【速報版】石田優美 22歳の生誕祭レポート

2020年10月12日 NMB48劇場 石田優美 生誕祭 19時開演

出演メンバー:東由樹、石田優美、前田令子


200912 19290


トピックス


・ママの手紙に涙

・ビリビリペンにチャレンジ

・「選抜復帰したよ! ただいま!」


生誕祭の流れ


・オープニング (東由樹前田令子)

石田優美 登場…バースデーソングを歌ってお祝い

・ファンの方からの記念品、イラスト、メッセージを紹介

・チームNメンバーからバースデーコメント (VTR)

・お手紙
(1) 西澤瑠莉奈より
(2) ママより

・写真撮影コーナー

・生誕グッズ紹介

・質問コーナー

・セレクトコーナー『石田優美クイズ』
※最後にビリビリペンをやることに

EkH4fdHVoAEoGpC.jpg


・生誕スピーチ

・「夢に色がない理由」披露


お手紙


西澤瑠莉奈より


※代読:東由樹

優美ちゃんへ

優美ちゃん、22歳のお誕生日おめでとう。

NMB48に加入した時は11歳と12歳で、お互いとても幼かったけれど、気がつくと大人になっていたね。

優美ちゃんはあの頃なりたかったアイドルになれていますか?

私は自分が思っていたような理想のアイドルにはなれなかったな~。

普通の学生生活を送っていたら経験できなかったような嬉しいこと、楽しいことも経験できたけど、その分それ以上に悲しいこと、つらいこと、悔しいこともたくさん経験したよね。

先輩も後輩も同期も皆大好きだけど、皆ライバルで、どうしても序列がついてしまう世界で傷つくこともあったよね。

他のメンバーを素直に認められない自分の心の狭さに余計に傷ついたりもしたなー。

優美ちゃんはこれまでの9年間どうだったかな?

私は卒業発表をして、やっと素直になれるようになりました。

正直アイドルじゃなくなる自分にほっとしている部分もあります。

私は優美ちゃんのことをメンバーとしてとても尊敬しています。

1つは優美ちゃんはメンバーの良い報告を自分のことのように素直に喜べる心の広さと優しさ。いつもとびっきりの笑顔で一緒に喜んでくれて嬉しかったな。

2つ目は自分から率先して厳しい先輩になっているところです。

私たちは2期生で、もう随分と古株な先輩になりました。2期生の中では末っ子だった私たちもNMB全体ではお姉さんです。たくさん後輩も増えましたね。

同じように先輩として後輩メンバーと関わることが増えました。

どうしても怖がられたくない、嫌われたくないという感情ができてしまい、怒らなければいけない場面で強く言えず、うまく伝わらない歯がゆさがあったりもしました。

優美ちゃんも同じような感情があったはずなのに後輩のためにと率先して怖がられる役を買って出てくれました。1人は必要な役だけど、誰も喜んで引き受けはしないでしょう。

優美ちゃんの後輩やグループへの愛があるからこそできた行動だと思っていますし、そんな優美ちゃんをとても尊敬しているし、同期としてとても誇らしいです。

そして選抜復帰おめでとう。

これからも驕る(おごる)ことなく自分らしく頑張ってね。

心無い言葉をかける人もいるけれど、自分の目指す場所まで突き進んでください。

ずっと大好きで、ずっと応援しています。

瑠莉奈より

EkHwx8IUYAAEV5N.jpg


ママより


※代読:前田令子

ゆうちゃんへ

22歳のお誕生日おめでとう。

誕生日当日に生誕祭でお祝いしてもらえるなんて本当に嬉しいね。

そして、選抜復帰おめでとう。

研究生時代が長くてなかなか昇格できなかったゆうちゃんに諦めないことを教えてくれたのは1期生の先輩方だと思います。

そして今でもゆうちゃんのことを、努力を見守って励ましてくれた朱里ちゃんの最後のシングルで選抜復帰できたことも本当に嬉しいです。

ゆうちゃんはどれだけ落ち込んでいたとしても公演でパフォーマンスに手を抜いたことは一度もなく、いただけるお仕事には、それが例えカニやイカであっても、ビリビリであっても全力でやり抜くゆうちゃんを誇らしく思います。

諦めることは簡単と言いますが、ママは諦める選択をするつらさは決して簡単なことではないと思っています。

そして諦めず頑張り続けることはそれ以上にもっと大変です。

Must be nowの選抜に選ばれたことで、やっと明るい未来が見えたと思ったらすぐに暗く長いトンネルに入ってしまったよね。

だんだんと居場所がなくなり、それでも自分は必要ない存在だと思いたくなくて明るく振舞ってたけど、公演もない日が続いた現実にどうしていいかわからず1人で泣いてた日々はとても苦しかったと思います。

ママはつらいのに平気なふりをするゆうちゃんを見るのがとってもつらかったです。

でも、どんな時でも応援し続けてくださったファンの方々がいたからゆうちゃんは頑張れたよね。

そして、そんなファンの方々を悲しませないっていうゆうちゃんの強い思いもあったから今があるのだと思います。

ゆうちゃん、あなたは本当に最高の女の子だよ。日に日に美人さんになってるし、そのうえパイパイでかいし、ダンスは魅了されるくらい上手だし、意外に面白いし。あっ、だんさぶる!のYouTubeで思いっきり笑わせてもらってます。そして実は思いやりもあるし、本当に自慢の娘です。

思いやりと言えばゴルフを始めた頃、「ゴルフ部作りたいね」って話をした時、「もしメンバーをゆうちゃんが選ぶなら誰?」って聞いたら、その中に6期生の小川結夏ちゃんの名前も挙げてたよね。正直ママは6期生のことをあまり知りませんでした。

その時、「なぜ結夏ちゃんって子を選んだの?」って理由を尋ねたら、「結夏ちゃんは今これっていう話題になるような個性がまだないからゴルフ部をきっかけにどんどん前に出て行ってくれたら嬉しい」って言ってたのを聞いて、ゆうちゃんは本当に後輩1人1人のことをきちんと見ているんだなと感心し、副キャプテンに選んでくださったスタッフさんにも感謝しています。

誰かを指導するということや叱ることは嫌われるということだと思います。でも、あえて嫌われる役を買って出てるゆうちゃんの難波愛は本物だと思いました。

ゆうちゃん、あなたは本当にいい女性に成長していますよ。もっともっと成長が期待できるアイドルだと思います。

これからも支えてくださってるファンの方々、スタッフさん、そしてメンバーの皆様に感謝の気持ちを忘れず、元気と笑顔を届けて欲しいです。

そして、いつも応援してくださっているファンの皆様、本当にありがとうございます。皆様が娘を信じて応援してきた日々、一緒に流した涙は無駄じゃなかったことをまた娘は証明してくれました。

努力に制限時間なんてありません。皆様がずっと諦めずに娘を励まし、支えてくださったから娘は途中で諦めずに走り続けてこれました。

ファンの皆様がいてからこそのNMB。そして、それに応えて頑張るメンバーがいるからこそのNMB。こんな状況の中でもファンの皆様とメンバーの絆を強めようと様々な計画を考えてくださっているスタッフさんがいるからこそのNMB。こんなに素晴らしいNMBに凄く感謝していますし、10年前、NMBのオーディションを勧めて良かったと心から思います。

これからも娘を見守って変わらず応援してください。皆様の応援が娘を成長させてくれます。

まだ一度も娘と話をしたことない方は是非今回の選抜復帰をきっかけに娘に会いに行ってみて欲しいです。

いつも支えてくださってる皆様、本当にいつもありがとうございます。娘に気づいて、見つけてくださって、出会ってくださってありがとうございます。娘も全力で頑張っているので皆様の熱い応援でこれからも娘を支えてください。よろしくお願い致します。

そして最後に。ゆうちゃん、おかえりなさい。

EkHyU7QUYAASFQn.jpg


(手紙後)

石田優美「わっ、何最後…(涙) ありがとう、ママ」

前田令子「めちゃめちゃ泣いてる」

石田優美「最後の言葉はあかんは」


生誕スピーチ


まずは今年もこんな素晴らしい生誕祭を開いてくださった生誕委員の皆さん、ファンの皆さん、スタッフさん、メンバー、そして家族の皆本当にありがとうございます。

そうですね、今年はね、こういうご時世になっちゃって私も配信の生誕祭になるのかなと思ってたんですけども、こうやって皆さんの目の前で盛大にお祝いしてもらえて凄く嬉しいです。

そして皆さんに言いたいことがあります!

選抜復帰したよ! ただいま! (拍手)

ありがとうございます。

そうですね、10月9日に10周年の公演で24枚目シングルの発売と選抜メンバーが発表されたんですけども、そこで選抜復帰ができて。凄いその時に「ただいま」って言いたかったんですけど、全員が全員ね、私のファンの人じゃないので、今日10月12日に生誕祭があるということで、鉄砲玉の皆の目の前で最初に言いたいなと思い、ずっと言ってこなかったんですけども、言えて凄い嬉しいなって思っています。

そうですね、2年前にアンダーガールズのメンバーに選んでくださって、で、1年前は選抜メンバーのツアーに選んでくださって、凄い、あと一歩のところで選抜に入れるのかなって、シングルがね、出るたびにずっとワクワクしてたんですけども、なかなかそれをうまくいかずに、ずっと、どうしたらいいのだろうっていうふうにずっと思ってたんですけども、こんなところで諦めるような私ではないし、やっぱり12歳からずーっとやってきて、まぁ一度は初選抜に、Must be nowの方に選んでいただき、やっぱりもう1回この感覚を味わいたいし、選抜メンバーとしての活動をやっぱりNMBにいるからこそ入りたいし、もっと活躍したいなっていうふうに凄い日に日に思っていて。

なので、ずっと目標に、選抜に入りたいっていう目標をずっと皆さんに言ってきたんですけども、おかげ様で23枚目の「だってだってだって」の握手会が全日完売したっていうことで凄い本当に皆さんには感謝しています。ありがとうございます。(拍手)

22歳いいスタートラインを切れたんじゃないかなって思っていますので、まだまだ私もこんなところで満足してないし、やっぱり今は若手の勢いが凄いって言われてるんですけども、やっぱり9年間やってきたこの力で、ね、チームNはけっこう卒業発表されたりとかNMB48全体が凄い今、どうなるんやろうっていうふうには思っている方もいると思いますが、私が変えていきたいなって思うし、やっぱりこの選抜復帰したので常連になれるように、そして皆の背中を、先頭に立って皆のことを引っ張っていけるような存在になっていきますので、どんどん新しいことにもチャレンジしていって、ファンの皆さんと一緒にいい景色を見ていきたいので、これからもそばにいて私のことをずーっと支えてください。本当にありがとうございました。(拍手)

22歳は泣き虫な私じゃなくて、もっともっと強くなりたいので、24枚目のシングルも皆さん盛大にNMBのことをどんどん盛り上げていってほしいなって思います。これからもよろしくお願いします。(拍手)

※4分26秒

EkH5JOMUwAEzJfT.jpg

EkH5Km0VkAEVZ-R.jpg


(スピーチ後)

前田令子「私とゆうみんさん、仲良くなったの最近じゃないですか。でも仲良くなったからこそより凄いゆうみんさんの凄さとか、その優しさとかも凄い身にしみてわかるようになって、その選抜のお知らせがきた時もめちゃめちゃ嬉しかったですし、もうなんかすぐに直接言いたくて、伝えたぐらい凄く嬉しくて。なのでちょっとチームは違うんですけど、これからもかっこいい背中を見せてください」


最後に1曲「夢に色がない理由」披露


EkH6PgOU8AA5TkF.jpg

EkH6SEvVoAAyrp2.jpg


実況ツイート
























本日24時よりアーカイブ配信開始







カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ