FC2ブログ

【速報版】柏木由紀 28歳の生誕祭レポート

2019年10月8日 AKB48劇場 「僕の夏が始まる」公演 18時開演

EGWgBMkVUAAwZOP.jpg


◆仕切り:込山榛香

ある方からのお手紙 (代読:込山榛香)
ゆきりんさんへ

昔、スタッフさんが一緒にご飯に連れて行ってくれたのがきっかけでお話しさせていただくようになり、そこからグーッと距離が近づきましたね。

今ではメンバーとしてだけではなく、ご飯や占いに行ったり、スポッチャに一緒に行ったり、プライベートにおいても人生に欠かせない大切な存在です。

約10年前、私が研究生の頃に見学させていただいた劇場のチームB公演で、「どのポジションにいても目を引く人がいる」と思ったのがゆきりんさんでした。

歌、ダンス、トーク、ふとした表情もとても華やかで、客席に伝わるパワーがあり、ゆきりんさんにしか出せない魅力がありました。

その劇場で輝くゆきりんさんを見て、劇場公演でどうやったら目立てるのだろう、自分の個性ってなんだろうと考え、どのステージでもどこにいても変わらず汗をかくことで気持ちを伝えたいという自分が形成されました。なので自分のルーツはゆきりんさんだと言っても過言ではないです。

後から加入した私ですが、1期・2期の先輩たちがたくさんいる頃のゆきりんさんを見ていたので、後輩として昔からたくさんの苦労をしてきたのを知っています。

たくさんの経験の中で培ったことを私たち後輩のために包み隠さず言葉にして教えてくださって、本当にありがとうございます。

グループのこと、メンバーのこと、そして何よりファンの皆さんのことを考えているゆきりんさんの姿勢はとても素晴らしいです。

ご飯に行ったり、旅先のホテルでもいつもAKBの未来の話になりますね。ゆきりんさんは本当にAKB48が大好きなんだなぁといつも思います。

そんな大好きなAKB48という最高のグループでこれからも楽しいことをたくさんしましょうね。

これからもお体に気をつけて(客笑)、ステージでキラキラ輝くアイドルでいてください。そして、そのそばにこれからもいせてください。

大好きなゆきりんさん、お誕生日おめでとうございます。

AKB48チームA 横山由依より

込山榛香 → 「形成」を「けっせい」と読んでしまい、柏木に訂正される。

柏木由紀「ほんとに週3ぐらいご飯行ったりするぐらいめっちゃ仲いいので嬉しいですね。ちょっとやっぱね、絶対「けっせい」じゃないなと思ったんだよね」客笑
込山榛香「確かに」
柏木由紀「難しかった?」
込山榛香「絶対に失敗しちゃダメだと思って、全部カタカナふってもらったのに」
柏木由紀「ふりがな?」客笑
込山榛香「ふりがな」
柏木由紀「ふられてなかったんだ」
込山榛香「けっせいだけふられてなくて」
柏木由紀「形成ね。緊張したね、ありがとうね」

込山榛香「では、気を取り直して」
柏木由紀「私は何もない。(込山のほうが)気を取り直して」客笑


27歳の1年はどんな1年でしたか?
柏木由紀「そうですね、まぁこの1年は凄いこうAKBとしてはたくさんこうファンの皆さんに会える機会が凄い多い1年だったなと思って。皆さんの笑顔が凄いたくさん見れて、「あっ、なんか幸せだな」と、「AKBにいれて嬉しいな」と思うことが凄い多かった1年かなと。

あと晴れて最年長にも。あっ、でも27の時はまだか。じゃあ最年長前の1年を楽しみました」客笑

「です」

※38秒


28歳はどんな1年にしたいですか?
柏木由紀「この1年はそうですね、やっぱりAKBの活動とソロの活動を両立していけたらいいなと思っていて。

AKBはさっきも言った通りツアーだったりイベントだったり色んな引き続きファンの皆さんが喜んでくれるようなことをたくさんしていきたいなと思いますし、ソロでは今年は年明けに全国ツアーをやらせていただいて、今月末には中野サンプラザと上海でもライブをやらせていただけて本当にAKBにいながらソロの活動もさせていただけて本当にありがたいなと思うので、28歳も。

あとはまぁやっぱり歌、ダンス、ステージに立つのは凄い好きだなと思うので、それを続けていくのとプラス、なんかまぁ機会があったらまたお芝居だったり、グラビアだったり、バラエティだったり色々、まだまだ自分に限界を決めずに色々挑戦していく1年にしたいなと思っています」拍手

※57秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
柏木由紀「そうですね、もう13回目の生誕祭なのでほんとに毎年毎年いっぱい色んなことを用意してくださって応援してくださるファンの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいだなと改めて思うんですけども。

そうですね、まぁ今年はけっこうツアーとかライブとかこの公演とかで、まぁ他のメンバーと一緒にステージに立つことが多くて。

ツアーの時とかにこう私のファンの皆さん、今日もたくさん来てくださって見てると凄いニコニコしてるんですけど、なんかコールとかあんましてない人が多くて。意外と。今日見てたら信じられないと思うんですけど。

それを「何でかな?」って思った時に「あっ、こうやってたくさん」、なんだろうな、「一生懸命頑張ってる若いメンバーがいる中で、もしかしたら最年長で凄い本当に長くいて、なんかこう色んなファンの方がいる中だともしかしたらちょっと胸を張って応援しづらい存在なのかな」とかはちょっと思ったりもしたんですけど」

客「そんなことないよ!」

柏木由紀「あっ、ごめんなさい。優しい。いっぱいいるとこうなるんですよ」客笑

「私のファンがいると。でもやっぱり皆さんの自慢の推しでいたいなっていうのは昔から変わらないですし、それはもちろんこうAKBを応援してくださってるファンの皆さんもそうで、たくさんアイドルグループがいる中で、やっぱりAKBを選んで応援しててよかったなって思ってもらえるようなグループにしたいし、メンバーも活動してて本当に楽しいグループにしていきたいなと思うので、そこは、長くいるからこそ経験してきたことや学んできたことを皆にまだ教えれることがあったら教えたいなと思いますし、グループのためにも色々動いていけたらなと思います。

で、28歳、で、AKBで最年長で、アイドルって言ってますけど、最近はこうなんだろうな、アイドルっていうのが、本当に個人的な考えで、「応援してください」ってお願いするのがアイドルっていうよりかは「応援してたら楽しい」とか「応援してたらなんか元気になったな」って思ってもらえるのが私的な考えのアイドルかなと思っていますので、最年長28歳、今年も誰よりも元気に! 頑張りたいと思いますので、今年もどうぞ皆さん、よろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手

※2分29秒 (合計4分4秒)

込山榛香「言い残したことはないですか?」
柏木由紀「ほんとに先のことマジで考えてないんだけど。マジでわかんないよ。仮に、来年29じゃない。30とかになった時に、もうマジで笑えないイジり方とかされるのかなとか思ってきてるので。人文字で「三十」とかさ、「みそじ」みたいな、とかなんかされるのかなと思って、今。ちょっと怖くなって。もう手紙書く人とかもさ、「30歳おめでとうございます(笑)」みたいな、なんか不安になってきたけど、でも元気が取り柄なんで気にせずアイドル頑張りたいと思います!」拍手

「皆もありがとう。皆もいつも優しく、ほんとに私に立ち位置とか振りを介護するみたいに教えてくれてありがとう、いつも。ありがとうございます」
向井地美音「お体に気をつけて」客笑
柏木由紀「頑張ります。ありがとうございます。一番体が大事なんで。ほんとに最近1週間ぐらい抜けないのよ、疲れが。体の。でもさ、どんどん公演がくるじゃない。だから、老体に鞭打つってこれだなと思いながら(笑) でも楽しいのでね、28歳も皆と一緒に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。ありがとうございます」拍手




































本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitterより






※過去の生誕祭レポート