【速報版】角ゆりあ 卒業公演レポート

2022年3月31日 NGT48劇場 「角ゆりあ 卒業公演」 17時45分開演

220331 0001


出演メンバー


小熊倫実・角ゆりあ・日下部愛菜・清司麗菜・中井りか・中村歩加・奈良未遥・西潟茉莉奈・西村菜那子・本間日陽・安藤千伽奈・佐藤海里・對馬優菜子・藤崎未夢・大塚七海・小越春花・川越紗彩・曽我部優芽・寺田陽菜・富永夢有・古澤愛・古舘葵・真下華穂・三村妃乃・諸橋姫向(全メンバー25名)


セットリスト


影アナ:角ゆりあ

M00. Overture
M01. 永遠プレッシャー
M02. 否定のリクイエム
M03. キスして損しちゃった
M04. べダルと車輪と来た道と(角ゆりあ、2期生)
M05. 背中から抱きしめて(角ゆりあ、ドラフト3期生)
M06. 世界はどこまで青空なのか?(1期生)
M07. 愛のストリッパー(角ゆりあ、大塚七海、古澤愛、川越紗彩、藤崎未夢、佐藤海里、安藤千伽奈)
M08. 泣きべそかくまで(清司麗菜、古舘葵、寺田陽菜、角ゆりあ、小越春花)
M09. 月の仮面(真下華穂、西村菜那子、川越紗彩、三村妃乃、小熊倫実、角ゆりあ、奈良未遥、安藤千伽奈)
M10. 流れ星に何を願えばいいのだろう(角ゆりあ、清司麗菜、中村歩加、奈良未遥、日下部愛菜、西村菜那子)
M11. 下の名で呼べたのは…(角ゆりあ、清司麗菜、中村歩加、奈良未遥、日下部愛菜、西村菜那子)

M12. 純情主義(角ゆりあ、清司麗菜、日下部愛菜)
M13. 口移しのチョコレート(角ゆりあ、中井りか、西潟茉莉奈)
M14. Bye Bye Bye(角ゆりあ、曽我部優芽、對馬優菜子)
M15. 愛の色(角ゆりあ、諸橋姫向、大塚七海、真下華穂)
M16. 夢は逃げない(角ゆりあ、藤崎未夢)
M17. 初めての星(角ゆりあ、小熊倫実)
M18. 夢を見るなら(角ゆりあ、小熊倫実)
M19. 卒業旅行(角ゆりあ、中村歩加、日下部愛菜、西村菜那子、奈良未遥、清司麗菜)

──お手紙── (ご両親、小熊倫実より)
──卒業スピーチ──

M20. 10年桜
M21. After rain

220331 0000

220331 0004

220331 0166

220331 0167


お手紙


パパ・ママより


※代読:奈良未遥

ゆりあへ

卒業発表してから約2か月半。まだまだ時間があると思っていたけれど、とうとう最後の日が来てしまったね。

まずは卒業おめでとう。よく頑張ったね。

特に活動の後半はグループのキャプテンとしてゆりあらしく務め上げられたのではないかなと思います。

思い返せば2019年の8月。当時の早川支配人よりキャプテン就任の打診があったと、普段滅多に電話しない娘から連絡がありました。

「どうしよう」と言う娘。グループとして大変な時期に娘に務まるのかな?という不安がありました。ただ、電話の向こう側で「どうしよう」の声のトーンがまんざらでもないように聞こえたこと、「立候補ではなくスタッフさんの中からこのように名前が挙がることは非常に光栄なことだよ」と、ダメ元で「やってみてもいいんじゃないか」と背中を軽く押しました。

後日、キャプテンを引き受けることにしたと連絡があった時、「頑張れ!」という気持ちと同時に、あの時の電話の対応が本当に正しかったのかなという不安に思う気持ちもありました。

グループとしての活動の幅が広がるにつれ、メンバーの露出もどんどん増えていきました。

ただ、ゆりあに関しては表だってグイグイ行くタイプではないと思いつつも、モヤモヤした時期があったことも事実です。

スタッフさんに普段の様子を確認したことも数知れず。裏では皆をまとめ、キャプテンらしく振る舞えていると聞き、安心していたのも親ばかだなと思います。

メンバー、スタッフの皆さん、これまでゆりあを支えてくれてありがとうございます。

ファンの皆さん、危うい時期もあったかと思いますが、温かく見守ってくださりありがとうございました。

ゆりあは私たちの誇りです。

本当にお疲れ様。

パパ・ママより

220331 0021


小熊倫実より


角ゆりあさんへ

角ゆりあさん、私が誰だかわかりますか?

今お手紙を読んでいる小熊です。

※角ゆりあ「あれっ? デジャブかな」

角の大切な日にお手紙を書かせていただけるなんて嬉しくて凄く緊張しています。拙い言葉かもしれないけれど、今日はいっぱいの思いをお手紙で伝えさせてください。

角と出会ってから約7年。たくさんの時間を一緒に過ごしてきたね。

もうこの話きっと何度もしてると思うけれど、最終オーディションで角と初めて出会った瞬間に抱いた第一印象は「はとこに似てる!」でした。

出会って間もなかったけれど、その印象からか「仲良くなりたい」と思って、何日か経ってメイク講習会の時に隣の席が偶然角だった時に凄く嬉しかったのを覚えています。

いつの間にか距離は縮まっていて、2つ歳が違うはずなのに「同い年?」って錯覚しちゃうくらい角といるといい意味で年齢差がある感じがしなくて、合宿が始まる前、自分と同い年がいないという不安だったり、心配だったりを一番に吹き飛ばしてくれたのは角でした。

そこからどんどんグループとしても個人としても色んな経験を重ねて、活動でもプライベートでも色んな思い出の中には角と一緒に過ごした時間がたくさんで、特に活動の中では同じチームになれて、朱鷺メッセのステージの上で角とぎゅってし合えた瞬間を今でもずっと覚えています。

そしてなぜか毎回2人して喉が不調だったけれど、「かどつぐ公演」として角と2人で一緒に公演ができる日が来るなんて想像もしてなかったから、実現できて本当に本当に嬉しかったです。

プライベートでは何かとハプニングだらけで、色んな所も一緒に行ったよね。どれも全部角とだったから大切で幸せな思い出です。

でもきっと角にとってこの約7年間は楽しいことばかりじゃなくて、大変なことも、つらいこともたくさんあったと思います。

角がキャプテンの話を受けた時、楽屋の洗面所のところでお互い小声になりながら打ち明けてくれた時のことを今でも鮮明に覚えています。

その時、既に角が卒業を決めていたことも、次の道に向けてたくさん勉強をしていたことも知っていたからこそ、色んな複雑な感情もあって、一緒にいっぱい話したよね。

そして角がNGT48のキャプテンをするとなった時に内心、キャプテンをする選択をしてくれたことにどこか安心して甘えていた自分もいました。

今日まで私含め、本当にたくさんの方が角がしてくれた色んな選択や言葉や行動に救われてきていて。でもだからこそどこかでずっと常に気を張っていて、きっと色んなプレッシャーもあって、活動でもステージでも純粋に楽しめなかった時が多かったと思うし、心がつらくなるような言葉や瞬間もたくさんあったと思うし、計り知れないくらい背負うものが大きい中で悩むこと、つらいこと、苦しいことの方が本当に多かった機会だと思います。

いっぱい自分を犠牲にしながらグループのために生まれてくれて本当にありがとう。今までたくさん頑張ってくれて本当にありがとう。今日まで感謝しきれないくらいたくさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

角が卒業発表した時、真っ先にたくさんのありがとうの気持ちがこみ上げてきました。

でもやっぱり正直な気持ち、今日が終わってしまったら角がいない状態で活動していくのが凄く寂しいです。

明日からお互い違う道になって、アイドルとしての「かどつぐ」は今日で最後になってしまうけれど、いつでも何でも連絡してきてほしいし、これからはプライベートかどつぐとして色んなとこ一緒に行きたいし、変わらず角の身近な存在でいさせてください。

この新潟でNGT48の1期生として角と巡り会えたことが本当に幸せです。

今日はこうして素敵な機会をくださった角のファンの皆様、ご家族の皆様、本当にありがとうございます。

そして角、改めて本当にありがとう。

大好きな角だからこそ、私はこの場所から涙じゃなくて笑顔で見送らせてください。

約7年間本当にお疲れ様。そして卒業おめでとう。

いつまでもずっと「かどつぐ」は永遠だよ。

大好き!

倫実より

220331 0034


卒業スピーチ


まずは本日足を運んでくださった皆さん、そしてDMMで見てくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

最後のスピーチなんですけど、ほんとに何も考えてこなくて。ちょっとだからめちゃくちゃなこと言ってるかもしれないんですけど、最後まで聞いてくださると嬉しいです。

私は15歳の時に親に内緒で書類送ってオーディションを受けたんですけど、その内緒で送るのも2回目で、NGTを受ける前にもSKE48さんのオーディションを受けてて。その時は2次審査で落ちちゃったんですけど、その面接の時に自己アピールが何もできなくて、それが本当に悔しくてリベンジしたいっていう気持ちでNGT48を受けたんですけど。

その時は中3で高校の進路も決めなきゃいけない時期だったから、たぶん親もね、それを許したくはなかったと思うんですけど、私がほんとに頑固に「いや、絶対やる」って聞かなかったので、聞いてくれて、オーディションを受けさせてくれて。

だけどまさか受かるとは思ってなかったから、ね、何も受かる前提で準備とかもしてなかったし、やっぱり中学生で1人暮らしもできないから新潟で活動ってなったらどうするってなって。だからほんとは最初NGT48を辞退する方向でお話が動いてたんですよ。

だけど、ほんとに諦めたくなくて、やっぱりずっとアイドルになりたいって言ってたから、その想いを受け入れてくれて、おばあちゃんとかね、協力して、ママも仕事辞めて一緒に新潟来てくれて、本当に今日まで6年半活動できた一番の支えは家族の皆のおかげだなって本当に思っています。いつもはなかなか言えませんけど、本当にありがとうございました。

そこから、アイドルになったはいいけど研究生スタートで、正直凄い心も折れて、このまま私にアイドルやっていけるのかなって凄く不安が大きかったんですけど、でもそれでもそんな私を見つけて応援してくださっているファンの皆さんがいたからこそ、本当に今日までやってこれたし、皆さんの存在が本当に大きかったです。

私は自分の長所っていうか強みは本当に何もないんですけど、唯一の強みはやっぱり私のことを応援してくださってるファンの皆さんの存在だなって本当に思います。

皆さんは私に「幸せになってね」ってたくさん最後のおしゃべり会とかでもね、声をかけてくださったんですけど、私も本当に幸せになろうと思うので、皆さんも幸せでいてください。笑顔で絶えない毎日を過ごしてください。ずっとずっと皆のこと忘れません。本当にありがとうございます。

こう6年半を振り返ってみると、研究生スタートから始まって、総選挙も一度ランクインさせていただいて、シングルも選抜に選んでいただいて、昇格して、で、休養して、で、グループのキャプテンになってっていう、こうなんだろ、アイドル活動でできることはけっこうほとんどできたんじゃないかなって思ってます。だからほんとに濃い時間を過ごせたなと思いますし、それと同時に凄い1人の人間として成長させてもらえたなって思ってます。

だからその私の「アイドルになりたい」っていう夢を叶えてくれたこのNGT48、グループにも、成長させてくれたこのグループにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

そしてメンバーの皆さん、本当に今日まで私についてきてくれて、支えてくれて本当にありがとうございました。

正直凄くたくさん迷惑をかけたし、キャプテンらしいことを何かしてあげられたかって言ったらそうでもないんですけど、でもほんとに皆がいたからこそ凄く楽しい充実したアイドル人生が送れました。

これからの皆の活躍も陰ながら見守っているので、皆らしくキラキラとアイドル人生送ってほしいなって思います。本当にありがとうございました。

そして、この6年間で関わってくださった関係者の皆さん、技術さん、劇場スタッフさん、そしてメイクさんや衣装さん、あとマネージャーさん、本当に本当にたくさん迷惑もかけましたが、本当にありがとうございました。

ほんとに全ての方に、関わってくださった全ての方に本当にたくさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

これから私もやりたいことをね、見つけて、それに向かって頑張っていくので、陰ながら、心のどこかね、奥隅で「角ちゃん頑張ってるかなー」って、なんか応援してくれてたら嬉しいですし、これからまた新体制となっていくこのグループのことを変わらず愛し続けてくださったら嬉しいです。これからもNGT48をよろしくお願いします。

220331 0156

220331 0165


本日24時よりアーカイブ配信開始










最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ