FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

多田愛佳(16歳)&大家志津香(19歳) 合同生誕祭(2010/12/28、チームA6th 17回目)

10122804.jpg  10122807.jpg

10122802.jpg  10122806.jpg

■出演メンバー
新チームA → 岩佐美咲、多田愛佳、大家志津香、片山陽加、倉持明日香、小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、 高城亜樹、高橋みなみ、仲川遥香、中田ちさと、仲谷明香、前田敦子、前田亜美、松原夏海

前座ガールズ → 入山杏奈、竹内美宥、大場美奈

[ A6th公演出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■休演&アンダー
休演なし

■公演前の陰アナ
岩佐美咲 「ハイ、岩佐美咲です。こんばんは」客、拍手

「ハイ、ということで、2010年最後の公演ということで、お祝いなので、めでたい日なのでw 指原さんやめてください。 間もなく開演です。もうちょっと待っててね」

■開演前
研究生の入山杏奈、竹内美宥、大場美奈が上手袖より入場。

大場美奈 「毎回チームAさんの公演の前に前座ガールズが1曲披露させていただきます。 今日は私たち3人がお届けします」

竹内美宥 「竹内美宥です」客、拍手
大場美奈 「大場美奈です」客、拍手
入山杏奈 「入山杏奈です」客、拍手

竹内美宥 「それでは歌わせてください。前座ガールズで、ミニスカートの妖精」客、拍手


◆M00.ミニスカートの妖精 (前座ガールズ)


曲終了後、
入山杏奈 「チームA6th公演始まります」

緞帳閉まる。

◆ オーバーチュアー

◆M01.目撃者 (全員)
◆M02.前人未踏 (全員)
◆M03.いびつな真珠 (全員)
◆M04.憧れのポップスター (全員)

■MC1(自己紹介)
メンバーたち 「イェー」

前田敦子 「みなさん、こんばんは」
みんなで 「AKB48 チームAです」客、拍手

前田敦子 「4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「それではさっそくお題の方にいきたいと思います。今日はマッチャンさんからいただきました。 今年一番インパクトに残っている出来事はありますか? です。それでは自己紹介も兼ねて、指原からお願いします」


1列目 上手側から順に
指原莉乃 「は~い、ハイ。あなたの、あなたの、あなたの指原クオリティー覚醒! 大分県出身、指原莉乃です」客、声援

「ありがとうございます、遠いですね。ありがとうございます。私が一番インパクトがあったことは、 たぶんみなさんも忘れてると思うのですけど、指原改名したじゃないですか」客、反応

「忘れてたと思うのですけど、1日だけあったんですよね、そんなことも。 「なんだったんだ?」ってよく聞かれるのですけど、私もよくわかんないまま終わっちゃって、 未だにちょっとインパクトあったなって思います。今日もがんばります。よろしくお願いします」

高城亜樹 「ハイ、緑茶、麦茶、烏龍茶、でもやっぱり?」客「あきちゃ!」
「ありがとうございます。高城亜樹です。よろしくお願いします」

「私今年一番インパクトに残ってるのは、代々木体育館でのじゃんけんで選抜を決めるっていう発表が 私の中ですごいインパクトが大きかったですね。じゃんけんで決めていいのかな?ってちょっと思いながら、 すごい自分に自信がない中のじゃんけんみたいな。はい、ちょっと伝えるの難しいのですけど、 すごいそれがインパクトありました。それでは今日はみなさん、一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

前田敦子 「はい、みなさんこんばんは。前田敦子です」

「これはですね、逆に自分から言ってった方が恥ずかしくないかなと思うのは、この間、クリスマスイブの日に ミュージックステーションの」客、あ~
高橋みなみ 「あれだね、あれだね、あっちゃん」
前田敦子 「みなさん見てくれてたんですね。でですね、生放送ですから、ねー、まさかの場所で、 あそこでコケちゃわないでしょって自分でも思うのですけど、生放送ですからね、で、これからもまだ 生放送がたくさん残っているので、今自分で逆に、同じとこ間違えちゃうかもしれないので、 まぁ、がんばりたいと思います」客、軽くw

「今日もよろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、チームAでも、私の半分は、優しさでできていま~す」客、ひゅ~
「なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「私はですね、わたくしごとで大変恐縮なんですけれども、もしドラ、 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーのマネジメントを読んだら」っていう本があるんですけど、 それがアニメ化するにあたって、声優のオーディションを受けたんですよ。それで、受かったんです」客、拍手
他メン「ひゅ~」
仲谷明香 「そうなんです。あの、1年生女子マネージャーの北条文乃ちゃんなんですけれども、の役をNHKさんで やらせていただくので、わたくしごとで大変恐縮でございますが」
他メン「すごい」客、拍手
仲谷明香 「あー、ありがとうございます。あのね、そう、映画化もね、するってことでね、めでたいこと続きってことで、 アニメを、声優をがんばりたいなと思いますので、みなさん3月から放送なのでぜひ見てください。 そんな感じで宣伝でした」

「ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

倉持明日香 「はい、みなさんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私が今年印象に残ってるのは、フレンチ・キスとしてあきちゃとゆきりんと3人でデビューさせていただいたことが すごいちっちゃい時からの夢だったので、すごいインパクトに残ってるんですけど、 それ以上にフレンチ・キスはavexさんからCDを出させていただいて、でも私、AKBに入る前にavexさんの オーディションで落ちたんですよ」客、反応

「で、リベンジできたと思って、それが今年一番自分に褒めてあげたいところであります。 今日はみなさん今年最後のチームA公演なんですが、最後まで全力で盛り上がって一緒にいきましょう。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
岩佐美咲 「ハイ、みなさんこんばんは! 高校1年、15歳のわさみんこと岩佐美咲です」

「私は一番って言ったらやっぱり昇格できたことが一番嬉しくて」客、拍手

「チームAでこうやって活動できて、公演ができて、自分のポジションがあるのはほんとに幸せだなと思います。 これからもがんばります。2010年最後の公演なので、がんばりましょう。よろしくお願いします」

小嶋陽菜 「ハイ、埼玉県から来ました、こじはること小嶋陽菜です。よろしくお願いします」

「インパクトで言うと、私、スポーツ新聞を見たら、でっかく「指原莉乃冠番組が始まります」っていうのが 載ってたのが」客、反応

「すごいビックリしました。ハイ、今日もがんばります。よろしくお願いします」

高橋みなみ 「はーい、見かけはちょっぴりヤンキー、心はガラスのハート。たかみなこと高橋みなみでーす!」

「そうですね、やっぱりわたくしは1月1日にノースリーブスのアルバムが発売されるんですけども、 特典映像でコントに初挑戦させていただきまして」客、反応

「そうなんですよ。北の坊主とか南の坊主とかいろいろあるんですけど、楽屋に入った瞬間に、 坊主のズラが3つ並べてあってね。「あっ、好きなのどうぞ」って言われて。好きなのってどれ! どれも坊主じゃないかいって言うね 。。話しなんだよ」客、軽くw

「ビックリするだろ? 楽屋入ったら」客、あ~
「坊主のズラ3つあったらね」
仲川遥香 「あ~あ、最後の公演もすべった」
高橋みなみ 「すべってない、すべってない。気持ち次第だから」客、軽くw

「年納めにね、いい締めができたと思っております。ハイ、ということでみなさん、チームA、 フルメンバーでございます! よろしくお願いします!」

中田ちさと 「ハイ、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、ちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私はですね、さっきあっちゃんが言ってたミュージックステーションのスペシャルの時に録画してたんで、 家で帰ってから見たんですけど、そのあっちゃんのコケたところがあまりにもかわいいコケ方で、 すっごいアイドルらしいなって思ったんですけど、私1回、日比谷音楽堂、外で」
高橋みなみ 「はい、外でやった時に」
中田ちさと 「外でやった時に大雨が降って、床がすべってた時に私、思いっきり床に顔面ぶつけてるんですよ」客、反応

「なので、なんかあっちゃんのああいうのを見て、ちょっとね、アイドルらしい感じがすごい」
高橋みなみ 「大丈夫。秋元才加はスライディングで出てきたから」客w
「大丈夫だよ」
中田ちさと 「そうですね。なんかアイドルらしい感じで、ちょっと来年もっとがんばりたいなと思いました。 今日もよろしくお願いします」

多田愛佳 「ハ~イ、あなたのハートをズッキンドッキン、心の癒しになりたい、心の天使、らぶたんこと多田愛佳です」客、声援大&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。おめでとう」

「ハイ、えっとですね、ありがとうございます。生誕祭ですね、20日遅れの」客、反応

「ということで、私が今年インパクトに残ったのはですね、「富江 アンリミテッド」っていう映画のオーディションを 受けて、まぁ、私なんですけど、合格させていただいて」客、反応

「公開は来年の春なんですけど、ホラー映画なんですけど、ほんっとにホラー映画って難しいんだなっていう。 演技の勉強もできて、ちょっとは成長したかなって思うので、みなさん来年の春になったらお金を溜めて 見に行ってください」客、反応

「ということで、今日もよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
松原夏海 「ハ~イ、みなさんご一緒に、うん! みんみんみん、なっつみん! ありがとうございます。 なっつみぃこと松原夏海です」

「チームAになって初めての大きなコンサートの時にですね、「涙サプライズ!」という曲をやったんですね。 その曲の振りは、「ギュッと抱きしめおめでとう!」って、2人とか3人でギュッてやるんですけど、 私なぜか1人ぼっちだったんですよw」客、軽くw

「それを今ここで初めてみんなの前で言いました。それが一番寂しいインパクトでした。 ということで今日は楽しい楽しい公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

大家志津香 「はい、できませんは言いません、福岡県から来ました、大家志津香です」客、声援&拍手

「わー!すごい。ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。すごい。 ありがとうございます。今日でナインティーンワン?」客、反応
松原夏海 「それじゃ91歳だよw」
大家志津香 「ナインティーンスになりました。ありがとうございます」

「私はインパクトに残ってるというか、はずめて、初めて体験したことがありまして、 2日寝ないっていうことを体験したんですよ。チームAの公演のレッスンの時に。その時に、 2日寝ないと究極にテンションが上がって、なんか普通に「しーちゃんあれ取って」とか言われても「フー!」みたいな 感じになったんですよ」客、軽くw

「でも、その後に、急に、突然泣き出したんですよね。なんかレッスン中に全然、普通にできるような振りなのに 「もうしーちゃんできん」とか言って。ユニットのレッスンの時に超泣き出すという出来事があって、 人間って2日寝ないとこうなるんだなと思いました」

「ハイ、今日は1人でも多くの方にしーちゃんスペシャルロックオンに。笑っちゃいましたけど、 かかって帰っていただけたらなと思います。よろしくお願いします」

篠田麻里子 「ハイ、魅惑のポーカーフェイス、篠田麻里子です。よろしくお願いします」

「えっとですね、今年のインパクトはやっぱり総選挙で、総選挙の司会に徳光さんが来てくれたことかなと思います。 きっと来年はタモリさんが来てくれるんじゃないかなと」客w

「私は期待しています。今日もよろしくお願いします」

仲川遥香 「ハーイ、みなさんこんばんは」客「こんばんは」 「ありがとうございます。はるごんこと仲川遥香です」

「ハイ、えっと私は、自分自身のは、初めて全国ロードショーの映画に出演できたことが一番印象に 残ってるのですけど、あともう1つは、AKB48がミリオン達成したじゃないですか。でも渡り廊下走り隊も 今年はオリコン1位を取ることができたので、それが一番インパクトだったんじゃないかなと思います」客、拍手

「ありがとうございます。ハイ、今日は久しぶりに全員揃ったということで、みんな元気よく行きたいと 思います。よろしくお願いします」

前田亜美 「はい、中学3年生の15歳、あーみんこと前田亜美です。よろしくお願いします」

「私は今年もっちぃと9期の4人とTeam KISHINというものを組んだのですけど、 その撮影でスクール水着を着る時があって」客、ひゅ~

「着たのですけど、私は中学生だから、あるんですけども、私が一番ビックリしたのは もっちぃも着たという」客、軽くw

「もっちぃよりも私がビックリしちゃったっていうお話です。さすが紀信さんです。 ハイ、今日はみなさん一緒に盛り上がりましょう。よろしくお願いします」

片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ」客、ひゅ~
「アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「今年はインパクトがあり過ぎた年なので、すべてがインパクト大だったのですけど、 特に言うならば、やっぱりみんなが所属する事務所が決まったりとか、あと個人的なんですけど、 ACT泉鏡花という音楽劇に出演させていただいたりとか、あと8年ぶりに髪の毛をバッサリ切ったりとかね、 いろいろありましたけども、ほんとに今年あっという間だったんですけど、すごい充実できた年だなーと思います。 今日はですね、2010年、公演としても一番最後の公演ですよね?今日。なので、今日は2010年、来年いい公演が スタートできるように今日は2010年最後、最高の公演にしていきたいなと思います。よろしくお願いします」

松原夏海 「ハイ、チームA6th「目撃者」公演、以上のメンバーでお送りします。この後はユニットの登場です。 新たなことにも挑戦しているチームA、みなさんはその目撃者になってください」客、拍手


◆M05.腕を組んで (仲谷明香、前田敦子、倉持明日香)
◆M06.炎上路線 (高城亜樹、指原莉乃)
◆M07.愛しさのアクセル (高橋みなみ)
◆M08.☆の向こう側 (中田ちさと、小嶋陽菜、多田愛佳、岩佐美咲)
◆M09.サボテンとゴールドラッシュ (大家志津香、片山陽加、前田亜美、篠田麻里子、松原夏海、仲川遥香)

■MC2
大家志津香、片山陽加、篠田麻里子、仲川遥香、前田亜美、松原夏海

「イェー」

大家志津香 「ハイ、腕を組んで、炎上路線、愛しさのアクセル、☆の向こう側、サボテンとゴールドラッシュ、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

片山陽加 「はい、というわけで、今日は2010年のカウントダウン3・2・1の時にラスト何をしていたいかという お題について議論していきたいと思うのですけど、まぁ、片山は、やっぱ3・2・1・0でこれやりたい」ジャンプ
大家志津香 「ジャンプして」
片山陽加 「ジャンプして、みんなで手繋いで、イェー!って」
仲川遥香 「古いよ! だって、まりちゃんが」客、軽くw
篠田麻里子 「それね、ジャンプしたいってSDNの野呂佳代さんが言ってました」客w
片山陽加 → w
大家志津香 「地球上にいなかったぜ、ってやつ?」
篠田麻里子 「宇宙にいたってやつだよね」
片山陽加 「でもちょっと、昭和と言われてもやっぱりそれはちょっと(やりたい)」
篠田麻里子 「いいですね」
大家志津香 「私も似たようなことやりたいけど」
仲川遥香 「ハイ!」
大家志津香 「どうしたの? どうぞどうぞ」
仲川遥香 「ハイ、あの、私は今年迎えて、次の年が成人式なんですよ」客、えー

「で、その成人式を超えたらやってみたい。はい、えー、ですね。 成人式を超えてからやってみたいことがあって、3・2・1の瞬間に、パシャーンってシャンパンみたいなのを開けたい」
大家志津香 「開けるだけならできるんじゃない?」
仲川遥香 「ポーンってやって、なんて言うの? シャーって」客、あ~
他メン「あー」
仲川遥香 「伝わる? 伝わりますか? あの、こう、シャーみたいな。OK?」
篠田麻里子 「それだけだったら今でもOKじゃないの?」
仲川遥香 「そうなの?」
前田亜美 「飲んでないから大丈夫」
仲川遥香 「あっ、そっか」
大家志津香 「大丈夫だよ」
仲川遥香 「じゃ~、やります」
他メン → 軽くw
篠田麻里子 「やるんかい」

「亜美ちゃんは?」
前田亜美 「私はやっぱり、何もせずに家でゆっくり過ごしたい」
他メン「おばあちゃん」
前田亜美 「こたつにいたい」
仲川遥香 「こたつでみかん食べたいの?」
前田亜美 「そう、みかん食べながら」
片山陽加 「昭和だね、昭和だね。なんで昭和って言わないの!? 私が言ったら昭和って言うのに」
松原夏海 「だって平成ですもん」
他メン「平成ですもん」
片山陽加 「私も平成やん」客、え~
仲川遥香 「えー。ちゃうちゃう」
片山陽加 「平成2年ですから」

松原夏海 「しーちゃんは?」
大家志津香 「しーちゃんは、逆立ちして写メ撮って、地球持ち上げたぜ、みたいな。かっこよくない?これは」
篠田麻里子 「たしかに。タイマーで?」
大家志津香 「1人でね。タイマーで」
松原夏海 「かわいそう。用意してね」
篠田麻里子 「3・2・1って」
大家志津香 「タイマーのピッピッピがカウントダウンで」
他メン「かわいそう」客、軽くw

仲川遥香 「まりちゃんは?」
篠田麻里子 「やっぱり、私、一昨年くらい1人でどん兵衛を食べながら年越ししたんですよ」
他メン「かっこいい」
篠田麻里子 「紅白に出れない年があって、その年、ほんとにやることがないで。ないでって。 そのまま帰ったんですけど、ちょうどカウントダウンが家だったから、1人でどん兵衛食べて年越ししたの」
大家志津香 「かっこいい」
篠田麻里子 「寂しかったから、やっぱりみんなで年越ししたいなと思いますね、紅白なりなんなりで、みんなと一緒に」
仲川遥香 「今年はね。。。」
篠田麻里子 「出れるからね」
大家志津香 「なんで途中までで」
仲川遥香 「違う。去年は出れなかったの」
他メン「歳で?」
仲川遥香 「歳的に。あの、そうなの。だから今年は大人組に入ったということで、みんなと大人のみなさんと」
篠田麻里子 「残れるわけね」
仲川遥香 「そうです、いぇい」

「なっつみぃは?」
松原夏海 「私は、まぁ、年越しだからとかじゃなくて、占いを見ます」
大家志津香 「なんで?」
仲川遥香 「なんで?」
松原夏海 「私は日付変わったらすぐに次の日の運勢をチェックするんだよ」
他メン「へー」
仲川遥香 「占い信じる人なの?」
松原夏海 「信じないけど、一応念のために、もしかしたらっていう場合があるじゃん。健康とか。信じてはないんだよ」
大家志津香 「まぁ、いい時だけ信じれば」
篠田麻里子 「そうですね。年末ね」
片山陽加 「はい、そうですね。今日の公演も最高の、ねぇ、ラストでね、飾れるように。 ちょっとね、最後だから締めちゃんとしないとね。今年はですね、この公演もそうなんですけど、 12月31日の紅白までずっと私たちのことをね、温かい目で見守っていただけたらなと思います」

「それでは後半戦、まだまだいっちゃいたいと思います。。」客、軽くw

「後半戦、1曲目はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.美しき者 (全員)
◆M11.アイヲクレ (全員)
◆M12.摩天楼の距離 (全員)
■MC3
前半:仲谷明香、倉持明日香、高橋みなみ、多田愛佳、高城亜樹、中田ちさと、片山陽加、大家志津香

「イェー」

倉持明日香 「はい、美しき者、アイヲクレ、摩天楼の距離、続けて3曲聴いていただきましたが、 みなさんいかがだったでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

高橋みなみ 「さー、ということで、今年も最後の公演ということでですね、たくさんMC、みんなでやってきましたよ」
他メン「はい」
高橋みなみ 「でもね、言い残してることがあるんじゃないかと、今年。ということでね、言い残してると思ったことを 大声で叫んじゃYo」
他メン「えっ?。。イェー」客、拍手

高橋みなみ 「何事も気持ち次第。ということでね、今年これ言い残してたっていう人」
高城亜樹 → 挙手
高橋みなみ 「おっ、あきちゃ早いよ。なんですか?あきちゃ。いいですよ、叫んじゃってください」
高城亜樹 「ありますよ。まず叫んだ方がいいですよね?」
高橋みなみ 「叫びましょう」

「地声で?」客、反応
「いいよいいよ、地声でもいいよ。地声でもみなさんに響くぐらいにしよう」
高城亜樹 「マイク通すと危ないかなって」
高橋みなみ 「わかりました」
仲谷明香 「いいね」

高城亜樹 → マイクなしで、

「せ~の」そして「どっちがいい!?」

高橋みなみ 「何かなー?」
他メン「どういうこと?」
高城亜樹 「説明させていただきますと私、今日おでこを上げて前髪を」客「いい!」
高橋みなみ 「速い。即答」
他メン「速い」
高橋みなみ 「もうちょっと悩ませてあげて。もうちょっと悩ませて」
高城亜樹 「上げてるんですけど、ちょっと大人っぽく見せたくて、おでこ上げるようにしたんですけど」
高橋みなみ 「いいよ、色っぽいよ」
他メン「上げてるほうがいい」
高橋みなみ 「下げてる方がいいと思う人・・・」
高城亜樹 「パッツンあるじゃないですか。自分の中でもパッツンをすごい好きなんですよ。 でも、前髪伸ばしてしまうとまゆ毛のギリギリのラインのパッツンができなくなってしまうんですよ。 で、すっごい今悩んでるんですけど」
高橋みなみ 「2010年終わる前に」
高城亜樹 「終わる前にみなさんにちょっとアンケートを取ってもいいですか?」
高橋みなみ 「やっちゃいましょう」
高城亜樹 「じゃ~、拍手で。いきます。前髪伸ばして上げる方がいいよって人?」客、拍手

「ありがとうございます。あの、ちょっと1つ言っとくと、あんまり音の判別できるの得意じゃないんで」
高橋みなみ 「任せとけ、任せとけ」
高城亜樹 「続いて、前髪あった方がいいよという方?」客、拍手やや少なめ

「あった方じゃない?」
高橋みなみ 「上げてる方だね」
高城亜樹 「上げてる方ですかね? すごい悩むんですよ。取んなきゃよかった、悩むじゃん」
中田ちさと 「でもね、あきちゃの好きでいいと思うよ」
高城亜樹 「ほんと?」
高橋みなみ 「だって見てみぃ。5年間ずっと同じ髪型ですよ」客、反応
中田ちさと 「それもすごいよ」
高橋みなみ 「マイスタイルだよ」
他メン「それも個性で」
高城亜樹 「私もマイスタイル自分で考え出していきましょう。今日のアンケートは参考にさせていただくということで、 ありがとうございました」客、拍手

高橋みなみ 「じゃ~、ということで他に、2010年言い残した」
他メン「ハイ」
高橋みなみ 「おっ。まず仲谷いこうか」
仲谷明香 「じゃ~、私も地声でいきますね」
高橋みなみ 「いきましょう」

仲谷明香 → マイクなしで、

「舞台やりま~す!」

高橋みなみ 「今日のなかやん告知大好きです」
仲谷明香 「ちょっと聞いて。言い訳聞いてください。だって公演ないじゃないですか」
高橋みなみ 「ないよ、ないよ」
仲谷明香 「だから、今日しかない」
高橋みなみ 「言おう。告知して、オンデマンドも撮ってるから」
仲谷明香 「あのですね、えっとですね、2月のめちゃくちゃ先なんですけど、 2月の24日から27日まで、7回公演。えっと、時空警察ヴェッカーサイトという 舞台をやらせていただきます。場所は東京・渋谷の文化総合センターみたいな」
他メン「みたいな」
仲谷明香 「6階の伝承ホールという場所でやらせていただきます。あの私、時空をね、守るね、 時空警察として、時空刑事ディアナちゃんとしてやらせていただきますので」
高橋みなみ 「いい役じゃないですか」
仲谷明香 「はい。ぜひ、見に来てください!」客、拍手
高橋みなみ 「みんな、見に来てくれるかな?」客「いいとも!」
メンバーたち 「いいとも!」
高橋みなみ 「これ楽しい。タモリさんこういう気持ちよ」
仲谷明香 「はい、スッキリした」
高橋みなみ 「よかった」

「さー、そして、しーちゃん」
大家志津香 「しーちゃんあの、今年っていうより、言いたいこと、普通に」
高橋みなみ 「いいよ、いいよ。地声で言っちゃうよ」
大家志津香 「地声じゃないとダメですか?」
高橋みなみ 「地声で行こうぜ、ここまで来たら」
大家志津香 「いきますね、じゃ~、いきます」

→ マイクなしで、

「言うなよ!」

他メン「えっ?」
高橋みなみ 「切れてる、切れてる。言うなよって言った?」
大家志津香 「言うなよ。指原の話なんですけど、M-1、あっ、まぁ、いいや。M-1のテレビがあってる時に、 うちん家に集まってたんですよ。うちは録画して楽しみにして、別に今は地方組の集まりを大切にしようと思って」
高橋みなみ 「なるほどね。リアルタイムで見てないんだ」
大家志津香 「そう、見てないんですよ、リアルタイムで見てなくて、M-1が終わった頃くらいに指原のお母さんから メールが来たらしくて、この中に結果知りたくない人もいるかもしれないので言わないですけど、 「○○が優勝したよ」ってメールが来たらしいんですよ。指原も楽しみにしてたらしくて、 指原が「オイ、お母さん○○優勝したとか言うなよ」って言ったんですよ」客w
他メン「あー」
高橋みなみ 「声を出してね」
大家志津香 「そう、声に出してメールを読んだので、うちも結果知っちゃって、言うなよと思って」
多田愛佳 「巻き添えくらったってこと?」
大家志津香 「そう」
他メン「あー」

次のメンバー入場。

高城亜樹 「言うなよ~」
高橋みなみ 「言うなよなー、ほんとになー」
指原莉乃 「その節はほんとに、ほんとに」
高橋みなみ 「指原さん」
指原莉乃 「はい」
高橋みなみ 「あなたですよ」

メンバーチェンジ。

後半:松原夏海、小嶋陽菜、岩佐美咲、前田敦子、篠田麻里子、前田亜美、指原莉乃、仲川遥香

指原莉乃 「その節は申し訳ないなと思ってるんですけど、気持ちを切り替えて今日のMCを発表します。なんで笑った?w  今日のお題は大家の誕生日ということで、大家志津香のいいところ」
他メン「イェー」客、拍手

指原莉乃 「ある人!? こらっ。前田さん」
前田敦子 「私?」
指原莉乃 「うん」
前田敦子 「バーコードリーダー描くのが上手い」客、拍手
指原莉乃 「それね、大家のブログ見てる人は知ってると思うのですけど、なんかしーちゃんの調べましょうっていうコーナーを やってて、バーコードリーダーを紙に書いて、それをバーコードリーダーにピッとやったら、ホームページが映のか っていう実験をやったらしくて、それをすごい時間かけて、休みの日にやってたっていう、かわいそうなエピソード」
前田敦子 「オールナイトニッポンでそのね、メールを読んだの。印刷されたしーちゃんが描いたやつがあって、 なんとなーく携帯にンってやったらね、飛んだの」
指原莉乃 「すごい」
他メン「へー」
指原莉乃 「マジすごい。感動しますね」
前田敦子 「しーちゃん自分のホームページに飛んだの」
指原莉乃 「w 大家のオフィシャルサイトに?」
前田敦子 「そう」
指原莉乃 「すごいですね。感動しますね。そんな感じで、大家のいいところを」
前田亜美 「はい」
指原莉乃 「亜美ちゃん」
前田亜美 「あります。今日なんですけど、あの、今日廊下みたいなところ歩いてたんですよ、しーちゃんと一緒に。 で、廊下みたいなところに手洗い場があって、何個も。そしたらなんか、水が出っ放しなところがあって、 そしたらしーちゃんが「誰だこれ?」とか言って、締めて、普通に歩いてたんで、なんか好印象だなと思って」
他メン → 軽くw
指原莉乃 「中学3年生の亜美ちゃんから見たら、そういうところが好印象だった」
前田亜美 「すごいなと思って」
松原夏海 「めっちゃチープだよね」
指原莉乃 「安いっすね、すごく」
松原夏海 「水が出てたら誰だって気になる」
指原莉乃 「まぁ、安いいいところ。節約家ですからね、大家は」
前田亜美 「水止めてたから」
指原莉乃 「いいところですね」

「じゃ~」
仲川遥香 「ハイ」
指原莉乃 「はるごん」
仲川遥香 「笑顔」
指原莉乃 「いいね、それ締めにして欲しかったね」
他メン → w
指原莉乃 「それ締めて欲しかったね」
仲川遥香 「あともう1つある。みんなに優しいところ」
指原莉乃 「あー、たしかに」
仲川遥香 「みんなの手助けをしてくれるところ」
指原莉乃 「そうなんですよね」
仲川遥香 「そう。イェー」
指原莉乃 「道に迷ったりしたらね、来てくれるよね。ほんとに、ほんとに。場所言ってなくても来てくれるんですよ」
仲川遥香 「ほんとに優しいんですよ」
指原莉乃 「ほんとに。すごいよね。無人島に連れて行きたいタイプだよね」
仲川遥香 「ほんとに。重要な人物です」

指原莉乃 「まったく喋ってない麻里子様は? 麻里子様、麻里子様、がんばって」
篠田麻里子 「いっぱいあり過ぎて悩んじゃって。えっと」
指原莉乃 「麻里子様」
篠田麻里子 「名前だけに、家を貸してくれるところ」
指原莉乃 「なんでボケたんですか?」
他メン → 軽くw
指原莉乃 「でも実際大家のお父さんは、その大家って名前だから大家になったんですよ」
他メン「えっ?」
指原莉乃 「そうなんです。そう、大家さん。他のこともやってるんですけど、副業として大家を」
他メン「副業として?」
指原莉乃 「すごいですよね」

「じゃ~、こじはるさん!」
小嶋陽菜 「あっ、どうしよう」客w
他メン → w
小嶋陽菜 「あっ、どうしよう。私、今日公演久しぶりで、すっごい緊張してて、しーちゃんのいいところ全然思いつかなくて」客w
他メン → w
小嶋陽菜 「どうしよう」
指原莉乃 「なんか捻り出して」
小嶋陽菜 「あんまり知らないんだけど、最近すごいいろいろがんばってるらしいっていう」客、軽くw
指原莉乃 「そうですね、たしかに週刊AKBとか、大家のスペシャルをやったりとかしてるんですよ」
他メン「たしかに」

指原莉乃 「じゃ~、なっつみぃさん」
松原夏海 「ん~、しーちゃんはキレイ好き」
他メン「家超キレイですよね」
指原莉乃 「キレイ。なんか、すごい神経質になっちゃうらしくて、シンクって言うんですかね?  水、手洗うとことかちょっと濡れてたらそれもティッシュで拭いちゃう」
松原夏海 「すごい」
篠田麻里子 「なんかシンク周りをキレイにする人は出世するってよく言いますよね」
他メン「おー」
篠田麻里子 「石川遼選手とかもシルク周りをすごくキレイにするって聞いたんで」
他メン「へー」
指原莉乃 「じゃ~、今日という日に大家の出世を記念して」
他メン → 軽くw
指原莉乃 「締めたいと思います。これからもチームAよろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

前田敦子 「私たちにはそれぞれ夢があります。今やれることってなんだろう?  これからどうすればいいんだろう。いろいろ考えることありますが、私たちはゴールに向かって真っすぐ 歩き続けたいと思います。それでは最後の曲です。聴いてください」

→ 他のメンバー入場

前田敦子 「命の意味」


◆M13.命の意味 (全員)

■アンコール
有志の方A「えー、みなさん、今日はご来場ありがとうございます」客、軽くw

「チームA最終公演ということで、チームAを愛するみなさまいっぱいいらっしゃると思いますが、 申し訳ございません、多田愛佳さんと大家志津香さんのためにみなさんの声をお借りしたいと思います」客、拍手

「じゃ~、大家さんの方からひと言何かお願いします」客、軽くw

有志の方B「しーちゃん、初の生誕祭おめでとう」客、拍手

「でもまだこれはスタートの・・・。2011年19歳を真っすぐ我武者羅に一生懸命夢に向かってがんばってください」客、拍手

「それでは、らぶたんコール、しーちゃんコールいくぞー」客、拍手


「らぶたん」「しーちゃん」コール


◆M14.I'm crying (全員)
◆M15.ずっと ずっと (全員)


■MC4
高橋みなみ 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

高橋みなみ 「I'm crying、ずっと ずっと、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

高橋みなみ 「チームA6th「目撃者」公演、みなさんの温かい声援をいただきながら、本当に終わりに近づいています。 ということで、今日は28日ということでですね、まさか本当に今年の終わりにチームA全員揃って公演ができるとは ほんとに思っていませんでした。11月29、30日と2日連続で公演があったのも正直奇跡だなと自分たちで言うのも なんなんですけども、思っていて、で、昨日2日ぐらい前まで麻里子様が休演だったのですけども、 麻里子様のスケジュールもあって、嬉しいことに全員揃うことができました」

「今年始まって新チームAとして活動してきたのですけど、もうね、最初はどうなることやらと みんな不安もあったのですけども、今ではなんかこう、新チームAでよかったなとみんなで思えるようになっていて、 すごく向上心がみんな1人ずつあります。平均年齢は一番高いチームですが」客、軽くw

「気持ちは若く、来年も。来年二十歳迎えるメンバーほんと多いのですけども、 そうね、多いんだけど、もうね、若々しく、みんなでずっと言ってる16人の本気をこれからもみなさんに お見せできるようにがんばっていきたいと思っていますので、どうぞみなさん、来年もよろしくお願い致します」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

高橋みなみ 「ありがとうございます。それでは本当に最後の曲です。聴いてください。Pioneer」


◆M16.Pioneer (全員)


曲終了後、
小嶋陽菜 「本日はご来場本当にありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

小嶋陽菜 「さて、みなさん、12月8日に発売された「チャンスの順番」はもうチェックしていただけましたか?」客、拍手

「ありがとうございます」
前田敦子 「ありがとうございます。それで今日はですね、その「チャンスの順番」タイプAバージョンに収録されています、 私たちチームAが歌う「胡桃とダイアローグ」を披露させていただきたいと思います」客、拍手

「それでは聴いてください。胡桃とダイアローグ」


◆M17.胡桃とダイアローグ (全員)


曲終了後、
前田敦子 「ありがとうございます。みなさん「胡桃とダイアローグ」いかがだったでしょうか?」客、拍手
高橋みなみ 「ありがとうございます。そしてこの公演終了後には、日ごろの感謝を込めまして、ロビーにて ハイタッチにてみなさんをお見送りさせていただきます。係員の指示があるまでみなさんお席に座ってお待ちください」

「そして最後になりましたが、本日で2010年度チームA公演ラスト公演でございます。 みなさん本当にありがとうございました」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございました」

高橋みなみ 「ぜひ来年もチームAそしてAKB48の応援をよろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

高橋みなみ 「それでは最後の挨拶をしましょう」
メンバーたち → 横一列手繋ぎ、「せ~の」バック
指原莉乃 「ちょっと待った! 今日は12月8日に誕生日を迎えた愛ちゃんと、本日お誕生日を迎えたしーちゃんの誕生日です。 愛ちゃん、しーちゃんお誕生日おめでとう!」

BGM → 涙サプライズ!


ケーキ運び、ロウソク火付け → 松原夏海中田ちさと


指原莉乃 「さぁ、ということでみんなで歌を歌いましょう。せ~の」

みんなで 「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア らぶたん、しーちゃん」

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」客、拍手


大家志津香多田愛佳 → 一緒にロウソク火を吹き消す(1フー)
メンバーたち 「フー!」「イェー!」客、拍手

指原莉乃 「さぁ、おめでたいね。ということで早速なんですが、ここで愛ちゃんに、今日時間の都合でここのステージに立てていない わさみんから」
多田愛佳 「おっ」
指原莉乃 「お手紙があります」客、おー
多田愛佳 「お手紙というより携帯ですね」
指原莉乃 「指原の携帯、メールなんですけど。でも指原が読むと本気度がなくなっちゃうので、AKBの徳光さんことたかみなさんに」
高橋みなみ 「徳光さんになった覚えはないけれども」
指原莉乃 「よろしくお願いします」
高橋みなみ 「いいんですか?」
指原莉乃 「ミュージックスタート」
多田愛佳 「携帯が大きく見えますね」

→ BGM

高橋みなみ → 携帯を見ながら、

「らぶたんへ。16歳のお誕生日おめでとう。私は研究生だったので、同い年でも、らぶたんにもちろん敬語だったよね。 しかも私は実はAKBに入る前、らぶたん推しだったので」客、おー

「まさか仲良くなれるとは思ってなかったんだけど、 らぶたんから「タメ口でいいよ」って言ってくれて、こうして仲良くなれて本当に嬉しいです」

「研究生から昇格して、本当はチームAに馴染めるか不安だったけど、らぶたんがいてくれたお陰で、 先輩たちとも仲良くなれて、今チームAが本当に楽しいです。大好きならぶたん、本当におめでとう。 ずーっとかわいいかわいいらぶたんでいてね。これからもよろしくお願いします。一生「神推し」です。岩佐より」客、拍手
多田愛佳 → 涙
指原莉乃 「あー、愛ちゃん泣いちゃったー」
他メン「愛ちゃん」
高橋みなみ 「これ危ないよ、読めなく(なりそうに)、ちょっとー」
誰か「愛ちゃん、黒い涙出てきちゃった」
指原莉乃 「そうだよね、普段仲いいからこそ言えないこといっぱい書いてたから。後でこれ転送します」客、ざわw
多田愛佳 「ありがとうございます」

指原莉乃 「そして、ここで大家にも」客、おー
大家志津香 「誰?」
指原莉乃 「しーちゃんの大好きな、お父さんから」客、おー

「ちょっと待って。いっぱいメルマガが来てるから。これこれ。これも徳光さんにちょっと」
高橋みなみ 「徳光さんじゃない、高橋です」
指原莉乃 「これ、ジョークとかじゃなくてほんとにお父さんやけん、はい」

高橋みなみ 「いいですか?」

→ 携帯を見ながら、

「志津香、19歳のお誕生日おめでとう。覚えてるか?チョコケーキ。16歳の誕生日にAKB48のロゴマークをケーキ屋さんに 持って行って、「このマークと『がんばれ志津香、目指せチームA』って入れて、オリジナルケーキを作ってください」 って言って作ってもらったあの3年前の日を。志津香を喜ばせたい一心で、四十半ばのおじさんが顔を真っ赤にして 勇気を出してケーキ屋に行ったんだぞ」

「あれから今日がちょうど3年目。まさかチームAの一員としてこの日を 迎えられるとは夢にも思わなかった。これも志津香を支えてくださっているスタッフの方々やメンバーのみなさん、 そして何よりもファンのみなさまのお陰です。常に感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩前進して行ってください。 志津香のファン第一号。でも最近、指原推し変したパパより」客w
大家志津香 → 涙

指原莉乃 「はい、以上です。最後にオチもしっかり持ってくるお父さん素敵ですね」
高橋みなみ 「パパわかってんな。この涙を返して」
指原莉乃 「でも泣ける内容でしたね」
仲谷明香 「いいお父さんだね」
指原莉乃 「そうなんです、そんなわけで、じゃ~、まず愛ちゃんから16歳になったということで、 16歳の抱負を聞かせてください」

多田愛佳 「はい、えっとですね、15歳の年はけっこう9時以降に出れなくてけっこう悔しい想いをしてきたのですけど、 でも15歳なんですけど、映画とかもいっぱい、いっぱいじゃない、1コですけど出させてもらって、 ホラー映画が苦手っていうのを1つわかったので、15歳はちょっとステップアップできたので、 16歳は女優のお仕事をもっと経験して、勉強もしていきたいなって思います。みなさんよろしくお願いします」客、拍手
メンバーたち 「おめでとう」

指原莉乃 「さぁ、ここで、大家さん、大家さんは19歳。泣いちゃってるけど、19歳ということで、19歳の抱負を」

大家志津香 「19歳の抱負? じゃ~、かっこよく四文字熟語でいきましょう」
高橋みなみ 「四字熟語?」
大家志津香 「14、、14じゃない。19歳は、獅子奮迅でがんばりたいと思います」
高橋みなみ 「意味は?意味は?」
大家志津香 「意味? 意味は、調べたんですけど、辞書に、獅子が奮い立ったように凶暴な様子みたいな。 凶暴にいろんなことに立ち向かっていく様子」
高橋みなみ 「なるほどね」
大家志津香 「これいい言葉やなと思って、それです」
指原莉乃 「なるほど。AKB48のたんぽぽとして。たんぽぽなんですよね?」
高橋みなみ 「たんぽぽです」
指原莉乃 「そしてこれからもがんばっていただいて、愛ちゃん」
多田愛佳 「ハイ」
指原莉乃 「愛ちゃん、えっと、今日こんなにたくさんお祝いをしてくれたファンのみなさんにお礼の言葉をお願いします」

多田愛佳 「えっと、あの、幕が開いてから、私のかわいいTシャツをみなさんが作ってくれたのを着ていて、 ちょっとしーちゃんと被ってるなーとも思ったのですけど」客w
高橋みなみ 「色がね」
多田愛佳 「なんですけど、すごい嬉しくて。去年の15歳の時の生誕Tシャツもすごいかわいくて。 ユニットの「☆の向こう側」のオチサビでまさかコールが来るとは思わなかったので、 すごく嬉しかったし、でもそこで泣いてしまったらちょっと早いなーと思ったので、 我慢していました。そしたらこんなに鼻水が止まらなくなりました。涙より鼻水が止まりません。 ということで今日はありがとうございました。本当に楽しかったです」客、拍手
メンバーたち 「おめでとう」

指原莉乃 「さぁ、続いて大家さん、お礼をお願いします」
大家志津香 「はい、なんか、パパのメールにほとんどファンの方々やとか書いてあったけん、 何言っていいかわからんけれど、そうですね、(涙声で)あのー、そうですね」
高橋みなみ 「しー」
指原莉乃 「しーちゃん初めての生誕祭、3年経って」
高橋みなみ 「そっか、初めてなんだな。言いたいこと言っちゃえ」
大家志津香 「(涙声で)えっと、いろいろ言いたいことはあるんですけれども、 長くなるので、えっと、3年半くらい、研究生に入ってから3年半くらい経ったけど、生誕祭がちゃんとこうやって ステージの上でやってもらうことがまだなくて、あの、やってもらえないままAKBからいなくなっちゃうんじゃないかなとか 思った日はあったけど、それでもファンの方みんなついてきてくださって、今日ステージの上で初めて生誕祭を やっていただいて、本当にありがとうございます。19歳の年は、今年よりもっといっぱい活躍して、 やりたいこともいっぱいやって、あと、無人島生活もやりたいので」客、軽くw

「あの、応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」客、拍手
メンバーたち 「おめでとう」

指原莉乃 「さぁ、それでは(涙)」
高橋みなみ 「指原? 指原さん?」
指原莉乃 「それでは、最後の挨拶を致しましょう(涙)」客w

「じゃ~、愛ちゃんと大家にお願いしたいと思います」

倉持明日香 → 後ろ側を向き、ステージに落ちたホッカイロを拾う
誰か「誰ですか?」
高橋みなみ 「誰だ、板にホッカイロを落としたやつは」
指原莉乃 「ホッカイロ貼ったやつ」
他メン → 軽くw
高橋みなみ 「すごいな。これ熱いぞ」
指原莉乃 「すごいね」
高橋みなみ 「どんな寒がりだよ」
指原莉乃 「ハケましょう、ハケましょう」客、ざわ

「それではしーちゃんと愛ちゃんよろしくお願いします」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
大家志津香多田愛佳 → センターにて、「せ~の」(バック)、「せ~の」(前進)
メンバーたち → お辞儀「ありがとうございました」

手を振りながらハケる。

BGM → 目撃者

高橋みなみ 「また来年もよろしく」

メンバーたち 「おめでとう」「しーちゃんおめでとう!」

大家志津香 「ありがとうございました、ありがとうございました。ほんっとにありがとうございました」

公演終了。


■メモ
多田愛佳&大家志津香 合同生誕祭ということで、
・M1「目撃者」にて赤サイリウム。
・自己紹介(大家の時に)上手&下手は青を前に、中央は白を前に。
・M8「☆の向こう側」にてハート型ピンクサイリウム。
・M9「サボテンとゴールドラッシュ」にて黄色サイリウム。
・アンコールは「らぶたん」「しーちゃん」コール。
・EC2「ずっと ずっと」EC3「Pioneer」にてピンクサイリウム。

10122809.jpg  10122810.jpg

■ハイタッチ会
終演後にロビーにてメンバー全員とハイタッチ(※ 16歳未満メンバー=岩佐美咲、前田亜美&前座ガールズを除く)


■率直な感想
AKB48&新チームA、2010年最終公演。

MVP入場、スーパー遠方あり。

11月30日以来、約1ヶ月ぶりの新チームA公演。
7月27日に新チームA体制がスタートしたわけであるが、ほんとに公演数が少なかったなって思う。特に9月以降は。

序盤はブランクを感じるメンバーが多かったけれども、中盤以降は割りと良かったかなって思う。

AKBは常に変化しているわけだけれども、まさかこれほどまでに正規チームの公演、特に新チームA公演が少なくなろうとは。 今は、研究生劇場に名前変えた方がいいんじゃないかってくらい、研究生公演ばかりなわけで。。。


公演終わりに多田愛佳さん&大家志津香さんの合同生誕祭が行われた。
岩佐美咲さん、大家志津香さんのお父さんからの感動的なメールがあったり。

多田さんは、今年で16歳。まだまだ子供キャラのイメージは強いが、これからどのように大人の階段を 上がって行くのか、ステップアップしていくのか、楽しみである。

大家さんの「(生誕祭)やってもらえないままAKBからいなくなっちゃうんじゃないかなとか 思った日はあったけど」、この言葉は重かったですね。いろいろ考えさせられてしまった。

大家さん、今もおもしろいけど、でもまだまだ出し切れてない部分があるんじゃないかなって、 もっともっとおもしろいんじゃないかなって思う。この新チームAで、ひと皮もふた皮も剥けるか、楽しみである。


公演後、いつものようにUDX前のスペースに行くと、(ある意味)伝説のあっちゃんファン、BKさんがいて、 鬼の形相であれこれと。

今日はキャンセル待ち、対象内は23までで、対象外は、予約席が多かったり、立ち最にカメラがあった影響か、 34までしか出なかった。BKさん、40で、入れなかったそうである。

以前は生誕祭であったり、特別な日は、対象外でけっこう入れてくれたのに、今日に関してはそういう 配慮がなかったようで。で、立ち席は人が少なく、だいぶ余裕があったと知り、それでご立腹に。 ほんとはもっと入れたんじゃないかということで。

今日のBKさん、ほんとに怖くて、gkbrしながら家路に就いた。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 高橋みなみ


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND