FC2ブログ

【速報版】大芝りんか 18歳の生誕祭レポート

2019年11月5日 SKE48劇場 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 18時30分開演

EImvE5nUUAEXLf1.jpg


◆仕切り:片岡成美

江籠裕奈からのお手紙
りんかちゃんへ

18歳のお誕生日おめでとう。

まさか大事な生誕祭のお手紙を任せてもらえるとは思っていなかったのでビックリです。

ここまでの関係になれるとは1年前は想像もしてなかったな~、なんて考えながら今までよりずっと近くで見てきたりんかのことを思ってお手紙にしたので、読んでもらえたら嬉しいです。

1年前のりんかの生誕祭、「今年の目標は先輩と仲良くなることです」って話していたのを凄くよく覚えています。

こんな私とも仲良くなりたいと思ってくれたのか、なるぴーに連れられて私の所にやってきたりんかが「江籠さん、りんかも友達になりたいです」って話してくれたの、嬉しかったな。

最初はその時お互いに嵌っていたゲームの中だけでのやり取りだったけど、いつの間にか2人でお出かけして映画を見たり、プリクラ撮ったり、友達と言うより可愛い妹ができたみたいでした。

KIIに昇格したばかりのりんかは何をするのが楽しくて、何が嫌いで、何を考えているのかもあんまりわからないような不思議ちゃんな印象だったんだけど、KIIのメンバーと話してて笑っているところや、ちょっと毒舌な部分も最近は垣間見えたり、少しずつ皆に心を開けるようになったのかなと思うことも増えて、「KIIに入れて良かったです」なんて笑顔で言われた時にはその可愛さにやられそうでした。それくらい私も嬉しかったよ。

つい先日、自分の思っていること、考えていることがなかなか周りの人に伝わらなくてどうしたらいいのかわからないって悩みを打ち明けてくれたことがあったけど、りんかの考え方もやり方もりんかにしかわからない、りんかだけのものだから正解や不正解なんてもちろんないし、もっと自信を持って発言して、行動して大丈夫だと私は思うよ。

それで嫌いになる人なんてもちろんいないし、応援してくれているファンの皆さんはもっともっとりんかのことが好きになって、ついて行きたいって応援してくれると思うな。今はなかなか難しいかもしれないけど、きっと大丈夫だと思います。

ファンの皆さんにはそんなりんかのことを優しく見守っていてほしいし、いつも味方でいてあげてほしいです。

ふわっとしてて大丈夫かな?って思うことももしかしたらあるかもしれないけど、それがりんかちゃんの魅力なので、いっぱい褒めてのびのびとアイドルをさせてあげてほしいなって私は思います。

心の許せる仲のいい同期のメンバーの卒業だったりで寂しいって思うかもしれないけど、いつでも味方でいるから、また電話でもLINEでもしてきてね。

マイペース過ぎるところはたまに心配になるけど、そんなりんかのことが私たちも大好きだから、これからも自分の思うままに、自分が一番楽しいと思えるやり方でりんからしく輝けますように。

18歳、素敵な1年にしてね。

江籠裕奈より


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
大芝りんか「まずは江籠さん、お手紙ありがとうございます。本当に何だろう、1年前は本当に私もこんなに話せるような、気軽にLINEができるような、そんな先輩になるとは思っていなかったので、これからもたくさんLINEしたいと思います」
江籠裕奈「はい」
大芝りんか「ありがとうございます」
江籠裕奈「どういたしまして」

大芝りんか「まず、えっと、DMMを見てくださっている皆さん、そしてこうやって実際に足を運んで会いに来てくださっている皆さん、生誕委員の皆さん、本当に皆さん、ありがとうございます」拍手

「はい、私は、そうですね、10月29日で18歳になって、18歳ってなんかこう大人な凄く年齢だなって思うし、もっと自分に自覚を持って立派な大人にならなきゃいけない年齢になってしまったなって思います。

去年の生誕祭では、その先輩と仲良くなることとか握手会に来てくれる方を増やすっていうようなことを話したんですけど、なんかチームKIIの先輩は本当に凄く優しくて、何だろう、生誕以降凄く自分でも話しかけれるようにもなったし、先輩も話しかけてくれることも増えて凄いありがたいなって思ってます。

握手会に来てくださる方も少しずつではあるけれども新しい方も来てくださって本当に嬉しいです。

そして私はもう今年に凄く、なんだろう、SKEに入ってからなんか一番本当に…凄い自分の中で考えさせられる時期が凄くありました。

なんかそれは、なんかダンスを上手になんか完璧に踊れていなくって、今までなんか踊れてない部分もあったけど、なんかそこは見過ごしてきた面もあるみたいなことをなんかダンスの先生に言われてしまって、なんかそれが自分の中で、なんか自分がやってきたこの3年間を全て否定されたような気持ちになって、なんか本当に凄いつらくて心が砕けそうな時も今年は、この1年ありました。

そんな時に支えてくれたのが江籠さんと、そしてファンの皆さんで。江籠さんが凄い私のことを気にかけてくれて、なんか、なんだろう、悩んでる人って自分だけじゃないんだなって凄い教えてくれるような、そんな先輩で凄く、なんだろう、私もこんな人になりたいなって思える素敵な先輩です。本当にありがとうございます」
江籠裕奈「ありがとう」

大芝りんか「そしてファンの皆さんには本当に、何だろう、もうその時は自分の頭の中が凄い爆発しちゃってファンの皆さんに迷惑をかけるような、心配させるようなそんな文章を送ってしまって凄く申し訳ないなって思いました。

でもそんな時に、なんか「りんかたんの好きなようにやっていいんだよ」っていう返事が凄いたくさんあって。私って1人じゃないんだなって本当にその時に凄く実感できて。

この時期は凄くつらかったけど、ファンの方のありがたさをもっともっと実感できる機会でもあったので、思い出すだけでも凄く嫌になるけど、自分の中では本当にいい思い出になりました。

今年というか18歳になった1年は活躍の場ももっともっと広がるように自分なりにやっぱりアピールしていかないと難しいなって凄く思いました。

私はなんか周りの人ができてもできないこととかきっとたくさんあったりするけれど、でもその分をもっと補えるような、そんな人になりたいなって思います。

なんか、こんな足りない、色んな足りない部分がある自分のことを「それでも好き」って応援してくれる、そんな皆さんのことを私は本当に本当に大切にしたいなって、この1年で凄く思うことができました。

なんか話がごちゃごちゃになってしまったんですけど、そうですね、18歳としての目標は、なんかまだ自分の中ではあんまりはっきりしていなくって、なんかそれって本当に、なんだろう、この場にいていいのかなって凄い自分なりに悩んでしまったこともあったんですけど、その、なんだろう、自分が目指したいものをもっと見つけられるような1年にしたいです。はい。それが今の私の目標です。あとは、ないです」客笑 → 拍手

「すみません。なんか足りない部分もたくさんある私だけど、でも、なんか自分の中で絶対なんかどっかもっといい部分が自分にはあるって自分の可能性を信じているので、これからも私のことをこうやって応援してくださる方を大事にもっともっと自分なりに成長していけたらいいなと思うので、これからも皆さん応援をよろしくお願いします」拍手

※8分7秒

片岡成美「私から見たりんかたんは、凄い前よりも今年の1年はこのSKEの活動を凄い楽しんでるんじゃないかなと思って見てて。それが私は凄い嬉しいし、今年の今言ってくれたスピーチの目標も今年叶えられたらいいなと思うし、これからもKII皆で一緒に頑張っていけたらいいなと思いますし、皆さんにそれを応援してくださったら嬉しいなって思います」


一列礼後、捌ける直前に
大芝りんか「私ほんとになんか1回泣いたらめっちゃボロボロ泣いちゃうタイプなんですけど、何だろう、ほんとにこうやってステージに立つと応援してくれる人がたくさんいるのって幸せだなって本当に思えて、凄く素敵な今日は日になりました。本当に皆さん、ありがとうございました」拍手





本日24時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND