篠田麻里子 25歳の生誕祭(2011/05/02、「目撃者」公演 26回目)

11050202.jpg

■出演メンバー
新チームA → 岩佐美咲、多田愛佳、大家志津香、片山陽加、倉持明日香、指原莉乃、篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、仲川遥香、中田ちさと、仲谷明香、松原夏海

10期研究生 → 伊豆田莉奈、小林茉里奈
11期研究生 → 小嶋菜月

前座ガールズ → 入山杏奈、川栄李奈、仲俣汐里

[ 「目撃者」公演出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■ポジション
不在Aメン 3名(小嶋陽菜、前田敦子、前田亜美)

小嶋陽菜 → 小嶋菜月
前田敦子 → 伊豆田莉奈
前田亜美 → 小林茉里奈

■公演前の陰アナ
中田ちさと 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「中田ちさとです。今日の公演もみなさん盛り上がっていきましょう。 間もなく開始しますので、もうちょっとだけ待っててください」客、拍手

■開演前
研究生の入山杏奈、川栄李奈、仲俣汐里が上手袖より入場。

仲俣汐里 「「目撃者」公演では、毎回公演の前に私たち前座ガールズが1曲披露させていただきます。 今日は私たち3人がお送り致します」

川栄李奈 「川栄李奈です」客、拍手
仲俣汐里 「仲俣汐里です」客、拍手
入山杏奈 「入山杏奈です」客、拍手

川栄李奈 「それでは聴いてください。前座ガールズで、ミニスカートの妖精」客、拍手


◆M00.ミニスカートの妖精 (前座ガールズ)


曲終了後、
入山杏奈 「「目撃者」公演始まります」

緞帳閉まる。

◆ オーバーチュアー

◆M01.目撃者 (全員)
◆M02.前人未踏 (全員)
◆M03.いびつな真珠 (全員)
◆M04.憧れのポップスター (全員)

■MC1(自己紹介)
メンバーたち 「イェー」

多田愛佳 「みなさん、こんばんは」
みんなで 「AKB48 チームAです」客、拍手

多田愛佳 「目撃者、前人未踏、いびつな真珠、 憧れのポップスター、続けて4曲聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます」
高橋みなみ 「ありがとうございます」

多田愛佳 「今日のお題はですね、「Everyday、カチューシャ」がもうすぐ発売となりますが、 それにちなんで みなさんが毎日欠かさずやってることはなんですか? です。では一緒に自己紹介もお願いします」


1列目 上手側から順に
指原莉乃 「ハイ、あなたの、あなたの、あなたの指原クオリティー覚醒! 大分県出身、指原莉乃です」

「たかみなさんに会ったら毎日してることなんですけど、今日はどれぐらい大きくなったかな? とチェックすることは」
高橋みなみ 「指原、ケンカ売ってんのか!?」
指原莉乃 「今日もちっちゃいなと思います。今日もがんばります。よろしくお願いします」

高城亜樹 「ハイ、緑茶、麦茶、烏龍茶、でもやっぱり?」客「あきちゃ!」
「ありがとうございます。高城亜樹です。よろしくお願いします」

「私が最近毎日してることは、DVDプレーヤーでDVDを見ることなんですけど、 最近、防水のDVDレコーダーが押し入れに仕舞っていたことを思い出し、最近ずっとお笑い番組、 お笑い芸人さんの番組とかドラマとか映画とかたくさん見てます。ハイ、今日もよろしくお願いします」

多田愛佳 「ハ~イ、あなたのハートをズッキンドッキン、心の癒しになりたい、心の天使、らぶたんこと多田愛佳です」

「私がやっていることはですね、アニメの録画の予約を毎日確認していて、 それで、何を録り忘れていないかとか、ちゃんとチェックしないと今後生きていけないんですよ。 アニメをね、1話見逃すだけで私はすごくショックを受けるんですよ。 たぶんアニメ好きな方はわかると思うので、よろしくお願いします。 今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、チームAでも、私の半分は、優しさでできていま~す」客、ひゅ~
「なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「私はですね、ブログを毎日3回は更新したいっていう希望なんですけど、したいのと、 モバイルメールっていうサービスがあるんですけど、それのみなさんにメールが届くようになるサービスなんですけど、 それを2、3通は毎日送るようにしています。普通でごめんなさい」

「ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

倉持明日香 「はい、みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私はですね、最近プロ野球が開幕したということで、毎日お父さんと夜、今日のプロ野球ニュースみたいなのが あるじゃないですか、テレビで。あれを見ながら2人で今日の野球はどうだったかっていうのを話すのが毎日の 日課なんですけれども、昨日も我が千葉ロッテマリーンズが負けてしまいまして、非常に父の機嫌が悪かったので」客w

「ぜひロッテには勝って、お父さんの機嫌をよくしていただきたいなと思います。 今日も私たちと一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

仲谷明香 → 上手袖前にて、こける(客、反応)
メンバーたち 「大丈夫ですか?」
高橋みなみ 「気を付けてね」
岩佐美咲 「お大事に。お大事に。ちゃんと消毒してね」

2列目 上手側から順に
岩佐美咲 「ハイ、ということで高校2年生、16歳のわさみんこと岩佐美咲です」

「私はですね、毎日今日はどんなブログを上げたかなーっていうのを振り返るようにしてるのですけど、 例えばなんかちょっと反省?今日はこのブログちょっと気持ち悪過ぎたなーとか」客、ざわ
高橋みなみ 「気持ち悪いブログとかあるの?」
岩佐美咲 「すみません、私実はすごい変態って言われるんですよ。ブログが変態って言われて。 でも私、普通にしてるんですけど、でもそういうのって滲み出ちゃうやつだからしょうがなくて」客、反応
高橋みなみ 「変態が滲み出るとかあるの?」
岩佐美咲 「そうなの。だからそれをちょっと今日はやり過ぎたなーって」
高橋みなみ 「そんなこと言うと急上昇者ランキングですごい上がっていくよ」
岩佐美咲 「で、あの、私今日から実はアメブロに引越ししまして」客、拍手
高橋みなみ 「おー! 宣伝しな、宣伝しな」
岩佐美咲 「ハイ。で、新スーパー美咲タイム★っていうやつなので、 ぜひ見て、なかやんが今日コメントしてくれたんで、みなさんもしないわけにね、いかないと思うので」客w

「なかやんしましたからね、やっぱりみなさんもね、お願いします。今日もよろしくお願いします」

小嶋菜月 「ハイ、11期研究生のなっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」
「私はご存知の方もいると思うのですけど、ハムスターのプーちゃんを飼っているんですよ。 だからそのプーちゃんといつも毎日夜遊ぶのが日課になってます。ハイ、今日もがんばります。よろしくお願いします」

高橋みなみ 「はーい、見かけはちょっぴりヤンキー、心はガラスのハート。たかみなこと高橋みなみでーす」

「すごい今日ね、意気込んできたんだけども、なかやんがあそこでスベったのを見て、すごい話がすべるんじゃないかと」客、反応

「恐怖にね、陥っているのですけれども。わたくし毎日することは腹筋です」客、反応

「昔15分だったのですけど、今30分やってて」客、おー

「ちょっと慣れ過ぎてね、ジャンプ読みながら笑いながら腹筋できるっていう特技が身に付きました」客「1時間」

「えっ?」
仲川遥香 「1時間だって」
高橋みなみ 「1時間? いってやるよ」客、おー

「最近ね、ドヤ顔がすごい楽しくなっちゃって」客、軽くw

「これからどんどんドヤ顔していこうと思っております。 普通にしててもドヤ顔って言われるのですけど、なんででしょうね。 ハイ、ということで今日はみなさん一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

中田ちさと 「ハイ、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私はモデルさんとかタレントさんが出す本を見るのがすごく大好きなんですけど、 一番大好きなくみっきーの本とかもよく読んでるのですけど、今日あきちゃが平子理沙さんの本を見てたんですよ。 で、あきちゃに見せてもらってずっと見てたら隣でさっしーが「なんでそういうの見てどうするの?」みたいな、 すごい言ってきたんですよ。「なんでそういうの女の子見るのわかんない」ってさっしーが言ってきたんで、 あきちゃと「さっしーがアイドルの写真集を見るのも同じだよ」って言ったら、 「なるほど」って言って」客、軽く

「すごい納得してくれたんですよ。なのでね、私はそれを毎日欠かさず見てます。今日もよろしくお願いします」

伊豆田莉奈 「ハイ、10期研究生の高校1年生、15歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」
「私は朝起きるのがすごい遅いんですよ。なので前の日の夜のうちに明日の準備をするのですけど、 それで余計寝るのが遅くなって朝起きれなくなっちゃってます。ハイ、今日もよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
松原夏海 「ハ~イ、みなさんご一緒に、うん! みんみんみん、なっつみん! ありがとうございます。 なっつみぃこと松原夏海です」

「私は眠りが浅いせいなのか、とてつもなく変な夢をけっこう最近よく見るんですよ。 で、最近見たすごい悲しい夢は、総選挙で「50位、松原夏海」って言われるんですよ」
大家志津香 「そこまで呼ばれちゃうの? 50位まで」
松原夏海 「そう。40位までなのに」客、軽くw

「良かった、笑ってくれて。はい、今日はですね、そのせいで毎晩ホットミルクを飲むようにしてるんですね。 で、深い眠りを受け流す?」客、反応

「なんて言うんだっけ? 促す。促すようにしてるんですよ。なので今日はミルクは飲まずに この公演のパワーをいっぱい使って、すごいいっぱい眠れるようにしたいと思いますので、 今日はみなさん一緒に踊りましょう。よろしくお願いします」

大家志津香 「はい、できませんは言いません、福岡県から来ました、、。カタコト」客、軽くw

「はい、できませんは言いません、福岡県から来ました、大家志津香です。よろしくお願いします」

「私はですね、星空を見上げながら」客w

「w まだ何も言ってないのに。この星は何億光年前に光って、今何万人の人が見て、 いつ消えていったんだろうとか」
仲川遥香 「どうしたんですか?」客、軽くw

「どうしたんですか?」
大家志津香 「そういう気持ちになっちゃって、今。と思ったのですけど、そういうのはウソで、 ロマンチックなこと考えてないのですけど、みなさん知ってますか?R-1グランプリの今年の優勝者の佐久間一行さん わかりますか? 佐久間一行さんのネタの「井戸の曲」っていう曲があるんですよ。あっ、知らないのか。 そうなんです、なんか、井戸の中のお化けの曲なんですけど、まぁ、某。やるの?うちが?」客、拍手

「えっ? 井戸の中から出てくるお化けじゃなくて、井戸自体がオレっていう曲なんですけど」

→ 少し歌う

「すみませんw こういう曲があって、これを毎日覚えるために聴きながら寝ていますというだけです、ほんとに」

「はい、というわけで今日はみなさん一緒に楽しんでください。よろしくお願いします」

篠田麻里子 「ハイ、魅惑のポーカーフェイス、篠田麻里子です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

「私はですね、みなみみたいに毎日ヒゲを剃ってるとか、そういうおもしろい話はないのですけども、 毎日ツイッターとかブログをやっています。ぜひ見てください。よろしくお願いします」

仲川遥香 「ハーイ、こんばんは」客「こんばんは」

「元気ですか?」客「元気です」
「ありがとうございます。はるごんこと仲川遥香です」

「私はですね、もっちぃが大好きで、毎日もっちぃのブログを欠かさず見てるのですけど、 最近更新率が悪くて、毎日更新してくれないので、ちゃんとして欲しいなって思います。 ハイ、ということで今日もよろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、10期研究生の15歳、高校1年生のまりんちゃんこと小林茉里奈です」
「私は今年絶対に日焼けしたくなくて、それを心に決めたので、毎日ちゃんと日焼け止めを塗るようにしてます。 ハイ、今日もよろしくお願いします」

片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ」客、ひゅ~
「アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「今誰ですか? 「あーん」みたいな変な声出したの? やめてください。○○しちゃったの?  あっ、そう」客、軽くw

「私はですね、うち、今年の2月まで蚊が飛んでて、4月になってから2匹もう蚊を殺したんですよ」
仲川遥香 「殺した?」
大家志津香 「ダメよ」
片山陽加 「だって2ヶ月間しか蚊が生存していなかったことになるわけで。それ以外ずっといたんだよ、家の中に。 それで、蚊に刺されるとちょっとなんか蚊にちょっとやられやすいみたいで。 おばさんっぽいって言わないでくれる?」客w

「リンゴ酢を飲むようにしてるんですよ」客w

「なんで笑うの!? w なんで?w 笑いの意味がわからない、私には」
篠田麻里子 「リンゴ酢を飲むの?」
片山陽加 「リンゴ酢を飲むんですよ」
大家志津香 「リンゴ酢ってお母さんが飲むやつじゃない?」
片山陽加 「違う。なんか蚊に刺され易い人とかは、酢をいっぱい入れると刺され難くなるっていうので」
松原夏海 「なんで? 酢の匂いで?」
大家志津香 「血が酸っぱくなるんじゃない?」
片山陽加 「そう、たぶん。そのためにリンゴ酢を飲んでるのですけど、すっごいなんだろう、 すごいおばちゃんみたいな目で見られてる、私。まぁ、ということで、みなさんも蚊に刺され易い方はぜひ リンゴ酢を飲んでください。というわけで今日も一緒に盛り上がっていってください。よろしくお願いします」

松原夏海 「ハイ、チームA6th「目撃者」公演、本日の公演は以上のメンバーでお送りします。この後はユニットの登場です。 新たなことにも挑戦しているAKB48、みなさんはその目撃者になってください」客、拍手


◆M05.腕を組んで (仲谷明香、多田愛佳、倉持明日香)
◆M06.炎上路線 (高城亜樹、指原莉乃)
◆M07.愛しさのアクセル (高橋みなみ)
◆M08.☆の向こう側 (中田ちさと、倉持明日香、多田愛佳、岩佐美咲)
◆M09.サボテンとゴールドラッシュ (大家志津香、片山陽加、仲谷明香、篠田麻里子、松原夏海、仲川遥香)

■MC2
大家志津香、片山陽加、篠田麻里子、仲川遥香、松原夏海

「イェー」

大家志津香 「ハイ、腕を組んで、炎上路線、愛しさのアクセル、☆の向こう側、サボテンとゴールドラッシュ、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

大家志津香 「はい、というわけでここのMCではですね、私たちこういう活動していますが、もし芸名を付けるなら何がいいですか?」
松原夏海 「AKBは本名なんだよね」
大家志津香 「そう。なんかさ、理想のあるじゃない」
松原夏海 「理想? あっ、これにしたらってやつでしょ?」
大家志津香 「こうやって呼ばれたいな、みたいな」
松原夏海 「私はね、夏海なんだけど、ローマ字でNatsumiが良かった」
仲川遥香 「かっこいい」
大家志津香 「あー」
松原夏海 「Rikacoさんみたいな」
大家志津香 「ローマ字っていいですよね」
松原夏海 「あんな感じが良かった」
仲川遥香 「名前が?」
松原夏海 「名前は夏海なんだけどw」
片山陽加 「芸名がね」
松原夏海 「表記表記」
仲川遥香 「表記ね」
大家志津香 「本名はいっさい明かしたくない派?」
松原夏海 「ううん、いい」
大家志津香 「あっ、そっか。もう明かしてるもんね」客、軽くw
篠田麻里子 「今さらだよね。もしするとしたらでしょ? はるごんは?」
仲川遥香 「私は「ひまわり」がいいです」
松原夏海 「なんで?なんで?」
片山陽加 「漢字で?」
仲川遥香 「ひらがなで」
片山陽加 「名字なし?」
仲川遥香 「名字なしで「ひまわり」」
松原夏海 「なんで?」
仲川遥香 「えっ? ひまわりの花が好きだからです」
大家志津香 「初めて聞いた。そうなんですか?」
仲川遥香 「ひまわりって、太陽に向かって伸びてるんですよね」
大家志津香 「全部じゃない?」客w
メンバーたち → w
松原夏海 「太陽に向いてるんだよねw なんでそういうこと言うの?」
大家志津香 「だって下に向かって生えてる花とかないでしょ?」
仲川遥香 「太陽の方向を向いて咲いてるんだよ。だから、そういう強い、あるじゃん」
松原夏海 「そういう感じがいいんだよね」
大家志津香 「でもひまわりっぽい顔ですよ。。」客、軽くw
片山陽加 「こんな元気なイメージがね」
仲川遥香 「投げやり」

大家志津香 「はーちゃんは?」
片山陽加 「私? ゆめの。。シーンとしちゃったw」
大家志津香 「名字はなしの?」
片山陽加 「なしの、ゆめのっていうので、なんだろう、わかんないけど、かわいい感じの名前が良かったのね。 十分「陽加」もすごい好きなんだけど、さらにアイドルっぽく「ゆめの」みたいにしたいんだけど、 なんだろう、なんか突っ込みたくなる名前だよね」
松原夏海 「ゆめの、なんだろうね」
篠田麻里子 「楽屋で「ゆめの」大爆笑だったんだけどね」客、軽くw
松原夏海 「温度差が」
片山陽加 「あれっ?って。まぁ、とにかくかわいい名前にね」
篠田麻里子 「ゆめのね」
松原夏海 「全然関係ないのがいいんだ、自分の名前」
仲川遥香 「関係ないのがいい」
片山陽加 「どうせつけるなら、関係ない、突拍子もないところからつけていこうかなって」
松原夏海 「全然わかんないけど」
篠田麻里子 「ゆめのがいいんだね」

仲川遥香 「しーちゃんは?」
大家志津香 「しーちゃん、みずき。おおつかみずき」
松原夏海 「わけわかんないしw」
仲川遥香 「誰?誰?」
大家志津香 「おおつかみずきがいいです」
仲川遥香 「誰ですか?それは」
大家志津香 「誰って、私なんですけど」客、軽くw

「大家ってよく大塚って読み間違えるんですよ」
松原夏海 「あー、たしかに」
大家志津香 「病院とかでもたいがい大塚って呼ばれるんですよ。ほんとに」
仲川遥香 「えっ?そうなの?」
大家志津香 「半数以上、大塚って呼ばれるんですよ。みんな漢字読めないんですよ、病院行くと」客、軽くw

「ほんとにほんとに。だからもうめんどくさいから、「大家です」って言うの。 大塚にしてしまって、「みずき」はただかわいいでしょ?」
篠田麻里子 「かわいいね」
大家志津香 「だからみずき。みずきかまさき」
松原夏海 「全然違うじゃん。なんで?なんで?」
大家志津香 「まさきっていう後輩がむっちゃかわいかったんですよ」
松原夏海 「女の子?」
大家志津香 「女の子」
松原夏海 「へー」
片山陽加 「女の子でいるの?まさきって名前」
大家志津香 「めちゃくちゃかわいかったから、まさきがいいな」
松原夏海 「じゃ~、もうまさきにしちゃいなよ」
篠田麻里子 「ねぇ、いいよね」
大家志津香 「大塚まさきで」
仲川遥香 「今日からまさきで」
大家志津香 「まさきでお願いします。お母さんかわいそう。ごめんね、お母さん」
松原夏海 「せっかく名前ね、いただいたのにね」

大家志津香 「麻里子様は」
篠田麻里子 「私、オードリーですね」客、軽くw
メンバーたち → w
篠田麻里子 「トゥースじゃなくて」
大家志津香 「ヘップバーンの方?」
篠田麻里子 「ヘップバーンの方で」
松原夏海 「あー、そっちか」
大家志津香 「国境越えちゃうんですか?」
篠田麻里子 「そうそう、オードリーって呼んでくださいw」
仲川遥香 「えっ?オードリーって呼ばれたいの?」
篠田麻里子 「オードリーって呼ばれたい」
仲川遥香 「えっ?」客、軽くw
大家志津香 「ヤバイ、オードリーってヤバイ」
篠田麻里子 「でもオードリーってよくないですか?でも」
片山陽加 「オードリー」
篠田麻里子 「海外の名前を・・・」
仲川遥香 「オードリー」客「オードリー」
篠田麻里子 「トゥース」客w
メンバーたち → w
大家志津香 「そうなるでしょ、そうなるでしょ」
篠田麻里子 「そうじゃないんですけどね。ローマの方をね」
大家志津香 「ヘップバーンでいいんじゃないですか?」
メンバーたち 「ヘップバーン」
松原夏海 「ヘップは?ヘップ」客w
片山陽加 「w なんか・・・」
大家志津香 「ジョニーデップみたい」

片山陽加 「なんだろうね、まとめがちょっと思いつかないのですけども」
大家志津香 「ゆめのちゃんが」
片山陽加 「ゆめのちゃんw ゆめのちゃんじゃないのにね。このおちゃめな場面とかね、かっこいいところとか、 この公演ではたくさんの表情を見せているので、ぜひぜひその辺も見ながら楽しんでいただけたらなーと思います」

「それでは後半戦この曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.美しき者 (全員)
◆M11.アイヲクレ (全員)
◆M12.摩天楼の距離 (全員)
■MC3
前半:仲谷明香、倉持明日香、高橋みなみ、多田愛佳、高城亜樹、中田ちさと、片山陽加、大家志津香

「イェー」

倉持明日香 「ハイ、美しき者、アイヲクレ、摩天楼の距離、続けて3曲聴いていただきましたが、 みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

高橋みなみ 「ありがとうございます。それではここではですね、みんな、ニックネームってあるじゃないですか、今」
メンバーたち 「はい」
高橋みなみ 「ファンのみなさん、そしてメンバー、スタッフさんから親しまれる名前がありますが、 それが付く前、学生時代のあだ名はいかほどだったのかということで」
メンバーたち 「おー」
高橋みなみ 「今日はみなさんのあだ名を大公開しちゃいたいと思います」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

仲谷明香 「なるほどね」
高橋みなみ 「いきましょうよ」
大家志津香 「あります」
高橋みなみ 「今もらぶたんは学生ですよね?」
多田愛佳 「はい。私でもありますよ」
高橋みなみ 「なんですか?」
多田愛佳 「小学校3年生まで違う小学校にいたのですけど、大っ嫌いな男子1人」客、軽くw
高橋みなみ 「あるよ、そういうのあるよ。学生ってある」
多田愛佳 「なんかその人に「多田はすんごいピーピーピーピーうるさいから、お前のあだ名は大タイガーだ」って言われたんですよ」
大家志津香 「大タイガー?」
多田愛佳 「なんか多田愛佳って大タイガーみたいでいいだろ?とか言われて」
高橋みなみ 「全然うまくもなんともない」客w
メンバーたち → w
多田愛佳 「すごいなんか男の子みたいなあだ名でほんと嫌いでした」
仲谷明香 「戦隊モノみたいだね」
高橋みなみ 「大タイガー!」
大家志津香 「かっこいい」
高橋みなみ 「強そうでいいなー」
多田愛佳 「嫌だった」
高橋みなみ 「それが嫌だった?」
多田愛佳 「だかららぶたんにして良かったなって思ってます」
高橋みなみ 「なるほどね、かわいらしいですよね、らぶたんって」
仲谷明香 「そっかそっか」

高橋みなみ 「こんなあだ名ありますよって方?」
メンバーたち 「はい」
高橋みなみ 「あきちゃ」
高城亜樹 「はい、私はですね、いつからついたんだろうな、小学生の高学年ぐらいから 中学生まで、まぁ、「じょうちゃん」と呼ばれておりました」
メンバーたち 「じょうちゃん?」「かっこいい名前」
仲谷明香 「たかじょう
高橋みなみ 「じょうちゃん」
高城亜樹 「それで、AKBに入って、「ニックネームなんて呼ばれてるの?」って訊かれるじゃないですか。 紙に「じょうちゃん」って書いたんですよ。すぐ却下されました」
メンバーたち → w
高橋みなみ 「じょうちゃん。明日のジョーを沸騰させる感じですかね」
中田ちさと 「あきちゃで良かった」
高橋みなみ 「若干強そうな名前ですけどね」

中田ちさと 「しーちゃん」
大家志津香 「たぶんあんまり、あれなんですけど、はーちゃんのことをみんなババア、ババア言うじゃないですか」客w → 拍手
中田ちさと 「言ってないよ。それは」
大家志津香 「言ってるじゃないですか。でもね、でもね、聞いてください。うち、1回もババアって言ったことないんですよ。 ないでしょ?」
片山陽加 「たしかに」
大家志津香 「なんでかって言うと、うちも小学校の頃、幼稚園の鉄棒ってめっちゃ低いじゃないですか。 それをリンボーダンスで通ってたんです、うちは。別に誰も見てないと思ってね。 誰も見てないと思ってリンボーダンスで通ったら、1コ下の男子5人組ぐらいが見てて、 次の日から学校でマトリックスババアって呼ばれるようなったんです」客w
メンバーたち → w
高橋みなみ 「マトリックスババア。強そうだね、これまた」
大家志津香 「マトリックスババアって呼ばれるとめちゃくちゃ嫌だったんですよ。 だからはーちゃんにババアって呼ばないんです」
中田ちさと 「なるほどね」
誰か「元祖ババアだ、じゃ~」
高橋みなみ 「マトリックスババア、いいなー、マトリックスババア言われてーわ、逆に」
仲谷明香 「マトリックスはかっこいいよね」
倉持明日香 「マトリックスはたしかにね」
大家志津香 「小学生にしてマトリックスババア辛いでしょ」
高橋みなみ 「イカツイね」

仲谷明香 「ハイ。私普通なんですけど、今も呼ばれてるのですけど、「なかちゃん」って呼ばれてました」
メンバーたち 「あー」
高橋みなみ 「やっとかわいいのきたよ」
メンバーたち → 軽くw
仲谷明香 「あともう1つ意外なんですけど、私下の名前、明るく香るって書いて明香(さやか)って読むんですよ。 そこは関係なかった」
メンバーたち → w
仲谷明香 「そう、さやかって呼ばれてましたって」
メンバーたち 「あー」
中田ちさと 「いいね、そういう普通な感じ」
仲谷明香 「あんまり「さやか」って呼ばれないから」
メンバーたち 「たしかに」「なかやんだね」
大家志津香 「メンバーってそういう名前だったんだみたいな人いますよね?」客、反応
メンバーたち 「どういうこと?」「さっしーとかそうだよね」
大家志津香 「さっしーって、莉乃」
高橋みなみ 「莉乃っぽくねーもんな。莉乃って」
仲谷明香 「覚えてはいるけど、あっ、それだっけ?みたいな」
倉持明日香 「さっきもユニット終わった後に、次さっしーとあきちゃの炎上路線じゃないですか。 終わった後に「莉乃!」って声聞こえてきて、うわ、さっしーだと思って」客w
メンバーたち → w
倉持明日香 「さっしー、次のユニットだと思って、改めて気付いた」
高橋みなみ 「なるほどね」

大家志津香 「なんか、あだ名」
片山陽加 「私ね、私も普通なんだけど、「かた」とか」
メンバーたち 「かた?」「微妙」
片山陽加 「ちゃんもなく、「かた」って呼ばれてたり、今呼ばれてる「はーちゃん」。 あと呼び捨てで「陽加(はるか)」って言うのもあった」
メンバーたち 「いいね」
高橋みなみ 「なんだろうね、はるかって。はーちゃんのはるかって、やる気っぽい。なんだろう」客w
片山陽加 「なんで?」
高橋みなみ 「昭和な感じがするよね」
片山陽加 「昭和?」
仲谷明香 「AKBって「はるか」多いよね」
中田ちさと 「たしかにね」
高橋みなみ 「たしかに。私「ゲジ眉」だったね」
メンバーたち 「ゲジ眉?」
高橋みなみ 「ゲジ眉」
中田ちさと 「ほんとに?」
高橋みなみ 「ゲジ眉とロック・リーと」客、軽くw

「焦げパン、焦げパン」
大家志津香 「焦げパンいた。うちの学校にも焦げパンいた」
高橋みなみ 「いる? マジで? 仲間じゃん」
仲谷明香 「でも焦げパンってキャラクターでしょ?」
高橋みなみ 「そう」
仲谷明香 「かわいいよ」
高橋みなみ 「別に目が白かったとかじゃ・・・」

「イェー」次のメンバー入場。

メンバーチェンジ。

後半:松原夏海、小嶋菜月、岩佐美咲、伊豆田莉奈、篠田麻里子、小林茉里奈、指原莉乃、仲川遥香

仲川遥香 「イェーイ!」
指原莉乃 「どうした?」客、軽くw

「ということで、本日のお題は納得行かないこと、理不尽だったことです」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

指原莉乃 「さ、ある人?」
岩佐美咲 「じゃ~、はい」
指原莉乃 「わさみん」
岩佐美咲 「あの、「マジすか学園」始まったじゃないですか。みんな見てますか?」客、反応
仲川遥香 「はい」
指原莉乃 「ありがとうございます」
仲川遥香 「ありがとうございます」
岩佐美咲 「私も見たんですけど、チームフォンデュとか出てるじゃないですか、研究生?  私、未だに出番ないんですけど」客w
仲川遥香 「ハイ。それ思うんですけど、私も「出るから」って1話から台本もらってるのに全然出てこないんですよ」客w

「で、見るじゃないですか。チームフォンデュ?えっ?私は?みたいな」
岩佐美咲 「やっぱ研究生フレッシュですから」
指原莉乃 「どんどん出てくるね」
岩佐美咲 「よろしいんですけども、やっぱ総出演じゃないですか」
指原莉乃 「そう、総出演って謳ってる(うたってる)からね」
岩佐美咲 「そう、いつかね、私も出番あるのかな?と思って、不思議なんですけど」
仲川遥香 「私たぶん勝てると思うもん、みんな」客w
指原莉乃 「たしかに。たしかにはるごんと秋元さんめっちゃ強いと思う。 みんな運営への文句は尽きないんですけれど」客w → 拍手
メンバーたち 「文句じゃない」
仲川遥香 「違う」
岩佐美咲 「意見」
仲川遥香 「今日秋元先生誕生日だから」
指原莉乃 「そうだね」
仲川遥香 「伝えようと思って。誕生日プレゼント、私からの」
指原莉乃 「誕生日プレゼントじゃないけど、まぁ、そういうのも必要だからね、たまには」
岩佐美咲 「1つの意見」

指原莉乃 「じゃ~、いずりな!」
伊豆田莉奈 「ハイ、私は駆け込み乗車をする人が許せないんですよ」
指原莉乃 「偉い。素晴らしいね」
伊豆田莉奈 「なんでほんとにするんだろうと思って。駆け込み乗車したら、挟まったら開くじゃないですか、1回ドアが。 そしたら余計その時間タイムロスするじゃないですか」
指原莉乃 「そうそうそう」
伊豆田莉奈 「急いでるからやってるのに、そこでまた急いでるのに閉まっちゃって開いたりとかしたら時間が経っちゃうなと思って」
指原莉乃 「すごい。みんななんか今日文句すごい出てくるね、いっぱい。冴えてる」
岩佐美咲 「学級会みたい」
指原莉乃 「でもいい。そうやって思えることが大事だよね」
仲川遥香 「真面目だよね」
指原莉乃 「真面目だよね。はるごんとか駆け込んじゃうでしょ?」
仲川遥香 「うん」客、反応
松原夏海 「ダメだよ」
仲川遥香 「でも挟まんない。こうやって」すり抜け、両手を水平に広げてポーズ(客、軽くw)
メンバーたち → 軽くw
仲川遥香 「でも、めっちゃ見られる」
指原莉乃 「だよね? 気まずいよね、なんか」
松原夏海 「今日からやめな」
指原莉乃 「そうだよ」
仲川遥香 「やめます」
指原莉乃 「いずりなも言ってることだし」
仲川遥香 「みなさん絶対しちゃダメですよ」
客「はーい」
指原莉乃 「はるごんが言わないで」

「そうだよ。麻里子様ありますか?」
篠田麻里子 「私あるんですけど、去年の夏ぐらいに24時間テレビって、見られましたか?  24時間テレビやってたじゃないですか。AKBも。あの合間に「さしこ」っていう変なCMが流れたんですよ」
仲川遥香 「おっとー」
メンバーたち 「おっとー」
篠田麻里子 「で、なんか別にソロデビューを宣伝するわけでもなく、ただかわいい子がいるっていう宣伝だったんですよ」客、え~
仲川遥香 「かわいい?」
指原莉乃 「あのね、それ私が一番知りたいんですよ、その謎。私ほんとに意味わかんなくて、 指原もリアルタイムでテレビを見てて、したら、さしこになるんだと思って次の日「さしこ」って付けて行ったら、 したら、トガブロ見たら「ウソです」とか書いてあって」
メンバーたち → 反応
指原莉乃 「ほんと運営ふざけるなよ!と思って」
仲川遥香 「だって、そのあの後、流れた後、めっちゃ「えっ?どうしよう?どうしよう?大丈夫かな」って超悩んでたのに」
指原莉乃 「そう、ケロっとね、運営の方がね」
仲川遥香 「ウソです」
指原莉乃 「そう、ウソですとね、エイプリルフールでもなんでもないのに騙されちしまって」
メンバーたち → 軽くw
指原莉乃 「悲しいなと思ったわけなんですけれども」
篠田麻里子 「それも運営への文句ですよね?」
指原莉乃 「そうですよ、もう。今日はそういう日だから」
松原夏海 「そうなの?」

指原莉乃 「他ありますか?」
篠田麻里子 「ありますよね?」
松原夏海 「あとね、私1コ、私そんなあんまないんだけど、今日のしーちゃんの髪型があっちゃんがよくやる髪型にしてる」
指原莉乃 「しかも、「あっ、前田さんおはようございます」って言ったらまんざらでもなく前田さんのモノマネをするんですよ」客w
岩佐美咲 「マジでビックリした」
仲川遥香 「しかも、めっちゃクオリティ低い」客w
指原莉乃 「そう」
松原夏海 「1つも似てないやつ」
岩佐美咲 「似せようという気がない」
指原莉乃 「でもあれなんですよ、前回でしーちゃんが「体操隊形に開け」って言う時の掛け声の話をしたんですよ。 で、それで「体操隊形に開け」って言って、しーちゃんや指原は「ヤー!」って言うんですよ」
篠田麻里子 「私も「ヤー!」って言うよ」
指原莉乃 「ですよね?」
仲川遥香 「言わない」
指原莉乃 「だから「体操隊形に開け」「ヤー!」って言って駆け込むんですよ。でもそれをすごい猛烈批判されてて」
篠田麻里子 「えー?」
指原莉乃 「なんで?と思って」
篠田麻里子 「だって、あれ、(高音で)ヤー!だよね?」客、拍手
指原莉乃 「そうそう」
メンバーたち 「えー?」「麻里子さん」
指原莉乃 「体操隊形に開け」
指原莉乃篠田麻里子 「ヤー!」
指原莉乃 「戻れ」
指原莉乃篠田麻里子 「ヤー!」
指原莉乃 「座れ」
指原莉乃篠田麻里子 「ヤー!」客w → 拍手
メンバーたち → w 「怖い」
指原莉乃 「マジマジ」
仲川遥香 「えっ? 笛はあった? 先生が「体操隊形に開け」ピーって」
指原莉乃 「そんなオシャンティーな」
篠田麻里子 「九州にはないからね」
指原莉乃 「そうそう。ヤー!」
篠田麻里子 「意味もなくヤー!って言ってたよね?」
指原莉乃 「そうそうそう。じゃ~、みなさん、後半戦も楽しみましょう」客「ヤー!」
メンバーたち 「ヤー!」
指原莉乃 「ありがとうございます。というわけでこれからもチームAよろしくお願いします」
メンバーたち 「よろしくお願いします」客、拍手

松原夏海 「私たちにはそれぞれ夢があります。今何をしてるんだろう? 今やれることってなんだろう?って 時々考えます。でも私たちは夢に向かって伸びている道を歩き続けます。 それでは最後の曲です。聴いてください」

→ 他のメンバー入場

松原夏海 「命の意味」客、拍手


◆M13.命の意味 (全員)

■アンコール
有志の方「本日は、2ヶ月遅れてしまいましたが、3月11日に25歳の誕生日を迎えられました、 篠田麻里子さんの生誕祭です」客、拍手

「アンコールは「まりこ」コールでお願いします」客、拍手

「アンコールいくぞー!」客「おー」


「まりこ」コール


◆M14.I'm crying (全員)
◆M15.ずっと ずっと (全員)


■MC4
高橋みなみ 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

高橋みなみ 「I'm crying、ずっと ずっと、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「はい、ということでみなさん、昨日の戸賀崎さんのブログはご覧になりましたでしょうか?  なんとHKT48が発足されるということで、博多を拠点として、また新たに私たちの仲間が増えることになりました」客、ざわ
指原莉乃 「行かないですよ、行かないですよ」
高橋みなみ 「大丈夫ですよ、そういう感じの話じゃないから大丈夫」
指原莉乃 「誰も行かないよ」
高橋みなみ 「はい、妹分である、そして兄弟分である私たちの仲間が増えることになりました。 こうしてたくさんの仲間が増え、たくさんの少女たちが夢を叶えるために私たちと共にがんばってくれるということで、 とても嬉しく思っています。こうして女の子たちが、そしてみなさんが夢を叶える糧になれるように、 私たちAKB48、やっぱり一番最初にできたグループですから、まずは先頭に立って、がんばっていかなければいけないなと 思っています。そして、拠点であるこのAKB48シアターを守っていかなければいけないなと思っています。 これからも16人全員の本気を出し合って、素晴らしいステージを、そしてみなさんに元気を与えられるような ステージを作りあげていければいいなと思っています。どうぞこれからも応援よろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

高橋みなみ 「ありがとうございます。それでは本当に最後の曲です。聴いてください。Pioneer」


◆M16.Pioneer (全員)


曲終了後、
高橋みなみ 「ありがとうございます。今年AKB48は今回の震災と向き合いながら活動していきたいと思っています。 そして、そのプロジェクト名を「誰かのためにプロジェクト」として活動することになりました。 今日の公演も節電の一環として、照明を半分にし、セリを動かさずに公演をさせていただきましたが、 今日こうしてみなさんの応援のお陰でいつもの活気あるステージになったと思います。 本当にありがとうございます」
みんなで 「ありがとうございます」客、拍手

高城亜樹 「プロジェクト名にもなっている「誰かのために」という曲があります。 今日はこの曲を私たちチームAで歌わせていただきたいと思います」

「聴いてください。誰かのために」


◆M17.誰かのために (全員)


■篠田麻里子 生誕祭
曲終了後、
片山陽加 「本日はご来場いただき誠にありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

片山陽加 「この後は日ごろの感謝の気持ちを込めまして、みなさまをロビーにてハイタッチでお見送りしたいと思います。 係員の方の指示があるまで、客席にてお待ちください」

「ハイタッチの準備の間、みなさまには「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」政見放送の映像をご覧いただきたいと思います。 毎公演各メンバーの政見放送を上映致しますので、ぜひチェックしてください。そしてさらに、ユーチューブの方でも 政見放送の映像をご覧いただけるようになっていますので、そちらもぜひぜひよろしくお願いします」

仲川遥香 「そして、その後には5月25日に発売になります、AKB48、21枚目のニューシングル「Everyday、カチューシャ」の 通常盤Type-Bに収録されています、アンダーガールズが歌う「人の力」のミュージックビデオが完成しました」
メンバーたち 「イェー」客、拍手
仲川遥香 「ということで、その選抜総選挙の政見放送の後に上映致しますので、そちらもぜひ見て帰ってください」

指原莉乃 「さー、みなさんお待たせしました。本日は麻里子様の生誕祭です!」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

指原莉乃 「麻里子様、お誕生日おめでとう!」
メンバーたち 「おめでとう」客、拍手

高橋みなみ 「フー! 麻里子様、どうぞこちらへ」
指原莉乃 「ケーキ、ケーキ。麻里子様、真ん中へ。音!」

BGM → 涙サプライズ!

指原莉乃 「OK! もっと大きく!」BGM大きく


ケーキ運び&ロウソク火付け → 岩佐美咲倉持明日香


指原莉乃 「音!音!」BGM終了
誰か「合ってないよね」
指原莉乃 「今日大丈夫です、今日大丈夫です。今日ちょっと調子悪いみたいですね。 そんなわけでみんなで一緒に歌いましょう。せ~の!」

みんなで 「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 麻里子様~」客、ひゅ~&拍手

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」客、拍手
篠田麻里子 → 涙。ロウソク火を吹き消す(3フー)客、拍手
メンバーたち 「イェー」客、拍手

「おめでとうございます」
高橋みなみ 「さー、そしてここでなんと、とある方から」客、おー

「メッセージが届いてます」客、おー

「それを読ませていただきたいと思います」

BGM

「まりちゃんへ。今日はまりちゃんの生誕祭なんだって?  出たかったな~。遅くなっちゃったけど、お祝いしてもらえて良かったね。 私もみんなもまりちゃんのことが大好きってことはもうみんな知ってると思うので、 割愛します」客、軽くw

「じゃ~、私は残りの撮影行ってきます。後はたかみながいい話してくれるよ」客w

「バイバーイ。あっ、5月2日、秋元先生お誕生日おめでとうございます」客w

「陽菜より」客、拍手

指原莉乃 「いや~、すごい」
高橋みなみ 「感動的な」
指原莉乃 「やっぱりあれですね。こじはるさん、ぶっ飛んでるけどあったかい手紙でしたね」
高橋みなみ 「温かいよ。温かい」
篠田麻里子 「おめでとうって、ちっちゃくなかった?」客w
高橋みなみ 「完全にちょっとチャラ感じだったよね。撮影行ってきまーすっていう感じの。でも、愛情表現でございます」
篠田麻里子 「ありがとうございます」
客「期待してるよ」
高橋みなみ 「私ね。ちょっと私今日は泣かないようにがんばります。 麻里子様の涙見ると、私すごい泣きそうで、すごいヤバイです、今日」

「えー、そうですね、麻里子様と出会って今年で6年目になりますけれども、 本当に、きっとね、こういう風に、なんだろうな、すごい上品で、すごいこう、いろんなことすべてを こなしてしまうじゃないですか。だからそういうところをみなさんは見てると思うので、 麻里子様の努力だったりとか、どういう風に生きてきたのかとか、私たちももしかしたら知らない部分も あると思うのですけれども、私たちが知ってる麻里子様はほんとにすごい人です。なんかね、、(涙)」
誰か「たかみなさん」
高橋みなみ 「もうダメだよ(涙)」客w

「言葉はちゃんと喋れるから。本当にすごい人で、例えば、誰よりも1人のお仕事とか多かったりする中で、 レッスンとかやっぱり参加できないんですよ。レッスンの途中に来て、見て、DVDもらって、 「麻里子様できるのかな?」と思ったら次の日にはもう全部完璧になってて。こうやってこう、何でもやりこなすように 見えるけども、その裏にはちゃんとした努力があって、そういうところを私たちメンバーは見てきています」

「私もこうキャプテンになった時に、けっこう不安とかいろんなものがあったりとか、去年とか入院したりとか したのですけども、そんな時に一番最初にメールをくれるのは麻里子様でした。本当に、こう、 一見近寄りがたいというか、すごいオーラがあるから、後輩とかも麻里子様に絡んでいいのかとか、 すごい考えたりすると思うんです。でもそういう時にあったかく手を差し伸べて、いろんな人と仲良くなって、 後輩もたくさん寄ってきて、そういうところはすごく、麻里子様の人の良さがあるんだなと思っています。 どんな時にも支えてくれる、そんな人です」

「これからきっと、麻里子様すごい人になるんだろうなと、みんな思ってると思うのですけれども、 やっぱり麻里子様ってAKBで1.5期っていう風にずっと言われてきました。 でも私にとっては1期生です。本当に信頼してるし、すごく温かい、大きな人だなと思って、 その背中を追いながら、がんばってきたいなという風に思っています」

「なんかこう、いっぱいエピソードがあり過ぎて何話していいのかわからないのですけども、 すごい人なんですよ。だからこんな人に出会えたことは私はすごく感謝してるし、 ぜひみなさんも、麻里子様の夢の道を見ていて欲しいなと思っています」

「今日こうしてここに来てくださったみなさん、来れなかったみなさんも、 画面を通してぜひこれからも麻里子様の背中を押してあげてください。 そして麻里子様にたくさんのエネルギーをもらっていきたいと思っています」

「これからもよろしくお願いします」
篠田麻里子 「喋っていい?」客w → 拍手
高橋みなみ 「いっぱい言いたいことがあり過ぎてね、まとまらんちゃよ」
篠田麻里子 「長いからどうしようかと思いました」
高橋みなみ 「すみません、どうぞここから麻里子様の尺です、どうぞ」

篠田麻里子 「今回は、3月11日、こういった災害に遭われた方、そして災害の中、 家族、友人、親戚がいらっしゃる方々にほんとに心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。 そして、こんな風に、こんな時でもお祝いしてくれたみなさまにほんとにお礼を申し上げます」客、拍手

「正直ほんとに、ここまで長くAKB48に居られるとは思わなかったので、正直、ほんとにみなさんの応援があったから 今があると思っています。ほんとに、こういう場でしかお礼をなかなか言えないので、この場を借りて、 みなさまにほんとに感謝をしています。これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手

「私はですね、成人式を行けてないのでまだ19歳なので」客w
指原莉乃 「麻里子様」
高橋みなみ 「麻里子様」
指原莉乃 「それは良くない」客w

「そういうのは良くない」
篠田麻里子 「今年の目標はお酒を飲むことです」客、軽くw
高橋みなみ 「なんすか?そのフレッシュさは」
篠田麻里子 「ありがとうございました」客、拍手
指原莉乃 「イェー。おめでとうございます」
メンバーたち 「おめでとう」「おめでとうございます」


「まりこ」コール


篠田麻里子 「ありがとうございました」客、拍手
高橋みなみ 「おめでとうございます!」
メンバーたち 「おめでとうございます」

指原莉乃 「さー、じゃ~、いつもの締めを麻里子様お願いします」
メンバーたち → 横一列手繋ぎ
篠田麻里子 「せ~の」バック
みんなで 「せ~の」前進、お辞儀(客、拍手)

「ありがとうございました」

手を振りながらハケる。

BGM → 目撃者

高橋みなみ 「麻里子様、お誕生日おめでとうございます!」

メンバーたち 「おめでとうございます」

指原莉乃 「麻里子様、おめでとうございます!」

篠田麻里子 → 笑顔で手を振りながら、上手袖へハケる。

公演終了。


■22ndシングル選抜総選挙政見放送 上映
(64) SKE48チームS・須田亜香里
(65) SKE48チームKⅡ・佐藤聖羅
(66) SKE48チームE・酒井萌衣

■21stシングル Type-B収録「人の力」MV上映

■ハイタッチ会
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームAメンバー&研究生、五十音順に並ぶ。(※ 16歳未満=竹内美宥、伊豆田莉奈&前座ガールズを除く)


■メモ
・M9「サボテンとゴールドラッシュ」にて黄色サイリウム。
・アンコールは「まりこ」コール。

■率直な感想
篠田麻里子さん生誕公演。

MVP入場あり。


自己紹介MC、このところ、元気が売りの仲川遥香さんのテンションが低い。らしくない。

あと今日は大家志津香さんがちょっと緊張感足らない感じで、ちょっとダラダラした感じで話していた。 初っ端から噛んじゃっていたし。

合間のMCもそうだけれども、チームAはテンション低めなメンバーが多いような。
テンション高いのは指原莉乃さんと岩佐美咲さんくらいでしょうか。

みんなそれなりに歳を重ねて、落ち着きを増したのかもしんないけど、 でもメンバーのテンションが低いと、やっぱりそれなりにしか盛り上がらないかなって思う。

それぞれにキャラがあるので、全員が全員テンション高くしなきゃいけないってわけじゃないけれども、 でも今日の自己紹介の仲川さんや大家さんは、客がどう感じるとか、客観的に見れてないのかなって、 ちょっとどうかなと思ってしまった。


研究生は3名が出演。伊豆田莉奈さん、小林茉里奈さん、小嶋菜月さん。

伊豆田さんは、今日は表情が素晴らしかった。その日の髪型にもよるのかもしれないが、この子は 表情いい日と、どうかなと思う日の差が大きいなと思う。

小嶋菜月さん、パフォーマンスはまだまだこれからではあるけれども、Aメンの中に入っても、輝きが感じられた。


場内は静かだった。

1人、麻里子コールをやり切ってる方がいた。すごかった。

劇場初期の頃は、今思えば、コールやり切る人ばかりだったなって。本当にメンバーを応援してる人が多かった。

2年だか3年ほど前、AKBの人気が一気に出だした頃から、コールした後に照れ笑いをするような人が増えていったように思う。 中にはコールの後に、ケラケラ声を出して笑う人もいたり。コールはその人の自由だけれども、 ケラケラ笑ったり、冷やかし系のコールはただの迷惑。


さて、本日は篠田麻里子さん生誕公演。
篠田さん、チームA公演は今年に入ってやっと2公演目。

しかし、全然ブランクを感じさせることなく、しっかり踊っていた。
この人はほんとにすごい。ドキュメント映画だったと思うけれども、芸能活動のことを考えて、 お酒は飲まないようにしてるとか。スタイルを見ても、摂生に努めていたり、ジムなどで鍛えてるのかな、 なんて思ったりするわけれども、そういった努力などがあるから、劇場公演が毎回のように久しぶりでも、 ちゃんと踊れるのかなって。首元に汗を光らせて踊る姿は、ほんとにかっこよかった。

生誕祭が始まると、一気に涙が溢れ出した。
生誕コメント自体は短かったけれども、想いがすごい詰まっているように感じられた。
声を震わして話す姿が、とても印象的だった。

25歳。アイドルとしては、だいぶ歳を重ねてしまったのかもしれないが、 AKB48はこれまで幾つもアイドルの既成概念を壊してきたわけで、これからも年齢に捉われず、 AKBで、がんばっていって欲しいなと思う。

麻里子様は、何年経っても麻里子様なんだなって思った、今日の生誕公演でした。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 篠田麻里子







カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ