことは、めんどくさがりなので、髪を乾かすのがめんどくさいので、 男の子になったら坊主にします」

兒玉遥 「今日の気分はハッピーハッピー」客「はるるっぴー!」

「毎日ハッピー! 博多の妖精、はるっぴこと兒玉遙です」

「私は男の子の子に」客、軽くw

「男の子になっても、今みたいに噛んじゃうと思うので、『てへぺろ』って言って、ごまかしたいと思います」

松岡菜摘 「ホルモンが、食べたーい! ホルモンが大好きな平成8年8月8日、 8・8・8生まれの15歳、福岡県出身のなつこと松岡菜摘です」

「私はりーぬとちょっと似てると思うのですけど、スポーツマンになりたくて。 私、スポーツ苦手なんですけど、サッカーをやって、脛(すね)を蹴られた経験があって、 サッカーできなくなったので、男の子になってサッカーをしたいと思います」

本村碧唯 「福岡を信号の色で表します。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり?」客「あおい!」
 
「福岡県出身、15歳、あおいこと本村碧唯です」

「私はですね、男の子になったらういたんと結婚したいです」

以上、捌ける

【2列目 下手側から】
深川舞子 「みなさんの前にも笑顔と幸せが」客「まいこむ!」

「福岡県出身、12歳、中学1年生のまいこむこと深川舞子です」

「私はあいりすこと谷口愛理ちゃんのあいりスマイルを見ながらあいりすに恋をしたいです」

植木南央 「みーんなを笑顔にするっちゃん、片っぽえくぼがチャームポイントの14歳、なおこと植木南央です」

「男の子ってほんとにどの人も野球が好きだと思うんですね。 でも野球ってすごい楽しいけど、デッドボールとかあるじゃないですか。 だからそういう可能性のない、ゲームのパワプロくんをマスターしたいと思います」

今田美奈 「福岡を盛り上げるのは?」客「いまだー!」

「15歳のみなこと今田美奈です」

「私がもし男の子だったら、たぶん女の子にモテるために必死に必死にがんばって、 髪の毛をツンツンにします」

古森結衣 「ういのウインク、ハイどうぞ! 山口県出身、14歳、ういたんこと古森結衣です」

「私が男の子になったら、背が高くなって、いろんな人を見下したいです」客w

仲西彩佳 「肉まん・カレーまん・あやきゃんまん あなたが好きなのは?」客「あやきゃんまん!」

「まずいって言ったらあやきゃんパンチ! あやきゃんまんこと仲西彩佳です」

「私は男の子だったら、ニックネームを「あやきゃんめん」にしたいです」客w&ざわ

「今考えた理由なんですけど、あやきゃんまんの『まん』って、たぶんウーマンのマンなので、 メンズのメンにしたいと思います」

若田部遥 「スリー!ツー!わっかはるゴー! 福岡県出身、13歳、わかはること若田部遥です」

「私が男の子になったらやってみたいことは、白いランニングシャツを着て、短パンを穿いて、 麦藁帽子を被って、虫かごをかけて、虫取り網を持って、森へ向かいたいと思います」

以上、捌ける

【3列目 下手側から】
森保まどか 「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、長崎県出身、14歳、まどかこと森保まどかです」

「私が男の子になったら、午後の紅茶を午前に飲みたいです」客w

「誰かつっこんでって!! 今日もよろしくお願いします」客w

谷口愛理 「愛がいーっぱい、愛理のお返しは愛理スマイル、ホワイトデー生まれのあいりすこと谷口愛理です」

「私が男の子だったら、スポーツもできて、頭も良くって、尊敬されて、 あいつ何でもできるんだからお前もしろよみたいな、そういう感じにしたいです。 不思議の国のあいりすでした。今日もよろしくお願いします」

宮脇咲良 「あなたも、あなたも、みーんなの心に」客「さくら咲けー!」

「鹿児島県出身、宮脇咲良、14歳です」

「私が男の子になったら、このHKT48シアターに来て、まどかに惑わされたいです」
森保まどか ?「やったぜ」客w
宮脇咲良 「今日もよろしくお願いします」

中西智代梨 「朝からすき焼き大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、17歳ちょりこと中西智代梨です」

「私は、私のほんとに勝手なイメージなんですけど、男の子ってロマンチックな言葉を言うと思うんですよ。 ドラマの見過ぎかもしれないのですけど。言ってみたいと思います」

ねーねー、智代梨、夜景がキレイだね。 キレイだね。でも夜景より キレイなもの、見つけてしまった・・・」客、軽くw
田中菜津美 「早く締めて」
中西智代梨 「えっ? 今日もよろしくお願いします」

田中菜津美 「福岡県出身、HKT48最年少、なつみかんこと田中菜津美です」

「私が男の子だったら、海パンを穿いて、そんなの関係ねー!そんなの関係ねー!」客w

「ハイ、今日も1日よろしくお願いしますw」

「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りしますw」引きずる

「ここからは・・・w」
宮脇咲良 「様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.GloryDays (下野由貴・兒玉遥・本村碧唯)
(BD:若田部遥・仲西彩佳・熊沢世莉奈・古森結衣・今田美奈・深川舞子)
◆M06.この胸のバーコード (田中菜津美森保まどか・中西智代梨)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (谷口愛理(黄)・宮脇咲良(ピンク)・本村碧唯(青))
◆M08.雨のピアニスト (熊沢世莉奈・松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.チョコの行方 (若田部遥・植木南央・古森結衣・田中菜津美)

■MC2
若田部遥・植木南央・田中菜津美・古森結衣

植木南央 「GloryDays、この胸のバーコード、ウィンブルドンへ連れて行って、雨のピアニスト、チョコの行方、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「今日は自分の中で一番怖いものについて話していきたいと思います」

古森結衣 「あの、たぶんみなさん思うと思うのですけど、黒くて、こんなので、光ってて、水に寄ってきて、なんだっけな?」
メンバーたち 「ガサゴソ」
若田部遥 「ガサゴソして、台所の隅にいて」
古森結衣 「黒くて、目が光る」
若田部遥 「目じゃないよ」
古森結衣 「オデコ? お尻?」客、軽くw

「あれが無理なの。シュシュシュって。あれ、なんであんなに怖いんですか?」
田中菜津美 「ゴキブリだよね」
古森結衣 「言わんでいい」
植木南央 「ブリコキ?」
田中菜津美 「この間、冷蔵庫の前でジュジュジュー言ってたので見たら、うずらの卵吸ってた」
メンバーたち → 反応
古森結衣 「もういい」

田中菜津美 「前から思ってて。わかはるの毒舌怖すぎ」
若田部遥 → ポーズ
植木南央 「もう1回して」
若田部遥 → ポーズ
古森結衣 「わかはるって「今日もちっちゃいね」とか普通に言ってくる」
若田部遥 「なっちゃんもね」
植木南央 「ういたんが怖いのって大きい人?」
古森結衣 「違う」
田中菜津美 「自分より小さい人は・・・」客、軽くw
古森結衣 「お前!」

若田部遥 「言っていい? みなさん秘密ですよ。(小声で)ういたん」
植木南央 「内緒ね」
古森結衣 「まったく意味わからない」
若田部遥 「気付かれないうちに行こう」
古森以外の3人で「うっそぴょ~ん」
古森結衣 「意味わからない。後で説明しなさい」
若田部遥 「3人で練習してたの。ういたん後で勉強しようね」
3人で「うっそぴょ~ん」客、軽くw
古森結衣 「腹立つ」

植木南央 「みんな怖いものあるのですけど、克服していきたいと思います。ゴキブリとか」
古森結衣 「言わんでいい」
3人で「うっそぴょ~ん」客w
古森結衣 「もうヤダ」

「ということで、後半なんですけど、後半、盛り上がっていただけますでしょうか?」客、拍手

若田部遥 「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、まだまだ続きます」


◆M10.INNOCENCE
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策

■MC3
前半:本村碧唯・深川舞子・森保まどか・仲西彩佳・兒玉遥・田中菜津美・植木南央・熊沢世莉奈

熊沢世莉奈 「INNOCENCE、ロマンスロケット、恋の傾向と対策、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

田中菜津美 「今日はこの前半組8人で、リベンジしたいことについて話していきたいと思います」

「ある人?」
メンバーたち 「ハイ!」
田中菜津美 「まいこみーや」
深川舞子 「私は小学校の時、縄跳びのテストがあって、二重跳びがあって、できなかったので、ゼロだったので、 そのテストをリベンジしたいです」

兒玉遥 「テスト繋がりで。中学の時、サーブのテストがあって、練習の時、いつでもどこにでも入るのに、 テストの時だけ3本とも入らなかった。評価がCになった」滑舌悪い
メンバーたち 「もう1回言って」
田中菜津美 「ガス漏れしてるみたい」

熊沢世莉奈 「せりーぬこと熊沢世莉奈です。私はベビーフェイスってよく言われるので、生まれ変わって、リベンジしたいです」
メンバーたち 「かわいいのに?」
熊沢世莉奈 「じゃ~、そのままでいる」
田中菜津美 「せっかくワイルドになるって言ったのに?」
熊沢世莉奈 「じゃ~、生まれ変わる」
メンバーたち 「軽い」

仲西彩佳 「私は洋服を買いに行って、でもお財布の中に7円しかなくて」客、反応

「明日買いに行こうかと思ったら、楽屋で植木南央ちゃんがその服買ってて」
メンバーたち 「えー」

植木南央 「ごめん・・・」

「6年生の時の卒業式のビデオがあったんですよ。この間見たら、卒業証書授与で、 みんな「ハイ!」って言うじゃないですか。南央は声に空気が多くて、「ハイ」って、声聴こえなくて。 卒業式をリベンジしたいです」
兒玉遥 「ここでやってみたい?」客、拍手

「卒業証書授与。植木南央」
植木南央 「ハイ」
メンバーたち 「カスカスだね」
植木南央 「カスカスじゃない」

本村碧唯 「私は今日タオルを忘れてきてしまったのが」
メンバーたち 「あー」
本村碧唯 「玄関に3枚積んでるのですけど。今日1日、家に戻ってやり直したい」
田中菜津美 「あおいたん、最近タオル持ってるの見たことない」
メンバーたち 「キャラ?」
本村碧唯 「なんでキャラキャラ言うの?」

森保まどか 「今日楽屋で、なつみかんのテンションがおかしい。なんかあった?」
田中菜津美 「トイレでおへそをいじってたら、朝腫れてて」客w
メンバーたち 「リベンジしてください」

熊沢世莉奈 「次は後半チームです」客、拍手

# メンバーチェンジ

後半:今田美奈・下野由貴・谷口愛理・若田部遥・松岡菜摘・古森結衣・宮脇咲良・中西智代梨

今田美奈 「最近のマイブーム、最近の出来事を話したいと思います」客、拍手

谷口愛理 「あいりすこと谷口愛理です。実は不思議の国に昨日行きました」
メンバーたち 「遂に行ったの?」
谷口愛理 「遂に、夢の中で行きました。不思議の国って書いて、枕の下に置いて」
今田美奈 「どんな感じだった?」
谷口愛理 「お城があって・・・」
若田部遥 「ベタやね」
谷口愛理 「中に行かんと不思議の国ってわからん。お城の中に・・・」
メンバーたち 「語り出したら止まらない」
谷口愛理 「ブラックホールがあって・・・」
メンバーたち 「後でゆっくり聞いてあげるから」

松岡菜摘 「あと2ヶ月で、今6月になったので、誕生日で、16歳になるので、大人にならなければいけないなと思って。 2ヵ月で、どう大人になるか。自分と自分との戦いじゃないですか」
今田美奈 「最近あった出来事なんですけど」
下野由貴 「なつはあと2ヶ月で、そのすべりキャラをなんとかして欲しい」
松岡菜摘 「すべる話してないよ」
メンバーたち 「あと2ヶ月で大人」
松岡菜摘 「ムカつく~。おまわりさん~」
メンバーたち 「おまわりさんいないよ」

谷口愛理 「最近気になることがあって。身長は?」
古森結衣 「リアルは話、5月上旬に測ったら147センチでテンション上がって。 でも一昨日保健室で測ったら146.8センチで。私どうしたら背が伸びるんだろうと」
谷口愛理 「ういたん、老化・・・」
古森結衣 「明日起きたら160(?)とかになってるので、みんな見下したいと思います」

下野由貴 「最近、黒蜜に嵌ってるんですよ。最近ういたんがくずきりに嵌ってて」
古森結衣 「そんな渋いの言わんでいい」客w
下野由貴 「くずきりに嵌ってて。普通黒蜜をかけて食べるのですけど、かけないんですよ。 その黒蜜をもらって、ガーって飲んでます」

宮脇咲良 「最近これに嵌ってるんです。メンバーにこうやったら絶対乗せてくるの」差し出した手にアゴを乗せる
古森結衣 「智代梨がするって。3・2・1」
宮脇咲良 → 両手差し出す
中西智代梨 → 宮脇の手のひらにアゴを乗せるも、乗せた瞬間に『おもっ』みたいな感じで手を下ろされる
メンバーたち 「重力には逆らえない」

松岡菜摘 「こんな感じでみなさんも最近起こった出来事を思い返してみてください。 それでは次は最後の曲。今日は谷口愛理ちゃんから」
谷口愛理 「今日来てくれたみなさん大好きで、メンバーも大好きで、そんな大好きな人に向けてこの歌を歌いたいと思います。 それでは聴いてください。大好き」


◆M13.大好き


曲終了後、
松岡菜摘 「ありがとうございました」
メンバーたち 「ありがとうございました」

# メンバーたち捌ける


■アンコール

◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜の夜、水曜の朝

■2分半映像 (スクリーン上映)
植木南央 (キャスター役) 「こんばんは。HKT48ニュース230です。この時間はHKT48のニュースをお送りします。 ニュースの解説者は松岡菜摘さん、若田部遥さんです。お2人よろしくお願いします」
松岡菜摘若田部遥 「よろしくお願いします」

植木南央 「なつこと松岡菜摘SKEは趣味を見つけるために、1000ピースのパズルを始めました。 最初は意気揚々を始めたのですが、2日後、外枠だけ完成して(その後やめてしまいました)。 これについて若田部遥さんどうですか?」
若田部遥 「21時に会いましょう」客、軽くw
植木南央 「松岡菜摘さん、どう思いますか?自分は」
松岡菜摘 「外枠は完成したつもりだったのですけど、山があって、無理矢理嵌めたので、枠が浮いてしまって・・・」

植木南央 「次のニュースです。わかはること若田部遥さんは私服がダサすぎることで有名ですが、 オシャレ番長の熊沢世莉奈さんにアドバイスしてもらってもダサくて、「なで肩のせい」などと言っています。 そのダサさは今では特技となっています」
松岡菜摘 「ひど過ぎて、回りも何も言えない状態です」
若田部遥 「これについては触れないでおこうと思います。最近はメンバーのお下がりをもらって、 徐々に良くなってると思います」

植木南央 「松岡菜摘さんの意外な悩みが発覚しました。分け目をどうするかで悩んでいるそうです。どっちでもいいと思います。 これについては」
若田部遥 「全部上げちゃいましょう」
松岡菜摘 「私はもつ鍋の時、しょう油味にするか味噌味にするかで悩みます」
植木南央 「意味わかりません。私は一昨日ホルモンを食べました」

「今回のHKT48ニュース230を終わります。引き続き公演をお楽しみください」


# 上映後、メンバーたち登場

松岡菜摘 「アンコールありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

松岡菜摘 「アンコール1曲目『ロープの友情』、2曲目『火曜の夜、水曜の朝』聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで 「ありがとうございます」

兒玉遥 「今回の2分半映像はHKT48ニュース230、キャスターを務めてくれたのは植木南央ちゃん、 解説者を務めてくれたのが若田部遥ちゃん、松岡菜摘ちゃんでした。イェー」客、拍手

「今日この3人で230ニュース作ってもらったのですけど、キャスターがあんなカスカスな声で」客w
植木南央 「これで見たらよっぽどカスカスに見えますね」
兒玉遥 「いつもやん」

「松岡さん、パズルは?」
松岡菜摘 「どっか行ってしまって」
兒玉遥 「枠は?」
松岡菜摘 「知らん。パズルの上に教科書がドンドンって置かれて」
松岡菜摘 「いきなりしょう油にするか味噌にするかって言い始めて」
メンバーたち 「私はしょう油」
兒玉遥 「私はとんこつ」
若田部遥 「それは(もつ鍋じゃなくて)ラーメン」
兒玉遥 「今の無しにしてください。今日はカスカスキャスターさんと、今日は楽しいニュースになりました」

本村碧唯 「次が本当に最後の曲になります。この劇場を出ても私たちのことを忘れないでください。 この曲を歌いながらあなたのことを想っています。それでは聴いてください。遠くにいても」


◆EN03.遠くにいても


曲終了後、
兒玉遥 「遠くにいてもを聴いていただきました。HKT48チームH 1st「手をつなぎながら」公演はいかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

兒玉遥 「突然ですが、みなさん、5月23日に発売されましたAKB48の新曲「真夏のSounds good !」は もう聴いていただけましたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」
兒玉遥 「今日はその「真夏のSounds good !」をチームHで披露させていただきたいと思います。みなさん一緒に盛り上がってください」


◆EN04.真夏のSounds good !


曲終了後、
兒玉遥 「真夏のSounds good !をチームHバージョンで聴いていただきました」

「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

宮脇咲良 「この後は「AKB48 27thシングル選抜総選挙 投票解説VTR」を上映致します。みなさんぜひチェックしてください」

兒玉遥 「この後はロビーにて、私たちから感謝の気持ちを込めて、 みなさまをハイタッチでお見送りしたいと思います。 係りの指示があるまでその場でお待ちください。それでは最後のご挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
兒玉遥 「せ~の」バック、「せ~の」前進
メンバーたち 「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

# 公演終了

■「AKB48 27thシングル選抜総選挙 投票解説VTR」上映

■ハイタッチお見送り
終演後、ロビーにてメンバー1人1人順に全員と。

■率直な感想 (私見)
席は最後方だったけれども、遠さを感じないほどステージに引き込まれた。
TDCホールの記憶が蘇るほど、今日の公演はすごく楽しかった。

前日も書いたが、森保まどかさんなどダンスが苦手な部類の子たちが徐々にレベルアップし、 全体的に底上げされ、踊れるメンバー、特に宮脇咲良さんは肩の力が抜け、いい具合にリラックスした感じで 踊れるようになったし、他のメンバーも、松岡菜摘さんなど、少し余裕が出てきた感じで、リラックスして 踊れるようになったように感じる。

今日は研究生3名含め、ダンスはよくまとまっていたように感じた。
以前は最初の1、2曲目はスロースタートで、本格的にエンジンかかるのは3曲目からといった感じであったが、 いつの頃からか、そう感じることも少なくなっていった。最近は1曲目からすごく楽しい。

ユニットも少しずつレベルアップしてる思う。
今日は特に中盤曲が良かった。よくまとまっていたし、特にM10「INNOCENCE」では少し迫力が増したように感じた。 アンコールも良かった。

MCはもっとがんばらないといけないかなと思うわけだけれども、でも少しずつではあるが、良くなってるのかなと。 若い子が多いので、これは長い目で見なきゃいけないのかなと思う。

今日の公演を見て、ますますHKT48の今後が楽しみになった。

私がプロデューサーだったら、宮脇咲良さんは今すぐにでも選抜に入れると思う。 そのくらい宮脇さんは素晴らしいと思う。アイドル性高いし、パフォーマンスもほんとに素晴らしい。

以上

最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ