FC2ブログ

【速報版】小田えりな 22歳の生誕祭レポート

2019年10月18日 AKB48劇場 チーム8・湯浅順司「その雫は、未来へと 繋がる虹になる。」公演 18時30分開演

191018 1944


◆仕切り:山田杏華藤園麗

21歳の1年はどんな1年でしたか?
小田えりな「でも21歳と言いましても、けっこうもう半年前にも終わってしまいまして。そうだなー、ちょっとあんまりあれなんですけど、記憶にないわけじゃないんですけど、そうですね、なんか舞台とか21歳は2つもやらせていただいたり、なんか海外にもけっこう行かせていただいたり、あと総選挙も初めてランクインさせていただいたり、なんかアイカブ選抜とかにも入れていただいたり、本当に充実した21歳だったなーって思ってます。ありがとうございます」

※34秒


22歳はどんな1年にしたいですか?
小田えりな「22歳は、そうだなー、22歳になって半年なんですけど、22歳になって今一番自分の中で凄い大きかったなって思うのは先月やらせてもらった舞台、KAAT神奈川芸術劇場でやらせてもらった「偶然の出会いのように」という舞台なんですけど。

その役が凄くわたくしに凄い似ていて。なんか歌が凄い好きだけど、なんか周りからどう評価されるかが怖いから、なんか「歌うのが嫌いになっちゃったー」みたいな子なんですけど、私も凄いなんかその舞台の役を演じてて、私も凄いなんか『歌の人』みたいになってますが、なんかもう本当に歌うのが凄い嫌いになった時もあったし、でもなんか、それでも雑誌とかでも凄い歌姫って紹介されたり、なんか「もういいよ、そういうの」って思う時もあったんですけど、この9月にやった「偶然の出会いのように」という舞台を演じて、やっぱり私は歌が好きだなって、なんか再確認することができて、本当にこの舞台に出演できて良かったなーって思っています」拍手

「はい、ありがとうございます。そうですね、周りになんかどう言われようと、なんか自分のやりたいことを突き進める、残りの22歳の半年は自分がやりたいことをもっと突き詰めていける半年にしたいなって思ってます」拍手

「はい、あと、そう、チーム8の皆と22歳残りの半年…(山田杏華のほうを見る) へへへへへ(笑)。ごめんなさい。可愛くて。ごめんなさいね。はい、楽しんでいきたいなと思います。ありがとうございます。ご清聴ありがとうございます」拍手

※2分2秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
小田えりな「ありがとうございまーす」拍手

「はい、生誕祭、お誕生日から凄い半年ぐらい過ぎ去っても、凄いわたくしの誕生日をお祝いしてくれて、こんな光栄なことはないなーって、凄い誕生日の時の気持ちを今日思い出させてくれて、皆さんありがとうございます(涙目)」拍手

「ありがとうございます。嬉しいです。22歳お祝いしていただいて。また半年後に23歳をお祝いしていただくことになると思うんですけれども、23歳の、残りチーム8にどれくらいいれるかはちょっとまだわかんないですけど、チーム8を卒業したとしても私は活躍するのが目標なので、まだまだ、私は歌が大好きなのでソロコンサートとかもしてみたいし、そう、もっといっぱい夢があるので、チーム8にいてもいっぱい夢を叶えて、その先も夢を叶えられる自分でいられるようにこれからも精一杯頑張るので、皆さん応援よろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。はい、あと、そうですね、私は本当にチーム8が大好きで、最近はあれですよね、昔よく地方とか色々巡らさせていただいて、なんか皆で夜ご飯食べたり、なんか話したりする、チーム8といる時間が本当になんか大好きだなって私は最近凄く思うんですけど、また新メンバーとかもチーム8には入ってきて、これからチーム8変わっていくと思うけど、もっと皆さんこれからのチーム8も期待して、これから先まだまだ神奈川県ツアーがあるので」

客「おー!」

小田えりな「そう、まだ発表されていないけど、いつになるかわからないですけど、もうそれを楽しみに、皆でもっとチーム8結束してパワーアップしていきたいなーって思うので、皆さんこれからもわたくしの応援はもちろん、チーム8の応援もよろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。はい、横浜アリーナでやりたいなー」拍手

「はい、終わりです。ありがとうございました」

※2分32秒 (合計5分8秒)

山田杏華「素敵な生誕祭でしたね(棒気味)」
小田えりな「ほんとですか?(笑) ありがとう。ありがとうね」
藤園麗「ありがとうございます」
小田えりな「嬉しいわ、お姉さんは」





















本日24時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitter