タワーレコード キャンペーン 開催中 new2.gif

17thシングル選抜総選挙・開票イベント(10/06/09)

イベントタイトル:17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」
会場:JCBホール

■開演前の陰アナ(劇場支配人・戸賀崎氏)

◆M00.オーバーチュアー

◆M01.ポニーテールとシュシュ (16名=板野友美、小嶋陽菜、篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子、 大島優子、小野恵令奈、河西智美、峯岸みなみ、宮澤佐江、 柏木由紀、北原里英、宮崎美穂、渡辺麻友、 松井珠理奈)


■MC
宮澤佐江、北原里英、篠田麻里子、峯岸みなみ、小野恵令奈、宮崎美穂、河西智美、高城亜樹

宮澤佐江 「遂にこの日がきました。開票日です。今年は総勢104人が次回シングル選抜入りを目指して今日まで戦ってきました」

篠田麻里子 「今年は全国の映画館で同時生中継されているらしいんですよ」客、拍手

「その数なんと、1万2千人」
他メン「すごい」

宮澤佐江 「みなさんの応援が私たちのパワーに繋がっています。応援ありがとうございます」客、拍手

「ガイドブックが発売されたり、日刊スポーツさんにマニュフェストを載せていただいたり、速報、中間発表だったり、 今回の選挙ではいろんな方にアピールできたんじゃないかと思います」
篠田麻里子 「カメラの数がすごいですね」
河西智美 「どこに行っても注目されてるんだっていうのがわかって」
宮崎美穂 「私、ハムスター飼ってるのですけど、応援してくれてるんじゃないかと。がんばるんだチユウって」
小野恵令奈 「私が飼っている犬も応援してくれてると思う」

宮崎美穂 「去年に続いて2回目なので慣れるかな?と思ったのですけど、慣れないですね」
河西智美 「ここに立つと余計緊張する。ポスターとか政見放送もすごい緊張してうまく喋れなかったり。 ポスターでは睨んでしまってすごい顔になったり。本当は振り返ってかわいい顔をしたかったのに、影のあるくらい 顔になってたり」

篠田麻里子 「AKB48とSKE48が集まるのはコンサート以来だね」
宮澤佐江 「楽屋はやばくて。ガチで楽屋、椅子取りゲームになってて」
峯岸みなみ 「差し入れもヤバイ」
北原里英 「私、負けないよ」
他メン「ケータリングも長蛇の列で」

峯岸みなみ 「お客さんも緊張してると思うんですよ。いつもの「ウォー」がない」
宮澤佐江 「みなさん、盛り上がってますか?」客、反応
「緊張感あって。これもAKBならではということで」

「今日はすごいですよね。上の方まで(ギッシリで)」
峯岸みなみ 「映画館の方も」

「推しメンじゃなくても、AKB48、SKE48、みなさん応援してもらって、盛り上げていただけたらと思います」客、拍手

篠田麻里子 「みなさん、盛り上がってますか? 準備はいいですか?」客、反応

「いいですね」
宮澤佐江 「全国の映画館のみなさん、準備はいいですか?」

篠田麻里子 「選挙結果も気になるのですが、その前にこの7人を紹介します」


メンバーチェンジ。

大島優子、高橋みなみ、小嶋陽菜、前田敦子、柏木由紀、板野友美、渡辺麻友

高橋みなみ 「「心の羽根」を披露させていただきたいと思います。「ドラゴンボール改」のエンディングテーマとなっています」


◆M02.心の羽根 (7名=大島優子、高橋みなみ、小嶋陽菜、前田敦子、柏木由紀、板野友美、渡辺麻友)

曲終了後、
前田敦子 「それでは、この後はSKE48の登場です」


◆M03.ピノキオ軍(SKE48・16名)

■VTR上映 (選抜総選挙について)

■同時生中継映画館紹介
上映後、司会の徳光和夫さん木佐彩子さん登場。

木佐彩子さんより同時中継される映画館を紹介。合計29映画館、43スクリーン。

[北海道] 札幌シネマフロンティア
[宮城] ワーナー・マイカル・シネマズ 名取エアリ
[茨城] シネプレックスつくば
[埼玉] シネプレックスわかば
[千葉] TOHOシネマズ 流山おおたかの森
[千葉] XYZシネマズ蘇我
[千葉] シネプレックス幕張
[東京] TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
[東京] 新宿バルト9
[東京] T・ジョイ大泉
[東京] TOHOシネマズ 西新井
[東京] TOHOシネマズ 南大沢
[神奈川] TOHOシネマズ 川崎
[神奈川] TOHOシネマズ ららぽーと横浜
[神奈川] 横浜ブルク13
[新潟] T・ジョイ新潟万代
[静岡] TOHOシネマズ 浜松
[愛知] 109シネマズ名古屋
[愛知] TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
[愛知] 安城コロナシネマワールド
[三重] 109シネマズ四日市
[京都] TOHOシネマズ 二条
[大阪] TOHOシネマズ なんば
[大阪] 梅田ブルク7
[兵庫] TOHOシネマズ 西宮OS
[広島] 広島バルト11
[福岡] TOHOシネマズ トリアス久山
[福岡] T・ジョイ リバーウォーク北九州
[福岡] T・ジョイ久留米


下手端のスタンディングテーブルに就く。
下手側より木佐彩子さん徳光和夫さん


■メンバー紹介
メンバー1人ずつ名前を呼ばれ、ステージセンターにてお辞儀をし、客席側のメンバー用シートへ。
1人ずつ、計104名を順に紹介。

◆SKE48研究生(12名):
阿比留李帆、磯原杏華、今出舞、上野圭澄、加藤るみ、木ゆりあ、後藤理沙子、秦佐和子、 松村香織、間野春香、矢方美紀、山田恵里伽

◆AKB48研究生(15名):
石黒貴己、植木あさ香、大場美奈、絹本桃子、佐野友里子、島崎遥香、島田晴香、高松恵理、竹内美宥、 永尾まりや、中村麻里子、藤本紗羅、森杏奈、山内鈴蘭、横山由依

◆SKE48チームKⅡ(16名):
赤枝里々奈、井口栞里、石田安奈、内山命、小木曽汐莉、加藤智子、鬼頭桃菜、斉藤真木子、佐藤聖羅、 佐藤実絵子、高柳明音、古川愛李、松本梨奈、向田茉夏、山田澪花、若林倫香

◆SKE48チームS(13名):
大矢真那、小野晴香、木下有希子、桑原みずき、須田亜香里、高田志織、出口陽、中西優香、 平田璃香子、平松可奈子、松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美

(※ 松下唯はケガのため辞退)

◆AKB48チームB(16名):
石田晴香、奥真奈美、河西智美、柏木由紀、北原里英、小林香菜、小森美果、佐藤亜美菜、 佐藤すみれ、佐藤夏希、鈴木まりや、近野莉菜、平嶋夏海、増田有華、宮崎美穂、渡辺麻友

◆AKB48チームK(16名):
秋元才加、板野友美、内田眞由美、梅田彩佳、大島優子、小野恵令奈、菊地あやか、田名部生来、 中塚智実、仁藤萌乃、野中美郷、藤江れいな、松井咲子、峯岸みなみ、宮澤佐江、米沢瑠美

◆AKB48チームA(16名):
岩佐美咲、多田愛佳、大家志津香、片山陽加、倉持明日香、小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、 高城亜樹、高橋みなみ、仲川遥香、中田ちさと、仲谷明香、前田敦子、前田亜美、松原夏海


■VTR上映 (横浜アリーナでの発表から、投票最終日まで)


■開票結果発表(アンダーガールズ=40位~22位)
上映後、
木佐彩子さん 「年に一度のお祭りです」
徳光和夫さん 「どのメンバーが選ばれても、拍手をお願いします」


メディアシークの方が1名ステージに登場。後ろに警備員2人。

「弊社のシステムで、確実に、不正がないようチェックしています」

ジェラルミンケースから封筒を取り出し、徳光氏に手渡す。


徳光和夫さん 「自分の推しメン以外でも、ぜひ温かい拍手でお願いします」客、拍手

→ ハサミを入れ、封筒を開封。
「ハサミが震えてるのは歳のせいじゃありません」

40位から31位を続けて発表。

第40位 1,603票 AKB48研究生 → 石黒貴己
第39位 1,854票 AKB48チームA → 松原夏海
第38位 1,909票 SKE48チームS → 矢神久美
第37位 1,935票 AKB48チームA → 片山陽加
第36位 1,945票 AKB48研究生 → 山内鈴蘭
第35位 2,030票 SKE48チームKⅡ → 高柳明音
第34位 2,171票 AKB48チームK → 米沢瑠美
第33位 2,460票 AKB48チームK → 藤江れいな
第32位 2,499票 AKB48チームK → 梅田彩佳
第31位 2,591票 AKB48チームB → 佐藤すみれ


1人ずつ順にコメント。コメント後は各順位ナンバーが貼ってある椅子へ。

第40位 1,603票 AKB48チーム研究生 (アンダーガールズ当選):
石黒貴己 「ビックリしてます。ほんとに。絶対に無理だと思っていたので。 すごく本当に本当に本当にありがとうございます。これから全ての方に認めていただけるような 人間にもアイドルにもなれるように一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします」


第39位 1,854票 (アンダーガールズ当選):
松原夏海 「今年も速報、中間は入ってなかったのですけど、今こうやってこのステージに立てて嬉しく思います」


第38位 1,909票 (アンダーガールズ当選):
矢神久美 「前回の選抜総選挙は(SKE48から)松井玲奈ちゃん、松井珠理奈ちゃんが選抜されて、 自分の実力のなさに悔しさを感じていたのですけど、今回アンダーガールに選んでいただけて嬉しいです。 みなさんのお陰です」


第37位 1,935票 (アンダーガールズ当選):
片山陽加 「今回、速報、中間は36位で、下から順位が上がってくる子がいると思うし、 発表されるまでお腹が痛くて。でもみなさんのお陰で37位に入ることができました」


第36位 1,945票 (アンダーガールズ当選):
山内鈴蘭 「本当にありがとうございます(涙)アンダーガールズに入れると思ってなくて、 正直ビックリしています。一生懸命がんばっていきたいと思います。これからもよろしくお願いします」


第35位 2,030票 (アンダーガールズ当選):
高柳明音 「速報発表の時38位で、中間発表は40位で、このまま下がってしまうんじゃないかって不安だったのですけど、 その時に支えてくれたのがファンのみなさま、メンバーのみんなでした。実感はないのですけど、 みなさまのご期待に沿えるよう、そしてチームKⅡをいっぱいアピールしたいと思います」


第34位 2,171票 (アンダーガールズ当選):
米沢瑠美 「前回22位で惜しくも選抜に入れなかったのですけど、今回は厳しいんじゃないかって実は思っていました。 でもこの順位になれて、私に投票してくださって、ありがとうございました。 みなさんに感謝の気持ちが伝わるように、順位以上にがんばります」


第33位 2,460票 (アンダーガールズ当選):
藤江れいな → 涙

「本当にみなさんありがとうございます。みなさんの応援のお陰でアンダーガールズに 入れて嬉しいです。1票1票、投票してくださった1票1票に大きな愛があって入れて、幸せです。 みなさんに元気を与えられる存在になれるようがんばっていきたいと思います」


第32位 2,499票 (アンダーガールズ当選):
梅田彩佳 「本当に嬉しいです。去年ここに立てなくて、ステージに立っているメンバーを見て、どんな風にステージが見えるんだろうと思って。 スピーチしてるのが羨ましくて。でも今年はここに立てて、みなさんの顔が1人1人見えるのが嬉しいです」


第31位 2,591票 (アンダーガールズ当選):
佐藤すみれ → 涙

「今日来るのが怖くて、みんなに言えなかったけど、ほんとに怖かったし、 もしアンダーガールズに入れなかったらどうしようと思っていたのですけど、今日ここに立てて、 こんなにたくさんの方が投票してくださって、本当に嬉しく思います。もっともっと上を目指して 一生懸命やりますのでよろしくお願いします」


40位から31位を続けて発表。

第30位 2,613票 AKB48チームB → 小森美果
第29位 2,693票 AKB48チームK → 仁藤萌乃
第28位 3,076票 AKB48研究生 → 島崎遥香
第27位 3,235票 AKB48チームB → 石田晴香
第26位 4,106票 AKB48チームB → 平嶋夏海
第25位 4,137票 AKB48チームB → 増田有華
第24位 4,634票 SKE48チームS → 大矢真那
第23位 5,355票 AKB48チームA → 倉持明日香
第22位 6,145票 AKB48チームA → 多田愛佳


1人ずつ順にコメント。コメント後は各順位ナンバーが貼ってある椅子へ。

第30位 2,613票 (アンダーガールズ当選):
小森美果 「30位という位置に立たせていただいて、すごくすごく嬉しくて、去年このステージに立てなかったのですけど、 立てて本当に嬉しいです。もっと、この位置で、もっともっと成長できるように、、(涙)」客「がんばれ!」

手で口元を抑える。号泣。
「。。。(号泣しながら)ありがとうございます」客、拍手


第29位 2,693票 (アンダーガールズ当選):
仁藤萌乃 「今このステージに立って、みなさんが投票してくださった1票の重みを感じています。 こうしてみなさんが応援してくださってるから私は今ここにいれるって実感しています。 みなさんの期待を裏切らないようがんばっていくので、これからもよろしくお願いします」


第28位 3,076票 (アンダーガールズ当選):
島崎遥香 → 号泣

「私は速報で他の研究生が入ってる中、入ってなくて、今日まで不安だったのですけど、 1つの目標であるアンダーガールズにみなさんのお陰で入ることができました。 大事な大事なこのチャンスをものにして、これからもAKB48の一員として、輝いていけたらと思います」


第27位 3,235票 (アンダーガールズ当選):
石田晴香 「本当に私がこのステージに立っていられるのは投票してくださったみなさん、 そして産んでくれたママ、パパ、メンバーのみんな、、。泣かないと決めたのであまり泣かない、泣いたら ごめんなさい。。がんばります。これからも応援よろしくお願いします」


第26位 4,106票 (アンダーガールズ当選):
平嶋夏海 「今回は25位で、速報、中間も25位をキープして、めっちゃ安定感バッチリなんですけど」客w
「選抜を逃したのですけど、投票の数を聞いて、本当にたくさんの方が投票してくださり、ありがたく思います。 もしまた来年、選抜総選挙をやるのならば、本当に大好きなSDN48の浦野一美ちゃんと約束をしたのですけど、 ポッチャリ体形をスレンダーにして、来年こそは選抜入りを目指したいと思います」


第25位 4,137票 (アンダーガールズ当選):
増田有華 「みなさんほんまにありがとうございました。私は前回の時、開票の日に他の仕事が入ってしまって、 来れなかったのですけど、今回参加できて、昨年はDVDでしか見れなかったのですけど、 ここまで緊迫した空気が作れるのかって(驚いています)。ファンの人が、1人1人発表されていくと 涙を流していたりして、私以上にファンの方が緊張していて、1票1票すごい込められてるんだなって 思いました。この1票1票を胸に刻んで、歌にお芝居にダンスに、パフォーマンスを磨いて、 みなさんにお届けしたいと思います」


第24位 4,634票 (アンダーガールズ当選):
大矢真那 「今回の選挙で「大矢真那って誰だ?」って思った方、多分たくさんいると思うのですけど、 私がSKE48の大矢真那です!」客、拍手

「ここにこうして立ってられるのは、みなさまの1票1票があったからです。 ステージは私を裏切らないと信じてこらまでやってきました。目の前のみなさんの笑顔が見たいと思って全力投球してきました。 これからもみなさんに幸せを届けたいと思います」


第23位 5,355票 (アンダーガールズ当選):
倉持明日香 「みなさんから投票していただいた1票1票に込められた想いをしっかり受け取って、 これからもっともっと上へいけるようにがんばっていきます。 前回は21位で選抜に入れ、今回は23位でアンダーガールズに入れて。ほんとはすごくすごく悔しいです。 でも、、(涙)この悔しい想いを胸に、私は絶対に成長します。私のことを応援して くれたことを絶対に後悔させません。これからも私についてきてください」客、拍手


第22位 6,145票 (アンダーガールズ当選):
多田愛佳 → 号泣

「「ただ」じゃなくて「おおたあいか」です」客、軽くw

「。。。(号泣)」客「がんばって!」

以降も号泣しながら、やっと話す感じで、
「今回アンダーガールズのセンターになれたことはすごく嬉しいのですけど、 でもひと言で言うと、やっぱり選抜入りしたかったのですけど、私ももっちぃと一緒で 前回選抜に入れたので今回も、、。入れなかったのですけど、なんか泣き過ぎて手が痺れちゃったのですけど、 でもみなさんCD1枚1枚めくるの大変だったと思うんですよ。握手会の時に聞かされてたので」客w

「アンダーガールズセンターとしていい作品ができるようにがんばります」客、拍手
「政見放送(?)のコメントで言ってたように、これからもみなさんを裏切らないように精一杯がんばります。よろしくお願いします」


■開票結果発表(選抜メンバー=21位~1位)
徳光和夫さん 「ここからは1枚の封筒に1枚ずつの名前が入っています。ハサミも硬くなってます・・・」


第21位 6,371票 AKB48チームB → 宮崎美穂 (選抜メンバー当選):

宮崎美穂 「えっと、、えっと、、(涙)去年初めて選抜総選挙をやって18位という結果だったのですけど、 惜しくも今回21位ということで少しランクダウンしてしまいました。 でも私はこんなにたくさんの方に支えられてる、6000票もいくなんて思ってなかったので、 私1人にこんなにたくさんの方が投票してくださったことをすごくすごく誇りに思います」

「私は女優さんになるという夢を叶えるためにAKBに入らせていただいたのですけど、今回21位ということで、 そして6千票以上の獲得票数を胸に、私は絶対将来夢を叶えることを諦めないので、これからも 応援よろしくお願いします」


第20位 6,567票 AKB48チームA → 仲川遥香 (選抜メンバー当選):

仲川遥香 → 涙
木佐彩子 「昨年とは違う涙だよね?」
仲川遥香 「去年入れなくてすごく悔しくて、私はその時、もうAKBにいられないんじゃないかってくらい悔しくて、 みんなが(選抜に)入っていく姿を見るのが悔しくて。(私は選抜に)入ってない分、 まだお客さんに伝わってない部分もあるんじゃないかと思って、 ステージで一生懸命輝いて、がんばっていこうと日々思って公演をやってきました。まだ1回も選抜に 入ったことがなくて、「ポニーテールとシュシュ」ではシアターガールズのセンターをやらせていただいたり、 いろんな場を貰って、誰よりも輝けるようにがんばろうと思ってやってきました。 こんなにたくさんの方に応援していただけてるって心から感じていて、 みなさんがいなかったらこの順位にはならなかったと思うし、みなさんの1票1票のお陰でこの順位を いただくことができました。この期待を裏切らないよう、元気に笑顔で明るく、みなさんにたくさんの元気を 届けたいので、これからも仲川遥香をよろしくお願いします」

徳光和夫さん 「最後は元のはるごんだったね。。オレがはるごんって言うのもおかしな話ですけど」客w


第19位 6,704票 AKB48チームA → 指原莉乃 (選抜メンバー当選):

指原莉乃 「指原は前回の選抜総選挙で選抜を外れ、その前までの3作は選抜に入っていたのですけど、選挙の後1度も入れずに たくさんの辛い思いや悔しい思いをしてきたのですけど、またこういう風にステージに立てて本当に本当に 幸せです。みなさんの力を借りた選抜だったのですけど、次回からはみなさんの力を少しだけお借りして、 自分の力で入れるようにがんばりますので、みなさんの1票を無駄にせずにがんばりたいと思います」

木佐彩子さん 「AKB48の番組には欠かせないバラエティ要員で活躍中です」
徳光和夫さん 「こんなかわいい顔でバラエティ?」


第18位 6,921票 AKB48チームB → 佐藤亜美菜 (選抜メンバー当選):

佐藤亜美菜 → 涙

「前回の選挙では8位という素晴らしい順位で立たせていただきました。 本当はせっかくみなさんが8位という順位を私に与えてくださったのに、それから1度も選抜に入ることができずに、 今回の選挙の時、ファンの方に握手会とかで「もっと番組に出てアピールしなよ」とか言ってくれたのに、 番組に出れなくて、どうやって今回アピールしていいのかわからなくて、、みなさんに何も恩返しできないし、、(涙)」
客「18位もすごいよ!」
佐藤亜美菜 「。。ですよね(笑顔)」客w → 拍手

「今までのはやめました。もっと前向きに。私、これがいけないので。素晴らしい18位という順位をいただいたので、 絶対今度こそチャンスを逃さないように、次も自分の力で選抜に入れるよう(AKBの一員としても)、 努力を惜しまずにがんばるので、これからもよろしくお願いします」


木佐彩子さん 「気持ちの切り替え素晴らしかったです」


第17位 8,049票 AKB48チームK → 秋元才加 (選抜メンバー当選):

秋元才加 「映画館の前のみなさま、今日お越しのみなさま、応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます」客、拍手

「今回の選挙が近づいて行く中、サイン会や握手会でみなさんに優しい言葉をかけていただいて、 心細くありませんでした(涙)」客「がんばれ!」

「ただ、握手会などで「がんばってね」と優しく言ってくださっていたのですが、でも投票してくださるのはみなさんで、 自分は何もできない不甲斐なさを感じていました。この順位をいただけて光栄です。 でもまだ満足していません。私の中でできることの1位を見つけて、さらに努力して、もっともっと上を目指して いきたいと思います」

木佐彩子さん 「かっこいいですね」
徳光和夫さん 「たいへん言葉が豊富なお嬢さんでビックリしました」


第16位 8,836票 AKB48チームB → 北原里英 (選抜メンバー当選):

北原里英 「今回この順位になることができて嬉しいのですけど、前回の選抜総選挙は13位だったので、ランクダウンしてしまいました。 でも投票数は比べ物にならないほど増えていて、たくさんのファンの方に背中を押してもらっていると 思うことができたのですが、速報、中間発表は14位で、握手会でファンのみなさんに「メディア組だね、がんばってね」 そういう期待に応えることができなくて申し訳ないです。今の順位を受け止めて、これからもがんばっていきますので よろしくお願いします」


第15位 9,468票 AKB48チームK → 小野恵令奈 (選抜メンバー当選):

小野恵令奈 「まず1つ言いたいことがあって。今の私、今の小野恵令奈にこれだけの 投票をしてくださって本当にありがとうございます」客、拍手

「泣かないですよ。15位です。みなさんすごくないですか?」客、拍手

「15位ですよ。前回よりはダウンしちゃったんですけどね。でも恵令奈自身も今の私には 満足してなくて、まだまだ未熟で、バカで、鈍感だし」客「そんなことないよ」

「言われたことすぐに忘れちゃうし、お寝坊さんだし、いろいろと大変な子です」客w
「でも私はすごいキレイな女性になりたいんですよ。中身も素敵で、誰からも憧れられる女性になりたいです。 そしていつか私がAKBのセンターを張れるぐらいになりたいと思っています」客、拍手

「15位っていう順位はすごい私、嬉しいです。今回与えられたこの順位を大切に、 いつかセンターをできるようがんばりますので、これからもえれぴょんの応援よろしくお願いします」

徳光和夫さん 「16歳で15位ですから(素晴らしいと思います)」


第14位 9,692票 AKB48チームK → 峯岸みなみ (選抜メンバー当選):

峯岸みなみ 「まさか14位で名前を呼ばれるとはほんとに思ってませんでした。 たくさんの投票ありがとうございます」客、拍手

「前回の選挙から1つランクを上げることを目標にしていました。16位から2つ順位を上げることができて 嬉しく思います。(前回は)ファンのみなさんに悔し涙を見せてしまったのですけど、 今回は嬉しくて。これは嬉しい涙です。私は悲観的で、初期メンなのに、このままでいいのかな?新しい 子が入ってくる中で何位になるか不安だったのですけど、今回14位になれて笑顔で家族やいろんな人に 報告したいと思います」

「私の中では満足な結果なんですけど、もっと上を目指して欲しいって思っている ファンのみなさんもいると思うので、ここで止まらずに、もっともっと上を目指してがんばります」

「みなさんの人生の中で(人生をかけて)峯岸みなみを応援しようと思ってくれてたくさん投票してくださった方が いると思うし、投票だけじゃなくて支えてくれたり、そういった肯定まで感じて、これからもがんばっていこうと思います」

徳光和夫さん 「見事なコメントだよね。驚きますね」


第13位 11,062票 AKB48チームA → 高城亜樹 (選抜メンバー当選):

高城亜樹 「去年はすごい悔しくて、選抜に入れずに悔しくて、ステージ上では 泣かなかったのですけど、裏ではずっと悔し涙を流してる状態だったのですけど、今回たくさん投票していただけて 選抜に選んでいただいてすごく嬉しく思います」

「「ポニーテールとシュシュ」で初めて選抜に入って。でもほんとはいろんな人に認められてないんじゃないか? といろいろ考えたりしたのですけど、こんなにたくさんのみなさんに投票していただいて、13位という素晴らしい順位を いただけて嬉しいです」

「(現状に)満足せずに、もっともっと上を目指して行くので、 これからも高城亜樹の応援よろしくお願いします」

木佐彩子さん 「印象的なのは、みなさんが悔し涙を流したり、嬉し涙を流したりしている時に、下のメンバーも一緒に 相槌をしている姿がいいなと思いました」


第12位 11,080票 AKB48チームB → 河西智美 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

河西智美 → 涙目、手で口元を抑える。
徳光和夫さん 「河西さん、深呼吸した方がいいかな?」

河西智美 「みなさん本当にありがとうございます」深々とお辞儀(客、拍手)

「速報、中間発表で13位ということで、その間にいっぱい握手会とかあって、ファンの方から ひと言もらったのですけど、みなさん「がんばって12位に入ってね」とか、そのひと言がプレッシャーにもなったのですけど、 ともにすごい期待してくれてるんだなって伝わってきて、少しでも応えたいなと思って。すごいですよね、こんなに たくさんの投票数、すごいなって思います。こんなにたくさんの人にともは愛されてるんだなってすごい思います」

「去年よりもっともっとAKBが、ともが、たくさんの人に知ってもらえて、愛されて、とものことを応援してくださって。 1時間だったり、1日だったり、とものことを考えてくれるワケで。どこで恩返しできるんだろうと思って。私がAKBに入って一番 幸せだと思ったのが、劇場公演をすることです。なので、楽しいと思うこと、ずっと続けたいと思う(劇場公演を) どんなんに辛くても、熱があっても、ケガをしても、絶対に出てやろうと思って、すっと今までがんばってきました」

「12位という素敵な結果をもらって、これからも初心を忘れずに期待を裏切らずに、 とものこと応援して良かったと思っていただけるよう、応援してもらえるようがんばりますので、 これからもともの背中を押してください」


第11位 12,082票 SKE48チームS → 松井玲奈 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

松井玲奈 → 号泣

「みなさん本当にこんな、もやしみたいな私に投票してくださってありがとうございます」客、拍手

「去年よりこんなにも順位が上がることができて、1年間SKE48として、AKB48さんのアンダーガールズとして がんばらせていただいてきて、その私の進んできた道が間違ってなかったからこそ認めていただけたからこそ、 今日このステージに立たせていただけたのだと思います」

「でも、でも、、、(涙)」客「がんばれ」
「やっぱり私は去年言った通り、もっともっと上を見て、背筋をちゃんと正して、前を見て、 一番を取りたいんじゃなくて、「お前が1位になれ!」と言われるような、そんな素敵な人に なりたいと思います。もし道を間違っていたとしても、みなさんに肩を叩いていただいて伝わったら、 元の正しい道を行こうと思います。これからももやしみたいな私なんですけど、応援よろしくお願いします」


第10位 12,168票 SKE48チームS → 松井珠理奈 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

松井珠理奈 「本当にこんなに、10位っていう素晴らしい結果をいただけて嬉しいです。 応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます」客、拍手

「正直、今回もこうやって選抜総選挙があるって聞いた時、すごく不安でいっぱいでした。 今回素晴らしい順位をいただけたので、ここでいろんなことを学ばせていただいて、もし次回選抜総選挙があったら、 今回の順位よりもっともっと上を目指してがんばっていきたいと思います。 みなさんこれからも私、松井珠理奈の応援よろしくお願いします。本当にありがとうございます」


第9位 12,560票 AKB48チームK → 宮澤佐江 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

宮澤佐江 「みなさん私に投票してくださって、みなさん本当にありがとうございます」客、拍手

「1年前の選抜総選挙の時と今回の選抜総選挙、私は同じ気持ちで、例えどんな順位でも今の順位を 素直に受け止めようと思っていたのですけど、やっぱりこうやって9位という順位をいただけたことは 素直に嬉しいです、、(涙)」客「ファイティーン!」「ゲンキング泣くな!」

「今回の総選挙、自分のモットーとして初代の女性アイドルのイケメンガールを目指すと誓いました。 だから思い切って髪を短くし、ほんとに男の方よりかっこよくなっちゃおうと思います!」客、拍手

「こうやって、AKBを知らない方だったり、初めて見た方に、こんな子もAKBにいるんだって目をつけてもらえる 人になりたいと思うので、みなさんこれからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました!」

徳光和夫さん 「気持ちいいですよね」
木佐彩子さん 「角刈りにする勢いでしたね」
徳光和夫さん (川柳)「梅雨空に・明るく咲いて・さえわたる」客、拍手


第8位 15,466票 AKB48チームB → 柏木由紀 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

柏木由紀 「私に投票してくださったみなさん、本当にありがとうございます」客、拍手

「私は小さい頃から歌やダンスがすごい好きで、アイドルに憧れて、好きなことをやりたいという 一心で鹿児島から上京して、たくさんの方に投票していただけて、私の選んだ道は正しいと思ったし、幸せ者だなと 改めて思いました」

「チームBのキャプテンというとっても重要な役割をいただいて、最初は不安で、チームBのレッスンでは 自分のことも考えなきゃいけないし、チームのことも考えなきゃいけないという葛藤があったのですけど、 今日こうやってたくさんの方に支えられて、 がんばれと言ってくださった方がたくさんいるということを改めて実感したので、これからは自分のこと、 チームBのこと、AKB48のこと、できることを一生懸命やって、応援してくださる方への感謝の気持ちを忘れずに がんばっていきます。本当にありがとうございました」

徳光和夫さん (川柳)「初夏なのに・薩摩の空に・花の


第7位 16,231票 AKB48チームA → 小嶋陽菜 (選抜メンバー&メディア選抜当選):
小嶋陽菜 → 涙

「今回の選抜総選挙で速報が出た時は10位で、今回7位になれると思ってなくて、 10位用のコメントしか考えてなくて」客w

「速報で10位になった時、ツイッターとかでファンの方が心配してくれて、私だけのことじゃないんだ、 がんばらなきゃいけないと思いました。7位という順位は「スカひら」があったら「スカひらセブン」に入れると思うので、 本当に嬉しく思います」客、軽くw

「本当に嬉しいのですけど、全然言葉が出てこないのですけど。。」客「ラッキー7!」
「あっ!そうですね。ラッキー7ですね」

「これだけで終わらせないようにこれからもがんばります。本当にありがとうございました」

徳光和夫さん (川柳)「美しさ・色香も漂う・春なのに」


第6位 17,787票 AKB48チームA → 高橋みなみ (選抜メンバー&メディア選抜当選):

高橋みなみ 「前回の選抜総選挙では、ここでボロ泣きしてしまって、自分の無力さを感じ、弱音ばかりだったのですけど、 本当にみなさんに支えられて、(今日)ここに立っています」

「公式ガイドブックのスタッフさんの予想で私の順位だけ下がってたりとか」客w
「秋元さんが「高橋に注目」と書いてたりして「注目しないで!」と思ったりして、今日を迎えたのですけど、 この順位に誇りを持って。どんな順位でも私はかわりません。高橋みなみは高橋みなみです。 人より秀でてるものはありませんが、必ず将来、1人の歌手になります。それは絶対に曲げません」

「私はAKB48、SKE48、SDN48を応援してくださってるみなさんの期待(に応えられるよう) このチームを絶対に良くしていけるようにがんばっていきたいと思います。AKB48を好きな気持ちは負けません!」客、拍手

徳光和夫さん (川柳)「本物の・熱き心や・風」

「稽古場には研究生より先に来てるんですよね。気配り、心配りのできるお嬢様です」


第5位 20,088票 AKB48チームB → 渡辺麻友 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

渡辺麻友 「みなさん、こんばんは」客、軽くw「AKB48チームBの渡辺麻友です」

→ 涙

「まずはほんとに、中間発表では1万2千票という、1万人以上の方の票が入ったことが 本当に嬉しかったのですけど、なんと今回2万以上票が入ったということで、本当に嬉しくて、 これ以上の幸せはないんじゃないかと思ったのですけど、今回は総選挙のポスターで 「起こしてみせますCGレボリューション」と言ったのですけど、私的にCGレボリューションは 今回起こってなかったので、もし来年選抜総選挙があれば、今度こそは、今度こそは正真正銘の CGレボリューション、私の革命を起こしたいと思います」

「私はこの5位という順位は本当に嬉しいしありがたいのですけど、私はやっぱり悔しいです。 去年は4位、今回は5位。嬉しい順位なんですけど、私はもっと上を目指したいです。 今のこの現状には満足していません」客、拍手

「私は絶対に、次は上の順位を目指したいです。そのためにがんばりますので、たくさんの方に私のことを 認めてもらって、絶対に絶対に次は上の順位を目指します。なのでみなさん、これからも渡辺麻友をよろしくお願いします」

徳光和夫さん (川柳)「まゆ上げて・いつか目指せよ・トップの座」


第4位 20,513票 AKB48チームA → 板野友美 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

板野友美 → 号泣

「えっと、総選挙が始まってから今日この日まですごい不安でいっぱいでした。 でも握手会の時にファンのみなさんが「僕たち信じてる」とか「ともちん、がんばってるから大丈夫だよ」 ってたくさんの方が言ってくれて、それを信じ続けて今日この日まで来ました」

「そしてファンのみなさんにこれからも恩返しできるよう、板野友美がんばりますので、これからも 応援よろしくお願いします」客、拍手

「そして、去年よりもランクアップできたことをこれからのバネにしてがんばりたいと思います。 本当にみなさんありがとうございました」

徳光和夫さん (川柳)「輝きは・そこにいたのか・チームK」


第3位 23,139票 AKB48チームA → 篠田麻里子 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

篠田麻里子 → 号泣

「本当に嬉しいです。私は滅多に緊張することないのですけど、昨日は緊張して眠れなくて、朝のPONに ちょっと遅れてしまって」客w

「AKB48がこんなにも注目されるようになって、司会に徳光さんが来てくれるようになって、、(涙)」客「がんばれ!」

「ありがとうございます。5年間やってきて良かったなと本当に思います」涙で咳き込みながら(客、拍手)

「本当に応援してくれたみなさん、本当にありがとうございます。ありがとうございます。 一生懸命がんばりますのでみなさんこれからもよろしくお願いします」

徳光和夫さん (川柳)「その笑顔・まりころがすように・はじけてる」


第2位 30,851票 AKB48チームA(客、おー!&反応) → 前田敦子 (選抜メンバー&メディア選抜当選):
前田敦子 「みなさん、本当にありがとうございます」深々とお辞儀(客、拍手)

「えー、私は負けず嫌いなので、正直悔しいです。実は少しだけほっとしている自分がいます。 私はやっぱり1位という器ではないと思います」客「そんなことない!」

「やはり1位をいただけた後に、一番にAKBを引っ張っていかないといけない立場だったと 思うのですけど、やはり、、(涙、笑顔っぽい表情も見せたり)」客「がんばれ」

「私にはうまくできなかったみたいです」客「そんなことない!」
「ありがとうございます」客「あっちゃんはオレの1位だ!」「笑って!」など

「。。。。。今年は、今年はそうですね、やはり去年みなさんに期待していただいたように、お応えできなかった のですけど、今年は、今年5年目になるということで、そして1期生ということで、さらにこれだけのメンバーを 引っ張っていかないといけないと思っています。。。(涙)」客「がんばれ」


「すみません。。。。。。。」


「私は今年はこの順位でがんばっていこうと思います。でも、もしリベンジできるのであれば、 やはりもっとたくさんの方に認めていただけるようにがんばらないといけないと思うのですけど、 またリベンジがあるならば、次は胸を張って堂々とAKB48のメンバーを引っ張っていける存在になりたいです。 みなさんありがとうございました」客、拍手

2位用の席に着席した後、板野友美と抱き合う。
着席してから、号泣。


第1位 31,448票 AKB48チームK → 大島優子 (選抜メンバー&メディア選抜当選):

秋元康プロデューサー登場。
トロフィーを大島優子に手渡す。

秋元康プロデューサー 「今日ずっとボクも見ていたのですけど、たぶん大島優子以外は全員悔しいと思うのですが、 ここに上がれなかったメンバーも悔しかったと思うのですが、その悔しさを次のエネルギーにして、 AKB48、SKE48、研究生みんなでがんばれると思います」

「大島は1位に満足せずに、悔しさが無い分大変だと思うのですけど、きっと大島のことだからAKBを引っ張っていって、 輝いていくと思います。心から祝福したいと思います。おめでとう」客、拍手

大島優子 「ウソのようです」客「おめでとう!」

→ 号泣

「秋元さんにはいつも「お前は期待値が高いから、それ以上のものが生まれてこない」と言われてきました。 じゃ~、どこを伸ばせば私はMVPを取れるのかずっと考えてきました。 いつも、2位の大島優子としてやってきて、もちろん、今年はきっと下がるだろうと思っていました。 でもこんな光栄なことはありません。私に票を入れてくださった方、「去年は背中を押してください」と 言いましたけど、でも今年は1位という順位をいただいて、背中を押してくださいとは言いません。 ついてきてください!」客、拍手

「AKB48が日本一のトップアイドルグループとしてずっと輝いていけるよう務めますので、よろしくお願いします」客、拍手

「みんながみんな悔しい思いをしてると思うし、もっともっと前へ進んで行かないといけないと思っていると思うので、 AKB48、SKE48、SDN48全員で、もっともっと前へ進んでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

徳光和夫さん 「・・・いろんな表情を持った大島優子さんですけども、(川柳)表情の・豊かさ実り・有効票」客、拍手

「まさに今日実ったという風に感じております」

「前田敦子さんの名前が呼ばれた時、どんな気持ちだったのでしょうか?」
大島優子 「私にはできるかわからないのですけど、きっと私は、ずっとあっちゃんの姿を見てきて、 プレッシャーが大きいだろうなって常に感じていて、私はそれをサポートする立場でやってきたので、 この位置に立てて本当に恐縮なんですけど、1位を取ったからにはそんなんじゃやっていけないと思うので、 がんばるしかないです。がんばります!」客、拍手

徳光和夫さん 「仲間たちにひと言あるかな? トップ当選者として」
大島優子 「楽しい生活を一緒に送っていきましょう。。」
徳光和夫さん 「その通りだよ。シンプル(でいいと思う)」

徳光和夫さん 「AKB48に入って良かったこと、充実感を感じたことなどはありましたか?」
大島優子 「AKB48は他のグループと違って、シビアな面もあって選抜総選挙だったり。毎日のように公演があって、 みなさんにパフォーマンスをお見せしているのですけど、今までのアイドルと違って、会いにいけるアイドルとして 活動をしていて、毎日私たちにサプライズが起きていることが本当に楽しいというか、 苦しみさえも楽しみに変えてくれる、そんなAKB48に入っている限り青春を過ごせると思います」

1位用の椅子に着席。


40位から1位まで順に名前が呼ばれ、名前が呼ばれたメンバーは立ち上がり、お辞儀。
1位「大島優子」が呼ばれた後、特攻発射。

BGM → ポニーテールとシュシュ

徳光和夫さん 「AKB48がなぜ人気あるのか垣間見た気がします。真剣というか、ガチで・・・素晴らしいことだと思います」
木佐彩子さん 「顔かわいくて(喋り方などかわいいのに)心が強くて、刺激を受けました」


ステージ上に上がれなかった客席側のシートに座っていたメンバーたち立ち上がり、客の方を向き、一同お辞儀 → 退場


徳光和夫さん 「最後にファンのみなさんにひと言」
大島優子 「本当に感謝しています。ありがとうございました」

→ メンバーたち全員退場


木佐彩子さん 「青春っていいもんですね」
徳光和夫さん 「みなさんあってのAKB48、SKE48であります。これからもみなさんが育てていただけたらと思います」

徳光和夫さん木佐彩子さん → 退場


■VTR上映 (今日1日のダイジェスト映像)

■終演後の陰アナ(劇場支配人・戸賀崎氏)

■率直な感想
18時2分開演、20時51分終演。

昨年に続き、第2回目の選抜総選挙・開票イベントが行われた。
昨年は7月8日に赤坂ブリッツで行われた。キャパは約1,300人。
今年は水道橋のJCBホールで行われた。キャパは約3,000人。
昨年は1階席はスタンディングだったのに対して、今年は全て椅子席であった。

昨年同様、開票結果発表前に、曲が披露された。
昨年同様、ステージも客席も緊張感漂う、といった感じであった。
コンサートの時とは違った、ちょっと異様な雰囲気。コンサートでは色とりどり鮮やかなサイリウムも、 今日はパラパラ程度であった。

司会は、昨年は劇場支配人・戸賀崎さんと衣装のしのぶさん、身内仕様であったのに対して、 今年は徳光和夫さん&木佐彩子さん、プロのアナウンサーが司会を務めた。 昨年は30位までが当選、今年は枠が広がり40位までが当選。
昨年の31位以下との比較はできないのであるが、当選メンバー、特に上位陣はそんなに変わってないといった印象。

大きく順位を上げたのが昨年23位から今年13位に躍進した高城亜樹さんと、昨年圏外から今年は19位に入り、 初選抜入りが決まった仲川遥香さん、昨年29位から今年11位と大きく順位を上げたSKE48の松井玲奈さん、 同じくSKE48の松井珠理奈さんは昨年19位から今年10位と順位を上げた。上位陣では、板野友美さんが昨年7位から 今年4位と順位を上げた。

SKE48モバイルが投票対象になった点が大きかったのか、SKE48メンバーの当選数は昨年の2名から今年は5名に増えた。 大矢真那さんの24位は正直驚いた。

佐藤亜美菜さんは昨年の8位から18位にランクダウン。
昨年は「800票以上投じた人がいる」といった噂が流れた。ほんとかどうかわからないが。
でも柏木由紀さんより順位が上だったというのは驚きで、何かしらの票が動いたのかなと思うのであるが。

たられば話になるのであるが、もし昨年その800票がなければ24位だった。
現実には8位で、メディア選抜に入り、各番組に出演したり、全国握手会に出演することができた。 今年も選抜に入れたのは、昨年メディア選抜入りすることができ、全国に佐藤亜美菜の名が知れ渡った点が 大きかったのではないだろうかと思う。

26位、平嶋夏海さんは、SDN48浦野さんと約束したという「ポッチャリ体形をスリムにして、来年は選抜入りを目指す」と発言。 なかなか触れ辛い点ではあるし、これまで平嶋さん本人からそのような話は一切聞かれなかったので、 少々驚いた。1人で励むよりも、番組企画とか、何か一緒にできるものがあればいいんじゃないかなと思う。 目標値を達成したら、ダイエット本を出版できるとか。来年もしまた総選挙があれば、どうなっているのか、楽しみである。

17位に入った秋元才加さん。 壇上に上がると「映画館の前のみなさま、今日お越しのみなさま、応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます」と、 才加らしい、丁寧な挨拶だと思った。

メンバー紹介時などにて、「仲谷あすか」「さいはら莉乃」それに、あともう1人くらい間違えられていたような 気がする。AKB48はメジャーになったと思うけど、メンバー個人についてはごく一部の超選抜だけで、 まだまだメジャーではないなって、そういった間違いを聞いて、なんとなく思った。


今年の選挙戦は、AKB48については新組閣の関係で、選挙期間中に一度も劇場ステージに上がることのないメンバーがいた点は、 不満に感じた。旧チームKから新チームAに移籍した倉持明日香、松原夏海は1度もステージに上がらなかった。 他にも旧チームKから新チームBに移籍したメンバーも公演は数えるほどだったり。 以前よりもテレビやラジオなどメディア露出が増えたり、 日刊スポーツにて総選挙の連載があったとは言え、AKB48は劇場をベースとして活動を行っているわけで。

AKB48研究生から3名がランクイン。もちろん3名ともがんばりがあったからこその結果であると思うが、 選挙期間中に研究生公演が多かった点も影響したんじゃないかなと思う。劇場公演で見た客にアピールできるのはもちろん、 オンデマンドで全国に配信されるわけで。

すべて平等に、公平な条件にすることは難しいが、今回についてはそういった点で不満が残った。


昨年と比べ、キャパも増え、司会も代わったが、今年一番変わった点は、なんと言っても 投票数だったんじゃないかなと思う。

1位票数が昨年4,630で、今年はなんと31,448。
選抜ラインの21位は昨年1,355、今年6,371。
30位は昨年1,050、今年は2,613。40位でも1,603だった。

昨年の800票の話に戻るが、昨年は800票で24位から8位までランクアップさせることができたが、 今年は24位に仮に800票を追加しても、順位は1つしか上がらない。 1000票入れた、みたいな話をちらちら聞いたが、上位については1000票入れても順位は変わらないほど、 昨年とは比べ物にならないほどの票数であった。


大島優子、初の1位獲得。
昨年1位圧勝だった前田敦子さんを抑えて、逆転で1位を獲得。
AKB48メンバーはこの1年それぞれメディア露出など増えたと思うが、 大島さん1人突出してメディア露出が増えたとか、そういった印象はなかったので、正直1位は意外だった。 3位か4位くらいかなと思っていたし。速報、中間で接戦だった点からして、意外だった。

1位の大島さんはもちろん、2位になってしまった前田さんは特に、いい意味で刺激になるんじゃないかなと思う。 珍しく悔し涙を流していたりしたわけで。

これまでずっとセンターを張ってきた前田さんがセンターから外れ、新たなメンバーが センターを張ることで、AKB全体がより活性化するんじゃないかなとも思った。


総選挙は順位が数字として現れるので、そのメンバーの今の人気や実力(?)など明確に分かるという点では便利だと思う。 でも劇場公演のMCとか聞いていて、楽屋でのエピソードだったり、レッスン場でのエピソードだったり、 普段ファンの側からは見えないところでチームに貢献しているメンバーなどいたりするわけで、そういう点で総選挙の順位が すべてになって欲しくはないなと思う。今の自分のポジションを知る上で、もちろん順位も大事だと思うが、 順位がすべてになったら、上辺だけのチーム、グループになってしまうんじゃないかなって思う。 1つの目安、目標値として、捉えるのがいいんじゃないのかなって思う。


昨年はシビアな戦いにしか思えなかった選抜総選挙。
今年もメンバーたちにとってはシビアな戦いだったと思うが、その一方で、今年は日刊スポーツで 連載がありメンバー全員載ったり、速報、中間発表のたびにネットのニュース記事で配信されたり各メディアで取り上げられ、 今日の最終結果もそうであるが、いろんなメディアでこの総選挙が取り上げられた点が昨年との大きな違いだったように思う。

昨年と比べ、この総選挙が1つの「ショー」となった、「ショー化」した印象を受けた。 AKB48の名前だけではなく、順位発表などで、個人の名前も広く知れ渡ったという点で、 メンバーたちにとって良かったのではないかなと思う。

果たして来年も開催されるのか。
1月はAXライブが恒例行事になりつつあると思うが、毎年この時期と言えば「総選挙」という風になるのか。

来年も開催されて欲しいような、欲しくないような。。。

以上。







カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ