FC2ブログ

【速報版】佐藤妃星 19歳の生誕祭レポート

2019年9月2日 AKB48劇場 チーム4「手をつなぎながら」公演 18時30分開演

190902 0550


◆仕切り:達家真姫宝

ある方からのお手紙 (代読:達家真姫宝)
佐藤妃星さんへ

お誕生日おめでとうございます。

妃星さんにこうやってお手紙を書かせていただけるの本当に嬉しいです。

妃星さんと出会ってもう6年ほど経つのですが、凄く仲良くなったのがアンナ先生公演ぐらいからですね。

チームも違うし、最初のバックダンサー時代にたくさん基礎や礼儀を教えてもらってかなり堅めの先輩と後輩の関係でしたね。

こんなに仲良くなった理由は帰り道が一緒で、その時にたくさんAKBのことについてとかアンナ先生公演のことについてお話して、妃星さんのことをより知ったからだと思います。

実は最初は怖そうな方という印象だったんです。だから初めて一緒に帰る時、めちゃくちゃ緊張してドキドキしてたし、沈黙が怖かった(笑)

話していく中で妃星さんの好きなもの、好きなこと、心の中に秘めた熱い思い、AKBを変えていきたい、自分がこれからやりたいこと、色んな思いを知ることができて心を開けるようになりました。

表にあんまり出さないだけで、妃星さんがこんなふうに思ってたんだ、熱い人だってことを知れて凄く嬉しかったですし、思ってることがほとんど一緒だったのも嬉しかったです。

私の悩みも、今後こうしたいってことも全て聞いていただいて、何かあったら妃星さんに話すって感じで、先輩としてとても信頼しています。いつもありがとうございます。

プライベートではアニメ大好きなのも一緒で、趣味も似ていて、そして一緒にテーマパークに行ったり、ご飯に行ったり、京都旅行に行ったり、一番仲良しな先輩なんじゃないかなと思います。

もっと妃星さんと行きたいとこいっぱいあるので行きましょうね。

最後に。後輩の私が言うのもおこがましいですが、私は妃星さんの熱い気持ち、もっとたくさんの方に知ってもらいたいです。たくさん伝えてください。

私も変わらず同じ気持ちです。1人じゃないですよ。私じゃ頼りないですが、いつでも力になります。

妃星さんの努力がいっぱい報われることを切に願ってます。

また色んなお話を帰り道で聞かせてください。楽しみにしてます。

改めて19歳の誕生日おめでとうございます。

素敵な1年になりますように。

チームK 下口ひななより

達家真姫宝 → 『沈黙』を『ちくもく』と読んでしまう。

達家真姫宝「どうですか?ひななから」
佐藤妃星「ひななとはね、出会って6年も経つんですけどね、チームがね、一緒になったことがないから劇場公演に一緒に出ることもあんまり無くて。で、なんか出たとしてもなんかアンダーとかで出てたりしてて、初めて一緒に選んでもらった公演がアンナさん公演で、初日にさ、もうボロ叩きだったわけですよ。で、もう2人で泣きながら帰ったりもしたこともあったし、凄いね、そこから急激に仲良くなって本当に、京都旅行に行くまでの仲になったし、また旅行の計画も立ててるのでね、是非近々行きたいと思います」


18歳の1年はどんな1年だったかと、19歳どういう1年にしていきたいか
佐藤妃星「もう18歳からの1年が本当に早すぎて、もう頭が追いついていかないんですけど、やっぱり一番大きかったのは高校を卒業して、何て言うんだろう、平日とかにね、なんかいつもだったら課題やってた時間が、なんかやっぱり何もなくなっちゃって、このままじゃダメだと思ってスタッフさんとかにも色々ね、お話して、今後私はこういう風にしていきたいんですっていう話をした時に「じゃーそういう方向性で自分の夢を叶えたいんだったら舞台をやってみたらどう?」って言われたりもして、舞台に今回ね、立たせていただいて、昨日までね、やってたんですけど、やっぱり18歳から19歳の1年、1年というかその瞬間をダンスレボリューションっていう作品にかけてたので、もうね、昨日もね、ちょっと深夜ね、1人でね、泣いてたんですけど、最初、うまくいくかわかんなくて、なんか人見知りだし、初めてね、メンバーと一緒にいなくて、最初の稽古とかの時はメンバーに会いたくてしょうがなくて、でも会えなくてどうしようと思ってたんですけど、でもその中でね、舞台のやっぱ仲間の皆さんが妃星どうしたらこう一番やりやすい環境でできる、やれるかっていうのも話していただいたみたいで、その結果皆と本当にね、仲良くなれたんですよ。

こんなに本当に人見知りで、自分の気持ちも滅多に人に話さないんですけど、そんな私がこんなに仲良くなれたっていうのもやっぱり凄く大きかったし、凄く1枚、1つ皮を脱げた1年というか、だったんじゃないかなって思います。

やっぱりね、二十歳までもう1年もなくて、やっぱりもっと大人になっていかなきゃなっていうのもあるし、こんな自分がね、言うのもあれだけど、やっぱりもっともっとAKBにはAKBらしい、何て言うんだろう、アピールの仕方っていうか、イベントの仕方とかあるんじゃないかと思って考えたりもしてるし、もっともっとこう自分だけじゃなくてもっと視野を広げた1年に19歳の年はしていきたいなって思います」拍手

※2分47秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
佐藤妃星「やっぱりこの夏本当に会う機会が多くて、ファンの皆さんに。握手会もあったし、ツアーもあったし、舞台もあって。舞台終わってもお見送りでいっぱいお話したりして、凄く触れ合う時間が多かった月だったってのもあるんですけど、もう本当にね、メンバーも恋しかったの。その本番じゃない、稽古中とか。でも本当にファンの皆さんに会いたくて会いたくて会いたくて会いたくてしょうがなくて、もうね、なんか握手会も全然ないし、この間やっと3日間でね、出会えた人もいたりして、もう本当に本当に大好きで。普段言わないけど本当に好きなんです」客笑

「そう、言わないけどね。でも好きなんです。だからやっぱりに頼ってばかりだけど、もっとなんか、なんて言うんだろう、頼ってばっかりだし甘えてばっかりだけど、きぃちゃん推しててよかったって思えるアイドルにこれからも頑張ってなるので、皆さんも私についてきてください」拍手

※1分18秒 (合計4分5秒)

達家真姫宝「もうないですか?言いたいこと」
佐藤妃星「いっぱいあるんだけど、ブログに全部まとめて書くから見てください、是非。アメブロです。よろしくお願いします」















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより