FC2ブログ

【速報版】古賀成美 卒業公演レポート

2019年12月2日 NMB48劇場 チームM「誰かのために」公演 18時15分開演

※セットリスト後

活動の軌跡 スライドショー

191202 0904



◆Ex01.ずっと ずっと (古賀成美山本彩三田麻央) ※ヴァタ子

191202 1023

191202 0992

191202 1003

191202 1038


古賀成美「ヴァタ子で「ずっと ずっと」を聴いていただきました。ほんとにね、2人がね、まさか駆けつけてくれるなんて思ってなかったですよね、皆さん」
山本彩「反応がね(客笑) 思ってたのとちょっと違うかなって。どういう反応なんでしょうか」
三田麻央「私たちのこと知ってるかな?」客笑
古賀成美「驚きすぎて声出ないんだよ、皆」

三田麻央「友達の卒業は駆けつけるじゃん」
山本彩「先輩とか後輩とかじゃなくてね」

古賀成美「しかもTシャツ見てください、これ」

山本彩「めちゃくちゃ緊張しましたよ、言うて。ほんまに自分のツアーの初日とかより緊張したもん」

古賀成美「最後にね、友達を呼んで。もうね、私がね、普通にメールで「ヴァタ子でやりたいねんけど」って言ったら「おっ、絶対に行くわ」って2人が」拍手
山本彩「その時はね、でもとりあえずそう言うしかないやん(客笑) とりあえず「行く行く」って気持ちだけ意思表示してたんやけど、ほんまにスケジュール、マネージャーさんとかが調整してくださって」拍手

「そうなんですよ。ちょうどこれたんです」

191202 1081

191202 1093

191202 1098


■卒業セレモニー

・花束、花冠
・卒業証書
・色紙プレゼント
・金のプレート贈呈

191202 1115

191202 1124


ファンの皆さんにメッセージ
古賀成美「こうして足を運んでくださった皆様、モニター観覧をご覧の皆様、DMM配信をご覧の皆様、私の卒業公演に来てくださって本当にありがとうございます」拍手

「まさか自分が卒業公演するなんて思ってなかったので、今こうね、金のプレートとか貰ったり、花冠とか被らせてもらったりしたら一気に今実感本当に湧いてきて。あっ、そっか、私はもうこのステージから足を踏み外すと」客笑

井尻晏菜「踏み外すって言い方やめてもらっていいかな?」

古賀成美「足を避けると」

メンバー「一歩外に出ると」

古賀成美「一歩外に出ると」

井尻晏菜「言いたいことはわかるからいいけどね」

古賀成美「すみません、ほんとに。一歩外に出ると、もうアイドルの古賀成美じゃなくなるんだなって思うと凄く本当に寂しいんですけど、私はもう最後には本当に、もう笑顔で、皆さんが本当に「楽しい、よかったな、今日来て良かったな」って思えてもらうような公演にしたかったので、もう今日は泣かないって決めてたんですけど、その「誰かのために」でなるちゃんコールしてくださった時、「あっ、これはやばいな」と、「これはやばい」と思って頑張ってもう目開けて乾燥させてたんですよ、目を」客笑

「ほんとに。まぁでも、そうですね、もう本当に最後は笑顔で終わりたいです。

約8年半、NMB48としてこの劇場に立たせてもらってたんですけど、何だろう、やっぱ私にとってこの8年半、握手会だったり、この劇場公演が当たり前にある、絶対にあるっていう風に思ってたんですよ。

でも、その当たり前が一気にこの瞬間なくなるって考えた時に、もう当たり前なことなんてこの世にはないんだなって思って、ほんとに1日1日を大切にしていきたいなと思いましたし、あの、そうだな、私はずっと今まで「どうにかなる」っていう気持ちでいってたんですけど、「どうにかなる」って言う言葉じゃなくてこれからは自分で「どうにかする」っていう風に、もう心に決めていて。

なんか本当に8年半こうやって応援してくださる皆様がいたり、スタッフさんがいたり、メンバーがこうやってそばにいてくれたり、それがなくなるのが本当に寂しくて。

何言ってんねん、何言ってんやろ、私。ちゃんと言えてるかな。

そうだな、んー、とにかく自分でどうにかするっていう道を進んでいきたいなと思います。

そして、最後に、私、握手会で本当に決めてた、自分の中で決めてたことがあって。バイバイは絶対に言わないようにしてたんですよ、握手会の時に。初めて来てくださる方だったり、なんか、そう、バイバイって言ってしまうとなんか会えなくなるのが怖くて。だから絶対に「またね」っていうことを、言葉を絶対に使っていました。

だからNMB48を卒業しても、「またね」で終わりたいなって思います。

あっ、もう1つ最後に。NMB48の古賀成美からの最後のわがままなんですけど、これからも古賀成美の応援よろしくお願いします。ありがとうございました」拍手

「やっぱ今はね、これからは一本の道しかないので、その一本の道を私は進んでいくわけなのですが、凄い枝分かれする時もあると思うんですけど、もうそんなん枝分かれする感じじゃなく、もう一本の、自分の一本のこのこれを信じて」客笑

「本当に進んでいきたいなと思います。以上、NMB48の古賀成美からでした」拍手

191202 1156


渋谷凪咲「なるさんのそのめっちゃいいこと言ってるんですけど、出てくるワードがちょっとアホって言う」客笑
メンバー「枝分かれとかね」
渋谷凪咲「そういうのが凄い素敵で。なるさんは普段なんかそのおバカとか黒豆とか言われてますけど、でも、なんかこうやってなるさんはずっと研究生の頃からNMB48を支えてくださって、そしてこうやってチームMになってからも誰かのために公演をなるさんはずっとやってらっしゃったので、私たち知らないメンバーにいつも率先して教えてくださって、今のこのチームMがあるのは絶対なるさんのおかげだなって凄く思いますし、なんか反省会とかでも、なんかこういう劇場公演のことになるといつものなるさんじゃない表情というか、本当に真剣なかっこいいなるさんがいて、いつもありがたいなと思ってましたし、凄く私たちにとって尊敬する大好きな先輩です。

なので、なるさんにこうやって教えていただいたことを私たちは胸にこれからも頑張っていきたいなって思うので、ねぇ、そんな私たちでなるさんのことを一生懸命これから応援していきたいと思うので、なるさんも私たちNMB48のことを見守ってくださってたら凄く嬉しいなと思います」
古賀成美「いや、ほんとに見守りすぎます」


191202 1217


一抹礼後
古賀成美「いや本当に約8年半、私は本当に皆さんにとって完璧なアイドルではなかったと思うんですけども、私は皆さんが推しててよかったなって、皆さんの中で、皆さんの中の笑顔の1つに入れたらいいなって本当に思っていました。

これからはNMB48ではなくなってしまうんですけども、ちゃんとね、NMB48を見守りつつ自分自身も女優という夢に向かって、あのー、勝ち進んで…(ざわ) 勝ち進んでいくので、皆さん今後とも古賀成美の応援本当によろしくお願いします!」拍手

「ありがとうございました」

191202 1295
























本日24時よりアーカイブ配信開始






dTVチャンネル