一杯のご飯に卵2個使うんですよ(2011/03/02、チーム研究生B5th 145回目)

■出演メンバー
9期生(昇格組) → 竹内美宥、中村麻里子、森杏奈
10期生(昇格組) → 仲俣汐里
10期研究生 → 阿部マリア、伊豆田莉奈、加藤玲奈、小林茉里奈、藤田奈那
11期研究生 → 牛窪紗良、川栄李奈、小嶋菜月、鈴木紫帆里、名取稚菜、森川彩香、山口菜有

[ 研究生B5th公演出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■公演前の陰アナ
川栄李奈 「今日もみなさんと一緒に盛り上がっていきたいと思います。川栄李奈でした」客、拍手

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
加藤玲奈 「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48 チーム研究生です」客、拍手

加藤玲奈 「勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「それでは今日のお題を発表したいと思います。 今日のお題は、 何の試供品があったら嬉しいですか?です。 それでは自己紹介と一緒になうちぃからお願いします」

1列目 上手側から順に
山口菜有 「ハイ、17歳、高校2年生のなうちぃこと山口菜有です。よろしくお願いします」

「私はいずりなさんなんですけど、なんかいずりなさんはもうほんっとにすごいかわいくて、 いつでもなんか真顔を見たことがないんですね、いずりなさんの。なのでいつもニコニコしてて、 そんないずりなさんの試供品が欲しいなと思いました。ハイ、今日も1日よろしくお願いします」

中村麻里子 「ハイ、17歳、高校2年生の中村麻里子です」

「私はですね、やっぱ毎日生活するとしたらやっぱ睡眠が大事だと思うので、そんな毎日疲れているあなたに ベットの試供品があったらいいんじゃないかなと思って。やっぱり、普通にホームセンターとかに行って、 家具屋さんとかに行ってもベットで寝るだけじゃわからないのでぜひ一晩寝てみたらわかるんじゃないかなと思います。 今日も全力でいきます。応援よろしくお願いします」

竹内美宥 「はい、15歳、中学3年生の竹内美宥です」

「私はですね、髪を切って、1年半ぐらい経つと思うのですけど、やっぱり長いのがいいなと思ってきまして、最近。 なので伸ばすのけっこう時間かかるし、途中の長さでやっぱりまた切りたくなる人間なので、私は。 なので、やっぱりエクステって切ったり付けたり貼ったりいろいろできるじゃないですか。 貼ったり取ったりできると長さ変えられるじゃないですか。なのでそういう人のためにエクステの試供品があれば 絶対便利なんじゃないかなと思います。はい、今日もがんばります。みなさん応援よろしくお願いします」

小林茉里奈 「はい、15歳、中学3年生の小林茉里奈です」

「私はワンちゃんなんですけど、私飼ってないのですけど、やっぱ飼うとなると、 相性とかあると思うんですね。だから3日間ぐらい一緒にちょっと暮らしてみて、 相性が合わなかったら飼わない方がいいかな、みたいな感じで、ちょっとワンちゃんの試供品っていうか。 試供品って言うとちょっとかわいそうなんですけど、お試し期間みたいな感じであったらいいんじゃないかなって思います。 はい、今日もマイペースにいきたいと思います。応援よろしくお願いします」

森杏奈 「ハイ、森杏奈、16歳、高校2年生です」

「みなさん、花粉症に悩まされてると思うのですけど、そのうちの1人なんでして、 やっぱりあの、目薬が欲しいんですね。で、あんまりお医者さんに行くのってあんまなんか抵抗があるじゃないですか。 めんどくさいみたいな。なのでその、でもやっぱり自分に合った目薬が欲しいから、目薬の試供品があったら いいんじゃないか。たぶんこれほんと花粉症の人これほんとに大賛成だと思うんですけど。。 ハイ、今日も杏奈ちゃんスマイルでいきたいと思います。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
牛窪紗良 「はい、16歳、高校1年生の牛窪紗良です」

「私はやっぱりゲームがよくて。ゲームにもお試し版ってあるじゃないですか。 でも私にとってはあれがすごく短く感じちゃうので、もうちょっと長いゲームの試供品があればいいなと思います。 ハイ、今日も全力でがんばるので応援よろしくお願いします」

森川彩香 「はい、14歳、中学3年生のあーやこと森川彩香です」

「私はやっぱ猫が好きなので、猫の試供品があればいいなと思います。 相性とか私は別に、別に私引っ掛かれても猫好きなのですぐ抱きついちゃったりするのですけど、 猫好きにはいいなと思います。はい、今日も笑顔でがんばります。よろしくお願いします」

加藤玲奈 「ハイ、中学1年、13歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私はマンガが好きなので、マンガの試供品があれば欲しいなと思います。 ハイ、今日もよろしくお願いします」

鈴木紫帆里 「ハイ、高校2年生、17歳のしほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」

「私は握手券の試供品なんですけど、一緒にいても、握手会って(他の子は)どういう対応か気になるんですよ。 一番気になるのがマリアで、普段こんな感じなので、握手会はどうなんだろうと思って。 握手券の試供品があったら行ってみたいと思います。 ハイ、今日もテンション上げていきます。よろしくお願いします」

阿部マリア 「ハイ、阿部マリアです。よろしくお願いします」

「試供品と言いますか、もう配られていると思うのですけど、ティッシュで、ティッシュって買うほどじゃないと 思うんですけど、でも箱ティッシュ持ち歩くのはちょっと恥ずかしくて。なのでやっぱりそういうポケットティッシュを 試供品してくれたらいいなと思います。はい、今日もよろしくお願いします」

川栄李奈 「はい、16歳、高校1年生のりっちゃんこと川栄李奈です。よろしくお願いします」

「私は森さんと一緒で目薬なんですよ。あの、花粉がひどくて、もう目薬が効かなくて私メガネをしてるんですね、 花粉メガネを。だから大中小みたいな感じで目薬の強度、大中小みたいなやつで、私は大が欲しいので、 ハイ、試供品が欲しいです。ハイ、今日も1日がんばります。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
伊豆田莉奈 「ハイ、中学3年生、15歳の伊豆田莉奈です。よろしくお願いします」

「私は2つあるんですけど、1つは絶対に不可能なんですけど、ジェットコースターで、それでもう1つは ティッシュなんですけど、ティッシュって硬いじゃないですか、配られてるのは。 なので花粉症でよく鼻を噛むんですけど、痛いんで、硬すぎて。柔らかいティッシュがいいです。 はい、今日もよろしくお願いします」

仲俣汐里 「み~んな仲間だなかまったー。。。(頷く)」客、軽くw
「はい、しおりんこと仲俣汐里です」

「私はけっこう研究生でも、あとAKBの正規メンバーさんでも使っている人が多い、寝る時に穿く靴下、タイツ?  わからないのですけど、浮腫みが取れるという素晴らしいものがあるんですね。私そういうの信じないので、 使ったことがない。だからこんな足なのかわからないのですけど、だから、それをほんとにひと晩穿いて寝たら 効くのかどうかすっごい気になるので、試供品が欲しいです。 はい、というわけで今日もみなさんと一緒に楽しい公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

名取稚菜 「はい、中学3年生、15歳のわかにゃんこと名取稚菜です」

「私はやっぱりモツが欲しいんですよ。あの、モツです。あのですね、モツ鍋のキャベツとかスープは お家でもできるじゃないですか。でもモツは買えないんですよ、新鮮なモツが。なので、こういう密閉できるやつ あるじゃないですか。あれにモツを入れて配って欲しいなと思います。 ハイ、今日も笑顔でいくのでよろしくお願いします」

小嶋菜月 「ハイ、15歳、高校1年生のなっつんこと小嶋菜月です。よろしくお願いします」

「私はですね、兄弟なんですけど、おじいちゃん13人兄弟なんですよ。で、それも両方とものおじいちゃんが 13人兄弟で、すっごい楽しかったらしいんですよ。ケンカがあったのらしいのですけど。 なので私2人兄弟なので、その大人数の兄弟の気分を味わいたいので、兄弟の試供品が欲しいです。 試供品というか人間ですね。ハイ、今日も笑顔いっぱいがんばります。よろしくお願いします」

藤田奈那 「はい、みなさん一緒に数えてください。いきます。せ~の、 1+1+『1+1+1』+1+1は?『なぁな』ありがとうございます。14歳、中学2年生のなぁなこと藤田奈那です」

「私はですね、私も実はちょっとした花粉症なので、弱いやつなんですけど、花粉症用のメガネと マスクのセットを配ったらいいと思うんですよ。理由は、川栄李奈がですね、花粉症用のメガネをして マスクをして、メガネがすごい曇ってたんですよ、この間。それが私的にすごくおもしろくて、 それをここにいるみなさんでやったらすごい楽しい世界になると思うので、ハイ、みんなで一緒に 挑戦してみましょう。ハイ、今日も全力でいきます。よろしくお願いします」

小嶋菜月 「チーム研究生でお送りする「シアターの女神」公演、まずはこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(中村麻里子、竹内美宥、山口菜有)
◆M06.嵐の夜には(阿部マリア、森杏奈、小林茉里奈、川栄李奈)
◆M07.キャンディー(牛窪紗良、鈴木紫帆里、森川彩香)
◆M08.ロッカールームボーイ(藤田奈那、加藤玲奈、仲俣汐里、小嶋菜月、伊豆田莉奈)
◆M09.夜風の仕業(名取稚菜)

■MC2
川栄李奈、山口菜有、竹内美宥、小林茉里奈、中村麻里子、阿部マリア、森杏奈

「イェー」

中村麻里子 「初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ここでのお題は、今一番やりたいことはなんですか?です」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

中村麻里子 「そうですね、みなさん今やりたいこと、育ち盛りだからいろいろあるんじゃないですか?」
小林茉里奈 「はい、そうですね」
中村麻里子 「ここだと一番年齢低いのは誰になるんだろう」
メンバーたち 「みゆみゆさん」
小林茉里奈 「ここの3人ですね」
竹内美宥 「何月生まれ?」
小林茉里奈 「私は2月です」
竹内美宥 「じゃ~、この子が一番若い」
小林茉里奈 「おー、いぇい」
中村麻里子 「じゃ~、若いということで、やりたいことを」
小林茉里奈 「私はですね、小学校の時の同窓会を私やったことがなくて、まだ。 やっぱり高校生になる前に1回やっておきたいなと思ってですね」
中村麻里子 「同窓会とか大人だね」客、軽くw
竹内美宥 「大人なの?」
中村麻里子 「でもね、私、小学校の同窓会、中学校入学してすぐやって、ちょっとなんか、 普通に小学校の体育館に集合してドッチボールして終わりみたいな。 同窓会かっていう感じだったのですが」
森杏奈 「はい。私ね、同窓会呼ばれなかった」
メンバーたち 「えー?」
中村麻里子 「なんで?」
森杏奈 「なんか、わかんないけどけっこう何回もやってるらしいんだけど」
小林茉里奈 「えー?忘れられちゃってるんですか?」
森杏奈 「陰薄いからかな」
他メン「えー?」
中村麻里子 「どうしよう、私も呼ばれてなかったら」
竹内美宥 「美宥も・・・」
他メン「心配になってきた」
小林茉里奈 「私も?もしかして」
中村麻里子 「大丈夫大丈夫、みんな大丈夫」

「この中で既に同窓会とかやった子いるの? 私だけかしら?」
小林茉里奈 「意外にやんないもんなんですかね」
中村麻里子 「もうちょっとね、二十歳過ぎてからなんじゃない?きっと」
竹内美宥 「そうなの?」
小林茉里奈 「なるほど」
中村麻里子 「楽しみだね、それもね」

阿部マリア 「私は海外に行きたいです。私の夢は高校3年間留学して、帰国子女で大学に入ることです」
中村麻里子 「帰国子女枠っていいね。私、帰国子女枠で入学したんだよって言いたいですよね、いつか」

「りっちゃんとかは?」
川栄李奈 「私はですね、最近前髪が伸びてきたので、ちょっと切りたいなと思って。 でもさっき切ったんですよ、私前髪、自分で。そしたらなんか、森さんがすごい心配した感じで大丈夫?とか言って。 なんでちょっと切りたいです、前髪を」
森杏奈 「えっ? まだ切ってないんですか?」
川栄李奈 「もう切ったんですけど、まだ長くないですか?」客、反応
「ほんとですか? じゃ~、切らないです」
森杏奈 「よかった、止めといて」
中村麻里子 「ねぇねぇ、うちら、今日切ったんだ」
小林茉里奈 「イェイ」
森杏奈 「だから何?って感じだよ、みんな」
中村麻里子 「そうだよね」

「菜有ちゃんは?」
山口菜有 「そうですね、やっぱりあの、ひとまず、家に帰って、一杯卵かけご飯を食べたいです」
他メン → 軽くw
竹内美宥 「MCでさ、絶対1回「卵」って言う」
中村麻里子 「言うよね、絶対言う」
竹内美宥 「卵って絶対」
中村麻里子 「しかも一杯って言い方が、おもしろいよね」
山口菜有 「でも今日はまだ1回も食べてないので」
中村麻里子 「あら」
竹内美宥 「そうなんだ」
山口菜有 「絶対に1日に1回は食べないと気が済まないんで」
他メン「すごい」
森杏奈 「卵としょう油とご飯の消費量がハンパ無いね」
山口菜有 「私、一杯のご飯に卵2個使うんですよ」
メンバーたち 「えー!?」
中村麻里子 「ダメだよ。習わなかった?卵は1日1個までだよって」
山口菜有 「あの、ドロドロしてる白身の部分あるじゃないですか。それが食べれないんで、 黄身だけを入れるんですよ。だから、1個じゃ足りないんですよ」
竹内美宥 「ダメだよ、病気になっちゃう」
中村麻里子 「白身はどうするの?」
山口菜有 「白身はポイっと捨てます」
中村麻里子 「えー?」
メンバーたち 「えー?」
森杏奈 「この間、北原里英さんもそれでなんかずっとやってて、黄身だけ納豆に入れて食べてた。白身は捨ててたよ」
中村麻里子 「目玉焼きにすればいいのにね、白身だけプルプルして美味しいからね」
小林茉里奈 「白身ってメレンゲとか作れますよね」
中村麻里子 「有効活用ぜひしていただきたいなと思います。 はい、公演に来てくださっているみなさんが今もちろん一番やりたいことは、 メンバーさんとの握手ですよね?」客、はーい

「いぇい、ですよね、ですよね」

→ 他のメンバーたち入場

中村麻里子 「後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:加藤玲奈、森杏奈、森川彩香、名取稚菜、阿部マリア、牛窪紗良、小林茉里奈、藤田奈那

「イェー」

牛窪紗良 「100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ここでのお題を考えてくれたのは、森さんです」客、おー
森杏奈 「はい、今日のお題は、メンバー内で、、。メンバー内で言い合ってるニックネームを教えてください、です」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

森杏奈 「そういうことですよ」
藤田奈那 「じゃ~、いいですか?私。私は阿部マリアのことをまりりんって呼びます」
阿部マリア 「えっ?呼ばれたことないです。うそ?」
藤田奈那 「帰ったら呼びます」
他メン「何?それ」
藤田奈那 「戻ったら呼んでみたいと思います」
森杏奈 「呼んでるっていうテイで教えてください」
藤田奈那 「はい、わかりました、じゃ~、みなさんどうぞ」客、軽くw

阿部マリア 「あの私はさっき森さんに「何て呼んだら嬉しいですか?」って言ったら「パンダさん」って言ったので」客、軽くw
森杏奈 「森さんかなんさんだっけ? どっちがいい?って言われたから、パンダさんがいいかなと思って。。 あんまおもしろくない」
阿部マリア 「すみません」

森杏奈 「あーやは誰かのこと」
森川彩香 「私ですか? 私普通に呼んでます、みんなのこと。下の名前で稚菜とか李奈とか」
森杏奈 「わかにゃんとかじゃないの?」
森川彩香 「私、仲俣さんにアーヤロイドって呼ばれてます」
他メン「えー?」
森川彩香 「アーヤロイドってよく言われるんですよ、仲俣さんに」
小林茉里奈 「なかまったーってけっこう人のことをね、不思議なニックネームで呼ぶ。 私よく「まりなってる」って呼ばれます」
森杏奈 「何?それ」
小林茉里奈 「私、モバメのタイトルって言うんですか? あれが「まりなってるDays」なんですよ」
他メン「どういう意味ですか?」
小林茉里奈 「特に意味はない。あの私、響き重視な人間なんで、「まりなってるです」っていう響きが素敵だったので 使ってるだけですね」
他メン「おー」「いいと思います」
小林茉里奈 「ありがとうございます」

森杏奈 「じゃ~、れなっちとか」
加藤玲奈 「あの、私も普通ですよ、みんな」
他メン「あっ」
加藤玲奈 「はい」客、軽くw

「だけど私、マリアちゃんはマリアちゃんです。みんな阿部とか阿部さんとか呼んでるじゃないですか」
阿部マリア 「そんなことないよ」
加藤玲奈 「そんなことない? そんなことないです! はい」
他メン「さっぱりしてるね」

名取稚菜 「私あります。私は李奈に。りっちゃんなんですけど、りっちゃんに、なんでしたっけ? 「にゃかわん」って呼ばれてます」
阿部マリア 「にゃかわん?」
名取稚菜 「はい。「わかにゃん」を組み合わせごちゃごちゃにして、「にゃかわん」って呼ばれてます」
森川彩香 「・・・犬になっちゃうね」
名取稚菜 「にゃかわんって呼ばれてますね」

森杏奈 「うっしっしーとかは?」
牛窪紗良 「私は、わかにゃんなんですけど、わかにゃんって私いつも噛んじゃうんですね。わかにゃん、、みたいになっちゃって、 1回「わとり」って言っちゃったんですよ」
他メン → 反応
牛窪紗良 「それがけっこう気に入っちゃって、私。あと「わかちょる」って言うのも」
他メン「わかちょる?」
牛窪紗良 「わかちょるって、芸名のMCがあった時に」
名取稚菜 「どんな芸名にしたいかみたいなお題があったんですよ」
小林茉里奈 「「ちょる」はどっから来たの?」
名取稚菜 「なんか韓国っぽくしたいなーみたいな。気になってるんですよね、けっこう。 ぜひ気に入ってるんで「わかちょる」って呼んでください」
牛窪紗良 「「わとり」でも全然、ねぇ、わとり」
名取稚菜 「わとりは嫌です」客、軽くw
牛窪紗良 「ごめんなさい」

阿部マリア 「みなさん呼んで欲しいニックネームとかありますか? 逆に」
小林茉里奈 「逆に?」
加藤玲奈 「ニックネームじゃないのですけど、玲奈って呼び捨てで呼んで欲しいですね」
森杏奈 「あっ、島田さん呼んでますね」
加藤玲奈 「島田さん呼んでますね、玲奈って。呼んでください」客「玲奈!」

「うわ~(照れる)」
他メン「えー?」
森杏奈 「タカまってるらしいです」
加藤玲奈 「タカまります」
森川彩香 「私、アーヤロイドって呼ばれたいです」
他メン「えっ?」「呼ばれたい?」
森杏奈 「長くない? アーヤロイドって。恥ずかしくない?外で」
森川彩香 「はい。いいです、アーヤロイドだったら全然いいです」
他メン「おー」

森杏奈 「わかにゃんとか呼ばれたいのある?」
名取稚菜 「私、「わかちょる」って呼ばれたいですよ」
他メン「あー」
小林茉里奈 「わかちょる推してますね」
阿部マリア 「ちょっと呼んでもらおうか」
名取稚菜 「はい、みなさん呼んでください。あっ、違いますよ、そっちですね」
阿部マリア 「後半メンバーちょっと」

次のメンバー入場。

後半メンバーたち 「アーヤロイド」
名取稚菜 「わかちょるって呼んでください」
後半メンバーたち 「わかにゃん」

メンバーチェンジ。

後半:山口菜有、小嶋菜月、川栄李奈、仲俣汐里、竹内美宥、鈴木紫帆里、中村麻里子、伊豆田莉奈

鈴木紫帆里 「はい、ここではメンバーのチャームポイントを決めちゃおう」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

中村麻里子 「チャームポイントって意外と見えつけ辛いもんね」
鈴木紫帆里 「ということで、周りから見てここがチャームポイントだよって言うのを本人がちょっと気付いてないかもしんないってことで、 教えてあげようみたいな」
仲俣汐里 「OKです」

中村麻里子 「私ね、あるんですよ」
他メン「おっ」
中村麻里子 「いずりなは、ほっぺが。お腹お腹言ってるじゃないですか、この子。でも私は意外にほっぺがいいと思います」
伊豆田莉奈 「ありがとうございます」
中村麻里子 「ほっぺがチャームポイント。仲俣に対抗して」
他メン「おっ」
伊豆田莉奈 「私、自分でほっぺ、なかまったみたいに出てるなと思って、みおりんさんに「顔だけころ部に入れてください」って言ったら 「出てないからダメ」って言われたんです」
仲俣汐里 「今思った。いずりな見てて、エクボができるね」
竹内美宥 「羨ましい」
伊豆田莉奈 「エクボできるんです、私」
他メン「かわいい」
仲俣汐里 「チャームポイント」
中村麻里子 「いずりなのチャームポイントは、エクボとほっぺで」
伊豆田莉奈 「はい」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

川栄李奈 「私あります」
他メン「おっ」
川栄李奈 「なうちぃなんですけど、なうちぃは眉毛が」
小嶋菜月 「あー、わかる」
川栄李奈 「イカツイんですよ」客w
小嶋菜月 「かっこいいんだよね」
川栄李奈 「かっこいいんですよ」
中村麻里子 「なんかわかる気がする。何て言うの?」
仲俣汐里 「注目したことなかったですよね」
中村麻里子 「まゆ頭がさ、太めじゃない?」
小嶋菜月 「こっちがもう、こんだけw」
山口菜有 「これは言い訳じゃないんですけど、生えないんです、私眉毛が」
他メン「へー」
山口菜有 「ほんとになんか、中学の頃から、剃ってもないのに薄くて。よく怒られてたんですよ、先生に 「剃ったでしょ」みたいな感じで言われるのですけど「ほんとに剃ってないんです、薄いんです」って言っても 「剃ったでしょ?」って言われるぐらい薄いんですよ、元々」
他メン「あー」
小嶋菜月 「あれだね。ワカメと昆布食べれば生えてくるかもね」
鈴木紫帆里 「あっ、そうなんですか?」
小嶋菜月 「よく言いません? 髪の毛も生えてくるみたいな」
中村麻里子 「眉毛もそうなの?」
小嶋菜月 「それはちょっと独自で考えたのですけど、たぶん生えてくるね」
山口菜有 「でも1回私それで先生に怒られたんで、育毛剤を眉毛に付けて」客w
他メン「えー?」「ちょっと」
山口菜有 「それのお陰でちょっと生えてきたんですよ、眉毛が。やっぱ育毛剤ってすごいなって思いました」
鈴木紫帆里 「なんだろうね。菜有チャームポイント眉毛かな?」
中村麻里子 「私ね、口元がチャームポイントだと思う」
竹内美宥 「美宥も」
仲俣汐里 「なっつんもそうだけど、なっつんとなうちぃはリスっぽい」
他メン「リスっぽい」「小動物っぽい」
小嶋菜月 「嬉しくないですよ!リスなんて」
中村麻里子 「かわいいじゃん」
仲俣汐里 「何? こわーい」
中村麻里子 「かわいいじゃん」
小嶋菜月 「リスですよ。リスってこうやってかじってるやつですよ。どう思いますか?」
メンバーたち 「かわいい」
小嶋菜月 「嫌ですよ」
中村麻里子 「かの有名なさ、人気キャラクターだってリスだしさ」
仲俣汐里 「そうですよ。いいじゃないですか、2人でじゃ~、あの(チップとデールみたいな)」
山口菜有 「がんばろう」
小嶋菜月 「がんばろっか。今度名前でも考えよう」
山口菜有 「そうだね」
中村麻里子 「どちらかというとね、菜有ちゃんがおとぼけの方かな?」
他メン「あー、たしかに」
山口菜有 「でも実際、菜月の方がおとぼけですよ」
中村麻里子 「でもね、喋り方からしてやっぱ、こじなっつんの方が・・・(高い声で話す)」
鈴木紫帆里 「喋り方と言えば、李奈のチャームポイント、喋り方かもしれない」
他メン「あー」
川栄李奈 「なんか、全然気付かない」
鈴木紫帆里 「特徴があるっていうか」
小嶋菜月 「声がでかい」
川栄李奈 「声がでかいんですよね、もう、それはね、そういうね、本能がね」
他メン「本能」
中村麻里子 「でもさ、喋らなかったらおしとやかにも見えなくもないよね」
川栄李奈 「もう喋らないとほんとになんか、大人しいって言われます」
中村麻里子 「そうそうそう」
川栄李奈 「なんででしょうね」
仲俣汐里 「りっちゃんあれだね。よくさ、「見てください、私鼻の骨がないんです」って」
川栄李奈 「そんなですよね、私ないんですよ。鼻の骨ないっていうか、超柔らかいんですよ」
他メン「へー」
仲俣汐里 「おもしろいよね」
川栄李奈 「そうなんです」
仲俣汐里 「そんな感じでね」
鈴木紫帆里 「なんだろうね、チャームポイント、じゃ~、最終的には」
竹内美宥 「おでこおでこ」
他メン「おでこ」
鈴木紫帆里 「おでこだ」
川栄李奈 「でも私たぶん頭いいんだと思いますよ」
小嶋菜月 「良くないじゃん」
他メン「良くない」
川栄李奈 「ほんとにおでこ広い人って脳みそが詰まってるんですよ」
小嶋菜月 「じゃ~、時計は?」
川栄李奈 「でも読めるようになりましたよ、全然」
中村麻里子 「でも後半MCにはね、頭いい人がいますから。仲俣が」
他メン「おー」
仲俣汐里 「私けっこう狭いから」
竹内美宥 「なかまったーは、美宥、目だと思うな」
中村麻里子 「世間一般的にはほっぺだけど、意外に目がクリクリしててかわいいよね」
他メン「たしかに」「まつ毛長い」
小嶋菜月 「下まつ毛がすごいですね」
仲俣汐里 「いやいやいや」

鈴木紫帆里 「美宥はなんだろうね」
仲俣汐里 「美宥さんは、髪型がすっごい目立ちますね」
他メン「あー」
仲俣汐里 「遠目からも、すぐ美宥さんだっていう」
竹内美宥 「あー、たしかにね。それは言われる」
中村麻里子 「美宥は自分的になんだと思う?」
竹内美宥 「自分的に? んー、自分的に全然よくわかんないんですよ。 あんまり自分に、自分ってこうなんだって思ったことがないんで」
他メン「あー」
中村麻里子 「でも私は美宥も口元がかわいいと思うんだ」
他メン「あー」「たしかに」
竹内美宥 「そうですか?」
中村麻里子 「うん」
竹内美宥 「そうなの!?」客、軽くw
中村麻里子 「そうだよ。かわいいと思うよ」
他メン「気付いてない」
中村麻里子 「かわいいよ、口元」
竹内美宥 「嬉しいです」
小嶋菜月 「鼻も高くてキレイですよね」
山口菜有 「なっつんも鼻高いですよ」
小嶋菜月 「私の鼻は違うんです。なんかちょっとここ丸くなっちゃってるんですよ」
他メン「高いって言うんですよ、それは」
小嶋菜月 「高くないです。(竹内さん)すごいいいです」
竹内美宥 「ありがとうございます」

仲俣汐里 「あと麻里子さんすっごい手が印象的なんですけど、私」
他メン「手キレイですよね」「たしかに」
仲俣汐里 「踊ってる時も手が目立つなーって思うんですよね」
中村麻里子 「テナガザルなだけだよ。テナガザル」
他メン「手が長い」
中村麻里子 「やったー、なんか嬉しい」
竹内美宥 「いいね」
鈴木紫帆里 「はい、ということで麻里子のチャームポイントが決まったところで、 次が最後の曲になります。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたちハケる。


■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


曲終了後、
竹内美宥 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

竹内美宥 「オネストマン、チームB推し・研究生バージョン、2曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はみなさんのお陰で本当に楽しい時間を過ごすことができました。 ありがとうございます。次の曲が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。私たちの夢を乗せて歌います。 聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
森杏奈 「本日はご来場ありがとうございました」
メンバーたち 「ありがとうございました」客、拍手

森杏奈 「みなさん、2月16日に発売されました、AKB48、20枚目のシングル「桜の木になろう」はもう お聴きいただけたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。その「桜の木になろう」をチーム研究生で披露させていただきたいと思います」客、拍手

→ メンバーたち所定の位置へ

森杏奈 「それでは歌わせてください。桜の木になろう」客、拍手


◆M17.桜の木になろう (全員)


曲終了後、
藤田奈那 「みなさん、チーム研究生で披露させていただいた「桜の木になろう」はいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。そしてこの後は日ごろの感謝の気持ちを込めまして、みなさんをロビーにてハイタッチでお見送り したいと思います。係りの方の指示があるまで客席内にてお待ちください。それでは最後の挨拶をしましょう」


横一列挨拶。「ありがとうございました」メンバーたちハケる。

BGM → シアターの女神

公演終了。


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、劇場扉側からメンバー1人1人ずつ五十音順に全員と(※ 16歳未満=竹内美宥、阿部マリア、伊豆田莉奈、加藤玲奈、小林茉里奈、藤田奈那、川栄李奈、小嶋菜月、名取稚菜、森川彩香は不参加)

■率直な感想
昨日は市川美織さんの「森さん今ピンチですよ」発言がとてもキャッチーだったが、 今日は平穏といった感じで、特に印象に残る発言はなかった。

M12後のMC、後半チーム、前日は、メンバーのキャラについてというお題で、漠然とした感じで終わってしまったが、 今日はメンバーのチャームポイントについて、1人1人とりあえず結論を出したという点は良かったと思う。

SKE48のオンデマンドは、生中継で配信しているが、
今日のMCを聞いて、若い子の多い日は、生中継はちょっと怖いなって、感じる場面があった。。。

アンコール、鈴木紫帆里さんが飛びぬけて良かった。
いつもいいんだけれども、お疲れ気味の多いメンバーが多い分、さらに目立っていたといった感じがした。

いつの頃からか、正規メンバーの公演では、お疲れ気味で、コンディションいまいちかなと感じるメンバーも 増えてきたが、ここ最近の研究生公演も、ちょっとお疲れ気味かなという子がちらほらと。 モバメによればレッスンとかレコーディングとか忙しいみたいで。研究生公演も、そういう時代がやってきたのかなって ちょいと思ったり。たまたま今の時期忙しいだけかもしれないが。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 牛窪紗良鈴木紫帆里







カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ