【速報版】竹本くるみ 19歳の生誕祭レポート

2023年2月22日 西日本シティ銀行 HKT48劇場 チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 18時30分開演

FpkUS5SaYAIW_Tm.jpg


※仕切り:今村麻莉愛

お手紙


村上和叶より


くるみへ

お誕生日おめでとう。

くるみのお誕生日を生誕祭でお祝いするのは実は久しぶりで、お手紙も初めて。とても緊張して書いていますが、想いを込めるつもりなので聞いてね。

あなたに初めて会った日に、初めて見た時に私はすっかりあなたの虜になってしまいました。

自分も参加者のはずの二次審査で、私の向かい側に立っていたあなたはその時からアイドルで、私はずっと目が離せなかったのを覚えています。

「推しを見つけた、この子を応援したい」って、その日から今日までずーっとファンだよ。もちろんこれからも。

人見知りの私はレッスンが始まってからもなかなか話しかけられなくて、あの部屋の中でキラキラ輝きながら踊るあなたを見ながら仲良くなることを諦めていました。

それでもいつの間にか私たちは仲良くなっていて、ずーっと一緒にいたり、ときどき噛み合わなくなって離れたり。そんな毎日でしたね。

「ここにだって天使はいる」公演。本当にあなたにぴったりの公演だと思います。同じステージに立っていて悔しくなるくらい、私はこの公演で踊るあなたが好きです。

ダンスが上手すぎてダンスがピックアップされがちですが、私はあまあまで可愛過ぎる表現もとにかく好きなので、とっても幸せです。

同期としてくるみを見ている時、素直で、ちょっと意地っ張りで、頑張り屋さんなくるみが愛おしい反面、時々不安になります。完璧主義で、いつだった高みを目指していて、あなた自身が一番あなたに厳しいから、外からも内からもかけられるプレッシャーにいつか潰されてしまう日が来るんじゃないかって。

完璧主義もくるみのいいところだから「やめたほうがいい」とは言わないけれど、時々はアイドルの竹本くるみから少しずれてしまったくるみを切り捨ててしまわないで、そんな自分自身も愛してあげてください。吐き出したい何かがあったら隣にいる誰かに聞いてもらってください。

私もいつでも聞いてあげたいけれど、もうずっと隣にはいられないから。でも電話してくれたらすぐ出るし、お休みの日にすぐ会いに行くから遊びに行こうね。

これからは一ファンとして、友達としてそばにいさせてください。

ずっと私の一番のアイドルでいてね。

大好きだよ。

幸せがたくさんの1年になりますように。

改めまして、お誕生日おめでとう。

村上和叶より


生誕スピーチ


まずは、今日は素敵な生誕祭を開いてくださってありがとうございました。

ありがとうございます。

私は実は初めてチームで生誕祭を開かせていただくことになって、そう、とっても、1回目がね、脳パラ公演で、2回目がレインボーだったかな、公演だったので凄くKⅣとして、このKⅣのメンバーとしてこのチームで生誕祭をできたのが凄く嬉しいです。ありがとうございます。

19歳を振り返ってみたら、やっぱりその色んなイベントに呼ばれる…

※メンバー「18歳じゃないの?」

間違えました。18歳を振り返ってみたら、やっぱり色んなイベントとかが復活してきたり、そしてその夏とかはフェスとかにね、たくさん出させていただいて。今までだったら出させていただけなかったものにも初めて出演させていただいたり、皆さんと楽しい思い出が作れた年だったなって思います。

そうですね、やっぱりその、あと公演の結成というかパジャマドライブだったり、この公演だったり、この公演を立ち上げることに参加できたのも凄く私の中では凄い思い出だなって思います。

そうですね、私はそのやっぱりこの選んで、あっ、すいません。えっと、18歳は2回選抜に選ばせていただいたんですけれど、そのビーサンと、「君はもっとできる」選抜に選んでいただいたんですけど、凄く嬉しい部分もあります。

でもその卒業するメンバーがやっぱり凄くて多くて、その新チームで公演をしている時も思うんですけど、凄く卒業したメンバーが多いなと凄く感じるし、私はやっぱり繰り上げなんじゃないかなってたくさん言われることが多いので、それがとても、自分でもそう思うんですけど、凄く悔しかったです。

自分では、その部分もあると思うんですけど、頑張ってきた部分もあるから、だから19歳は自分の力で上にあがったねって言ってもらえるように精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。(拍手)

それでですね、やっぱりあと後輩ができたのも18歳で、凄く強い、何て言うんですか、出来事だったなって思います。

やっぱり尊敬する先輩方と、凄い心強い後輩だったり、切磋琢磨しあえる同期がいるからこそ、やっぱり自分の中で自分はまだまだダメなんじゃないかなって思う部分が凄くあって、去年の夏には凄くそれを感じてしまった時期がありました。

自分はHKT48にはいてもいなくてもいい存在だなって凄く感じてしまった時期があって、その時に1回卒業を考えたんですけど、その1回落ち着いて考えてみようと思って過ごしていた時にやりたいことを見つけて、少しずっと考えていた大学受験をすることを決めました。

そしてその無事この間大学に合格することができました。(拍手)

その大学に、やっぱり合格して、HKTはどうしようって、ここまで頑張ってきたのにどうしようかなと考えたり、色んな方に相談したら、やっぱり自分の特技がダンスだったり、歌だったり、皆を笑顔にすることが凄く大好きだったりするのでアイドルが天職だなって改めて感じました。

なので、そのやっぱり難しいと思うのですが、4月からは大学とアイドルの両立を頑張りたいと思います。(拍手)

やっぱり両立をすることは凄く大変だと思うし、この決断が自分の人生を凄く変える決断だなって感じます。

成功するか失敗するかはまだわからないんですが、自分の精一杯を、どっちもね、手を抜かず精一杯頑張っていきたいと思いますし、このHKT48の今いただいている位置も凄くありがたいけれど、もっともっと上を目指して皆さんと頑張っていきたいと思っていますので、支えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

ありがとうございます。

今日は素敵な生誕祭を開いてくださってありがとうございました。

※5分42秒


実況ツイート





















本日24時よりアーカイブ配信開始





最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ