FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

シンディ&梅子の2人1組フリートーク(2011/08/29、「誘惑のガーター」公演 268回目)

【18歳未満解禁13回目】

■出演メンバー
1期生 → 穐田和恵、今吉めぐみ、梅田悠、浦野一美、大河内美紗、加藤雅美、河内麻沙美、近藤さや香、佐藤由加理、芹那、チェン・チュー、西国原礼子、畠山智妃、三ッ井裕美、なちゅ、甲斐田樹里、小原春香、手束真知子

3期生 → miray

[ 今月の出演メンバー ]

■ポジション
不在1期生2名(大堀恵、野呂佳代)

大堀恵 → miray
野呂佳代 → 甲斐田樹里

■公演前の陰アナ
佐藤由加理 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「本日は8月最後の公演ということで、盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします。ゆかりんでした」客、拍手

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.Saturday night party(白5人=穐田和恵、チェン・チュー、加藤雅美、畠山智妃、大河内美紗)

◆M2.Never!(赤5人=佐藤由加理、甲斐田樹里、今吉めぐみ、河内麻沙美、芹那+白5人)

◆M3.Black boy(紺=小原春香、近藤さや香、西国原礼子、浦野一美、梅田悠、miray、手束真知子、三ツ井裕美+赤5人+白5人)
ステージ下り → 三ツ井裕美浦野一美


■MC1(自己紹介)
加藤雅美 「みなさん、こんばんは」
みんなで 「SDN48です」客、拍手

加藤雅美 「今晩も始まりました。SDN48、誘惑のガーター公演。Saturday night party、Never!、Black boy、3曲お聴きいただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「今日のお題はSDN公式モバイルサイトに投稿していただいた、ニックネーム・ヤーマンさんからで、 最近SDNの中でカレー部というのができましたが、もし自分がそういった部活を作れるとしたら どんな部活にしますか?というお題です。それでは、まーちゃんからお願いします」

1列目(上手側から)
手束真知子 「私もカレー部の一員なんですけど、新しく作るとしたら、裸部です」客、ひゅ~

「サウナが好きなんですけど、みんなでサウナに入って裸の付き合いをしたいです」

小原春香 「私は、あそ部です」客、反応

「笑ってくれた。私、出不精で外とかほんとに行かないんですよ。私と同じレベルで遊んでくれる人を募集したいです。 今日はみなさんを虜にしたいと思います」

加藤雅美 「私はもちろんミュージカル好きなので、ミュージカル部を作りたいです。 一緒にミュージカルを見に行ったり、部室では必ず歌わなきゃいけなくて、オハヨ~~!とか」客w

「○○~~!とか」
小原春香 「楽しそう」
加藤雅美 「春ちゃん入ってくれますか?」
小原春香 → 入る
加藤雅美 「部員ゲットということで」客、拍手

「それではみなさん、今日もよろしくお願いしま~~す!」

穐田和恵 「私もカレー部の一員なんですけど、カレー部はまーちゃん、私、裕美、2期生のゆっきーと みゆみゆなんですね、正式に。いろいろいるんですよ、幽霊部員とかマネージャーとか。 私、実はカレーがイチ推しじゃないんです」客、反応

「この間、公演で言ったらバッシング受けたのですけど、たこ焼きが本命なので、たこ焼き部を作って、 たこパーしたり、たこの上にカレーをかけたいかなと思います」

大河内美紗 「カレー部の幽霊部員です。私はネギ部です。趣味はラーメンネギ大盛りで、ネギはたこ焼きにかけたり、 お鍋の薬味になったり・・・。ネギトークできたらなと思います」

佐藤由加理 「私はやっぱりマイナスイオン部を作りたいんですよ。なぜかというと、最近さやねぇとなんとか緑地に行って」
近藤さや香 「等々力緑地」
佐藤由加理 「等々力緑地にマイナスイオンを感じに行って、お団子食べたり、おみくじ引いたら2人とも凶だったのですけど」客w

「ほっこりしたので、部員を増やしたいと思います」

以上、ハケる。
2列目(上手側から)

甲斐田樹里 「何がいいかな? さっきパっと浮かんだのはマッサージ部。私、マッサージするの好きなんですよ。 知事と芹那のマッサージをする部で、部員は私とちゃき」
西国原礼子 「上手いの」
甲斐田樹里 「親孝行をしたい方は入ってください」

チェン・チュー 「2つに絞りまして。未だに決められないのどうですけど、1つはスリムビューティー部をつくりたいです。 最近「DUMP SHOW!」という舞台でポールダンスをしたんで、腕が(たくましくなって)サルオバサンからダメだしが入って。 ちょっと見て」右腕を見せる

「ちょっとキレイになっていきたいと思います。とりあえず「DUMP SHOW!」のメンバー全員入れたいと思います。 今夜もよろしくお願いします。もう1個は、ブログにアップするんでチェックしてください」客w

近藤さや香 「私は迷わず、呑みニケーションクラブ。 けっこううちのメンバー多いし、普段出会わない人に、立ち呑みとか行ったら仲良くなれたりするんですよ。 2期生、3期生にも参加してもらって、お酒を飲んでる時だけ無礼講で、敬語は使わなくてもいいです」

西国原礼子 「私はワンちゃんを見ると目がないので、シュナウザーを飼ってるので、ミニチュアシュナウザー部を作って、 部長は私で副部長は前田敦子ちゃんです」客w

今吉めぐみ 「私は屋台部。屋台部の活動内容はフランクフルトを探しに行ったり、チョコバナナを探しに行ったり。 フーってすると長く細く伸びる風船あるじゃないですか・・・。よろしくお願いします」

三ツ井裕美 「私はズバリ、セレ部を作って、私もカレー部なんですけど、強いて言えばセレ部を作って、 3ヶ月に1度、プチセレブ気分を味わう、高級なものを食べ物に行ったり・・・。 チェンと一緒に行って、踊ってもらいたいと思います」

以上、ハケる。
3列目(上手側から)
河内麻沙美 「私は1年前かな? そば部を作ったのですけど。そばは相変わらず大好きで今も食べています」

「SDNのオシャレ番長として、オシャレ部を作りたいです。 自分が好きな洋服を着たり・・・。オシャレ番長の私服をグリーブログに書いてますので、 みなさん見てください。今日は私たちにとって8月最後の公演、いっぱい盛り上がりたいと思います」

浦野一美 「シンディこと浦野一美です」客、声援

「一美って言ったやつ誰だ!」客w

「昔から鼻歌が好きで、歌ってたら「シンディ歌ってるよ」って言われるんですよ。 自分では気づかないでしょ?めっちゃ気持ちいいから。開演前とかも歌ってて。 この前、大阪の帰りに「たこ焼きめちゃくちゃ美味しい~♪」と歌ったり。ブログに鼻歌のムービーを付けたですよ。 自分的に恥ずかしくて、アメンバー会員限定にしたら非難がきて。その上、携帯で見れないからやめてくださいって言われて。 毎日鼻歌歌ってて、けっこうひどいのもあるのですけど、ラジオの方でもやろうと思うので、ぜひ聴いてください」

梅田悠 「私は、焼肉部」
浦野一美 「いいね」客w
梅田悠 「私の出身地は松阪牛の名産で、お肉にはうるさいんですよ。都内の美味しいお店を教えあったり。 チェンのスリムクラブとはまったく正反対なんですけど、やりたいと思います」

miray 「3期生のmirayです」

「mirayは、マッコリ部を作りたいと思います。マッコリの中で泳ぎたいくらい好きで、4、5本くらい飲めます」
浦野一美 「ハーフ? (日本語が)チェン並の時があるんですけど」
miray 「何喋ってるかわからないと言われることもあるのですけど」
浦野一美 「超おもしろいじゃん。カツゼツ部作ったらどう?」客w
miray 「マッコリ部です。SDNに入る前は早口で怒られてて。SDNでは怒られないんですよ。。。 カツゼツ直していきます」

芹那 「私はすだち部を作りたいです。最近食べ物にすだちをかけるのが好きで、お寿司もおしょう油の代わりにすだちで食べて、 うどんもすだちで食べてて。すだちを売ってるお店2つしかしらなくて。 すだちうどんのあるお店に寄りたくて・・・(でもなかなか見つからなくて、最近すだちしか食べれないから)。 すだちの名産はどこ?」
河内麻沙美 「徳島だよ。今度送ってあげる。持ち歩けばいいよ。解決?」

畠山智妃 「私はぶらり散歩部を作りたいです。朝早起きするのけっこう好きなんですけど、午前中に寝て過ごすのがもったいないと 思うので、朝9時に集合して、川沿いを歩きながら、この花かわいいねとか、どうでもいい話したりして、 幸せを見つけたいと思います」

梅田悠 「それでは今夜も素敵な夜を過ごしましょう・・・」


◆M4.誘惑のガーター(穐田和恵、加藤雅美、佐藤由加理)

◆M5.I'm sure.(小原春香、大河内美紗)

◆M6.オールイン(チェン・チュー、三ツ井裕美、西国原礼子、近藤さや香、今吉めぐみ)

◆M7.じゃじゃ馬レディー(畠山智妃、手束真知子、浦野一美、芹那、梅田悠、河内麻沙美)


■MC2
浦野一美、なちゅ、芹那

曲終了後、
浦野一美芹那 → ステージに残る。そして、ハイタッチ。

なちゅ → 登場
浦野一美 「化け物!」客w

なちゅ 「左側のお客さん、化け物に向かって、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」

なちゅ 「右側のお客さん、化け物に向かって、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」

なちゅ 「真ん中のお客さん、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」
なちゅ 「ありがとうございます」

「カフェ観チョリーッス!」

「わたくし、SDN48のMC要員、な・な・な」客「な!」

「なちゅです!」客、拍手

「アゲポヨ~!」
浦野一美 「アゲポヨ~」ツイストしながら下手側へ

「動物園みたいだね、今日。こんなパンダがここにも」
なちゅ 「芹那ちゃん、前髪ありがとう」
浦野一美 「何?その前髪」
芹那 「クルってしてあげたの」
なちゅ 「話していいですか? さっきMCで「なんとか部」という話をやってましたが、シンディは?」
浦野一美 「私は鼻歌部」
なちゅ 「SDNで鼻歌するんだったら?」
浦野一美 「SDN~~~」客w

「こういう振り?」
なちゅ 「ちょっと大河内さん入ってますね。芹那ちゃんはすだち?」
芹那 「すだち部。こっち(なちゅの髪)の巣立ちじゃなくて」
なちゅ 「なちゅは」
浦野一美 「なちゅはカレー部に入りたいんじゃない?」
芹那 「色が合ってるだけかも」
浦野一美 「カレー部、たこ焼き部ってあったから、それを踏まえて、デ部でどう?」客w
芹那 「かわいいよ」
なちゅ 「悪意しか感じない。私はポジティ部に入りたい」
浦野一美 「ほんとはネガティブで」
なちゅ 「やめて」

「2人は大阪にイベントに行かせていただいたんですよね。この中で行ったよって方いますか?」
芹那 「1人しかいない」
浦野一美 「いっぱいいるじゃん。大阪に行って。過疎ってるのかなと思ったの。今日絶対過疎ってるよと思って、 エスカレータから下を見たら、ワーって、たくさんいて」
なちゅ 「前回よりたくさんの人が」
芹那 「楽しみ過ぎて、2日前からきて、みんながくるの待ってた」
浦野一美 「仕事でしょ?」
芹那 「2日前からいて、ちょうどめーたんの誕生日で」
なちゅ → 大堀のマネ
浦野一美 「出てきた」
なちゅ 「泣いてたんでしょ? めーたん泣いたらお化けに」
芹那 「キレイな涙だったよ」
なちゅ 「(大堀マネ)ありがとうございます~」
浦野一美 「乗り移ってる」
なちゅ 「もう話し過ぎたよ、2人」
浦野一美 「久しぶりでテンション上がった」
なちゅ 「この3人でいきましょう。SDNコール!」

浦野一美 → 下手側へ
芹那 → 上手側へ
なちゅ → センター

説明後、
浦野一美 「よろしく! もう言っていいの?」
なちゅ 「いいですよ」
浦野一美 「SDN!?」
客「ガンバリーナ!」
芹那 「SDN!?」
客「ヤッチャリーナ!」
みんなで 「SDN!?」
客「ガンバリーナ!」

なちゅ 「すげー。いっちゃリーナ!」


◆M8.ガンバリーナ

◆M9.普通のあなた

◆M10.Best by・・・


■スクリーン(3分トーク)
甲斐田樹里 「こんばんは。藤社優美です」客w

「なんでやねん。甲斐田樹里です。今回は(英語で)「豆知識」をやりたいと思います。 なんで英語やねん。これからおもしろくないことやるので、みなさんついてきてください」

「まず最初に健康編。(英語風に)レモン、柿。レモンより柿の方がビタミンCが多いんですよ、1.8倍。 皮の部分に多く含まれてるそうです」

「次は、ミルク編。牛乳を単独で飲むより、豆乳とミックスして飲んだ方がカルシウムの吸収率がアップします。 なので牛乳飲む時は必ず豆乳とミックスしてみてください」

「次は(英語風に)ダイエット編。(英語風に)サラダ。ご飯食べる前に出るサラダを食べてみてください。 少しお腹が満たされるので、食べる量が減ります・・・」

「(英語風に)コーヒー。コーヒーは脂肪を燃焼し、気分をリラックスさせる作用があります。 カロリー低くいので(コーヒーダイエット?)、モデルさんとかよくやってる方法です。食後、入浴前、 運動前に飲んでください」

「アルコール、お酒編。枝ピース(枝豆)」客、軽くw

「胃腸によく効くのでお酒飲む時、必ず食べてください」

「まだまだあるのですけど、時間なので。最後の曲です。愛されるために。どうぞ」


◆M11.愛されるために


曲終了後、
加藤雅美「本日は誘惑のガーター公演にお越しいただき、ありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手 → ハケる


■アンコール


◆EC1.孤独なランナー
飛び出し → 梅田悠

◆EC2.逃避行


■MC3
畠山智妃 「というわけで、SDN48「誘惑のガーター」公演、みなさん本日はいかがだったでしょうか?」客、拍手

梅田悠 「本日の2人1組MCは私、梅田悠と」
浦野一美 「シンディこと浦野一美です」

浦野一美梅田悠 → センターへ

浦野一美 「なんだよ」
梅田悠 「初めてで」
浦野一美 「言っとくけど、指名したのあなただからね」
梅田悠 「1回やってみたいと思って」
浦野一美 「ご指名ありがとうございます。「おねだりシャンパン」みたい」

「この2人、舞台「DUMP SHOW!」に出演させてもらったのですけど、来てくれた人?」客、反応

「大阪公演に来てくれた方?」客、反応

「多いんじゃない? 私、梅子のダンス好きで。めっちゃタイプだったの、顔が。 最初のレッスンの時、わー、あの顔ヤバイと思って。鼻が特に欲しくて」
梅田悠 「この間シンディに触られて。「ちゃんと骨あるんだ」って」
浦野一美 「喋りかけるとサバサバしてて」
梅田悠 「サバサバしてます」
浦野一美 「私、サバサバしてる人に嫌われるの、昔から」

梅田悠 (SDNの最初の頃の)レッスンの時、シンディがいて、ゆかりんもいて。 シンディがピンクのフリフリ着てて。私、ダンサーみたいな格好してるのに、ピンクのフリフリ着てて、 あり得ないと思った。これがアイドルなんだって。別世界の人だと思った。SDN公演で一緒にやったら、 ティアラが見えるとか言って。ほんとに別世界の人なんだなって」客w&拍手
浦野一美 「最近、ファンの人も見えるって言ってて。5年間してきて・・・」
梅田悠 「優しいね」

浦野一美 「DUMP SHOW!で同じになって。楽屋で隣りにいて。最初は絡みあまりしなかったけど、一緒に稽古するうちに、 こいつ優しいなと思って。(私がわからない)ダンス絶対に教えてくれるんです」
梅田悠 「休憩中も・・・」
浦野一美 「梅子は人に甘えたりしないのかな?と思って。チェンには甘えてて、私にはしないけど」
梅田悠 「チェンとかには甘えるけど」
浦野一美 「私今まで培ってきたものがあるのに。なんで私には甘えないんだろうと思って。そこからDUMP SHOW!は始まった」
梅田悠 「あまり包容力なさそう」客w
浦野一美 「ひどい。包容力あるよ」

「そんな梅子なんですけど、2人で出るシーンがあって、そこで手を繋いでくれるようになって」
梅田悠 「好きで手を繋いでたんじゃなくて、シンディはほんとにマイペースで、 準備まだかなまだかなと思って、それで手を繋ぐようになって、お決まりになって」
浦野一美 「そういうことだったの? あまり早く行くとテンション上がってドキドキなるから。 その後こいつ、ギュッとしてくれて。調子に乗ってチューしようとしたら思い切りビンタされた」客w&拍手
梅田悠 「何年も男の人とチューしてないのに、なんでシンディとしないといけないと思って。本番中に隙をついてやってくるんですよ」
浦野一美 → チューしようとする
梅田悠 「やめろ!」客w
浦野一美 「ビンタ思い切りされちゃって。DVDに収録されてたら・・・。最近梅子、私に優しいという噂があって」
梅田悠 「シンディ稽古中、ずっとお菓子食べてて」
浦野一美 「質のいいやつ」客w
梅田悠 「朝昼晩じゃなくて、ずっと食べてて」
浦野一美 「持ってくるの、質のいいの。いいとこのマドレーヌとか」
梅田悠 「自分でも作ってくるよね」
浦野一美 「あれも質良かったでしょ?」
梅田悠 「私のタイプじゃなかった」
浦野一美 「気を取り直して。スイーツ好きで、私が行きたいスイーツショップがあるから行こうって言ったら 行ってくれたんです」
梅田悠 「それには理由があって。8時から美容院で、3時からそれまで時間があったから」
浦野一美 「たしかに3時から8時まで一緒にいた」
梅田悠 「シンディに誘われて、ちょうどいいやと思って」
浦野一美 「暇つぶし? でも楽しかった。あの時の写メまだ持ってるよ」
梅田悠 「ちょっとお姫様になった気分だった」
浦野一美 「ほんとに? また行こうよ」

梅田悠 「DUMP SHOW!では、お見送りでも一緒でした。隣りにシンディがいて。すごいなと思ったのは ファンの人へ言葉。ポンポンと」
浦野一美 「特徴ある人ばかりだもん。秋葉原ってメガネ率高い」客w
梅田悠 「大阪の時、隣りでたこ焼きとか、お好み焼きとか言ってて、若干うざいと思った。 ファンの人も一緒にやってくれるんですよ。こういうのがコミュニケーションの取り方なんだなって」
浦野一美 「やめてよ。そうやって私のファンを奪うの」
梅田悠 「シンディだって私のファンに、私のところにも来てねっていつも言ってんじゃん」客w
浦野一美 「みんなDDになっちゃえよ」

「ところで今日前髪切ったんだけど、どう思う?」客w

「誰も言ってくれなくて」
梅田悠 「正直前の髪型の方が好きだった」客w&拍手

「前の方が好きだった。でもファンの人、好きですよね?」客、拍手
浦野一美 「少ないよ」

「私また舞台決まったんですよ。役作りしようと思って美容院に行ったの。3年前くらいにあった 初舞台「中野ブロンディーズ」がまた決まって、嬉しくなって。けっこう人気の舞台なんですよ」

「チアの話で、天井からピヨーンってなる。アクロバットみたいな。演出家が鬼軍曹並に怖くて、 土下座させられて泣いたことがある」
梅田悠 「東京公演は10月6日から10日まで。あと神戸公演もあります」

浦野一美 「言いたいこと全部言った」

梅田悠 「今日の2人1組MCは梅田悠と」
浦野一美 「浦野一美でした」

浦野一美梅田悠 「ありがとうございました」

加藤雅美 「ありがとうございました。それでは続いての曲です。聴いてください。ヴァンパイア計画」


◆EC3.ヴァンパイア計画


加藤雅美 「今夜はここにいるメンバーで「MIN・MIN・MIN」を披露したいと思います」客、拍手

芹那 「それでは聴いてください。MIN・MIN・MIN」


◆EC4.MIN・MIN・MIN


曲終了後、
佐藤由加理 「本日はお越しくださいまして誠にありがとうございました。 私たちから感謝の気持ちを込めまして、みなさんをハイタッチで お見送りしたいと思います。この後は係員の指示に従ってお待ちください。それでは挨拶しましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀「ありがとうございました」

BGM → 誘惑のガーター

メンバーたち手を振りながらハケる。

公演終了。


■ハイタッチ会
終演後にハイタッチ会。ロビーにて。メンバー全員と。


■率直な感想(私見)
パフォーマンスはいつも通りといった感じで申し分なかった。

2期&3期公演の時は、mirayさんは中盤不在であるが、今日は出演。
芹那さん、西国原礼子さんが不在だった。

本日のゆかりんは78点。


2人1組MCは浦野一美さんと梅田悠さんだった。なんだか珍しい組み合わせ。

浦野さんの前へ出る姿勢、バイタリティはさすがAKB48初期メンと思ったけれども、途中から、 あまりに長くて、ウンザリしてしまった。ちょいちょい笑いは起きてたけれども、 自分が目立ちたいとか、客に聞かせるトークじゃなくてただ自分が喋りたいだけの自己満足に感じたし、 内容自体もだいぶ薄かった。

このコーナー、長さはまちまちだけれども、だいたい3分くらいでしょうか。
時計は見なかったけれども、いつもの3倍以上、体感10分くらいでしょうか。それ以上だったかもしれない。

内容薄かったんで、そういう部分は上の流れはバッサリ、カット。
この人ほんとにラジオとかやってんのかなって思ってしまった。 旧チームBだったころ、ただ目立ちたいだけの、内容の薄い一発芸をだらだら無駄に長い時間やったことあったけれども、 そういったことも思い出した。早く次の曲が聴きたかった。

と、公演中はそんな気分になったけれども、最近は休演も多いし、これから舞台でまた休演続くだろうし、 2回分と考えれば、それはそれでありなのかなって。

それにしても後ろで待たされてたメンバー、汗が冷えて、風邪とか引かなかっただろうか。 浦野さん、個性的でいいんだけれども、グループには不向きなタイプなのかも。

終演は20時55分。
「MIN・MIN・MIN」をやるようになってからは、だいたい20時45分。やっぱり浦野さんのMC長かったよね。

以上。


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND