タワーレコード キャンペーン 開催中 new2.gif

【速報版】川上千尋 22歳の生誕祭レポート

2020年12月19日 NMB48劇場 川上千尋 生誕祭 12時開演

出演メンバー:川上千尋・河野奈々帆・中野美来


EpkZ3gPVoAAtTzb.jpg


生誕祭の流れ


・オープニング (中野美来河野奈々帆)

川上千尋 登場…バースデーソングを歌ってお祝い

・ファンの方からの記念品、イラスト、メッセージを紹介

・チームNメンバーよりメッセージ (VTR)

・お手紙
(1) 渋谷凪咲より
(2) おじいちゃんより

・写真撮影コーナー

・自撮りコーナー

・生誕グッズ紹介

・質問コーナー

・セレクトコーナー『サビ前ドン!』

・生誕スピーチ

・最後に1曲「星空のキャラバン」披露


お手紙


渋谷凪咲より


※代読:中野美来

ちっひーへ

お誕生日おめでとう。

唯一の同期、渋谷凪咲です。

ちっひーのお誕生日を今年もお祝いできて嬉しいよ。

たくさんのメンバーが卒業して私が感じたことは、昨日まで当たり前のように一緒にいて、当たり前のように過ごしてきたのに急にパッといなくなってしまって、昨日までのことが夢だったかのように思えてしまいます。

家族でも友達でもなく仲間であり戦友って、なんか深いようでドライでもあり、でもとっても大切な存在で。

だからちっひーともお互いもう7年くらい経って、年齢も大人になり、今までより卒業の期間が近づいてきてると思うから今のうちにちゃんと気持ちを伝えたいなって思っています。

ちっひーはいつも凪咲に合わせてくれます。「コンビニ行こう」「ダンスの練習しよう」「あっ、さっき間違えたところ、さっきのところ間違えたからもう1回最初からしてもいい?」全部に笑いながら「いいよ」って言ってくれます。

いつも優しくて、私だけじゃなく他の人にも合わせて付き合ってくれて、皆さんから好かれているちっひー。でもちゃんと自分の芯があって、真面目で、そしてとっても負けず嫌いで、悔しくて大きな目に涙がたまってこぼれ落ちそうだけど必死に1人で我慢している姿を私はよく見ています。

その度に今ちっひーは自分の心の中で色んな気持ちと戦っているんだなって思うと凄くかっこいいなっていつも思っています。

そしてちっひーが泣いてしまった時は周りに人がたくさん集まり、ちっひーの気持ちを聞いて行動に移してくれる人がいて、それはちっひーの日々の行いと人望がそうさせてくれてるんだと思います。

だからこれからもちっひーはちっひーらしく強がり屋さんで、泣き虫さんで、人一倍優しくてたくましい、皆と私の大好きなちっひーでいて欲しいです。

そして私はちっひーがキラキラ輝いててまぶしすぎる時があります。オーラ凄いもん。

そしてちっひーを見て凪咲もいつも刺激と優しさと安心感をいただいてます。ありがとう。

そしてこれからもよろしくね。そしてたくさん思い出作ろう。

ちっひーのことが大好きな凪咲より

EpkdVm1UwAEDyPa.jpg


(手紙後)

川上千尋「いやー、同期からの手紙はダメですね。嬉しいですね。やっぱり凪咲しかいないので、同期が。一緒にこれからも助け合っていけたらなと思います。ありがとうございます」


おじいちゃんより


※代読:河野奈々帆

誕生日に思う

おじいちゃん

生け花の梅、つぼみが膨らみかけていた。

千尋の母親から22歳の誕生日に何か気づいたこと、伝えたいことを頼まれたのだが、テレビや雑誌の活躍は見ていても一度もその活動を実際に見たことがないおじいちゃんだった。せめて気持ちだけでもとペンを走らせた。

当時は華やいだ世界には気性が合わないだろうと反対したかった。なぜって? 光と影、明と暗。区別のつかないドラマがそこにあった。

いつまで待とう、憧れはいずれ消えていくのに、と。このままでいいのだろうか。世のため、人のため。明日は我が身。これからが大事。おかげさまを抱いて、これからが大事なのだ。

こんなこともあった。気づかされた。千尋を車で駅まで送る時、いつも「お願いします」と言ってくれる。人を思う気持ちがアクセルを踏み、安全運転にてハンドルを握る。一歩ずつ大人になってきた。車を降りるなり、「ありがとう」と。

手を振る後ろ姿を見送っていた。私は思う。咲けばいずれ散る我が身。確かな香りを確かめながら目的地へと進む千尋。

そして人との出会いが人生を変える中で、「おかげさま」を忘れてはいけない。心に手を。ありがとうと思う気持ち、抱きしめながらそう願っていた。

スタッフ、関係者、周りの人たちの温かい指導、応援を受けながら誕生日を迎えることができます。ありがとうございます。

誕生日祝って、おじいちゃんから心のプレゼントと致します。おめでとう。

EpkdwyxUcAAstQY.jpg


生誕スピーチ


本日は本当にこの状況の中、こう生誕祭を開催していただいて本当にありがとうございます。(拍手)

ありがとうございます。そして駆けつけてくださった皆さんやメンバー、あと(オンデマンド)最前で見守ってくださってる皆さん、本当にありがとうございます。

21歳はほんとに波乱万丈な1年だったなと思っています。

2月に予定していた舞台の「ANSWER」が中止になって。

まさか自分が流行りのウイルスの影響を受けるなんて当時は思ってないぐらいの時期で。

で、本番の前日に中止になったっていうことが、練習したもの全てが無くなってしまうんだっていう凄いもどかしい気持ちと悔しいっていう気持ちがあって凄くショックな1年の始まりだったなと思います。

で、立て続けに『だんさぶる!』のライブも、もう今はできたんですけど、中止になってしまったり、8月の舞台「勇者セイヤン」も、今は1月に延期が決まっていますが、当時は延期になってしまって。

で、NMB48の公演や舞台に立つことっていうことが少しずつできなくなっていく時期が凄くもどかしくて、何て言うんですか、1つ1つ乗り越えなきゃいけないことだったり、乗り越えていく壁っていうのが個人的に凄く多かった1年の前半だなっていう風に思いました。

ただ、その苦しかった時期を支えてくれたのはNMB48の活動で。

で、その自粛期間中、ステイホーム期間中にやっていた難波自宅警備隊だったり、『だんさぶる!』のYouTubeだったり、SHOWROOMだったり、SNSでいただく皆さんからのコメントだったり、そういう目に見えて伝えてくださるものだったり残っていくものが凄く支えになりましたし、大人の方達がメンバーに、メンバーをどうにかしてあげたいっていう奮闘してくださる気持ちが凄くたくさん私には愛が伝わってきて、ほんとにもっと頑張りたいなって、またこの期間が明けたらもっと頑張れるんじゃないかなっていう風に原動力になって凄く支えられました。ありがとうございました。(拍手)

ありがとうございます。で、それを乗り越えた今の、今のというか、今までの21歳は凄く充実していて。好きなことでお仕事をいただいたり。例えば甲子園グルメ大使だったり、あと野球だと「炎の体育会TV」にソロで出れたり、あと野球実況の裏でね、こう凄い偉大な方達とお話をさせていただいたり、片岡さんのYouTubeにもまさか出演することができたり、あと得意のフィギュアスケートを「ほっとするわ」で披露させていただいたり、凄くソロでお仕事をいただく機会もたくさんあった21歳でした。

そして21歳の大きな出来事と言えば、私がベテランだからと言ってまだまだ輝けるんだよっていう風に、NMB48をもっと盛り上げたいっていう一心で立候補した難波鉄砲隊其之九のイベントが凄く私にとって大きな出来事で。

やっぱり立候補するにあたって何か言ってくる人はいたんですけど、皆さんが私がくじけそうな時に「大丈夫だよ」とか、なんか、まぁ直接的にそうは言ってないけど「僕たち私たちについてきて」って言ってくれて、引っ張ってくださっているようで凄く安心できましたし、ほんとに頼もしいなって誇りに思える期間でした。

で、まぁほんとに最大の今年一番のわがままを、「立候補したい」っていうわがままを私と一緒に叶えてくださった皆さんが凄く、誇りです。 凄くかっこいいなと思いましたし、また皆さんにとって、こう私自身がなんか、こう楽しめる存在だったり、何かを頑張れる原動力に私自身がなれたらいいなっていう風に凄く思いました。

で、そして21歳の目標として私は演技のお仕事をたくさんしたいっていう風に話してたと思うんですけど、今年は20歳の頃に比べてそれが明らかに増えたなと思っています。

1年のうちにZoom劇場を2回もさせていただけたり、第1話にまた呼んでいただけたり、なんと言ってもNHKさんのドラマに出させていただけたり。

ドラマ出演というのは21歳になった頃は夢のまた夢だなと、叶わないんだろうなっていう風に思ってたので、凄く出演できるっていうことが私にとって夢のようで、現実味がなくて凄くキラキラしていて、で、皆さんに報告できない、まだ眠らせている期間も凄く長く感じるぐらいワクワクした、とっても素晴らしい時間でした。

報告した後も皆さん、私以上に喜んでくださって。で、放送された後も、なんか「この子誰やろう」っていうTwitterに対して「川上千尋ちゃんです」って自慢げに伝えてくださってたり、あとたくさん褒めてくださったり、「良かったね」って私以上に私の活動を喜んでくださる皆さんがいることが凄く前半の不安が取り除かれていくような、ほっとした気分になって自信をもらいました。ありがとうございました。(拍手)

ありがとうございます。本当に凄い波乱万丈でもあり、凄く充実した21歳でした。で、21歳の目標も叶えられたかなと思っています。

22歳の目標は、私は、んー、やっぱり演技のお仕事をしたいなと思っていて。

「NMB48の中で演技と言えば、お芝居と言えばちっひーだよね」って言われるぐらい大きな存在になっていきたいなと思っています。

舞台、まだできてない舞台も成功させたいし、もっとオーディションも受けてみたいし、あとまたドラマにも出たいです。

で、今は卒業するメンバーが多くて。特に仲の良かったメンバーとか先輩の、今まで助けてくれてた先輩メンバーが卒業されていく姿を見て私も卒業いつかする時が来るのかなと思うと、やっぱり卒業コンサートできるぐらいNMB48にとって必要であって大きい存在でありたいなって思います。

なので、めちゃめちゃ大きいことを言えば私が出演したドラマの主題歌がNMB48が歌とか。夢は大きくって言うんでね、言うんですけど、なんかそれぐらい大きいことをできたらいいなって思っています。

で、好きなことだったり挑戦したいことにもっと積極的になって活動の幅も増やしていけたらなと思っていますし、まだまだやっぱり選抜にも入りたいなっていう欲があります。

で、お話し会ももっとたくさんの方に来ていただけるような存在になりたいなと思っています。

なので22歳はNMB48にとって必要な存在になれるように、そして演技のお仕事でNMB48に貢献できるような人になれるような活動をしていきたいので、皆さんこれからも応援をよろしくお願いします。(拍手)


※13分44秒

EpkkaarUwAcG-Fe.jpg


(スピーチ後)

河野奈々帆「ちっひーさんは普段そうやってメンバーにけっこうちょっかいかけたりとかすることが多かったりもするんですけど、そうやってメンバーに話しかけてくださるから後輩メンバーも凄く安心して話すことができて、チームNのキャプテンとしてキャプテンらしいことができてないって言ってたけど、全然私たちはそれ以上に凄く助けられていて、私自身も最初昇格した時に後輩が1人の中でちっひーさんキャプテンだったからすぐ頼ることもできたし、凄く安心して活動することができたし、だからそういう、助けられた部分があったからこそ私もちっひーさんを助けたいなって思うことが増えたので、これからもちっひーさんに私もついていきたいなって思います」

川上千尋「ありがとうございます」


「星空のキャラバン」披露


川上千尋「この曲は私が凄くキラキラしていて、今年ライブでセンターをさせていただいた時に更に大好きになった曲です。それを皆で披露したいと思います」

EpkoCaLU8AI_Gn5.jpg

EpkoFE6UYAEdKXp.jpg


最後にひと言


川上千尋「もう言い尽くしたけど、ほんとに今日は見守ってくださりありがとうございました。私はどんどん前に進みたいなと思っているので、私についてきてくださると嬉しいなと思いますし、私が困った時とかは普段みたいにまた手を引っ張って一緒に前に進んでいけたらなと思います。皆さん、これからもよろしくお願いします」


実況ツイート
























本日24時よりアーカイブ配信開始







カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ