【AKB48】 13期生・大島涼花が選んだのはれいにゃん?梅ちゃん?(2012/04/20、「RESET」公演 125回目)

AKB48劇場

■出演メンバー
新チームK → 板野友美・内田眞由美・梅田彩佳・菊地あやか・中塚智実・仁藤萌乃・藤江れいな・松井咲子・峯岸みなみ・宮澤佐江・横山由依

10期研究生 → 藤田奈那
12期研究生 → 大森美優・佐々木優佳里
13期研究生 → 雨宮舞夏・大島涼花

前座ガールズ → 平田梨奈・サイード横田絵玲奈・名取稚菜・武藤十夢

■ポジション
不在チームKメンバー 4名(秋元才加・大島優子・田名部生来・野中美郷)

秋元才加 → 藤田奈那
大島優子 → 大島涼花
田名部生来 → 佐々木優佳里
野中美郷 → 雨宮舞夏

旧・米沢瑠美ポジション → 大森美優



■開演前の陰アナ

■開演前
# 研究生4名が上手袖より入場

# 名取稚菜 挨拶

# 下手から順に自己紹介
平田梨奈 (ピンク)
サイード横田絵玲奈 (オレンジ)
名取稚菜 (青)
武藤十夢 (黄)

# 平田梨奈 曲紹介

◆M00.檸檬の年頃 (前座ガールズ)

曲終了後、
サイード横田絵玲奈 「「RESET」公演始まります」

4人手を振りながら緞帳閉まる。


■開演
◆オーバーチュアー

◆M01.RESET (全員)
(OP → 宮澤佐江内田眞由美中塚智実)
◆M02.洗濯物たち (全員)
◆M03.彼女になれますか? (全員)
◆M04.ウッホウッホホ (全員)

■MC1(自己紹介)
宮澤佐江 「みなさんこんばんは!」
みんなで 「AKB48です!」客、拍手

# 宮澤佐江 序盤4曲紹介

お題:最近焦ったこと

1列目・上手側から順に。
仁藤萌乃 「19歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私さっきお題を知った時に考えたのですけど、なかなか最近焦ったこと思い浮かばなくって、 焦りました。なのでつい20分くらい前に焦りました。 今日はみなさんと一緒に楽しめたらいいなと思います。よろしくお願いします」

板野友美 「はい、みなさんこんばんは。ともちんこと板野友美です」

「これは毎朝なんですけど、目覚まし時計の止め方がよくわかんなくて」客、反応

「携帯なんですけど。スヌーズみたいな」客、あ~

「もう1コなんかあって。スムーズっていうのを押すのですが、でも歯を磨いたり、 仕度している間にずーっと鳴ってて。それを止めるのにもう1回アラーム画面にして終了みたいな。 何回も難しいことしないと止まんないのかなと思って。もっとスヌーズの下に止めるみたいな やつがあってもいいんじゃないかなって毎朝思うのですけど、それを何回も鳴るから 毎回焦って、また鳴ってるみたいな。止めに行ってます。はい、今日も一生懸命がんばります。よろしくお願いします」

大島涼花 「13期研究生のりょーちゃんこと大島涼花です」

「私はお母さんがお仕事してて、7時半ぐらいに出るんですね。 私はその時ご飯を食べてて。8時ぐらいに私は家を出るのですけど、学校に行くのに。 それで7時50分ぐらいにお弁当を用意しようと思ったらお母さんお弁当作るの忘れちゃってて、 すごい焦ってがんばって冷凍食品を詰めて、残り10分で作りました。今日もがんばるのでよろしくお願いします」

宮澤佐江 「ハイ、陽気・無邪気・元気、21歳の宮澤佐江です。よろしくお願いします」

「先日はちょっと体調不良でみなさんにご心配とご迷惑をおかけしてほんとにすみませんでした。 無事に今こんな風に元気に踊っているのわけなんですけども。 私の焦ったこと。一昨日ちょっと髪の毛をイメチェンしようと思って、美容院に行って、 長くしたり切ったりいろいろやってみたんですね。 仕上がったのが、ヤバイな、大島優子に似ちゃったなと思って」客w

「チームに同じ髪2人きついかなと思いながらも仕方ないと思って、 そのまま家に帰り。昨日頭を普通に洗ってたら、ボロボロボロボロって髪の毛が落ちてきちゃって。 もうエクステが20本くらい取れちゃったんですよ。焦るじゃないですか。 これボッコボコに髪なるんじゃないかなとか思って、いろいろ焦ってて、 今日またヘアチェンジをしてもらって鏡を見たら、ヤバイな、ピースの又吉さんに似てるなと思って」客w

「あれっ?この髪の毛ファンの人いいよとかコメントしてくれてるのに自分的になんか大丈夫かなとか 心配になってしまってるのですけど、今日は髪の毛が乱れるくらい思いっきりパフォーマンスしたいと思います。 楽しんで帰ってください。よろしくお願いします」

横山由依 「ハイ、京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、19歳です。よろしくお願いします」

「私はこの間休みがあったのですけれども、休みの日に何しようかなと思って、 お母さんにメールしたら、吉本見てきたら?って言われたので、新宿のルミネに劇場があるので、 吉本を見に行ってきたんですよ」
宮澤佐江 「誰のライブ?」
横山由依 「ネタと新喜劇が両方1本になってるのですけど、そのネタにはチュートリアルさんとか 平成ノブシコブシさんとか出てらっしゃったのですけど、当日券を買って、1人で行くっていう この自分の行動力の発達さに焦りました」客、軽くw
宮澤佐江 「焦ったよりビックリした話でしょ」
横山由依 「たしかに焦ってないや」客w

「そうですね、ビックリしたのですけど、ビックリして焦ったということでよろしくお願いします。 今日もみなさんに楽しんでいただけるような公演にしたいと思っています。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目・上手側から順に。
雨宮舞夏 「13期研究生の中学3年生、あめちゃんこと雨宮舞夏です」

「私はこのKさんと混ざるの初めてで、出るって決まった時にすごい焦ったんですよ。 上手く踊れるかなとか、もうほんと、はい」客w
内田眞由美 「大丈夫だよ」
雨宮舞夏 「ありがとうございます。今もすごい汗かいてるのですけど、もっと汗かいて元気にがんばるのでよろしくお願いします」

峯岸みなみ 「19歳の峯岸みなみです。よろしくお願いします」

「さっきあめちゃんみたいに最近こうやってステージに一緒に立つ研究生がだんだん多くなるのですけど、 何歳?って訊くとみんな「中学生です」みたいなこと多くて。やはりことち、今年」客w
メンバーたち 「ことちだって」
峯岸みなみ 「あめちゃんみたいに最近劇場で一緒になる研究生に何歳?って訊くと「中学生」っていう子が 多くてですね、やっぱり今年」客w

「二十歳になる私としては、ワーっていう焦りはあるんですが、今日はそれを感じさせない 踊りを見せたいと思います。よろしくお願いします」

藤田奈那 「15歳、高校1年生のなぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私は今さっきなんですけど、4曲目を踊ってる時、汗が左目に入って、コンタクトがフニャって なったんですよ。それで前が見えなくなって、頭おかしくなっちゃったのかと思って ちょっと焦ったのですけど、今は汗が引いたみたいで、見えるようになったので良かったです。 今日もよろしくお願いします」

内田眞由美 「ハイ、ちっちゃくたって熱き想いはエベレスト級、内田眞由美です。よろしくお願いします」

「私はこちちに入ってからなんですけど」客w

「普通宅急便とかってくると「ピンポーン、内田さん」ってくるじゃないですか。 「はい」って出るのですけど、なぜか私の家にくる宅急便の人は「ドンドンドン、内田さん!宅急便です!」 ってくるんでいつも焦ります」

「今日はけっこう女性の方が多いと思ったのですけれども、女子のみなさん元気ですか?」女性客「はーい」

「男子のみなさん元気ですか?」客「はーい」

「みなさん元気ですか?」客「はーい」

「今日も最後まで盛り上がってください。よろしくお願いします」

大森美優 「はい、デコポン、すっぽん、思い切り『みゆぽん!』ありがとうございます。12期研究生の 中学2年生になりました大森美優です。よろしくお願いします」

「私は土日にお休みの日で遊びに行こうとしてたのですけど、9時半に家を出る予定でして、 9月前ぐらいに起きようと思ってたのですけど、起きた時に9時20分だったんですよ。 自分では8時20分だと思って、もうちょっと寝れると思って5分ぐらい寝て、 気付いたら9時25分だったんですよ。だから5分で全部仕度して、髪の毛もボッサボサで、 コートも開いたままで、靴も踵踏んだまま出たんですけど、そういう日があったので、 そういう日もテンパらないようにしたいと思います。 今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

中塚智実 「ハイ、埼玉県出身、18歳の中塚智実です」

「私はですね、見逃した君たちへ2が発表されたと思うのですけど、 私は「ただいま恋愛中」公演に出させていただくのですけど、 私明日で4周年なんですよ、デビューして」客、拍手
メンバーたち 「おめでとう」
中塚智実 「ありがとうございます。そのデビューした公演が「ただいま恋愛中」公演で、 今日練習してきたのですけど、めちゃくちゃ踊れなくなってて、今すごい焦ってるので、 本番までにはちゃんと練習して、デビューから4周年経って成長した私を見せられるように がんばりたいと思います。ということで今日も張り切っていきたいと思います。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目・上手側から順に。
梅田彩佳 「ハイ、福岡県出身の、う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です。よろしくお願いします」

「私、福岡県出身なんですけど、この間地元でお仕事がありまして、 ちょっと公園で撮影しましょうってなった時に、昼下がりで、小学生とかちっちゃい子とか すごく多かったんですよ。気付かれたらうれしいなって思うじゃないですか、少なからず。 公園に出ましたよ。そしたら小学生の子たちが「あっ、もしかして。梅ちゃんだ」みたいになって、 寄ってくれたんですよ、私のとこに。おー、かわいい子たちよのーと思いながら」頭を順になでる仕草(客w)

「そしたら「あの人誰だろう?」みたいに寄ってきてくれた子たちがいて。 「誰ですか?」って言われて。全然いいんですよ、私は知らなかったら伝えようと思ったのですけど、 AKBっていうよりもちょっとからかってやろうと思って「KARAだよ」って言ったら、 「そうだ!めっちゃ見たことある」って言われて」客w

「えー?うそやろ?と思って。でもそっからすっげー歌ってるから、申し訳なくなっちゃって、 よろしくねって言って、すごい焦ったのですけど、子供心踏みにじってはいけないと思って、 そのままにしておきました」客、反応

「あとあと、あの人は梅ちゃんだったんだと思えるようにこれからもがんばっていきたいなと 思います。今日もよろしくお願いします」

菊地あやか 「18歳のあやりんこと菊地あやかです。よろしくお願いします」

「私はですね、普段遅刻っていうものを絶対しないのですけど、最近ですね、 集合時間の10分前に起きるという一番焦ったハプニングがありました。 あともう1つはちょっと前なんですけど、やっぱり渡り廊下走り隊7にシンディーが入ったことです」客w

「でもすごく、次の新曲の写真がホームページにアップされてるんですよ。 すごくシンディが馴染んでるっていうのが。みんなかわいく写ってるのでみなさん見てください。 はい、というわけで今日もがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

佐々木優佳里 「12期研究生のゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私はですね、アイスが好きなんですよ」客、軽くw

「それで手作りでアイスを作ろうかなと思いまして、オレンジジュースあるじゃないですか。 それをコップの中に入れて冷凍庫の中に入れて冷やして、アイスを作ってみようかなと思って、 作ってみて、それで固まったんですよ。それで、味を食べてみたらジュースの味と全然違うくて、 水っぽくて、それで焦りました。ということで、次はもっと美味しいアイスを作れるよう がんばりたいと思います。今日もよろしくお願いします」

藤江れいな 「ハイ、目指せスーパーガール、18歳のれいにゃんこと藤江れいなです」

「私はですね、先日風の強い日があったと思うのですけど、 あの日に私、駅のホームに居たんですよ。電車を待っていたのですけど、 その時にちょうど帽子を被ってて。やっぱ強風だから飛ばされちゃったわけですよ、帽子が。 私、帽子を飛ばされたの初めてで、すごい焦って、ヤバイヤバイヤバイってなりながら拾ったのですけど、 下に、駅の電車がくる線路に落ちなくて良かったなっていうのを思いました。 ということで、今日も元気にスマイルにいきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

松井咲子 「ハーイ、みなさんこんばんは。松井咲子です」

「先日の話なんですけれども、お仕事が終わったので渋谷に行ってお買い物しようかなと思って 渋谷のセンター街を1人で歩いていたんですね。そしたら私歩く時にいつもヘッドフォンして歩いてるので。 周りの音が気にならないように1人で歩いてるのですけど、ファンの方が気付いてくれたみたいで、 ちょっとゴソゴソやってるのが横目で見えたのですけど、でも話しかけてこなかったから、 あっと思って普通に歩いてたら、私ヘッドフォンしてて聞こえないと思ったのか、 めちゃくちゃデカイ声で「師匠!」って渋谷のど真ん中で呼ばれて」客w

「ちょっと待ってちょっと待って。だって別に師匠って呼ばれてますけど師匠じゃないし、 渋谷で師匠って呼ばれるほど恥ずかしいことないなと思って、「すみませんすみません」って 逆に私が謝って。「松井です、すみません」って言って。めちゃくちゃ焦ったエピソードが ありましたことをお伝えしました」客w

「ということで今日もみんなで盛り上がっていけたらなと思っています。応援よろしくお願いします」

藤江れいな 「ハイ、というわけで「RESET」公演、以上のメンバーでお送りしたいと思います。AKB48、新しい歴史の始まりです。どうぞ」客、拍手


◆M05.制服レジスタンス (仁藤萌乃・板野友美・横山由依)
◆M06.奇跡は間に合わない (雨宮舞夏・宮澤佐江・大森美優)
◆M07.逆転王子様 (内田眞由美・峯岸みなみ・中塚智実)
◆M08.明日のためにキスを (佐々木優佳里藤田奈那・菊地あやか・松井咲子)
◆M09.心の端のソファー (藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳)

■MC2
藤江れいな・大島涼花・梅田彩佳

「イェー!」

# 藤江れいな ユニット曲紹介

藤江れいな 「今回大島涼花ちゃんが初めて私たちと一緒に「心の端のソファー」に登場してくれました」客、拍手

「ちっちゃい。梅ちゃんよりちっちゃいよ」
梅田彩佳 「いとおしいよ、それだけで」大島の頭をなでる(客w)

藤江れいな 「何歳なんだっけ?」
大島涼花 「中学2年生の13歳です」
梅田彩佳 「うそ?」客w
藤江れいな 「梅ちゃん何歳だっけ?」
梅田彩佳 「は~」客w

「23です」
藤江れいな 「あれっ? 10コ違い?」
梅田彩佳 「うるさいなー、ほんとに。世間で言ったらまだ若いんですよね?」客「若い」

「ほら。みなさんやさしい、うれしいよ」
藤江れいな 「しかも中学2年生でしょ? 私がAKBに入った年齢なんですよ」
梅田彩佳 「えっ?れいにゃん13歳の時に入ったの?」
藤江れいな 「そう。私もう高校卒業したの」
梅田彩佳 「わー、すごーい」客、拍手
藤江れいな 「ありがとうございます」
梅田彩佳 「大変な多感な時期をAKBで過ごしたのね。 きっといろいろあると思うけど、めげないでね」客、軽くw
藤江れいな 「楽しんでもらえたらね」

「私たちから今日は涼花ちゃんにいろいろ質問をね、してみたいと思うので」
梅田彩佳 「せっかくなら今日きてくださってるみなさんにちょっとでも顔と名前を。 じゃ~、私は、じゃ~ね、何してる時が楽しいですか?」
大島涼花 「私は寝てる時が一番楽しいです」
藤江れいな 「かわいい」
梅田彩佳 「寝てる時、記憶ある?だってないでしょ?」
大島涼花 「ないんですけど、公演とか終わった後、公演のほうがもっと楽しいのですけど、 寝るとすごく疲れが取れるので、なんか楽しいです」
梅田彩佳 「13歳で疲れてるの? ダメだよ」
藤江れいな 「それはね」
梅田彩佳 「いろいろ動くからね、レッスンとか。寝る次は?」
藤江れいな 「二番目」
大島涼花 「やっぱり踊ってる時」
梅田彩佳 「その答えいいよ」客、軽くw
藤江れいな 「梅ちゃんも踊るの好きだもんね」

「私は、自分の長所短所」
梅田彩佳 「そういう質問いいね。そういう質問にすれば良かった」客、軽くw
藤江れいな 「もう1回まわるかもしれないから」

「長所は?」
大島涼花 「明るいところと元気なところです」
藤江れいな 「だって、梅ちゃん」
梅田彩佳 「ほんとに? キャピキャピあんましてないよ」
藤江れいな 「緊張するとおとなし目になっちゃうのですけど、裏ではもっと元気です」
藤江れいな 「はっちゃけていいよ、もっと」
大島涼花 「はい、わかりました」
藤江れいな 「短所は?」
大島涼花 「すぐ寝ちゃうところ」客、軽くw
藤江れいな 「寝るの好きなんだね」
大島涼花 「好きなんで」
梅田彩佳 「どういう体勢で寝るの?」
藤江れいな 「体勢?」
大島涼花 「(髪で顔を隠して)こういう感じで寝ちゃったりとか、あと普通に、 ご飯食べてる時に寝ちゃったりとかするんですよ」
梅田彩佳 「それけっこう上級者だね」
大島涼花 「お茶を飲んでる時、目つぶるとそのまま寝ちゃったりするんですよ」
藤江れいな 「寝るプロかもしれないね」

「やっぱ今回もあの質問しちゃいますか?」
梅田彩佳 「ここに新しい研究生の子が入ると恒例の質問があるんですよ。 今日先輩が2人いるじゃないですか。ちなみに私は2期です」客、軽くw
藤江れいな 「私4期なんですけど」
梅田彩佳 「どっちの先輩が好きですか?っていう質問を」客w

「毎回酷な質問をしてるのですけど」
藤江れいな 「みんな通る道だから大丈夫」
梅田彩佳 「でも私たち後ろ向いてるから大丈夫。あとからファンの人のブログとか見ないから大丈夫だよ」客w
藤江れいな 「検索とかしないから」
大島涼花 「どっちも好きなんですけれども」
梅田彩佳 「いい子だ。どっちでもいい。だいたい私指されないほうだから」客w

# 藤江れいな梅田彩佳 → 後ろ向きになる

藤江れいな 「今同じぐらいだよね。2-2とかじゃなかったっけ?」
梅田彩佳 「じゃ~、後ろ向くからせ~ので指してね。どっちが好きですか?」
藤江れいな梅田彩佳 「せ~の」

大島涼花 → 藤江を指差す(客w → 拍手)

藤江れいな 「どっちどっち?」
梅田彩佳 「ちょっと気になるので、今日はちょっとネットで検索して、結果を見たいと思います」

「それでは後半戦盛り上がっていきたいと思います。どうぞ」客、拍手


◆M10.毒蜘蛛 (全員)
◆M11.オケラ (全員)
◆M12.ホワイトデーには・・・ (全員)

■MC3
前半:佐々木優佳里・藤江れいな・宮澤佐江・横山由依・藤田奈那・板野友美・大森美優雨宮舞夏

「イェー」

# 宮澤佐江 中盤曲3曲紹介

横山由依 「あのですね、やっぱりもう外を歩いたら葉桜の季節じゃないですか。 ちょっと前は桜の季節があったじゃないですか。それを見てて、思い出したのは 私が中3の時に受験して高校に行くじゃないですか。それで受験をしたのですけど、 行きたい高校がレベルが高過ぎて、無理だっていうのを最後の三者面談で教わってですね、 「やっぱりやめときー」って言われてやめといたんですね。 商業高校に行こうと思って。商業やりたいっていう気持ちになったんですよ。 商業高校受けたのですけど、商業高校に突然行きたくなくなってしまって、 受験の時に作文やるじゃないですか。それをわざと誤字脱字したっていう。それで落ちたんです。 でもその商業高校よりレベルが高いところに偶然受かったのですけど、結果は良かったのですけど。 そんなことしなくても推薦ではスポーツ推薦、スポーツやってる子しか取らなかったみたいなので、 結果とりこし苦労というか、誤字脱字は不必要な細工だったなっていう。やる必要もなかったんです。 そういう桜のエピソードなんです」
宮澤佐江 「何が桜なの?」客w
藤江れいな 「それを葉桜を見て思い出すってすごいよね」
宮澤佐江 「ということで今日は桜をイメージしたお題にしたいと思います」客、拍手

「今のはただ喋っただけね」
横山由依 「わかりました」
宮澤佐江 「エピソードとかじゃなくてただ喋りたかった」
横山由依 「そうですね」

宮澤佐江 「あめちゃん、中3でしょ? 桜の思い出とかまだこれからかな?もしかして」
雨宮舞夏 「私、桜は咲いてるのよりも散ってるの見るほうが好きなんですよ。 散ってるところをこう・・・」両手でパチンと挟む仕草
メンバーたち 「かわいい」
宮澤佐江 「まだまだだ」
藤江れいな 「佐江ちゃん、それやってるとまだまだなの?」
宮澤佐江 「佐江のレベルになるとこんなかわいいことできないもん。これなの」右手人差し指、親指でつまむ仕草

「友達と中1の時、散ってる桜をこうやって取って、願い事を言いながら取ると願いが叶うんだぜ みたいなのを友達と作って。勝手に作って。ジンクスみたいなのを作って、 1時間ぐらいみんなで「テストの点がいい点でありますように」みたいな。 ずっとやってたの。何枚か取れて、それを保存しとけばいいって自分たちで思ってて、 ティッシュにくるんで筆箱に入れといたんですよ。ふとした時に「あっ、そう言えばこの間の桜 どうなってるかな」と思って。「願い叶うといいな」とか思いながら開けたら全部真っ黒に カリカリになってて」客、軽くw

「桜がしぼんでて。自分で作ったジンクスって結局こういう結果で終わっちゃうんだなって」
藤江れいな 「どれか叶ったものないの?」
宮澤佐江 「憧れの先輩とアドレスを交換できました」
横山由依 「すごいですね、それ」
宮澤佐江 「でもたぶんおそらくそれは、まったくこれ(指でつまむ)の意味はなかった。 チェーンメールか何かで、佐江のアドレスを、サエミヤザワみたいに当時入ってたから、 先輩がもしかして佐江?みたいな感じでメールしてきてくれた、たまたまだったんで、 そんなになんかキュンとするエピソードではなかったですけど」

「今度こうじゃなくて、こうやって(指でつまんで)取ってみ。願いが叶うかなって、 ちょっとやってみて。高校生のレベルでこうやってたら恥ずかしいかもしれないですけど、 やってみてください」

藤江れいな 「私、今年桜が咲く前に桜祭りに行きました。千葉県でやってたのですけど、すっごい大きい桜祭りで」
宮澤佐江 「桜咲いてないのにやってるの?」
藤江れいな 「まだつぼみだった。でも上にはいっぱいあるんです。桜の木はあることはあるんだけど、 たぶん桜並木なのかな? 桜並木で、そこにいっぱい屋台があってとか、そういうところに行ったのですけど、 桜咲いてなくて。これ桜祭りって言うんだーって思いながら」
横山由依 「時期間違ってたんでしょうね」
藤江れいな 「家族で行ったのですけど」
宮澤佐江 「いいなー」

佐々木優佳里 「私はですね、ビックリしたことがあって。コーヒーとか売ってるカフェ屋さん。 そこで桜のジュースみたいな」
宮澤佐江 「今ありますね」
佐々木優佳里 「それで、えー?と思って。桜が入ってるのかな?と思ったのですけど、実際はちょっと違ってビックリしました」
藤江れいな 「違ったの?」
佐々木優佳里 「はい」
宮澤佐江 「でも桜の味するよね、ああいうの」
横山由依 「桜の味するってよく言うじゃないですか。桜食べたことあるんですか?」
宮澤佐江 「あるよ。中学の時、桜ご飯とか出なかった?」
メンバーたち 「出ない」
横山由依 「桜ご飯ってほんまなんですか?」
宮澤佐江 「東京都なめんな」客、軽くw

「東京都めっちゃ桜ご飯出るから」
藤田奈那 「私東京ですけど出ないですよ」
宮澤佐江 「うそー? 今は出ないの? 横浜出たことある?ともちん」
板野友美 「ないよ」
宮澤佐江 「しょっぱい。不人気」
藤江れいな 「塩漬けみたいなやつだ」
宮澤佐江 「あれだけはごめんなさいだった、ほんとに」
横山由依 「あるんですか?」
板野友美 「あったよ」

「私はね、桜は好きなんだけど、5月ぐらいになると桜が葉っぱになるじゃん。 そうすると桜の木って知ってます? 毛虫が付いてるの」
藤江れいな 「そこ? そっち?」
板野友美 「私、毛虫が一番嫌いなの。で、桜の木の下通る時、絶対毛虫落ちませんように」
宮澤佐江 「願いながら」
板野友美 「だからダッシュするの。そしてダッシュした後に、毎日下校途中とかそこ通るから、 そしたらその日はここら辺(肩付近)に感じたの。こうやって見たら、フードのところに毛虫が付いてて。 そのフードは脱ぎ捨てて帰りました」客、反応

「もう着れないから」

# 次のメンバーたち登場 / メンバーチェンジ

後半:松井咲子、菊地あやか、梅田彩佳、大島涼花、峯岸みなみ、仁藤萌乃、内田眞由美、中塚智実

峯岸みなみ 「続々と47都道府県ツアーが始まりまして。今日はチーム4が初日だったりと。 残すところチームKのみとなりまして。ほんとだったら全国ツアーの意気込みとかを話していきたいのですが、 ちょっとネタバレなんかするのは勿体無いなということで、夢は大きく、もしワールドツアーをするなら どこの国に行きたいかを話したいと思います」客、拍手

「ある人?」
メンバーたち 「はーい」
峯岸みなみ 「みんな夢いっぱい」
仁藤萌乃 「いつもこんな手上がる?」
峯岸みなみ 「ねぇ、ビックリしました。うれしいことですね」

内田眞由美 「じゃ~、まずは近場で韓国。韓国はやっぱり近いし、あと今流行っているし」
峯岸みなみ 「ちょっと待って。大きな夢の話してるのにさ、何かそういう」
内田眞由美 「理由が1コあったんだけど忘れちゃった。いいや、次いって」
峯岸みなみ 「思い出したら聞きますね」

「ほかにもうちょっとちゃんとした理由ある人?」
梅田彩佳 「私はアメリカのロスがいいです。何年か前にAKBで行った時に空席があったんですよね。 だから今行って、満員になるかどうか、その実力も試したいという意味で、行きたいなと思います」
峯岸みなみ 「かっこいい」

「思い出しました?」
内田眞由美 「この間、新大久保にメンバーと行った時に、韓国の女性の方がワーってきて、 「私AKBに会うためにここで働いてるんです」って」
中塚智実 「それ一緒に行った」
内田眞由美 「そう、言われて。なんでここなんですか?って言ったら「メンバーがよく来るって聞いたので」 って言われて。そうやってやっぱ会いたいって思う人がいるんだなと思って」
松井咲子 「でもさ、秋葉原とかじゃないんだね」
峯岸みなみ 「私も新大久保で韓国料理を食べに行ったら、全然何も言ってないんだけど、 男の店員さんがメニュー出しにくるじゃん。そしたら「韓国では5位ですよ、大丈夫」って言われた」客w → 拍手
松井咲子 「励まされたんだ」
峯岸みなみ 「そんなに落ち込んでもないし、みたいな感じだったんだけど、すごいうれしかった」
内田眞由美 「向こうでも総選挙あるんですかね」
峯岸みなみ 「なんかね、あるらしくてね」
メンバーたち 「へー」
峯岸みなみ 「でもごく小規模らしいんだけど」

菊地あやか 「私はフランスがいいです」
仁藤萌乃 「あー、取られた」
峯岸みなみ 「じゃ~、理由を聞いて、どっちがフランスに行きたいのか」
菊地あやか 「景色がキレイだからw」
峯岸みなみ 「勝てるぞ」
仁藤萌乃 「前世がフランス人だから。どや」
峯岸みなみ 「なんで前世がフランス人なの?」
仁藤萌乃 「私ほんとに、物心ついた時から「フランスに行きたい、フランスに行きたい」って親に言ってたの。 (菊地に)バカにしてるでしょ?」
菊地あやか → 手を横に振って否定
誰か「顔こわ」
仁藤萌乃 「言ってて。そしたら番組の企画の時に占い師の方が見てくれた時に、私何も言ってないのに 「前世はフランス人です」って言われて」
中塚智実 「めっちゃウソっぽいよ、その人」
仁藤萌乃 「ウソじゃないよ、ほんとだよ」
峯岸みなみ 「ほんと?」
仁藤萌乃 「だって別にその人AKBのファンとかじゃないもん。私推しとかじゃないもん。知らないもん、その情報」
メンバーたち 「必死」
峯岸みなみ 「でも行ったことはあるんだよね?」
仁藤萌乃 「あるの」
峯岸みなみ 「何かあったの? あっ、この景色見たことある」
仁藤萌乃 「ヤバイここ地元」
メンバーたち 「えー?」
仁藤萌乃 「ほかのメンバーに「みんなようこそ、私の地元へ」みたいなこと言って、ふざけてた。 でもいつも行きたい、常に行きたい」

中塚智実 「私はやっぱり海外って景色とかキレイなんで、外でやりたくて。 私はですね、チリに行って、モアイ像の下でやりたい。顔がいっぱいだから、 AKBっていっぱいじゃないですか。だから余計顔がいっぱいみたいなことやりたい」
峯岸みなみ 「外もいいね、たしかに」
中塚智実 「絶対気持ちいいもん」

松井咲子 「私、ポーランドに行きたいです」
峯岸みなみ 「どういうところ?」
松井咲子 「どこにあるとかちょっと存じ上げないのですけど」客、反応
メンバーたち 「えー?」
松井咲子 「小学校の時に私、ピアノをやってて、一緒に音楽やったんです、楽団の方と。 だから、十何年経って、私が今度はポーランドに行って、音楽のお仕事やりたいなと思った」
メンバーたち 「おー」「いい話」
内田眞由美 「初めて正当な理由」客、拍手
松井咲子 「だからできたらいいなと思って。私だって真面目な話しますよ」客、軽くw

「シーンってなったけど」

大島涼花 「私はアメリカのテキサス州」
峯岸みなみ 「ピンポイントで」
大島涼花 「お父さんがアメリカ好きなので、お土産買ってきてあげたいなって」
メンバーたち 「かわいい」
峯岸みなみ 「それ別にね、ライブじゃなくてもね」客、軽くw

「冷たい?」
松井咲子 「みぃちゃんは?」
峯岸みなみ 「私は、セントラルパークとかで踊る。公園とかで。よくさ、ノリノリの外国人の方とか多いじゃん。 そういうところで踊ったり。あとはモンゴルとか」
メンバーたち 「モンゴル?」「みんなはてな」
峯岸みなみ 「いろいろ夢は膨らみますが、ここはホームとしてこれからもがんばっていきたいと思います」

「それでは最後の曲聴いてください。ジグソーパズル48」客、拍手


◆M13.ジグソーパズル48 (全員)


■アンコール

◆M14.星空のミステイク (全員)
◆M15.夢の鐘 (全員)

■MC4
曲終了後、
峯岸みなみ 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

# 峯岸みなみ アンコール2曲紹介

「ありがとうございます。本日の公演もですね、みなさんの声援のお陰で無事終わりに近づこうとしています。 ということで、今日の感想そして感謝の気持ちをメンバーを代表してみゆぽんにお願いしたいと思います」

大森美優 「12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私はさいたまスーパーアリーナの時にKさんと一緒に出させていただいたり、普通の公演とかでいっつも思うのですけど、 すっごくほんとに振りとかを細かく教えてくださって、ほんとにすごいなと思って。 私もこういう先輩になりたいなっていっつも思うのですけど、やっぱり学校の後輩とかも全然いたことないし、 兄弟も下がいないし、そういうのまったく経験がないので、雨宮ちゃん、13期生の子がいたり、 初めて出たりするのを全然フォローできなかったりするので、それをKさんのメンバーさんとかいろんな先輩を見習って、 がんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」客、拍手

峯岸みなみ 「そうですね、最近若い子も増え、焦ってるなんてMCを冒頭でしてしまいましたが、 これからもこんな先輩になりたいなと思えるような先輩で私たちはあるべきなんじゃないかなと 今のMCで改めて思いました。がんばっていきたいと思います」

「ということで、本当に最後の曲聴いてください。引っ越しました」客、拍手


◆M16.引っ越しました (全員)


曲終了後、
横山由依 「本日はご来場本当にありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

横山由依 「ここでみなさんにはですね、先日のさいたまスーパーアリーナで初披露させていただきました AKB48、26枚目のニューシングル「真夏のSounds good !」のミュージックビデオをご覧いただきたいと思います」客、拍手

「今回はローレラとか日本沈没を手がけていらっしゃいます樋口真嗣監督に撮っていただきました。 たくさんの映画とかアニメも手がけていらっしゃるのですけれども。 そして選抜メンバーは36人選抜ということで、史上最多選抜となっています。 18人の守る側と18人の攻める側に分かれています。 このミュージックビデオはちょっと難しい世界観だったのですけれども、 私たちはうまく表現できたんではないかなと思っています。 そして今回のこの選抜はですね、新しいメンバーがたくさん入っているので、そういった部分にも 注目して見ていただきたいと思います。よろしくお願いします」

# 板野友美 ハイタッチ案内

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

BGM → RESET

メンバーたち手を振りながらハケる。

公演終了。


■AKB48 26thシングル「真夏のSounds good !」MV上映


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームK、研究生、五十音順に並ぶ。 (※ 16歳未満=藤田奈那・大森美優・雨宮舞夏・大島涼花&前座ガールズは不参加)

■オンデマンド関連 (DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND)
公演後のメンバーコメント

公演後の感想 → 仁藤萌乃菊地あやか

【配信中 / 公演後のメンバー手書きコメント】
4月20日(金)「RESET」公演
大島涼花 究極の二択 (れいにゃん or 梅ちゃん)

4月19日(木)「RESET」公演 (13期研究生公演 6回目)

4月18日(水)「目撃者」公演
高橋みなみ 21歳の生誕祭
卒業生・折井あゆみ&前田敦子の手紙 / 峯岸みなみ 飛び入り参加

4月17日(火)「シアターの女神」公演

4月16日(月)「RESET」公演

4月15日(日)「RESET」 18:00公演 (13期研究生公演 5回目)
森山さくら 14歳の生誕祭

4月15日(日)「RESET」 14:00公演 (13期研究生公演 4回目)

4月14日(土)「シアターの女神」 18:00公演

4月14日(土)「シアターの女神」 14:00公演
サイード横田絵玲奈 15歳の生誕祭

4月13日(金)「シアターの女神」公演

4月12日(木)「RESET」公演 (13期研究生公演 3回目)
相笠萌 14歳の生誕祭 (13期生初の生誕祭)

4月11日(水)「僕の太陽」公演

4月10日(火)「シアターの女神」公演

4月9日(月)「RESET」公演

4月6日(金)「シアターの女神」公演

4月5日(木)「RESET」公演 (13期研究生公演 2回目)

4月4日(水)「僕の太陽」公演

4月2日(月)「目撃者」公演
小嶋陽菜「GIVE ME FIVE!」劇場初参加

4月1日(日)「シアターの女神」 19:00公演

4月1日(日)「シアターの女神」 15:30公演

4月1日(日)「シアターの女神」 12:00公演

3月31日(土)「僕の太陽」 15:30公演
鈴木里香 ラストステージ

3月31日(土)「僕の太陽」 12:00公演

3月30日(金)「僕の太陽」公演
森川彩香 16歳の生誕祭

3月29日(木)「RESET」公演 (13期研究生公演 1回目)
13期研究生 お披露目公演

3月26日(月)「シアターの女神」公演
北原里英 「GIVE ME FIVE!」シンセサイザー初披露

以上




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ