FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

平田梨奈 13歳の生誕祭(2011/07/17、昼公演、「シアターの女神」公演 267回目)

11071710.jpg  11071705.jpg  11071703.jpg

【研究生 187回目】

■出演メンバー
10期研究生 → 阿部マリア、伊豆田莉奈、入山杏奈、加藤玲奈、小林茉里奈、藤田奈那
11期研究生 → 川栄李奈、小嶋菜月、名取稚菜、森川彩香
12期研究生 → 大森美優、サイード横田絵玲奈、佐々木優佳里、高橋朱里、田野優花、平田梨奈

前座ガール → 武藤十夢

[ 「シアターの女神」公演 / 今月の出演メンバー ]


■公演前の陰アナ
伊豆田莉奈 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「はい、10期研究生の伊豆田莉奈です」客、拍手

「今日は誕生日の会があるんで、みなさん盛り上がって、盛り上げていきましょう。 みなさん盛り上がってください。間もなく開演です。もうちょっと待っててね」客、拍手

■開演前
研究生の武藤十夢が上手袖より入場。

武藤十夢 「毎回「シアターの女神」公演の前に前座ガールが1曲披露させていただきます。前座ガールの武藤十夢です」客、拍手

「それでは聴いてください。ロマンスかくれんぼ」客、拍手

◆M00.ロマンスかくれんぼ (前座ガール=武藤十夢)

緞帳閉まる。

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
「イェー」

名取稚菜 「みなさん、こんにちは! AK、、」
みんなで 「AKB48です」客、拍手

名取稚菜 「すみません。ハイ、勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ただいまAKB48公式モバイルサイトにて、みなさんからの質問を募集しています。 今日のお題はエンピツさんからいただきました。 お弁当の中で一番好きなおかずを教えてくださいです。 それでは自己紹介と一緒にれなっちさんからどうぞ」

1列目 上手側から順に
加藤玲奈 「ハイ、中学2年、14歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私が好きなお弁当のおかずはですね、おかずって言うのかわからないのですけど、 冷凍のグラタンなんですよ。占いとかが食べ終わった後に見れるみたいな。 幼稚園の頃からずっと食べてて、好きなんで、それが好きです。 ハイ、今日もよろしくお願いします」

入山杏奈 「ハイ、永遠の15歳、高校1年生のあんにんこと入山杏奈です」

「私はですね、お母さんの作ってくれたコロッケが好きなんですけれども。なんで失笑?」客、軽くw

「夜ご飯とかで食べる時はこんぐらいなんですけど、お弁当用にちゃんとこんぐらいの作ってくれるんですよ。 ほんとにそれが好きです。ハイ、デザートではイチゴが一番好きです。 ハイ、今日もみなさん一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

田野優花 「ハイ、12期研究生、14歳、中学3年生の田野優花です」

「私は唐揚げなんですけど、お母さんの作ったやつなんですね。 お母さんの作ったやつは普通の売られてる唐揚げと違って、脂が少なくて、 チキンみたいな。あれっ?チキンか」客、軽くw

「チキンみたいなサッパリした感じなんですよ。それを毎回入れてもらいます。 ハイ、今日も全力でがんばります。よろしくお願いします」

阿部マリア 「はい、10期研究生の阿部マリアと申します。よろしくお願いします」

「私はサクランボが好きなんですけど、おもしろい話があって。隣りの席の子はいつもケロッグを お弁当箱にいっぱい詰めてきて、牛乳出るじゃないですか。その子がケロッグを持ってくる日に限って 牛乳が出ないんですよ・・・」客w 「はい、今日もよろしくお願いします」

サイード横田絵玲奈 「はい、12期研究生の中学2年生、14歳のサイード横田絵玲奈です。よろしくお願いします」


「私はお母さんが作ってくれる、ちょっとチーズが入ったスクランブルエッグが、はい、大好きです。 なんかトロトロとしてて、はい、好きです。はい、笑顔でがんばるのでよろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
高橋朱里 「ハイ、12期研究生、13歳、高橋朱里です。よろしくお願いします」

「私はママが作ってくれただし巻き卵は絶対お弁当には入れて欲しいんですけど、 なんかあの、いっつも友達と一緒にだし巻き卵食べて、味を。お弁当って定番じゃないですか、だし巻き卵って。 だから友達と食べ比べするのですけど、やっぱりうちが一番美味しいなと思います。 ハイ、じゃ~、今日も笑顔でがんばります。よろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、あなたも、あなたも、まりなってる♪ はい、15歳、高校1年生のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はハーブチキンっていう、ハーブの味がするお肉があるのですけど、 それがすごい好きで。まぁ、なんか調理してなくてごめんなさいなんですけど、 普通にそれが好きです。はい、今日はみんなを引っ張っていけるようにがんばりたいと思います」客、おー

「あっ、あんまり期待はしないでください。はい、よろしくお願いします」

森川彩香 「はい、私が質問したら答えてください。アーヤロイドは好きですか?」客「大好き!」

「ありがとうございます。みなさん私のことが好きなんですね?」客、軽くw

「ありがとうございます。知ってます。11期研究生、15歳、高校1年生のアーヤロイドこと森川彩香です」

「私は卵焼きが好きなんですけど、やっぱあの、高校生なんで、お弁当は自分で作るようにしてて」客、おー

「卵焼きは必ず入れるんですけど、毎回味が一緒だとちょっとつまんないので、いっつも毎回味を変えています。 はい、今日も笑顔でがんばります。よろしくお願いします」

小嶋菜月 「はい、16歳、高校2年生のなっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」

「私はちょっとあーやと被っちゃったのですけど、卵焼きなんですよ。 で、うちのママが作るのは甘いんですよね。で、なんか甘い卵焼きって、料理上手って感じしないですか?  あっ、しないですか? 私はなんかそんな感じするので、今から将来のために甘い卵焼きを作る練習してます。 あー!ぐちゃぐちゃになっちゃった。ごめんなさい、はい、今日も笑顔でがんばります。よろしくお願いします」

平田梨奈 「はい、あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで(客も一緒)『ひらり~!』 ありがとうございます」客w

「はい、12期研究生のひらりーこと平田梨奈です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

拍手続く。

「ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます・・・」

「はーい、ありがとうございます、ほんとに。私の好きなおかずは田野ちゃんと被ったのですけど、 唐揚げなんです。でもカリカリする唐揚げが好きです。あとはご飯の上に乗ってるカリカリ梅です。 ハイ、今日も1日全力でがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

川栄李奈 「はい、11期研究生、16歳、高校2年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私は、お母さんが作ると3分の2.5が冷凍食品なんですよ」客、反応

「で、ちょっと悲しいじゃないですか、それは。0.5は卵焼きしかないのですけど、 それで私あの、自分で作ったことあるんですね、早起きして。その結果、まずウインナーが丸焦げで」客、反応

「あと卵焼きが、私も丸いクルクルの卵焼きあるじゃないですか、甘いやつ、なっつんが言ってた。 あれがスクランブルエッグ? あの、ぐちゃぐちゃになっちゃったんですよ。で、それはそれですごく美味しかったので、 みなさんもスクランブルエッグに砂糖みたいな感じで甘いのを混ぜてみたら美味しいと思います。 ハイ、今日も1日がんばります。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
大森美優 「ハイ、12期研究生の大森美優です。よろしくお願いします」

「私も自分でお弁当作ることがあるのですけど、トマトが一番好きなんですよ。 自分で作ってないのですけど」客、軽くw

「トマトが好きで、2個入れるんですね、いつも。で、トマトがお家に少ない時は1個で我慢するのですけど、 いつもは2個入れてて、こっちとこっちに入れて、最後に食べてます。ハイ、今日も全力でがんばります。よろしくお願いします」

伊豆田莉奈 「ハイ、10期研究生の高校1年生、15歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私はお弁当好きなんですけど、お菓子の方が好きなんで、遠足ってお弁当食べた後の お菓子タイムみたいなあるじゃないですか。そのお菓子タイムの方が好きですよ。 はい、好きです。それで今度あーやの作ったお弁当を食べてみたいです。はい、今日もよろしくお願いします」

名取稚菜 「ハイ、高校1年生、16歳のわかにゃんこと名取稚菜です」

「私もお弁当作れる人なんですけど、卵焼きがほんとに上手なんですよ、私の卵焼きが。 すごい上手で、それが一番美味しいんですけど、お父さんの作るきんぴらごぼうもものすごく美味しいので、 一番は私ですけど、二番目はきんぴらごぼうが好きです。 ハイ、今日はひらりーのおめでとうということで、元気にいきたいと思います。よろしくお願いします」

佐々木優佳里 「はい、12期研究生の15歳、高校1年生、ゆかるんこと佐々木優佳里です。よろしくお願いします」

「私が一番好きなのはたらこスパゲッティーです。冷凍食品の。たらこスパゲッティーが好きなんで、 いつも入れて、最初に食べてます。はい、今日も全力でがんばります。よろしくお願いします」

藤田奈那 「ハイ、せ~の、1+1+『1+1+1』+1+1は?『なぁな』ありがとうございます。 14歳、中学3年生のなぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私はですね、一番最初に自己紹介したれなっちフーと。れなっちフーって呼んでるのですけど、 まさかの被りまして。二番目に好きなのは枝豆なんですよ、冷凍食品の。あの、理由は、 美味しいというのもあるのですけど、作るのが茹でるだけですごい簡単だからっていう理由、 自分では作んないんですけど、枝豆が好きです。はい、今日もよろしくお願いします」

大森美優 「チームB5th「シアターの女神」、私たちが本当のシアターの女神になれるようにがんばりたいと思います。 まずはこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(入山杏奈、田野優花、加藤玲奈)
◆M06.嵐の夜には(平田梨奈、サイード横田絵玲奈、阿部マリア、川栄李奈)
◆M07.キャンディー(小林茉里奈、小嶋菜月、森川彩香)
◆M08.ロッカールームボーイ(藤田奈那、高橋朱里、伊豆田莉奈、佐々木優佳里、大森美優)
◆M09.夜風の仕業(名取稚菜)

■MC2
川栄李奈、加藤玲奈、田野優花、阿部マリア、入山杏奈、平田梨奈、サイード横田絵玲奈

「イェー」

川栄李奈 「初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「はい、ここでのお題は、メンバーのかわいい一面です」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

川栄李奈 「ひらりーなんかありますか?」客、反応
平田梨奈 「あります。私は田野ちゃんなんですけど、田野ちゃんっていっつもいじられてるじゃないですか。 それで、ちょっと田野ちゃんかわいいんですよ。ほんと甘えん坊みたいで。すみません、いいですか?  こうするんですよ」 → 入山の肩に手を回し、くっつく

「ポーってなっちゃいます。ハイ、それがめっちゃかわいいです。それです」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

川栄李奈 「ほかになんかありますか?」
サイード横田絵玲奈 「はーい」
入山杏奈 「えれちゃん」
サイード横田絵玲奈 「私はあーやさんなんですけど、なんかあーやさんって、みんなが笑ってる時にあんまり笑わなくて冷静なんですけど、 みんながあまり笑わない時にすごい笑って。その、いつもクールじゃないですか。そのギャップ萌えがすごいかわいいと思います」
田野優花 「みんなとツボが違うんです」
阿部マリア 「なるほどね」

「いいですか? 私さっき髪の毛やってた時に、あんにんが「見て見て、メロンパン付いた」って言って、 口にメロンパン付けてきたんですよ。それがさっき聞いたら、意図的にやったもので」客、反応

「なんだったんですか?」
入山杏奈 「違うの、なんか、食べてたらメロンパン付いちゃったんですよ、ここ(口元)に。 かわいいかなと思ってやってみただけです」客「かわいい」

「ありがとう。かわいいって」
阿部マリア 「あっ、そう」客w

「あんにんは?」
入山杏奈 「私ですか? 私はあれです、朱里ちゃんと仲いいんです、最近。 喋ってたらいきなり「あんにんさん、あんにんさん」って言って、なんか変顔してきて、 それがかわいかったです、すごい」
加藤玲奈 「じゃ~、あんにんそのマネをどうぞ」客、おー&軽く拍手
入山杏奈 → 披露(タコチュー)
阿部マリア 「ただのぶりっ子でしょ? 全然変顔じゃない」
入山杏奈 「違う、朱里ちゃんがこれやってたの」
阿部マリア 「見習いなさい」
川栄李奈 「あのですね、朱里が私によくやってくるのは今の顔もよくやってくるのですけど、 こうやってやってくるんですよ、こうやって」 → 披露(目をつぶる)
入山杏奈 「あー、やってる! やってるやってる」
川栄李奈 「走ってくるんですよ、その顔で。ほんとに怖いんですよ、それが。 ちょっとビックリしますね、それは」
阿部マリア 「りっちゃんって朱里ちゃん大好きだよね」
川栄李奈 「そうなんですよ」
阿部マリア 「めっちゃ好きだね」
川栄李奈 「待ってください。朱里が私のこと好きなんですよ」
メンバーたち 「逆」
川栄李奈 「これはガチで私は遊んであげてるんです。あの子は中2の遊び盛りの時期で、 私はね、もう大人なのに、遊んであげてるんですよ」
入山杏奈 「りっちゃんから朱里ちゃんに甘えてるよね」
川栄李奈 「いやいやいや」
入山杏奈 「そういうのもかわいい一面でいいんじゃない?」
阿部マリア 「そうだね」
川栄李奈 「丸く収めるみたいな感じで。はい、そうなんですよね」客、軽くw

「はい、そうなんですよ。はい、そうなんです、それでですね、ひらりーがこんなかわいい一面も あるんですよね」
平田梨奈 → 両手指先を頭の上(おサルさんポーズ)「ひらりー♪」
誰か「あれっ?」
阿部マリア 「ちょっと失敗しちゃった」
川栄李奈 「ちょっと失敗しちゃった、ちょっと」
誰か「かわいい」
平田梨奈 「あっ、ありがとうございます」

→ 他のメンバーたち入場

川栄李奈 「後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:高橋朱里、サイード横田絵玲奈、森川彩香、名取稚菜、平田梨奈、小林茉里奈、阿部マリア、藤田奈那

「イェー」

名取稚菜 「100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「はい、ここでのお題は誰が考えてくれたんですか?」
平田梨奈 「はい」
メンバーたち 「ひらりー」
名取稚菜 「発表してください」
平田梨奈 「ハイ。もし男の子だったら何のお仕事をしたいかです」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

藤田奈那 「男の子だったら、どんな職業に就きたいか?」
小林茉里奈 「そうだね、ひらりーは何かある?」
平田梨奈 「私は人を助ける仕事がほんとに好きで」
メンバーたち 「おー」
平田梨奈 「男の子って人を助けるとむっちゃかっこよくないですか?」
小林茉里奈 「そうですね。ひらりーファンのみなさん聞きました? ○○らいしですよ」
藤田奈那 「茉里奈、茉里奈ちょっと」
小林茉里奈 「ちょっと楽しくなっちゃったんで」
平田梨奈 「それで、やっぱ消防士?とかレスキュー隊、○○レスキューチームみたいな、そういう」
藤田奈那 「海猿?」
平田梨奈 「レスキューチームとかに入れたらいいなと思います」
メンバーたち 「すごいね」「いいね」
小林茉里奈 「いいですね」

「ほかには? あーや」
森川彩香 「男の子の人はやっぱり力仕事がいいじゃないですか。だから大工さんとか」
メンバーたち 「あー」
森川彩香 「お父さんがやってるんですよ。それで、ちょっと憧れて。たまに手伝ってます」
メンバーたち 「へー!」「すごい」
名取稚菜 「着るの? 作業着みたいなの」
森川彩香 「いや、うちは着ない」
名取稚菜 「なんで? 着てよ」
阿部マリア 「でも似合いそう」
森川彩香 「ほんとですか?」
藤田奈那 「マリアもたぶん似合うよ」
阿部マリア 「ちょっといいや」客w
藤田奈那 「なんでよー」

阿部マリア 「なぁなは?」
藤田奈那 「私ね、パイロット。大丈夫、大丈夫。服着たいだけだから。私絶対似合うんだよ」
小林茉里奈 「じゃ~、コスプレで我慢してください」
藤田奈那 「いやですよ。なるんです、パイロットに」

阿部マリア 「茉里奈ちゃんは?」
小林茉里奈 「私、宇宙飛行士です」
藤田奈那 「すごい」
小林茉里奈 「なんか、かっこいいから。それか、執事」
メンバーたち 「あー」
小林茉里奈 「私の趣味なんですけど、かっこいいから。でも私人に仕えるタイプじゃないもんね」
藤田奈那 「そうだね、絶対違うもん」
阿部マリア 「さっきさ、たかじゅりさ、宇宙飛行士って」
藤田奈那 「待って。何て呼んだ?今」
阿部マリア 「たかじゅり」
藤田奈那 「たかじゅりって呼んでるの?」
阿部マリア 「宇宙飛行士って言ってなかった?」
高橋朱里 「私、そうなんですけど、あの、違います。普通に楽屋で宇宙の空気ってゆっくりになるじゃないですか。 それをやってただけなんですよ、田野ちゃんと一緒に」
阿部マリア 「じゃないですか何になりたいの?」
高橋朱里 「そうですね、美容師です」
藤田奈那 「全然違うけど」
平田梨奈 「でもさ、男の子の美容師さんってめっちゃスタイルいいですよね?」
高橋朱里 「そうなんですよ」
平田梨奈 「髪の毛とか、すごいですよね」
高橋朱里 「すごいと思います」
藤田奈那 「でも朱里、前髪さ、すごいからさ、なれるんじゃない?」
高橋朱里 「なれますか?私。嬉しい」

藤田奈那 「阿部さん」
阿部マリア 「私めっちゃほんとにパパになって欲しかったんだけど、銀行員」客w
メンバーたち 「なんで?」
阿部マリア 「あの、すごい、奥さんが喜ぶって言ってた」客w&拍手
藤田奈那 「なんかさ・・・」

「イェー」次のメンバー入場。

メンバーチェンジ。

後半:加藤玲奈、佐々木優佳里、川栄李奈、伊豆田莉奈、田野優花、小嶋菜月、入山杏奈、大森美優

加藤玲奈 「はい、ここでのお題は最近ビックリしたこと」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

入山杏奈 「ハイ。私たった今すごいビックリしたんだけど、今ここで「イェー!」って出てきたじゃないですか。 で、マリアとかと手をギューって握ってたら、その次の茉里奈にすごいスルーされました」客、軽くw

「めっちゃビックリした、今」
加藤玲奈 「もう呆れられたんじゃないですか?」
入山杏奈 「ビックリしたー」

「誰かありますかね?」
伊豆田莉奈 「私あります。私、ほんとは最後に言ったほうがビックリするんじゃないかなって。 一番ビックリするんで言おうと思ったのですけど、今言っちゃいますね。 あの、一昨日にチームKさんの横山さん家にお泊りしに行ったんですよ。 それで、公演と西武ドームのリハーサルが繋がってたんで、キャリーケースで行ったんですよ、小さい。 電車でずっと座ろうと思って。満員電車だったのですけど、やっと座れたと思ったんです、私。 こうやって置くじゃないですか。でっかい持つ場所あって座ってたら、おじいさんが入ってきて、 席代わってあげようかなと思ったんです、私、優しいんで」客、軽くw
入山杏奈 「ビックリした、今すごいビックリした」
伊豆田莉奈 「そしたら、ここおじいさんが私のキャリーケースに座ってきたんです」客w

「えっ?と思って。持つところこうやって揺らしてみたんですよ。 そしたらなんか案の定降りてくれて、ほんとビックリして。良かったのですけど、降りてくれて。 すごいビックリしました。だから最後に言いたかったの」
メンバーたち 「ほんとにビックリした」「すごいですね」
伊豆田莉奈 「ビックリした、私も。ハードル上げちゃったんで、ハードル高い人言ってくださいよ、じゃ~」

「ありますか?誰か」
川栄李奈 「ハイ、私いいですか? 私はですね、これガチでビックリしますよ。 ちょっと、ほんとに、私がほんとにビックリしたんですけど、今日ですね、お化粧してて、ファンデーションがないなと 思ったんですよ。で、私ファンデーション2個持ってて、ちょっと黒めのとすっごい白めのがあるんですよ。 で、私は黒いのを塗らなきゃ気がすまないんですね。それで黒いのを探したんですけどなかったんですよ。 で、よく考えたら黒いのを袋に入れたまま、すごい高いんですよ、それ。それを捨てちゃったんですよ、私は、間違えて。 あれっ? それでですね、その結果、今日顔白いんですよ、私。でもほんとは健康なんですよ、今日は」
加藤玲奈 「いつもこんなじゃない?」
川栄李奈 「いつもはもっと健康的な色なんですよ」
伊豆田莉奈 「そんな変わらない」
川栄李奈 「今日はほんとに具合悪い色になってて」
小嶋菜月 「大丈夫、かわいいよ。かわいいよね」
川栄李奈 「自分が一番かわいいと思ってますよね?絶対ね」
入山杏奈 「小嶋さんね」
川栄李奈 「小嶋さんね。そのパターンですよ、絶対」
小嶋菜月 「ごめんなさい、そういう変なこと言うとまた変なキャラ作られちゃうんでやめてください」
川栄李奈 「私はそれで、ほんとにビックリしました。あれっ?」
小嶋菜月 「あれですよ、たぶん駅のトイレの中に捨てちゃったんですよね」
川栄李奈 「捨てちゃったんですよ、ガチで。これほんとにガチで、マジで今日は顔白いんですけど、全然健康なんで、 はい、ビックリしないでください。してないよって感じですよね。はい、そんなですよね」

「ほかに誰かありますか?」
田野優花 「ハイ、いいですか? 私さっき公演が始まる前に鏡の前にいたんですよ。 そしたらゆかるんが、ケープあるじゃないですか、髪の毛固めるやつ。 あれを全部にブシャーって」
メンバーたち 「えー?」
佐々木優佳里 「えっ?かけません?」
田野優花 「なんでかけてるの?って訊いたら「えっ?動くから」って。髪の毛動くものですよ」
佐々木優佳里 「かけた方があれじゃないですか」
川栄李奈 「ヘルメットみたいになっちゃいますよ」客w
佐々木優佳里 「そんな、はい、しません」
伊豆田莉奈 「見ちゃったんですけど、わかにゃんもやってますよ、それ」
小嶋菜月 「あっ、やってますよ。シューって」
伊豆田莉奈 「仲間がいて良かったね。だからいるんです、たぶん」
加藤玲奈 「でも固めるって言ったらあんにんみたいに前髪とか」
入山杏奈 「見ないで! 最近みんなに海苔って言われて傷ついてるんだから」
小嶋菜月 「あっ、パリパリ」
入山杏奈 「最低、ほんとどうしよう。もういい」

佐々木優佳里 「はい、みなさんは今度の休み、どこへ出かけますか? 私は田舎のおばあちゃん家へ行こうと思っています。 最後の曲です。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたちハケる。


■アンコール
客「本日は7月16日に13歳の誕生日を迎えられたひらりーこと平田梨奈ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「みなさま温かいご声援ありがとうございます」客、拍手

「ひらりーがこれから夢に向かって羽ばたいていけるように、アンコールはひらりーコールでお願いします」客、拍手

「ひらりーコールいくぞー」客、拍手


「ひらりー」コール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


曲終了後、
田野優花 「アンコールありがとうございます」
みんなで 「ありがとうございます」客、拍手

田野優花 「オネストマン、チームB推し、2曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日もみなさんのお陰で本当に楽しい時間を過ごすことができました。 次が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


■平田梨奈 生誕祭
曲終了後、
小嶋菜月 「本日はご来場いただき本当にありがとうございます」
メンバーたち 「ありがとうございます」客、拍手

小嶋菜月 「この後は日ごろの感謝の気持ちを込めまして、 ロビーにてハイタッチでお見送り致します。係りの方の指示があるまで場内にてお待ちください。 それでは最後の挨拶をしましょう」
伊豆田莉奈 「そして今日は7月16日に13歳のお誕生日を迎えた平田梨奈ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

「おめでとう」「おめでとう」

伊豆田莉奈 「じゃ~、それでは、ひらりーのためにみなさんでハッピーバースデーの歌を歌いましょう。せ~の」

みんなで 「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア ひらりー」客、ひゅ~

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」客、拍手

メンバーたち 「おめでとう」「おめでとうひらりー」

「良かったね」
平田梨奈 「ありがとうございます」
伊豆田莉奈 「じゃ~、それではひらりーに質問なんですけれども、今年、この1年がんばりたいことは何ですか?  目標について。わかりますか?目標ですよ」
平田梨奈 「はい、えっと、まだ12期生で入ったばっかりなんですけれども、 まだいろんなことを学ばないといけないと思うんですよ。それで、来年までには後輩とかが 入ってきてると思うので、いい先輩になりたいです」客、拍手
伊豆田莉奈 「がんばっていきましょう、みんなで」
平田梨奈 「がんばりたいです」客、拍手

伊豆田莉奈 「そして今日、生誕祭の実行委員の方とかが「嵐の夜には」で緑のサイリウムをやっていただいたり、 声援をやっていただいたのですけど、ファンの方にメッセージをどうぞ」
平田梨奈 「はい、ほんとに、ありがとうございます。サイリウムはほんとキレイで、ほんとビックリして、 私の好きな色がいっぱいあって、みんな一緒に振ってくれて、ロビーにお花が、ほんと大好きなものが いっぱいあって、ひらひらで、お花がひらひらで、ひらひらでした。本当に本当に本当にありがとうございました」客、拍手

伊豆田莉奈 「じゃ~、今年の1年もっともっと成長できるようにがんばってください」
平田梨奈 「ハイ」
伊豆田莉奈 「それでは最後の挨拶ひらりーお願いします」
平田梨奈 「あー、はい」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
平田梨奈 → センターにて、「せ~の」バック、「せ~の」前進
メンバーたち → お辞儀「ありがとうございました」

BGM → シアターの女神

メンバーたち手を振りながらハケる。

公演終了。


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、劇場扉側からメンバー1人1人ずつ五十音順に全員と(※ 前座ガールは不参加)

■メモ
平田梨奈 生誕祭:
・抽選前にトラメガ有志の方主導で「ひらひらひらで」「ひらりー」練習。
・M6「嵐の夜には」にて、緑サイリウム。
・アンコールは「ひらりー」コール。
・EC1「オネストマン」にて、ピンクサイリウム。

■率直な感想(私見)
平田梨奈さん生誕公演。
まだ体調が戻ってないのか、動き自体はいつもの7割くらいだった。

研究生で、キャラの濃い子はなんだか久しぶり。
いい意味で周りに染まらずに、我が道を突き進んでいって欲しいなと思う。


亡くなったおばあちゃんを想う曲で、「ひらりー」コールが入った。
これまで、生誕祭でも、この曲だけはコールが入らなかったのであるが、 ちょっと前の生誕祭でコールが入り、そして今日も入った。

決してコールされた方がどうのという話ではないのであるが。
感覚の違い、考え方の違いなので、中にはコールする人もいるのかもしれないが、 なんでもかんでもコールすればいいってもんじゃないなって、率直に思った。 その歌詞の場面を思い浮かべながら聴いてたら、私はコールする気にはなれない。

メンバーたちはどういう気持ちでコール受け止めているのだろうか。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 伊豆田莉奈平田梨奈


dTVチャンネル