FC2ブログ

【速報版】長野雅 20歳の生誕祭レポート

2019年10月23日 西鉄ホール 研究生「脳内パラダイス」公演 18時30分開演

◆仕切り:市村愛里

集合写真撮影

EHjyQ0AUEAAIcCU.jpg


一問一答
15問出演

最後の一問が難しく、不正解

罰ゲームはビリビリペン



ある方からのお手紙 (代読:栗山梨奈)
雅へ

雅、誕生日おめでとう。

生誕祭という舞台でファンの皆さん、同期の皆さん、関係者の皆さんからお祝いしてもらうこと、1年前は想像もしませんでした。皆さん、ありがとうございます。

雅は生まれてすぐに体調が非常に悪くなり、しばらく入院しなくてはならなくなりました。「この子の生命力の強さに頼るしかありません」と医師から言われた時のことを今でも覚えています。

そんな雅が成人を迎えたことをとても嬉しく思います。

小学生から中学生にかけて水泳の練習に日々明け暮れていましたね。良い結果が出て注目されるようになってからはさらに厳しい練習を繰り返し、家に帰るとご飯をいっぱい食べて、すぐに寝てしまう日々でした。

毎日毎日厳しい練習に耐え、合宿や大会の連続に明け暮れていました。「将来オリンピック選手になるのかな?」と思っていました。

ところが高校生でいじめに遭い、部屋に引きこもってしまった時期がありました。お父さんもお母さんも、もちろん雅も胸が張り裂けそうな毎日でした。

ある日「本屋さんに行ってくる」と出かけた雅が手にして帰ってきたのは宮脇咲良さんの写真集でした。ゲームかアニメだと思い込んでいたのでお母さんは驚いたそうです。

そして、「どうして宮脇さんの写真集なの?」と聞かれた雅は「宮脇さんが歌ったり踊ったりしている姿が私に勇気をくれているから。元気がもらえる」と答えたそうですね。

勇気や元気をもらったおかげで、その後なんとか学校に行けるようになったことは嬉しくて仕方ありませんでした。

しばらくしてテレビ番組の青春高校3年C組にレギュラー出演が決まった時には「将来は芸能の世界で生きていきたいのかな?」と思いました。

数ヶ月後、「HKTの最終審査を受けたい。青春高校との両立は不可能なので青春高校を辞める。人生で一番苦しい時に私を救ってくれた宮脇さんのようなアイドルになりたい」という理由を熱く語ってくれた雅に全ての選択判断を委ねました。

ありがたいことに最終審査に合格させていただき、今この場に雅は立っているのですが、自分自身努力もさることながらファンの皆さん、仲間やスタッフの皆さんのおかげだということを決して忘れないでください。

この1年の間に雅は先輩や仲間の優しいところや、いいところをいつも話してくれています。ダンスを教えてもらったこと、SHOWROOMで応援をしてもらったこと、服をもらったこと、遊びに行ったこと、相談に乗ってもらったこと。恵まれた環境の中にいると思います。これまで以上に周りの人を大切にして頑張ってください。

雅はいつも言っていますね。「私は苦しくて悲しい時に助けてくれたアイドルのような存在になりたい。今度は私が励ましたり助けたりしたい」といつも言っていますね。

大したことは何もできない私たちですが、心からのエールを送ることはできます。しっかり頑張って夢を叶えてください。

成人おめでとうございます。

お父さん、お母さんより

市村愛里「お父さんとお母さんからのお手紙でしたがどうでしたか?」
長野雅「もうね、なんかとても、いつもは恥ずかしくてね、こういうこととかお礼とか言い合えないけど、凄い嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」拍手


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ

長野雅「手紙用意してきたので、読みます」

長野雅「はい、えっと、とりあえずちょっと、自己紹介MCで言っちゃったんですけど、本日はこのように本当に素敵な生誕祭開いてくださって本当にありがとうございました」拍手

「夢であった48グループで生誕祭を開催していただけるなんて本当に夢のようで、凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。

数年前の私はただ部屋に引きこもっているだけで、こうなってるとは絶対に予想してるとは思っていなかったと思います。

その時の私は、いわゆるいじめというものに遭っていて、学校に行っても誰も話してくれなかったり色々ありました。本当に一寸先は闇みたいな状態でした。

でもほんとに私が色々グチャグチャな状態の私の心をいつも明るく照らしてくれて、唯一笑顔にしてくれたのがアイドルっていう存在でした。

私にとってのアイドルはステージに立つと人明るくして、笑顔にして、人前がほんと私は苦手なんですけど、そんな私をこうやってステージに立たせてくれて、色々な勇気を与えてくれる、ほんとに太陽のような存在だと私は思っています。

私は5期生の中でもHKTの中でも本当に色々ダメダメです。アンダーにもまだ出れていないし、ファンの皆さんに心配かけてしまって申し訳ないです。ごめんなさい。

いつも「頑張ります」とかメールなどツイッターとかで言っても成長してる姿を見せることができてるのかな?と不安になることが多々あります。

5期生や先輩方、ファンの方、マネージャーさん、関係してくださってる方々、いつも本当に伝えきれないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。

私は実は今までオーディションにいくつか受けたことがあります。その時に言われてたのが「君って本当に無個性だよね」って言われていました。

でもHKTに入って、劇場や色んなコンサートとかで先輩とか同期とか色んな方から『ポンコツキャラ』っていうものをいただいて、見つけてもらったので、それを良い方向に持っていけるように頑張りたいと思います。

私は本当に未熟者で、まだまだ迷惑ばかりかけてしまうけれど精一杯色々頑張るので、ダンスも歌も色々頑張ります。なのでこれからもどうか応援たくさんしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします」拍手

EHj07mHUcAUt04d.jpg

※3分3秒


手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
長野雅「本日は本当にありがとうございました(拍手) それと、カードを用意したので、スタッフの方が配ってくださると思うのでお見送りの時に受け取ってください。受け取ってくれるかな?」

客「いいとも!」

長野雅「おー。ありがとうございます。ありがとうございました。またね」



















本日24時よりアーカイブ配信開始
HKT48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより