FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

頼りになる先輩、好きな先輩(2010/06/27、夜公演、チーム研究生B5th 7回目)

■出演メンバー
8期研究生 → 植木あさ香、佐野友里子
9期研究生 → 大場美奈、島崎遥香、島田晴香、竹内美宥、永尾まりや、中村麻里子、森杏奈、山内鈴蘭、横山由依
10期研究生 → 阿部マリア、市川美織、入山杏奈、加藤玲奈、仲俣汐里

※ 森杏奈 → 一部出演(M2,6,11,12,EC1,2に出演)
※ 竹内美宥 → 一部欠場(M3、EC3欠場)

■公演前の陰アナ
山内鈴蘭 「みなさん盛り上がってますか?」客、拍手
「ありがとうございます。私たちも盛り上がってます。早く会いたいです。 らんらんこと山内鈴蘭です。待っててね」客、拍手

■開演
◆ オーバーチュアー
◆M01.勇気のハンマー (全員)
◆M02.隕石の確率 (全員)
◆M03.愛のストリッパー (全員)
◆M04.シアターの女神 (全員)

■MC1(自己紹介)
横山由依 「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48、チーム研究生です」客、拍手

横山由依 「勇気のハンマー、隕石の確率、愛のストリッパー、シアターの女神、 4曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」


横山由依 「ハイ、それではさっそく自己紹介と兼ねて今日のお題を発表したいと思います。 今日のお題は、ダメやと言われたら余計にやってしまうことは何ですか?です。 じゃ~、玲奈ちゃんお願いします」

1列目 上手側から順に
加藤玲奈 「はい、10期研究生、12歳、中学1年のれなっちこと加藤玲奈です」

「ダメと言われたらやりたくなっちゃうことは、かさぶたを取っちゃダメって 言われたら、取りたくなっちゃいます。ハイ、今日もがんばりたいと思うので応援のほうよろしくお願いします」

永尾まりや 「ハイ、16歳、高校2年生、永尾まりやです」

「私はですね、塗りたてのペンキっていうかインクを、ダメだってわかってるのですけど 触っちゃって、後悔するという話です。はい、今日もよろしくお願いします」

竹内美宥 「はい、中学3年生、14歳の竹内美宥です」

「私はですね、お菓子が大好きで食べるのですけど、 よくお母さんとかに「お菓子食べちゃダメだよ」って言われると、 お菓子のこと思い出しちゃって、食べちゃうので、ちょっとそれはやっぱり 逆効果かなって思います。。ハイ、今日もがんばります。よろしくお願いします」

島田晴香 「ハイ、静岡県出身、高校3年生、17歳の「はるぅ」こと島田晴香です。よろしくお願いします」

「私は、ささくれを取ってしまうのが、ダメだよ、痛いよ、取ったら絶対痛いよって 言われるのですけど、うまく剥けた時の、わかります? うまく剥けって何も痛くないじゃないですか。 それの快感を求めてやるのですけど失敗するとすごい長引くっていう痛さがあるんですよね。 ハイ、今日も一緒に盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

森杏奈 「ハイ、森杏奈、16歳、高校2年生です」

「私は見ての通りイタズラ大好きな森杏奈なので、イタズラをするなと言われたら逆にします」
「ハイ、今日は一部出演ですが、杏奈ちゃんスマイルでいきたいと思います。よろしくお願いします」

以上、ハケる。

2列目 上手側から順に
入山杏奈 「ハイ、中学3年生、14歳の入山杏奈です。お願いします」

「私はですね、10期のメンバーにすごいチューをするのが好きなんですけど」客、ひゅ~
「いっつもすごい、マリアちゃんとか汐里ちゃんとかにすごい嫌がられるので、 嫌がられると余計にしたくなってしまいます。今日も1日がんばります。よろしくお願いします」

市川美織 「はい、10期研究生の高校2年生、16歳、市川美織です。よろしくお願いします」

「私はですね、よく虫に刺されるのですけど、そうすると、蚊ですね、蚊に刺されると すごい痒くなるので、かいちゃうと染みちゃうじゃないですか、ムヒとかが。 そういうのを親にやめた方がいいよって言われてるのですけど、 どうしてもかいちゃいます。はい、みなさん、ということで今日もがんばりますので応援よろしくお願いします」

島崎遥香 「はい、16歳、高校2年生のぱるること島崎遥香です」

「私はみおりん推しなんですけど、さっき楽屋で美宥もちょっとみおりん推しらしくて、 「みおりんは美宥のものだからダメだよ」って言われたんですね。だけど、どっちが好き?」客、反応
市川美織 「いや、どちらもいいところがあるので、選べませんよ、はい」
島崎遥香 「うん♪」
市川美織 「選べません」
島崎遥香 「かわいい~。ありがとう。はい、ということで今日もよろしくお願いします」

横山由依 「ハイ、京都から来ました、横山由依、17歳の高校3年生です」

「私は中学の時にですね、先生に「できへん人はペン回しをしてはいけない」 って言われたのですけど」客、軽くw

「できないのですけど、でもやったらあかんって言われたらやっぱりペン回し したくなって、また床に落ちちゃって、またやるなと言われたのですけど、 ペン回しがダメやと言われてもやりたいことです」

「今日もみなさんに楽しんでいただけるような公演にしたいと思っています。よろしくお願いします」

阿部マリア 「ハイ、10期研究生の中学3年生、14歳の阿部マリアです」

「私はですね、よく先生とかが「大事な話してるから喋っちゃダメだよ」って 言う時にわざと「あっ」とかいきなり、なんかそういうことをしちゃったりします。 はい、今日も自分らしくがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします」

植木あさ香 「はい、15歳、中学3年生のあさぽんこと植木あさ香です」

「私は、よく「触るな危険」みたいな貼り紙が、よくは見ないのですけど、 あったらどうしても触りたくなっちゃうんですよ。でも触ったら絶対危険だから 貼ってあるじゃないですか。なので3秒それを見つめて「やっぱダメだな」と思って ちゃんとやめます。ハイ、今日も応援よろしくお願いします」

以上、ハケる。

3列目 上手側から順に
山内鈴蘭 「ハイ、高校1年生の15歳、らんらんこと山内鈴蘭です。よろしくお願いします」

「私はですね、料理ができないのに、お母さんに台所使うなと怒られても、 まぁちょっと使いたくなるってとこですかね。この間はちょっとドーナッツを 作るのに、作り方がわかんないんですけど、作ってしまって、なぜか小麦粉を使ったという素晴らしさです」

「ハイ、今日もあなたの笑顔が見たいから鈴蘭パワー全開でいきたいと思います。よろしくお願いします」

仲俣汐里 「はい、17歳、高校3年生の仲俣汐里です。よろしくお願いします」

「私がやるなと言われてやってしまうことというか、 立ち入り禁止の看板を見るとついつい気になって、そこを覗いてしまいます。 はい、今日もがんばります。よろしくお願いします」

大場美奈 「はい、18歳、高校3年生のみなるんこと大場美奈です」

「私は、今ちょっと「ころちゃん」とも呼ばれたのですけど、 メンバー9期生、8期生の先輩もそうなんですけど、食べ物を持っただけで 「食べるの?」って言われるんですよ」客w

「それは私だって食べますよ。やっぱね、言われると、 もっと食べちゃおうかなって思うんですよ。でもさすがにそこは18歳なので、 抑える力があるので」客、反応

「ちょいちょい抑えてますね」客、軽くw
「これからはちょっと我慢していきたいと思います。ハイ、今日もよろしくお願いします」

中村麻里子 「ハイ、16歳、高校2年生の中村麻里子です」

「私はですね、ダメと言われてもずっとやってしまうのがリビングに物を置くことなんですね。 それともう1つがすっごいみんなに言われるんですよ。 もう、ヘンなこと言わないでくれない?って。そう言われるともっと ギャグを言いたくなっちゃうんですよ。それで結局みんなからスルーされて しまいます。ハイ、今日も全力でいきます。応援よろしくお願いします」

佐野友里子 「はい、18歳のゆりりんこと佐野友里子です。よろしくお願いします」

「私は、よくないのですけれども、笑っちゃいけない雰囲気ってあるじゃないですか。 そういう時にもうほんっとになんか、全然おもしろくなかったのに、 おもしろくなってきちゃって」客w

「ほんっとにおもしろくて、笑っちゃうんですよ。ほんとにみんな真剣な時とかおもしろいです」客、軽くw

「ハイ、今日も最後までよろしくお願いします」

「ハイ、というわけで、チーム研究生でお送りする「シアターの女神」公演 まずはこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M05.初恋よ こんにちは(永尾まりや、竹内美宥、加藤玲奈)
◆M06.嵐の夜には(阿部マリア、森杏奈、島田晴香、植木あさ香)
◆M07.キャンディー(市川美織、横山由依、島崎遥香)
◆M08.ロッカールームボーイ(佐野友里子、入山杏奈、仲俣汐里、中村麻里子、山内鈴蘭)
◆M09.夜風の仕業(大場美奈)

■MC2
植木あさ香、加藤玲奈、竹内美宥、島田晴香、永尾まりや、阿部マリア

「イェー」

永尾まりや 「初恋よ こんにちは、嵐の夜には、キャンディー、ロッカールームボーイ、夜風の仕業、 5曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ハイ、今日のMCは、好きなスポーツです」
他メン「イェー」客、拍手

永尾まりや 「ある人?」
島田晴香 「ハイ」
永尾まりや 「はるぅ」
島田晴香 「私はテニスです」客、軽くw
竹内美宥 「やっぱり?」
島田晴香 「何で笑いました?ちょっと」
永尾まりや 「何か他にないの?」
島田晴香 「他に? バスケ、陸上、水泳、バトミントン」
他メン「おー」
島田晴香 「スポーツ全般好きですね。駅伝とか大好きです」
永尾まりや 「長距離ね」
島田晴香 「大好きですね」
竹内美宥 「へー、すごい。なるほどね」
島田晴香 「ちょっと質問。何で笑ったんですか? テニスって言って」
他メン → 軽くw
島田晴香 「ちょっとー」

「まりやは?」
永尾まりや 「私はカーリング?」客、反応
島田晴香 「やったことあるの?」
永尾まりや 「ないよ」客、軽くw
島田晴香 「見る派?」
永尾まりや 「やってみたい、みたいな」
島田晴香 「まりやはヤギだからできないでしょ?滑っちゃうでしょ?」
永尾まりや 「なんか、いいですよね、カーリング」
島田晴香 「どっちやりたいの?こする人?投げる人?」
永尾まりや 「えっ?こする人でしょ?」客、軽くw
島田晴香 「いや、投げる人でしょ」
永尾まりや 「うそー? こする人でしょ?」
竹内美宥 「こする人」
永尾まりや 「ほら」
島田晴香 「なんで?」
永尾まりや 「ほら、こする人?」
阿部マリア 「はい」
永尾まりや 「こする人だって。勝ち、勝ち、やったー」
島田晴香 「こする人がいい方?」

メンバーたち「はい」島田以外全員挙手(客、反応)

島田晴香 「投げる人がいい人?」ゼロ(客、反応)

「まぁ、どっちでもいいってことですね」

「れなっちは?」
加藤玲奈 「私、スポーツできないんですけど、水泳だけはできます」
他メン「あー」
竹内美宥 「すごい。いいなー」
島田晴香 「何泳ぎが得意なの?」
加藤玲奈 「クロールが。1回プール習ってて、一番速かったです」
他メン「おー」「すごい」客、拍手
島田晴香 「うちクロールダメなんだよね。背泳ぎが得意」
竹内美宥 「美宥も背泳ぎ得意」
永尾まりや 「バタフライっぽい」
島田晴香 「バタフライ? うちできないわ」
竹内美宥 「バタフライっぽい、なんか」
島田晴香 「ぽいってどういうこと?」客w

「ぽいってどういうこと? 説明して。「ぽい」って何?」
永尾まりや 「こうやってさ」
永尾まりや竹内美宥 → バタフライの仕草
島田晴香 「やってない」
永尾まりや 「そっか」

島田晴香 「マリアは?」
阿部マリア 「私はですね、今ワールドカップなので、やっぱりサッカーですね」
竹内美宥 「美宥もだよ」
島田晴香 「美宥もサッカー?」
竹内美宥 「美宥もサッカー。美宥、点入れられるんですよ、サッカー」
島田晴香 「点入れられる?」
竹内美宥 「これ蹴って。できるの。サッカーだとテンション上がって、やる気になるんですよ。 でも他の球技は、もう嫌です。やる気になれない」
島田晴香 「なんで?」
竹内美宥 「わかんない。なんかサッカー、スッキリします、やってて」
島田晴香 「スッキリ。スッキリするんだったらテニスの方がいいよ。ほんとストレス解消になるよ」
竹内美宥 「テニスできないんだよ」
島田晴香 「ただボールを地面に叩きつけるだけでストレス解消になる」
竹内美宥 「すごい。マリアちゃんできるの?」
阿部マリア 「サッカーですか?」
竹内美宥 「うん」
阿部マリア 「できるんですかね?わかんないです」
島田晴香 「やったことない?」
阿部マリア 「ないです」
竹内美宥 「あっ、そうなんだ。なるほどね」

島田晴香 「あさぽんは?」
植木あさ香 「あの、100メートル走がすごい速いんですよ」
他メン「おー」客、反応
植木あさ香 「もう忘れちゃったのですけど、小学校6年生の時に、14.3秒でした」
島田晴香 「あっ、速いね」
竹内美宥 「速っ!」
島田晴香 「速いね。だって50メートル7秒ぐらいで走るってことでしょ?」
植木あさ香 「うん、走る」
島田晴香 「ごめん、失礼なこと言っていい? あさぽん運動ダメそうなイメージがあった」
植木あさ香 「ねぇ、聞いて。あさ香運動できるんだよ」客、軽くw → 拍手
島田晴香 「でもあさぽんおっちょこちょいだから走りながら自分の足踏んでこけちゃいそうだもん」
植木あさ香 「長距離がダメなんだ。長距離はグランド1周ぐらいでこんな」
竹内美宥 「美宥もこんな」
植木あさ香 「なるよね」
島田晴香 「長距離楽しくない?駅伝とかすごい好きだった」
竹内美宥 「うそ?」
植木あさ香 「長距離飽きるじゃん、走ってて」
竹内美宥 「短距離だよね。短距離だよ」

永尾まりや 「じゃ~、みなさん、長距離をやってみてはどうですか?」客、反応 → ざわw

→ 他のメンバーたち入場

永尾まりや 「後半戦はこの曲からです。どうぞ」客、拍手


◆M10.100メートルコンビニ (全員)
◆M11.好き 好き 好き (全員)
◆M12.サヨナラのカナシバリ (全員)

■MC3
前半:入山杏奈、森杏奈、島崎遥香、大場美奈、阿部マリア、市川美織、島田晴香、佐野友里子

「イェー」

森杏奈 「はい、100メートルコンビニ、好き 好き 好き、サヨナラのカナシバリ、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「ハイ、今日はですね、10期生に質問コーナーということで、頼りになる8期9期の先輩を教えてくださいです」
他メン「イェー」客、拍手

森杏奈 「はい、では、名前が同じ杏奈ちゃんからお願いします」
入山杏奈 「はい、私はですね、私が頼りになると思う先輩は。。」客、おっ

「島田晴香さん」
他メン「おー」客、拍手
佐野友里子 「なんでー?」不満そう
入山杏奈 「すごい、きちっとしてて、ちゃんと言いたいこととかしっかり言ってくれるし、 なんかすごいためになるっていうか。だから、いい先輩だなって思います」
島田晴香 「でもアンニンDDなんだよ」

大場美奈 「じゃ~、ちょっとマリアちゃんいこう」
阿部マリア 「私ですか? 私も島田さんもですね」
島田晴香 「あれっ?あれっ?私仕組んでないですからね」
阿部マリア 「(島田さん)もですけど、ゆりりんさんがいい先輩だと思います」
佐野友里子 「あー! ありがとうー!」客、拍手
「嬉しい。なんで?」
阿部マリア 「優しくて、あー、みたいな感じなんですけど」客w
「言ってくれる時はちゃんと言ってくれるんですよ」
佐野友里子 「おー。嬉しい。照れちゃう」客w
他メン → w
佐野友里子 「照れちゃう」
大場美奈 「照れちゃってください」
佐野友里子 「照れちゃいます」
大場美奈 「照れてる?今」
佐野友里子 「照れてる。照れた」客、軽くw

大場美奈 「みおりんは?」
市川美織 「はい、私はあさぽんさんです」
他メン「おー」「なんで?」
市川美織 「いないんですけど、えっと、私より年下じゃないですか」客w
佐野友里子 「そうだ」
市川美織 「なのに、全然もう年上しか思えないあの、なんて言うんですかね? 大人っぽさ? なんて言うんですか? なんて言うかわかりますよね?」
佐野友里子 「かわいい!」
他メン → 軽くw
島田晴香 「ゆりりん、何でもかわいいって言うよね、みおりちゃん」
佐野友里子 「かわいいんだもん、だって」

大場美奈 「じゃ~、ちょっとここでいろいろバリエーションをつけたいなと思うので。 じゃ~、そうですね、ここでちょっと聞いちゃいますか? 好きな8・9期のメンバー誰かな、みたいな」
島田晴香 「頼りになるじゃなくて、好きな」
大場美奈 「そう。個人的な感情を挟んでいいので」客w
他メン「気になる」
佐野友里子 「お願いします」
島田晴香 「じゃ~、アンニンから行こうか」
入山杏奈 「ハイ、私はですね、ぶっちゃけちゃいますと、好きな先輩は、横山由依ちゃんです」
他メン「おー」客、拍手
大場美奈 「理由は?理由は?」
入山杏奈 「すごい歌も上手くて、ダンスもすごく上手くて、優しくて、話しかけてくれるから、すごい好きです。 もう、大好きです」
佐野友里子 「おー。告白」
他メン → 軽くw

島田晴香 「じゃ~、マリア」
阿部マリア 「私はですね、みなるんさんですよ」
他メン「おー」
島田晴香 「美奈、お前仕組んだだろ? ころ」
大場美奈 「仕組んでない」

「なんで?」
阿部マリア 「ラブラブなんですよ」
島田晴香 「なんか食べ物でももらった?」客、軽くw
「大丈夫?」
大場美奈 「失礼な。ちょっと理由を聞いてあげてください」
阿部マリア 「えっ? 好きなんですよ。好きですよ」
大場美奈 「好きなんですって」
客「理由は?」
島田晴香 → 小声で阿部に向けて「食べ物をもらった」
大場美奈 「ちょっと待って。ほんとに言わせてないですよ」客w
他メン → w
大場美奈 「理由がない方が」
佐野友里子 「食べ物もらったからだって」客w
他メン → w
島田晴香 「さっき言ってたじゃん、天の声が」
佐野友里子 「食べ物もらったから、そうなんだ! じゃ~、私も食べ物あげるからよろしく」客w

島田晴香 「じゃ~、みおりん」
市川美織 「私はぱるるさんとみゆみゆさんです」
大場美奈 「うまいなー」
島田晴香 「なんだって?なんだって?」
市川美織 「ぱるるさんとみゆみゆさんです」
佐野友里子 「気を遣ってるの?」客w
市川美織 「違います」
島田晴香 「全然気を遣わなくていいよ」
佐野友里子 「気を遣わなくて大丈夫だよ」
市川美織 「いつもかわいいかわいいって言ってもらってるんで」
他メン「かわいいよー、かわいいよー」
島田晴香 「何かもらった?大丈夫?」
市川美織 「もらってないです」
島田晴香 「大丈夫?」
佐野友里子 「お菓子もらったからって」
島田晴香 「ダメだよ、気を遣わなくていいよ」
島崎遥香 「みんなみおりんをいじめないで。私のみおりんなんだからさ。やめてくれるかな?」客、軽くw → 拍手

島田晴香 「麻里子は?」

次のメンバー入場。

中村麻里子 「ずっと、中村の名前で呼ばれるのを、待ってました」
他メン → 軽くw
中村麻里子 「バットしかし、呼ばれませんでした」

メンバーチェンジ。

後半:加藤玲奈、中村麻里子、植木あさ香、仲俣汐里、竹内美宥、横山由依、永尾まりや、山内鈴蘭

中村麻里子 「というわけで、ここではあなたの楽しみなことは何ですか?です」
他メン「イェー」客、拍手

中村麻里子 「さっそくですが」
山内鈴蘭 「ハイ。山内いきたいと思います。最近私は作詞作曲をするのが流行ってまして、私の中で」
中村麻里子 「今日2人でちょっと作詞作曲して歌ってたんですよ」
山内鈴蘭 「なんかちょっと自分で作ったのは、イェー!イェー!フォーティーエイト!ってやつを作ってたんですけど」客、軽くw

「それを歌っていたらみゆみゆとぱるるにアイドルっぽいって言われたんですよ」
中村麻里子 「鈴蘭はアイドルじゃなかったんですか?」
山内鈴蘭 「アイドルです。アイドルです」
中村麻里子 「よかったです」
山内鈴蘭 「前世は芸人だったのかな?って少し最近思い始めてます」

「まりやは?」
永尾まりや 「私はあの、最近すっごく美味しいプリンを見つけて」
山内鈴蘭 「何?何?」
永尾まりや 「それに嵌ってます」
横山由依 「どんなプリンなん?」
永尾まりや 「えっ?なんか、なんだろね、手作りみたいな」
横山由依 「へー、すごい」
山内鈴蘭 「なめらかプリンですか?」
永尾まりや 「ううん、違う」
山内鈴蘭 「あっ、違いますか」
永尾まりや 「ぜひともみなさんに食べてもらいたいです」
他メン「おー」
竹内美宥 「すごい」
山内鈴蘭 「食べたいです」
横山由依 「どんなんなん?」
永尾まりや 「えっ?食べたよ」
横山由依 「えっ?」
永尾まりや 「あげたもん、うち」
横山由依 「。。おっ?」
永尾まりや 「先週あたりあげたのに」
横山由依 「あら、ごめんなさい」客、軽くw
永尾まりや 「美味しくなかった?うそ?」
横山由依 「あんま覚えてへんねんけど」

「あのですね、私はですね、最近晴れの日がめっちゃ楽しみなんですけど。それは洗濯をするんです。 洗濯物を干すんですよ」
山内鈴蘭 「せいかくもの?」客、ざわ
「何?何?もう1度お願いします」
横山由依 「洗濯物を干すんです」
山内鈴蘭 「あっ、洗濯物を干す」
横山由依 「それで、晴れの日やと外に干せるじゃないですか。だから晴れの日めっちゃ楽しみやねん」気持ちこもる
他メン「かわいい」
中村麻里子 「なんか由依最近家事ネタ多いね」
山内鈴蘭 「そうだね」
中村麻里子 「いいお嫁さんになれる」客、ひゅ~
他メン「フー、フー」

永尾まりや 「美宥は?」
竹内美宥 「美宥はですね、楽しみなことだよね? 楽しみなことはやっぱり、今日は連れて来てないんですけど、一眼レフですね」
他メン「おー」
竹内美宥 「もう楽しいです」
山内鈴蘭 「美宥の大好きなカメラ」
竹内美宥 「昨日、眠くなっちゃって自動的に寝てたのですけど」客w
他メン → 軽くw
竹内美宥 「カメラを持って寝てたんです、カメラをこう大切に持って、いつの間にか。 でもちょっと落ちそうになっちゃって、そうするとなんかやっぱ自動的に危ないって思って」客w
他メン「自動的に」
竹内美宥 「そう、それぐらい大切です、カメラは」
横山由依 「自動的流行ってるの?」客、軽くw

「でもさ、バスケ部やったんですけど、私。私の友達がボールと一緒に寝たらバスケがうまくなるって言って、 ボールと一緒に寝てたんですよ。だからそういうのあるかも」
山内鈴蘭 「でもそれも自動的に寝たんでしょ?」客、軽くw
永尾まりや 「じゃ~、由依洗剤持って寝ればいいじゃん」
山内鈴蘭 「あー、そうだよ」
横山由依 「どういうこと?」
山内鈴蘭 「もしかしたらさ、生乾きの洗濯物抱いて寝たら乾くかもよ」
横山由依 「意味わからんやん」
他メン → 軽くw

横山由依 「しおりんは?」
仲俣汐里 「えーと、私は朝ご飯の時間が一番楽しみです」
他メン「おー」
中村麻里子 「健康的」
横山由依 「朝はご飯派ですか?」
仲俣汐里 「朝パンが多いのですけど、食べるの大好きで、朝に一番食べるんで、朝が一番楽しみです」
他メン「素晴らしい」
永尾まりや 「早寝早起き朝ご飯いいね」
山内鈴蘭 「ご飯じゃない。朝パンだよ。今、早寝早起き朝ご飯って言ったけど、パンだよ」
永尾まりや 「パンだね」

竹内美宥 「あさぽんさんは?」
植木あさ香 「この公演、いっつも公演終わった後に喉渇くんですけど、炭酸飲料をグイっと」
他メン「おー」
植木あさ香 「楽しみだよ」
中村麻里子 「楽しみですね、それ」
植木あさ香 「この間美宥ちゃんも飲んだんだよね、一緒にね」
竹内美宥 「そう、飲んだんだよね」
植木あさ香 「ねー」
竹内美宥 「ねー」
中村麻里子 「なんか似た感じの2人だね」

「私いいですか? 最近けっこうみんながお土産を持ってきてくれるんですよ。 それで2人が修学旅行で八つ橋をくれたりして。ちょっと私はそのお土産がすっごい楽しみで、 構えてまってます。みんながお土産くれるのを」
竹内美宥 「あー、なるほどね」
中村麻里子 「八つ橋三昧でほんと嬉しくて、とある駅で八つ橋が売ってて大量買いして、 全部食べちゃったんですよ、1人で。そしたらお母さんに怒られちゃいましたね」
竹内美宥 「大好きなの?」
横山由依 「京都行ったん?」
中村麻里子 「京都じゃなんくて、都内の駅で」
植木あさ香 「悲しいじゃん」
山内鈴蘭 「意味ない」
中村麻里子 「気分だけ、気分だけ」

誰か「れなっちは?」
加藤玲奈 「なまけものじゃないのですけど、夜寝る時が一番楽しみです」
他メン「あー」「たしかに」
横山由依 「みんなそうやで」
竹内美宥 「みんなね」

中村麻里子 「みなさんも楽しみなことを見つけてください。というわけで最後の曲になります。 聴いてください。潮風の招待状」客、拍手


◆M13.潮風の招待状 (全員)

■アンコール


◆M14.オネストマン (全員)
◆M15.チームB推し (全員)


曲終了後、
竹内美宥 「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

竹内美宥 「次の曲が本当に最後の曲になります。私たちの夢を乗せて歌います。聴いてください。僕たちの紙飛行機」客、拍手


◆M16.僕たちの紙飛行機 (全員)


曲終了後、
大場美奈 「本日はご来場ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

大場美奈 「今日は日ごろの感謝の気持ちを込めまして、この後ロビーにてみなさんをハイタッチでお見送り させていただきたいと思います」客、拍手

「ハイ、係りの方の指示があるまで客席内にてお待ちください。それでは最後の挨拶をしましょう」


横一列挨拶。「ありがとうございました」メンバーたちハケる。

公演終了。

BGM → シアターの女神

■ハイタッチお見送り
劇場内にて待機中、スタッフの清水さんが不参加メンバー言えなかったりで、ちょっと盛り上がる。

ロビーにて、劇場扉側からメンバー1人1人ずつ五十音順に全員と(※ 16歳未満=植木あさ香、竹内美宥、山内鈴蘭、阿部マリア、入山杏奈、加藤玲奈は不参加)

■率直な感想
夜公演では、10期生に質問コーナーのMCがおもしろかった。
頼りになる先輩、好きな先輩など質問したわけであるが、9期の子たちももう先輩なんだって、改めて思ったり。 10期の子たちが入ってから、島田晴香さんがよりしっかりしたように感じる。後輩が入った自覚とか、 そういったものが芽生えたのであろうか。

3回公演、3公演目。
今日出演した10期の子たちにとっては初の3回公演であった。
もちろん疲れていたとは思うが、目に見えて疲れて見える子、ヘロヘロだった子はいなかったように思う。 9期の子と比べるとまだまだ振りが小さかったり、運動量が少なく、疲れる度合いも9期の子と比べると少ないのかな、 なんて思ったり。実際のところはわかりませんが。

阿部マリアさんは、第一印象は気の強そうな女の子といったイメージであったが、 ここまでのところ、どちらかというとちょっと大人し目、甘えん坊さんといった印象。

市川美織さんは、ほんと幼い。高校2年生にはとても見えない。
島崎遥香さんと同い年であるが、2人並ぶとお姉ちゃんと妹といった感じ。しかもかなり年の離れた姉妹といった感じがする。


ラストソング「僕たちの紙飛行機」のラストに客席に向けて放たれる紙飛行機。
今日はメンバーたちの手書きメッセージ入りであった。研究生公演では初めて?


10期研究生、誰が人気があるのか気になったので、mixiコミュ人数を調べてみた。
複数あった場合は一番人数の多かったコミュの数字です。右側はそのリンク。PC、モバイル別に。

市川美織 320  PC  モバイル
金沢有希 220  PC  モバイル
小林茉里奈 143  PC  モバイル
仲俣汐里 132  PC  モバイル
伊豆田莉奈 72  PC  モバイル
岩崎仁美 59  PC  モバイル
入山杏奈 54  PC  モバイル
藤田奈那 50  PC  モバイル
加藤玲奈 46  PC  モバイル
阿部マリア 16  PC  モバイル


市川美織さんがぶっちぎり。
まだ一度もステージに立っていない岩崎仁美さんが59人も入っていたり。


[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後の感想 → 佐野友里子大場美奈


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND