FC2ブログ

【速報版】岩立沙穂 25歳の生誕祭レポート

2019年10月4日 AKB48劇場 「シアターの女神」公演 18時30分開演

EGCEQtmUUAAQ8c6.jpg


◆仕切り:北澤早紀

ある方からのお手紙 (代読:北澤早紀)
さほりんへ

生日快楽

お誕生日おめでとう。

可愛い可愛い大好きなさほちゃんのお誕生日を直接隣でお祝いできないなんて、なんて友達だ。

たまーに日本に帰る時に会えているけど、ほぼ2年間ずっと離れている私たち。友達って言わせてもらっていいのかな? 忘れられてないかな? なんて少し不安ですが、AKBグループメンバーとして最後のお手紙書かせてもらいます。

前にも言ったと思うのだけど、私は沙穂ちゃんと仲良くならなかったら「中国語勉強したい」ときっと思ってなかったし、今こうして台湾に来れてなかったと思うし、卒業を決めて今後も台湾で活動することになってなかったと思うの。あっ、いい意味だよ。

だから私は沙穂ちゃんと仲良くなれたこと、そして沙穂ちゃんと出会わせてくれたAKBに感謝の気持ちでいっぱい。

沙穂ちゃんはどうかな? 私は何か良い影響を与えられてたりするかな?

影響なんて、支えになんておこがましいけど、疲れてる時に私を見て「こいつバカだな」って笑ってもらえるような、ちょっといてよかったって思ってもらえる存在になれてるかな?

チームBにとってもとっても大切な存在。キャプテンになった沙穂ちゃん。こんなに面白くて、頭が良くて、優しくて、可愛いキャプテンがいるチームBメンバーが羨ましくてしょうがないんだけれども、キャプテンってきっと色々大変なことがあるよね。

ふとお酒飲みながら悩みとかゆっくりお話ししたくなった時にすぐ行けないし、こっちは3ヶ月に1回更新だから毎週テラスハウスを見た後、すぐに感想を共有できないし(客笑) 私の卒業最後のステージに一緒に立てないし、メンバーとしてもお友達としてもほんとダメダメな私で、素敵な沙穂ちゃんの周りには素敵な人でいっぱいだとは思うけど、沙穂ちゃんのこと大好きな自信は凄くあるの、

だから、これからもファンの皆、メンバーの皆、スタッフさん、家族、お友達、その隙間にちょっと存在させてもらえると嬉しいな。

25歳の1年、沙穂ちゃんがたくさん笑えて、楽しい毎日になりますように。

改めましてお誕生日おめでとう。

AKB48 Team TP 阿部マリアより

北澤早紀「まさかの海外から」
岩立沙穂「でもね、卒業しちゃうと立てなくなるじゃないですか、お手紙。だから本当にラストチャンスで。前にも書いてもらったことあって、2回目なんですけど、ほんとに嬉しいです。卒業発表されて、でも最後のステージ、今度台湾でイベントがあるんですけど、私そのメンバーに入れなかったので行くことが出来なくて。なのでもうステージでの共演はかなわないんですけど、これからも仲良くいたいなと思うので、はい、お互いいい関係でいられるようにこれからも私も頑張ります。ほんとありがとう、まるちゃん」


24歳の1年を振り返ってと、25歳はどんな1年にしたいですか?
岩立沙穂「まずはですけど、24歳だったんですよね。その24歳の1年は、生誕祭をね、2月頃にやってもらったので(客笑) なんだかどこから振り返ったらいいのか正直わからないんですけど、でも24歳で一番大きかったのはやっぱりこのチームBのキャプテンに任命していただいたことで、それから凄く、なんだろう、今までになかったこととか、なんか自分、本当にこの間のコンサート、ツアーのコンサートのセットリストを考える会議に参加したりとか、ほんとなんか今まで自分が全く関わってこなかったようなこととか本当に新しいこととほんと出会った24歳だったので。

それでその後は、その夏は凄い今年はたくさんステージに立つことができて、ツアー選抜にも選んでいただけたりとか、あと色んなTIFとか、初めてそれも出たんですけど、なんかそういうほんと初めてだったり、なんか、なんだろう、凄い…はぁ、まとまらないですね。振り返ろうと思うと。

本当にでも色んなことがあって、凄く、なんかアイドル楽しい、幸せって思えた時間が多かった24歳だったかなって思います。

そして25歳なんですけど、えーっと、25歳になって、今日初日なのであんまり実感が(笑)

いつもだったらもっと生誕までに考える時間があるんですよ、なんとなく。でもなんかこう25歳突然来てるので、なることは知ってたんですけど」客笑

「でも25歳は今こうやってあるこの環境、本当にチームBのキャプテンとして今やらせていただいていて、こうして皆とこのステージで一緒に活動できてたりとか、なんか本当にそういう今しかない時間っていうのを凄く感じたりもするんですよ、なんか。

こうやってなんかその、この夏のたくさん色んなステージに立たせていただいたりしたんですけど、毎回AKBって本当にたくさんのメンバーがいるから毎回自分がそこに立てるとは限らないので、本当にその1回1回を大切にしようって思ってて。

それが自分の中で、昔ね、チーム4時代の話になるんですけど、初めて参加した、えーと何だっけ?あの曲。あっ、「清純フィロソフィー」だ、のミュージックビデオ撮影の時に初めてフロントのポジションをいただいたんですけど、私なんかダンスとかも覚えるの凄い遅かったし、後ろからこう見られるってことに慣れてなさすぎて凄いその日なんか半端なく緊張してしまって、その撮影が凄い帰りたかったんですよ。今だから言えるんですけど。

でもそれ以来、チーム曲とかでフロントに立たせていただける機会ってなくなっちゃって、何であの時、なんか中途半端にというか、その時はもうそれでいっぱいいっぱいだったのは自分でも思うんですけど、「何であのとき楽しみきらなかったんだろうな」っていう後悔が自分の中に凄くあって。

だから今はこうして自分が何かできる機会は精一杯楽しみたいなって思ってるし、後悔のないようにやりきりたいなって思ってるので、25歳はどれくらいのそういう機会に恵まれるかわからないですけど、そういう機会をたくさん作れるように、そしてその場でたくさん楽しめるように、そして皆さんとも、皆とも楽しめるように、そんな1年にしたいなと思っております」拍手

※3分34秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
岩立沙穂「えーっと、本当に今日はまずこの生誕祭を開いてくださり、あとはロビーで見てくださってる方やオンデマンドでね、見てくださってる方もいるかと思うんですけれど、本当に今日はこの素敵な時間をありがとうございました」拍手

「本当にファンの方には感謝をするというか、なんか凄いなって、尊敬するんですよ、ファンの方のことを、私はよく。

こんなこと普段言わないんですけど、なんかやっぱり私のことを応援しててくださって、今日もこうやって会いにきてくださったり、握手会とか、あとはなんかほんと色んなどこの、もう日本国内どこに行っても、海外に行ってもファンの方がいてくださって。なんかそれって本当に恵まれてることだなって思うし、本当に凄いことだなって思っているんですね。

あとは私もう8年ぐらいAKBで活動してるんですけど、その中で初期から応援してくださってる方もいれば「最近ファンになったよ」みたいな方とか「戻ってきたよ」って方とか色んな方が」客笑

「何で笑うの? 該当者ですか?(笑) みたいな方とか本当にいるんですけど、でもまた戻ってきてくれたとか、あとはなんか本当に仕事の都合で海外に赴任になって、で、「帰ってきたらまた会いに行くね」っていう約束を本当に果たしてくださる方とかもいて、なんか本当にそれって凄いことだなって思って。だって会いに来なくたってバレないと思うんですよ、多分」客笑

「ねぇ。て思うんですけど、でもそうやってなんか私のためにというか、なんか私をその日々の糧にしてくださってることだったりとか、あとはもうこうやって私のために時間を割いて何かをしてくださることとか、本当にそれが凄いことだなと思ってるので、本当に皆さんには本当に本当に感謝をしています。

はい、それですね、これからなんか。そう、今年の生誕Tシャツ、今日着てくださってる方もいるんですけど。私が作ったやつ。そうそうそうそう。あれなんですけど、あれにフランス語で書いたんですよ、「Je serai toujours avec toi」って。それのメッセージは「君と一緒にいるよ」っていう意味で。

で、なんか、普通に活動しててもですし、あとやっぱその少しキャプテンになってからとか、考えたりすることも本当に増えたりもしたので、皆さんにまだまだ支えてもらえたらというか一緒にいていただけたらいいなっていう願いを込めて作ったTシャツだったりするので、そんな気持ちも伝えつつ、本当にこれから色んなことあると思うんですけど温かく見守っていただけたら、そしてこのチームBのことももっともっと好きになっていただけたら嬉しいなと思うので、これからも皆さん、よろしくお願いします。以上です」

※2分50秒 (合計6分24秒)

北澤早紀「ほんとにファンの皆さんが凄い熱いから、やっぱり沙穂って凄いアイドルなんだなって」客笑
岩立沙穂「えー?」
北澤早紀「凄い同期ながらに感じました」
岩立沙穂「いまさら? おーそーい(笑)」
北澤早紀「こういうとこよ。言い残したことないですかね?大丈夫ですか?」
岩立沙穂「ないです。本当に皆さん、これからもよろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手






















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより