将来の最終目標はブロードウェイの舞台に立つこと(2011/05/22、夜公演、「シアターの女神」公演 240回目)

【研究生 168回目】※ 12期研究生お披露目公演 (18時開演)

■出演メンバー
10期研究生 → 入山杏奈、加藤玲奈、小林茉里奈、藤田奈那
11期研究生 → 川栄李奈、小嶋菜月、森川彩香
12期研究生 → 岩田華怜、大森美優、サイード横田絵玲奈、佐々木優佳里、鈴木里香、高橋朱里、田野優花、平田梨奈、武藤十夢

前座ガール → 市川美織

[ 「シアターの女神」公演 / 今月の出演メンバー ]

■ポジション
岩田華怜 → 柏木由紀(大場美奈)
大森美優 → 平嶋夏海(山内鈴蘭)
サイード横田絵玲奈 → 小森美果(森杏奈)
佐々木優佳里 → 近野莉菜(中村麻里子)
鈴木里香 → 宮崎美穂(島田晴香)
高橋朱里 → 石田晴香(入山杏奈)
田野優花 → 渡辺麻友(竹内美宥)
平田梨奈 → 鈴木まりや(阿部マリア)
武藤十夢 → 北原里英(仲俣汐里)

入山杏奈 → 佐藤すみれ(永尾まりや)
小林茉里奈 → 増田有華(市川美織)
小嶋菜月 → 河西智美(鈴木紫帆里)



■公演前の陰アナ
森川彩香 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「今日は12期研究生お披露目公演です。私たちも先輩として恥ずかしくないような公演をお見せしたいと思います。 応援よろしくお願いします」客、拍手

「私たちも12期のフレッシュさに負けないようにがんばりますので、よろしくお願いします。もうちょっと待っててね」客、拍手

■開演前
研究生の市川美織が上手袖より入場。

市川美織 「毎回「シアターの女神」公演の前に前座ガールが1曲歌わせていただきます。 前座ガールの市川美織です」客、拍手

「それでは聴いてください。ロマンスかくれんぼ」客、拍手

◆M00.ロマンスかくれんぼ (前座ガール=市川美織)

緞帳閉まる。

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
入山杏奈 「みなさん、こんばんは!」
みんなで 「AKB48です」客、拍手

入山杏奈 「勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「今日は12期研究生のお披露目公演です」客、拍手

「ありがとうございます。新しいメンバーが加わったチーム研究生、これからもっと成長していくので、 応援よろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」

入山杏奈 「それでは今日のお題を発表したいと思います。今日のお題は、 将来の夢は何ですか?です。 それでは自己紹介と一緒にれなっちからお願いします」

1列目 上手側から順に
加藤玲奈 「ハイ、中学2年、13歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私の将来の夢はですね、たぶん知ってるかな? 知ってると思うのですけど、 ほんとにモデルさんになりたくて、はい、モデルさんになりたいんで、この背ではなれないかなと思うんで、 159なんですよ。160はいきたいなと思います。ハイ、今日もよろしくお願いします」

入山杏奈 「ハイ、永遠の15歳、高校1年生のあんにんこと入山杏奈です」

「私はですね、さっき田野優花ちゃんにですね、楽屋で「あんにん、すごい足長いですね」って言われて ちょっと嬉しかったので、調子に乗ってモデルさんになりたいな、なんてさっき話してました」客、反応

「あっ、ありがとうございます。ハイ、今日も一緒に盛り上がっていきましょう。 あっ、12期生に負けないようにフレッシュにがんばりたいと思います。よろしくお願いします」

田野優花 「ハイ、12期研究生の田野優花(たのゆうか)です」

「私は歌って踊れるアーティストになりたいと思います。よろしくお願いします」

鈴木里香 「ハイ、12期研究生の鈴木里香(すずきりか)です。よろしくお願いします」

「私はですね、女優さんになりたいのですけれど、やっぱりいろんな気持ちを演じるっていうのは すごい素敵なことだなと思っています。今日も1日よろしくお願いします」

サイード横田絵玲奈 「はい、12期研究生のサイード横田絵玲奈(サイードよこたえれな)です」

「私は自分を表現できるモデルさんや英語で歌を歌える歌手になりたいと思っています。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
高橋朱里 「ハイ、12期研究生、高橋朱里(たかはしじゅり)です。よろしくお願いします」

「私の将来の夢は誰もが憧れる女優さんになることです。よろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、15歳、高校1年生のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はアナウンサーになりたくて、ちょっとお勉強の方もがんばらなきゃいけないので大変なんですけど、 アナウンサーになって、朝のニュースの顔? 朝の顔になりたいです」

「今日は12期研究生のお披露目ということで、私は10期生なのでみんなを引っ張って行けるように がんばりたいと思います。はい、よろしくお願いします」

森川彩香 「はい、質問したら答えてください。アーヤロイドは好きですか?」客「大好き!」

「ありがとうございます。はい、みなさん私のことが好きなんですね?」客、軽くw

「ありがとうございます。15歳、高校1年生のアーヤロイドこと森川彩香です」

「私、やっぱアーヤロイドっていうだけにアニメが好きなので、アニメの声優さんになりたいなと思います。 ハイ、今日もフレッシュでいきます。よろしくお願いします」

小嶋菜月 「ハイ、ピッチピチの16歳、なっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」

「私は普通になら女優さんになりたいのですけど、ちょっと夢を変えて看護士さんとか、 あとイチゴ畑を持って、自分でイチゴを栽培するって言うのもちょっとちっちゃな夢です。 ハイ、今日もピチピチにいきます。よろしくお願いします」

平田梨奈 「はい、12期研究生の平田梨奈(ひらたりな)です。よろしくお願いします」

「将来の夢は英語で歌う歌手かな?」客、軽くw

「(指折り数えながら)あとは踊ることや女優さんや、いろいろやってみたいです。 いろいろ活動してみたいです。ありがとうございます」客、軽くw

「よろしくお願いします」

川栄李奈 「はい、16歳、高校2年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私は笑われるのがすごい好きなんですよ。笑顔にさせるって言うんですか?  なので、ちょっとまぁ、イチゴ畑を作って、みなさんが笑顔になるんだったら、ちょっとなっつんとね」
小嶋菜月 「お笑い芸人になればいいと思う」
川栄李奈 「いやいやいや。あの、なのでちょっとみなさんを笑顔にさせられるような、 させられる人になりたいと思うのでよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
大森美優 「ハイ、12期研究生、大森美優(おおもりみゆう)です」

「私は舞台にも出れて、女優さんもやって、歌って踊れるアーティストさんにもなりたいです。 夢がいっぱいあるのですけど、全部叶えられるようにがんばります。今日もよろしくお願いします」

武藤十夢 「はい、12期研究生の武藤十夢(むとうとむ)です。よろしくお願いします」

「私の夢は将来、どんな役もこなせるかっこいい女優さんになるのが夢なんですけど、 あともう1つ、私今高校2年生なんですけど、大学に進学することも夢です。よろしくお願いします」

岩田華怜 「ハイ、12期研究生の岩田華怜(いわたかれん)です。よろしくお願いします」

「私はですね、将来の最終目標はブロードウェイの舞台に立つことなんですよ」客、おー

「おー、ですよね? ちょっと大き過ぎるかなと自分でも思ってるんで、まずは世界中に認められるような 女優さんになってから、ブロードウェイの舞台に立てたらなという大きな夢を持って、目標は高くがんばりたいと思っていますので よろしくお願いします」

佐々木優佳里 「ハイ、12期研究生の佐々木優佳里(ささきゆかり)です。よろしくお願いします」

「私の将来の夢は女優さんや歌手になることが夢です。今日も1日元気にがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします」

藤田奈那 「ハイ、せ~の、 1+1+『1+1+1』+1+1は?『なぁな』ありがとうございます。14歳、中学3年生のなぁなこと藤田奈那です。よろしくお願いします」

「私はですね、歌とダンスを主に活動するマルチタレントになりたいなと思っています。 はい、今日はですね、12期生のお披露目公演ということなんですが、12期生に負けないぐらい、 でもフレッシュレモンにならない程度にフレッシュに」客w

「いきたいと思います。よろしくお願いします」

「チームB5th「シアターの女神」公演。私たちが本当にこのシアターの女神になれるよう、 がんばりたいと思っています。まずはこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(入山杏奈、田野優花、加藤玲奈)
◆M06.嵐の夜には(平田梨奈、サイード横田絵玲奈、鈴木里香、川栄李奈)
◆M07.キャンディー(小林茉里奈、小嶋菜月、森川彩香)
◆M08.ロッカールームボーイ(藤田奈那、高橋朱里、武藤十夢、佐々木優佳里、大森美優)
◆M09.夜風の仕業(岩田華怜)

■MC2
川栄李奈、加藤玲奈、田野優花、鈴木里香、入山杏奈、平田梨奈、サイード横田絵玲奈

「イェー」

川栄李奈 「初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「はい、ここでのお題は、まだまだ私たちも12期生のことをあんまり知らない部分があるので、 10・11期生から12期生に質問コーナー」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

入山杏奈 「はい、ある人?」
メンバーたち 「はい」
入山杏奈 「玲奈ちゃん」
加藤玲奈 「私の第一印象ズバリ」
入山杏奈 「みんな聞きたいね。。初めて会った時にこの人こうだなと思った。玲奈ちゃんを初めて見た時に 「あっ、かわいいな」と思ったりとか、そういう印象? いますか? ある人? あれっ?ないんだ」客、軽くw

「あれっ?」
田野優花 「はい」
入山杏奈 「田野ちゃん」
田野優花 「すごいかわいくて。もうかわいかったです」
加藤玲奈 「嬉しい」
田野優花 「川栄さんは、おもしろいです。なんか変なテンションでおもしろい」
川栄李奈 「田野ちゃんけっこう逃げますよね?私から。田野ちゃんけっこう逃げるんですよ」
入山杏奈 「一緒にしないで、そうやってさ」
川栄李奈 「いやいやいや、田野ちゃんもけっこう変なキャラですよ」
田野優花 「はい」
川栄李奈 「変ですよ。仲間だね。よろしく」
田野優花 「よろしくお願いします」

「えっと、入山さんは、あんにんさんは第一印象からすごいスタイルが良くて」
入山杏奈 「あー。照れる」
田野優花 「なんかモデルさんみたいです。ってかみんな先輩たちかわいくてモデルさんです」
入山杏奈 「ハイ。先輩たちみんなかわいくて、モデルさんだって。川栄もモデルさんだって」
川栄李奈 「ころ部みたいな感じなんですけど、ちょっとできますかね?モデル」
田野優花 「ハイ」
川栄李奈 「あっ、できます?」
田野優花 「ハイ」
メンバーたち 「おー」
入山杏奈 「がんばれ、川栄」
川栄李奈 「はい、がんばります」

入山杏奈 「里香ちゃんはある?」
鈴木里香 「私、今度川栄さんとコントやりたいです」
メンバーたち 「おー」
川栄李奈 「やろっか。じゃ~ね」
鈴木里香 「お願いします」

入山杏奈 「私たちから質問だっけ? そうだね、りっちゃんある?」
川栄李奈 「私は、みんななんですけど、大人っぽ過ぎるので、なんか何をしてるんだろうって思います」
入山杏奈 「何をしてるんだろう?」
川栄李奈 「何してたらそんなに大人っぽくなるんですかね?」
平田梨奈 「大人っぽくないよ」
田野優花 「1名大人っぽくない人がいるんですけど」
平田梨奈 「見た目は普通? 老けてます」
入山杏奈 「老けてる?」
平田梨奈 「二十歳に見えたことがあります」
メンバーたち 「それはないでしょ」
平田梨奈 「あるんです」
入山杏奈 「あるんだよねー」

「私はですね、みなさんの特技を知りたいなと思いまして。 なんかありますか? なんでもいいんだけどなー。そう言えばさっき、えれちゃんの特技を見せてもらったの ですけど、体がすごい柔らかくてですね、ちょっとぜひここでも披露していただきたいなと」客、拍手

サイード横田絵玲奈 「横足のV字バランスをやります」
入山杏奈 「はい、やります」
サイード横田絵玲奈 → V字バランス披露(客、おー)

右足を両手で抱え、体にピタっとくっつくように、高く上げる(右脇、右耳などにくっつくように)
足の裏は完全に上向き、天井を向く。床についた左足裏から右足裏は一直線。

入山杏奈 「すごいよね」

平田梨奈 「はい」
入山杏奈 「はい」
平田梨奈 「私の特技は英語が喋れることです」
入山杏奈 「おー、なんか喋ってみて」
平田梨奈 「はい、じゃ~、自己紹介します」

「Hello! My name is Rina・・・happy time today」流暢な英語を披露(客、おー&拍手)
入山杏奈 「ありがとうございます。はい、意味がわかった方はすぐ私に教えてください」客w

川栄李奈 「最後にれなっちさんって何歳でしたっけ?」
加藤玲奈 「私13歳です」
川栄李奈 「あれっ?」
加藤玲奈 「川栄さんは何歳でしたっけ?」
川栄李奈 「私16歳です」
川栄李奈加藤玲奈 「歳の差~。。」中途半端(客、軽くw)
加藤玲奈 「ハイ、以上です」

→ 他のメンバーたち入場

川栄李奈 「後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:高橋朱里、サイード横田絵玲奈、森川彩香、岩田華怜、平田梨奈、小林茉里奈、鈴木里香、藤田奈那

「イェー」

森川彩香 「100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「はい、ここでのお題は、12期が10期・11期に質問コーナー」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

森川彩香 「はい、じゃ~、質問」
高橋朱里 「はい、私から質問があります。私は友達や家族によく「ジュリ」と言われるので、 ニックネームがジュリなんですが、あーやさんやなぁなさんやまりんさんはどうしてそのニックネームにしたのか訊きたいです」
メンバーたち 「おー」
小林茉里奈 「じゃ~、どうする? なぁなからね」
藤田奈那 「えっとですね、よく聞いててくださいね」客、軽くw

「ななー、なー、ななー、なな、なぁなみたいな感じです。あの、ないです」客、軽くw

「ないです、今作りました、勝手に。すみません、ないです。なんとなくですね」
小林茉里奈 「まぁ、いいんじゃないですか?」客、軽くw
藤田奈那 「じゃ~、どうぞ茉里奈さん」
小林茉里奈 「私は最初はですね、まりりんだったんですよ。学校の友達に呼ばれてるのが。 なんか、まりりんだったのですけど、 なんか長くなったのかいつの間にかまりんになってて、 まりんって呼ばれてたのですけど、新しく友達になった子が「いきなり呼び捨ては」みたいな感じで まりんちゃんになって、それです」
森川彩香 「私、ボーカロイドが好きなんで、あーやとボーカロイドをくっつけて、アーヤロイドにしました」
藤田奈那 「すごい。それすごい」
森川彩香 「ありがとうございます」
小林茉里奈 「素晴らしい発想ですね」
森川彩香 「ありがとうございます」

小林茉里奈 「じゃ~、次の質問誰かある?」
平田梨奈 「ハイ」
メンバーたち 「おー」
小林茉里奈 「ひらりー」
平田梨奈 「えっと、好きな食べ物知りたいです」客「かわいい」
森川彩香 「じゃ~、なぁなさんからいきましょう」
藤田奈那 「あの、肉と麺が好きですね」客w

「かわいくない、すみません」
小林茉里奈 「わかりやすくていい」
藤田奈那 「正直に言いました、ちょっと。イチゴとかではないです、すみません」客、反応
森川彩香 「バナナじゃないんですか?」
藤田奈那 「ちょっと違います。肉と麺が好きです」
小林茉里奈 「野菜ほんとに食べないよね。野菜ほんとに食べないんですよ」
藤田奈那 「野菜は、あんまり好まないですね」
小林茉里奈 「たぶん野菜食べないからビタミンが足りなくて白くならなかったんだと思うんですね」
藤田奈那 「たぶんそうですね。ということで茉里奈さんどうですか?」
小林茉里奈 「私チーズが好きです。チーズとお菓子と。なんか言うからイチゴとか言えないじゃないですか。 別にぶりっ子とかじゃなくて、純粋にイチゴの味が好きなだけです」
森川彩香 「私、おかかです」客w
藤田奈那 「シンプルだね」
森川彩香 「そうなんです、私、ちょっと、猫が好きのものが好きなんですよ。なのでおかかいっつも食べてます」
小林茉里奈 「ふりかけとか?」
森川彩香 「違います。普通におかかです。お好み焼きとかに付けるおかかです」
藤田奈那 「初めて聞いた」
小林茉里奈 「そうなんですか?」
森川彩香 「そうなんです」

藤田奈那 「他にありますか?」
小林茉里奈 「他に誰か質問」
森川彩香 「あるかな? 華怜ちゃんある?」
岩田華怜 「はい、そうですね、メンバーさんの中で誰が一番仲がいいかとかありますか?」
メンバーたち 「あー」
小林茉里奈 「研究生の中でってこと?」
岩田華怜 「はい」
小林茉里奈 「あー。誰ですか?」
藤田奈那 「みんな仲いいけど、私はちょっと小林さんとすごいちょっと息が合いますね。。」客、軽くw
岩田華怜 「そうなんですか?」
藤田奈那 「えっ?うそっ?」
小林茉里奈 「いや、なんか息が合うっていうか、私が相手をしてあげてるっていう。そこを間違えないで欲しいですね」客、軽くw
藤田奈那 「でも、私あれですよ。森さんとも仲いいですよ」
小林茉里奈 「そうですね。9期生の森杏奈さんといつも」
藤田奈那 「仲いいよね。私みんなと仲良くできるタイプなんで」
小林茉里奈 「そうですね」
藤田奈那 「ねっ」
小林茉里奈 「はい、そうですね」
藤田奈那 「茉里奈は私でしょ?だって」
小林茉里奈 「あっ、そうです」仕方なく(客w)

「あの、なんか、いいですか?自分の意思で言わせていただいて」
藤田奈那 「どうぞ」
小林茉里奈 「あとは入山杏奈ちゃんとか。私は基本的に全体的にみんなと仲良くできるタイプです」
藤田奈那 「一緒。みんなそうなんですけどね」
小林茉里奈 「そうですね」

藤田奈那 「あーやは?」
森川彩香 「私は、誰とですかね? 私、さっき茉里奈さんとマンガの話をしてたから茉里奈さんかなって思いますけど」
小林茉里奈 「そうだね」
森川彩香 「だいたいみんなと仲いいですよね?」客、軽くw

「よく連絡するのはなっつんです」
小林茉里奈 「そうなんだ。12期生の中ではどんな感じなんだろう。誰と誰が仲いい」
藤田奈那 「里香ちゃんは?」
鈴木里香 「私は優花ですね。田野ちゃんです」
メンバーたち 「あー」
鈴木里香 「おもしろいので」
小林茉里奈 「でもなんかみんな全体的に仲いい感じしない? みんなでいっつも一緒にいる感じがする」
メンバーたち 「ねぇ」「ねぇ」

「いぇ~」次のメンバー入場。

メンバーチェンジ。

後半:加藤玲奈、佐々木優佳里、川栄李奈、武藤十夢、田野優花、小嶋菜月、入山杏奈、大森美優

加藤玲奈 「はい、ここでのお題は、引き続き同じですよね? 同じ? ハイ、同じで質問コーナーです」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

加藤玲奈 「あれですね。ここでは12期生から?私たちへ?質問コーナーということで」
入山杏奈 「んっん~、んっん~、んっん~・・・」わざと咳払い(客w)
小嶋菜月 「あんにん先輩かわい過ぎです。化粧水はどこのですか? えっ?化粧品はどこのですか?イチゴの国ってどこにあるんですか?」
入山杏奈 「はい、ということで12期生のみなさん何かありますか?」
メンバーたち 「はい」
加藤玲奈 「あのすみません。私それわかんなくて言っちゃいましたね、お題。ごめんなさい」
入山杏奈 「はい、どうぞ。じゃ~、田野ちゃん」
田野優花 「えっと、なっつんさんに」
小嶋菜月 「おっ、はい。なんですか?田野ちゃん」客、軽くw
田野優花 「えっと、本当にぶりっ子なんですか?」客w → 拍手
入山杏奈 「本当です、本当です」
小嶋菜月 「田野ちゃ~ん」
田野優花 「私はぶりっ子だとは思わないのですけど」
小嶋菜月 「ほんとに?」
田野優花 「ただかわいいみたいな」
小嶋菜月 「ほんとに? やったー」
田野優花 「自分でかわいいと思うのはいいことだと思うんで」
小嶋菜月 「えっ?」客w

「ちょっと待って」
入山杏奈 「そうきたか」
小嶋菜月 「えっ?待って。意味が理解できないです」
入山杏奈 「小嶋菜月は自分で自分のことかわいいと思ってる先輩だなって」
小嶋菜月 「そんなこと思ってるわけないじゃん! なんで?なんで?」
田野優花 「思ってないんですか?」
小嶋菜月 「思ってないですよ。私は素がこんな感じなんで、ぶりっ子って言うのは、ちょっとここだけの話、 あんにん先輩みたいなことを言うんですよ」
入山杏奈 「あれっ?」客、軽くw

「あれっ? なんのことかな?」
小嶋菜月 「イチゴの国に住んでるらしいんで」
入山杏奈 「わかんな~い♪ なんのことかな~♪ 。。シーン、ハイ、次」客、軽くw
小嶋菜月 「はい、次いきましょう」

大森美優 「はい。私は緊張してダンスとか位置とかでいっぱいいっぱいで顔がすごい怖い顔になっちゃうのですけど、 どうして先輩方は笑顔とか踊れるんでしょうか。鏡で練習してるんですか?」
入山杏奈 「慣れ」客w

「悪い意味じゃなくて。悪い馴れじゃなくて、良い慣れ?」
大森美優 「あっ、はい」
入山杏奈 「経験がほら、今までね。11ヶ月ぐらいステージに立ってるから、なんかどうしよう」客、何か

「ありがとう」客、軽くw

「w なんだろうね、でもほんとに、鏡の前で練習しなさいとは言われました」
大森美優 「あっ、ほんとですか?」
入山杏奈 「した方がいい」
川栄李奈 「でもあれですよね、みゆぽんすごい笑顔ですよ、踊ってる時」
大森美優 「そうですか?」
入山杏奈 「レッスンの時に一番なんか輝いてるなと思いました」
大森美優 「ありがとうございます。がんばります」
入山杏奈 「おっ、がんばってください」
大森美優 「がんばります」
入山杏奈 「ハイ、次」客、軽くw
メンバーたち 「はい」
入山杏奈 「じゃ~、ちょっと早かったからゆかるんかな?」
佐々木優佳里 「小嶋さんに質問なんですけど、どうしてそんなにかわいいんですか?」
入山杏奈 「あれっ? 仕組んだだろ、お前! お前仕組んだだろ!」
佐々木優佳里 「研究生の人に訊いてと言われました」
小嶋菜月 「誰? 誰に言われたの?」
入山杏奈 「自分でしょ? 仕組んだでしょ?」
小嶋菜月 「あー、バレちゃいました? 仕組みました~。だってゆかるんがかわい過ぎるんですもん」
入山杏奈 「やっぱり結論、小嶋菜月は自分のことかわいいと思ってるってこと・・・」
小嶋菜月 「思ってるわけないじゃないですか」
入山杏奈 「だって訊かせたじゃないですか」客、軽く拍手
小嶋菜月 「違いますよ。いや、拍手要りませんよ」客、拍手

「全然要りません。やめてください。でも自分のことかわいいと思ってるって言ったら川栄李奈ですね」
川栄李奈 「いやいやいや。だって小嶋菜月はレッスン着がまずもうイチゴという」客、軽くw

「そこから私は突っ込みたいですね」
小嶋菜月 「パジャマ」
川栄李奈 「あっ、パジャマか。ちょっとキツめのやつね」
小嶋菜月 「そうです」客、軽くw
川栄李奈 「ここ大事ですよ、キツめのですね」
小嶋菜月 「ちょっと食い込んじゃってるんだよね」
川栄李奈 「そうね」
小嶋菜月 「ちょっとサイズ小さかったんですね」

誰か「とむちゃんは?」
武藤十夢 「えっと、さっきからあんにんさんとなっつんに関連してるワードでイチゴっていうワードがいっぱい出てきてるんですけど」
入山杏奈 「はい」
武藤十夢 「流行ってるんですか?」客w
入山杏奈 「あれですね、これは好きな」
小嶋菜月 「普通に好きです」
入山杏奈 「そうですね、好きなだけですよ。ぶりっ子とかじゃないのですけど、あのー」
小嶋菜月 「違います。私はイチゴ本体が食べるのが好きで、あんにんさんはイチゴが好きとか、イチゴの国だから」
入山杏奈 「私はそうです、イチゴの国なんですよ。私じゃないわ」客、軽くw

「私、イチゴの国からここまで通ってるんですよ。えっ?知らなかったんですか?みなさん。 えっ?ウソ?ウソ?ウソ? えっ?知ってたよね?」
小嶋菜月 など → 軽く咳払いしたり
入山杏奈 「知ってるよね?ほら」
加藤玲奈 「あの、もうやめた方がいいと思います」客w → 拍手
入山杏奈 「あれっ?」

「何かないかな? あんにんさんに質問とか何かないのかな?」
田野優花 「イチゴの国ってどこにあるんですか?」
入山杏奈 「こっから電車に乗って1時間くらいのところにあるの」
小嶋菜月 「近いんですね」
入山杏奈 「近場じゃないとここまで通えないから。そういうコンセプトでやってます」

加藤玲奈 「はい、みなさんは今度の休み、どこへ行きますか? 私は田舎のおばあちゃん家に行こうと思います。 最後の曲です。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたちハケる。


■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


曲終了後、
小嶋菜月 「アンコールありがとうございます」
みんなで 「ありがとうございます」客、拍手

小嶋菜月 「オネストマン、チームB推し、にゅきょく、、」客、軽くw

「ごめんなさい。2曲続けて聴いていただきましたが、 みなさん、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日もみなさんのお陰で本当に楽しい時間を過ごすことができました。 ありがとうございます。次が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。 聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
岩田華怜 「本日は12期研究生お披露目公演にご来場いただきありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

川栄李奈 「はい、この後は日ごろの感謝の気持ちを込めて、 ロビーにてみなさんをハイタッチでお見送りしたいと思います。 係りの方の指示があるまで客席内にてお待ちください」

「それまでの間に「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」政見放送をご覧いただきたいと思います。 毎公演各メンバーの政見放送を流しますのでぜひチェックをお願いします。なお、ユーチューブでも 映像をご覧いただけるようになっているので、そちらの方もよろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、そしてその後には、5月25日に発売します、私たちAKB48の21枚目のシングル「Everyday、カチューシャ」の ミュージックビデオをご覧いただきたいと思います。この曲はカチューシャをした女の子に恋をした男の子の気持ちを 表現したこの夏にピッタリの曲になっています。ぜひチェックの方よろしくお願いします。 はい、それでは最後の挨拶をしましょう」

横一列挨拶。「ありがとうございました」

BGM → シアターの女神

メンバーたち手を振りながらハケる。

公演終了。


■22ndシングル選抜総選挙政見放送 上映
(150) AKB48チーム研究生・森川彩香
(151) AKB48チーム研究生・山内鈴蘭

■21stシングル「Everyday、カチューシャ」MV上映

■ハイタッチお見送り
ロビーにて、劇場扉側からメンバー1人1人ずつと(※ 前座ガールは不参加)

最初に12期生が50音順に並び、その後に10&11期生が並ぶ。

■率直な感想
12期研究生お披露目公演。12期生9名、10期生4名、11期生3名が出演。

前方にて観劇。表情などよく見えた。


12期生たち、いいかもしれない。

デビューしたばかりなので当たり前かもしれないが、ダンスはまだまだこれからで、 体を動かそうとしていてもうまく動いてくれないといった感じの子もいたけれども、 一生懸命さ、必死さは十分に感じた。

フレッシュさは、そこまで感じなかった。
まだ表情できてないからかもしれないけれども、どちらかと言うと地味かな?と感じる子が多いかも。

AKBに入ることが最終目標という子は少なく、先を向いている子、先の目標が感じられる子が多かったように思う。 先日のNMB48公演も、とても夢を感じるステージだったけれども、AKBの公演で夢が感じられた公演は、 なんだか久しぶりだったように思う。

一番印象に残ったのは「将来の最終目標はブロードウェイの舞台に立つこと」と話した岩田華怜さん。

12期生、もちろんみんな可能性はあるのだけれども、この岩田さんについては、ひっさしぶりにいい子が入ってきたと思った。 スケールの大きさを感じる子。将来何か大きいことをやってくれそうという期待を抱かせてくれる。 この子が夢へ近づいていく姿を見守っていきたいなと感じさせてくれる、そんな、とても夢が感じられる子だった。

ポジションも関係していたかもしれないが、目立っていたのはセンターの岩田華怜さんと田野優花さん。 この2人は普通に人気出そう。

アメリカ育ち、英語ペラペラな平田梨奈さん。
よーく顔を見ると、アメリカ人っぽい顔立ち。ハーフなのかな?ちょっと気になった。
物怖じせず、キャラはなんだかおもしろそう。今までにないタイプかも。

前髪パッツンだった高橋朱里さん。
どことなく元研究生の村中聡美さんに見えた。なんか、見るからに不思議な雰囲気を醸し出してる感じであるが、 実際どういうキャラかまだよくわからない。MCでは普通に声大きく話せていた。

佐々木優佳里さんは、9期生の森杏奈さんに似ていた。
モバメであったり、先日の公演MCにて島崎遥香さんが「杏奈に似ている」と話していたが、ほんとにその通りだった。 12期ということで森さんの後輩になるわけだけれども、見た目は森さんのお姉さんといった感じ。 この子も人気出そうな気がする。

大森美優さんは、ちょっと自信なさげというか、下がった眉毛が印象に残った。

率直に「また見たい」と思ったステージだった。


10期・11期について。

10期生の入山杏奈さんが少しお姉さんっぽく、先輩っぽく見えた。
他の子は、12期の子より少し場慣れしていたり、ダンスできていたりするけれども、それほど先輩っぽくは感じなかった。

MCでは相変わらず声小さかったり、やり切れなかったり、ちょっとどうかなと感じてしまった。 曲中も、アイコンタクトして笑うのはいいのだけれども、そうではなく、ヘラヘラ笑っていた子もいたりして、 印象は悪かった。相変わらず隙が多いというか。

今日12期生を見て、私の中で10、11期のけっこうな人数が、一気に霞んでしまった。

10期はステージデビューして、もうすぐ1年になるわけで。
ダンス踊れるようになった子もいるけれども、MCであったり、キャラ面など、ダンスもそうだけれども、 1年で今のレベルでは、だいぶ物足らなく感じる子が多い。

一生懸命やることは当たり前なんだけれども、12期生たちは一生懸命で、とても好感が持てた。 11期生、それに10期生も、中にはあっさり抜かれちゃう子もいるんじゃないかなと思う。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 田野優花岩田華怜







カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ