鈴木紫帆里 昇格初B公演、21st「Everyday、カチューシャ」発売、22nd選抜 速報発表 (2011/05/25、「シアターの女神」公演 241回目)

【チームB 73回目】

■出演メンバー
新チームB → 柏木由紀、小森美果、佐藤すみれ、佐藤亜美菜、鈴木紫帆里、鈴木まりや、平嶋夏海、宮崎美穂、渡辺麻友

9期生(昇格) → 中村麻里子
10期研究生 → 伊豆田莉奈、市川美織、入山杏奈、加藤玲奈、藤田奈那
11期研究生 → 川栄李奈

前座ガール(研究生) → 仲俣汐里

[ 「シアターの女神」出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■ポジション
不在Bメン 7名(石田晴香、河西智美、北原里英、小林香菜、佐藤夏希、近野莉菜、増田有華)

石田晴香 → 入山杏奈
河西智美 → 鈴木紫帆里
北原里英 → 伊豆田莉奈
小林香菜 → 藤田奈那
佐藤夏希 → 川栄李奈
近野莉菜 → 中村麻里子
増田有華 → 市川美織

旧・奥真奈美ポジション → 加藤玲奈

■公演前の陰アナ
宮崎美穂 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「ということでですね、ありがとうございます、すみません、今日は盛りだくさんの内容で、 メンバーもモリモリがんばっていきたいと思います。間もなく開演です。もうちょっと待っててください。 宮崎美穂でした」客、拍手

■開演前
研究生の仲俣汐里が上手袖より入場。

仲俣汐里 「前座ガールの仲俣汐里です」客、拍手

「「シアターの女神」公演の前に1曲歌わせてください。ロマンスかくれんぼ」客、拍手

◆M00.ロマンスかくれんぼ (前座ガール=仲俣汐里)

緞帳閉まる。

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
柏木由紀 「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48です」客、拍手

柏木由紀 「勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたか!?」客、拍手

「ありがとうございます。ただいま公式モバイルサイトで募集している私たちへの質問にお答えしながら1人1人自己紹介をさせてください。 今日のお題はシロタンさんからの質問で、 今日はAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」の発売日ですが、みなさんの最近を エブリデイ○○で例えるとなんですか?です。どうぞ」

1列目 上手側から順に
加藤玲奈 「はい、10期研究生の中学2年、13歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私はエブリデイデコメなんですけど、ほんとにデコメが好きで、毎日のようにメンバーに送ってます。 ハイ、今日もよろしくお願いします」

佐藤すみれ 「ハイ、17歳のすーちゃんこと佐藤すみれです。よろしくお願いします」

「最近私はリュックを使うようになったのでエブリデイリュックで。 そうですね、最近荷物が多くてバックがちょっと壊れちゃって、持つ手が壊れちゃったので、リュックを 使うようにしています。今日はよろしくお願いします」

渡辺麻友 「はい、み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。高校3年生、17歳のまゆゆこと渡辺麻友です」

「私は一昨日の朝から全員ご飯がカレーなんですよ。なんかわかんないけど、 お仕事場に行っても全部カレーが出てきて、今日のさっきの夜ご飯もカレーだったんですよ。 私はなんかカレーになっちゃいそうな感じなんですけども、まぁ、そんなことはないので 今日も公演張り切っていきます。みなさん盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

宮崎美穂 「ハイ、ド・レミ・ド・ミ・ド『みゃお~!』ありがとうございます。高校3年生、17歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「そうですね、私はエブリデイツイッターですね。やらせてもらってるのですけど、ツイッターを。 すごい嵌ると抜け出せない感覚といいますか。でも日本ではそんなに流行してないですか?ツイッターは。。 流行ってますね」客w

「みなさん、ぜひツイッターで友達を作っていきましょう。今日もよろしくお願いします」

小森美果 「はい、愛知県から来ました、高校2年生の小森美果です。よろしくお願いします」

「私はそうですね、やっぱりエブリデイストレッチだと思います。。」客、軽くw

「はい、ストレッチわかりますか? はい、わかりますね。ということでいつもストレッチをしています。 はい、ということで今日もみなさんよろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
入山杏奈 「はい、高校1年生、15歳のあんにんこと入山杏奈です」

「私はですね、最近3日間ずっとテストだったので、エブリデイテストだったかなと思います。 ハイ、今日も一生懸命がんばるので、みなさん一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

市川美織 「はい、みなさん知っている方がいらっしゃいましたら一緒にやってください。いきます。 せ~の、『フレッシュレモンになりたいの!』ありがとうございます、10期研究生のみおりんこと市川美織です」

「私はですね、エブリデイナッツです。ずっとカシューナッツを食べてるんですよ。大好きなので。 なんで最近リスっぽいねって言われます。ハイ、今日もフレッシュにいきます。よろしくお願いします」

佐藤亜美菜 「はい、愛されたい愛したい、でもやっぱり愛されたい、AKB48チームBの佐藤亜美菜です」

「私はエブリデイ半身浴ですね。最近DVDをお風呂の中に持ち込んで、 この辺までお湯を溜めて、見てるんですけど、1時間半までしかDVDプレーヤーの充電が持たないんですよ。 なんで、1時間半以上入ったことがないので、今度もうちょっと充電機能の優れたものを買って、 DVDも買って、2時間半とか3時間くらい半身浴できるようにがんばりたいなと思います。 ということで今日もよろしくお願いします」

鈴木紫帆里 「ハイ、シアターを支える3本目の柱になりたい、チームBのしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私はエブリデイなぁな。で、なんかすごい、今までけっこうくっつかれてたのですけど、 なぜか今週1週間はけっこうあんまりメールも来ないし電話も来ないしくっつかれもしないので、 ちょっと最近エブリデイなぁなからちょっと離れちゃってちょっと寂しいなっていうのが」
藤田奈那 「じゃ~、今日メールするね」
鈴木紫帆里 「なんですけど、ほどほどにこれからお願いします。はい、ということで今日は昇格してからの初めての 「シアターの女神」公演ということで、緊張しているのですけど、それを楽しみに変えていきたいなと思います。 よろしくお願いします」

鈴木まりや 「はい、知っている方は一緒にお願いします。3時のおやつは?」客「まりやんぬー」
「ありがとうございます。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はですね、エブリデイ初心なんですけど、最近ですね、お休みがあると私が初めて 見たAKB48のステージのひまわり1stのDVDを見るんですよ。亜美菜ちゃんも出てるやつ」客、軽くw
佐藤亜美菜 「ありがとうございます」
鈴木まりや 「それの、表と裏があるのですけど、表の方のちょいちょい私がお客さんで見に行って最前でドカって 座ってるのがちらちら映るので、私ステージを見てたなって」
佐藤亜美菜 「まりやんぬDVDに映ってるの?」
鈴木まりや 「そう、私DVDに映ってるの」
佐藤亜美菜 「えー!?知らなかった」
鈴木まりや 「ちなみに私のお母さんも映ってるの、一緒に」
佐藤亜美菜 「えー?」
鈴木まりや 「なのでぜひみなさんのあれがエブリデイまりやんぬ探しになるようにがんばりたいと思います」客、軽くw

「ということで今日はよろしくお願いします」

川栄李奈 「はい、11期研究生、16歳、高校2年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私はエブリデイ自転車です。あの、雨が降っても私は自転車に乗るんですね。 学校に行ったり、ここに来る時に自転車を使用するんですよ。なので、嵐とかでも私は全然自転車に乗れるので、 みなさんもちょっと乗ってみてください。ハイ、今日も1日がんばります。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
平嶋夏海 「ハイ、今日も、1に努力、2に根性、3、4がなくて、5に『なっちゃん!』チームBなっちゃんこと平嶋夏海です」

「私はですね、エブリデイパソコンって感じですね。 なんですか?これ。ブラインドタッチ?って言うんですか? それができるようになりたくて、 日ごろなかなか打ち慣れないなか、人差し指で押すんじゃなくて、両手で押してみようってやったりとか、 あとメンバーのブログを読んだりとか、あとパソコンで検索したりとか、いろいろ、なんて言うんですか?  交通費書いたりとか、いろいろパソコンを使える人間になりたいなと思っています」

「ということで今日はね、私の大好きなしほりんがチームBに昇格してからの1回目の公演、 ほんとに私も、発表私したんですよ。その時もまさかね、サルオバサンから渡された白い紙にそんなことが 書いてあると思わずに開きまして、今日のしほりんの記念すべき公演をほんとに心から楽しみたいと思います。 ということで「今日も『がんばりなっちゃん!』しちゃいます。よろしくお願いします」

伊豆田莉奈 「ハイ、10期研究生の高校1年生、15歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は最近っていうか前から小説とかを読める人なんですけど、この前しおりをゲットしたんです、 挟むやつ。そしたら茉里奈ちゃんに「いずりなって小説なんか読めるの?」って言われて。 けど今すごい、難しくはないかもしれないのですけど、小説を読んでるんで、毎日読んでて、 エブリデイ小説です。ハイ、今日もよろしくお願いします」

柏木由紀 「ハーイ、寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞ♪ ゆきりんこと柏木由紀です。よろしくお願いします」

「私はですね、最近エブリデイ友達募集中でして」客w

「どうも最近メールの数がすごいなんか、ほんとにメルマガばっかで、多々メールの問い合わせっていう機能を 使ってるのですけど、なかなか届かないということで、今日は、フレッシュレモンちゃんがちょっと、 友達になりたいなと思って楽屋で話しかけたんですよ。「レモンちゃんってやっぱ顔ちっちゃいね」って言ったら 「ハイ、あの、レモン・・・」なんて言ってるかさっぱり全然わからなくて」客w

「要するに顔がレモン3個分だって言ってたので、「じゃ~、テレビジョンの表紙やりたいね」って言ったら 「でもたぶんみなさん、レモンと私のことどっちがレモンかわかんなくなると思うんですよ」」客w

「全然ちょっと、なかなか友達への道は遠いかなと思うのですけども、 今日はしほりんがチームBに昇格してチームBの公演初めてということで、みなさんも一緒に楽しんでいきましょう。 よろしくお願いします」

中村麻里子 「はい、9期生の17歳、高校3年生の中村麻里子です」

「最近私はずっとエブリデイスマートフォンでして、最近レストランを経営してるんですね。 そのレストランがすっごいリアルで、フォーチュンクッキーっていうのを作るのに12時間もかかるんですよ。 で、しかも腐っちゃったりするんですね、夏場なので。それがすごい大変なので、今日は親子丼を がんばって作りたいと思います。というわけで今日も全力でいきます。応援よろしくお願いします」

藤田奈那 「はい、せ~の、1+1+『1+1+1』+1+1は?『なぁな』ありがとうございます。14歳、中学3年生のなぁなこと藤田奈那です。 よろしくお願いします」

「私はですね、エブリデイスポーツです。今学校で運動会の練習が毎日あるんですよ。 それで大縄跳びとかリレーとか、100メートル走とか毎日やってます。 さっきしほりんがエブリデイなぁなと言ってくれたので、今日から私もエブリデイしほりんにしたいと思います。 ハイ、今日もよろしくお願いします」

柏木由紀 「チームB5th「シアターの女神」公演。私たちがこのシアターの本当の女神になれるように、 がんばりたいと思います。次はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(佐藤すみれ、渡辺麻友、加藤玲奈
◆M06.嵐の夜には(鈴木まりや、小森美果、宮崎美穂、川栄李奈
◆M07.キャンディー市川美織、鈴木紫帆里、佐藤亜美菜)
◆M08.ロッカールームボーイ藤田奈那入山杏奈伊豆田莉奈中村麻里子、平嶋夏海)
◆M09.夜風の仕業(柏木由紀)

■MC2
川栄李奈加藤玲奈、渡辺麻友、宮崎美穂、佐藤すみれ、鈴木まりや、小森美果

「ナナナ、ナーナー、ナナナ・・・」

「イェー」

宮崎美穂 「ハイ、ということで、初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

宮崎美穂 「はい、そんな感じでですね、ここいないですか? 主役いないですね」
鈴木まりや 「計算ミスですね」
宮崎美穂 「計算ミスか。せんにん・・・」
渡辺麻友 「先日ね」
宮崎美穂 「先日の公演にて」
渡辺麻友 「落ち着いて」
宮崎美穂 「大丈夫だよ」客w
渡辺麻友 「ちょっとしたハプニングがありましてね」
宮崎美穂 「先日のですね、B公演で、鈴木紫帆里ちゃんが正式加入されたという発表が」客、拍手
メンバーたち 「おめでとう」「おめでとう」
宮崎美穂 「出てきて」
渡辺麻友 「今日はちょっと出れないっていうね」
宮崎美穂 「ちょっといろいろありますから出れないのですけど、まぁね、みなさん今日集まっていただいたんで」
渡辺麻友 「歓迎会にね」
宮崎美穂 「歓迎会に招待状さっき出しといたんですけどね。家に届いてたと思うのですけど」
渡辺麻友 「ポスト開けたら入ってましたよね?」
宮崎美穂 「届いてないですか?」
メンバーたち 「えー?」「ミス」客、反応
小森美果 「きましたか?」
宮崎美穂 「メンバーが自分で書いて、今日の招待状を書いたわけなんですけど、 今日は鈴木紫帆里ちゃんのチームB歓迎会を行いたいと思います!」
メンバーたち 「イェー」客、拍手
渡辺麻友 「おめでとう」
宮崎美穂 「招待状はウソですけど」客、軽くw
渡辺麻友 「知ってる、知ってる。まぁ、そんな感じで、チームBはこういうところだよとか、 同じ研究生だった紫帆里ちゃんに対してお祝いのひと言でもなんでもいいんで、歓迎しましょうよ」
渡辺麻友 「はい、そうしよう。本人いないんですけど」
宮崎美穂 「いいんですよ」
渡辺麻友 「本人いないけど歓迎会でいいんですか?」
宮崎美穂 「いますよそこら辺に」客w
渡辺麻友 「たしかにあっち側にはいるけど」
宮崎美穂 「あっちサイドにいるから大丈夫です」
渡辺麻友 「出れないですけど」
宮崎美穂 「聞いてますからね、大丈夫。心は一緒です」
鈴木まりや 「そうですね」
渡辺麻友 「いいこと言った。そんなことないか」客、軽くw
宮崎美穂 「いいからはい。まりやんぬ」
鈴木まりや 「チームBのいいところですか? やっぱりチームBはあんまりみんなで集まらないで1人1人がみんなと仲いいって言うんですか?」
宮崎美穂 「何言ってるの?」
メンバーたち 「どういう意味?」
渡辺麻友 「怒んないで、怒んないで」
宮崎美穂 「何を言ってるの?」
渡辺麻友 「怒んないで。話聞いて」
鈴木まりや 「学校のクラスの女の子って4人、3人、6人とか」
渡辺麻友 「グループがね、分かれちゃうんだよね」
佐藤すみれ 「みんな仲良しってこと?」
鈴木まりや 「そうなんですよ。決まったグループとかがなく」
宮崎美穂 「あるじゃないですか、決まったグループ」
鈴木まりや 「ある?」
宮崎美穂 「あるよ。香菜ちゃんとまりやんぬ、ずっと一緒にいるじゃん」
鈴木まりや 「えっ?香菜ちゃんと私?」
宮崎美穂 「そうだよ」
鈴木まりや 「私いつも休み時間1人でいますよ」
メンバーたち 「休み時間w」
宮崎美穂 「休み時間って」
鈴木まりや 「小森と一緒にいる、小森と」
宮崎美穂 「いないよ」
渡辺麻友 「見たことないよ」
鈴木まりや 「今日ご飯一緒に食べてた」
渡辺麻友 「今日だけでしょ?」
鈴木まりや 「いつも一緒にいるよね?」
宮崎美穂 「今日だけだよ」
鈴木まりや 「香菜ちゃんはちかりなとかいます。みんな一緒にいますよ」
渡辺麻友 「たしかにね」
宮崎美穂 「他に? 何かありますか? 先輩ですからね、2人からしたら」
川栄李奈 「私は同じです。11期です」
宮崎美穂 「同期ですか?」
川栄李奈 「同期ですね」
宮崎美穂 「じゃ~、同期、一緒にがんばろうよみたいなひと言もらっていいですかね?」
渡辺麻友 「どうした?」
宮崎美穂 「すみません、お願いします」
川栄李奈 「あのですね、しほりんはすごいみんなをまとめてくれるんですよ」
渡辺麻友 「たしかに、しっかりしてるよね」
川栄李奈 「そうなんですよ」
宮崎美穂 「ありがとうございます」
渡辺麻友 「しほりんってあれだよね? 同い年だよね?」
宮崎美穂 「そうですよ」
佐藤すみれ 「同い年。高3」
渡辺麻友 「身長大きいよね」
佐藤すみれ 「存在感ハンパない」
渡辺麻友 「195」客w
小森美果 「そんなでかくないよ」
宮崎美穂 「爽快感」
渡辺麻友 「爽快感w」
佐藤すみれ 「爽快感ハンパない」
宮崎美穂 「存在感ハンパないって言ったの」
渡辺麻友 「ほんと大きいもね」
宮崎美穂 「大きい大きい、そりゃー大きいですよ。身長高くて・・・。(鈴木、小森に)乱さない」
渡辺麻友 「みんな一緒、心は1つ」
宮崎美穂 「もう時間だよ」客、軽くw

「もう時間だよ」
渡辺麻友 「そこまとまりがないけども、ここでしほりんがきて、まとめてくれるってことですよ、これから。 これからここにしほりんがね、このMCにね」
宮崎美穂 「あっ、来たよ!」

→ 他のメンバーたち入場

鈴木紫帆里 「ありがとうございます」客、拍手
渡辺麻友 「195センチ」
宮崎美穂 「190はないですからね。203メートルです」客w
鈴木紫帆里 「ないですよ」
渡辺麻友 「盛らない」
宮崎美穂 「じゃ~、203センチです」
鈴木紫帆里 「そんなにないですね。170とかですね」
渡辺麻友 「あっ、大きいね、でも。すごいよ」
宮崎美穂 「まぁ、そんな感じでですね、まぁ、紫帆里ちゃんを加えて、新しいチームBになりましたけども、 これからも応援よろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

宮崎美穂 「それでは後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:入山杏奈、小森美果、佐藤亜美菜、柏木由紀、鈴木まりや、市川美織、宮崎美穂、藤田奈那

「イェー」

柏木由紀 「100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 みなさんいかがでしたか!?」客、拍手
メンバーたち「ありがとうございます」

佐藤亜美菜 「はい、ということでですね、今回は最初っから言ってるように、今日は「Everyday、カチューシャ」の発売日ということで、 Everydayという意味は毎日という意味じゃないですか。毎日毎日毎日1日1日1日1日ということで今日は だるまさんの1日をやりたいと思います。イェー」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

柏木由紀 「めっちゃ無理矢理やね」
佐藤亜美菜 「やりたいだけ。だるまさんの1日ルールを説明しますと、だるまさんがころんだ形式にメンバーがなりまして、 鬼が「だるまさんが何々した」と言って、その言われたことをできていなかった人がアウト。 最後まで勝ち残った人が優勝っていうことです。1人に絞らなくても最終的に残った子たちが優勝という形を今日は とらせていただきたいと思います」
柏木由紀 「言ってる間にダダダーって走るやつ?」
佐藤亜美菜 「そうそう。あんまり走り過ぎれないと思うよ、やらなきゃいけないから、いろんなことを」
柏木由紀 「あー、なるほどね。言われたことをやる」
佐藤亜美菜 「そう。今ね、「マジすか学園2」がやってるように、やっぱ今AKB48に演技力というものがけっこうついてきていたり、 つけなければならなかったりするので、ここでね、みなさんで演技力の勉強なんかができたらいいなと思います。 ということで私、鬼やりますのでみなさんあっちに」客、軽くw
柏木由紀 「ほんとにやりたいんだね。わかったわかった、じゃ~、みんなこっちね」

佐藤亜美菜 → 下手側へ
メンバーたち → 佐藤以外のメンバー上手へ

佐藤亜美菜 「やるよ。緩いって言ったの誰だ?」客w

「緩くないよ。じゃ~、いきますよ。手始めにね」

「だるまさんがスキップした」
メンバーたち → スキップ
柏木由紀 「進んじゃいけない」
佐藤亜美菜 「このぐらいはできるよね」
柏木由紀 「その場でね」
佐藤亜美菜 「その場で、その場で。じゃ~、いくよ」

「だるまさんがぶりっ子した」
メンバーたち → ぶりっ子
柏木由紀 「キャハッ」客w
佐藤亜美菜 「うん、そうだね、できてる、できてるね」

「だるまさんがフレッシュレモンになった」
メンバーたち 「フレッシュレモンになりたいのー♪」
佐藤亜美菜 「すごい、できてる」客、拍手

「できてる」

「だるまさんが宝くじが当たった」
メンバーたち 「イヤー!!」「やったー!」
宮崎美穂 「1億やし」客w

佐藤亜美菜 「だるまさんが寝坊してしまいました」
メンバーたち 「やばい・・・」焦る
佐藤亜美菜 「宝くじのリアクションと変わらなくない? まぁ、いいか。他になんだろう。あっ」

「だるまさんが「Everyday、カチューシャ」を踊った」
宮崎美穂 「ポニーテール~」客w
佐藤亜美菜 「みゃおアウト!」
柏木由紀 「ポニーテールw」
佐藤亜美菜 「ポニーテールじゃない」
宮崎美穂 「じゃ~、私が鬼やる」
佐藤亜美菜 「私はどっから? 最初から?」

宮崎美穂 → 下手側へ
メンバーたち → 上手側へ

宮崎美穂 「遠いんで、ひとます前へ」
佐藤亜美菜 「これぐらい?」

「こい」
宮崎美穂 「だるまさんが歯磨きをした」
メンバーたち → 歯磨き(客、地味)

宮崎美穂 「だるまさんがブリッジをした」
メンバーたち 「えっ?」 → 床に座りブリッジをしようとする
宮崎美穂 「やめなさい!」
柏木由紀 「どっち?」
宮崎美穂 「ブリッジっていうのは、こっちのブリッジじゃなくて橋の方」客、反応

「じゃ~、だるまさんが理容院になった」
柏木由紀 「院?院?」
メンバーたち → 店前にある回転看板を表現
宮崎美穂 「あってるあってる。それでいいですよ」客、ざわ
佐藤亜美菜 「意味わかんない」

宮崎美穂 「だるまさんがプールで溺れた」
メンバーたち 「あ~」

宮崎美穂 「だるまさんが英語を喋った」
メンバーたち → 「I'm happy」などあれこれと
柏木由紀 「すみません、あの、この方が英語って言われて、なんて言いました?」
市川美織 「あっ、フレッシュレモン」
柏木由紀 「これ英語ですか?」客w

「英語ですか?」
宮崎美穂 「鬼ですね、もう。日本語ですよね、あれ」
市川美織 「あ~、I am フレッシュレモン」客w&拍手
柏木由紀 「良かったね、私はフレッシュレモン。正解、正解」

市川美織 → 下手側
メンバーたち → 市川以外のメンバーたち上手側へ

市川美織 「(上手側、他のメンバーたちの方を向いて)だるまさんが・・・」
メンバーたち 「向こう向いてやって」「あっち向いて」
市川美織 「(下手側を向いて)だるまさんがころんだ」客w
柏木由紀 「転んだ?」
誰か「まんまや」

次のメンバー入場 → 転ぶ

「イェー」「楽しかったね」

メンバーチェンジ。

後半:加藤玲奈中村麻里子川栄李奈伊豆田莉奈、渡辺麻友、鈴木紫帆里、佐藤すみれ、平嶋夏海

平嶋夏海 「なんだ、なんだ? まぁ、フレッシュレモンがかわいかったということで。ということで後半MCはですね、 さきほども言いましたが、しほりんがチームBメンバーに仲間入りしまして初めての公演です」客、拍手
鈴木紫帆里 「ありがとうございます」
平嶋夏海 「おめでとう」
鈴木紫帆里 「ありがとうございます」
渡辺麻友 「2メートル」
鈴木紫帆里 「2メートルはちょっと超えないと思いますね」
平嶋夏海 「でもAKBイチ身長高いよね」
渡辺麻友 「だよね?」
平嶋夏海 「何センチ?」
鈴木紫帆里 「171です」
平嶋夏海 「なんで、まりちゃんより高いっていう」
鈴木紫帆里 「そうですね。そうなってしまいました」
平嶋夏海 「ということでしほりん、チームBに昇格発表された時、どうでした?」
鈴木紫帆里 「えー? どうでした?って言われると困るんですけど、ほんとにほんとに何も真っ白になりました、1回頭が。 なんか、なっちゃんが手紙をいきなり読み出して、あっ、もしかしてと思って、そしたら最後に メッセージがあったのでもう号泣でしたもう。何言っていいかわからなかったです、あの場所では」
平嶋夏海 「ということでこれからしほりんはね、今でも「チームBさん」って言うんだよね、チームBのことを」
鈴木紫帆里 「チームBさんですね」
渡辺麻友 「もうチームBなんだからね」
平嶋夏海 「そう」
渡辺麻友 「チームBって呼び捨てでいいよ」客w

「オイ、チームB」
平嶋夏海 「ということでね、しほりんも発表した時に号泣して、その時まだ実感が沸かないですって言ってたので、 今日のお題は、その言われた時に実感が沸かないくらいに嬉しかったことにしたいと思います」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

平嶋夏海 「じゃ~、一番盛り上がってたこまりこ」
中村麻里子 「私最近ほんとにみなさん実感沸かないと思うのですけど、電車の角席が取れたことが嬉し過ぎて実感が沸かないです」
平嶋夏海 「えっ? もう1回もう1回」
中村麻里子 「電車の角席に座れた嬉しさが実感できないです」
メンバーたち 「えっ?」「どういうこと?」
鈴木紫帆里 「あれっ?」
平嶋夏海 「すっごいさ、日常的だよね」
中村麻里子 「そうなんですけど、でもなんか、嬉しい半分、角席とっちゃったみたいになりませんか?」
メンバーたち 「ならない」
渡辺麻友 「それはならないかな」
平嶋夏海 「じゃ~、逆に角席イェーみたいな感じになる、ラッキーみたいな」
メンバーたち 「あー」「わかる」
渡辺麻友 「たしかにいいですね」
平嶋夏海 「嬉しいのレベルめっちゃ低いね」
中村麻里子 「でもささやかな幸せです、私にとっては」
渡辺麻友 「こまりこにとっては最上級の幸せ」
中村麻里子 「そうですね」

平嶋夏海 「じゃ~、そんなまゆゆの」
渡辺麻友 「私ですか?」
平嶋夏海 「久しぶりの公演ですしね」
渡辺麻友 「そうなんです、久しぶりなんです。私はですね、なっちゃんがね、iPhoneをね」
平嶋夏海 「そうなんです」
渡辺麻友 「なっちゃんが遂にiPhone4をね、渡り廊下で一番最先端の女」
平嶋夏海 「最先端の女です」
渡辺麻友 「なっちゃんがiPhone買って、私もね、買いたいなーとは思ってたけど、電話する人いないかなって感じで、 買わないかな、友達いないなーと思って、そんな感じで考えてたらなっちゃんが「麻友もiPhone買っちゃいなよ!」って 言ってくるんで、その時に「あー、なっちゃんありがとう」って感じで、友達のいる嬉しさを実感しました。 あっ、実感しちゃった。実感しちゃダメなのか。あれっ?実感?」
平嶋夏海 「OK、OK。嬉しかったこと」
渡辺麻友 「嬉しかったですね。そうやってね、人から誘われたってことでね」
平嶋夏海 「どんだけ普段友達いないんですかw」
渡辺麻友 「いやいやいや。嬉しかったんですよ」
平嶋夏海 「ありがとう。ここね、いい感じで」
渡辺麻友 「ナウイ女ですね」客、軽くw
平嶋夏海 「ナウイ」
鈴木紫帆里 「ナウイって久しぶりに聞きました」
平嶋夏海 「やめてよ、昭和のはーちゃんみたいな匂いさせないで」客、軽くw

「そっち方面に行って欲しくないな、麻友に」
渡辺麻友 「おばちゃん」
平嶋夏海 「ちょっと、いないところで悪口言うのやめよ」客、軽くw
渡辺麻友 「悪口じゃないよ。褒め言葉だよ」

平嶋夏海 「ということで、じゃ~、いずりな」
伊豆田莉奈 「はい、私はしほりんがこの前昇格したじゃないですか。それで、研究生に入ってから、 一緒に研究生をやってきた人が昇格するの必ず全部立ち会えてるんですよ」
メンバーたち 「へー」「すごい」
伊豆田莉奈 「それがすごい嬉しくて、それでなんか、自分のことじゃないのに毎回「一番泣いてる」って言われるんですよ。 今思って、自分すごいなって、全部立ち会えてて」
渡辺麻友 「すごいね。勝利の女神だよ」
平嶋夏海 「まゆゆ、適当に・・・」客w
渡辺麻友 「勝利の女神だなと思って。すみませんでした」
平嶋夏海 「感動やさんだね、いずりなは」
佐藤すみれ 「いずりなはけっこういろんな公演に出てるからね。AとKとBとね」
伊豆田莉奈 「はい、出させてもらってます」
平嶋夏海 「いずりな、こんな見た目ですごいダンス上手でさ」
メンバーたち 「すごい上手い」
平嶋夏海 「なんか、めっちゃキューピーさんみたいな感じなのにさ」
渡辺麻友 「例え」
佐藤すみれ 「この前紫帆里の昇格した公演の後に、私と紫帆里といずりなでカラオケに行ったんですね。 そしたら、いずりなはダンスだけじゃなく、歌もめっちゃ上手かった」
鈴木紫帆里 「上手かった」
渡辺麻友 「すごいね」
伊豆田莉奈 「上手くないです」
佐藤すみれ 「もうアイドルだね」
平嶋夏海 「アイドルですよ」
渡辺麻友 「すーちゃんのお墨付きですね」
佐藤すみれ 「お墨付き?」
渡辺麻友 「意味わかんない?」
佐藤すみれ 「意味わかんない」客w
渡辺麻友 「じゃ~、後でウィキペディアで調べてください」
佐藤すみれ 「わかりました」
渡辺麻友 「はい、ということでですね、こんな感じでしほりんも新たに加えたチームB、これからがんばっていきます。 ということでみなさんは今度のお休みどこかへ出かけますか? 私は田舎のおばあちゃんの家へ行こうと思っています。 最後の曲です。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたち、ハケる。


■アンコール
客「アンコール」 → 途中から「紫帆里(しほりん)」コールへ


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)

■MC4
曲終了後、「イェー」

渡辺麻友 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

渡辺麻友 「オネストマン、チームB推し、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。はい、今日もみなさんのお陰で本当に楽しい時間を過ごすことができました。 そして、次が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
柏木由紀 「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

柏木由紀 「本日5月25日に発売になりました、私たちAKB48の21枚目の新曲「Everyday、カチューシャ」は みなさん、もう聴いていただけましたか!?」客、拍手

「ありがとうございます」
メンバーたち 「ありがとうございます」
柏木由紀 「ここでご報告があります。今日発売になりました「Everyday、カチューシャ」、本日付けの オリコン・デイリーチャートで、なんと」客、おー

1位を獲得することができました!!」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

柏木由紀 「ほんとにこうして応援してくださったみなさんのお陰だと思っております。ほんとにありがとうございます。 そしてこれからも私たち精一杯全力でがんばっていきたいと思いますので、AKB48、そして発売になりました 「Everyday、カチューシャ」どうぞよろしくお願いします」
メンバーたち 「よろしくお願いします」客、拍手

柏木由紀 「そして、今日発売になりました「Everyday、カチューシャ」を今日はここで披露させていただきたいと思います」客、拍手

→ メンバーたち所定の位置へ

柏木由紀 「位置につきましたが、その前にいろんな振りのポイントがあるんですよね?今回」
平嶋夏海 「ゆきりん、どうせ喋るんだったらちょっと前へ行きましょうよ」
宮崎美穂 「すごい囲まれてますよ」
柏木由紀 「みんなに囲まれたいなと思って」

「みんなでハートを作るところだったり、その後カチューシャを指差すところだったり、 みなさんもすぐ真似できる振りもあると思うので、ぜひぜひこの後一緒にやってみてください」
渡辺麻友 「お願いします」
メンバーたち 「お願いします」客、拍手

柏木由紀 「それでは聴いてください。Everyday、カチューシャ」


◆M17.Everyday、カチューシャ (全員)


曲終了後、
宮崎美穂 「「Everyday、カチューシャ」チームBバージョンをご覧いただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

渡辺麻友 「ありがとうございます。この後は本日投票がスタートしました、「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」の投票解説VTRを ご覧いただこうと思います。なお今回の選抜総選挙の政見放送はユーチューブにあるAKB48公式チャンネルで 見ることができるのでみなさんそちらもぜひチェックの方よろしくお願いします」

「それでは、、あいっ」客、軽くw

「それでは最後の挨拶をしましょう」

横一列挨拶。「ありがとうございました」メンバーたちハケる。

BGM → シアターの女神

渡辺麻友 「お尻!」

いったん公演終了。


■「22ndシングル選抜総選挙」投票解説VTR上映


■AKB48 22ndシングル選抜総選挙 速報発表
上映後、劇場支配人・戸賀崎氏ステージへ(客、拍手大)

【20:32】

戸賀崎氏
「TDCと同時発表する段取りとなっています。向こうは少し遅れておりまして、その間、「Everyday、カチューシャ」の ドラマ仕立てのPVをご覧ください。途中で終了するかもしれません」


→ 「Everyday、カチューシャ」ドラマ仕立てPV上映


途中で終了。


戸賀崎氏 「もしもし?」受話器を手に登場。

→ 劇場、TDC、さらに映画館を繋いで同時に発表します。


→ 集計を依頼された第三者機関の方が登場。

→ メンバーたち入場(下手側に溜まる)

→ 第三者機関の方、緊張した面持ちで挨拶。


→ どんでん裏返る。40位から1位までの発表用の紙が登場。


戸賀崎氏 40位から順に、1位まで読み上げる。順位、所属グループ、所属チーム、名前、票数の順に。

スタッフが読み上げられたメンバーのネームプレートを張り、票数を書き込む。

戸賀崎氏、途中何度か票数を繰り返したり。歓声などで聞き取り辛かった模様。(電話を繋いだ先は、TDCの西山さん?)


第40位 AKB48チームK 藤江れいな 778
第39位 SKE48チームS 矢神久美 779
第38位 AKB48チームB 小森美果 792
第37位 AKB48チーム研究生 大場美奈 811
第36位 AKB48チームK 松井咲子 814
第35位 AKB48チームB 佐藤すみれ 852
第34位 NMB48チームN 渡辺美優紀 854
第33位 SKE48チームS 大矢真那 885
第32位 AKB48チームA 大家志津香 904
第31位 SKE48チームS 木ゆりあ 1,053
第30位 SKE48チームKⅡ 秦佐和子 1,118
第29位 AKB48チームA 多田愛佳 1,129
第28位 SKE48チームS 須田亜香里 1,139
第27位 AKB48チームB 宮崎美穂 1,378
第26位 AKB48チームK 梅田彩佳 1,441
第25位 NMB48チームN 山本彩 1,444
第24位 AKB48チームB 平嶋夏海 1,484
第23位 AKB48チームK 秋元才加 1,502
第22位 AKB48チームA 仲川遥香 1,571

第21位 SKE48チームKⅡ 高柳明音 1,761
第20位 AKB48チームA 倉持明日香 1,793
第19位 AKB48チームB 増田有華 2,201
第18位 AKB48チームB 佐藤亜美菜 2,684
第17位 AKB48チームK 横山由依 2,753
第16位 SKE48チームS 松井珠理奈 2,843
第15位 AKB48チームB 河西智美 3,102
第14位 AKB48チームB 北原里英 3,860
第13位 AKB48チームK 峯岸みなみ 3,931

第12位 AKB48チームA 高城亜樹 5,096
第11位 AKB48チームK 宮澤佐江 5,157
第10位 AKB48チームA 小嶋陽菜 6,534
第9位 SKE48チームS 松井玲奈 6,559
第8位 AKB48チームK 板野友美 6,596
第7位 AKB48チームA 指原莉乃 7,357
第6位 AKB48チームA 篠田麻里子 8,016
第5位 AKB48チームB 渡辺麻友 8,582
第4位 AKB48チームA 高橋みなみ 8,833
第3位 AKB48チームB 柏木由紀 12,056
第2位 AKB48チームA 前田敦子 16,452
第1位 AKB48チームK 大島優子 17,156

※ 1~21位:選抜当選
※ 1~12位:メディア選抜当選
※ 22~40位:アンダーガールズ当選


発表終了後、 戸賀崎氏 「あくまでも5月25日の速報です。次回6月9日、日本武道館で発表します。楽しみにしててください。 僕はこれから成績をブログにアップしたいと思います」客w

「これからもAKB48、SKE48、NMB48の応援よろしくお願いします」客、拍手

【20:55】

渡辺麻友 「すごい。今年すごいですね。みなさん予想していたものと違っていたでしょうか」
宮崎美穂 「初めて見たんですよ、この紙」
平嶋夏海 「今までメンバーが発表に立ち会ったことなかったから」
柏木由紀 「発表はブログで見てた」
宮崎美穂 「すごいね。1位は千・・・」
メンバーたち 「1万だよ」客w

「1桁違う」
渡辺麻友 「今回は中間発表がありません。6月9日が開票日です。お楽しみに」

「それではもう1度最後の挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック、「せ~の」前進、お辞儀

「ありがとうございました」

メンバーたち、ハケる。

公演終了。


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームBメンバー&研究生、五十音順に並ぶ。(※ 16歳未満=伊豆田莉奈、入山杏奈、加藤玲奈、藤田奈那&前座ガール=仲俣汐里は不参加)

■率直な感想
開演時間は通常より30分早い18時30分。
時間変更が発表された時、最初は、何かあるのかなと思ったが、すぐに速報発表の日だったことを思い出した。 公演終わりに、22ndシングルの選抜総選挙の速報が発表された。

今日は鈴木紫帆里さんがチームB昇格後、初めてのB公演。
平嶋夏海さんを始め、ステージ上は歓迎ムードのように感じた。

アンコールでは、最初「アンコール」が発動されるも、途中から「紫帆里(しほりん)」コールへとなっていった。

紫帆里さん、チームBのことをまだ「チームBさん」と言ってるようですが、 いつ「チームB」と言えるようになるか、ちょっと楽しみ。遠慮などあるうちは「チームBさん」のままなのかなと思ったり。

ラストに本日発売の新曲「Everyday、カチューシャ」を歌って、公演は終了。

その後、投票解説VTR上映後に、劇場支配人が登場して、速報発表。
例年通り、どんでんに順位発表用の紙が貼られ、順位発表のたびにスタッフさんがネーププレートを貼り、 票数を書き込んだ。今年はTDCを電話で繋いで、映画館とも繋いで、発表された。

32位に大家志津香さんの名前が呼ばれると、場内沸いた。

30位に秦佐和子さんの名前が呼ばれると、場内ざわついた。

16位に松井珠理奈さんの名前が呼ばれると、妙に静かになったり。

10位に小嶋陽菜さんの名前が呼ばれると、「えー!」の声。
8位の板野友美さんも同様に「えー!」の声が上がった。

7位に指原莉乃さんの名前が呼ばれると、場内拍手。沸いた。

そして3位にチームBキャプテン・柏木由紀さんの名前が呼ばれると、大歓声。すごい盛り上がった。

チームB公演ということで、38位の小森美果さんを始め、35位の佐藤すみれさんなど、 チームBのメンバーが呼ばれるたびに、場内盛り上がった。

速報1位は昨年1位だった大島優子さん。TDCホールの方では「優子」コールが起こったとか。


個人的には研究生が1人しか入らなかったのは、案外だった。
その1人、37位に入った大場美奈さんも、アンダーガールズ上位、もしかしたら選抜圏内に入ってくるんじゃないかなと 思っていた。

と言っても、まだまだ速報なわけで。6月9日の発表の日は、上位も含め、順位はガラっと変わるんじゃないかなと思う。

今年は中間発表がないので、非常に読みづらい。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 渡辺麻友柏木由紀







カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ