FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

SDN公演再開(2011/04/02、夜公演、SDN48 1st 213回目)

■出演メンバー
穐田和恵、今吉めぐみ、梅田悠、浦野一美、大河内美紗、大堀恵、 加藤雅美、河内麻沙美、近藤さや香、佐藤由加理、芹那、チェンチュー、 西国原礼子、野呂佳代、三ッ井裕美

なちゅ、小原春香、手束真知子 2期生 → 谷咲伴美

[ 今月の出演メンバー ]

■休演
1名休演(畠山智妃)

畠山智妃 → 谷咲伴美

※旧・伊藤花菜ポジション → 小原春香

■公演前の陰アナ
野呂佳代 「東北関東大震災で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます」

「3月29日から劇場公演が再開になりました。今日はみなさん、私たちと一緒に盛り上がって元気になってください。 なお、本日の公演は節電のため舞台演出を変更して行います。みなさんご理解ご協力よろしくお願いします」

「それでは間もなく開演です。もう少々お待ちください。今日はよろしくお願いします。野呂佳代でした」客、拍手

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.Saturday night party(白5人=穐田和恵、チェン・チュー、加藤雅美、谷咲伴美、大河内美紗)

◆M2.Never!(赤5人=佐藤由加理、野呂佳代、今吉めぐみ、河内麻沙美、芹那+白5人)

◆M3.Black boy(紺=小原春香、近藤さや香、西国原礼子、浦野一美、梅田悠、大堀恵、手束真知子、三ツ井裕美+赤5人+白5人)
ステージ下り → 芹那加藤雅美


■MC1(自己紹介)
加藤雅美 「みなさん、こんばんは」
みんなで 「SDN48です」客、拍手

加藤雅美 「今晩も始まりました。SDN48、誘惑のガーター公演。Saturday night party、Never!、Black boy、3曲お聴きいただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「今日のお題はSDN公式モバイルサイトに投稿していただいた、ニックネーム・タックン34さんからで、 みなさんの元気が出る曲は何ですか?というお題です。 それでは1人ずつ自己紹介を兼ねてよろしくお願いします」

1列目(上手側から)
手束真知子 「私が元気が出る曲は、ウルフルズさんのガッツだぜ!! です。 初めて買ったCDでもあるので、とっても思い出のある曲です。今日はガッツで踊りきりたいと思います」

小原春香 「私はチームPBの遠距離ポスターです。みなさんにそのように思われる女性になりたいなと思います。 今日はみんなを虜にしてい帰りたいと思います」

加藤雅美 「私はこの後、実際に披露させていただく公演曲のガンバリーナです。 みなさんを「♪ガンガンガン、ガンバリーナ」と応援する曲なので、みなさんも恥ずかしがらずに 振りをやって欲しいなと思います。今日は元気、愛をお届けしたいと思います」

穐田和恵 「私はJUDY AND MARYのそばかすです。バンドを高校生の時に組んで、 初めてライブで歌った曲です。元気になれる曲やなと思って、元気ない時に聴いてます」

大河内美紗 「アニメの「君に届け」、セカンドシーズン・エンディングの君に届け...です。 人に想いを届ける時、すごいパワーを生み出すと思いました。今日は想いが届くようにがんばります」

佐藤由加理 「私が聴くと元気になる曲は、私よくGReeeeNさんの曲を聴くのですけど、っていう曲がすごい好きで、 元気ない時によく聴いて元気を出してます。チャゲ&飛鳥さんのYAH YAH YAHが一番テンション 上がりますね」

以上、ハケる。
2列目(上手側から)

野呂佳代 「みなさん、この劇場で会うの久しぶりです。なにぬね!?」客「ノンティ!」 → 声援

「ありがとうございます。嬉しい」客w

「1つは、見事に由加理さんと被りました、YAH YAH YAHで、2人でよくカラオケで締める」客w

「日によって違うのですけど、今は言い訳Maybeです。なぜかというと、 一番辛い日で」客w

「今日みたいな日に自虐ネタでみなさんを笑わすのが一番かなと思って」客w

「冷め切ってしまったのですけど、私は私らしくがんばります。みなさんついてきてください」
チェン・チュー 「私はよく赤いジャージ、青いジャージを着て、ギターを持って、♪なんでだろ~」客w

「私、日本に初上陸した時に」客w

「その方々が大人気で、いつの間にやら見なくなって」客w

「日本の芸能界は大変だなって思いました。たまに見ると、がんばろうと思います」

近藤さや香 「私はやっぱり鉄板の松浦亜弥さんの、Yeah!めっちゃホリディ♪」振り&ポーズ?

「今の見なかったことにしてください」客w

「あの曲、あややの大ファンなので、元気ない時に酔っ払ってカラオケに行くと歌います」客w

西国原礼子 「お久しぶり! 秋葉原! 西国原礼子です」客、声援

「みなさんの笑い声を聞くと安心するお母さんです」客、軽くw

「私はこう見えて、嵐のLove so sweetが大好きです」客、ざわw

「なんでざわざわなの?」客w

「私のiPodには山Pとか入ってます。ほんとに元気が出るんですね、ジャニーズの曲って。。そうですよ、イケメン好きです」客w

今吉めぐみ 「私は浜崎あゆみさんのAUDIENCE、AUDIENCE?(訛る)」客w

「「さあ両手を広げて一緒に手を叩いて歩こう」という歌詞を聴くと、愉快な気分になります」

三ツ井裕美 「私は小学生の時に聴いた曲、安室奈美恵さんのDon't ○○ cryです。元気が出るし、歌をやろうと思った きっかけになった曲です。今度は私がみなさんに元気を与えられるようにがんばります」

以上、ハケる。
3列目(上手側から)
河内麻沙美 「私は小学校2年生の頃に聴いた、安室奈美恵さんの太陽のSEASONが すごい元気になる曲です。今日はみなさんにたくさんのパワーが届くようにがんばります」

浦野一美 「ハイ、久しぶりです、浦野一美です。よろしくお願いします」

「会えた~」客、軽くw

「嬉しい。私は大好きなノースリーブスのRelax!が大好きなんですね。 でも、それより年下の渡り廊下走り隊の完璧ぐ~のね、 ♪ぐ~のね出ないくらいに」某客(メトロ氏)「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」

「この先もあるのですけど、自粛します」客w

「今日は楽しんでいきましょう」

梅田悠 「私はDREAMS COME TRUEさんの何度でもを聴くと元気が出ます。 途中で叫ぶところがあって、そこで叫ぶとストレス発散になります」

大堀恵 「お久しぶりぶり~」客、w → ひゅ~

「めーたんこと大堀恵です」

「私はチームKの、あん~っ」客w

マンモスって曲ご存知ですか? どんなことがあっても立ち向かってがんばるという曲で、 何かあった時、聴いてるので、ぜひみなさんも聴いてみてください」

芹那 「私は日本むかしばなしのオープニングかエンディングか忘れたのですけど、熊の子見ていたかくれんぼ~♪という 曲があるのですけど、小さい時からその曲を聴いて、人間で良かったなーと思って」客w

「凹んだり挫けた時に聴いて、歌って、人間で良かったなと思います。大人になって聴いたら改めていい曲だなって思いました」

谷咲伴美 「1期生公演にお邪魔します。でも邪魔にならないようにします」

「私はマイケル・ジャクソンが大好きで、マイケル・ジャクソンの曲なら何でも好きで、 聴くと温かい気持ちになれるし、平和な気持ちになれます。中でもBlack or Whiteは、 前奏から盛り上がって、チャララララ~、フォー!」客w

「テンション上がるので、みなさんも聴いてみてください。今日はみなさんが元気になる公演にしたいと思います」

大堀恵 「それではみなさん、今夜は素敵な夜にしていきましょう。どうぞ」


◆M4.誘惑のガーター(穐田和恵、加藤雅美、佐藤由加理)

◆M5.I'm sure.(小原春香、大河内美紗)

◆M6.オールイン(チェン・チュー、野呂佳代、西国原礼子、近藤さや香、今吉めぐみ)

◆M7.じゃじゃ馬レディー芹那(赤=畠山ポジ)、大堀恵、浦野一美、手束真知子(ピンク=芹那ポジ)、梅田悠、河内麻沙美)


■MC2
なちゅ、大堀恵

曲終了後、
大堀恵 → ステージに残る

なちゅ → 下手袖より登場

「チョリ、チョリ・チョリ。みなさん準備はいいでしょうか?」

「左側のお客さん全員で、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」
なちゅ 「すごいパワーですね。ありがとうございます」

「右側のお客さん、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」
なちゅ 「すげー」

「サルオバサン、チョリーッス!」客w サルオバサンこと西山さん → 笑顔(上手花道前) 「真ん中のお客さん、チョリーッス!」
客「チョリーッス!」
なちゅ 「ありがとうございます」

「わたくし、SDN48の、な・な・な」客「な!」
「なちゅです!」客、拍手

「お久しぶりです。いいですね、ありがとうございます。それでは今日はもう1人」
芹那 → 上手袖から登場。「イェー」じゃじゃ馬レディーのムチを回しながら
大堀恵 「私のムチを。まぁ~」
なちゅ 「自己紹介いいですか?」
芹那 「ハイ、芹那です」客、拍手
なちゅ 「今日はじゃじゃ馬レディーで珍しい組み合わせで」
芹那 「そうなんですよ」
なちゅ 「せりちゃんがムチでめーたんに追いかけられるという」
大堀恵 「ちゃきはほんとにドMじゃん」客w
芹那 「めーたんの顔がイキイキしてて。いつもそんな顔で追いかけてるんだなって思った」
大堀恵 「ちゃきとは違うアドレナリンが出ました」
芹那 「お返しした方がいいですか?」 → 大堀にムチを渡す
大堀恵 「ムチってこうするの!」 → 床を思いっきり、バチン!と叩きつける

なちゅ 「私やっとですね、10キロ痩せましたので、ご報告したいと思います」客、拍手
大堀恵 「エイプリルフール終わったよ」
なちゅ 「過ぎましたけれども、違いますよ。SDNに入るオーディションの時から16キロ痩せました。 70キロ以上あったんですよ。そっちの方がビックリですけど」
芹那 「見た目も変わった」
なちゅ 「エコでしょ?」客w

「エイプリルフール、めーちゃんはどうでしたか?」
大堀恵 「本当にありがたいお仕事をみんなでさせていただいて。情報解禁まだなので言えないのですけど。 ふとゆかりんが「めーたん、これドッキリじゃないよね?」って。それぐらい嬉しいお仕事で。 「これってネ申?」とか「AKBいるの?」とか。まだ解禁するまでわからないのですけど」
なちゅ 「みなさんには期待していただいて」

「せりちゃんはエイプリルフールは?」
芹那 「全然ウソつかなかった。ずっと寝てた」
なちゅ 「せりちゃんはこういうイベントごと好きそうだけどね」
芹那 「私、ウソついてたじゃん」客w

「そのトラウマ的なことがあったので・・・」
なちゅ 「お客さんの方がトラウマだよ! 年齢詐称のことでしょ?」

「今日は珍しいメンバーですね。さきほど加藤が元気が出る曲と言ってましたが、 お客さんも一緒に盛り上がっていただいていいでしょうか? SDNコール!」

芹那 → 下手側
なちゅ → センター
大堀恵 → 上手側

説明中、
なちゅ 「めーたんがそっちでバシッてやりますので」客w

「1つになってまいりましょう」

説明後、
芹那 「SDN!?」
客「ガンバリーナ!」
大堀恵 「SDN!?」バンッ(ムチで叩く)
客「ヤッチャリーナ!」
3人で「SDN!?」
客「ガンバリーナ!」

なちゅ 「マジ一体感。いっちゃリーナ!」


◆M8.ガンバリーナ

◆M9.普通のあなた

◆M10.Best by・・・


■スクリーン(3分トーク)
西国原礼子 「みなさん、こんばんは。公演は楽しまれてますでしょうか? 西国原礼子です」

「もしもSDNメンバーの誰かに1日だけなれるとしたら、何をしたいか? というのをみなさんと一緒に考えていきたいと思います」客w

「くだらないのですけど、やってる方は楽しいです」客、軽くw

「いつもハイヒールを履いて、私ちっちゃくないよって無理してる梅田悠になったら、ペッタンコの靴を履いてやって、 思い切り小さくなって、モテてやりたいと思います。決して背伸びはしません」

「甲斐田樹里は、(いくら食べても太らないので)直接肉を体に付けてやりたいと思います」客、軽くw

「意外とシャイな野呂さんになったら、「そろそろディズニーデートに行かない?」ってレイチェルを誘います」客w

「レイチェルの答えは「春になったら」かな」

「なちゅになったらナチュラルメイクにして、彼氏を作りたいと思います」

「芹那は・・・」聞き取れず

「ついつい女の子を誘ってしまうめーたんになったら、本気で芹那にかぶりつきたいと思います」客w

「プリンが大好きで、絶叫リアクション王のちゃきになったら、クールになって、目の前にプリンがあっても 「豆腐がいい」って言います」客w

「ミュージカルが大好きで、キャッツキャッツ言ってる加藤雅美になったら、間違えてドッグのメイクをしたいと思います」客w

「ハーフに憧れて、ジョセフィーヌと言っていた「きちこ」に生まれ変わったら、フランス系のハーフになって、 今度は純日本人に憧れるあれです。めんどくせー」客w

「こんな感じで楽しんでいただけましたでしょうか?」客、拍手

「私は楽しかったです」客、拍手

「それでは最後の曲です。愛されるために」


◆M11.愛されるために


曲終了後、
加藤雅美「本日は誘惑のガーター公演にお越しいただき、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手 → ハケる


■アンコール


◆EC1.孤独なランナー
飛び出し → 佐藤由加理

◆EC2.逃避行


■MC3
野呂佳代 「本日はみなさん、SDN48、誘惑のん、ガーター、、、」客w

「もう1回。本日はみなさん、SDN48「誘惑のガーター」公演、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「今日の2人1組は私、野呂佳代と」
小原春香 「ハイ、かきくけ小原春香です」客、拍手

「なんでノンティ言わなかったの?」
野呂佳代 「誘惑のん、って言ってしまい、申し訳なかったので・・・。ということで、よろしくお願いします」
小原春香 「よろしくお願いします」客、拍手

野呂佳代小原春香 → センターへ

野呂佳代 「巷ではパンダが」
小原春香 「上野に来ました」
野呂佳代 「見に行った方いますか? 手を上げ辛いですね」客w

「パンダちゃんも張り切って公開されてて、シンシンとリーリー」
小原春香 「どっちが男の子?」
野呂佳代 「シンシンが女の子で、リーリーが男の子です。シンシンとリーリー」
浦野一美 「シンディ?」
野呂佳代 「もうちょっと後のネタで出てきますので」
小原春香 「シンシンは」
浦野一美 「呼んだ?」
野呂佳代 「黙っててもらっていいですか?」客w
小原春香 「リーリーの方から」
野呂佳代 「リーリーは男の子の方で、食欲旺盛で、とっても活発な子」
小原春香 「詳しいですね」
野呂佳代 「任せてください。シンシンは」
浦野一美 「シンディ?」
野呂佳代 「もういいでしょ? 女の子で、食欲旺盛で、丸顔で」
小原春香 「あれっ? シンシンもリーリーも食欲旺盛?」
浦野一美 「ノンノンは?」
野呂佳代 「それは後で出るから」客w

「どうすんだよ。シンシンは丸顔で負けん気が強くて、打たれ強いんだって。 なんで、このメンバーで言うと、シンディみたいなんだって」
浦野一美 「・・・やめてよ。ノンノンは?」
野呂佳代 「それは後で出てくるの。黙っといて。佐藤さん、シンディの横にいて黙らせてください」
小原春香 「初期メン同士で」

「たしかに上野駅にグッズがあったり、食べ物もパンダの形したものとかあったり」
野呂佳代 「そう言えば春ちゃんはパンダのポシェット持ってたよね」
小原春香 「なんで今言うの? そのポシェットはノンティが必死に選んでくれて」
野呂佳代 「お店に6コ8コ9コくらいあって」客、軽くw

「その中から選んで」
小原春香 「ノンティが選んでくれて嬉しかったのですけど、2日後になくしちゃって」
野呂佳代 「すごい一生懸命選んだのに」
小原春香 「だから、今度上野にパンダのポシェットを買いに行こうよ」
野呂佳代 「いいの?逆に」客w

「チームKの時、パンダの着ぐるみを着てて、やってたから」
小原春香 「えっ? もしかして、ノンノン?」客w

「SDNのこの劇場にもパンダがいました!」
野呂佳代 「パンダと言えば中国。SDNにもゆかりある」客「ゆかりん?」

「ゆかりんは出てこないです」
小原春香 「チェンチェン?」
野呂佳代 「チェンチェンもいるし」
小原春香 「チェンチェンもいました。シンシン、ノンノン、チェンチェン、3人も」
野呂佳代 「3人?」客、軽くw

「3匹いますね。この劇場、今でも十分に活気あるのですけど、ノンノン、シンシン、チェンチェンいるので、 みなさんぜひ一緒に見に来て」
野呂佳代小原春香 「チュセヨー」
野呂佳代 「って、韓国語やん。。。」客、軽くw&拍手
小原春香 「拍手いただきました」
野呂佳代 「拍手いただいて、気分よく終わることができました」

加藤雅美 「ありがとうございました」客w

「それでは続いての曲です。聴いてください。ヴァンパイア計画」


◆EC3.ヴァンパイア計画


野呂佳代 「みなさん、本日は来ていただいてありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

野呂佳代 「今年SDN48は今回の震災に向き合って活動していきたいと思います。 そしてそのプロジェクトとして、「誰かのためにプロジェクト」をAKB48と共にスタートしていくことになりました」

「今日の公演も節電の一環として、電気は少ししか使わずに、セリは使わなかったのですけど、 来てくださったファンのみなさんのお陰で、いつも通り活気のあるステージになったと思います。 本当にありがとうございます」客、拍手

佐藤由加理 「そして、この今回のプロジェクト名にもなっている「誰かのために」という曲があります。 この曲はチームA3rdステージの表題曲となっています。本日はその曲を私たちSDN48で歌わせていただきたいと思います。 それでは聴いてください。誰かのために」


◆EC4.誰かのために

曲終了後、
加藤雅美 「本日はお越しくださいまして誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

加藤雅美 「私たちから感謝の気持ちを込めまして、みなさんをハイタッチで お見送りしたいと思います。この後は係員の指示に従ってお待ちください。それでは挨拶しましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」 某客「MIHOちゃ~ん!」客、ざわw メンバーたち → 横一列挨拶「ありがとうございました」言いながらハケる。

BGM → 誘惑のガーター

公演終了。


■ハイタッチ会
終演後にハイタッチ会。ロビーにて。メンバー全員と。


■メモ
・立ち最前にカメラ

■率直な感想
劇場公演再開後、初のSDN48公演。
本日は1期生公演。休演は1名のみ。畠山智妃さんが休演で、2期生の谷咲伴美さんが出演した。

今日は上手側、センターが半分ほど見える席。あくまで上手中心に見た感想ということで。

SDNメンバーは歳を重ね、大人な分、いろいろと思うこともあったのかなって。
序盤はちょっと曇った感じの表情をしたメンバーが多かったように思う。

移籍組、AKB48の1期生、浦野一美さんや佐藤由加理さん、それに2期生の野呂佳代さんなど、 公演を通して、ちょっと表情がいつもと比べて、冴えななかったというか。疲れとかもあったのかもしれないのだけれども。

パフォーマンスはいつも通り一生懸命さが感じられたものの、 少し間隔があいたせいか、いつもより少しキレが足らないメンバーが多かったように思う。

加藤雅美さんは動きも、表情も割りといつも通りといった感じだった。
加藤さんらしく、随所に力強さの感じられるパフォーマンスだった。

アンコールに入ってからは、全体的に割りといつも通りといった感じがした。
大堀恵さんの動きがとても良く見えた。「ハッスル」といった感じで。


SDN公演も、節電のためセリ不使用、照明50%だった。

照明については全然気にならなかった。
セリについては、「I'm sure.」だけは、ちょっと見辛かった。
床を這ったり、体勢が低い動きが多い分、そういう場面では見辛かった。

セットリスト後に、SDN公演でも「誰かのために」が披露された。

曲が始まると、谷咲さんは早くも今にも泣き出してしまいそうな表情だった。 少し距離はあったので見辛い部分はあったのであるが、涙目のメンバーが多かったように感じた。 西国原礼子さんはボロ泣きだったとか。浦野さんも泣いていたとか。

MCでは、なちゅなど盛り上げてくれて、楽しい気分にさせてくれたけれども、
最後に「誰かのために」を聴き、メンバーたちの表情見てたら、なんとも言えない気分になった。

AKB初期メンの浦野さん、佐藤由加理さんにとっては、「誰かのために」を劇場で歌ったのは、おそらくA3rd公演以来。 たまたまかもしれないが、その2人、公演が始まってからずっと、他のメンバーよりも曇っていたように見えた。

以上。


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND