FC2ブログ

【速報版】大段舞依 25歳の生誕祭&卒業公演レポート

2019年10月13日 NMB48劇場 チームN「N Pride」公演 11時15分開演


NMB48 大段舞依 Trajectory 2012-2019 (スライドショー)

EGuxxPLU0AEGreI.jpg

EGu9K5GU0AI2PBH.jpg


◆Ex01.僕らのレガッタ (大段舞依明石奈津子森田彩花山尾梨奈石田優美西澤瑠莉奈鵜野みずき)

EGuysN-U8AAPnSL.jpg


◆Ex02.ビーチサンダル (大段舞依明石奈津子森田彩花山尾梨奈石田優美西澤瑠莉奈鵜野みずき)

EGuzEyBVUAInbC0.jpg


大段舞依「私がなぜこの曲を選んだかと言いますと、やっぱり私の原点は青春ガールズ公演のこの、なんやろう、公演曲全部なんですけども、その中でも私はビーチサンダルが大好きで、この曲と共に私のことを知ってくださったファンの方もたくさんいると思います。そして「僕らのレガッタ」は第2の研究生12人で構成された初めての研究生公演の時の曲で、私が初めて公演でセンターをさせていただいたから凄く思い出に残っていたので選ばせていただいたのと、この「想像の詩人」の衣装もほんとにこのメンバーと着るからこそ私は意味があると思ったので選ばせていただきました。本当にありがとうございます」拍手



生誕祭&卒業セレモニー

EGu0HTZU8AASHYQ.jpg


・花束&花冠贈呈


森田彩花からのお手紙 ※ある方からというていで
舞依ちゃんへ

お誕生日おめでとう。卒業おめでとう。

誰かわかるかな?

大段舞依「誰ですか?」
森田彩花「誰やと思いますか?」
大段舞依「預かってきたってことは、あれやろ、ぴょんさん?」

2019スブの相方、あやてぃんです!

大段舞依「あとスブちゃうし、ほんで。相方でもちゃう」
森田彩花「ビックリした?」
大段舞依「ビックリした、嬉しい」

ドッキリ大成功!

森田彩花「ちゃんとあの、手紙にも「ドッキリ大成功」って書いてるから」

まいちのファンの方から書いて欲しいと依頼が来て、嬉しい気持ちと「私で大丈夫?」って焦ったけど、全力でまいちとの思い出を書きたいと思います。

まいちとは同期で、NMB48のオーディションの帰りに「一緒に帰ろう」と初対面にも関わらずグイグイ誘ったのを覚えています。

あれから研究生時代を一緒にたくさん過ごせて楽しい思い出でいっぱいで、まいちと同期でよかったって本当に思います。

まいちとは年齢も1個差で、同い年みたいな感じで、ほんとしょうもないことして笑ったり、チョケる時はチョケるけど、ちゃんと切り替えて真面目に取り組んだり、周りのことを見てて、自分の可愛いキャラも最後までやり遂げて、美意識も高くて、まいちは最高です。

お互い昇格したチームは違うかったから今やっと同じチームになれて、こんなにも仲良くなれて幸せやし、一緒にお笑いを見に行ったり、「公演中どこで目合わせる?」とか話して決めたり、彩花はまいちが「可愛い」とか意外にボケるというか、「まいち、ちっちー」とか言って全力でやるところが大好きです。(客笑)

まいてぃんコンビが好きな皆さんのためにちゃんと打ち合わせてMCしたり、そんな小さいことですが楽しくて、ブスじゃないし可愛いけど、ブスいじりできるのもまいちやからやし、「いや、ブスいじりって何?」って感じやけど(客笑) まいちとの仲やからこそ自然とノリでトークができたり、まいちに会うとほっとするというか、喋りたくなるし、毎日ほんまに楽しかったよ。

アイドルになってなかったらまいちとも出会ってなかったし、まいちと出会えて本当に良かったです。

これからはアイドルじゃない美容まいちを全力で応援しています。

これからもずっと大好き!

チーム絆 あやてぃんより


P.S.

最後に、自分が思う可愛いポーズしてや。

大段舞依「えー? いきます、せ~の」 → 可愛いポーズ披露
森田彩花「ちょっと待って。ブサイクやないかい!」客笑
大段舞依「やめてくれ、この格好で。もう」
森田彩花「最後にこれがやりたかっただけなんですけど」

EGu0vQ7UcAA1KYs.jpg

森田彩花「見て。バレへんように「舞依ちゃんへ」って書いてる」


母からのお手紙 (代読:太田夢莉)
舞依へ

25歳のお誕生日おめでとう(ハート)

そして7年間お疲れ様。

幼稚園の頃から高校生まで卒業アルバムや七夕のお願い事には決まって舞依の夢は「アイドルになりたい」って書いてたね。

このフレーズは大きくなるにつれて「恥ずかしくないんかな?」とママは思ってたけど、舞依は夢を叶えたね。諦めなければ夢は絶対逃げていかない、やね。

この7年間色んなことがあったと思うけど、きっと今では全てが素敵な良い思い出になってると思う。そしてたくさんの人たちに支えてもらってきたことを感謝してね。

切磋琢磨しながらも仲良くし、支えてもらったメンバーや、色んなことを経験させてくださった運営さん、マネージャーさん、スタッフさん、くねくねダンスしかできなかった舞依をこんなにも踊れるように指導してくださったダンスの先生、可愛い衣装を作ってくれる衣装さん、スブの舞依を可愛く変身させてくれるメイクさん(客笑)

大段舞依「ちょっとー」
森田彩花「お母さんも言ってるやん」
太田夢莉「お母さんも言ってますね、これ」
森田彩花「やっぱその通りやわ」

熱いコールや声援送ってくれるファンの皆様、たくさんの人のおかげでスブの舞依がアイドルまいちとして(客笑)

大段舞依「もうやめてよ。身内内でやるの、ほんまに」

ステージの上で生き生きと輝いていたと思ってるよ。色んな経験ができたこと、心が強くなれたこと、素敵な世界を見れたこと、こんなにたくさんの人たちに出会えたこと、やっぱり舞依は幸せやな。感謝することも忘れず、素敵なレディーになってください。

そして7年間毎年このような素敵な生誕祭を開いていただき、本日も生誕祭と卒業セレモニーを開いてくださった生誕委員の人、ファンの人、運営さん、スタッフさん、メンバーの皆さん、ありがとうございました。

娘・舞依は卒業しますが、舞依の人生の中のこの7年間はなかなか経験することのないキラキラしたら大事な時間だったと思います。

そして我が家では舞依だけでなく、結愛もNMB48の一員として皆様に大事にしていただいたこと、娘たちが皆様にアイドルとして支えていただけたこと、本当に感謝しています。

結愛は段違いの可愛さを目指しながら鏡と机に向かい勉強頑張ってます。舞依もきっと来年には2020倍の可愛さを更新し、スブから卒業し、新しいことにチャレンジしてると思いますので、舞依のことまだまだ見守り、ガチ恋し続けていただければ嬉しいです。今まで本当にありがとうございました。

ままちより


大段結愛からのメッセージ (代読:太田夢莉)
舞依へ

お誕生日おめでとう。そしてお疲れ様。

舞依がいてくれて心強かった。

今日は結愛が監視してるよ。

大好き!

結愛より

太田夢莉「でもね、文にするとあっさりしてるかと思うんですけども、ここに絵文字が凄い詰まってて、気持ちのこもったお手紙だと思います」
大段舞依「ありがとうございます」
太田夢莉「監視されてるって」
大段舞依「怖い。多分どうせ「あのメンバー可愛い」って思って見てるんやろなって感じですよ。絶対言うんです、家帰って。「可愛かったな」って」


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:西澤瑠莉奈)

EGu2NyRUwAAqZit.jpg


◆金のネームプレート贈呈

川上千尋「まいちがNMB48に在籍していたという証を、ロビーに飾る金のネームプレートを贈呈したいと思います。ありがとうございます」
大段舞依「さようなら」

EGu2VGvU4AMyFEL.jpg


ファンの皆さんにメッセージ
大段舞依「たくさん言いたいことがあってまとまらなかったのでお手紙にしてきました」

お手紙を取り出す

「今日は台風の影響もあり交通面でも大変な中、本当に素敵な生誕祭そして卒業セレモニーを開いていただき本当にありがとうございます」拍手

「そして、今まで応援し支えてくださったファンの皆さん、どんなことにも全力で力を貸してくださった全てのスタッフの皆さん、いつも笑い合って過ごしたメンバー、陰ながら応援してくれた家族の皆さん、私と関わってくださったすべての方に感謝します。

私がNMB48に加入したのは18歳です。たくさんつらいこと、悔しいこと本当にいっぱいあったし、もう諦めようかなって思ったことも正直何回もありました。

シングル選抜に入れなくて嬉しい報告をすることができなかったことが本当に悔しいけど、でもその分テレビや雑誌、ラジオ関係での嬉しい報告はたくさんできたし、皆さんにも喜んでもらえたから嬉しいなと思います。

いつもどんなことがあっても目線の先には皆さんがいてくださりました。大変だったけどアイドルとしての時間は本当に楽しかったし、劇場公演でキラキラ輝く自分が本当に大好きで、この自分を見てファンになりましたって言ってくださることも多くて、毎日新しい自分を見ている気分でした。

でも自分の力だけじゃなく、メンバーにも凄く支えていただきました。ダンスができなくて泣いていた時、MCが上手くいかずに悩んでいた時、色んなことで葛藤した時、今では嬉しいことにスブの下りでウケたこと本当にたくさんあるけど、本当に自分の成長だったと思います。

7年間頑張ってきて良かったし、皆さんに出会えて本当に良かったです。

そして皆さんにはたくさんのありがとうがあります。まず、舞依を産んでくれてありがとう。可愛く育ててくれてありがとう。NMB48のオーディションに参加させてくれてありがとう。こんな舞依を見つけてくれてありがとう。推してくれてありがとう。ガチ恋になってくれてありがとう。ファンの皆さん、スタッフの皆さん、メンバーと出会って過ごした7年間は私の一生の宝物だし、本当に自慢です。

たくさんいるメンバーの中で舞依のことを見つけて、推してくれて、愛してくれて本当にありがとうございました。皆さん、本当に大好きです。

NMB48を卒業し、美容の道に進んで、これからは1人の女の子として頑張ります。もしこの先どこかで私のことを見かけたら「2020倍可愛いよ」って声をかけてください。

そしてこの先も私はずっと可愛いはずなので安心して皆さんは、まぁ私のことも心の中で推していただきたいですけども、新しくNMB48を全力で推して支えてあげてほしいと思います。今日は本当にありがとうございました。皆さん本当に大好きです」拍手

EGu3UJWUUAApH19.jpg

※3分37秒

川上千尋「もう言い残したことはないですか?」
大段舞依「もっともっと話したいけど、もうでも、もう話してたらまだまだ時間かかりますよ、私。でも本当にこの手紙にも全部印刷して皆さんに配りたいぐらい本当に感謝いっぱいで、私の思いが詰まった言葉で。

まぁお手紙なのでちょっとスラスラ読んでしまって「あー」って思った方もいらっしゃるかもしれないですけども、でもこうやって、なんかちゃんとした手紙に私の気持ちを書いて伝えたかったので、今回こういう形を取らせていただきました。でも本当に皆さんに出会えて、メンバーの皆も出会えて本当に嬉しいです。ありがとうございました」拍手

川上千尋「まいちはそうですね、この読んでたお手紙からもにじみ出てたぐらい本当に優しくて、素敵な、私から見たら本当にお姉さんみたいな存在で。私は同期でずっと同じチームだったんですけど、凄く私が悩んでた時とかも、なんか頼りにしたいなって思うのはこのまいちで、凄く誰にでも平等に優しくて、本当に真剣に話を聞いてくれるんです。

なんか、凄くまいちの存在が大きかったなと思うし、そのまいちの優しさが皆に伝わってたからこそ、こう「スブ」だったりいじられて、なんか愛されたんだなと思うと凄く同期として羨ましいなと思うし、尊敬もしています。

そのまいちが進む、普通の女の子としての道もきっと素晴らしいものが待っているんだなと思います。なのでまいちらしく一生懸命頑張ってほしいなと思ってます」
大段舞依「頑張ります」
川上千尋「で、皆さんもね、是非ガチ恋のままでいてもらえたら私も凄く嬉しいので、これからもね、大段舞依とそしてNMB48チームNの応援をよろしくお願いします」

石田優美、涙

川上千尋「本当に、何回も言うんですけどNMB48にとってもチームNにとってもまいちの存在は凄く大きくて、なんかいなくなるっていうことが本当に想像できないんですけど、これからはね、まいちが安心してチームNを、そして私のキャプテンの姿を安心して見てもらえるように頑張りたいなと思うので、本当に応援をよろしくお願いします」

EGu51ThVAAUSMlU.jpg


一抹礼後、捌ける直前に
大段舞依「ほんとに、もう私の7年間はこの劇場が全てなんですよ。なので劇場で終われて本当に嬉しいです。皆さん、本当に、私の可愛い姿目に焼き付けてください。どうぞ!」

客「可愛いよ!」

大段舞依「嬉しい。もうだってね、可愛いって言われること多分いっぱいあると思うけども(客笑) 皆さんに言われることはね、ないと。ウソウソ、こうやって明るく終わりたかったからです。皆さん、本当に大好き! ありがとうございました!」拍手

(ファンの皆さんからメッセージ)

大段舞依「ありがとうございます、ほんとに。私はノー皆さん、ノーライフです! 皆さん、本当に大好き。ありがとうございました」

EGu6Ij4U8AAUNc8.jpg

























本日24時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND