FC2ブログ

はるぅ、なんちゃんのデータを密かに収集(2010/09/25、昼公演、チーム研究生B5th 44回目)

■出演メンバー
8期研究生 → 佐野友里子
9期研究生 → 大場美奈、島崎遥香、島田晴香、竹内美宥、永尾まりや、中村麻里子、森杏奈、山内鈴蘭、横山由依
10期研究生 → 阿部マリア、市川美織、入山杏奈、加藤玲奈、金沢有希、仲俣汐里

[ 研究生B5th公演出演メンバー / 今月の出演メンバー ]

■公演前の陰アナ
大場美奈 「みなさん、おはようございます」客、反応
「起きてらっしゃいますか? みなさん起きてると信じて、一緒に盛り上がっていきましょう。 大場美奈でした。待っててね」客、拍手

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
横山由依 「みなさん、こんにちは!」
みんなで「AKB48 チーム研究生です」客、拍手

横山由依 「勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「それではさっそく今日のお題を発表したいと思います。 今日のお題は、 自分がもし男の子だったら何をしたいですか?です。 それでは答えと一緒に自己紹介をれなっちからお願いします」

1列目 上手側から順に
加藤玲奈 「ハイ、10期研究生の中学1年、13歳のれなっちこと加藤玲奈です」

「私はですね、男の子の会話っていうのがわからないので、男の子になったら会話の中に入ってみたいです。 ハイ、今日もがんばります。よろしくお願いします」

永尾まりや 「ハイ、16歳、高校2年生、永尾まりやです」

「私は男の子っていうか、今の若い人はワックスを付けるじゃないですか。 それを鏡の前とかでちょっとやってみたいなーと思います。はい、今日もよろしくお願いします」

竹内美宥 「はい、中学3年生、14歳の竹内美宥です」

「私は男の子になったら、すごいイケメンになって」客、おー
「それで野球かサッカーをやるすごいスポーツ万能で、それから勉強もできる完璧な男の子になりたいなと。 あともう1つは身長は180ぐらいです」客、おー

「ハイ、それぐらい欲しいなと思います。今日も全力でがんばります。みなさん応援よろしくお願いします」

島田晴香 「ハイ、静岡県出身、高校3年生、17歳の「はるぅ」こと島田晴香です。よろしくお願いします」

「私はジュノンボーイコンテストに出てみたいなって」客、反応
「ほんとイケメンになって、イケメンの人の気持ちをわかってみたいなっていう、 ちょっと興味本位って言うんですか? ハイ、今日も一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

森杏奈 「ハイ、さっき島田にチューしようって言ったら断られました」客、え~
「ハイ、森杏奈、16歳、高校2年生です」

「私は言うても男の子みたいなもんなんですけど」客『言うても』に反応
「言うても。あのですね、あのですね、何言うかほんと忘れちゃった。どうしよう。 ほんとわかんない。ハイ、今日も杏奈ちゃんスマイルでいきたいと思います。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
入山杏奈 「ハイ、中学3年生、14歳の入山杏奈です」

「私はですね、男の子になったら私は絶対イケメンなんですよ。 設定です。それでですね、少女マンガの男の子が言っててかっこいいセリフってあるじゃないですか。 それを自分の好きな人とか彼女とかそういうかわいい女の子に言いたいです。 ハイ、今日も1日がんばります。よろしくお願いします」

市川美織 「はい、高校2年生の16歳、みおりんこと市川美織です。よろしくお願いします」

「私はですね、頭をですね、スポーツ刈りって言うんですか? なんか坊主みたいにして、 それでなんかスポーツに熱中して、汗水ダラダラのかっこいいムッキムキみたいな感じの人に なってみたいなと思います。はい、ということで今日も元気いっぱるるでいきますので応援よろしくお願いします」

島崎遥香 「ハーイ、「島田晴香ちゃんが大好きー」って言ってって言われました」客、反応
「ぱるること島崎遥香です」

「私は遊園地とかにいる着ぐるみの中に入ってみたいです」客、反応&今でもできる
「でも体力が必要そう」客、あ~

「はい、今日はここにいるみなさんに私お顔と名前を覚えて行っていただけたら嬉しいなと思います。 よろしくお願いします」

横山由依 「ハイ、京都から来ました、横山由依、17歳の高校3年生です」

「私は今、制服がめっちゃ好きなんですけれども、制服が好きなので、男の子になったら 学ランを着たいんですよ」客、軽く、おー

「そうです、学ランを着てみたいです。 ハイ、今日もみなさんに楽しんでいただけるような公演にしたいと思っています。よろしくお願いします」

阿部マリア 「ハイ、10期研究生、中学3年生、14歳の阿部マリアです」

「私はですね、よく1人で駅とかのうどん屋さんとか牛丼屋さんとかに行くのですけど、 なんかやっぱり冷たい目で見られるんですよ。だからなんか男の子になったら 堂々と行けるかなと思って、はい、すみません」客、軽くw

「はい、自分らしくがんばります。よろしくお願いします」

金沢有希 「はい、北海道から来ました、17歳、高校2年生、ゆうちゃんこと金沢有希です」

「私はですね、もう女の子に慣れちゃってるんで、男の子になったら何になりたいか今ちょっと浮かばなかったんですよ。 なので今日はみなさん男の子になって良かったなと思うことを私に教えてください」客「は~い」

「はい、ありがとうございます。はい、今日もよろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
山内鈴蘭 「ハイ、高校1年生の15歳、らんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私は最近ぱるるとクリームソーダーズっていうのを作ったんですよ。 2人でクリームソーダが大好きで、男の子にもしなれたら、100杯200杯も飲めるように、ねー」客、軽くw

「いいなと思ったんですよ。でもさっき衣装さんに「男の人って胃強いですか?」って訊いたら、 いや、女の子より繊細じゃない?って言われて、あっ、無理だなって、夢を諦めたんですよ」客、反応

「あの、ちょっとおかしくなってきちゃったんでこの辺で終わりにします。 ハイ、今日もあなたの笑顔が見たいから鈴蘭パワー全開でいきたいと思います。よろしくお願いします」

仲俣汐里 「はい、高校3年生のしおりんこと仲俣汐里です。よろしくお願いします」

「私は小さい頃からたまーに男の子になりたいなって思う時がよくあるのですけど、 最近その理由として思うのは、私けっこう少年っぽい格好をするんですけど、 オーバーオールとか大好きで」客、反応&大場?

「みなるんさんも大好きなんですけど、その上を行くオーバーオールがあって」客w → 拍手
大場美奈 「オーバーオールに負けた」
仲俣汐里 「まぁ、ね、オーバーオールとか、アメカジっていう、そういう感じのファッションが大好きで、 男の子になって着たら、かっこかわいいんだろうなと思うとすごいワクワクします。 はい、今日もがんばります。よろしくお願いします」

大場美奈 「はい、18歳、高校3年生のみなるんこと大場美奈です」

「私はアイドルでも俳優さんでもモデルさんでも何でもいいのですけど、 有名人になって、女の子の黄色い声援を浴びたいんですよ。わかりますか?」客「女の子叫んで」

「女の子叫んで!?」女性客「キャー」客w
「それ悲鳴でしょ? いいよ。それ悲鳴って言うんだよ、女の子。 ハイ、ちょっと今一瞬浴びれたので、はい、ありがとうございました。今日もよろしくお願いします」

中村麻里子 「ハイ、16歳、高校2年生の中村麻里子です」

「私はですね、男の子になりましたら、こんなね、かわいらしいね、彼女を作って、 まぁ、私だったらできるかわからないのですけど、男の子になっても。 まぁ、こういうかわいい女の子を連れて、ウハウハしたいなと思います」客w

「ハイ、今日も全力でいきます。応援よろしくお願いします」

佐野友里子 「はい、18歳のゆりりんこと佐野友里子です。よろしくお願いします」

「私は、これがやりたいんですよ、この横にいる、こういうやつです」屈む(警備員)
「なんか女の人いないじゃないですか。なので、なんか楽しそうで、これが」客、軽くw

「やりたいです。ハイ、今日も最後までよろしくお願いします」

「チーム研究生でお送りする「シアターの女神」公演、まずはこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(永尾まりや、竹内美宥、加藤玲奈)
◆M06.嵐の夜には(阿部マリア、森杏奈、島田晴香、金沢有希)
◆M07.キャンディー(市川美織、横山由依、島崎遥香)
◆M08.ロッカールームボーイ(佐野友里子、入山杏奈、仲俣汐里、中村麻里子、山内鈴蘭)
◆M09.夜風の仕業(大場美奈)

■MC2
金沢有希、加藤玲奈、竹内美宥、島田晴香、永尾まりや、阿部マリア、森杏奈

「イェー」

森杏奈 「初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

森杏奈 「はい、ここでは、密かにやっていることを教えてください」
他メン「イェー」客、拍手

阿部マリア 「ハイ」
島田晴香 「おー、マリア」
阿部マリア 「私はですね、私のことじゃないんですけど、有希ちゃんなんですけど、 有希ちゃんをボーっと見てるんですよ、たまに。そうすると絶対になんか楽しそうに騒いでるところを 有希ちゃんはボーっと見ているんです。いいなって」
島田晴香 「なんで入ってこないの?」
金沢有希 「えっ? 見てるだけで楽しくないですか?なんか」客、軽く、あー
「わかりますか?」
阿部マリア 「入りたさそうな感じですよ」
金沢有希 「なんか、はい」
阿部マリア 「なんかすみません」
竹内美宥 「かわいい」

島田晴香 「美宥は?」
竹内美宥 「美宥はですね、美宥は最近、密かって言わないかもしれないんですけど、 すごい最近お腹がいっぱいでも食べれるような気がしちゃって、いろいろ」客、ざわ

「ラーメン食べた後でも焼肉とかイケそうな気がしちゃって」客、軽く、え~
「なので、6時以降にはあんまり食べないように心がけてます」客、偉い
永尾まりや 「偉いね」客、拍手
竹内美宥 「偉いんですよ。偉いんですけど、1日だけそれは成功して」客、反応
「2日後はもうずっとお肉やら。昨日も牛角に行って」客、軽くw

「お肉屋さんに行った」
島田晴香 「三日坊主どころじゃないね」
竹内美宥 「そう、すぐですね、食べちゃいました」

島田晴香 「ヤギちゃんは?」
永尾まりや 「私はムーンウォークがしたくて」
島田晴香 「どうぞやってください」客、拍手
他メン「おー」
永尾まりや 「違います。えっ?できないんで、ちょっと練習してるってことで」

「じゃ~、レベル1ぐらいで」
竹内美宥 「レベル1」
永尾まりや → センターから上手側へ、ムーンウォークを披露(客、拍手)
竹内美宥 「かわいい」
金沢有希 「かわいいですね」
島田晴香 「レベル2やって、レベル2」
→ 下手側から上手側へ、ムーンウォークを披露(客、拍手)
他メン「おー」

島田晴香 「レベル3やって、レベル3」
永尾まりや 「レベル3? えっ?」

→ 下手側から上手側へ、ムーンウォークを披露
島田晴香 「何も変わんないじゃんかよー」
永尾まりや 「でもちょっと成長してるんですよ。ですよね?」
竹内美宥 「なんとなくできてる気がする」
永尾まりや 「でしょ?」
竹内美宥 「うん」
島田晴香 「ヤギちゃんって絶対、密かじゃないけどこうやるよね」
→ 髪を掴んで鼻の下にあてる
永尾まりや 「こうやってやっちゃうんですよね」
島田晴香 「なんで?」
永尾まりや 「わかんない」
島田晴香 「匂い嗅ぎたいの?自分の髪の毛を」

永尾まりや 「わかんないけど」
島田晴香 「人の話聞いてる時もこうやってるんです」
→ 髪の毛を鼻と唇で挟む(客、軽くw)

「なんのアピールをしてるのかな?っていう」
永尾まりや 「島田さんは?」
島田晴香 「私はですか? 密かには、ちょっと森杏奈さんにこの頃興味ありまして、密かにいろいろ調べてますよ」
森杏奈 「怖い」
永尾まりや 「えっ?こわっ」
島田晴香 「なんで怖いとか」
永尾まりや 「何を調べてるんですか?」
島田晴香 「どういう子なんだろうっていう」
他メン「あー」
森杏奈 「そのまんまですよ、私は」
永尾まりや 「そのまんまでしょ?」
竹内美宥 「たしかになんちゃんは不思議だもんね」
島田晴香 「自分彼氏的な感じでなんか」
永尾まりや 「そうですよ」
島田晴香 「私はね、ちょっと密かにね、森杏奈さんのデータを取ってるんです」客、反応
他メン「あー」「怖い」
永尾まりや 「怖い。何やってるの?」
島田晴香 「悪いことじゃないですよ、そんな」
森杏奈 「怖い」
永尾まりや 「怖いですよね?」
島田晴香 「そんな私怖くないですよ、心が真っ白な人間ですから」客、え~

「えーって言わない」
森杏奈 「顔は真っ黒だけどね」客w → 拍手
永尾まりや 「おっ」

森杏奈 「はい、ということで、みなさんも密かにやってることがあったら バレないように気を付けてください」客、は~い

「はーい」
他メン「はーい」
森杏奈 「よし」
島田晴香 「はーい」
森杏奈 「やめてね、ほんとに怖いから」客w → 拍手

→ 他のメンバーたち入場

森杏奈 「後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:入山杏奈、森杏奈、島崎遥香、大場美奈、阿部マリア、市川美織、島田晴香、佐野友里子

「イェー」

島崎遥香 「はい、100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ここでのお題は得意料理について話しましょうです」
他メン「イェー」客、拍手

大場美奈 「はい、みなさん得意料理ありますね? ありますね?」客、軽くw
島田晴香 「そりゃーあるでしょう、女の子だからみんな料理はしますよね?」
大場美奈 「島田さんあるんですか?」
島田晴香 「島田さんこれでも料理できるんですから」客、拍手
佐野友里子 「おー!」
大場美奈 「おー」
佐野友里子 「意外」
島田晴香 「ちょっとナメないでくださいよ、私の腕を」
大場美奈 「何できるんですか?」
島田晴香 「ほとんど作れますよ、ビーフシチューとか」
佐野友里子 「えー!? すごい」
島田晴香 「意外なところでちょっとモテるポイント作んないとね」
大場美奈 「でもモテないんでしょ?」
島田晴香 「何?」
大場美奈 「でもモテないんでしょ?」
島田晴香 「いやいや、そんなことないですよねー。。」客、軽くw
佐野友里子 「あー! あーあ、せっかく料理作れるのにね」
島田晴香 「せっかく料理作れるのにね」
佐野友里子 「かわいそう」客w

大場美奈 「みおりんは?」
市川美織 「はい、私ですか? ハイ、私はですね、すごい料理できそうに見えますよね?」
島田晴香 「できなさそうだから」客、軽くw → 拍手
市川美織 「あれっ?」
島田晴香 「超見えないよ」
市川美織 「そうですか? でも島田さんよりは、みたいな」客、軽くw
島田晴香 「なに私が包丁持ったら危ないみたいな」
市川美織 「でも私はですね、包丁は使えないので、はい、えっと、なんでしたっけ?  あっ、フレンチトースト?」
他メン「おー」
島田晴香 「おーって言ってるけど焼くだけだよ、ただ」
市川美織 「w そんなことないですよ、玉子付けて、バター塗って」
島田晴香 「卵割れるの?」
市川美織 「卵、ハッ、割れるんですよ」客、拍手

「すごーい」
佐野友里子 「割れるわ、それぐらい」
島田晴香 「それぐらい割れるよ」
大場美奈 「ここの全員みんな割れるわ」
島田晴香 「うち片手で割れるで」
市川美織 「えー!? すごいですね」
大場美奈 「黄身割らないの?」
島田晴香 「黄身割らない」
市川美織 「えー?」
大場美奈 「すごいですね」
市川美織 「両手でも黄身割るですよ」
島田晴香 「うん、割れるよ」
市川美織 「大丈夫ですか? 黄身割れちゃうんですよ、両手やっても」

大場美奈 「じゃ~、あんにんは?」
入山杏奈 「私ですか? 私はですね、料理できるんですよ」
大場美奈 「絶対できない顔してるよ」客、軽くw
入山杏奈 「こう見えてですよ。できなさそうですか? できそうですよね?」客、軽く拍手
他メン「いや」
大場美奈 「こわ~いとか、卵割れな~いとか言ってそう」
入山杏奈 「でも魚料理はできないです。生魚が嫌です、触るのが」
他メン「へー」
入山杏奈 「でも普通になんかお菓子とかパスタとかそういうのは作れますよ」
他メン「すごーい」

入山杏奈 「そういうみなるんさんはできないんですか?」
佐野友里子 「あっ、みなるんは」
大場美奈 「なんですか、その「できないんですか?」っていうテイで」
島田晴香 「だってみなるん食べる専門でしょ?」客、拍手
大場美奈 「あのね、作る人がいたらね、食べる人も必要なんですよ。わかりますか? そうですよね?  私は食べる人です」客、拍手
市川美織 「じゃ~、私のフレンチトースト食べてください」
大場美奈 「なんかヤダ」
島田晴香 「食べれる? 大丈夫?」
市川美織 「ちょっと生かもしれない」
大場美奈 「うわ~、やだ」
他メン → 反応
大場美奈 「ぱるるなら何でも食べてくれる?みおりんのだったら」
島崎遥香 「何? えっ、なんですか?」
島田晴香 「愛で食べれるよ」
市川美織 「フレンチトースト」
島崎遥香 「あっ、食べます」
大場美奈 「生でも食べる?」
島崎遥香 「かわいいから食べる」客、軽くw
島田晴香 「棒読み、棒読み」

「なんちゃんは?そこでニヤニヤ笑ってますけど」
森杏奈 「(市川のマネ?)私は電子レンジと」客、反応
「お湯沸かせるようになりました」
島田晴香 「ちょっと通訳していいですか? 電子レンジとお湯を沸かせるようになりましたと言ってますけども、 ボタンを押すだけだよ」
森杏奈 「素晴らしい感じ。ピッと押せるんですよ、私」客、軽くw
島田晴香 「誰だって押せるわ」
大場美奈 「1歳児でも押せって言ったら押せるわ」客、軽くw
島田晴香 「みなるんも押せるんだからね。。」客、軽くw
大場美奈 「そこの例えおかしくないですか?」

島田晴香 「じゃ~、ゆりりん」
佐野友里子 「私ですか? 私なんもできないんですよ、実は」
島田晴香 「だと思った」
他メン「できないんですか?」
佐野友里子 「でも料理教室に通いたくて」
他メン「あー」
島田晴香 「やめた方がいい。絶対キャーキャー叫んでるから」
島崎遥香 「かわいい」
佐野友里子 「かわいいだって」
大場美奈 「かわいくないよ!」

次のメンバー入場。

中村麻里子 「ゆりりんはまず最初に日本の和の心の味噌汁を作れるようにならなきゃあかんね」
佐野友里子 「1時間かかります」
中村麻里子 「えっ!? そんなに? がんばって欲しいですね、ゆりりんにはね」

メンバーチェンジ。

後半:加藤玲奈、中村麻里子、金沢有希、仲俣汐里、竹内美宥、横山由依、永尾まりや、山内鈴蘭

中村麻里子 「はい、というわけでお願いします」
山内鈴蘭 「ハイ、ここでは最近あった不思議な出来事? 不思議に思ったことを発表していきたいと思います」
他メン「イェー」客、拍手

永尾まりや 「不思議に思ったことですね」
横山由依 「ハイ」
永尾まりや 「横山さん」
横山由依 「あのですね、あの、なぜ人間はお腹が空くのでしょうか」
他メン「えー?」「難しい」
横山由依 「あのですね、この間、あの、お姉ちゃんがこっちに来てくれてたので、 お姉ちゃんと一緒にご飯を食べに行ったんですね。すごい食べて、もう明日の昼ぐらいまでは 食べんで大丈夫やろうってぐらい食べたんです」
他メン「そんなに?」
横山由依 「けっこう食べてん。やのに、なんかまた朝になったらお腹空いてるんですよ。なんで?」
山内鈴蘭 「消化してるからでしょ?」
中村麻里子 「それはですね、胃液が物を溶かしてるからです」
横山由依 「おー。なるほど」
仲俣汐里 「すごい。頭がいい」
横山由依 「そういうことですね。わかりました」
中村麻里子 「解決?」
横山由依 「解決」

仲俣汐里 「私は、ここで言っていいのかわからないのですけど、ドキドキしてるんですけど、 実はまりやぎさん、男性と同姓してるんですよ」客、反応

「今もここに一緒に来てるんですよ。いますよね?テルオくん」
永尾まりや 「あっ、なるほど。ここにタケオくんがいるんですよ」右腕二の腕付近
山内鈴蘭 「私が説明しますと、まりやぎのこっちの右腕をタケオくんって勝手に名前を付けて」
仲俣汐里 「正体わからないです」

永尾まりや 「じゃ~、私は仲俣のこと言っていい? 最近よくメールくるんですけど「どうぞ」って言って、 ウルトラマンと一緒の画像が送られてきて」
仲俣汐里 「まりやぎさんが私の彼氏って言って送ってくれたじゃないですか。ほんとにすごい大きなウルトラマンと 同じポーズをして撮って、それを送って」
中村麻里子 「今日のなかまったは不思議ちゃんキャラに」

山内鈴蘭 「はい」
他メン「らんらん」
山内鈴蘭 「こんな話の後でいいのかわからないのですけど、地球って回ってるのに、 なんで人は回らないの?」
竹内美宥 「それ美宥もすごい思う」
山内鈴蘭 「ねぇ!思うよね!」
中村麻里子 「思わないよ」
永尾まりや 「地動説とかだよね」
金沢有希 「それってたぶん学校で習うと思うので」
永尾まりや 「ガリレオとかさ、ねぇ」
山内鈴蘭 「そんなんあった?」
竹内美宥 「絶対さ、回ってたら美宥たちもガーなってるよね」
山内鈴蘭 「なっちゃうよね」
竹内美宥 「なってると思う。なんで?」
横山由依 「学校の先生に聞こう、それ」

「じゃ~、ゆうちゃんは?」
金沢有希 「はい、あのですね、私は市川美織ちゃんがおばあちゃんになってもフレッシュレモン星を やってくれるのかっていう」
他メン「あー」「やってくれますとも」
金沢有希 「やって欲しいですよね」
他メン「してくれます」
仲俣汐里 「ゆうちゃん、フレッシュメロンはいつまで?」
金沢有希 「フレッシュメロンはですね、今美織ちゃんに教えてもらってる最中なので、はい」
中村麻里子 「研究中ですね」
金沢有希 「研究中です」
中村麻里子 「まさに研究生ですね」
金沢有希 「そうです」
中村麻里子 「なるほど。がんばってください」
金沢有希 「がんばります。ありがとうございます」

永尾まりや 「麻里子さんはありますか?」
中村麻里子 「私はですね、不思議に思ってることはですね、玲奈ちゃんがどうしてこんなにフワフワしているのか」
他メン「あー」
中村麻里子 「原材料を教えて欲しいんですよ」
他メン「原材料?」
竹内美宥 「美宥も教えて欲しいな。身長なぜ大きいんだろう」
他メン「そこ?」
加藤玲奈 「牛乳とかあまり飲まないんですよ」
竹内美宥 「えー?」
中村麻里子 「綿飴とか食べたりするの?」
加藤玲奈 「食べないです」
中村麻里子 「食べないか。そっか。じゃ~、今度こっそり教えてね、私にフワフワを」
加藤玲奈 「わかりました」

中村麻里子 「はい、というわけで最後の曲になります。聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)


曲終了後、メンバーたちハケる。


■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


曲終了後、
大場美奈 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

大場美奈 「オネストマン、チームB推し・研究生バージョン、2曲続けて聴いていただきましたが、 みなさん、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。はい、今日はみなさんのお陰で本当に楽しい時間を過ごすことができました。 次の曲が本当に最後の曲になります」客、え~

「ありがとうございます。私たちの夢を乗せて歌います。聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


◆M17.ヘビーローテーション (全員)


曲終了後、 竹内美宥 「本日はご来場ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

竹内美宥 「みなさん、8月18日にリリースされましたAKB48さんのニューシングル 「ヘビーローテーション」はもうチェックしていただけましたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。今日はその「ヘビーローテーション」のチーム研究生バージョンを 披露させていただきたいと思います」客、拍手

「ありがとうございます」


→ メンバーたち、スタンドマイク準備などでいったんハケる。ステージには竹内美宥1人。


竹内美宥 「えっとですね、きっとみなさんも知ってると思うのですけれども、サビに「I want you!」っていうところが あるんですよ。そこに、みなさんが追っかけみたいな感じでやって欲しいんですが、 その練習したいと思います。私が「I want you!」と言ったら(低い声で)「I want you!」と 言ってください」客w

「ハイ、お願いします。いきます」

「I want you!」客「I want you!」

「ハイ、こんな感じで、がんばってください!」客、拍手
「w お願いします」


→ メンバーたち、準備整う(客「なんちゃんがんばれ」)


竹内美宥 「それでは聴いてください。ヘビーローテーション」



◆M17.ヘビーローテーション (全員)
曲終了後、
竹内美宥 「みなさん、チーム研究生のヘビーローテーションはいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。8月18日にリリースされましたAKB48さんのニューシングル「ヘビーローテーション」、 みなさんこれからもよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

横山由依 「そしてこの後は日ごろの感謝の気持ちを込めまして、ロビーにてハイタッチでみなさんをお送り させていただきます。係りの方の指示があるまで客席内にてお待ちください。それでは最後の挨拶をしましょう」


横一列挨拶。「ありがとうございました」メンバーたちハケる。

BGM → シアターの女神

公演終了。


■ハイタッチお見送り
ロビーにて、劇場扉側からメンバー1人1人ずつ五十音順に全員と。

■率直な感想
前日の10期フル出演から、今日は8&9期フル出演となった。
Wポジションは4つとも9期生だった。

抽選は準優勝。最後方から。
上手奥までぎっしりで、ステージは2~3割程度。なんとなく見えた程度だった。

竹内美宥さんが、お腹いっぱいでもまだ食べれそうみたいな話をしていた。
食べ盛りなので食べるのが普通だと思うけれども、でも食べ過ぎないか心配である。人前に出る仕事だし。 残念ながら正式メンバーで、臨界点を超えちゃってしまってるなと思うメンバーもいたりするわけであるが、 ほんとに夢を叶えたいのであれば、絶対にそうはなって欲しくはない。

食べ物と言えば、ころちゃんこと大場美奈さん。
大場さんについては、公演が始まるとまずスタイルをチェックしてしまう。太ももとか。
ネタで言ってる間はいいけど、ほんとにふくよかになってきたらシャレにはならないわけで。
食べてすぐに身に付くものではなく、少しタイムラグがあってから身に付いちゃうものだと思うし、 いつくるか、ちょいと心配である。


アンコール2曲目に、上手花道に誰か人が入っているのに気付いた。
カメラを手に、ステージを撮影していた。よーく見たら篠山紀信さんっぽかった。
公演後、某スタッフさんに聞いたら、やっぱりそうだった。

公演中だったので、驚いた。
型破りというか、少しでもいい写真を撮りたいんだろうなって。芸術家ってそういうものだろうなって思ったり。

メンバーたちが花道に来た時は、客席側に降りていたようである。

立ち最センターにもスチールのカメラが2台入っていた。

10月に篠山紀信さん撮影の窓からスカイツリーが見える という写真集が発売される。そのメンバーの中に研究生もいるようである。その写真集絡みの撮影だったのであろうか。 そのへんはよくわからないが。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 加藤玲奈阿部マリア


dTVチャンネルにて AKB48全国ツアー 見逃し配信中 new2.gif
dTVチャンネル
チームB千秋楽(1/21まで)、 チームK千秋楽(1/22まで)、 チームA千秋楽(1/23まで)