いつ自分がかわいいって気付いたの?(2011/04/30、昼公演、「目撃者」公演 24回目)

■出演メンバー
新チームA → 岩佐美咲、多田愛佳、大家志津香、片山陽加、倉持明日香、指原莉乃、高城亜樹、仲川遥香、中田ちさと、仲谷明香、前田亜美、松原夏海

9期生(昇格) → 竹内美宥、永尾まりや
10期研究生 → 伊豆田莉奈
11期研究生 → 鈴木紫帆里

前座ガールズ → 森川彩香、名取稚菜、牛窪紗良

[ 「目撃者」公演出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■ポジション
不在Aメン 4名(小嶋陽菜、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子)

小嶋陽菜 → 永尾まりや
篠田麻里子 → 鈴木紫帆里
高橋みなみ → 竹内美宥
前田敦子 → 伊豆田莉奈

■公演前の陰アナ
高城亜樹 「東日本大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「みなさんこんにちは!」客、拍手

「ありがとうございます。いよいよゴールデンウィークが始まりました。 今日はここAKB劇場で楽しんでいってください。間もなく開演です。もうちょっと待ってください。 高城亜樹でした」

■開演前
研究生の森川彩香、名取稚菜、牛窪紗良が上手袖より入場。

牛窪紗良 「毎回「目撃者」公演の前には1曲前座ガールズが歌わせていただきます。 今日はこの3人でお送りします」

名取稚菜 「名取稚菜です」客、拍手
牛窪紗良 「牛窪紗良です」客、拍手
森川彩香 「森川彩香です」客、拍手

名取稚菜 「それでは聴いてください。前座ガールズで、ミニスカートの妖精」客、拍手


◆M00.ミニスカートの妖精 (前座ガールズ)


曲終了後、
森川彩香 「「目撃者」公演始まります」

緞帳閉まる。

◆ オーバーチュアー

◆M01.目撃者 (全員)
◆M02.前人未踏 (全員)
◆M03.いびつな真珠 (全員)
◆M04.憧れのポップスター (全員)

■MC1(自己紹介)
メンバーたち 「イェー」

多田愛佳 「みなさん、こんにちは!」
みんなで 「AKB48 チームAです」客、拍手

多田愛佳 「目撃者、前人未踏、いびつな真珠、 憧れのポップスター、続けて4曲聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日のお題はですね、シロタンさんからいただきました。 上野動物園でパンダが話題になっていますが、みなさんが好きな動物は何ですか? です。ではさっしーからお願いします」


1列目 上手側から順に
指原莉乃 「ハイ、あなたの、あなたの、あなたの指原クオリティー覚醒! 大分県出身、指原莉乃です」

「好きな動物はフレッシュレモンちゃんです。今日もがんばります。よろしくお願いします」

高城亜樹 「ハイ、緑茶、麦茶、烏龍茶、でもやっぱり?」客「あきちゃ!」
「ありがとうございます。高城亜樹です。よろしくお願いします」

「まぁ、みなさん予想はしてると思うのですけど、うちで飼ってるチワワのウィンくんと言いたいところなんですが、 他にも好きな動物がいてですね、実はウーパールーパーとコアラも好きなんですよ」
倉持明日香 「似てる」
メンバーたち 「似てる、似てる」「コアラにめっちゃ似てる」「ウーパールーパーにそっくりや」
高城亜樹 「それはどっちの言葉として受け取っていいのかわかんないけど、今日も一生懸命がんばります。よろしくお願いします」

多田愛佳 「ハ~イ、あなたのハートをズッキンドッキン、心の癒しになりたい、心の天使、らぶたんこと多田愛佳です」

「もちろん犬なんですけど、自分の飼ってるルルちゃんが一番好きですけど、 なんか、こじはるさんがうさみみを撮影の時に連れてきていて、なんかやっぱりちっちゃいワンちゃんってかわいいなって 思ったんで、まぁ、そうですね、お金があったらちっちゃいワンちゃん飼おうと思います」客w

「今日もよろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、チームAでも、私の半分は、優しさでできていま~す」客、ひゅ~
「なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」
多田愛佳指原莉乃 → 「フレッシュレモンになりたいの~」振り
仲谷明香 「あの、フレッシュレモンやめてもらっていいですか?」客w
指原莉乃 「ごめんなさい」
仲谷明香 「ちょっと目に入ったもんで」
多田愛佳 「なりたいの~♪」振り
仲谷明香 「ごめんなさい、ごめんなさい、失礼しました。えーと、何言おうとしたかわかんなくなっちゃった。 私が好きな動物はアライグマと、あとナマケモノです。ナマケモノは私にそっくりだと思います」
他メン「似てる」
仲谷明香 「似てる? 私それプラスに受け取るよ」客w

「だからナマケモノが好きです。ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

倉持明日香 「はい、みなさんこんにちは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私が一番好きな動物は、犬自体はまぁまぁ普通で、小型犬はあんまり好きじゃなくて、 ハスキーが一番、この世で一番好きなんですよ。ほんとにハスキーが見たら触りたいっていう気持ちになるのですけど、 小型犬は見ても触りたいっていう気持ちが一切ないので」客w&反応

「自分絶対かわいいと思ってるじゃないですか、小型犬って」客w

「それがすごい許せないんですよ。それにまんまと引っ掛かる自分が嫌だから小型犬は好きじゃないのですけど。 ちなみに好きな犬のタイプって、好きな男性のタイプらしいです。今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
岩佐美咲 「ハイ、高校2年生、16歳のわさみんこと岩佐美咲です」

「ありがとうございます。おー、みんな元気だ。ということでですね、私の好きな動物は多田愛佳ちゃんです。 愛ちゃんペロペロー、イェー。ということで今日もよろしくお願いします」

永尾まりや 「はい、17歳、高校3年生、永尾まりやです」

「私、ズーラシアにいるオカピっていう動物知ってますか?」
中田ちさと 「聞いたことある」
永尾まりや 「知ってますか? なんか、ほんとに偉くて、ファンサービスみたいな。ぐるぐるちゃんと周ってくれるんですよ。 それで、はい、好きです。今日もよろしくお願いします」

片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ」客、ひゅ~
「アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「私はですね、豆柴かミニうさぎちゃんが好きなんですけど、もしでもティーカップ豆柴みたいなのが出たら」
メンバーたち 「かわいいー」
片山陽加 「ねぇ、絶対かわいいでしょ? でもなんかね、かわいそうな気もするけど、でもいつかティーカップ豆柴が出たら 絶対飼いたいと思います。というわけで今日もがんばっていきます。よろしくお願いします」

中田ちさと 「ハイ、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私はペンギンがすごい大好きなんですけど、片山がよくペンギンみたいによちよち歩くんだよね。 足腰悪いのかわかんないけど」客w
片山陽加 「やめて、そういうなんか、ババア的な発言みたいなさ」
仲川遥香 「○○だからしょうがない」
中田ちさと 「でもそれがすごいかわいいなーと思っていっつも見てるのですけど、 私もお金があったらペンギン飼いたいなーと思います。今日もよろしくお願いします」

伊豆田莉奈 「ハイ、10期研究生の高校1年生、15歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は犬を飼ってるんで、犬が好きなんですけど、あともう1つは乗れる動物が好きで、 馬にしか乗ったことがないのですけど、ゾウとかに乗ってみたいなーと思ってます。はい、今日もよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
松原夏海 「ハ~イ、みなさんご一緒に、うん! みんみんみん、なっつみん! ありがとうございます。 なっつみぃこと松原夏海です」

「私はですね、数ある動物の中で猫が一番好きです。その猫に唯一似てるところはこの目だと思ってるのですけど、 垂れ目ではなく、つり目なんですよ。まぁ、つり目ではなく、猫目と私は言ってるのですけど」客「かわいい!」

「ありがとうございます! 今日もニャンニャン♪がんばります」客、ひゅ~
メンバーたち 「かわいい~」

大家志津香 「はい、できませんは言いません、福岡県から来ました、大家志津香です。よろしくお願いします」

「私はですね、動物大好きなんですけれど、一番好きなのは上野動物園にいるハシビロコウっていう鳥なんですよ。 知ってますか? たぶん知ってる人は知ってるのですけど、このぐらいの身長で、顔の半数がくちばしでできてて、 で、ひと言で言うと謙虚なイケメンみたいな感じなんですけど」客w

「なんかね、謙虚でたかみなさんに顔が似てるんですよ」客w

「ほんと、ほんとに。検索してみてください」
仲川遥香 「動かない鳥だよね?」
大家志津香 「ほぼ動かないんですよ。だからもううち、その前で2時間でも3時間でもずーっと見てて、 動いたら「あー、がんばったねー」と思うのが好きです。ヘビも好きです。ヘビは大好きです」

「というわけで今日も、今日は朝から昼から来てくださってありがとうございます。 みなさん一緒に楽しみましょう。よろしくお願いします」

鈴木紫帆里 「ハイ、シアターを支える3本目の柱になりたい、チーム研究生、しほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私は一番好きな動物は小鹿、バンビなんですけど、でも飼えないじゃないですか。 なんで飼ってみたい動物は、ひよこかペンギンなんですけど。ペンギン飼えますよ」
仲川遥香 「飼えないよ」
鈴木紫帆里 「飼えますよ。テレビでやってましたもん」
仲川遥香 「超でっかいじゃないですか」
鈴木紫帆里 「部屋でがんばって飼育しているみたいなのをやっていたので、ペンギンか、 研究生の川栄李奈ちゃん似のひよこを飼いたいなと思います。 はい、私はちなみにヘビはもう大の苦手です。ハイ、今日もよろしくお願いします」

仲川遥香 「みなさん、こんにちは!」客「こんにちは」

「起きてますか?」客「起きてる」
「はるごんこと仲川遥香です」

「ありがとうございます。はるごんこと仲川遥香です」

「私はですね、、チンパンジーとオラウータンと、あとホワイトタイガーが好きなんですけれど、 チンパンジーはぬいぐるみいっぱい持ってて、すっごいかわいいんですよ。で、グアムで動くチンパンジーのぬいぐるみを 買ったのですけど、電池切れちゃって最近動かなくて寂しいです」

「ということで、なんかもっちぃがハスキー犬が好きということで、私ハスキーなんですけど、 まぁ、それで嬉しかったっていうだけです。今日もよろしくお願いします」

前田亜美 「はい、高校1年生の15歳、あーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私が好きなのは犬とキリンなんですけども、犬は一番好きなのはトイプードルで、 定番きましたって感じなんですけど。キリン似てる?」
メンバーたち 「うん」
前田亜美 「似てる?」
メンバーたち 「うん」
前田亜美 「ア~」客、軽くw

「似てる? でもモノマネできるんですよ、私、キリンの」客、拍手
仲川遥香 「やって。せ~の」
前田亜美 → 口をモグモグと
大家志津香 「ヤバイ」
仲川遥香 「前世キリンだよ、絶対」
前田亜美 「食べ方が似てるっていう、はい、終わりです。今日もみなさん盛り上がりましょう。よろしくお願いします」

竹内美宥 「はい、9期研究生、高校1年、15歳の竹内美宥です。よろしくお願いします」

「私はコアラに似てる・・・」
仲川遥香 「コアラ似てるよね? かわいい」
竹内美宥 「そう、言われるのですけど、やっぱり一番好きな動物はコアラじゃなくて犬なんですけど、 今ミニチュアダックスを飼ってまして、その犬はすごい煩いのですけど、まぁ、かわいいなーと思うので、 次はもうちょっと静かなティーカッププードルみたいな、ちっちゃいかわいい犬を飼いたいなと思います。 今日もがんばります。みなさん応援よろしくお願いします」

松原夏海 「チームA6th「目撃者」公演、本日の公演は以上のメンバーでお送りします。この後はユニットの登場です。 新たなことにも挑戦しているAKB48、みなさんはその目撃者になってください」客、拍手


◆M05.腕を組んで (仲谷明香、多田愛佳、倉持明日香)
◆M06.炎上路線 (高城亜樹、指原莉乃)
◆M07.愛しさのアクセル (片山陽加)
◆M08.☆の向こう側 (中田ちさと、倉持明日香、多田愛佳、岩佐美咲)
◆M09.サボテンとゴールドラッシュ (大家志津香、片山陽加、前田亜美、指原莉乃、松原夏海、仲川遥香)

■MC2
大家志津香、片山陽加、仲川遥香、前田亜美、松原夏海

「イェー」

大家志津香 「ハイ、腕を組んで、炎上路線、愛しさのアクセル、☆の向こう側、サボテンとゴールドラッシュ、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

仲川遥香 「ということで、今日のお題は、もし自分が男の子だったらしたいこと、ものなど。 なんか今日のメンバーけっこう男要素あるじゃないですか」
メンバーたち 「えー?」「ある?」
仲川遥香 「なんかみんな男の子っぽい」
大家志津香 「亜美ちゃんは」
仲川遥香 「ボーイッシュ系じゃない? かわいい方じゃないじゃん」客w&反応
松原夏海 「語弊がある、語弊がある。どういうこと?」
仲川遥香 「じゃなくて、キャハって感じの子と、ボーイッシュみたいな」
松原夏海 「私、才加ちゃん派ってことでしょ? まゆゆではない」
仲川遥香 「まゆゆ派か才加ちゃん派かって言ったら、どっちかと言ったら才加ちゃん派じゃないですか」
片山陽加 「スポーティーな感じがするよね」
仲川遥香 「そうそう。だからなんか、もし自分が男の子になったら」
松原夏海 「全力でモテようとする」
メンバーたち 「あー」
松原夏海 「がんばる、めっちゃ」
メンバーたち 「たしかに」「なるほどね」
前田亜美 「私あれ、髪をこうやってやってみたい。盛りたい」
片山陽加 「ワックス付けて、チリチリ」
前田亜美 「あれおもしろそう」
仲川遥香 「遥香坊主にしてみたい」
大家志津香 「女の人でもいる」
松原夏海 「いるじゃん」
前田亜美 「はるごんの顔で坊主似合うかもしれない」客w
メンバーたち → w
大家志津香 「やってみなよ、今度」
仲川遥香 「ほんと坊主にしてみたくて。小さい頃よく坊主だったのですけど」客、反応
メンバーたち 「えー?」
大家志津香 「どういうこと?」
仲川遥香 「ほんとになんか、ママとかがちっちゃい子って髪の毛やってーって言うじゃないですか。 それが、うち兄弟多いから大変だから、坊主にしてた」
前田亜美 「ウソだよ」
仲川遥香 「だから、写真がけっこう坊主とか、ほんとに短いのばっかで。 こういう女の子だったから、今もこんなんなのかなって」
大家志津香 「今度見せてください」
仲川遥香 「持ってきます」
松原夏海 「見たい見たい」

仲川遥香 「はーちゃんは?」
片山陽加 「私ね、チレリの他にやるとするならば、なんだろうね、なんか腰パンをしてみたい。 なんか男の子と女の子がする腰パンって違う」
松原夏海 「違う」
仲川遥香 「女の子するんだ、腰パン」
片山陽加 「中学校の時にジャージをちょっとさ、オシャレに着こなしたいからちょっと腰パンみたいなのやるけど、 Gパンでちょっとやってみたいよね、腰パンを」
大家志津香 「最近の腰パンってもはや腰パンじゃない」
松原夏海 「腰パンじゃないよね」
大家志津香 「膝パン」
仲川遥香 「もうほんとに、長いTシャツこの辺の着て、この辺まで下げてる人とか、 なんか歩くのがこんなんなってるじゃないですか」客、軽くw
メンバーたち → w
松原夏海 「誰が最初にオシャレだと思ったんだろうね。不思議だよね」
仲川遥香 「調べよう、じゃ~」
松原夏海 「なるほど!ハイスクールで」
仲川遥香 「なるほど!ハイスクールで」
片山陽加 「投稿してみよう」
仲川遥香 「投稿します」

「しーちゃんは?」
大家志津香 「しーちゃんはシャトルランめっちゃ走りたい」
松原夏海 「あーw 懐かしい」
大家志津香 「男子がずーっと走って。シャトルラン男子だけずーっと。うち合同だったんですよ、女子と男子が」
松原夏海 「私も」
仲川遥香 「めっちゃ得意だった」
大家志津香 「でもさ、絶対さ、女子がどんどん減ってって、男子だけ残るやん。それがすごくムカつくの、うち的に。 その体力の差が、うちは。で、なんか最後まで走ったらモテやん」
松原夏海 「モテるけどまだ走ってるの?と思う。すごいよね」
仲川遥香 「遥香1人になった時、1人になったなと思ったらやめる」
大家志津香 「負けたくない精神?」
仲川遥香 「そう、だから1人まで残って、ヘッと思って、ヤッターと思って、それでやめます」
大家志津香 「へー」
仲川遥香 「回数とかより、なんか悔しいじゃん」
大家志津香 「何が?負けたら?」
仲川遥香 「そう」
大家志津香 「悔しい」
仲川遥香 「男の子の方が走れるじゃん」
大家志津香 「えっ?男子に勝ってたの?」
仲川遥香 「うん」
メンバーたち → 反応
片山陽加 「いつの時?」
仲川遥香 「中学生の時」
松原夏海 「すごい」
大家志津香 「へー、ヤバッ」
松原夏海 「スポーツテストとかいい点数だったの?」
仲川遥香 「もう体育はいっつも5でした。体育は!5でした」客w
松原夏海 「体育は」

前田亜美 「はい。学ラン着たいの」
仲川遥香 「あー」
大家志津香 「学ラン着てるとこ見たことある気がするけど」
前田亜美 「普通にそれで学校に行きたい」
大家志津香 「あー、それでね」
前田亜美 「そう」
仲川遥香 「第二ボタンください、みたいな」
大家志津香 「あー、言われたい」
メンバーたち 「言われたい」
仲川遥香 「第二ボタンください」
前田亜美 「誰にあげようかな、みたいな、その気持ちになりたい」
大家志津香 「あとあれしたい。遊園地とかでパレード見て、なんか「君の方がキレイだよ」って言いたい」客w
メンバーたち → w 「くさい」
大家志津香 「だって絶対言うとこないやん」
松原夏海 「何かにおいて言えば」
仲川遥香 「こういう感じでしょ?(小声で)「君の方がキレイだよ」みたいな」
大家志津香 「そんなにコッソリしてないけど」
メンバーたち → 軽くw
松原夏海 「爽やかにね」
大家志津香 「爽やかにいきたいと思います」

片山陽加 「というわけで、この公演ではいろいろなことに挑戦してるのですけど、 この公演でいろいろな、もしかしたら男の子っぽい表情していたり、 セクシーな表情していたり、いろんな表情が見れると思うので、そこもチェックしてみてください」

「それでは後半戦この曲から、どうぞ」客、拍手


◆M10.美しき者 (全員)
◆M11.アイヲクレ (全員)
◆M12.摩天楼の距離 (全員)
■MC3
前半:仲谷明香、倉持明日香、竹内美宥、多田愛佳、高城亜樹、中田ちさと、片山陽加、大家志津香

「イェー」

倉持明日香 「ハイ、美しき者、アイヲクレ、摩天楼の距離、続けて3曲聴いていただきましたが、 みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

倉持明日香 「今日はですね、ちぃちゃんからお題発表」
中田ちさと 「私?」客「おっ」

「なんて言えばいいんだろう。えっと、美宥ちゃんへの質問コーナー」客、拍手

「最近ね、美宥ちゃんステージに一緒に立って」
竹内美宥 「はい」
中田ちさと 「ここだと1人なんだよね」
大家志津香 「学生さんが」
中田ちさと 「そうそう」
大家志津香 「いろいろ聞きたい」
中田ちさと 「違う違う、チーム研究生の子がここで。今日出てるのが」
大家志津香 「学生さんとか言ってた」客、軽くw
メンバーたち → 軽くw
仲谷明香 「なるほどね、質問をね」
中田ちさと 「そう。逆に美宥ちゃんもうちらになんか質問あったら」
竹内美宥 「質問ですか? あの、チームAさんってすごい大人っぽいなと思うんですよ。 で、やっぱりなんか美宥、子供っぽいって言われてて、やっぱり人間って」
倉持明日香 「えっ?話長くなる?」
仲谷明香 「深いところまで・・・」
竹内美宥 「なんか人間ってみんな成長するじゃないですか。どうやって外見っていうか、大人っぽくなれるのかなと思って」
メンバーたち 「あー」「なるほどね」
倉持明日香 「美宥ちゃん今何歳?」
竹内美宥 「今高1です」
中田ちさと 「若いな」
倉持明日香 「若い。高1だったら子供っぽくていいよね」
中田ちさと 「まだいいよね」
仲谷明香 「大人が語るねw」客w
メンバーたち → w
片山陽加 「あれだよ、ほんと後悔するよ」客w → 拍手
仲谷明香 「何?何?」
多田愛佳 「なんで後悔するの?」
倉持明日香 「はーちゃんの言葉なんか重いよね」
仲谷明香 「なんかあったの?」
片山陽加 「笑い飛ばして欲しいんだけど、私もね、小学校中学校の時はすごい歳より幼いって言われてたの。 だけど今じゃ、このザマ」客w → 拍手
仲谷明香 「このザマって」
片山陽加 「だから、いつまでもね、やっぱり若いって、フレッシュっていう新鮮なイメージでいられるからさ」
中田ちさと 「あんまり意識しないでいけば自然に子供から大人になって、ちゃんとババアになってくんだけど」客w
メンバーたち 「ババアって何?」
中田ちさと 「子供からいきなりババアにガクっていっちゃったから」
片山陽加 「そう。急にね、ある時点から、老けていっちゃうかもしれないから、そのままでいいよ、美宥ちゃん」
竹内美宥 「でもなんか、このまま成長できるの待ってて、ほんとに大人になれるかなってすごい不安なんですよ」
大家志津香 「なんかカウンセリングコーナーみたい」客w
メンバーたち → w 「たしかに」
大家志津香 「質問というより」
中田ちさと 「うちにははるごんがいるから大丈夫と思うよ」
メンバーたち 「そうだね」
倉持明日香 「でもはるごんも今大人計画中だからね」
仲谷明香 「そうだね」
竹内美宥 「じゃ~、一緒に」
高城亜樹 「あとさ、この公演やってれば大人っぽい曲とかも多いから、やってくうちに」
多田愛佳 「私も大人になったから。たぶんね」
仲谷明香 「なるほどね。じゃ~、順調に育ってくださいとw」

多田愛佳 「じゃ~、うちらから何か質問」
高城亜樹 「はい」
多田愛佳 「どうぞ」
高城亜樹 「美宥ちゃん訊いていい?」
竹内美宥 「はい」
高城亜樹 「いつ自分がかわいいって気付いたの?」客、ひゅ~
メンバーたち → 反応
高城亜樹 「私すっごい美宥ちゃん好きでね、この前打ち明けたんですよ、美宥ちゃんに。 「私美宥ちゃん好きなんだよね」って。チームヤンマガ7で一緒に活動させてもらってるのですけど、 その時初めて美宥ちゃんに直接言えたのね。それからずっと気になったことは、 美宥ちゃんってずっとかわいいんだろうなと思って、いつ自分のかわいさに気付いたんだろうと思って」
中田ちさと 「すごい質問」
倉持明日香 「すごい質問。なんて答えればいいかわかんない」
竹内美宥 「あのでも、自分あんまかわいい、でもな、なんかな・・・(照れる)」客、ひゅ~
メンバーたち 「かわいい!」
高城亜樹 「めっちゃかわいい、どうしよう」
倉持明日香 「生まれた時からかわいい」
中田ちさと 「そう、生まれつき」
大家志津香 「羨ましいね」

「イェー」次のメンバー入場。

高城亜樹 「美宥ちゃんかわいかった」

メンバーチェンジ。

後半:松原夏海、永尾まりや、岩佐美咲、伊豆田莉奈鈴木紫帆里、前田亜美、指原莉乃、仲川遥香

指原莉乃 「さー、ということで本日のお題はわさみんが考えてくれました」
岩佐美咲 「ハイ」
指原莉乃 「わさみんどうぞ」
岩佐美咲 「ハイ、今日のお題は最近ショックを受けたことです」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

指原莉乃 「ショックなこといっぱいありますからね」
メンバーたち 「いっぱいある」
前田亜美 「はい」
指原莉乃 「亜美ちゃん」
前田亜美 「さっしーがフレッシュレモン推しになった」客、反応
仲川遥香 「えっ? さっしーって新しい後輩が入るとすぐ推し変する」
指原莉乃 「お前ら、「推し」と「好き」は違うんだよ!」
岩佐美咲 「さっしー違うの、新しいもの好きだから」
仲川遥香 「そう」
指原莉乃 「でもフレッシュレモン好きです。亜美も好きだし愛ちゃんも好きだしフレッシュレモンも好き」
メンバーたち 「みんな好き」「DD」

指原莉乃 「じゃ~、他ある人?」
仲川遥香 「はい」
指原莉乃 「はるごん」
仲川遥香 「あの、お風呂に入ろうと思って、お風呂の水溜めようと思って溜めてて、 10分くらいして、まだかなーと思って見に行ったら全然溜まってなくて、気付いたらフタが入ってなかった」
メンバーたち 「あるある」
仲川遥香 「あるよね?」
誰か「すっごいある」
仲川遥香 「で、考えたのは「うわっ、水道代もったいない」と思って」
指原莉乃 「その時シャワーだけでいいやってなる」
仲川遥香 「そう、なるし、なんか、ハァ~ってなる」
指原莉乃 「ヤバイね」
岩佐美咲 「主婦みたいだね」
仲川遥香 「それね、あっちゃんに「ファッションださい」って言われるよりショックだった」客w
指原莉乃 「前田さん最近はるごんに厳しいからね」
仲川遥香 「そう、それよりショックだった」
松原夏海 「だって今日もオシャレなキッチンみたいなね、柄のね」
岩佐美咲 「そうそうそう」
指原莉乃 「何? オシャレな?」
松原夏海 「パステルの水色に白いドット柄っていう」
指原莉乃 「やめて、それはるごんが気に入ってる服なんだから」
仲川遥香 「そうだよ。3年前から着てるんだから」客w
指原莉乃 「お気に入りなんだから、はるごんはそれ」
仲川遥香 「そう、そうだよ」

指原莉乃 「ある人いますか?」
鈴木紫帆里 「はい、私、家電系が続いちゃうんですけど、洗濯物を洗う時に、 ティッシュペーパーとかがポッケに入ってるまま洗濯しちゃうと、もう洗濯物が大変なことになっちゃう」
松原夏海 「めっちゃ怒られるよね」
鈴木紫帆里 「それがすごい凹みました、この間」
指原莉乃 「白いのがいっぱい付いちゃうんだよね」
鈴木紫帆里 「そうなんですよね、細かいのが」
指原莉乃 「ショックですねー」
仲川遥香 「ショック!。。」客w
指原莉乃 「じゃ~、次」

岩佐美咲 「私は、そうですね、去年からウサギ飼ってるんですよ。 ウサギと言えばニンジンじゃないですか。絶対ニンジン食べるだろうと。 で、そろそろ何でもあげて平気だってなった時に、「よし、ニンジンをあげよう」と思って、あげたんですよ。 食べないんですよ」
指原莉乃 「えー?」
岩佐美咲 「うちのウサギ、ニンジンが嫌いで」
メンバーたち 「えー?」
岩佐美咲 「それにショックを受けました」
指原莉乃 「それウサギじゃないんじゃないの?」
岩佐美咲 「ウサギです」客、軽くw

「すごいショックでした。こんなんウサギじゃないって」
指原莉乃 「思ったの?」
岩佐美咲 「思っちゃったね」
仲川遥香 「ショックだねー」
指原莉乃 「なんで入ろうとするの?」客w

「いいよ。他ある人いますか?」
前田亜美 → 挙手
仲川遥香 「亜美ちゃん」
誰か → 2回目
指原莉乃 「いいことだけどね」
前田亜美 「さっき、着替えてる時に、机の上に衣装置いてあるんですよ。 下のもの取ろうとしたら、アゴぶつけて、アゴ割れちゃったんですよ」
指原莉乃 「そう、ここ1コ新しい膨らみができて、なんかケツアゴみたいになっちゃって」客w
岩佐美咲 「ほんとに?」
指原莉乃 「今マイクで隠してるからわかんないけど、若干ケツアゴだから注目してみてください」
前田亜美 「なっちゃったんです」

指原莉乃 「最後いずりなちゃん」
伊豆田莉奈 「はい。あの私はいっつも電車とか乗る時に調べとくんですけど、その調べたやつの1コ前の電車に乗ったりすることが 多くて、それに乗ろうとしたんですけど、飲み物を買いたくて、コンビニに行ったんですよ。そしたら、 「ポイントカード作りますか?」みたいなの言われて、「時間ないんで作らなくていいです」って言ったのに 「じゃ~、作ります」って言われて作られちゃって」
メンバーたち 「えー?」
伊豆田莉奈 「電車に乗れなかったんですよ」
指原莉乃 「まりやぎ起きてる?大丈夫?」客w
永尾まりや 「だ、大丈夫です」
指原莉乃 「微動だにしないからビックリした」
岩佐美咲 「悟りを開いてたけどね」客、軽くw
仲川遥香 「もうけっこう最後だけどね」
指原莉乃 「そんな、最後まりやぎ一番ショックなこと言って終わろう」
永尾まりや 「えっとですね、えっと、えー、電話をした時にカツゼツが悪過ぎてよくわかんないって言われました」
指原莉乃 「(間髪入れずに)ということでチームAよろしくお願いします」客w
メンバーたち 「よろしくお願いします」客、拍手

松原夏海 「私たちにはそれぞれ夢があります。今何をしてるんだろう? 今やれることってなんだろう?って 時々考えます。それでも私たちは夢に向かって伸びている道を歩き続けます。 それでは最後の曲です。聴いてください」

→ 他のメンバー入場

松原夏海 「命の意味」


◆M13.命の意味 (全員)

■アンコール


◆M14.I'm crying (全員)
◆M15.ずっと ずっと (全員)


■MC4
仲谷明香 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

仲谷明香 「I'm crying、ずっと ずっと、2曲続けて聴いていただきました。いかがでしたか?」客、拍手

指原莉乃 「ありがとうございます。これからもステージに立つ16人全員の本気をみなさんにお見せできるよう がんばっていきますので、チームA、チーム研究生、そしてAKB48の応援よろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

指原莉乃 「それでは本当に最後の曲です。聴いてください。Pioneer」


◆M16.Pioneer (全員)


曲終了後、
仲川遥香 「はい、今年AKB48は今回の震災と向き合いながら活動していきます。 そしてそのプロジェクトを「誰かのためにプロジェクト」として活動します。 今回の公演も節電の一環として、照明を半分に減らし、そしてセリも使わずに公演を行いました。 だけどみなさんのお陰でいつもより盛り上がる公演ができました。ほんとにありがとうございます」
みんなで 「ありがとうございます」客、拍手

高城亜樹 「そのプロジェクト名にもなっている「誰かのために」という曲があります。 今日はこの曲をチームAで歌わせていただきたいと思います」

「聴いてください。誰かのために」


◆M17.誰かのために (全員)


曲終了後、
片山陽加 「本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

片山陽加 「この後ロビーでみなさまをハイタッチでお見送りしたいと思います。係員の指示があるまで劇場内にてお待ちください」

「そしてハイタッチの準備の間、みなさまには「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」政見放送をご覧いただきたいと思います。 毎公演各メンバーの選挙放送の映像が流れますのでぜひチェックしてください。さらにユーチューブでも政見放送の映像を ご覧いただけるようになりましたので、そちらもぜひよろしくお願いします」

指原莉乃 「そしてそしてそして、5月25日に私たちのニューシングル「Everyday、カチューシャ」が発売になりましたー。イェー」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

指原莉乃 「そして、そのミュージッククリップが完成したので、本日はみなさんにご覧いただきたいと思いますー」
多田愛佳 「まだされてないです」客w
仲川遥香 「まだ発売されてないよ」
多田愛佳 「されましたって言いましたよ、今」
指原莉乃 「されてはございません。されてないのですけど、発売することになりました。 今回は「踊る大捜査線」を手がけている本広監督に監督をしていただきました。 それではそちらをご覧を、全部忘れた」客、軽くw

「もう全部忘れた」
多田愛佳 「見ていただいて」
指原莉乃 「見ていただいてね、私たちはご挨拶をしましょうかね」客w

メンバーたち 横一列手繋ぎ挨拶 → お辞儀「ありがとうございました」

手を振りながらハケる。

BGM → 目撃者

公演終了。


■22ndシングル選抜総選挙政見放送 上映
(55) SKE48チームKⅡ・後藤理沙子
(56) SKE48チームE・小林亜実
(57) NMB48チームN・近藤里奈

■21stシングル「Everyday、カチューシャ」MV上映

■ハイタッチ会
ロビーにて、メンバー全員と。劇場扉側からチームAメンバー&研究生、五十音順に並ぶ。(※ 前座ガールズを除く)


■率直な感想
入場規制がかかり、ロビーに見学客はほとんどいなかった。抽選前は静かだった。

小嶋陽菜さん、篠田麻里子さん、高橋みなみさん、前田敦子さんの4名が不在。

曲中のコール、声援は少なかったように思ったけど、手拍子はいつもより多目だったように感じた。 曲後の拍手は、なんだか温かいといった感じだった。

大家志津香さんとか指原莉乃さんなど、まだ体力戻ってないような感じ。
徐々に「目撃者」公演も増えてきており、これからといったところでしょうか。

M10「美しき者」のセリフ、元から聞き取り辛いのであるが、
今日は片山陽加さんのセリフが、声が割れてしまう感じで、ほとんど聞き取れなかった。
指原莉乃さん、倉持明日香さんのセリフは割りと聞き取れた。

毎回出演メンバーは違うわけだけれども、全体曲でのダンスはだいぶ粗が取れてきたように感じた。 少しスッキリしたという感じがした。

ダンスに関しては、研究生含め「16人全員の本気」が感じられた。

MCについては、永尾まりやさんが指原莉乃さんに「まりやぎ起きてる?」と突っ込まれたり。
さすが指原さん、目の付け所がいいなって感じで笑いは起こったけれども、突っ込まれた方の永尾さんは、 隙が多いなって。クオリティの差ではなく、 意識の差という点がやっぱり問題。永尾さんだけではなく、研究生の子は隙のある子が多い。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 竹内美宥片山陽加







カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ