FC2ブログ

【速報版】達家真姫宝 18歳の生誕祭レポート

2019年10月28日 AKB48劇場 チーム4「手をつなぎながら」公演 18時30分開演

EH9lJHJUcAAM3bq.jpg

◆仕切り:濵咲友菜

ある方からのお手紙 (代読:濵咲友菜)
まきちゃんへ

18歳のお誕生日おめでとう!

えっ?ん?もう18歳? ん?まだ18歳? 色んな意味でビックリしてます(笑)

初めて真姫宝と会った時、まだ小学生で可愛らしい妹キャラというイメージでしたが、一緒にいる時間が増えるにつれて意外と毒舌だったり、自分を一番可愛いと言ったり、最近では後輩たちと楽しげに話す姿にほっこりしたり。

でもしっかり自分のスタイルや魅せ方を知ってて、AKB48に対する熱い思いもしっかり持っていて、年下ながらに尊敬するところもたくさんあります。

アンナさん公演が始まってしばらく経った時、真姫宝が私の心の支えでした。悩みを聞いてくれたり、メールで優しい言葉をかけてくれたり、後輩と仲良くなる架け橋になってくれたり、気を遣って栄養ドリンクを買ってきてくれたり、そんな心優しい真姫宝の一面をより知れたし、今まで以上に一緒に過ごす時間が増えて色んな話もできて嬉しかったな。

真姫宝は不器用で自分の意見をなかなか表に出すのが苦手なところ、少し私に似てる気がします。

だから時々大丈夫かな?と心配になる時があります。そんな時は心を許して話せる人にしっかり頼って、あんまり深く悩まないでね。少なからず私も力になるから、愚痴でも何でも相談してきてください。

私のお誕生日の時にくれた15個のカップラーメンのお返しがなかなかできてないので、欲しいものあったら即LINEください。急いで買いに向かいます(笑)

18歳の1年もキラキラ輝く年にしてください。

改めてお誕生日おめでとう。

AKB48チームK 湯本亜美より

濵咲友菜湯本亜美さんからのお手紙どうですか?」
達家真姫宝「ビックリ。なんか一番書かなそうな人が手紙書いてくれて。でも嬉しいですし、けっこう何年前にカップラーメンを買ったんですけど、お返しが未だにこないので、今年はほしいものをあとで、終わってLINEします。ありがとうございます」


17歳の1年はどんな1年でしたか?

達家真姫宝「語彙力がないのでちょっと紙にまとめてきたので。ちょっと見られたら恥ずかしいんですけど」

達家真姫宝「17歳は舞台にまた出演させていただいたりとか映画に出演させていただいたりとか、この間も「話題のアプリええじゃないか!」、ゲームで皆さんと頑張ってテレビに出演できたりとかしたんですけど、外仕事は自分なりには充実したなと思うんですけど、AKBの仕事で充実したかって言われたら17歳は充実してなかったなと思って。

やっぱりこのチームになってから色々考えることが凄く増えて、やっぱり若いメンバーは多いから、なんかやっぱりどんどん自分が埋もれてっちゃって、なんかツアーとかも正直ずっと後ろのポジションだったりとかして、なんか正直ずっとやっててつらかったんですけど、去年のアンナさん公演の時に私はずっと初日公演から後ろのポジションだったんですけど、去年の生誕祭の時にアンナさんが「達家はずっと頑張ってるから前のポジションにしたい」って言ってくれて生誕祭で前のポジションになってセンターをやらしてもらったりしたので、なんかそこで諦めるんじゃなくて、こうやって見てくれてる人がいるんだとなんか思ったので、なんか諦めず17歳はやってこれましたね」拍手

※1分17秒


18歳はどんな1年にしたいですか?
達家真姫宝「18歳は、もう高校を卒業する年なので、やっぱり自分の将来についてもっとより今よりも考えないといけないなって思いますし…(紙を見る) 思いました」客笑

「そして、あと18歳はグラビアをやりたいなと思いまして。まずはなんか31日からビートカーニバルで5人がね、出るやつがあるので、まずそれにね、選ばれたいなと思いますし、後はまた舞台もやりたいなって思いますし、あとモデルのね、お仕事もずっとやりたいって言ってのでそれもやりたいですし、あとは最近やっぱり公演に出ることが凄く減ってしまったので、やっぱり自分のチームである限りは劇場公演にいっぱい出たいなっていう風に思ってます」拍手

※50秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ

達家真姫宝「ちょっとこれは全部読ませてください」

達家真姫宝「今日は素敵な生誕祭をありがとうございます。ロビー、オンデマンド、いつも応援してくださる方も本当にありがとうございます。

私のファンの方はこんなワガママ、気分屋のまきを応援してくれてるのでとにかく優しくて、SNSとか皆に見えるところでは「可愛い可愛い」といつも褒めて甘やかせてくれるんですけど、一対一のお手紙とか握手会とかだと凄く熱くて、「どうしたらもっと上にいけるか、売れるか」と真剣に色々と考えてくださって。

正直もうダメかなと思うこともあって卒業しようかなと思うことも何回もありました。けれどファンの皆さんの顔が浮かんで、「もう少し頑張ろう」といつも思っております。

ゲームとかでも凄く頑張ってくださったり、こんなにたくさんのメンバーがいる中でまきを選んで応援してくださって嬉しいけど、いつも申し訳なくて、なかなか嬉しい報告もできなくて。でもこれからも楽しく笑顔でいてもらえるように頑張りたいと思います。

はい、また違うとこのレーンとかでも皆さんをよく見かけることもあるんですけれども、やっぱりまきのとこに戻ってきて、やっぱりまきちゃんが一番だなって思ってもらえるようにこれからも頑張っていくので応援してくれたら嬉しいなって思います。今日は素敵な生誕祭をありがとうございました」拍手

※1分24秒 (合計3分31秒)








本日24時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより