【速報版】多田京加 19歳の生誕祭レポート (2018年8月)

2018年8月25日 AKB48劇場 「アイドル修業中」公演 17時開演

Dlb9LgHU0AAgI4H.jpg


◆仕切り:岡田梨奈

18歳の1年はどんな1年でしたか?
多田京加「18歳の1年はですね、私は高校生だった、あっ、私もう19歳におかげさまでなりました」拍手

「ありがとうございます。去年18歳の時は普通に高校生で、私が初めてオーディションを受けたのが中学校の時だったんですけど、それでずっと、でもオーディションは合格できなくて、でもずっとずっとアイドルになりたくて。

高校生のうちはずっとオーディションを受けて、それでも合格できなかったら大学に行こう、大学に行って看護師になろうって思ってて。

思っててですね、それで、ご存知の方がおられるかわからないんですけど、STU48さんの第1期生のオーディションを受けさせていただきまして、それをもう最後のオーディションにしようって決めて。それが高校2年生の冬、3月とか2月とかだったんですけど、もう高校3年生になるし、進路も決めなきゃいけないし、大学の勉強もしなきゃいけないから、もうアイドルの夢は諦めようと思って、そう、STU48さんのそのオーディションを最後のオーディションにしようって決めてですね、それで普通に過ごしてたんですけども、まぁ不合格でして。

不合格でして、それで「あっ、私はもうアイドルにはなれないんだなー」って思って、で、高校3年生の秋に第3回ドラフト会議が発表されたんですけども、凄くタイミングが悪くてですね、本当にタイミングが悪くて。大学の推薦をもらってたんです、学校から。それでどうしようかなと思って。両親にも、両親は反対だったんです、アイドルになるのは。普通に大学行ってもらいたいじゃないですか。大学、そう、行ってもらいたいじゃないですか。だから本当にもう猛反対されたんですけど、でもどうしてもアイドルって諦められなくて、本当にこのドラフト会議受けさせて欲しいんだって言って、受けさしてもらえて。長いですねー。長いですね。そう、受けさせてもらえて、それで、まぁなんとかいい感じに一次審査、二次審査、三次審査といきまして、それでありがたいことにドラフト会議当日に指名をいただきまして、今こうしてAKB48の一員として活動できていましてですね。

そう、18歳の1年間は凄いなんか出会いがたくさんあったなと思います。そう、第3回ドラフト会議を受けて、同じ夢をもった素敵な仲間と出会えたし、AKBに入って素敵な同期とか先輩とかスタッフさんとか会えたし、そしてもうなんといっても、おっほっほ、なんといっても皆さんと出会えまして。本当に18歳の1年はもう出会いが、素敵な出会いがたくさんあった1年でした。ありがとうございます」拍手

※3分21秒

岡田梨奈「司会の私がちょっと泣いてしまったんですけど…」


19歳はどんな年にしたいですか?
多田京加「19歳はですね、もうなんか中身が変わらず、中身は成長せずなんか歳だけとっていくみたいな感じでちょっと困ってるんですけども、でも19歳、今ドラフト3期生の中で2番目なんですね、上から。そう上から2番目、けっこう年長なんですけど、今週ちょっとその同期、同期からちょっと辞退の子が出て、そう、私がもうちょっとなんか気にかけてとか、なんか話とか聞いてあげられたらその子はまだいてくれたかなとか思ったりとかして。

けっこう年長だからもっとなんか自分だけのことじゃなくて、自分だけのことじゃなくてもっとしろい…広い視野を持って、同期のこととかにも目を、同期まだ中学生とかちびっ子とかがけっこういるので、ちょっとそういう子たちもなんか人気とか、ドラフト3期生の子と人気とかで引っ張っていくんじゃなくて、私はそうやって影の部分というか、まだその劇場公演に立ててない同期もいるし、そういうメンバーのことを支えてあげられるような人になりたいです。

あと、あとですね、私はチーム4に所属させていただいてまして。3巡指名でAKB48のチーム4に入らせていただいて、その手をつなぎながら公演にも、もう既に何度か出演させていただいてるんですけども、なんかもっと、もっともっとチームに貢献したいなっていうのがあって。

私がその手つなぎながら公演に出演させていただいたのは別に私が努力して、努力して出られたわけじゃなくて、たまたまその先輩が他のお仕事で出られないからその私がアンダーだったから出るみたいな感じで、感じだったので、もっと努力して、努力してチャンスをつかみたいっていうか、運じゃなくてちゃんと努力をして、努力をしてそのチームとかグループに貢献できるような1年にしたいと思います」拍手

※2分38秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
多田京加「皆さん今日はありがとうございます。来ていただいて。ロビーの方もDMMで見てくださってる方もありがとうございます。私を応援してくださる方は凄く変わった方が多いというか」

客「そんなことないよ!」

多田京加「ちょっと説得力がないかな。変わった方が多くて、握手会とかで凄い真剣に転職の話をされたりとか(客笑) 「来たよ! でも話すことないや」って言われたりとか。SHOWROOMとかコメント欄で大喜利が始まったりとか(客笑) 凄いなんか変わったというか、でも本当にいい方ばかりで。そうですね、握手会にも最近増えてくださる方がとても多くてですね。あっ? 合ってる?」
田口愛佳「来てくださる方が」
多田京加「何て言いました?」
田口愛佳「増えてきた…」
多田京加「増えてきた方が増えちゃった(客笑) そう、来てくださる方がおかげさまで増えまして、もう本当になんかこんなもうね、福井から出てきたこんなちんちくりんが、福井から出てきたほんと…」

客「そんなことないよ!」

多田京加「なんかこんなたくさんの方に応援されてなんか申し訳ないような気もするし、なんかでも本当にそれが嬉しくて、本当にアイドルっていいなというか、アイドルになれて素敵な、そう皆さんと会えて本当に嬉しいなって思います。

これからも私の応援を是非、チョロチョロしないで(客笑) 是非チョロチョロしないで。あっ、チョロチョロ来ていただくのは凄くありがたいのでお待ちしてます。

はい、そんな感じで私のことも応援してくださったら嬉しいんですけども、今日ですね、ドラフト3期生が7人いるのかな? でも今日はいないんですけど、まだドラフト3期生あと10人いまして、同期で。そうその皆、個性豊かなメンバーばっかりなので、ドラフト3期生の応援もしていただけたら嬉しいなっていう風に思います。はい、最後のまとめは何て言うんだろうね」

※2分11秒 (合計8分10秒)

岡田梨奈「何て言うんでしょうね。私に聞きます? どうしましょう。君が本当にも感動する言葉を言うからね、隣でね、実はね、密かに涙が流してたんですよ、私は本当に。多分バレてないと思うんですけど。でも本当に優しいですね、多田先輩のファンの皆様」
多田京加「そうなんですよ、本当に。本当になんか嬉しいな」
岡田梨奈「私みたいに突き放さないでちゃんと優しくしてください、本当に」客笑


AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより




最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ